幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

役者・斉藤慎二君(ジャングルポケット)について考える  

本日、録画していた『できた できた できた』を見ました。
これって去年と同じなんですよね多分。まあ見始めたのが今年入ってからなので
私的には全然問題ないんですが。
ガッツ王子もふうちゃんもまさむねくんもかわいいし、番組自体もいい雰囲気だし
大好きなんですけども、ただ、その、椅子の座り方とか箸の持ち方とかって
学校じゃなくて家庭で教えるものじゃないのか?、という疑問もあったり。
とか書くと、独身女が何言ってんだよ、と怒られるかもしれないんですが、
ただ少なくとも私は(そして周囲は)家で教わってたんだよなーとか。
まあ当時と今では色々違いもあるでしょうけども、先生の負担ハンパないよなー……。

それにしても、ガッツ王子の可愛さといったらないですね。
今回は自己紹介をしていたんですけども、「こう見えて、みんなと同じ6歳です」と
言っていたのに大笑いしてしまいました。
そうか途中で誕生日が来て7歳になるのか。
昨日だか一昨日だかテレビで、世界の独身王子の紹介をしていて、この王子と結婚したら
どうたらこうたら、みたいなのをやっていたんですが、個人的にはガッツ王子と結婚したいです(笑)。
ものすごい素直ないい子に成長しそうですし、お母さんいい人っぽいし、王子だから
将来的にも安泰だし(フィクションの世界に現実的な理由を持ちこむ自分が時々
嫌になります・笑)。
15年後とかさ。ガッツ王子が22歳でしょ。で、その時私が……
……うっかり恐ろしすぎる現実を見てしまったのでこの話は終了ということで。


さて冗談はさておき(と書かないと本気にされそうで怖い・笑)。
本日は、斉藤慎二君について思うところをちょろっと書いてみようかと思います。
なんか気がつけば今回斉藤について書いたらジャングルポケット3人について割とがっつり
書く事になるんじゃないかとか。そんなにジャンポケ好きか。いや好きだけども。
ただ、正直そんなに詳しく知っているわけでもないですし、シチサンもまだそんなに
見れていない状況です。なので大幅に外している可能性もありますし、または逆に
そんなのファンなら誰でも知ってるよ、何を今更書いてるの、ということを書くかもしれません。
ちょっとその辺りは分からないのですが。
正直、もっと色々動画とか見てから書くべきなのかとも思ったんですけども、ただでも
そもそも他人なのだから100%理解する事は絶対に出来ないわけで、それは例えば
親兄弟でも夫婦でも恋人でも10年来の親友でも無理な訳です。だって自分ではないのだから
(そもそも私、自分の事ですら100%は分からないです。まあそれは置いといて)。
なので、もう確実に100%は理解出来ないのならいっそ書いてしまえ、という
いささか乱暴な考えで以下だらだらと続きますんで、出来ればそのことを頭に置きつつ
読んでいただけると幸いです。

『できた できた できた』では、ガッツ王子(斉藤)は、小学生の男女2人と共演して
いるんですけども、彼らにガッツ王子の印象を訊いてみたところ、
「オーバーリアクションがいつもおもしろい!」
と返してきたそうです(公式ブログより)。
それを読んだ時、そうなんだよなあー、となんだかしみじみと(?)頷いてしまいました。
斉藤ってとにかくやたらリアクションがオーバーといいますか、ものすごい分かり易い
演技をするんですよね。顔芸にしてもはっきりと演技してますよーという表情になりますし。
『333(トリオさん)』を見ていても思うんですけども、あの番組って割と出演者の素が
出る要素が多くて、多分作り手も多少はそれを狙っているのではないかと思うのですが、
そんな中で一番演技を続けているのが斉藤なんだよなーと思います。
多分彼は仕事をしている間はずーっと ”ジャングルポケット斉藤” というキャラを
演じ続けているのだろうなと。
いやこれはもちろん他のメンバーも多かれ少なかれそうですけどね。仕事モードの時と
プライベートの時が全く一緒だったらそれは逆に仕事ナメすぎだろうということに
なりますし。
ただ、そんな中でも斉藤が一番、キャラになりきっているのではないかと思っています。
見ていると、テレビでも舞台でも常に表情を作っているので。

でもって、今回あえて、”ジャングルポケット斉藤慎二君” ではなく、”斉藤慎二君” と
書いたのは、舞台から降りた後のことが書きたかったから。
とはいえもちろんプライベートの彼の事など全く知らないので完全たる推測ですけども。
ただその、舞台上であるとかテレビでの演技っぷりを見ていると、多分ですが
普段もどこかで、”斉藤慎二” というキャラを演じている部分はあるんじゃないかなとか
思ったりしています。なんて言うんだろう、確かに舞台上での演技は分かり易くて
オーバーリアクションではあるんですけども、そのあまりの自然な、というか
板についた演技ぶりが、これ舞台上だけじゃないんじゃないかという気分に
させるんですね。
もしかしたら彼は普段から演技を続けているのではないのかなあ、とか思ったり。

あ、でも、それは誰でもそうだとは思うんですよ。誰でも、自分以外の人と対峙する時は
多かれ少なかれ多少の演技はしますし、なんかで読みましたけど鏡を見る時って
多少(ほんとにちょっとだけみたいですが)表情が引き締まる、らしいです。
第三者的な目を意識した時、人は完全な素ではいられないわけで、というか
誰かが居るのに完全に素になっていたらそれは逆に問題だろうとも思います。
他人を信用するしないとかではなく、親しき仲にも礼儀あり、という概念に基づいて。
まあなので多少の演技は普通に行われていると思うのですよ。
ただ斉藤の場合、もしかしたらその度合いが強いのかもなあ、とか思ったり。勝手に。
そして演技をしている割には自らを防御するという意味合いは薄くて、どこかで
ほんとの自分を分かって欲しい、認めて欲しい、みたいな気持ちが割と強くあるような気がして
ならないんですが、まあ、うん、思いっきり外している気がしなくもないです。
こんだけ書いておいて!(笑……い事じゃないか)。

ただなあ、素、とは書きましたけど、私が思うに、演じている自分もその人を構成する
一部分ではあるから、それはそれで本当の自分なんじゃないか、という考えはあったりします。
そして、その人が作るものって何気にその人が出たりしますし。
私は趣味で小説を書いたりしているんですが、ブログの文章とかよりも小説の方が
何気に自分というものが出てたりすることがあるんですよね。ブログは自分の事を、
小説は他人の人生を書いているというのに。
ただでもこれは私だけではなくて、漫画とかだと絵の感じが作者の雰囲気とどこか似ていたり
とかもあったりしますし、映画とかでも脚本家のインタビューとか読んでいても、映画から
感じたイメージとかけ離れることはまずないですし。作品の方がその人を如実に現わしたり
する、というのはあるよなと思ったりします。
それに、当たり前ですけど自分の器以上のものは作れないですからね。どうやっても。
演じるにしても自分が出来ない事はキャラにも出来ないわけで、まあだから役者さんというのは
日々体を鍛えたりするわけなんですけども。
まあなので、”ジャングルポケット斉藤” というキャラも、全くの作りものであるとか偽者とか
いうわけでなくて、斉藤慎二という人を構成する一部分ですし、あるのかは分からないですが
”斉藤慎二” というキャラも彼を構成する一部分なんだよなと思います。
そういう色々な部分が集まって彼を作り出しているわけで。

正直、斉藤って分からないなーと思う部分も多くて、それはやっぱりキャラの多さなのかも
しれないなとか(私は)思っています。
ただその、多くのキャラの一つ一つがダイヤモンドのカットの一つ一つのように
彼を輝かせて魅力的に見せているのかもしれないなーとも思ったり。

まあ何が言いたいかといえば、私ものっすごい斉藤慎二という人が好きだわー、と
思った、っていうそれだけの話です。
1、2行で終わる事じゃないか!(笑)。なんてこったい。
関連記事
スポンサーサイト

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 6

コメント

1. ガッツ王子


私も「できたできたできた」見てますよー。
ガッツ王子あの風貌で6歳とは!
あの感じ大好きなんですよねー。私はジャンポケのほかの二人も出して欲しいです!太田さんは同級生でいじめっ子とか(笑)
私も自己紹介のところで笑いました!っていうか「ガッツ君」ではなく「王子君」なんだよなぁみんなの呼び方。あの服は周りから浮くんじゃないかとか余計な心配ばかりしてしまいます(笑)
本当に斉藤さんさすがだなぁー。と尊敬してしまいます。前のトリオ・トリオ・トリオでやっていた「桃太郎」のお芝居で大好きになっちゃいました。全然お笑いを知らない友達のお母さんも斉藤さんの写真(お笑い男子校)をみせたら「ガッツ王子じゃん」と言っていました!さすがNHK。
次のお笑い男子校では、
「KABUTOvsAdachilds」があるそうで。
斉藤さんを楽しみにしてます(笑)
でも本命は菅オーナーなので載ってて欲しいんですけどねー。やっぱし菅さんにアイドルグループはきつかったのでしょうか・・・?
ドッキリの時の絢香と恋に落ちての安達さんとのデュエットしか聞いてませんが歌うまいですし。まぁ菅さんがパンイチで歌うたってるなんて想像できないのでいいですけど(笑)

佐々 #79D/WHSg | URL
2011/04/16 09:50 | edit

2. >佐々さん


おはようございます。コメントありがとうございます。
「できたできたできた」面白いですよね。毎回本当に楽しみな
番組だなと思います。
ジャンポケの他2人も出て欲しいですね本当に。いじめっ子だと
色々問題がありそうなので(笑)、リーダーシップを取る感じの
子供とかでぜひ。
そして最初の頃って「王子君」なんですよね。最後の方は
「ガッツ王子」になっていましたが。ある意味呼び捨てに
なったってことなんでしょうか、これ(笑)。
「できた~」はかなり評判いいようなので、結構みんな
見ているみたいなんですよね。お母さん世代からも人気が!
菅さんって何気に歌は上手いと思うんですけども、かなり
照れながら歌うので、見ていてこっちが恥ずかしくなる
という部分はあったりします。パン一は確かに想像出来ない
ですねー(笑)。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/04/16 10:41 | edit

3. 無題


まだガッツ王子見た事ないんですよね‥(´`)
いつかのAGEAGEでしてたのを
見たくらいです‥。
そのときハゲチヨさんが
土下座のマリオネット歌ってたのも
めちゃくちゃ面白かったですw
斎藤さんは確かにオーバーリアクションですよね☆
笑い方(笑)
でも太田さんのボケには本気で
笑ってますよね\(^o^)/

めいめい #79D/WHSg | URL
2011/04/16 14:17 | edit

4. >めいめいさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
ガッツ王子ですが、公式ホームページに動画がアップされて
いるので、パソコンでも見れたりします。写真もありますし。
良かったらどうぞ、ってどこの回し者だ、って感じですが(笑)。
斉藤はあのオーバーリアクションぶりが好きだったりします。
そして何気にゲラなところも。また笑い声が響くんですよね。
太田のボケはきっとツボなんだろうなーと思いながら
見ています。相方のボケに本気で笑えるっていいなあ。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/04/17 01:56 | edit

5. 無題


斉藤さん、笑いますよね、けっこう。

太田さんが、うろ覚えなので
確かお笑い男子校だったと思いますが、
「仕事のときはキャラが入ってる分、普段は心の闇があって、幅が大きい」と。

こんなところでも太田さんの観察力・・・いや、
それが言いたかったんじゃないんですが、
斉藤さんって、芸人のときは徹底して素を見せないと決めているのかもしれないですね。

いつだったか、近くに斉藤さんがいて、
ファンの方にサインしていたことがありまして。
そのとき声が聞こえてきたんですけど、
やっぱり素ではない感じだったんですよ。

海老原さんの文章にすごく共感しました。

坂井綾花 #79D/WHSg | URL
2011/04/18 21:21 | edit

6. >坂井綾花さん


こんばんは。コメントありがとうございます。
ありましたねお笑い男子校に。仕事の時と普段とでは幅が
大きい、と確かに太田君が言っていました。
それを読んで、ああそうだろうなーと思いつつ、ただでも
普段の時も、もしかしたら(仕事の時とは違う)芝居をして
いるのではないかなーとも思った次第です。
以前、ライセンスのオンラインで斉藤君が藤原さんに
「普段そんな明るくないやろ」と指摘されて暗くなる、という
のをやっていたのですが、暗くなり方がまた演技入って
まして。
本当に、「芸人の時は徹底して素を見せない」人なのかも
しれないなと思います。
ただでも、その演技の部分も斉藤の一部分だとは
思うんですけどね。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/04/20 20:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/404-c787ea98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。