幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『333(トリオさん)』第十四回感想  

ケータイよしもとのバレンタイン告白DL企画、いつの間にか結果出ていたんですね。
ニュースの欄にひっそりと。いやいやいやいや、全然気付かなかったから!
ツイッターで話題になっていてようやく気付きましたよ。
1位はパンサー向井君ということで、まあそうだろうなという気持ちと、
なんていうかみんな普通にDLするんだなあという気持ちと。
いや、例えばもし1人しかDL出来ないとしたら、私だったら迷わずパンサー菅さんに
するんだよなー、というね。
あの方は絶対直球では来ないだろうから、どんな変化球で来るのか、というのが
聞きたいということで。
パンサーは全員分DLしたんですが、菅さんはそうきたか!という感じでした。
尾形君はもう完全に尾形君でした(笑)。
ところで、全員のはさすがにDLしていないのですが、私がDLした範囲では
ジャングルポケット太田のが一番心を射抜かれました。
例えばただの友達としか思っていなかった相手でもあの告白をされたら
頷いてしまうかもなーというような。
まあ、結局はいつものごとく、太田すげえ!になるわけなんですが。
彼の仕事に対する姿勢がすごい好きなんですよね。この話はまたそのうち。

ところで何であの企画にジューシーズ赤羽健ちゃんが入っていないのかと!
健ちゃんボイスDLしたかったよ!
ジューシーズの、言い間違いネタばりに、
「まぜまぜしてえー。まぜまぜー。まぜまぜー。間違えた。付き合って下さい!」
とかいうのが欲しかったよー!
もうあの企画終わってますけども、未だにこの事だけは納得できていません私。


でもって『333(トリオさん)』感想。まずはあらすじから。
放映見たよ、という方は飛ばして下さい。

---------------------------------
3組揃ったところで、いつもならジャンケンなどで脱落する1組を決めた後に
企画発表なのだが今回は先に発表。
ジャングルポケット斉藤が企画が書かれたフリップを奪い取り(笑)、企画確認。
『今回は、年末以来の3組揃っての出演です』
と書かれたフリップを確認し、3組とも大喜び!
……なんですが、ここで何かに気付いたパンサー向井。
「待って!みんな待って!これが当たり前だから!レギュラーなんだから」
言われてみれば確かに。と思いつつも
「俺ら洗脳されてる」(byパンサー尾形)
面々は、脱落者がいないということで喜びつつ企画確認。
今回の企画はすごろく大会。お正月からは少し経ったけれど、すごろくで盛り上がりましょう、
ということでまたまた喜ぶ面々。「特番っぽい!」とはしゃぐジャンポケ太田。
しかしここで終わらないのが『333(トリオさん)』。
すごろくで最下位だったトリオは次回のロケ参加不可!
そのパターンかよ、と一気にがっくりする3組。
なんでも太田によると、前回このパターンだったセルフクイズ大会の時は
(時間がかかった分)ギスギス感が半端なく、終わってからしばらく口を利かなかった、と。

とはいえ今回の企画はすごろく。ということで(多分)本社の体育館へ。
巨大すごろくで勝負、なのですが、マス目が全部白。
止まったらめくって、書かれていることに従う、というルール。
試しに1枚めくってみたところ
『他のメンバーから好きな物が貰える(例:太田の42型テレビ)』(文章そのまま)
これ例に書く必要ないでしょ!と抗議する太田。
あれもう捨てた、と言う太田に嘘つけと言うジューシーズ赤羽。そんな赤羽に太田は
「あんた実家だよな。俺このマスに止まったらあんたの実家貰うからな!」
しかしながらマス1つでこの破壊力。ということで一体どんなことになるのかと
一気にこの企画の恐ろしさを実感する3組。

抽選で順番が決まり、まずサイコロを振るのはジューシーズ。
いきなり6を出すも、めくったマスには『1回休み』。
次はパンサー。2を出すも、めくったマスには『3マス進む』。結果5。
最後はジャングルポケット。1を出し、『O.A.の時に目に線が入る』。
1しか進めない上に目に線が入るという悲惨さ。次のターンまでこのまま。
そして次はジューシーズ、なんですが1回休みのためパンサー。
2を出すと、マスには『○○が出来なければスタートに戻る』
課題はマシュマロキャッチ。尾形が投げ菅が受け取り手になるも、失敗してスタートへ。
次はジャンポケ。1を出し3マス進む。
そしてこの次点でジューシーズがトップ。
「僕らものすごく恥ずかしいです」(byジャンポケ)

次はジューシーズ。2回連続の6。マスには『激辛50倍カレー』
1皿を3人で完食。
「残したらどうなるんですか?」と訊く児玉。
「お前バラエティでこれ出てきて食えませんって言う芸人見たことあるか?」(by松橋)
そして必死になりながらなんとか完食。
次はパンサー。4を出し、マス目は『自慢のショートコント披露』
早速、カメラの前でガチのネタ合わせ。
やたら「自慢」を強調させられる中で披露したのは ”借り物競走”
終了後、大いなるダメージを受ける3人中2名。
しかも、「パンサーさんそれだけやって俺らの事越えられてないですからね」(by太田)
そしてジャンポケ。3を出し、『相撲でジャンプアップ』
札を引き、出たトリオの代表者と相撲をし、勝てば6マス先へ。
大喜びする太田。高校の時に柔道で愛知県1位になったこともあり、かなり有利。
そして引いた札はジューシーズ。
ジューシーズ赤羽とジャンポケ太田の闘いは、あっさり太田の勝利。
ということでジャンポケがトップへ。

そしてここで、続きは次週となったのでした。
---------------------------------


あれですねー。やっぱり3組揃うと面白い!いや2組でも面白いのは面白いんですが
なんか雰囲気が違うといいますか。この3組でないと出せない雰囲気っていうのが
あるんだよなーとか今回観て改めて思いました。
それにしても、昨年末に放映されたセルフクイズの回、その後しばらく口を利かなかった
というのを知って改めて、この3組で良かったなあー、と。
いや、全く知らないトリオ3組とか、知ってはいるけどそんなに仲良くもない3組とか
だったら、毎回1組脱落なんてやっていたら確実に雰囲気めちゃめちゃ悪くなるでしょうし。
そしてそういう雰囲気というのは画面上から自然と伝わって来てしまうものだとも思うので
元々仲が良くてプライベートでも一緒に遊んだりする面々で良かったなあ、と。
もちろん、脱落者決定直後はギスギスすることもあるでしょうけども、多分すぐ
仲は修復出来るのだと思いますし。3人いれば誰かがとりなしてくれるという部分も
あるでしょうしね。

最初にマスをめくって、好きな物が貰えるというのを見た時に、ジューシーズ赤羽健ちゃんが
隣にいた児玉さんに何か言っていて、だまさんもなにか嬉しそうに健ちゃんに返して
いたんですけども、あれって多分ですがテレビ取り返せるよとかそういうことを言っていたんだ
ろうなー、とか。
この番組第二回目、つまりは最初のロケの時に、だまさんの全財産で買ったのが
太田の持っている42型テレビでしたから。
「あれ取り返せるよ」「そうだな。ありがとう」みたいな会話があったのかなー、と。
マスに止まったらだまさんに譲るんだ、ということも含めて、幼馴染いいなあ、とか思ったんでした。

で、その時に「あんたの実家貰うからな」という太田発言。
いやもうね、しつこいくらいに何度も何度も何度も何度も言っていてもういいよという感じ
なのは分かってますけども、分かってますけども言いたい。
太田すげえー!
もうその発想がすごすぎる。非道すぎて最高!
あああーもう太田凄いわ。大好き!
そしてそんな太田の横で、地味ーにかわいこぶりっこする斉藤(笑)。
なんか今回、斉藤がちょいちょいかわいこぶりっこしてた気がするんですけど、私の
気のせいですかね。
ぶりっこというか、いや実際かわいかったんですけども(斉藤に関しては多少盲目が入るように
なった今日この頃)。
それにしても相撲といい、今回もまた太田の見せ場多かったなあー。
柔道の愛知県1位も今回出してもらえましたし。
というかこの番組って何気に出演者のパーソナルデータを出してくれるんですよね。
尾形君が仙台育英出身とか、健ちゃんが110キロとか(笑)。
それもまたさりげなく。
丁寧だなー、上手いなー、とつくづく思います。

いやーそれにしてもあんなガチのネタ合わせとかそうそう見る機会ないですよね(笑)。
普通のバラエティだったら多分カットする部分じゃないかと思うんですけども、
ああいうシーンもがっつり映す辺りがなんというかこの番組なんだよなあ、と。
バラエティでありドキュメンタリーである、というか。
前にも書きましたけど3組の成長物語という意味も入っているのだろうなと思います、
あの番組は。
ただ多分ですけど、作り手が最初想定していた以上に出来る3組だったんじゃないかとも
思っています。私はね。
ただ特に小道具もなく時間も限られている中で出来るネタとなれば相当限られて
くるでしょうし、確かに借り物競走くらいしかぱっと出来るネタってないんだろうなー。
いやあのネタ好きですけども。
ざっと思い返すと、とにかくテーブルが必要なネタが多いんですよね、パンサーのコントって。
ルミネとかで順番が分からない状態で観ている時に、テーブルと椅子3つが並べられると
あ、パンサーだ、とか思いますし。
話がそれた。


ところで以前から何度か、ジャンポケ武山について書いてきましたけども、
もしかしたら武山の覚醒っていうのはこの番組発動なのかもしれないなと
ちょっと思ったりしています。
”ツッコミなのに自由” なところを作り手が面白がっている感じがするので
そこを突き詰めるというか上手い事料理出来ていったら相当面白いことに
なるんじゃないのかなあ、と。
そう考えると、『333(トリオさん)』が始まって一番恩恵を受けているのって
ジャンポケのような気がするなあ、とか思います。
私は、ですがこの番組で太田への好感度がものっすごい上がりましたし
(しかもそれまでも高かったというのに)、これで武山の、ちょっと言い方悪いんですが
新たな使い方が提示されればかなりの武器になるんじゃないのかなあ、と。
でまたこの番組の斉藤が妙に可愛いし(笑)。
ジャンポケの底力ハンパないなー。
関連記事
スポンサーサイト

category: 333

tb: 0   cm: 6

コメント

1. 無題


そうですね!
3組揃うと、より面白く賑やかですよね☆
また たまに3組揃うからより3組の面白さを感じられるんしょうね♪

ほんとにつくりが細かいですよね!
良い意味で手を抜いていて、きっちりやるところはやる!という感じがします☆
パーソナルデータも改めて知れるし、知らない人はより興味をもってくれるかもしれないですしね!

武山さんの「つっこみなのに自由」は最近よく言われてますね(笑)
だんだん武山さんのことを知られてきたのかな~という感じです♪
私はそんな武山さんの天然で憎めないところが好きなんですよね(#^.^#)

海樹 #79D/WHSg | URL
2011/02/22 22:55 | edit

2. Re:無題


>海樹さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ほんと、あの3組のわちゃわちゃが大好きな身としては、3組揃ってと
いうのが嬉しくて楽しくて。ただでもほんと、毎回ではないから
より面白い、というのはあるかもしれないですねー。
そしてほんと、作りが丁寧で、力を入れるところと抜くところの
メリハリもきっちりついていて、いい番組だなと思います。
3組をよく知らないで見ている人にも分かり易い作りになっていますし。
あの番組は最近は武山推しなのかなーと(笑)。
芸人としての良さを出していこう、みたいなのが見えるので
これからが楽しみです。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/02/23 00:26 | edit

3. 無題


毎度ありがとうございます。
3組揃ったら最強ですね~。
もっと面白さが伝わってくる!
ネタあわせを放送するディレクター
分かってますね(笑)
太田さんすげぇな。
バレンタイン企画やっぱり
1位は向井さんでしたか!

きのぴー #79D/WHSg | URL
2011/02/23 01:43 | edit

4. 無題


太田サンの実家貰う発言。私も爆笑しちゃいましたw
ほんと凄いですよね。あれで一番後輩な現実にいつも驚かされます。
太田サンの凄さを語る記事楽しみにしてます!!!(´∀`)

カオリ #79D/WHSg | URL
2011/02/23 18:23 | edit

5. Re:無題


>きのぴーさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ほんと、3組揃うと最強です。めっちゃ面白かったです。
今後はちょこちょこ3組出られるようになっていってくれたら
なーとか思っていたりします。
ネタ合わせ、結構がっつり放映されていました。
さすがとしか言いようがないです(笑)。
バレンタイン企画はほんと順当な結果でしたねー。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/02/24 00:26 | edit

6. Re:無題


>カオリさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
今回はリアルタイムで見ていたので、実家貰う発言の時は
大笑いしたかったんですが必死で堪えました。
夜中の3時に見るには多少危険ですね(笑)。
太田は本当にすごいなと出ている番組やライブを見る度に
思います。
凄さを語る記事、近いうちに書きたいと思っていますので
良ければまた読んでいただければ嬉しいです。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/02/24 00:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/351-75703362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。