幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

シチサンライブの功績について語ってみよう その2  

向井君のツイッターによると、今日明日はオフのようですねー。神保町花月の稽古は?
とは思いつつ(あと土曜日の舞台の稽古とかないんかな、とも思いつつ)、ずっと休みも
ないままに突っ走ってきているのでここらで少し休みがあってもいいんじゃないでしょか、
とか部外者が勝手に思ったりするわけですけども。
明日の誕生日も休みならいっそ名古屋帰って彼女とデートでもすれば、と思ったんですが
平日なのでそれも難しいのかもですねー。12月とかどこも仕事忙しいですし。

それにしてもここで2日も休み与えるなら22日から24日の鬼スケジュールを
どうにかした方が良かったんじゃないの、という気も(やっぱり部外者が勝手に)
思ったりするんですけども。
だってあのスケジュールはどうかと思いましたもん。
22日、神保町花月で芝居→オールナイトライブ→23日、AGEAGE→神保町→トリオ×3
→24日、芸人生活の実態を語る会→(福田がしゃべる:菅)→神保町
23日のAGEAGEは飛び出しだろうなー多分。トークやってる時間ないですよねきっと。
何もあと2回しかないAGEAGEの1回をこんなスケジュールの時にぶっ込まなくても、と
思ったんですが、でも祝日だしお客さん多いだろうからいいのかな。
ま、私は祝日普通に仕事ですけどね(泣)。

本日はそろそろパンサースケジュールを上げようかとも思っていたのですが
向井君がブログで上げていたのでだったらいいか、と。
元々向井君が上げないならこっちで上げよう、くらいの気持ちでしたので。
で、スケジュールを見ていたら1月7日に「トリオトリオトリオSP」とか書いてあって
何事!?、と。
聞いてない聞いてないそんなの!どこにも載ってないし!
ただでも来年以降もトリオトリオトリオやってくれるということでそれに関しては安堵です。
まあ、お揃いのポロシャツ作っておいて最終回とかないとは思うんですが。


さて、シチサンライブの功績を語る第2回です。
今回は(も?)向井君に注目してみました。

『333(トリオさん)』見ていても思うんですが(あ、こないだの回の感想は明日か明後日にでも)、
進行はやっぱり向井君が一番慣れているなーと。パンサーがいる時はフリップは確実に
向井君が持ちますし、めくりも慣れたものだなと。
ただでも、去年の(それこそレギュラー始まった当初の)シチサンとか見ていると
結構たどたどしいんですよね。いやそこまで極端なわけではないんですけども
(というより芸歴とか考えるとめちゃめちゃ上手いなーとは思います)、今と比較して。
カンペを見て喋る事自体は達者なんですが、以前って結構カンペをじーっと見て
探したりとか、探している間空白の時間が出来たりとかしていたと思うのですが
その辺りがだんだん流れるように出来るようになってきているなあ、と。
あまりにも自然にやってしまうので、ついついそれが普通のように感じてしまうんですが
いやでも相当の力がなかったらあれは出来ないよなあと。
つくづく、隔週で1年以上ずっと進行を続けてきた事が確実に力になっているなと
思った次第です。
実際一番成長したのって向井君じゃないのかなあ、と。
彼は元々器用ですし努力家でもあるから最初から割と高い位置から始められたり
することが多いんですけども、(あくまで私が思うだけですが)良くも悪くも優等生気質と
いいますか、100点満点で80点平均であったりとか、100点は取れるけれど120点の
勢いはないといいますか、なんかそういうところがあるような気がしているのですね。
何でもそこそこ出来てしまうけれどずば抜けているものがないといいますか。
でもMCに関しては経験と努力によって100点を超えようとしているのかなと感じます。

実際、MCって相当難しいよなーと思うんですね。隙あらば暴走しようと(したいと)
思っている芸人を纏め上げて道を正さないといけないわけですから。でもガチガチに
制御して正しい道ばかりに進ませても今度はつまらなくなるし、ある程度は暴走させて
でも客が飽きる手前で手綱を引く、みたいなテクニックとか相当必要になるんじゃないかと。
そして暴走する側(笑)にしても、いくら変な方向に走ったとしてもちゃんと道を正してくれる
存在がいるからこそ暴走も出来るわけです。
そう考えると本当に大変な事をさらっとやってのけている(ように見せている)なあ、と
思ったりするわけです。
シチサンライブのゲストって向井君にとってはほとんど先輩ですし、先輩に対して
時には好きに走らせたり時にはきつく制御したり、と本当に色々な事を隔週で
やっていたのだなあと。
まあ、かなり大変な事だったとは思うのですが、今向井君の中で大きな糧となっているのも
また事実なんではないかと思います。
ほんっと、シチサンの存在は大きいと思いますよ実際。もしあれがなかったならば、
『333(トリオさん)』でも、きっともっとたどたどしかったんじゃないかと思うんですよね。

あとやっぱり向井君は頭がいいので、カンペやフリップを読んでいる時も
変な間違いとかたどたどしい言い方になることがほとんどないんですよね。
そういう部分も見ていて安心出来ます。
事前にカンペやフリップをチェックしているのかは知りませんが、これ何て読むの?
とかがないのは見ていて気持ちがいいなあと。流れが中断されないので。
やっぱりMCってある程度の頭の良さは必要だと思うのですよ。

どういう経緯でレギュラー10組に選ばれたのかは全く分からないのですが
ただでもほんっと選ばれていて良かったね!と強く思います。
いやあれに選ばれるか選ばれないかって相当大きかったと思いますよ実際。
関連記事
スポンサーサイト

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/285-5049a209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)