幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

パンサー向井君について書いてみたけど纏まりませんでした、とタイトルで自己申告  

パンサー向井君について、とタイトルで書いておきながら、なぜか最初に
相方である菅さんの話。
いや昨日ですね、パンサーはユーカリが丘(千葉)→浅草→渋谷、という流れで
お仕事だったわけなんですけども、私は浅草と渋谷に行ったんですね。で
浅草終わって渋谷行って、『やっぱ日曜のセンター街は人多いなー』とか
思いながらふと前見たら菅さんが歩いてたんですよ。
いやまあ、確かに時間的に同じくらいの電車に乗って移動していたでしょうから
途中で見かけても不思議ではないんでしょうけども、ついさっきまで舞台上で
見ていた人が前を歩いていたからなんか変な感じで。
しかも舞台上で女子高生とかやっていた人が(笑・いやそれはいいじゃん)。
完全に行き先一緒なので、『いやストーカーとかじゃないから!私もこっちだから!』と
心の中で言い訳しつつ歩いたんでした。
にしても菅さん歩くの速いのね……って走るの速いと言うのがNGならこれもダメか!? (笑)。


でもって菅さんと一緒に行った(語弊ありすぎ)渋谷の無限大ホールで昨日行われたのが
「トリオ・トリオ・トリオ」の第3回目でした。
今回は配信があるというのを事前に聞いていたので、じゃあ別にレポしなくてもいいかーと
いうことで気楽に好き勝手見てきました。いやレポを書く舞台に関しては一応全体を見るように
したりとか色々覚えるようにしたりとかしているんですよ、あれでも!ぼろっぼろ漏れが
ありますけどあれでも!(笑……い事じゃないな。すみません)。
「トリオトリオトリオ」は今回で3回目なわけですけども、いやー面白かった!
毎回色々な企画を出してくれるので飽きずに見られますし。
1回目とかはまだ手探りな感じもあったんですけども、2回目からはなんか方向性も
決まってきてどんどん面白くなっていっているなーという気がします。
来月もほんと楽しみです。9人が9人とも楽しんでいるという感じが見えますし、
やっぱりあの雰囲気がいいんですよね、また。9人の仲の良さとか。
これツイッターでもちょろっと呟いたんですけども、いずれ3組それぞれの知名度が
上がったら、改めて3組が揃って出る番組を作って欲しいなと思います。
トリオさんはあれで、というか3組のうち2組が出るという形でいいと思うんですよ。
というのも、前にもちらっと書きましたけど、現在の知名度(の無さ)では9人出たら
視聴者は多分ついていけないでしょうから。
夜中の3時に考えながらテレビ見たくないですもん。これ誰だっけ、とか思いながら
懸命に見る事はないと思いますし。なので、もっとそれぞれの知名度が上がったら
それこそ夜中に3組で、「トリオトリオトリオ」みたいな番組をやって欲しいです。
密かな夢だなー、これ。


さて、嫌がらせのように長い前置きの後(いやほんとすみません……)、ようやく
向井君について。
まず何でトリオトリオトリオについて書いたのかといえば、昨日見ておおっと
思ったシーンがあったので。
葬式のコーナーの時、最初にパンサー尾形君が選ばれて遺影の枠の前に
顔を入れたところでの、向井君と尾形君の会話。

向井「なんかでも……実際こうやって見ると、ほんとにこうなっちゃうんだろうな」
尾形「どういうことよ!?」 (ここで笑いが起こる)
向井「(笑いつつ)リアルにそれ見てちょっと凹んじゃった」

これ聞いた瞬間、うわあああああー、と思ったんですが、客側も舞台側も特に
何の反応もなく、終わってからツイッター辿ったんですけど誰もそれに触れてなくて
え?何?幻聴?、とか思いつつちょっと恐る恐るそれについて書いたら
賛同してくれる方がいらしてようやくホッとしたんでした。
で家に帰ってから配信されていたのを見たらちゃんと言っていて、
ありがとう配信!と(笑)。

いやもうね、ほんっと嬉しかったんですよこれ聞いた時。
別にパンサーの仲の良さを疑っていたとかいうわけではないですし、実際仲いいと
思いますし、向井君と他の2人に関しては、トリオ組んだ時が知り合った時、くらいに
言ってしまってもいいくらいなんで(組むまで喋った事もなかった、と言ってましたし)
知り合ってから2年半程度という期間なんだよなと思うと余計に、ほんと仲いいなあと
思ったりするんですけども、ただやっぱり、こうやって時に言葉にされるとね、
うわああああー、とくるものがあったりするんですよ、ということで。

ちょっと前の記事で、向井君が腹黒と言われているけれど何でだかよく分からない、
みたいなことを書いたんですけども、というのも私の中で向井君ってすごい素直な人と
いう印象が強いから、というのもあるんですね。
物事を見る時に基本肯定か否定かと考えたら肯定で見る人だと思いますし、
あと愛情表現がほんとに素直な人だなと。以前ピクニックのシチサンで相方への手紙を
書いた時も、一切笑いに逃げることなくきちんと感謝の意を2人に述べてましたし、
照れる事は照れるんですけども、でも好きなものは好きだときちんと表現するし
大事な事は逃げずに言葉に出来る人だとも思っています。
人を褒めることにも抵抗なかったりしますよね。

今年の1月頃に撮られたインタビューで向井君が尾形君について、
「いい意味でバカにさせてくれる」みたいに言ったことがありまして、それは私は
ファンなり立てくらいの時に見たんですけども、『ああこの人ちゃんと分かってるんだなー』と
思った事がすごく印象に残っています。
実際向井君って尾形君の事を(舞台上で)バカにしたりしますけれど、でもちゃんと
即座にフォローを入れたりとかして、バカにしつつもちゃんと立てている部分が
あったりして、それがまた見ていていいなあ、好きだなあと思うところだったりします。
向井君って先輩にかなり好かれていますけども、先輩を立てるのが上手いんですよね。
別におべっかを使うとかではなくて、自分の立ち位置と相手の立ち位置をきちんと把握
していて、自分より相手が上だったらそういう風に扱う、っていう。
これ口にしてしまうと簡単なように思えますけども、実際結構難しいと思うんですよ。
特に慣れた関係になってしまうと。なあなあになってしまうといいますか。
でも向井君の中ではちゃんと一線が引かれていて、先輩はもう絶対先輩であって、
たとえタメ口で話そうが叩こうが、でもその先輩という一線は絶対に越えないから
立てるところはきっちり立てる、立てられるんじゃないかなーと思います。
逆に言ってしまうと同期や後輩に対しての立ち位置も見えているから、
同じ位置の人にはこう、下にはこう、と態度が一気に変わるから、それで先輩に対してだけ、
とか腹黒いとか言われたりするのかもなーとかちょっと思ったりしています。

で、その「トリオトリオトリオ」での発言なんですけども、向井君の相方愛であるとか
単純に亡くなってしまったら悲しいと思える優しさであるとか、想像力であるとか
それを口にしてしまう素直さであるとか、なんというかですね、私が好きな向井君の
部分が一気に現れてたんですよあの一言に!
なのでうわあうわあうわあと心の中でめっちゃ思っていたんでした。


でもって。こういう流れになったんでついでに。
向井君は自分の立ち位置を分かっていて、相手が先輩だったら絶対に
相手を立てる人だと思うんですけども、だからこそ今一つ菅さんとの距離感が縮まらない
のかなあ、とも勝手に思っていたりします。
菅さんって確かに壁を作っているんですけども、相手がその壁をぶち壊してくる事は
決して嫌ではないと思うタイプだと思うんですよね。菅さんと仲のいい人を見ていると
(いやもちろん程度問題はありますけどね。ただでもそれは菅さんだけでなく誰でも
あることですし。どんなにフレンドリーな人でも土足で踏み込んではいけないところは
ありますから)。
前に向井君が菅さんに対して、「お高い」と言っていましたけども、あながち間違っても
いないよなーと。自分からは行かないけれど相手から来るなら受け入れるよ、みたいな。
私が見る限り菅さんはそういうタイプだと思っています。
で向井君は向井君で菅さんに対して先輩だから、とか、ネタを作ってくれる人だから、と
いうことで立てている(言い換えれば無遠慮に踏み込んでいかない)ところがあって
結局それでお互いになんとなく距離が縮まらないのかなあ、と。
仲はいいと思うんですけども、確実に "遠慮" が見えるんですよね。
向井君と尾形君との間は "先輩後輩" で、先輩の胸を借りてバカにさせてもらっている、と
いう感じなんですけども、向井君と菅さんの間は、というより向井君から菅さんに対しては
"遠慮" なんだよなあ、と。
ここの関係性がもう少し変われば、パンサーとしても変われる気がするんだけどなあ、と。
また向井君が基本真面目な人だから立ち位置を崩さないんですよね。
なので、出来れば菅さんの方から少し歩み寄ってくれたらなあ、と勝手ながら
思ったりしているんでした。


途中、いちいち書くとうざったいかなと思って省略していましたが、これらは全て
(当たり前ですけど)私がこう思った、こう見えたというだけのことです。
もちろん舞台上の彼らしか知らないですし、ひとたび楽屋に戻れば全然違う顔に
なっているのかもしれないですが、それは知りようがないのでその辺はもうね、
妄想で書くしかないということでね。
なので、そうは思わない、と思われましたら遠慮なく言っていただければ幸いです。
但し、「そうは思わない」はアリですけど、「そうじゃない、間違っている」というのは
ご本人(笑)以外からは受け付けませんのでひとつよろしくどうぞ。


……と、全く纏まらなかったというタイトル通りの内容になってしまってすみません。
一応努力はしましたがこれが限界でした。あーあーあーあーあー orz

A面B面やトリオさんの感想はまた明日以降にでも。
関連記事
スポンサーサイト

category: パンサー

tb: 0   cm: 5

コメント

1. 無題


めっちゃ同感です。
パンサーさんそれぞれの良いところや
足りないところをしっかり文字に表せられる
文才素敵です☆

きのぴー #79D/WHSg | URL
2010/11/30 00:20 | edit

2. こんにちわ♪


ブログへのコメントありがとうございました!!
海老原さんにまた一つ学ばせて頂きました!

私のブログは人生経験の無さが如実に現れていて、お恥ずかしい限りです


テストについての励ましも本当に有り難いです。いつもお気遣いありがとうございます!

今週三人で出るフットンダがテスト期間中唯一の楽しみです。頑張ります!

カオリ #79D/WHSg | URL
2010/11/30 18:19 | edit

5. Re:無題


>きのぴーさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
同意していただけてほんと嬉しいです!普段から結構
これ大丈夫なのかしらとドキドキしながら書いているので。
パンサーが好きだー!という気持ちと、こんなに素敵な人達
なんだよ、というのをもっと文章に現せられたらいいなと
思いつついつも書いています。いやほんと文才欲しいですよ。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2010/12/01 10:24 | edit

6. Re:こんにちわ♪


>綾香さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
コメント内容で分かったんで大丈夫ですよー。
ツイッターではいつもありがとうございます。ブログも楽しく
読ませてもらっています。
文章ってその時その時しか書けないものがあって、その立場
だから見えるものもあったりするので、綾香さん目線の
パンサーであったり他色々は綾香さんにしか書けないですから。
テストも頑張って下さいね。フットンダが待ってますよー(笑)。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2010/12/01 10:29 | edit

7. Re:無題


>カオリさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
距離感の件同意していただけて嬉しいです。仲は良いし
お互いもちろん好意的には見ていると思うんですけども
なのに今一つ踏み込めない部分があるのが勿体ないなと
常に思っていたりするので。特に向井君はツッコミだから
時にはガツンと突っ込まないといけない部分ですら
遠慮してしまうのがなー、と。
トリオトリオトリオ面白いですよ。多分月イチでやると
思いますので、ご都合つく時はぜひ行ってみてください。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2010/12/01 10:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/271-8b0af353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。