幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

先駆者たち  

今日のQさまも色々と見所ありましたねー。
予選でばっちり決めたりとか(ガス代のところ)、お試しかっ軍団の分からない問題を
さらっと答えたりとかしたのに、最後の最後で間違うとか。
ごめんなさい。ここで懺悔しますが、うーじーがアンタッチャブル山崎にプレッシャーかけた時、
『これでうーじーが間違ったら面白いのになー』
と思いました。そんな宇治原ファンでごめんなさい(笑)。


ところで。
(この先は考えが纏まらないままに書いてるんで分かり辛いかもです。
しかも無駄に長いし。すみませんです)

ロザンというコンビを知るにつけ、不思議な人たちだよなあと思ったりします。
不思議、というか、今まであまりいなかったタイプのお笑いコンビだよなと。
以前にも書きましたが、お笑いで学歴を売りにしようって発想が(当時は)なかったと
思いますし。
あくまで自分感覚ですが、お笑いというのは頭が良くないと出来ないということが
一般的に認知されてきたのってここ10年くらいじゃないかなと思うんですね。
昔から、お笑いの人って頭いい人多かったですが、でも笑いの時はあえて
自らを落とす、というのが基本だったですし。
実際、すごすぎると笑いにならないですからねー。
多分ですが、「お笑いというのは頭が良くないと出来ない」とはっきり声高に
言い出したのってダウンタウン松もっさんだと思うんですね。著書『遺書』辺りで。
そう考えるとうーじーが京大を目指した頃はまだそんな認知されてなかったよなと。
というかその前に二人ともあんまり芸人とかバラエティ番組とか詳しくなかったらしいので
普通に知らなかった気もするんですけども。
まあだからこそ、それまで前例のなかった高学歴を売りにする、という発想が
出てこれたのかもしれないです。
そうだあと芸人になろうとしたきっかけ。
普通は、○○さんに憧れて、とか、学校で面白いと言われて、とかだと思うんですが
ずっと二人でいたかったから、って。
なんというか、それもまたすごいなあと。

既存の芸人をあまり見て来なかった(とはいっても芸人になってから勉強したらしいですが)
からこそ、ああいう、既存の枠にはまらないようなお笑いコンビになったのかなと思ったりします。
漫才とかコントとかはそんなに捻ったものはなくて、むしろ分かりやすい方だと思いますが、
スタンスが。

ちょっと話変わってダウンタウンのこと。
彼らが東京進出した時に「ガキの使いやあらへんで」という番組が
深夜(午前1時とか。もっと遅かったかも)に始まったんですが、その時の話。
プロデューサー(菅ちゃん・笑)が、この二人は変に企画とかさせるよりも純粋に
トークさせた方が絶対に面白いと思ったんですが、でもど深夜といえども男二人でトークのみ、
というのでは企画が通らないから、水着の女の子がいっぱい出てーとか色々書いて
企画を通して、通ったらこっちのもの、ということでトークメインの番組にしたらしいです。
あの時点でダウンタウンの売りを見抜いた菅プロデューサーもすごいですし、
それに応えて面白い番組を作ったダウンタウンもすごいなと。

でもってロザン。
ぷいぷいはこっちでは映らないですし、一体どうしてあの二人が道案内をすることに
なったのか、そのくだりはさっぱり分からないんですが、ただ、ロザンに道案内させよう、と
思い付いた人がすげえ、と思ったりするわけです。
道案内はよそ様のレポや、あと数回ちらっと映像見れたぐらいなんですけど、見事に
それぞれのキャラが出ているしコーナーとしてもきちんと成り立っているし面白いし。
他の芸人さんでもやれないことはないでしょうけど、ロザンで大阪だからあれだけハマったんだろうなと。

で、何が言いたいかといいますと(ここまでたらたら長くてほんとすみません。しかもちゃんと
説明できてないし)、うんちくクンについて、なんですね。
実際あの番組ひどすぎますしね。何がしたいのかさっぱり見えてこない辺りが。
ロザンに対してだけでなく、今ちゃんメインに使ってあれだけ面白くない番組を作るって
ある意味逆にすごいよ、としか。
ただ思うのは、売れる(顔が知られる)ためにはああいうどうしようもない番組に出る事も
必要なんですよね。実際。
今売れてる人っていうのは、多かれ少なかれそういう経験をしてきていると思うのです。
とりあえずちょっと人気出て来たっぽいから賑やかしで呼んどくか、みたいな。
で行ってみたら何で呼ばれたのかもイマイチ不明で自己アピールも出来ないままに
ぼんやり終わっちゃった、というような。
実際そういう経験も必要、というか通らねばならない道のような気がしています。

ただでもロザンはそんなところで終わる人たちじゃないぞ、とも思っています。
今後も、東京(というか全国区)で売れるためにどーしようもない番組に出たりとか
ロザンの良さが全く生かせない企画をさせられたりとかあると思うんですけど
でも彼らならそんなことすら二人で楽しみつつ先に進んでくれそうな気がするんですよね。
ロザンというコンビが既存のお笑いコンビとはちょっとスタンスが違うというのを
上に書きましたけど、だからこそ多少の時間はかかるかもしれませんが、でも
それこそダウンタウンの良さを見抜いたプロデューサーのような、道案内させようと思った
ぷいぷいスタッフのような、そういう人が東京でも現れて、ロザンの良さを充分に生かした
番組を作ってくれるんじゃないかと思ってます。
菅ちゃんのプロデュース能力とうーじーのアイディアを無限に広げる能力を
周囲がいつまでも放っておくとは思えないので。
ロザンに関してはそれくらい信頼してます。


まあなので、単なる通過点としか見てないせいか、全く期待してないせいか、
うんちくクン、私は結構楽しく見てたりします。
いや内容自体はどうしようもないですけども。
ただこないだは、うーじーと山ちゃんの共演!とか個人的にめっちゃテンション上がりました。
関連記事
スポンサーサイト

category: ロザン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/26-b9cb8bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。