幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

条例が気になって眠れない  

仕事でぐっだぐだに疲れたので簡易更新です。
ほんとは色々書きたい事があるんですが!なので備忘録的にちょこっと書いときます。


「人は誰しも、時代と年齢には勝てない」と言ったのは野村克也氏なんですが
最近なんかつくづくそのことを感じたりします。
まあ最近というか、ロザンファンになってから、といいますか。

正直な事を言ってしまえば、それこそ「ダウンタウンのごっつええ感じ」とか
やってた頃にもしロザンが勝負をかけてきたとしても、そんなに売れる事は
なかっただろうなあ、と思ったりします。
それは、ダウンタウンの(言い換えれば松本人志という人の)才能を越えれる人間は
そうそう出ないだろうというのと、あとやっぱりあの時代というのもあったなーと思ったりします。
今よりずっとアグレッシブなものが求められていた時代といいますか
(あくまで私が感じただけですけども)。

ただ、今ごっつのDVD見ていると、これ今は絶対に出来ないよなーと思うような
コントがいっぱいあったりします。
それは金銭的な面でもそうですけど、なにより倫理的な面において。
倫理的と言いますか、こんなんやったら絶対苦情の電話かかりまくるだろうなー、という。
あの当時も結構あったらしいですけど、今はあの頃の比ではないんだろうなと思います。
ネットが普及しているから、メールであったりあるいはネット上で攻撃する事も
可能な訳ですし。
あとまあ単純に、確実に昔より理解力は落ちてるよな、と感じる所も多かったりします。
えっ、これをこう受け取るの!?、と思う事が増えたと言いますか、そんな額面通りに
受け取らなくても……、と思ったりとか。
それと我慢も出来なくなってきているよなーと。
こういう内容を放映する事自体が不快、みたいな感じで。
嫌なら見ない、という選択肢ではなく、嫌だから排除しよう、という方向に行ってると
いいますか。

なんかぼんやりした言い回しになってしまってすみません。
で、結局何が言いたいかといえば、多分この先はどんどん(自主)規制が厳しくなっていって
どんどんお笑いをやり辛くなる世の中になっていくんではないかと私は危惧してまして、
そんな中でロザンはどうなっていくんだろうなあ、と勝手に心配してたりするんですが
ただでも誰しも時代には勝てないからなあ、とも思う訳で、結局まあ、見守るしか
出来ないんだよなーとか色々ぐるぐる考えたりしてる、という話でした。
この辺りの事はそのうち時間ができたらがっつり書きたいです。
しかしがっつり書きたい話が結構たまってたりするのがなんともかんとも、という感じです。


あ、ちなみにタイトルは、「ああエキセントリック少年ボウイ」の歌詞より。
関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/144-4aebeb3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。