幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

損得勘定  

明日からゴールデンウィークゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!
テンション上がりまくりです。が、やらなきゃいけないことを放置していたせいでかなり
大変な事態でもあります。
ま、間に合うかなこれ……(遠い目)。
メールやメッセージのお返事が滞っていて申し訳ありません。
5/3以降は落ち着くと思いますので、それからお返事させて下さい。
というか書きたい事が多すぎてね!もう返事させて!書かせて!という気分です。
とりあえず目の前の色々を終わらせよう。


ちょこちょこと、ツイッターで呟いたりしています。
最初は自分の性格的に無理なんじゃないかと思ったんですが、肩の力抜くように
なってからはのんびり楽しんでます。あれのいいところはフォローさえしておけば
自分が何も呟かなくても(人の)呟きで埋まるから何となく楽しい、というとこだなとか。

ツイッターって最大140文字で、それ以上は書けないという制限があるんですが
やっぱりその短い文字数の中で光る文章が書ける人っていうのは書けるんですよね。
以前、ツイッターで読んでてこの人すごいなーと思った方がいて、思い切って
メールしてみたところ、ものすごい、自分にとって衝撃的な(いい意味でですよ、もちろん)
文章が返って来て、なんというか目から鱗がぼろっぼろ落ちまくった、ということがありました。
やっぱり140文字で表現出来る人っていうのは長文でもすごいんだなあ。当たり前か。

他にも数人ほど、この人の文章とか感性とかすごいなーと思う方がツイッター上に
おられるんですが、ツイッターでしかコンタクト取ってないので今一つ踏み込み辛く。
まあ前述の方はツイッター上でしかコンタクト取ってなかったのに突進したわけですが。
いやそれほど駆り立てるものがあったんですよ、ということで。
ただまあなんて言うか、踏み込んでコンタクトを取る場合ってこっちはもちろんですが
向こうにも、こっちと話してみたいな、と思ってもらえない事には続かないわけです。
交際(友情愛情とか全部含め)ってやっぱり一種の損得勘定が働いたりしますから。
あ、損得勘定といっても別に物をあげる貰うとかではなく、精神的な。
楽しいー、とか、面白いー、とか。お互いにそう思えるか、という。
例えば話してて全然楽しくない相手に会うためにわざわざ時間割くか、っていったら
しないと思うんですよね。それが例えば取引先の相手で仕事に関わる、とかなら
別ですけど、それはまた違う損得勘定があるわけで。
なので、相手にとって自分が魅力的であることがまず大事なんだよなあ、とか。


というのが前置き。毎度毎度前置きが長くてすみません。
でロザン話。
以前のブログで、菅ちゃんの宇治原さんに対してとファミレスしもばやし君に対しての違いを
ちらっと書きまして、その時は書くのを忘れてたんですが、先に書いたツイッター上では
菅ちゃんからしもばやし君に対しては、”普段着で会いに行ける相手” と書いてました。
着飾らずに行けて楽なんですが、逆に言えは着飾るための労力や手間をかけないということ、
という。
でもってそれと一緒に書いたのが、その例えだと最も着飾って会いに行く相手というのが
相方さんなんだろうなと思う、と。
高校時代からの仲でずーーーーっと親友でお互いの事をほぼ分かっていてとにかく大好きで
離れたくなくてずっと一緒に居たい相手、ではありますが、いやだからこそ、ある種絶対に
手を抜けない、気を抜けない相手なんじゃないかなと私は思ってます。
特に菅ちゃんは。
これ私が思うだけなんで間違ってる可能性もかなりありますが、と前置きして書きますけど
菅ちゃんって宇治原さんに嫌われるよりも宇治原さんに見下される方が嫌、と思っている
気がします。見下される、というか軽蔑される、というか。
『ああ、菅ってこの程度の人間だったんだな』
と宇治原さんに思われるのが何より嫌、って思ってそうだなあと。
多分、宇治原さんも同じようには思ってるんじゃないかと推測するんですが、宇治原さんの場合
ええかっこしいのところと、なんていうか人の期待に応えようみたいなところが大きいので
菅ちゃんだけでなく、周囲全体のイメージに沿うように動く所があると思うんですが、
対して菅ちゃんの場合はピンポイントで、宇治原さんなら宇治原さんに対してだけ
軽蔑されなければいい、と思ってそうな気がします。
ということで菅ちゃんについて。
高校の時に出会ったわけですが、学生時代って勉強の出来る出来ないがかなり大きいですし
(進学校だからなおさら)、しかもそれが数値化されて順位が出るわけです。
で菅ちゃんは宇治原さんに出会って、こいつには勉強では絶対に敵わない、と瞬時に悟って、
しかも勉強だけでなく運動も全く敵わないと。通信簿に5が並ぶ相手に同じ土俵で立ち向かえる
はずがないと、あっさり悟ったと思うんですね。この辺は京大芸人&少年にもありましたが。
ただでも、勉強&運動面では敵わないけれど、だからといってじゃあ従属関係でいいかと
いったら、それは菅ちゃんの中では ”なし” になったんだろうなと。宇治原さんは甘えられたら
嬉しいと感じる人だと思うんで(特に菅ちゃんに対しては)、従属関係も受け入れたかもしれない
けれど、それでは長続きしないと多分直感したんじゃないのかなあ、と。
実際、頼る頼られる関係のみだと、どこかで疲れてしまって破綻してしまいがちなので。
なので自らの足できちんと立ち、隣を走る道を選んだんじゃないかなと。ずっと一緒にいるために。
何でもそつなくこなす宇治原さんの隣を走るには、それなりのスピードを維持しなければ
ならないわけです。自分のせいで宇治原さんの足を止めてしまったら最初こそ笑って許して
もらえても、いずれは白い目で見られるかもしれない、となったら必死で走るしかない
わけです。
なので、菅ちゃんはずーーーっと必死なんじゃないかなあ、と思うんですね。
というか私にはそう見えるんですね。
宇治原さんが一番心を許し、一番一緒にいて楽しくて安心出来る、という存在ではあるけれど
同時に一番気を抜けない相手でもあるのかな、と。
なんとなく、宇治原さんと一緒にいる菅ちゃんを見てるとそんな感じがします。

と書くと、私が能力的に宇治原>菅、と思っているんじゃないかと思われるかもしれませんが
能力的に二人の差はほとんどないと私は考えてます。
というか、比較しようがないんですよね。お互い違う面が突出しているから。
そりゃ知識面で比較すれば宇治原さんですけど、先を見る目でいえば菅ちゃんだし、
とか考えてくと、どっちもすごいんだよね、ということに落ち着くわけです。
ただやっぱり出会ったのが高校時代、ということで、がっつり数値化されて比較された
ことが大きかったから、それで菅ちゃんの方がどうしても(無意識のうちに)必死に
なってしまうのかなあ、とか。
あとまあ宇治原さんって ”能力的な部分での" コンプレックスってほとんど感じてなさそう、
というのもあります。精神面とか肉体面(お腹が弱いとか)はともかく、能力的なことに関しては
ほぼ何でも出来る人ですし。
まあなので、菅ちゃんの方がそういう面では必死にならざるを得ないのかなあ、と。

あとついでに。
菅ちゃんが時に宇治原さんに甘えるのって、もちろん甘えたいからというのも当然あるで
しょうけど、あれって ”宇治原さんが甘えて欲しいと思ってるから” というのもあるんだろうな、と。
一種のサービスというか。
そう考えると菅ちゃん怖いわー。恐ろしいわー(笑)。



関連記事
スポンサーサイト

category: ロザン

tb: 0   cm: 2

コメント

1. うわー、もう


多くは語りませぬが。
こういう話だけで10時間くらい飲める気がします。
是非今度飲みませんか。
いやもちろん1杯目生中(中略)メニューに無いものございませんで。
もしくは2杯ビール飲んでチューハイのレモンをさりげなく頼むのでもOKです。
いやすみません、話がそれました。
個人的には、必死さが宇治原>菅だった時代もあるんじゃないかなと思ってます。

ここではとうてい語りきれないのですが(苦笑)
あ、先日はご挨拶できて嬉しかったです。
あの時もお伝えしましたが、海老原さんの文章が本当に大好きです。
これからも楽しみにしております。


とうのいん #79D/WHSg | URL
2010/05/03 03:15 | edit

2. ぜひぜひー!


>とうのいんさん
おはようございます。
この時はちょっと時間がなかった&あんまり書きすぎると
字数制限に引っ掛かる、というのがあったので相当
はしょったのですが、ほんとこの話で10時間飲めますよね
実際問題(笑)。ぜひ今度ご一緒出来ると嬉しいです。
最近鍛高譚の美味しさに目覚めましたので。
そしてこれまた、この話入れたら長くなるからということで
はしょったんですが、必死さが宇治原>菅、の時代も
あったと思います。わーほんと長くなるので語りきれない
ですが。もうほんと今度ぜひ飲み会を!
そしてこちらこそ、先日はお会い出来て嬉しかったです。
こちらこそ、とうのいんさんのブログのファンですので
ほんと楽しみにしていますねー。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2010/05/04 08:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/122-0f92a9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。