幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

相葉ちゃんの下げ記事を見て思うこと  

どうもー。まあ落ちたよね。
そうです、海老原 梓です。

ワクワク学校安定の落選、ということで、おそらく私はワクワクには
今後も登校できないのだろうなあ、と思ったりしています。
今まで一度も行ったことないんですよね、ワクワクに関しては。
ワクワクは行けたら行く、くらいの感じなのでいいっちゃいいんですが
落選メール届いた時、ああやっぱりね、と思った自分(笑)。



最近になってやたら見かけるようになった相葉ちゃんの下げ記事。
『貴族探偵』の視聴率が振るわないということが理由のようですけども。
腹が立つのであまりちゃんとは見ていないのですが、つくづく、
ほんと誰でもいいんだよな……、という気分になりました。
結局イジメと一緒なんですよね、根本は。
まず【誰か】を苛めたい、下げたい、が先にあって、それから
ターゲットとなる人を見つける、という。
よく、いじめられる側にも問題がある、という言い方をする人がいますが、
いやいやふざけんな、と。
仮に何らかの問題があったとしてもそれがいじめていい理由にはなりませんし、
イジメの理由ってめちゃくちゃなものも多いんですよね。
凶悪犯罪者が捕まった、となった時に、たまたまその犯罪者と同じ名前だったから、
とかいう理由でいじめられる場合もあるわけで、いやいやどうしろと!?、と。
そういえば『デスノート』の主人公である夜神月(ライト)ですけども、
同じ名前の子供が学校でいじめられないように、という理由で
被ることがないであろう名前にした、と確か原作者が言っていました。

まあつまり、誰でもいいんですよ。とはいえ本当に誰でもいいわけではなくて
”上手くいっている” 人間なら誰でもいいんですよね。
なんだったかな、人間というのは基本的に変化を好まないから
誰かが急に成功したら足を引っ張りたくなるし、逆に失敗して大きく落ちていたら
励まして引き上げたくなる、とか。
ここ最近の相葉ちゃんの下げ記事に関しても、そういうことなのだろうなと思います。

原作は読んでいないのですが、『貴族探偵』のドラマは実に良く出来たものだと
思っています。あれだけ原作ファンが絶賛する実写化ってそうそうないですし。
そして同時に、それだけ原作に忠実ということは、数字を取るという意味では
難しいだろうなあ、とも思います。原作が、好きな人はものすごく好き!、と
いうものですし。
そもそも視聴率でドラマの良し悪しを語ること自体おかしな話だなと思っていますが
分かりやすく評価出来るのってそこだけですからね。
なんならドラマを観なくても下げ記事自体は書けますし
(実際、ドラマ観てないよね、と思う下げ記事が見受けられるところがなんとも)。


ドラマは面白いですし、いいものを作ろうという気概を感じますし、
相葉ちゃんに関してもあれだけ忙しいのにどの番組を見ても常に全力ですし
本来叩く要素など全然ないはずなんですけど、それでも何か理由を探して
叩く人間は一定数いるのだよなと思います。
それに心を痛めたり納得出来ない相葉担の方もいっぱいおられると思いますが
最終的には人間、汚いものより綺麗なものに心惹かれるんですよね。
下げ記事や悪口といったようなどろどろしたものよりも
相葉ちゃんカッコいい! 大好き! ドラマ面白い! という方が
笑顔で楽しんでそういうことを言っている人の方が
なんだかいいなー楽しそうだなーと惹かれるものだと思います。

人生楽しんだもの勝ちだよなと思っているので
下げ記事を書いたりそれを読んでここぞとばかりに悪口を言うよりも
ドラマ面白いよねーバラエティ楽しいよねーと言っている方が楽しいですし
全く気にしないのは難しいにしても、まあそんな意見もあるよねーくらいの気持ちで
私は楽しんでいきたいなと思っています。


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。