幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

久しぶりに『This is MJ』の感想を書くよ  

どうもー。プロ野球川柳買ったよ。
そうです、海老原 梓です。

先日、『みんなのプロ野球川柳』が発売されまして
私も昨日買ってきました。
まだ全部読んでいないけど面白いよー。
個人的に好きなのが、ロッテの川柳で
【打てぬなら 打つまで待とう あ、負けた】
です(笑)。


さて今回は、しやがれの『This is MJ』の感想なんぞを。
追記からどうぞ。




まー実際色々とぐちゃぐちゃ思うところがあって、しばらく意図的に
嵐から離れていたところがあったんですけども
やっぱり時間が解決することってあるのだなあ、と思います。
もやもやしながら見てもしょうがないしなーと思ってここ最近は
レギュラー番組も録画だけして見なかったり見ても流し見だったり
だったんですが、昨日のしやがれはほんと楽しめたんですよ。
あーやっぱMJ面白いなーと思いましたし、MJ企画が楽しめたおかげで
ちょっとたまっていたVSを見ようという気になりまして、あーなんか普通に面白いな、と。
そんなこんなで、MJありがとう、という気持ちも込めて感想です。


MJ企画の、男と男のスマート対決にオファー殺到、と最初に言っていたけども
あーめっちゃ分かる! となりました。
だって潤くんだけではなく、相手の良さも引き出される企画だもの。
実際これを観て、今まで全然興味がなかったのに好きになった人とかいますし。
今回の野村周平くんもまさにそれで、名前は知っているけど別に……、だったのが
え、なんかめっちゃいいじゃん! となりましたよ。我ながら分かりやすい(笑)。
最近はHey!Say!JUMPにもハマっているわけんですが、4月からのドラマで
中島裕翔くんが日テレのに出るので、MJ企画に出てくれないかなーと密かに思っています。
裕翔くん器用だから不器用なMJとの対比が面白いと思うんだよね。
別に私が潤くんのファンだから、というだけではなく、企画の面白さや相手の良さが
引き出されるという意味で、嵐ファンではない、別のアイドルや俳優ファンの人も
○○くんに出てくれないかなと思っている人は多いんじゃないかと思っています。
そりゃオファー殺到するわ。

バチバチの雰囲気(演技)からの和やかムードもいい感じなんですが、
「モテたいの?」「モテたいです!」の流れもね、いやいやモテるでしょあなた、と
思いながらも、そういう気持ちを全面に押し出してくる姿は清々しいしいいなあと。
あ、でもBMX、野村くんすげー! の前に、横になる潤くんエロい、と思ってごめん(笑)。
だってあのウエストのくびれとかお尻の丸みとかさあ!
エロいじゃん。ねえエロいじゃん。ねえ!
……誰に同意を求めているのか分かりませんが(笑)。

華麗に自転車ジャンプを成功させる野村くん。カッコいい!
なんですが、あまりにも華麗に成功させすぎて難しさが伝わらないと考えたのか
潤くんも挑戦。あっさり失敗(笑)。
櫻井「(ワイプ)はい野村くん死んだー」
に大笑い。
絶対こうなるって分かっていたけど面白いし笑っちゃうし、
その上で野村くんすごいんだよ、というのも示されていてすごいなと。

まずは跳び箱対決。
20段の跳び箱とか正直TBSでしか見たことなかったよ(笑)。
15段でも怖いよなあ実際。自分の背より高いものを跳ぶとか考えられん。
いやさすがにこれ難しいんじゃないの?、と思っていたんですが
2人とも綺麗に跳んでいたので、さすがの身体能力だなと。
しかもジャージとかでなくてスーツで跳ぶのかよ、っていう。
動きも制限されるでしょうし、ネクタイとか邪魔だっただろうなあ。
それでも跳んで決めるのがほんと素晴らしくてですね。
でもって。
突然出てくるMJガール(笑)。しかもVTR内で特に説明なしっていう。
翔くんはワイプで「MJガールってなに」と言っていましたけども
MJ企画の面白さのひとつってこういうところなんだよなーと思いました。
スマート対決なんで、もちろんカッコいいところがメインなわけなんですけども
時々こういうツッコミどころであるとか箸休めのコーナーを入れたりして
ちょっと笑って気を緩めることが出来るといいますかね。
その緩急の付け方が実に上手いんだよなと思います。MJ企画って。
今期観ているドラマのひとつに『カルテット』があるんですけども
あれもシリアスなシーンと笑いをとるところの緩急が本当に上手くて
めっちゃくちゃ計算されているドラマなんだよなと観ながら思っています。
話がずれた。

次の対決は、はしご登はん対決。
川崎市消防レスキュー隊員のところのテロップで
『おやすみ前には火の元の確認を』
と書かれていたのが妙にツボでしたし、そうそうこういうとこ、となりましたよ。
ちょこちょこね、こっちにツッコミを入れさせてくれるんですよねMJ企画って。
そして、
「野村、早くー!」に対して、ワイプで「同級生なのかな」と言う翔くんな。
なんかもうさすがだよね。
これ最後に書こうかと思っていたけれど、やっぱMJ企画にはワイプ絶対必要な!
メンバーの感想や応援やツッコミも入ってのMJだからね!
そこお願いしますよしやがれスタッフさん!
そしてもう「MJ、早くー!」という、MJ呼びには突っ込まない翔くん(笑)。

最終対決、の前に箸休め。
「この小童!」と言う潤くんが笑いをこらえていてめっちゃ可愛かったー!
箸休めVTRはいつも楽しいですし、ためにもなりますし、
なんなら毎週1分くらいのコーナーでやってくれてもいいんですよ。
どうかな? ねえどうかな!
どこに向けて言っているのか分かりませんが(笑)。

さてシャッタースライディング対決。
松本「俺、寝てスライディングしたことないですよ」
多分大多数の人がしたことないと思う(笑)。
潤くんの最初の挑戦、身体がシャッターに対して平行になっているんですよね。
それだとどうしても隙間が余計に必要になるからぶつかるよなあ。
でもがっつり演技をしていてほんとカッコ良かったです。
野村くんは1回で成功! 演技はルパン風味だったのかな。
最終的にはエガちゃんになっていましたが(笑)。
ただでもやっぱり相当難しいんだろうなあ、とは観ていて思いました。
スライディングしてからの演技が全然出来なかったことを考えると。
15段の跳び箱を一発クリアするような人達でも難しいのだなあ。

「オープン!」 (しーん) 「シャッター開けてくださーい」のくだりに大笑い。
やっぱり潤くんはスタッフさんに愛されているなあ、としみじみ。
ああいう弄りが出来るというのは信頼の証だし。
2回目の潤くんの挑戦、成功! ももちろん素晴らしいんですけども
あれおそらくだけど、スライディングをする時点でどういう風に起き上がるかまで
計算しているよね、っていう。
脱出が出来ればいい、ではなくて、脱出した後どういう風に起き上がれば
カッコ良く見えるか、まで計算してやっていたんだと思うのね。
つくづく、全体の流れや見え方を考えて演出して動く潤くんっぽいわ、と思ったんでした。
ほんとねー、映画のワンカットで使ってください!
観たいよー潤くんのアクションもの。
あと野村くん今回ですごい好きになったのでまた来てください(笑)。


次回の、(山)PとJ(潤)K(亀梨)も楽しみ!
ただ3時間スペシャルは嬉しいけれど、それまでが長いんだよなー。
1ヶ月近くあるし。
とはいえスペシャルはほんと嬉しいのでいい子にして(笑)待つよ!


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/03/23 23:44 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。