ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

何で潤くんが担当なのかということを改めて考えた

2017年01月22日 15:29

どうもー。うわー全然覚えてない!
そうです、海老原 梓です。

昨日観賞会をしまして、嵐やJUMPのDVDを観たんですけども
その中で「ゲームパンサーに有岡くんと圭人りんが出ている」という話に
なったんですね。
『それゆけ!ゲームパンサー』はパンサーの初冠番組だったんですが
まあぶっちゃけ内容自体は、うん……正直発表の時が一番盛り上がったよね、
という感じのもので(でも番組自体は2年続きました)、私も一応録画して
見てはいたものの完全に惰性だったんですね。
なのでJUMPメンバーが出ているとか言われても全く記憶になく、
改めてDVD漁って番組見返したんですけど一切思い出しませんでした。
まーそんなもんだよねーという思いと、よくそれDVDに焼いて残してたな
当時の私、という気持ちと。
人生何が起こるか分からないですし何が繋がるかも分からないものだなあ。


さて本日は前からちょこちょこ考えていたことについて。
このブログでずっと書いていることと重複しますが
それはいつものことなのでね。そして今更なのは今に始まったことじゃないのでね、
ということでひとつよろしくお願いします。
そんなこんなは追記にて。




きっかけはなんだったかな、確かツイッターで
「あなたの中の担当の定義は何?」
という質問が流れてきたことだった気がします。
元々私はジャニーズとは縁遠い人生を送って来たのもあって
『担当』という言い方はあまりしていません。基本的には『推し』。
単純に慣れていないからというのもあるんですけども、
『担当』という言葉の重みがどうも、といいますか、
私基本的にDD(誰でも大好きの略)なもんでね。
いいじゃーん、みんな可愛いしカッコいいしみんな好きでいいじゃーん
好きなものが多い方が世の中楽しいじゃーん、という考えの人間なので。
あと担降りという言葉がどうにも、というのもあり。
確かに熱量は下がるかもしれないし一番ではなくなるかも知れないけれど
一度好きになった人やものは基本的にずっと好きなので、
話題に上がることはなくなるかもしれないし積極的に追いかけなくなるかもしれないけど
でも好きは好きなんだよ! というのはずっと持っているので
なんというかその、順位をつけなきゃいけないみたいな感じも今ひとつ、という。
ただこれは私がそう思うだけで他の人が使っている分には普通に聞いています。
単純に、『担当』って言い方はめっちゃ重いんですよ、と言いたかっただけです。

で、『担当』の定義なわけなんですけども、考えた結果私にとっては
一番信用出来る人
という結論に達しました。
この場合の信用なんですが、芸能界における、という意味。
つまりどういうことかといいますと、ずっと芸能界にして活動してくれるという信用。
当然ながら芸能界を辞めて一般人になったら担当もファンもないわけで
好きでいることは可能ですけど活動を追いかけたり応援することは出来ないわけです。
そういう意味でも、芸能界にいて活動してくれる、というのは絶対的前提なわけなんですが
辞めずに続けてくれるだろうと思わせてくれる人が私にとって信用出来る芸能人であり
その最たる人が私にとって潤くんなんですよ、ということです。

なぜ信用出来るか、ということについて少しばかり詳しく書きますと
(前に書いたことの繰り返しにはなりますがご了承ください)
まず、仕事に対してやる気を持っている、ということ。
まあそりゃそうですよね。どれだけ周囲が動き回って売ろうとしていても
本人にやる気がなかったらしょうがないわけで。
やる気がある、その上で仕事を楽しんでやっている、というのが見ていて分かるので
潤くん好きだわー、となります。

次に、仕事に手を抜かないこと。
もちろん疲れている時もあるでしょうし具合が悪い時もあるとは思うんですが
そういう時でも仕事はあるわけです。
何度か書いていますが、アイドルの何がすごいって、例え親が亡くなっても
一度ステージに立ったら笑顔で手を振らなきゃいけないってことなんですよね。
常に笑っている、ということがどれだけ大変なことか。
どれだけ強い精神力を持たねばならないことか。
そう考えると、アイドルって本当にとんでもないなと思います。

そして仕事に手を抜かないというのは、例えばカメラが回っている時だけとか
ステージに立っている時だけではないんですよね。
当然ながらその前にはリハーサルがあるわけで、そしてそのリハーサルをするために
多くのスタッフさんがその前から動いているわけです。
そんな中、例えば出演する芸能人がリハーサルだから適当でいいよねと
手を抜いていたらスタッフさんはどう思うか、という話ですよ。
自分らはずっと前から準備して頑張っているのにお前は手を抜くのかよ、と
なると思うのですね。
もちろん出演者が手を抜いてるから自分らもいいや、になる人とならない人はいるでしょうけど
そういうやる気や士気って確実に伝染しますし番組の雰囲気にも出るんですよ。
そっちが適当ならこっちも適当でいいや、とどうしてもなりますよ、裏方なら特に。
だって自分らが頑張っても評価は表に出ている人にいくわけですし。
そうなれば番組自体、ステージ自体も微妙なものになると思うのですね。
なんかつまんないとなれば視聴者やお客は離れていきますし
結果的にそれらは終わってしまうわけです。

ただ逆に、やる気だけあってもそれはそれでまた問題といいますか
独りよがりではいけないわけです。
いくらいいものを作るためとはいってもスタッフさんに対して傲慢であったりとか
きつい態度を取り続けていればどうしたってスタッフ側の熱意も下がるわけです。
番組だってステージだってなんだって自分一人で作ることはほぼほぼ不可能なわけで
(出来ない事はないですけどかなり規模を縮小しなければ無理なわけで)
確実に周囲の力は借りねばならないわけです。
そういう意味でも、”周囲の人達と上手くやる” のも仕事の一環だと思うのですね。
上手くやるといっても別に一人一人とがっつり仲良くなって飲みに行くとかではなく
新人であっても名前を覚えていて名前で呼んでくれたりとか
下っ端だからといってないがしろにせずにきちんと挨拶するだけでも全然違うと思うのです。
スタッフだってもちろん人間な訳ですから、やっぱり色々な感情があるわけで
例えば同じくらいの人気のAとBというタレントがいたとして
Aは新人ADにも名前を読んで挨拶してくれるけどBはチーフにしかにこにこしない、
とかだったら、どちらを呼ぶかの2択となったらAを選ぶと思うのです。
仕事に手を抜かないというのは、仕事自体をきちんとやるというのはもちろんのこと
一緒に仕事をする人達に対しての配慮も欠かさないということだと思うのですね。
そうじゃなかったら、また一緒に仕事をしたいとは思えないわけで
どうしたっていずれは干されていくわけですよ。

そして仕事に手を抜かないというのは、仕事以外のプライベートな時間にも
現れると思っています。
別に例えば24時間365日そのタレントの顔でいろというわけではなくね。
ただ、それこそ東山さんのように、あの歳でバック宙を成功させるためには
普段からある程度鍛えていなくてはならないわけです。
あと究極を言ってしまえば(別に芸能界に限らずですけども)
犯罪を犯せば一気に仕事がなくなるわけです。
そして有名人というのは別に犯罪ではない、法律上は捕まらないような事でも
やってしまったらイメージが悪くなって仕事が減る場合もあるわけです。
不倫とかもそうですけども。
そういう(イメージが下がる)ことをしない、であるとか、健康状態に気をつける、とか
筋トレをして筋肉の衰えを防ぐ、とか、そういうことを普段の生活できちんとするというのも
仕事に手を抜かないということだと思っています。


潤くんと一緒に仕事をされた方(表裏問わず)が皆潤くんのことを
褒めているのを聞くと、そうだろうね、と思います。
実際やっぱり完成したもの(番組であるとかコンサートであるとか)で
伝わって来るんですよね。
もちろん潤くんの仕事は潤くんが頑張っていることが一番ですけども
周囲の頑張りもなければ絶対に成立しないものですし、そしてそれは
周囲がどれだけ潤くんのために頑張れるか、にもよると思っています。
しやがれのMJ企画とかほんと潤くん愛されているなーと思うんですよね。
潤くんのキュートな一面をすごい出せているなと思いますし、それは
スタッフさんが潤くんのそういう部分を出そうとしなければ少なくとも表には出ない
ものなんですよ。だってテレビなんていくらでも編集出来るんですから。
いくら潤くんがそういう部分を出していても全部カットしようと思えば出来ますし
企画自体を変えればいくらでも見え方は変えられるわけです。
あくまでもやろうと思えば、ですけどつまらないVにしようと思えばいくらでも出来るんですよ。

番組がつまらない、となれば視聴者は離れていきますし
ステージがつまらない、となればチケットは売れなくなるわけです。
そうなれば例え事務所に所属していても仕事がない状態になったりとか
最悪契約を切られることもあるわけです。
私にとって信用出来るというのは、芸能事務所に所属して芸能活動を
やってくれる人なわけなんですけども、そのためには普段の生活からなにから
きちんとした上で周囲に気配りを欠かさず仕事に対して全力で挑まねば
ならないわけなんですね。
ということを考えると、一番信用出来るのはやっぱり潤くんなんだよなあ、と。
潤くんを見ていれば、どういうスタンスで仕事に向き合っているかが
伝わってきますし、周囲とどういう関係を築けているのかも伝わってきますし、
そういう、目には見えないですけど伝わってくる雰囲気こそが、私にとって
信用出来るものなんですね。
おそらく今後も彼以上に信用出来る芸能人は出ない気がするので
熱量云々とかはなんとも言えないですけども、担当は誰かと訊かれたら
今も今後も、松本潤くんと答えていくのだろうなと思います。


.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

>ゆみっちさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
そう言っていただけて本当に嬉しいです!こちらこそありがとうございます。
本当に潤くんって信頼出来る人なんだよなーと思いますし、
信頼出来るというのは当たり前のことではないのだよなとも
思います。テレビやライブといったようなファンの目に
触れない部分も含めて手を抜かないことが今の潤くんを
作り上げているのでしょうし、それが信頼という見えない形で
出ているのだろうなと思います。
そしてほんと数字って大事ですよね。どこもそうでしょうけど
ジャニーズはシビアだなと思います。愛情は感じますけど
売れないと何もリリースされないって当たり前ではあるんですが
やっぱりきついなあ、と。だからこそ少しでも買うことで
貢献したいなと思います。
このブログが好きと言っていただけて本当に嬉しいです!
これからもマイペースで続けていくと思いますので
気が向かれましたらまた読んでいただけると嬉しいです。

2017年01月31日 20:32 | URL | 海老原 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。