ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

『MORE』の嵐インタビューが良かったなあという話

2016年11月29日 00:29

どうもー。再度とびだせ!
そうです、海老原 梓です。

『とびだせ どうぶつの森』がリニューアルして
無料アップデート出来ることを本日知りまして、
ひっっっっっさしぶりに3DSを引っ張り出してきました。
インターネット環境が前の前とかの設定だったのでまず今のにするか、と
思ったんですがなかなかに手こずって、なんとか設定が出来て
さあどうぶつの森をアップデートするぜ、と思ったら先に本体のアップデートが必要で
それがまーあ時間かかる時間かかる。
ずーっと待って無事に終わって、どうぶつの森のアップデートも結構時間をかけて
無事に終わってさあ起動。
だったんですが、すっかりやり方忘れていました。
やらなくなる前に雑草が生えない設定にはしていたので雑草だらけは避けられましたが
あれこれどうするんだっけ?、と色々なことに?マークが出ながらちょこちょこやっています。
にしても改めて見たら、まーあ村か汚い汚い。
色々なものが置きっぱなし。だってたんすに入り切らないんだもの。
絶対誰も呼べないわこれ、と改めて思ったり。


嵐が表紙の『MORE』を買って来たので本日はその話なんぞを。
どうぶつの森をやっていたら時間が無くなったので(そんな理由かよ!)
本日は短め。にしようとしたら何気に長くなったので追記にて。





対談にもありましたが、嵐ってあんなに手が届かない感じなのに
どこか身近に思えるところもあって、そのバランスが絶妙なんですよね。
それが今の時代に合っているのだろうなあとも思ったり。
「人は誰しも時代と年齢には勝てない」と、野球評論家の野村克也氏が言って
おられるんですが、嵐ってつくづくこの時代だからこそ売れた人達だよなと思います。
もっとバブル期とかの、世間がイケイケの時だったらまた違っていただろうなと。
そして「身体を張る仕事が多かった」と翔くんが言っていましたけども、
そういえば以前の『いただきハイジャンプ』で有岡くんだったかな、が
「俺友達に、ジャニーズって大変なんだな、って言われた」とた言っていまして
身体を張る仕事が後輩に受け継がれてるよ、と思った次第です。
そうだ思い出したから何の脈略もなくついでに書いておきますが、
今度のVSで、JUMPの山田くん持ち込み企画で綱渡りをやるそうですけども、
山田くんは以前、「綱渡りも横断歩道渡るのも俺にとっては一緒だから」と
言っていたらしいので、収録でもそれ言っててくれないかなあ! と。
本人発信でなくても天の声がぶっ込んでくれればなあ! 頼むよ天の声!
(とっくに収録終わってるしおそらく編集も終わってるし)
話がずれたので強引に戻しますが、潤くんも15周年ハワイで
普通に声かけられる的なことを言っていましたし(実際声かけられていましたし)、
受け入れてくれる、という雰囲気があるのだろうなあ、と思います。
あるのだろうなあ、というのは、私が例えどこかで見かけても絶対声とかかけられないと
思うから。
いやいや無理だし。遠目に見て、うわあー本物ー! って思う(笑)。

「僕らはお互い年齢差のないグループ」と翔くんが言っていたんですけども
これ本当に確かにそうなんだよな、と。
私は嵐きっかけでジャニーズのファンとなったので、どこか嵐基準なんですが
他のグループだと結構年齢差があったりしてびっくりするんですよね。
年齢差もそうですけど事務所に入ってからの年数とか。
これまたJUMPの話になるんですが、(八乙女)光くんが前に番組で、
「俺と薮がやっていた(ジュニアの)番組のオーディションに来たのが山田」
と言っていて、そんな関係性なのか、とびっくりしたんですよね。
嵐を見れば、特に下3人は入所時期も数カ月違いとかですし
年齢も最大3歳違いですし、メンバーも言っていましたけども
想い出の共有って大きいのだろうなあ、と。
あと世代が一緒って何気に大きいんですよね。
別に違う世代だから仲良く出来ないとかはないですし、私も10個くらい下の
友達とかいますけども、喋っていてたまに、『あれこの話伝わる?』とか
ちょっとドキドキしながら振ることありますもん(笑)。
探りつつ喋るのも楽しいですけど、そういうことを考えずに喋れるのは
強みでもあるよなあ、と思います。

デビュー後も絆を深められた理由を訊かれて、一番に相葉ちゃんが
>適度な緊張感と距離感があるおかげだと思う。
と答えているのがなんとも相葉ちゃんだなと。
嵐ってみんな、”親しき仲にも礼儀あり” な人達だと思うのですけども
それを一番に実践しているのは相葉ちゃんだと思うのですね。
そしてそれはきっと対メンバーだけでなく関わる人全てに。
『相葉マナブ』の雰囲気が私は本当に好きなのですが、
あの雰囲気を一番に作っているのはやはり相葉ちゃんだと思いますし
相葉ちゃんが親しみやすさを前面に出しながらも決して土足で踏み込まない
きちっとした礼節と優しさを持って周囲を尊重しているからなのだろうなと思います。
そしてそれは嵐皆がそうだと思うのですね。
以前、ちょっと誰だか忘れてしまったんですが料理人の方が
調理場がギスギスしていると出来上がった料理にも苦みが出る、的なことを
呟いていて、ああそれ本当にそうなんだよなあ、と。
目に見えない部分でも作り手の雰囲気って伝わるところがありますし、
それは何でもそうだと思うのですね。番組においてもそう。
VS嵐にしても、嵐にしやがれにしても、来たゲストの方が本当に楽しそうなのはまさに嵐が、
>適度な緊張感と距離感
を持ってゲストに対して接しているからなのだろうなと思います。
数年前、まだこんな売れる前にジャングルポケット斉藤くんがVSに出た時、
嵐の皆さんに本当に親切にしてもらった、とその後のトークライブで言っていたんですが
どんな相手に対しても、緊張しない程度の親しみやすさと、慣れ慣れしくならない程度の
距離感を持って接しているのだろうなと思います。
そして、
>嵐は誘いづらい(笑)。
って潤くんが言うのがほんと潤くんだよなあ、と。
色々考えちゃうんだろうなあ、と。次の日朝早いかもとか忙しいかなとか
断り辛いかなとか、そういう風に考えるのが対メンバーなんだよなあ。
昨年皆で集まった時も相当気を遣って誘っていたといいますし、
そりゃあれだけ気を遣うなら誘い辛いだろうな。
でも地方では一緒にご飯に行く、という話に、そりゃそうか! と。
確かにそれぞれで行くとか言ったら、それぞれだけというわけにもいかない
でしょうし、各自にマネージャーさんが付いて事前にお店の予約をして、
と考えると例えば五人それぞれが違うお店に行くとなったら単純に五倍の
労力がかかるわけで、そういう気遣いを周囲に対して自然に出来るということが
嵐が愛されている理由のひとつなのだろうなあと思います。

隣にいて良かったこと、という話で、まずいいなあ、と思ったのが潤くんが
>いろいろあるけど
という前置きをしたこと。
これさりげないですけどめっちゃ大事ですよだって!
あれもこれもあるけどあえて言うならこれかなー、って言われれば
言われた方もより嬉しいじゃないですか。
そしてまた、翔くんの選ぶご飯ってハズレなさそう。
で、他の人のもずっと読んでいたんですけど、皆そうだよなーそうだよなー
という感じだったので割愛(笑)。だってそうだよねーしか感想ないんだもの。
あ、でも翔くんが潤くんに対して「生真面目」と言ったのにちょっとおおっとなりました。
「真面目」じゃなくて「生真面目」という辺りに。

でもって相葉ちゃんが親知らず抜いてその歯を写真に撮って
グループメールに送ったら潤くんだけ返事があって他3人は既読スルーだった、
という話がもうほんと嵐という感じでツボでツボで!
送るのが相葉ちゃんで返事をするのが潤くん、っていうのがもうね、
で他の3人は無反応っていうのがね、ああ嵐だわあー、っていう(笑)。
でも確かに何て返せばいいのか分からないだろうな、もし私が送られたとしたら。
あ、う、うん……、みたいな感じになりそう(笑)。
あれだけ普段気を遣っているのに、突然そういう(返事に困る)ことをする相葉ちゃんが
ほんと相葉ちゃんですげー好き! ってなりました。


インタビューも写真もほんと良かったですし、今号の『MORE』買いですよ買い。
どこの回し者だって感じですけど(笑)。


.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。