ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2周年記念に、相葉ちゃんの紅白司会決定について思ったことを書きます

2016年11月17日 00:03

どうもー。2周年!
そうです、海老原 梓です。

何きっかけで嵐ファンになったのか、は自分でもよく分からないですし、
何きっかけで潤くん推しになったのか、もよく分かっていないんですが、
最終的に嵐沼に落ちたきっかけは、最終的に私の背中を押したのは
昨年の初めくらいに書きましたが、相葉ちゃんが出ていた
『しゃべくり007』でした。
で、その相葉ちゃんのしゃべくりなんですが、一昨年の11月17日放映
だったのですよ(調べた)。
ということで、本日、嵐ファン歴2周年となりましたー!
……という文章をですね、昨年書きまして、
ぶっちゃけコピペです(笑)。年数とかだけ書き変えましたが。


そんなわけで、本日は最終的に私の背中を押した相葉ちゃんについて。
このブログでは一切触れていなかった、相葉ちゃんの紅白単独司会について
私が思ったことなどを書きたいと思います。
追記にてどうぞ。


正直な話、この報道が出た時は(というか今もなんですが)、
大丈夫なのかなあ、と実際のところ思いました。
とはいえ能力的な面ではなく。
能力的なことに関しては全く心配していないのですよ。
だって相葉ちゃんですもん。
嵐で1人紅白の司会を選んでください、と言われたら
私も相葉ちゃんにすると思います。

相葉ちゃんとNHKといえば、グッと!スポーツなわけですが
公式サイトを見ても番組を見てもよく分かる、番組スタッフさんからの
相葉ちゃんへの愛と信頼ね。
本当にこの人達は相葉ちゃんのことが大好きで信頼しているのだなあ、と
思う番組の作り、そしてサイトでのコメント。
それは単に相葉ちゃんが国民的アイドルグループ嵐のメンバーだからと
いうだけではなく、相葉ちゃん個人が真摯に丁寧に多方面に気を遣って
いいものを作り上げていこうとしているからなのだろうなと思います。

実際番組も、相葉ちゃんの親しみやすいキャラクターのおかげで
ゲストに来られたスポーツ選手もリラックスして楽しそうに話されていますし
そういう姿を見ていると本当にいいなあ、と思います。
スポーツ選手は当たり前ですけど喋ることに関しては本業ではないわけで
もちろん喋りの達者な人もいますけど、そういうことが苦手だったり
バラエティのノリに上手く適応出来ない人も当然いるわけです。
でも、”相葉ちゃん” というキャラクターのおかげで楽しくやれるのだろうなと。

紅白歌合戦は言うまでもなく大晦日の番組であって、
このご時世でも視聴率50%とかいくわけです。
つまり国民の半分は見ているという計算なわけです。
そしてその上で、年末ということで普段離れたところに暮らす家族が
実家に集まって皆で一緒に見たりとかするわけですよ。
こたつに入ってのんびりと。
そんな年末の、のんびりした家族だんらんで見る時にめちゃめちゃ
ふさわしいじゃないですか、相葉ちゃんというキャラクターって。
だって世の中に相葉ちゃんが嫌いな人なんています? いないでしょ。
いや全くいないってことはないか……(しばし考える)……やっぱいないな!
みんな相葉ちゃんのこと大好きでしょだって。
ふさわしすぎるじゃないですか、年末の、国民の半分は見るような番組の司会。
もちろん、完璧に出来るか、といったらそこはどうなんだろうとは思うんですが、
ただ、完璧を求めるのなら最初から本職にやらせろよ、とも思うんですね。
NHKにはアナウンサーもいっぱいいるのであって、完璧にきっちり
一切何のミスもなく時間通りやることを望むのなら、そもそも普段からやっている
人を選ぶべきだと思うのです。
でもそれをしないで、今回は歌手と女優なわけですよ。
もちろんぐだぐだになっては困りますけど、ちょっとやそっとのハプニングくらいなら
楽しもうと思っての人選だと思います。
それに相葉ちゃんなら例えハプニングが起きてもすっごいミラクル起こして
解決出来そうですし。

じゃあ何を心配しているかといえば、スケジュールであるとか体調面。
あのこれ、水面下の仕事(発表されていないドラマや映画とか新番組等)が
ないと仮定して以下書きますけども、おそらくこの11、12月において
嵐で一番忙しいのって相葉ちゃんではないかと思うのですね。
紅白の司会抜きで考えたとしても。
それはもう単純にレギュラー数の多さ。しかも結構ロケもありますし、
マナブであちこち行っていたりとか、グッスポで広島行ったりとか。
その上で紅白の司会となれば、年末ぎりぎりまでコンサートがある中で
リハーサルに出たり面接したりとか当日までも色々な仕事があるわけで
しかも相葉ちゃんの性格からしたら絶対に弱音など一切吐かずに
頑張りきるじゃないですか。
多少しんどくても無理してしまうだろうなあ、と思うんですね。

とはいえもちろん本人さんが一番色々悩んで、それでもやりたいと思って
決めたことですし、実際ものすごい大抜擢だと思いますし
メンバーも皆喜んでいますし、私も応援したいし喜びたいのは山々なんですが、
心配なんですよ、相葉ちゃんの身体が。
私が心配しても仕方ないし、きっと余計な心配なのだということも
重々承知ではあるんですけど、無理し過ぎるのではないかなあ、と
やっぱりどっかで思ってしまうのですね。
ということがあって、このブログでは相葉ちゃんの紅白司会について
一切触れられずにいました。
なんですが、心配し過ぎて楽しめないのは相葉ちゃん的に
きっと本意ではないだろうなとも思いますし、何より相葉ちゃん本人が決めたことですし
そして相葉ちゃんの隣には心底信頼出来るメンバーが4人もいるわけで
だからきっと大丈夫、だよね。


私自身が相葉ちゃんに動かされて最終的に嵐沼に落ちたわけなんですが、
相葉ちゃんって人を動かす力があると思っています。
このことはこのブログで何度も書いていますが、ほんとそう思うんですよね。
なので今年の紅白もきっと、相葉ちゃんによって皆が動かされるのだろうな。
年末、その光景を見るのが今から楽しみです。


.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 2

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年11月25日 21:16 | | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年11月25日 21:21 | | | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。