幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

通常盤の待ち受け特典について思うこと (注:愚痴です)  

どうもー。パンフって読んでも大丈夫?
そうです、海老原 梓です。

本日東京のプレ販に行きまして、ツアーパンフを買ったんですが
これってもう読んでも大丈夫なんかな、と思いましてね(ネタバレ的に)。
前回のJaponismのように、ソロ曲の演出について書かれていたりとか
そういうことがあるのであればコンサートに行ってから読みたいなと
思っているんですがどうなんだろう。
ツイッターで特に注意喚起も見当たらなかったから大丈夫なのかな。


今回のアルバム、通常盤についているユーザーコードを
特設サイトで入力すると待ち受け画面がもらえる、という企画に対して、
昨日ブチギレたんですね。
何の誇張もなしで仕事中ずーっとその件で内心キレていました。
ツイッターでもちょろっと書いて、家に帰ったらブログに書こうと思ったんですが
いやでもツアー初日で盛り上がっている中でそんなん書くのもなあ、と
思い直して止めたんですが、やっぱり腹立たしいので書いておきます。
タイトルにも書きましたがただの愚痴ですので!
さすがに今回は申し訳ないからツイッターに更新告知は載せないでおきます。
もろもろは追記にて。




最初に説明をいたしますと、
嵐ニューアルバム『Are You Happy?』の通常盤を買ってくださった方への
感謝として、企画をやるからユーザーコード
なくさないでね、というアナウンスがあったのが10月下旬でしたっけか。
そしてその詳細が明らかになったのが昨日なわけなんですけども、
待ち受けをプレゼント、というものでした。
で、
・待ち受けの数は全部で18
・1つのユーザーコードでダウンロード出来る待ち受けは3つ
という案内がまず出たんですね。
おいおい全部欲しかったらアルバム6枚買えってことか、と。
でもまあこれは別にいいといいますか、そのくらいならまあなーと
思っていたんですが、詳細が出てびっくりしましたよ。
なぜかいつの間にか一切そんなアナウンスはなかったのに
コンサートと連動されていて、
・待ち受けがDL出来るのはコンサート期間中のみ
・各会場のソロ写真は会場付近でなければDL出来ない
と書かれていて、はあ?、となったんでした。

私が何に対してこんなにブチギレているのかということを説明したいと思います。
まず、『感謝の気持ち』はどこ行った、ということ。
DL出来る数が限定なのも、期間限定なのもいいんですよ。意味は分かるから。
そもそも通常盤の販促のための企画なのは分かっていますし、
それで際限なくDL出来たら売れるCDも売れなくなるから、というのは分かるんですね。
期間限定なのも、いつまでもサーバーに置いておいて負荷をかけたくないからと
いうことだろうなと思いますし、それも意味が分かるんですよ。
なんですが、なんで会場付近に行かなければDL出来ない待ち受けがあるのか、と。
コンサートに行く人はいいですよ。行った時にDLすればいいわけですから。
また、コンサートに行きたい人が皆チケットを取れるような状況だったら
これもありだと思うのですね。待ち受けが欲しいくらい好きならコンサートにも来いよ、って
ことでしょうし、それは私もそう思いますし。
ですが現状は落選祭りなわけで、行きたくても行けない人ばかりなわけです。
しかも、公演期間中のみ、というのがまた訳分からないんですよね。
これが例えばプレ販の日も含んでいるのなら、待ち受けDL来たついでに
グッズも買ってってよ、ということなのかなとも思うので、まだ分からなくはないんですよ。
そういえば少し話はずれますが、会場限定について文句を言われている方が
いますけど、気持ちはよーく分かります!、が、ただ会場限定については
事務所側の意向も分かるんですよね。
限定を出せば欲しい人は5種類分買う訳で、単純に5倍売れるわけですし
限定買いに来たついでに他のも買うか、となれば販促に繋がるわけで
ぶっちゃけ私も限定とかめんどくせーと思うんですけども(笑)
ただやり方としては理解は出来るのですよ。販促という意味での。
ですがこの待ち受け企画については全く理解が出来ません。
せめてほんとプレ販の日も入れてくれれば、あーグッズ買わせたいんだね、
でまだ納得は出来たんですけども、コンサートをやっている間のみって。
つまりコンサートに行けない人はコンサートの日にわざわざ会場まで行って
きゃっきゃきゃっきゃしながらコンサートに行く人達を横目で見つつ
DLしろ、ということなんですかね。
感謝ってなんなんですかね。

こういうことを書くと、たかが待ち受けくらいでそんな怒らなくても、と
思われるかもなんですが、別に待ち受けどうこうで怒っている
わけではないんですよね。
ぶっちゃけてしまえば、東京11月の会場限定は潤くんですし
私は11月の東京のコンサートに行くので一番欲しい限定待ち受けは
普通にゲット出来るんですよ。
じゃあ別にいいじゃん、と言われそうなんですが、いやそこじゃなくてね、と。
待ち受けどうこうじゃないんですよ、繰り返しますが。
私が一番怒っているのは、なんでこんなやり方にしたのかという
意図が全く理解出来ない、ということです。

通常盤を買ったら後で特典があるよ→ CDの販促か(分かる)
特典は待ち受け画面だよ→ 妥当な所だね(分かる)
待ち受けは18あるけど1つのCDでDL出来るのは3つだよ→ 販促か(分かる)
DL出来るのは期間限定だよ→ サーバーにいつまでも置いとけないからね(分かる)
DLしたかったら当日会場に来てね→ ……は?
どうしてもどうしてもどーしても! これだけ! 意味が分からないんですよ!!!
チケットを持っていない人に会場に来させる意味って何?
事務所側は何の得があるの?

個人的には、どんなにあこぎな商売をしていても
双方が納得しているなら別に構わないと思っています。
握手権付きCDを販売しても、初回版が5種類くらいあっても
売る側は売りたいから、買う側は買いたいから、という意志があれば
外野がどうこういうことではないと思っているんですね。
それこそ嫌なら買わなければいいわけで。
(但し転売ヤーは別だがな!)
正規の値段で売り、正規の値段で買う分には双方の自由だと思うのです。
なので、通常盤にだけ特典を付けました、は分かるんですよ。
でもわざわざGPS機能で場所を特定させる意味が分からない。
繰り返しますけどそれで事務所はなんかの得があるの?
どこでもDL出来る方がシステム的にも楽じゃないの?
なんでわざわざそんな面倒なことをしたのか本当に意味が分からないんですよ。
これがそれこそ、システム的にはGPS機能で場所特定した上でDLさせる方が
ずっと簡単なんだけど、さすがにそれは地方の人が大変だからということで
どこでもDL出来るように一部はシステムを書き変えた、なら分かるんですが
いやでもそれある?
私はシステムエンジニアでもなんでもないのでプログラミングは出来ませんが
おそらくどこでもDL出来る方がずっと楽に設定出来ると思うんですよね。
もしこれが、いやいやGPSつけた方がずっと楽なんだってほんとは、
ということがあるのでしたら教えていただけるとありがたいです。


何が腹立たしいって、意味が分からない、ってことなんですよ。
どうしてそんなことをしたのか理解さえ出来れば共感は出来なくても
納得は出来るんですが、全く理解出来ないんですね。
これ誰が得するの?、っていう。
だって、例えば何もしなかったとするじゃないですか。
待ち受けとか一切やらなかったとして、「通常盤買ったのに待ち受けも
用意しないなんて」と怒ったりがっかりする人はほとんどいないと思うのですよ。
なんですが、こういう企画をすることによってDLしたくても出来ない人が
いるわけで、怒ったりがっかりする人が出てくるわけです。
おそらくですがこの限定待ち受けに関しては、
DL出来て嬉しいという人より出来なくて悲しい人の方が多いと思うんですが
わざわざこちらの気持ちを下げさせる意味はなんなの?、ってことなんですよ。
何もしなきゃゼロなのになんでわざわざマイナスになることをするの?
そこには何の意味があるの?
あなた達はそれで何か得するの?
という疑問がずーっと湧いている状態です。
もうね、待ち受けとかどうでもいいから、なぜこういう風にしたのか説明して!
理解さえ出来れば別に待ち受けDL出来なくてもいいから!
という気分です。


昨日の仕事中このことを考えてブチギレていたんですが、
同時に頭の中で流れていたのが『今夜貴方を口説きます』だったので
私の頭の中はそりゃあもうカオスでした(笑)。

.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 1

コメント

>潤美さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんですよね、理解が出来ないんですよ。
本当になんでこんなやり方にしたのか全く分かりません。
まだ事務所側のメリットがあるなら分からなくはないんですが。
新手の嫌がらせだと言われたら納得するよなあ、と思って
それもどうなんだろう……、と遠い目になっています。

海老原 梓 #O5sb3PEA | URL
2016/11/13 22:13 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。