ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「天才が努力するから凡人には手の届かない存在になる」

2016年11月06日 21:55

どうもー。え、もう1回買わなきゃダメ!?
そうです、海老原 梓です。

昨日DVD観賞会をしまして、まずJaponismを観ようとしたんですが
何回やっても読み込めなかったんですね。
で、試しに2枚目を入れてみたら読み込めたので
え? これディスクのせい? もしかしてもう一回買わなきゃダメ!?
でも今まで普通に観られたんだけど、とすっごい色々考えたんですが
他の機器でやってみたところ、何事もなかったように読み込めました。
あー良かった。すっごい焦りましたよ実際。観れないの困るし。
にしても大画面で観るJaponismいいですよねー。
ほら、うちのテレビはねこあつめのより小さいから(笑)。

昨日今日とぼんやり考えたこと。
あまり纏まってはいないんですが、潤くんに対して今思う事なんぞを書いてみます。
そんなに長くならない気はしますが追記にて。



タイトルの「天才が努力するから凡人には手の届かない存在になる」は
野球評論家の野村克也氏が現在はアメリカ大リーグのマーリンズ所属の
イチロー選手について言ったことです。
野球に詳しくない方でもイチローは知っていると思うんですけども
40歳をこえてなお今も現役という素晴らしい野球選手です。
野球に限らずでしょうけどもスポーツ選手ってどうしても身体が資本なので
年齢には勝てない所があるんですよね。一般的な会社では30代という
脂の乗ったバリバリ働けるような年代で引退を余儀なくされたりとか。
そんな中で40過ぎても現役で活躍出来ているというのは
相当体調管理にも気を配っているのではないかと思います。

私は、努力は必ず報われる、とは思ってはいません。
どれだけ努力をしたところで、じゃあ野球選手が皆イチローのようになれるかと
いったらなれないですし、皆がボルトのように走れるかといったら走れないわけです。
そこはやはり、それぞれの個性や元々持っている才能があって
それに応じた適切な努力をすれば100には近付けると思うのですよ。
ただ、例えるなら努力で元々は空だった容器に水をいっぱいにすることは出来ても、
元々の容器が小さければ入る量も少ないわけです。
例えるならばコップを持った人とバケツを持った人がいたとして
それぞれその容器をいっぱいにしても、コップよりバケツの方がずっと多くの水が
入るわけです。

なんですが、例えばバケツを持っている人、もっと大きな風呂釜を持っている人が
いたとして、確かに最初の時点で多少の水は入っているでしょうから
それだけでもうスタート時点でコップにいっぱいの水が入っている人よりは
多くの水を持っているわけなんですけども、だからといって
そこでその先、水を入れることを怠れば減る一方なんですよね。
ということが前提。


潤くんは努力家だと思いますし、実際本当に相当な努力をしていると
思う反面、超一流の人って業種問わず皆めっちゃくちゃ努力しているのですよね。
昨日のしやがれで、卓球の石川佳純ちゃんが出ていましたけども
この間初めて1ヶ月半休んだ、と言っていたように、それこそ毎日毎日卓球漬けで
頑張って来ているわけです。
皆、凄まじい努力の上でそれぞれの場所に立っているわけで
そりゃあちょっとやそっとのことではぶれないわ、と思います。
そしてその上で、潤くんには努力出来る才能であったりとか
元々持っている容器の大きさというのもあったのだろうなあ、と。

ところで。
じゃあ例えば元々コップしか持っていない人間はどれだけ努力しても無駄なのか、
といえばそんなこともないと思うのですね。
持っている容器というのは、知識や経験によって形や大きさを変えられるもの
なのではないかと私は思っています。
もちろん際限なく大きくは出来ないですよ。そこは限界があるでしょうし
スポーツならば、元々の骨格であるとか関節の柔らかさとかも重要視されるでしょうし
性格や嗜好も影響するところだと思うのですね。
単純に、嫌々ながらやってもなかなか結果は出ないでしょうし。
そして、そのための適切な努力があるのではないかと。
また野球に例えて申し訳ないんですけど、元々140キロしか投げられないピッチャーが
160キロを目指す努力をするのは意味がない。
それより、変化球をマスターしてバッターを揺さぶる方がずっと建設的だと
これまたノムさんが言っていたのですが、本当にそうなのだよなあ、と。
ただ、ピッチャーならやっぱり速球で勝負したいと思う気持ちはあるわけで
それを捨てて技巧派で勝負しようとすぐに切り替えられるか、といったら
それはそれでなかなかに難しいことなんだよなと思います。

で、潤くんの素晴らしいところは、元々持っている才能、そして努力出来るところに
加えて、その素直さ、柔軟さにあると思っています。
あれだけ努力して成功している人だと、自分がやっていることが正しい、と
なって人の意見を聞かなかったり自信過剰になってもおかしくないのですが
潤くんって本当に柔軟に人のいいところを取り入れようとするよなあ、と思います。
昨日のしやがれの卓球でも思ったんですけど、「言われた通りやったよ」と
言う潤くんね! 卓球に関しては素人だから教えてもらった通りにきちんとやりました、って
いう辺りが本当にこの人素直だなと思いましたし、だからこそ色々なことを
吸収出来るのだろうなと。
実際、あのサーブって長いこと練習しないと本当は取得出来ないという話ですし
私のツイッターのタイムラインでも卓球経験者が、あれは出来ない、一回でも出来た
松潤すごい、と言っていましたし。
特に大人になると色々なプライドが邪魔して人の話を素直に聞けなくなるのですが
潤くんはあれだけ素直だから色々なことを取得出来るのだろうなと思います。

そもそもの才能、努力、そして常に新しいものを吸収しいいものを取り入れようとする
好奇心とそれを妨げない、むしろ助長する素直さ。
そりゃ最強だわ。超一流にもなるわ。手なんか届くはずないわ。
そして潤くんがあれだけバッシングをされていることを知りながら
ネットを見ている発言を聞くにつけ、おそらくですが膨大な情報の中から
自分にとって有益なもの、必要なものを振り分ける力も持っているのだろうなと。
それはおそらく元々とか一朝一夕のものではなく相応の時間と努力の結果では
ないかと私は思っているのですが、どこまで進化するんだこの人、と
時々遥か上を見て、はー……、という気分になります。

.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。