ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

祝!櫻井翔くんジャニーズ事務所入所21年!

2016年10月22日 21:49

どうもー。描けへんのかーい!
そうです、海老原 梓です。

昨日友達とお好み焼屋さんに行ったんですね。
そこはお好み焼きに色々なイラストを描いてくれるお店で
しかもヤクルトスワローズのファンという。
ツイッターでも、つば九郎のイラストなど描いていたのでお願いして、
友達がおそ松さんのイラストをお願いしたところ
確認するので待ってください、と一回厨房に戻る店員さん。
で、大丈夫です、ということだったのでお願いしたところ、結構な時間が経ってから
「すみません描ける人間が席を外しておりまして」
いやいや待って待って待ってじゃあさっき確認しに行ったのなんなん!?
最初に断られるなら分かるんですよ。あーそうなんだーとなりますよ。
でも確認したじゃん。そして結構な時間経ってるじゃん。
そして結果的に描いてもらったもの。

swa.jpg dra.jpg

ロゴとドラえもんなら描けます、と言われたのでお願いしたんでした。
にしても断るなら最初から断ってくれ。味は美味しかっただけにもやもや。


時間がないので本日は短め。
今日10月22日は翔くんの入所日ですね! おめでとうありがとう!
21年かあ。おそらく本人が一番驚いているのではないかと思うんですけども。
こんなにやるはずじゃなかったでしょうし。そもそもは。
ノリで応募して親に大反対されてそれでも高校卒業するまでは、とやっていたら
辞めようとしたタイミングで嵐になってデビューして
嵐になってからも大学にきちんと行って卒業して、そしてアイドルだけではなく
キャスターとしての道も切り拓いて、と考えるとつくづくとんでもないなと。
私はド新規ですので今の姿しか知りませんけども、
キャスターになった当時はそれこそ色々な声があったと思うのですね。
ジャニーズ【なんか】に、アイドル【なんか】にニュースを読ませるのかとか。
ただそんな中でも、今回『日経エンタテインメント!』で村尾さんがおっしゃられて
いましたけども、村尾さんの中では何の障害もなかったということは、おそらく
翔くんにとって本当にありがたいことだったんだろうなあ、と勝手に想像しています。
そういや昨日一緒にご飯を食べた友達が10年来の嵐ファンなんですけども、
ZEROの話になって、「あの当時はやっぱりキャスターだからきちんとするんだなって
思ったけど、今見るとすっごいチャラいよね」と言っていたのに大笑いしました(笑)。
私も、バラエティで当時の映像を見る限りでは、あーこういう時代もあったんだねーと
なっていたんですが、報道番組として見るとまた印象違いますよね。
あとおそらく肩パットすっごい入れていたんだろうなって(笑)。
それはさておき。

翔くんっておそらくどんな職業に就いても成功(出世)した人だと思うのですね。
一般企業にしても、政治の道に進んだとしても。
それこそ若手イケメン議員としてテレビに呼ばれるようなこともあったかもですし、
ひょっこり嵐(というグループではなかったかもですが)の番組に呼ばれたりする
未来もあったかもしれないのだよなあ、と思うと、
一切安定感などない、明日がどうなるか分からない、下に見られるわけではないけれど
尊敬されるような職業でもない今の仕事にずっと従事してくれていることが
本当にありがたいなと思います。
嵐があれだけの人気を保ちながら変に曲がったりしないのって
やっぱり翔くんがいるからだと思うのですね。
それこそおそらくもっと若い頃は特に、利用して甘い蜜を吸おうとする人間が
近付いてきたりとかいうことも多くあったと思うんですけども、
楽な道に流されることなく甘い言葉に惑わされることなく
大きく逸脱することなくここまで走ってこれたのは、翔くんがいたからなのだろうなと。
その上で、翔くんってルールやマナーを破ることに対しては本当に厳しいですけども
範囲内であれば、というよりはギリギリまで自由に動ける柔軟さを持っていて
真面目なんだけどガチガチな感じではなくルールの範囲内で全力で楽しめる人だから
嵐もまたそういう雰囲気なのだろうなと思います。


あと個人的にはやっぱり、潤くんを高校に行くように説得してくれたことがね、
もうおそらく一生言い続けますよありがとう翔くん!
学生時代にしか経験出来ないことっていっぱいあるんですよ。
そしてそれは時に一生の糧になるんですよね。
ちょっと話がずれるんですが、パンサーの向井くんは中学の時に
自分を振った彼女が一番の親友と実は付き合っていたことを知った、という衝撃で
高校時代やさぐれていたというか、一切周囲とつるまず読みたくもない本を
読んで過ごしていたそうなんですが、「今になって、もっとちゃんと楽しんどけば良かった」
と以前トークライブで言っていたんですね。
なんでかといえば、エピソードトークで話すことが出来るから。
高校の時の想い出とか聞かれてもあまり答えられないから困る、と言っていて
ああなるほどなあ、と思ったんですね。
ここを読んでくださっている方で学生の方がおられるのかは分かりませんが
色々な経験はしておいた方がいいと思うんですよ、何が将来の役に立つか
分からないから。
特にエンターテイメントの世界に進もうと思っている人は
全ての経験が芸の肥やしになると思って間違いないんではないかと。
かくいう私も、色々なことがブログのネタになっているので(そこかよ!)。

話を戻しまして。
おそらく高校に行っていなかったら潤くんの人生も相当変わっていたわけで
というかその前に潤くん自身も相当変わっていたと思いますし、
それは潤くんだけではなく大野くんも相葉ちゃんもニノもそうだと思うんですね。
逆もまたしかり。
相互に影響し合って変わっていっているわけなんですが、
嵐に関してはどう考えてもこの五人以外では考えられないですし、
そういう意味でも本当に色々な意味で、
翔くん入所してくれてありがとう! ここまで続けてくれてありがとう!
と、しみじみ思います。


.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。