ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

スイッチ オフ

2016年10月02日 14:14

この件に関しては書こうか書くまいかずっと迷っていて
実は一度長文で書いたのですが出すタイミングを考えているうちに
なんかもう出さなくてもいいかなあ、と思って下書きのまま置いてあります。
とはいえ今はその時とはまた状況が変わっているので改めて書きますが。

内容は、今後におけるこのブログの内容について。
全く楽しい話ではないので読まれる方はその辺りを頭においておいてください。
この件に関して文句を言われても返答しようがないのでスルーします。
私はこうなった、というそれだけの話ですので。
以下、追記にて。




結論を先に書きます。
プロフィールにもあるように、今後(といっても実は9月入ってからですが)
このブログで嵐について語る場合は、木偏トリオ(櫻井・相葉・松本)が
メインとなります。
他2人について全く触れないわけではないですが、激減します、というか
今現在しています。
コンビ萌えの話に関しても基本的には翔潤と泣き虫ちゃんになるかな。
櫻葉も好きですけど、あそこはなんというか語るとかよりも単純に
かわいいー和むーって言っていたら気が済む(笑)ので。

最終的な部分としては例のスキャンダルではありますが、
そこが原因ではありません。
にのみやさんに関して言えば、個人的な引っかかりはベイストです。
あとMOREの連載も多少。
言ってしまえば彼の活動全般ではあるのですが、一番大きいところはそこだなと。
ベイストはほぼほぼ毎週聴いていましたけども、聴きながら
引っかかりをずっと感じていました。
彼のキャラといってしまえばそれまでなんですけども、
質問に対してはぐらかして答えないとか、あーそういう感じねーという風に
ちょっと小馬鹿にした態度を取るとか(少なくとも私にはそう感じました)
それらのことに対して、正直いい印象は抱いていなかったのですね。
もちろん、毎回毎回同じような質問をされるとか、答えたくないことを訊かれるとか
答えられないことを訊かれるとかあるでしょうけども、だったら何でそれ選ぶの?、と。
毎週どのくらいのメールが届いているかは知りませんが、少なくとも
読んだ分しか来ていないということは絶対にありえないわけです。
おそらくスタッフさんがメールを選んでいるのでしょうけども、
それでも収録前に目を通してこれはちょっと、というものは弾けばいいわけですし、
その暇もないというのであれば事前にマネージャーさんに送って見てもらうとか
方法はあるでしょうし、事前に送ってもらっても見る時間もないくらいに
忙しいのであれば、それはスケジュールを見直すなりなんなりした方がいいと思うんですよね。
そして私が何に対して一番引っかかったかといえば、
メールに対してはぐらかしたりそういう話ねーみたいな態度を取ることが
全く笑いにならなかったということなんですね。
これが笑いになれば私的にはOKなんですよ。
『ニノwwwww答える気ねえじゃんwwwww』
という感じだったらいいんですが、現状のベイストって(ここ1、2カ月くらい聴いてないですが)
『どうせまた答えないんだろうなー。……あーやっぱりね』
という感じで、不快さがあったんですね。
そういうキャラを貫くなら笑いにすべきだし、笑いに出来ないのならちゃんと答えるべきだし
どっちつかずの中途半端な感じがずーっともやもやしていました。

とはいえラジオですし、ラジオって基本的には好きな人しか聴きませんし
テレビよりは影響力も低いわけで、そういうところで甘えがあるのかなあ
とも思ったんですが(正直その甘えにもイラついているんですけどね)
昨日のズムサタ、私は見てなかったんで教えてもらって見たんですが
(その場にいない)辻岡義堂アナに対してにのみやさんがきつめの弄りをしていて
ああーこれはー……、となりました。
他人を弄る笑いというのは、基本的に弄られる側もその場にいることが前提な上
弄られる側に(笑いの)腕がないと成立し辛いんですよ。
よく、弄られ芸人さんに対して力もないのに弄られるだけで笑い取って、
みたいな悪口を言う人もいますけれど、弄られて笑いを取るって実は
かなり難しいことなんだからね!!!!!、と言いたいです。
弄られる側に悲壮感であるとか嫌悪感があってそれが表に出た瞬間
それは弄りではなくイジメになるんですよ。
本当にそこは紙一重なんですね。
以前ちらっと書きましたが出川のてっちゃんが自宅に勝手に入られ改装されたことを
「ちょっとオイシイと思っちゃう」と言い切ったのって本当にすごいことですし
そうでなかったら成立しないんですよ、笑いとして。
ズムサタに関しては義堂アナはその場にいない上、アナウンサーという立場上
強いツッコミも出来ないわけで、その上で一般常識が重要になる職業の相手に対して
例え冗談でも「謝らない」と言っちゃうのはどうなのかなと。
あれを見た人は、『義堂アナって謝らないんだ』となるでしょうし
もう本当に声を大にして言うけれど笑いに出来ないなら安易に弄っちゃ
ダメなんだって!

ダメだ笑いについて話しているとどんどんずれていくので軌道修正。
個人的には、にのみやさんとおおのさんに関しては
恋愛報道がどうこうではなく、それがきっかけでそれこそ今まで
箱にしまって隠していた彼らの仕事への態度に対する不満が
一気に出てきてしまったこと、で一気に醒めてしまったという感じです。
極論を言ってしまえばプライベートで何をしていてもいいんですよ。
女遊びが激しかろうがなんだろうが別に構わないんですよ。
なんですが、日常生活であるとか日頃どういう考えを持って生活しているかとか
どういう態度でいるかというのは全部表に出るんですね。
元々の造りとか美醜ではなくて、顔に出るんですよ。
そしてアイドルって見た目が大事じゃないですか。
見た目を維持するには普段の生活からきちんとせねばならないのに
それが出来ていないということは仕事に対する態度がなっていないと
いうことだなと私は判断しますし、特におおのさんに関しては
なにをしていてもいいんだけど表に、顔に出るって意識してー! と思います。


今回の、特に、にのみやさんの件で古参の方であるとか他担の方が
数多く降りたというのを聞いて、単純にあの人に彼女がいたとかいうことではなく、
仕事への態度であるとか色々なことが積み重なった結果なのだろうなと思います。


そして以前にもちらっと書きましたが、
怒ったり泣いたり出来るうちはまだ好きなのだろうな、と思います。
正直なことを言えば私はもう、あの2人に関しては怒りの感情もありません。
今後の言動によっては、下手をしたらグループの活動にも影響が出るわけなんですが
それを理解した上で、それでも何らかの感情も湧かないので
潤くんはもちろん、木偏トリオのことは大好きなんですけども
今後どうなるかはちょっと分からない、というのが正直なところです。

.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 4

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

>NIKOさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
こんなこと書いたら絶対罵倒されるだろうなあ、と思いながら
それでも仕方ないという気持ちで書いたので、賛同いただけて
嬉しいのとびっくりしたというのが正直なところです、実は。
すっきりしたと言っていただけて、この言い方が正しいのかどうなのかは
分からないのですが、個人的には安堵しました。
確かに、にのみやさんって身体づくりをしないことがキャラのように
なっていますけども、若いころならともかく30過ぎてそれって、と
思ってしまいます。腰は一度痛めると一生ものなので仕方ないのですが
だからこそ腰を痛めないように腹筋背筋を鍛えるとかして欲しいんですよね。
しているならそれは言うべきだと思いますし(安心するという意味でも)。
そしてそうなんですよねー。嵐の存在を貶めるようなことはして欲しくないです。
もう本当にそれだけなんですよね。
頼むから嵐の邪魔だけはしないでくれ、と思う時点でもう色々と
終了しているものがあるのかな、と寂しく思います。

2016年10月05日 00:03 | URL | 海老原 梓 | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年10月06日 16:10 | | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年10月07日 01:49 | | | 編集

>花さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
読んでいただけることが嬉しいのでコメントはお気になさらず。
気が向いた時に来ていただければこちらはそれで。
名前の件もお気になさらず。
アイドルに何を求めるか、というのはありますね、やはり。
何をしていても構わないですし自由だと思いますし、
それでこちらが醒めるのもまた自由だと思うので
その辺りはなんというか、気負わずに(というのも変な話ですが)
応援していけたらいいなと思っています。
ニノに関しては(というかきっと皆さんそうなんでしょうけども)
これからもずっとあのままだと私も思います。実際、
「今に始まったことじゃない」という意見も耳にしましたしそう思いますが
同時に、これが繰り返されるのならちょっともう無理だなと思ったのも事実です。
無理しても続かないですし無理をするものでもないですし
自分の心に素直に応援していこうと思います。

2016年10月08日 00:07 | URL | 海老原 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。