幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今週のVS嵐における、アイドルの見せる夢について考えた  

どうもー。嵐結成17周年!
そうです、海老原 梓です。

17周年ですよ17周年!18年目ですよ。生まれた子供が高校3年生になる、と
先日のシークレットトークでも言っていましたけども、しみじみと歴史の重みを感じます。
その辺りの話に関してはまた後日改めて書くとして
(本当は今日書こうと思ったんですけどまとまらなかったので)
本日は別の話。
短いので畳まずこのまま書きますね。


本日のVS嵐のクリフクライム、トレンディエンジェルたかしさんが
メイド喫茶の話を振ったことがきっかけで、潤くんが
「パーフェクトを取ったら一緒にメイド喫茶へ行く」と約束したわけです。
そしてまず最初にたかしさんが挑戦して2つ程押せなかったボタンを
潤くんがわざわざ押しに行った、というあのくだりを見ての話。

まずおそらくですが、残り時間を考えた場合、普通に自分の担当する面だけ
やれば、潤くんの部分に関してはパーフェクトが取れたと思うのですね。
時間的にぎりぎりかなとは思うんですけども。
なんですが、それでは意味がないと判断したのだろうなあ。
そもそも相手チームとの点差もさして開いていない状況な上、
パーフェクトを取ったらメイド喫茶に行く、っていう約束をしているわけで、
その約束ってお笑いで言ったらフリだと思うのですね。
フリがあるならオチをつけなければならないんですよ。そこはやはり。
そしてあとまあ単純に、仮に潤くんが自分の担当面だけやって
パーフェクトを取ったとしても、はっきり言って盛り上がりには欠けるんですね。
だってもう前半でパーフェクト出ないって分かっている状態なのですから。
言葉悪いですけど消化試合を見せられている感じといいますか。

本当につくづく潤くんって、全体の流れや盛り上がりを常に考える人なのだなと
今回のクリフを見て改めて思いました。
例え、あの残り時間では無理だろうと分かっていても、前半部分の
押し逃しを押すことで、もしかしたらパーフェクトが出るかもしれない、と
思わせてくれるわけです。
例えるならプロ野球において優勝は逃したけどクライマックスシリーズに
行く可能性は残されているみたいな、って余計分かり辛いか(笑)
あれだ、チケット取れなかったけれど復活当選の可能性がありますよ、ってやつだ。
潤くんがたかしさんの分まで挑戦してくれたおかげで、最後までこちらは希望が
見えたわけで、もしかしたらパーフェクト出るかも、という夢が見られたわけです。

そして仮に、もしパーフェクトが取れたとするじゃないですか。
でもおそらくその場は盛り上がるでしょうけども、その後番組内で
その話に触れることはないと思うのですね。例えば後日番組の企画で
実際にメイド喫茶に行くとかそういうことは(多分)ないと思うのです。
なんですが、ですよ。
潤くんがメイド喫茶に行く ”かもしれない” という夢が新たに出来るわけです。
となれば、ファンの間で「ガムシロップ止める時は『にゃんにゃんにゃん』とか
言うのかな」とか、色々な想像を繰り広げられますし(実際宿題くんでも
やっていましたよね)、それこそメイド喫茶で働くメイドさん達の間で
「今日松潤来たらどうする?」とかいう話になるかもしれないわけです。
実際行くかどうかは置いておいて、行く ”かもしれない” ということに対して
夢を見ることが出来るわけなんですよ。

ということを考えて、あーこれって宝くじ買う時に似てるな、と思いました。
宝くじを買う時って、3億円当たったらどうしよう、何買おう、とか考えるじゃないですか。
そしてまたその考えている時間が楽しかったりするじゃないですか。
宝くじは、くじを買うのではなく夢を買うものなのだと中学の時に先生が
言っていたんですけども(なんでそんな話になったのかは失念)、
当時はピンと来なかったんですが、大人になってからああなるほどなあ、と思ったり。

私は、アイドルに対して何にお金を支払っているかといえば、
彼ら彼女らが見せてくれる夢に対して、なんですね。
そして松本潤という人は、いつでもこちらに対して全力で夢を見せてくれる人
なんだよなあ、と改めて思った次第です。


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。