幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Power of the Paradise』シークレットトークざっくり感想  

どうもー。あ、借りれたよ。
そうです、海老原 梓です。

某CDレンタルサイトで、『Time』の初回盤をレンタル予約していたのですが
元々の数が少ない上希望者が多いということで全然回って来なくて
予約はしていたもののぶっちゃけ諦めていたんですね。
中古市場の相場をチェックしつつ、もう少し安くなったら買うしかないかなと
思っていたところ、突然発送通知が来たんですよ。
嬉しいのと同時にびっくりですよ、ええ。
速攻でパソコンに取り込みました。
あーこれでようやく『Time』のソロ曲がCD音源で聴けるー。
今までは聴きたくなったらコンサートDVDを出さないといけなかったんですが
これでようやく外でも聴けます。いやっほーい!


『Power of the Paradise』の通常盤にシークレットトークが入ることを
知ったのが数日前。
これは今からネット予約するよりはフラゲ日にCDショップ行った方がいいなと
思って本日買ってきました。
「初回盤も残っていますが通常盤でよろしいですか?」と訊かれたんですが
初回盤はネット予約していたので通常盤のみ購入。
家に帰ったら初回盤も届いていましたやっほーい!

まだ1回しか聴いていないんですが本日はシークレットトークの感想なんぞを
ざっくりと。
完全なネタバレですので、まだ聴いていないという方は
ぜひ聴いてから読んでいただけるとありがたいです。
ネタバレを含むので短いですが追記にて。




今回のトークは鹿児島で録ったということで
なんというか、詰め込み過ぎじゃね?、という気になりました。
だってこの鹿児島って、行くときに熊本でJALのCMを撮って
益城町の中学校に行って、その後向かったんですよね。
で鹿児島でライブをしてトークの収録、って本当に大変だなあ。
お酒を飲みつつのまったりトークとはいえ、当たり前ですが
本当に楽屋で話すような事(のいくつか)は話せないわけで
いやこれはヤバいってなったら当然カットはされるでしょうけども
気を遣いつつ話してもいいことだけ話さねばならないわけで
それをお酒を飲みながらやる、というのもなかなかに大変なことだなあと
思ったりしました。
この収録時点で大野くん、ニノ、潤くんは映画撮影があって
翔くんはオリンピックの準備があって、相葉ちゃんはそもそも個人のレギュラーが
一番多い人ということで、五人揃ってある程度の時間を確保出来るという機会が
それほど多くなかったのだろうなと推測はされるんですけども
何と言うか本当にお疲れ様です、という気持ちになります。

でもって夏の想い出。
相葉ちゃんがバーベキューに行ったことをなぜか潤くんに隠していた、という話。
なんというかもうね、あー相葉ちゃんだね!、と。
だって当然のことながら、皆それぞれ忙しくても、俺ばっか忙しくて不公平、とか
言う人はいないと思うのですね。というかどっちかというと逆だと思うのですよ。
例えば他の4人が忙しくて自分だけ暇だったらその方が焦ると思うのですね。
人気商売である以上、仕事はあった方がいいわけです。
でも忙しい潤くんに配慮して、(自分も忙しいのに)バーベキューに行ったことを
言わない(でもバレバレ)なのがもう相葉ちゃんだな! と。
そして当然ながら潤くんも他のメンバーも相葉ちゃんの気遣いは充分分かった上で
いやでもバレバレなんだよなあ、と思っている、という辺りが嵐だよねえ、となりました。
その後潤くんの忙しい夏が改めて明らかになって、相葉ちゃんも言っていましたが
そりゃ確かに遊んだとは言い辛いよね、と。
でもバレバレ(笑)。

そしてアルバムの話、ツアーの話、と聴く中で、ああ嵐の楽屋風景ってこんな感じなのだなあ、
と思って何というかちょっと得した気分といいますか、そっかあ、と。
特に潤くんの中ではもうツアーの演出プランとか出来ているわけで
楽屋とかでもアルバムやツアーの話になった時にこういうのはどうかなとか
そういう話もしているのだろうなと思ったら、なんというか、ああーそっかあーと
なぜかしみじみします。
実際のところはもちろん分からないですけども、彼らの楽屋っていうのは
きっと以前からずっとそんな感じだったんじゃないのかなと勝手に思ったり。
そしてその中にも17年の重みを感じたりであるとか、決して順風満帆に
ここまできたわけでもないし今後がどうなるかも分からないわけなんですけども
長いことずっと変わらず五人でやってきた重みというものを感じました。
そうだよなあ。生まれた子供が高校卒業する辺りまで来ているのだもんなあ。
そう考えると改めて、長いことずっと五人で変わらず活動してくれたことに感謝です。

翔くんがラップについて訊いていましたけども、「来週リオに行くから」という言葉で
改めて、あああそうだよねそんな時期だったもんね、と。
飛行機の中でラップを書くと言っていましたけども、おそらく飛行機の中でも
選手にどういう取材をするかとかの確認等もするでしょうし、
リオに行ってからも全然休むことなくあちこち動き回っていたと聞きましたし
いやもう大丈夫なの?、と。
多分動いていた方が元気っていうヤクルトの秋吉みたいな人なんだと思うんですけども
休める時は休んでねー、と勝手ながら思います。
そしておそらく誰にも伝わらない例えをしれっと入れてみましたが
ヤクルトスワローズの秋吉投手は、抑えでほぼほぼ毎日のように投げていまして
そんなに酷使して大丈夫なのかとファンに心配されるんですけども、
逆に何日か空いた方が調子が悪くなる、っていう人なんです、っていうね。
そしてラップどっちがいいかと訊いて、もちろん皆考えているのはわかるんですけども
あの沈黙の長さはなかなかの放送事故だったよね(笑)。
潤くんがバランスを考えつつ、皆が希望を出してから出来るならこういうのがしたい、
という辺りがなんとも潤くんだなあ、となりました。
『日本よいとこ~』もそうでしたけど、常に全体を見てバランスを考える人だよねえ、と。

そして最後、一本締めと一丁締めの違いをあからさまに面倒臭そうに説明する
潤くんがめっちゃツボでした。
いやまあ確かにね、前回がっつり説明しているからね。
そして一丁締めで締めようとしたのになんとなーくぐだっとなる辺りがまた(笑)。
電車の中で聴いていたのに思わず吹き出しそうになりましたよ。
外で聴くのは危険! (笑)。


,

関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。