ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

松本潤くん33歳のお誕生日おめでとうございます!

2016年08月30日 00:00

どうもー。祝 松本潤くん33歳
そうです、海老原 梓です。

ジャニーズ入所20周年のこの歳、33歳のお誕生日おめでとうございます!
私が潤くんのお誕生日を祝えるのはこれで2度目なんですけども
まだ2度目という気持ちと、もう2度目かという気持ちとあります。
ずーっとド新規な気持ちはこれからたとえ何年ファンであっても
続いていくのだろうなあ。

そんなことはさておき33歳ですよ!
以前の事はリアルタイムでは知らないわけなんですけども
鋭さが魅力となっていた若いころから徐々に変化して
翔くんが言うところの「柔らかい部分を隠さなくなった」ことによって
チャーミングな部分もどんどん出てきて、それがまた魅力になっていくという
年を追うごとに溢れていく輝きを見られるのが潤くんファンの幸せだよねと
思います。
バラエティではしやがれのMJで新たな一面を(ファン以外の)一般の人に見せて、
ドラマでは99.9の深山という、道明寺とは違う一面を見せて
それらが大いに評価されたことで、また今後の仕事に繋がっていくのだろうなと思います。
来年のナラタージュでどんな顔を見せてくれるのか本当に楽しみですし、
レギュラー番組やコンサート、歌番組等でも色々な顔を見せてくれるのでしょうし
きっとそれらひとつひとつがきらきらと輝いてますます目が離せなくなるのだろうなと思います。

ニノが言うところの「ガラスのように繊細」な潤くんですが、その繊細さは保ちつつも
「柔らかい部分を隠さなくなった」のは、仕事を続けることで自信がついたことによる
しなやかな強さを身に付けたからなのだろうなとも思っています。
ところでこの機会に、潤くんに対するバッシングについて少しばかり
私が思うところを書いておこうと思うのですが、
酷いバッシングで潤くんが傷付いている、という意見に対しては
私は正直ずっと懐疑的でした。
傷付いてい『た』、はあるとは思うのですよ。リアルタイムでは見ていないので
なんとも言えないですが、話を聞く限り。
ただ、今現在に関しては、ネットを見ている発言、アンチの人も含めて幸せにしたい発言等を
考えると、傷付くという言葉は当てはまらないのではないかと思っています。
もちろん全く気にしていないとかそういうことではないですけども。
そしてなぜそう思うかといいますと、
【人間というのは、上位3つのことしか悩めない】
ように出来ているという話を聞いたからです。
確かに言われてみれば、大きな悩みがあれば他の小さな悩みとか
それどころではなくなってしまいますし、こっちが解決しなきゃそっちのことなんて
考えられないとなりますし。あれもこれもどれもそれも悩むのは難しいというか
無理だよなあ、と。
で、潤くんですよ。
潤くんが何に悩んでいるか、常に何を頭に置いて行動しているかと考えれば
もちろん赤の他人ですから推測でしかないんですけども、おそらく
より良いものを作りたい、ということだと思うんですね。
普段のレギュラーにしてもドラマや映画等の演技仕事にしても、
コンサートの演出にしても、これでいい、完璧、なんてことは絶対にないわけです。
だってコンサートひとつ取ってみても、約5万人×5大ドーム日程分の人全員を
満足させることが出来るかといったらそれは無理なことだと思うのですね。
どうしたって、この曲がないとかここの衣装は照明は流れはとか
引っかかる人は出ますよ、そりゃだって全員好みも考え方も違うのですから。
でも彼は率先して、来た人全員を幸せにしたい、満足させたいと思って
演出しているわけで、当然ながら1日2日考えたくらいで出来るものではないわけです。
常にアンテナを広げておいて、全然関係のない(と思われる)分野も見て
どうにかして自分らの仕事に活かせないかと日々思っているわけです。
少し話はずれますが、学生時代なんでこんな勉強をしなきゃいけないのだと
思ったりしますし、因数分解とか社会に出て何の役に立つんだと思いながら
勉強していたりしたわけなんですが、やっぱり、知識があるというのは
視野が広がりますし多角的な物の見方が出来るようになるんですよ。
知識があるというのは、例えるならば紙に点がいっぱいあるようなもので、
その点と点が何かのきっかけで繋がったりするんですね。
繋がって線になることでまた新たに見えてくるものがあったりして
それが新たな知識であったり新たな発想力になったりするわけです。
なので潤くんに高校に行けと言ってくれた翔くんほんとありがとう! と思いますし
潤くんも潤くんで、日々あの忙しさの中で本を読んだり舞台を観に行ったりと
しているわけなんですけども、そうやって日々の生活の中で点を増やして
線にしてそれが次第に面になって、彼の視野を広げていっているのだろうなと思います。
また潤くんの素晴らしいところは、そうやって蓄積されたものを活かす能力なんだよなあ。
日々の努力であったり、妥協しない姿であったりが、蓄積されたものを蓄積したままに
終わらせることなく花開いているのでしょうし、それを見ることが出来るこちらは
本当に幸せだなと常々思います。

で、潤くんの悩みというのはおそらく、どうやったらより良いものを作れるか、だと
思うんですね。上位に来るのは。
そう考えると、バッシングとかあの辺というのは下位の悩みになるのではないかと
私は思っています。
だから別にいいよねとかそういうことでは全くありません! が!!!
きっと潤くんが見ているものはもっとずっと上であって、だから下を見る余裕も時間も
ないのではないのかなと私は思っています。下を見る暇があるなら上を見ていたい
人なんじゃないのかなと。
だからいいよねでは全くありませんが(二度目)、
ただ私も、潤くんに置いていかれないよう上を見ていきたいなと思った次第です。


潤くん、33歳のお誕生日おめでとう!
この1年もまた、あなたにとってますます輝かしいものとなりますように!


.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。