幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

『毒島ゆり子のせきらら日記』第一、第二話感想  

どうもー。野球は1回裏から!
そうです、海老原 梓です。

昨日のヤクルトスワローズ戦、1回表に2点取られて
すっかりテンションが下がっていたんですが
1回裏に6点取りました(笑)。
その後2点取られたんですけども勝てて連敗ストップ!
良かった良かったと思うと同時に、つくづく野球って
ピッチャーが大事よね、と思う次第です。分かってるけどな!


突然ですが『毒島ゆり子のせきらら日記』にハマっております。
面白いんですよこのドラマ!
前田あっちゃんの演技が好きなのでとりあえず見とくかーくらいの
テンションだったのにすっかりハマって観ております。
今期で好きなドラマって『99.9』『重版出来!』『毒島ゆり子~』なので
見事にTBSばっかだなあと思いつつ。
今第二話までやっていて、それぞれ1回しか観ていないんですが
思ったことなんぞをたらたら書きたいと思います。
追記からどうぞ。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ブログ

thread: 女性タレント - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

今月号の『MORE』に見る末ズ(ニノと潤くん)の関係性  

どうもー。一番搾りガーデン行きたい!
そうです、海老原 梓です。

一番搾りガーデンって東京より大阪の方が先にオープンするんですけども
来月8日に大阪行くんですね。
もうその時はオープンしているから行ってこようかなあ。
誰か一緒に行きません? と思ったけど
日曜ということで日帰りなんで結構ばったばたではあるんですよね。

ちなみにこの前日の土曜日に広島のアリーナツアーに行くべく
申し込んで見事に外れましたが何か問題でも?
大問題だがなーわーん(泣)。
行かれた方のレポを心待ちにしております。
出来れば末ズ多めだと嬉しいです(笑)。


さて本日は『MORE』のニノ連載より末ズの話。
短いので畳まずこのまま書きます。


ニノが、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した話で
嵐のメンバーも皆喜んでくれた、と。
でその後ですよその後!
>松本さんはすぐお祝いのお酒をくれた
ですよ!
ここのポイントは当然ながら『すぐ』ね!
すぐ、がどのくらいの早さなのかは分からないのですが勝手に話を続けます。
まずお酒なんですけども、お祝いのということで多分ですが
その辺のコンビニで買えるようなものではないと思うのですね。
おそらくですがデパートとかに行かないと買えないとか
事前に注文しないと手に入らないとかそういうものではないかと推察。
だって缶ビール1本とかじゃないでしょいくらなんでも(笑)。
それに多分缶ビールだったらニノも「一番搾りくれました」とか言うと思いますし。
値段は置いておくにしても、そう簡単に買えるようなお酒ではないのではないかと。
となると、じゃあいつ買ったの?、ということになるんですが、
これまた多分ですけども、最優秀賞を受賞する前に買っていたんじゃないかなと。
きっとニノなら受賞出来ると信じて。
「すぐ」がどの程度のすぐなのかは分かりませんが、
おそらく事前に用意していたのではないかと私は思っています。
それか、受賞したらこれを送ろうとアタリはつけていたか。

「すぐ」というのが実に素敵ですし潤くんらしいんですよねまた。
ニノからしてみれば「おめでとう」と言って貰えるだけでも嬉しいわけですし
自分のことのように喜んでくれるのも嬉しいわけです。
その上でお酒をくれて、しかも嬉しいというテンションの上がっている時ですよ。
もちろんいつ貰っても嬉しいのは嬉しいと思うんですね。
なんですが、例えば受賞翌日にくれるのと、1ヶ月後にくれるのでは
貰った時のテンションってどうしても差が出るわけです。
1ヶ月後だったらもう気持ちも相当に落ち着いているわけで
確かにその時点で貰っても嬉しいは嬉しいですし当時の気持ちが蘇りますけども
その時に祝ってもらえる、というのはやっぱり気持ち的に違うものだと
思うのですよ。
潤くんもその辺をきちんと分かっているからこそ「すぐ」渡したんだと思いますし。

そして潤くんが事前に用意したのかアタリをつけていたのかは分かりませんが
ニノが最優秀賞を受賞したらすぐに渡せるような体勢は取っていたと思うのですね。
きっとニノはそれが何より嬉しかったのでしょうし、同時に潤くんは
そういうことを言わない人なんじゃないかとも思うのですよ。
前から用意していたとかそういう話を。
でもきっとニノは潤くんがお酒をくれたタイミングで全部察したのでしょうし
お酒だけではなく、祝ってくれる、受賞出来ると信じてくれていた気持ちも
全部受け取った上で、「すぐお祝いのお酒をくれた」と
言ったんじゃないかと思うんですね。
びっくりすることに全部想像でしかないんですけども(笑)
ただでも、「すぐ」という言葉に、きっとニノは色々な気持ちを込めたのだと思うし
潤くんもすぐ送ったということに色々な気持ちを込めたのだと思っています。


何が言いたいかといえば、末ズ尊いね! と。
本当に素敵な関係性だなとしみじみ思います。


.

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

『99.9-刑事専門弁護士-』 第二話感想  

どうもー。19.1パーセント!!!
そうです、海老原 梓です。

昨日の『99.9』の視聴率が19.1パーセントだったということで
朝からツイッターでも大騒ぎでした。
個人的には徐々に伸びていって最終的に20くらいいけばいいなと
思っていたんですが、まさか第二回でそこまで行くとは思いませんでしたよ
別に舐めてたわけじゃないんですがすみません、という気分です。
まあね、視聴率って時代錯誤だとは思うんですけども
それでもこうやって目に見える数字での結果が出るのは嬉しいです。
このドラマに関しては発表された時、
続編とスペシャルと映画化来るよね! と思ったんですけども
このままいけばそれが現実のものとなるのかなと想像すると
楽しみしかないですね! 本当に。
映画化になったら舞台挨拶のチケット全力で取らないと(気が早い)。

先週、感想を書くのがあまりにも遅くなった事を反省して
今週は早めに、と思ったんですが、感想を書くべく
2回観たら逆に分からなくなったといいますか(ええー)。
なのでとりあえず、今思うことを書いておきたいと思います。
また時間が経ったら色々変わるのかなとも思うので
今の感想を書き留めておくのもきっと意味があるのだよ、と言い聞かせ。

感想は追記にて。


-- 続きを読む --

category: 99.9

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 2

『99.9-刑事専門弁護士-』 第一話感想その2  

どうもー。野球は9回2アウトから!
そうです、海老原 梓です。

昨日のヤクルトスワローズ戦、9回2アウト時点で2点差がついて
負けていたんですけども、なんと逆転3ランホームランを打って
そのまま勝利! と。
よく、「野球は9回2アウトから」と言うんですけども
実際はあっさり試合終了することが多いんですね。
でも昨日は劇的な勝利! 素晴らしいね!
諦め切ってさっさと風呂入っていてすみませんでした(おい……)。

やっぱりね、どんな逆境でも例え0.1%でも可能性が残っている間は
諦めちゃダメなんだなと改めて思った次第です。
ということで『99.9』感想の続きです。
正直もう今更じゃね?、あちこちで感想書かれているし
私も大体同じ気持ちだし読んでいる人にとっては多分繰り返しだろうし
とか色々思ったんですが、昨日のヤクルト逆転勝利の話が
書きたかったのもあってやってまいりました。
このオープニングのひとことって何書くかすっごい悩む時もあるんですけど
これが書きたくてブログを書く時もあります、実は。

ま、あれだ、いつものあれを叫んでおくとしますか。
今更なのは今に始まったことじゃないですよ!
ということで感想は追記にて。


-- 続きを読む --

category: 99.9

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 1

『99.9-刑事専門弁護士-』 第一話感想その1  

どうもー。タチカワウソのLINEスタンプに昨日の明石がいたよ!
そうです、海老原 梓です。

negeza.jpg

惜しむらくは土下寝じゃなくて寝下座なんだけども。
LINE送ってて明石になりたいなーって時はこれを使おう!
そんな時があるのかは分からないけども(笑)。


さて、昨日無事に第一話が放映された『99.9』の感想、いきまーす。
今回は主に脚本について思った事なんぞを。
あ、先に言っておきますが、この先、お前何様だよ! という内容が
延々と書かれますがただの一視聴者です。
偉そう(に見えるかもしれない)のはただの仕様です。ダメじゃねーか!
ということで先に謝っておきます。

negeza.jpg

これ便利だな(笑)。

感想は追記にて。
ちなみに時間がなかったのでリアタイで一度観ただけの感想です。


-- 続きを読む --

category: 99.9

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

『99.9』が始まるということで、その前に思うことなどを書いてみる  

どうもー。ランチパック買ってきましたよ。
そうです、海老原 梓です。

『99.9』コラボのハンバーグのランチパックと
午後の紅茶無糖と一番搾りシングルモルトを買ってきました。
万全の態勢で9時を待とうと思います。
あとは本当にもうとにかく何事もなく無事に最後まで
放映してくれればそれだけでもう、という気分です。

まだまだ色々心配ではあるんですが、
ブログを見に来られるということは娯楽であるとか楽しさを求めて
来られていると思っているので、前回も書いた通りここは通常営業で
出来る限り書いていきたいと思います。


さて本日は事前放送のドキュメントなどを見ての雑感です。
短いですのでこのまま書きたいと思います。


松本潤主演『99.9』のドラマP「30代になった彼と『花男』のような代表作を」
- 5度目タッグ作への思い(マイナビニュース)

まずですね、未読の方はぜひこれを読んでいただきたいんですよ。
もううちのブログとかいいからこっち読んで! (笑)。
確かに瀬戸口P結婚してください、って思うわこれ。潤くんの気持ち分かるわ。

地震の影響で生番組ジャックであるとか番宣が色々と中止になってしまったんですが
ドキュメントは無事に放映されて本当に良かったなと思いますし
このドラマにかける皆の気持ちが実によくストレートに伝わってきました。
潤くんについては「ミスターパーフェクト」で、「細かく確認する」人で
「撮影が中止になった日も自ら願い出て打ち合わせや練習をした」という
内容のことが言われていたんですけども、何事にも手を抜かず
全力でやる姿が本当に素晴らしいなと思うと同時に、
これまた何度か書いていますけども、ひとりだけこの熱量だった場合
周囲との温度差が生まれてしまうんですよね。
例えばもし他の共演者であるとかスタッフであるとかが
適当でいいんじゃない、それより帰りたいよね、みたいな気持ちでいたら
いくら潤くんがこだわってやりたいと思っても周囲の協力が得られないわけで
周囲の協力が得られないというのはどういうことかといえば、
例えばスタジオで撮影だったら「○時までしか使えません」とスタッフに言われて
しまったら演者は頼むことは出来ても実際の手続きをするのは別な人なわけで
それでなくても、究極を言えば他のキャストやスタッフがもし全員帰っちゃったら
撮影も何もないわけです。
ものっすごく当たり前のことを言っていますけども、足並みを揃えるとか
熱量を合わせるって本当に何より大事といいますか、そこがスタートなんだと
思うんですよね。

潤くんの熱さであるとかこだわりというのはファンは皆分かっていることですし
それが今回も如何なく発揮されていることに関して、毎回思うけれど
本当に素敵だなあ、と思う反面、これ単純に私が面倒臭がりで
そもそもの熱が低い人間だからこう思っちゃうんですけども、
これ同じくらいの熱量なかったらきっついだろうなあ、とどこかで頭に浮かぶんですね。
基本、家でだらだらしていたい人なので(This is ダメ人間)。
なのでついつい温度差とかそういうことを心配してしまうんですが、
そういえば瀬戸口Pは元々潤くんの事をよく分かっておられる方だったわ、と。
『花より男子』から始まって幾つも一緒に仕事をされて
潤くんの性格もよく分かった上で、今回のドラマを作れる(座長になれる)のは
この男しかいない、ということでオファーしているんだよなあ、ということが
もうね、本当にもう嬉しくてならないんですよ。

先程リンクを張ったインタビュー記事を引用します。
>0.1%にこだわる男が主人公のドラマです。事件に限らず日常生活の中でも
>「これくらいでいいか」と思う瞬間がありますが、そこを妥協せずに
>最後の0.1%まで妥協せずに積み上げていかないといけないなと、
>このドラマをやりながら自分自身も感じています。
>そうしていると、うざがられたりめんどくさいと思われがちですが、
>そうやって頑張った先に女神がほほ笑む瞬間もあると思うんです。
あて書きされている部分もある、と潤くんも言っていましたけども
つくづく潤くんっぽいなーと思うんですね。
そして瀬戸口Pも同じようにそういう熱量を持った方だからこそ
また一緒に仕事をしたいなと思ったのでしょうし
その気持ちが嬉しいなあと一ファンは思う訳です。

実際、すっごいこだわったり一切妥協しない姿勢って
>うざがられたりめんどくさいと思われがち
なわけで、潤くんに限らずそういう熱さを持った人というのは
えてして周囲からの面倒だなとかいう雰囲気を感じ取っていると思うのです。
ドラマ(に限らずですが)はひとりでは作れない以上、こだわりたいけれど
周囲の協力が得られずどこかで妥協しなければならない場合もあるわけで、
でも今回というのは座長の潤くんを始めとして、香川さんや奈々ちゃんといった
いいものを作るためには妥協しない、努力を惜しまない人達がキャストにいて、
スタッフも瀬戸口Pを始め、きっと皆いいものを作るために全力で頑張れる
人達が揃っている気がするのですね。ドキュメントを観た限りでは。


ここでほんの少し話がずれるんですが、『99.9』のスポットであるとか
速報を録るためにTBSを張っていて思ったこととして、
やたら『重版出来!』の宣伝に力が入っているなあ、と。
あくまで私の感覚でしかないですが、『99.9』の次くらいに
宣伝に力を入れている気がしたんですね。
で放映日は『ニノさん』の真裏だったんで観てなかったんですけども
ツイッターで絶賛されていて気になったので再放送を観たんですよ。
めっっっちゃくちゃいいドラマでした。気持ちが分かるところもあって号泣ですよ。
そして同時に、本当に丁寧に作られたいいドラマだなと思いましたし、
そりゃ張り切って宣伝するわ、とも思いました。
もし私がこのドラマの作成に関わっていたとしたら、もう観て! お願いだから観て!
という感じで宣伝しまくると思いますし。
なので今回観て改めて、ああなるほどなあ、と思いましたし、
同時に、あれだけガンガン宣伝しまくっていた、
潤くんが「自信作」と言い切った『99.9』が
どれだけ素晴らしいドラマなのかと思うとワクワクが止まりません。
わーあと2時間切ったよー。ドキドキだよー。
お願いだから無事に最後まで完走できますように!


.

category: 99.9

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 2

オトノハに見る翔潤の関係性  

まずは熊本、九州の皆様、地震は大丈夫だったでしょうか?
何も出来ないのが本当に歯痒いですし申し訳ないのですが
一日も早い復旧とこれ以上被害が拡大しないことを願っています。
とにもかくにも身の安全を第一に行動なさってください、と思いますし
全くの他人事ではないので今回被害のなかった地域の方も(私含め)
常に備えはしておきたいところです。
とりあえず本日笛を買ってきました。
助けを求める際、叫ぶと体力を消耗するので笛があるといいとあったので。
でも笛ってどこに売ってる?、と思ったんですが、普通にスーパーにありました。
多分100円ショップとかにもあるんだろうな、とか。

昨日からかなり気持ちが沈んでいたのですが、
本日パンサーの単独がありまして、行って来たら笑えて
少し気持ちが浮上しました。
エンターテイメントの力って本当に大きいなと改めて。
肉体的に生命を維持するという意味では役に立たないかもしれませんが
精神的な意味で生きるためには絶対的に必要なんだよなと思います、
エンターテイメントの数々って。
ということで、というわけでもないのですが、うちのブログは通常営業で
嵐についてだったり色々もろもろ書いていく所存です。
気持ちが沈んだ方が少しでも浮上してくれればいいなという気持ちを込めて。

本日はジャニーズwebに連載されている、翔君の『オトノハ』について
ちょろっと思ったことなどを。
短いですが畳んでおきますので追記からどうぞ。


-- 続きを読む --

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 3

蟻の穴から堤も崩れる  

どうもー。タイミングに迷うー。
そうです、海老原 梓です。

携帯電話を新しくしようかどうしようか迷っていまして
でも多分来月になれば夏モデルが発売されるんだよなあ。
けど夏モデルも微妙かもしれないしなあ。
春モデル待っていたのに微妙だったから買うの止めているし。
とかぐだぐだ考えている今日この頃です。
ちなみにアンドロイド。iPhoneは正月帰った時に親のを設定したんですが
設定がとにかく面倒臭くて、私絶対にiPhoneにだけはしない! と決めているので
ずーっとアンドロイドです。


さて本日は、もうすぐアリーナツアーが始まるということで(行けないけどな!)
最近ちょっと考えたことなどを書いてみます。
週末出掛けていてまだしやがれSPも全部観られてないので軽く。
追記からどうぞ。


-- 続きを読む --

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

4月5日なので末ズ(ニノと潤くん)について書くよ  

どうもー。わーいCD届いたー!
そうです、海老原 梓です。

欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』が
明日発売なので、ネットで注文していたら本日フラゲ日で届きました。
早速取り込んだので明日から聴くよ聴くよー。
ちなみにカッコいいMVはこちらからどうぞ(公式)。
実は前回記事はこの曲を聴きながら書いていました。


さて本日は末ズの日! ということで日付が変わった時から
ツイッターのタイムラインに末ズが溢れて、今日はずっとうはうはしていました。
はー素晴らしいね! 末ズ素晴らしいね!
と声高に言いたいだけの記事です。本日。追記からどうぞ。

-- 続きを読む --

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

バッシングに憤る人について思うこと  

どうもー。新しく作りましたー。
そうです、海老原 梓です。

拍手コメントにて、10000文字シリーズのカテゴリを作って欲しいと
ありましたので、作ってみました。
多分これで全部だと思うんですが、もしカテゴリ漏れしていたら
教えていただけると嬉しいです。
10000文字シリーズなんですが、嵐からこのブログに来られた方は
ご存知ないと思うんですけども、誰かについて10000文字で書く、と
いうのを以前やっていたんですね、何回か。
ちなみにその時のメンバーはジャングルポケットとパンサーの向井くん。
書きます、と言う時はまだ1文字も書いてない状態なので
いつも最後まで書ききれるかドキドキしながら書いていました。
10000文字でもNO PLAN! (笑)。

ちなみに嵐のことを書くようになってからですが、
最初の頃に書いたメンバーそれぞれの話において
潤くん部分だけは合計で10000超えるくらいです。
そう考えると長えー。
そのうちまた誰かで書きたいですが、タイミングが必要なんですよねあれ。
好きすぎても興味なさ過ぎても書けないという。
でもせっかくカテゴリも出来たことですしそのうちチャレンジしたいです。


前回記事に拍手たくさんありがとうございます!
コメントもありがとうございます! 匿名であったりハンドルネームではないよなあと
思われる(タイトル?)ものであったり返信不要と書かれたものに関しましては
お返事しておりませんが、ありがたく読ませていただきました。

でもって今回は、書こうと思いつつ半年くらい放置していた内容です。
今も色々迷うところがあるのでいつも以上にぐっちゃぐちゃかもですが
それでも宜しければ追記からどうぞ。


-- 続きを読む --

category: バッシングについて

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 8