幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

櫻井翔君34歳のお誕生日おめでとうございます!  

どうもー。わーい二度目ー!
そうです、海老原 梓です。

このブログでも嵐のことを書くようになって二年目に突入している
わけなんですけども、翔君の誕生日を祝えるのも二度目ということで
個人的にちょっと感慨深い気持ちになっております。
とはいえまだまだ一年ちょいなんで相変わらず大したことは書けないですが。
ま、その前に大したことは求められてないからいいか、という
華麗なる開き直りをしつつ、ただ祝う気持ちはめっちゃくちゃあるよ! という
想いは込めつつ、なんですが今ちょっと個人的に時間がないので
そんながっつりは書けないという色々なジレンマを抱えながら
いやそんなぐだぐだはいいんだよ、おめでとうなんだよ! ということで
この先書きたいと思います。


ちょっと今雑誌タワーを探索する時間がないのですが
個人的に翔君について一番衝撃的だったのって
『日経エンタテインメント!』の2013年の翔君ロングインタビューでした。
この記事この記事で書いたので自分でも改めて
読んでみたんですが、本当に衝撃だったんだよなあ、と
今でも思います。
私はファン歴1年ちょいなので今のようなある程度余裕のある翔君しか
リアルタイムでは知らないわけなんですけども、
昔からの翔坦の方が口を揃えて言う「あの頃の翔君は余裕がなかった」が
当時のインタビュー記事を読むと本当にダイレクトに伝わって来て、
確かに、自身が30歳になることであるとか、嵐の人気が
自分達がコントロール出来ない所にまで行ってしまったことであるとか
トップになることよりも、トップを維持することの方が
モチベーションを保つという意味では大変であることとか
そのタイミングで『家族ゲーム』の吉本荒野役に抜擢されたとか
もう本当に翔君の中では色々なことが一気に訪れたのだろうなあ、と思います。
私は嵐の仲良し売りを否定しようとしたことに関しては否定的といいますか
(前にも書きましたけど)元々ある自分らの売りを否定するのならば
それに替わる他の売りを出していかなければならないわけで、
しかも別の売りが元々の売りに匹敵する(または上回る)くらいのものでなければ
人気は下がっていくし、一度ファンが離れればそれを取り戻すのは本当に
容易ではないわけです。
もちろん今ある売りにしがみついていてもいずれは人気は落ちるんですが
否定するのであれば別の売りを出さなければただ人気を下げるだけであって
それを翔君程の人が分かっていないわけではないよなあ、という思いもあったので
当時をリアルタイムで知らないだけに余計に、いや分かるんだけど、という気持ちに
なったのは事実です。
ただでもそれは今だから言えることであって
当時をリアルタイムで見ていたらまた違う印象を抱いたんだろうなあ。

あの当時の翔君に関しては、「コンサート中も全然楽しそうじゃなかった」とか
いう話も聞きますし、私が知る限りではあまり評判が宜しくないところは
あるんですよね。
ただでも個人的には、当時をリアルタイムで知らないからかもしれませんが、
と前置きはしますが、私はあの頃の翔君も好きなんですよ。
といいますか、2013年の日経エンタのインタビュー記事を読んだからこそ
それまでより翔君のことが好きになったんだよなあ、と思います。
今のように余裕が出来るまでは色々なことがあって、
そしてその色々なことを(そういう仕事としての環境があったからというのも
あるでしょうけども)包み隠さず出してくれるその姿がね、
すごい惹かれるんだよなあ、と思います。
しやがれのMJコーナーもそうなんですけども、
完璧に出来る姿ばかりではなくて、時には出来なくて必死になったりとか
そういう姿の方が魅力的に映ったりすることって結構多いと思うのですね。
カッコ悪い姿を隠さないカッコ良さといいますか。
そういうところが本当にカッコいいなあ、と思うのです。


全く持って話がずれるんですが、先週の、翔君33歳最後の『NEWS ZERO』で
ラルフさんにサッカーのMSN(メッシ、スアレス、ネイマール)の意味を尋ねられて
「松本櫻井二宮ですか?」って返したのが本当に素敵だったなと。
あの日は直前にSMAPの生放送謝罪が流れて、別にスマオタでなくても
ちょっとなんかあの異様な雰囲気に落ち込んだり気分が下がったりした人が
多かったと思うのですね。私もその一人だったわけなんですけども。
そんな中での生放送ニュース番組でもさらっと流せる程度の冗談、
しかも嵐のメンバー名、っていうのがなんかもうほんと素晴らしかったですし、
それで笑ってちょっと浮上出来たという人は多かったように思います。
生放送のニュース番組というのはひとつひとつの発言が本当に重大で
まだ収録だったらカット出来ることまで全部流れてしまうわけで、
そして一旦流れたら最後、ネットで収束できない所まで拡散することに
なるわけです。しかもニュースだからバラエティとかよりも
ずっと厳しい目線で見られるんですよね。
という恐ろしく神経を使う仕事を毎週毎週ずっとやってきて、
その上でさらっと冗談も言える余裕の出来た翔君は本当にカッコいいんですが、
余裕がなくて必死でもがいていた(であろう)時期もやっぱりカッコいいですし
どの翔君も好きだなあ、と思います。

お誕生日おめでとうございます!
この一年が翔君にとって充実したものになりますように!


.
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

今週のVS嵐の感想を速攻で書くよ  

どうもー。優勝するって素晴らしい!!!
そうです、海老原 梓です。

昨年ずっと、「ヤクルトスワローズが日本一になったら
VS嵐に呼んでくれないか」と言い続けてきまして、
セリーグ優勝はしたものの日本一にはなれなかったので
さすがに呼んでもらえないだろうなあ、地味だもんなあ……
とか思っていたらですよ! 呼ばれましたよ!!!
いやっほー!!! 優勝バンザイ!!!
にしてもね、よくよく考えると私が野球をちゃんと見るようになったのって
野村克也氏が楽天イーグルスの監督になってからなんですね。
でノムさんが楽天から離れたタイミングで私も楽天ファンを止めまして、
それから月日は経ち、5、6年前くらいにつば九郎きっかけで
ヤクルトファンになったんですよ。
で、ノムさん監督時代の楽天は最高順位が2位で、
ヤクルトは昨年14年ぶりの優勝。
ということで、贔屓球団が優勝するのを初めて目の当たりにしたんですが
優勝するってこういうことなんだなあ!!!、と改めて思いました。
具体的に言うと、こんなに色んなテレビ番組に呼んでもらえるのか、と。
番組内でもちらっと触れていましだけども、正月の歌上手い選手権とか
めちゃイケとか他にもちょいちょい出ていて、
そして極め付けがVS嵐ですよ!
そりゃ選手もその家族も浮足立つってもんですよ!
こんなことにもなりますよ!(笑)
tubaars.jpg

ついでに。つば九郎ブログでのVS嵐についての記事。
たたかってきたよ。 vsあらし1。 vsあらし2。 vsあらし3。 vsあらし4。 vsあらし5。
リンク先見ていただけると分かるんですが、収録日12月1日なんですよね。
ツアーまっただ中でしたが翔君おたおめ!(笑)。

感想は追記にて。



-- 続きを読む --

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 2

『This is MJ』における、笑われることの覚悟を考える  

どうもー。二宮君日本アカデミー賞優秀主演男優賞
おめでとうこざいます!
そうです、海老原 梓です。

いやはやすげーな、アカデミー賞だもんなあ。
そしてこれ今日のZERO前に書いているわけなんですけども、
ZEROで触れたりするのかな。翔君のコメントもあるのかな。
その辺りも含めて楽しみです。


友人からこないだのしやがれを送ったと連絡があったので
がっつりとした感想はまた後日書きたいところなんですけども、
本日はどうしても触れたかったところについて軽く。


別に自分が潤くん推しだからというわけでもないとは思うんですけども
リニューアルしたしやがれで一番面白いのってやっぱりMJ企画だなあ、と思います。
それぞれにそれぞれの面白さがあるので一概に比較は出来ないんですけども、
単純にげらげら笑えるのがMJ企画なんですよね。

潤くんが不器用というのはファンの間では知られていることではあるんですが
さして興味のない一般人の間では全く知られていないことなわけです。
私もファンになるまで知らなかったですし。
どっちかというとニノっぽいというか、なんでも器用に一発で出来ちゃうみたいな
イメージがあったんですけども、まさかあんな不器用とは(笑)。
で、MJ企画というのは、不器用な潤くんが精いっぱいカッコつけつつ
真面目に真剣に色々なものに取り組んでいくという内容なわけなんですけども、
これ、どんなに言葉を選んでもなんか微妙になってしまうんでそのまま書きますが
真面目に真剣にやっているのに出来ない姿って単純に面白いんですよね、これが。

何度かこのブログでも書いているんですが、笑いというのは残酷なものだと思っています。
笑いというのがどこから起きるかといえば、各自の基準があって、それから外れていること
だと思うのですね。とはいえ外れすぎると意味が分からなくてぽかーんとなりますし
対して外れていないと感情が動かないから笑いにもならないですし、と考えると
笑いって本当に本当に難しいことなんですよ。
そしてその上で、笑いというのは残酷なものだと思っています。
笑いを作るには基準から外すものや人が必要になるわけですし、外すという意味で
一番簡単に出来るのは落とすことだとも思うのですね。
ものっっっすごく乱暴なことを言ってしまえば笑いを取るには何か(誰か)を落とさねば
ならないわけで、それは自分であったり他人であったり物であったりするわけ
なんですけども、そう考えるとどうしたって誰か(何か)を傷付けることにも
繋がってくるわけです。
私がお笑い芸人が好きな理由というのもそこにあって、芸人さんというのは
笑いを作ることによって誰か(自らも含む)を傷付けることを承知していて
なおかつその責任を取ることを選択している職業なわけですよ。
笑いを取るために(自分であったり周囲であったりを)傷付ける覚悟がある人達が
お笑い芸人という職業に就いているのですね。少なくとも私はそう思っていて、
だからこそ尊敬しますし大好きなわけです。

潤くんはMJ企画において、笑わせようという意識はないと思っています。
とにかく真剣に、出された課題をクリアすることだけを考えていると思うのですね。
ただ、その真剣さであるとか時には出来なかったりすることが笑いに繋がるんですけども、
何で笑いに出来るかといえば、理由のひとつとして、
潤くんがそれを容認しているから
だと私は思っています。
あの企画はどちらかというと、”笑わせる” のではなく、”笑われる” に
近いのではないかと思っているのですが、それでもこちらが気にせず
笑えるのって、やはり潤くんがそういう笑いもオッケーと思っているから
なんだろうなあ、と。
実際ね、芸人さんでもいるんですよ。というか芸人って案外プライド高いから
わりかしいたりするんですけどね。自分は笑わせたいのであって笑われたいのでは
ない、っていう人。
そういう態度を前面に出すとどうなるかといえば、こっちは笑い辛くなるんですよ。
単純に面白いんだけどこれで笑うとなんかバカにしてるって思われるなというのは
なんか雰囲気で感じるところはあるので、そうなると途端に笑い辛くなるんですよね。
でもやっている側がそこを容認してくれると、すっごい笑い易いんですよこれが。
潤くんがその笑いを容認しているのはスタジオの雰囲気からも伝わってきますし、
だってもし潤くんが、俺は真面目にやってんのに笑うなんて失礼、みたいな雰囲気を
出していたらニノがあんなに楽しそうに出来ないですよワイプで。
だって嵐の中で彼が一番空気読めて地雷回避能力高いんですから。
もし潤くんが嫌がっていたら敏感に察知してニノも真面目な顔で見ていたと
思うんですね。
なんですが、まーあめっちゃくちゃ笑うしワイプとは思えない声で突っ込むし(笑)
実に楽しそうなんですよね。
そしてニノがそうだからこそ、テレビで観ているこちらも、ああそういう風に楽しんで
いいんだなと自然に感じ取れて楽しめるところはあるよなーと思います。
確実にねー、MJ企画の楽しさに一役買っているのがニノのワイプじゃないかと。

MJ企画は、潤くんにああいう企画をやろうと考えたスタッフさんと、
それを全て受け入れ楽しみながら時には笑われることもよしとした潤くんの
素晴らしいコラボレーションで成り立っているんだよなあ、としみじみ思います。
先日のしやがれは視聴率も良かったそうですし、これからますます
潤くんの魅力が世間に広がっていけばいいなあ、と思います。


.

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

今更なTVfan CROSSの感想を書くよ  

どうもー。大阪行ってもやること一緒。
そうです、海老原 梓です。

もう一週間前のことになるんですが、大阪に行ってきました。
土日で行ったんですけども、土曜日は結構時間があったので
じゃあせっかくだから、とまんだらけに行って写真やらグッズやら
見てきました……、ってやること一緒だな!
まあでもね、
Popcorn.jpg
これ欲しかったからいいの。うん。
にしてもほんと、写真って撮る人と撮られる人の信頼関係が如実に現れるなって
思うよね、これ見ると。
いい写真だなあ、としみじみ。


さて本日は、そんな大阪観光中に発売されて
末ズ! 末ズ! とものすごい私のTLが騒がしかった
TVfan CROSSの感想なんぞを今更。
これ、東京戻ってから買おうと思って月曜日に本屋行ったら
全然見当たらなくて半泣きで探しまくって最後の一冊をギリギリ
ゲットしたんですよね。
そしたら重版決定で19日から書店に並ぶとか。おおう。
ただでもほんとこれテキストも写真も素晴らしかったので
ゲット出来なかったよーという方はぜひ19日以降書店へ! って
お前どこの回し者だよって感じですが(笑)。

本当は昨日のしやがれ感想を書こうと思っていたんですが
録画に失敗したのでね。
失敗したと気付いた瞬間速攻で友達にヘルプメール送ったよね。
あんなに速攻で動くことそんなないよってくらい速攻だったよね(笑)。

今更なのは今に始まったことじゃないですよ、という
いつもの呪文を唱えつつ感想は追記にて。


-- 続きを読む --

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

バッシング『している人』について思うこと  

どうもー。今年もこの挨拶でいきます。
そうです、海老原 梓です。

過去記事に拍手頂くとそれをきっかけにその記事を読み返したり
するんですけども、オープニング(?)部分が何気に
自分の日記っぽくなっていて読んでいて興味深かったりします。
あーこの時ヤクルト首位に立ったんだなーとかこの時調子悪かったなーとか
この時はとりあえずクライマックスシリーズに行ければいいやとか
思っていた頃かーとか、って野球ばっかだな! (笑)
前にも書きましたがヤクルトが調子のいい時しか野球については
触れないので、去年は結構触れていたんですよね。楽しかったですし。
今年はどうなるかなあ。いっぱい書ければいいな。
一切話に出なくなったらそういうことだと思ってください。


さて本日も、本当は昨年末に書こうと思っていたこと。
忙しかったんですよ自業自得だけど! けど!
その分今月頑張ろうと思います。思うだけな気もしますが(笑)。
以降は追記にて。


-- 続きを読む --

category: バッシングについて

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 1

嵐の皆さんに心からのありがとうを!  

どうもー。真中監督45歳のお誕生日おめでとうございます!
そうです、海老原 梓です。

ヤクルトスワローズの真中監督が本日お誕生日でした。めでたい。
とはいってもここに来られている方の大半は『?』だと思うんですが、
1月21日のVS嵐に出る(予定)なので、その時にでも
あーこの人かー、と思っていただければ。
ちなみに本人曰く、「つば九郎に似てると言われる」そうです。
ということで写真を載せておきます。

manaka_tubakurou.png

わーほんとそっくり(笑)。



さて本日はタイトル通りの話。
本来は昨年末に書きたかったんですが、なにせ昨年末が尋常じゃないくらい
忙しかったんですよ、といっても完全自業自得な忙しさだったんですが。
ようやくもろもろ落ち着いたので書いておこうと思います。
本来は昨年末に書きたかった話なので、
新年早々一年を振り返っていますがそこはそれ。
今年もやっぱりNO PLAN!


一昨年の秋に嵐にハマった訳なんですけども、
これ何度か書いていますが、やっぱりいつ振り返っても
あのタイミングでしか(私が)嵐にハマることはなかったんだよなあ、と思います。
何かにハマる時ってまさに、気力体力時の運(笑)が必要で、
忙しくてそれどころじゃないとかハマりたくても経済的に無理とか
疲れきって何も入って来ないとかそういう状況の時もあるわけです。
もちろん、そんな時ですらものすごい力でハマらせるジャンルはあると思うんですけども、
それすらも、受け手側の何か(気力であったりとか)が突出しているとかでないと
無理だと思うんですね。少なくとも私は。
良くも悪くも余裕がある状態。
何かにドハマリしてそれしか見えない!、という状況も
言い換えれば余裕はないわけで、そういうもろもろ含めての余裕。

実際、これにハマりそうだなと思いながらもタイミングを外して
ハマらなかったなあ、という人って私が認識しているだけでも3組います。
固有名詞を書くのは避けますが、もしもタイミングががっつりハマっていたら
その人達を追いかけていたんだろうなあ、と思いますし、多分気付いていないだけで
本当はもう少しいるんじゃないかとも思っています。

ハマる程誰かを好きになること、というのは口で言う程簡単なことではないと
思っています。だってハマるってものすごい色々なものを持ってかれますもん。
時間もお金もですし、精神的にもがっつり持って行かれますし。
でもそれ以上に、楽しいんですよね! これが!
ということが前提。


昨年はがっつり嵐沼にハマっての1年目だったわけなんですけども、
まーあ楽しい楽しい!
この一年で起こった色々なことを書いていったら3万文字くらいなると思うんですが、
例えば国語のテストでそのテキストがあったとして、
【この時の作者の気持ちを6文字以内で書きなさい】
とかあったら、答えは確実に【楽しかった。】ですよ!(笑)
ちゃんと。まで入れて6文字ですよ。
もちろんね、思い返してみればいいことばかりではなかったんですよ、決して。
番組をあれやこれや録り逃したりとか、ブログのコメントで人格否定されたりとか、
お金がものすごい勢いで消えて行ったりとか、グッズ買うのに4時間並んだとか
色々あったんですけども、でもそれも思い返すと「楽しかった!」になる不思議ね。
ジャニーズにハマるのも初めてだったので、色々本当に新鮮でしたし、
ジャニショってこういう感じなんだーとか、(原宿の)入口どこだよと思ったとか(笑)
まさか自分がコンサートに手作りうちわ持って行くとか夢にも思わなかったですし
色々本当に初体験のことが多くて、まあもう結構な歳なんで、今更そうそう
初めてのことなんて経験できなかったりするんですけども、昨年は本当に色々
初体験のことが多くて楽しかったなあ。
このブログをきっかけにして色々な方とお知り合いになれて、
密かに憧れていた潤くん誕生パーティであるとか末ズ会であるとかも出来て
とにかくひたすら嵐についてや末ズについて語りまくる機会もいただけて、
本当にありがたいし嬉しいし幸せ者だなあ、と思います。

昨日もちらっとツイッターには書いたんですけども、
エンターテイメントというのは決して楽しいことばかりではない現実を
乗り越えさせてくれる力をくれるものだと思っていて、
そしてその最たるものが私にとってはアイドルとお笑いなんですね。
辛い時でも笑顔をたやさずいつもキラキラ輝いているアイドルや、
自らを犠牲にしてでも人を笑わせてくれる芸人さんの存在は
私にとって本当にありがたいし、リスペクトしかありません。

そしてこの1年で改めて知る、ジャニーズタレントのプロフェッショナルぶりね。
全くストレスを感じさせずに見られる幸せったらないですよ。
ちなみに私がストレスを感じる状況というのは、その人の作り上げたものではなく
姿勢なので、姿勢がなってないとすごいムッとしますし萎えるんですよ。
例えば舞台上なのにやる気が感じられないとか、ルーチンワークになっているなとか。
やっぱりね、小さい劇場でネタをやる芸人さんだと時にいるんですよ。
あなたはそのネタを何百回何千回とやっているでしょうけども、こっちは初見なんだよ、と
思うようなことが。
多分条件反射でセリフも出てくるんだろうけど、もう少し間を置かないと
このネタは面白さが半減するからー!、とか見ていて思うこともあるんですよ。
なんですが、嵐ってほんとそれがないんですよね。
もちろんその時々で調子がいい悪いとかはあると思うんですけども、
例えばレギュラー番組において、来週もあるから今日は適当でいいよねみたいな
雰囲気であるとか、コンサートツアーにおいて、あと○日あるから今日は流すか
みたいなのは全く感じられないわけです。
常にどの仕事も全力、っていう。
これって本当にすごいことなんたよなと思います。だって人って慣れますもん
どうしたって。慣れれば気の緩みが生じますもん。
これは五人の関係性でもそうなんだよなーと思います。
Jr.の頃から考えれば20年近く一緒にいる(人もいる)わけで、
もうある種家族みたいなもんですよ、そこまで生活を共にすれば。
けれどそれでも何年経ってもきちんと相手を尊重して、なあなあにならずに
何かがあれば時間をかけて手間をかけて話し合いで解決して
何年経ってもこの人のこういうところはすごい、と言えるって
本当に尊い関係性だなと思います。
実際、彼らがどんな仕事に対しても手を抜かず全力で行ったり
メンバーそれぞれに対して手を抜かず関係性を大切にしてきたからこそ
今の彼らの地位があるわけです。
そして遅ればせながらそこに気が付いて好きになることが出来て
ただもうとにかくもう幸せだなあ!、と思う訳です。

昨年一年間、決していいことばかりではなかったですが、楽しいことばかりでは
なかったですが、それでも、嵐ファンにならなきゃ良かったと思ったことは
一度もないですし、きっとこれからもないんだろうなと思います。
一生好きかどうかはぶっちゃけ分かりませんけども、でも
色々なことがあるけれど総括すれば楽しくて幸せ!、ときっとこれからも
胸を張って言えるのだろうなと思えることが嬉しいです。
嵐の皆さん幸せをありがとう!
今年も全力で追いかけますよ!


.

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 2

明けましておめでとうございます  

どうもー。今年も俺達は 現実を見ない!
そうです、海老原 梓です。



相変わらずこんな奴ですが、
今年もどうぞよろしくお願いします(おい……)。


ただいま実家です。昨日は南海キャンディーズ山ちゃんの
年越しライブに行って、そのまま一睡もせずに実家に
戻ったので(新幹線で寝たけど)、今日のZIPどころか
紅白もカウコンも、もっと言うなら宮城DVDも
まだ観れていない状況。
ZIPでとんでもない末ズが投下されたということで、
早く家に戻って確認したいです! 実家帰ったの今日だけど!

スマホからなのでちゃんとした記事はまた改めて。


.

category: ブログ

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0