ホーム

引退を自分で決めるということ

2013年10月31日 23:01

最近思っていることをつれづれと。

私は野球も好きでよく観ているんですけども、レギュラーシーズンが終わる頃
あちこちの球団で何人もの選手が引退することになって引退試合が行われて
いました。
最後に活躍する人もいれば残念ながらという感じで終わる人もいましたけれど
どの選手も惜しまれながら去って行かれました。
とはいえ、引退という終わりを自分で決めることが出来るというのは
幸せなことなんだよなと思います。
ほとんどの選手は戦力外通告を受けてしまいますから。
戦力外通告って平たく言えばクビってことなんですけども、
人によっては入団して数年で通告を受けることもあるわけです。
年齢で言えば20代前半とか。
スポーツ選手ってほとんど皆そうですけども、20代から30代前半といった
会社勤めをしていたらこれから脂が乗ってバリバリ働くという時期に
仕事を失ってしまうわけなんですね。
「プロ野球選手は引退してからの方がずっと長いのだから、
選手であるうちに引退後のことを考えておくべき」というのは
元楽天監督である野村克也氏の言葉なんですけども、
本当にそうなんだよなあ、と思います。


でもってここからが本題。
自分で引退時期を決められるのは幸せなことだと思っていたんですが
実はひどく残酷なことだよなあ、とも最近思ったり。
だってやりたくて入った仕事なわけですから、出来れば続けたいでしょうし
それを自らの意思で諦めるというのはきついことだよなと。

私はその昔、芸人になりたいと思っていました。
なんですが、お笑いというのはものっっっすごく難しいことで
才能がなければ出来ないということに中学時代に気付きまして
そして自分にはその才能がないということにもまた気付きまして、
それですっぱり諦めて視聴者側となったわけなんですけども、
もしも目指していたとしたらどうなっていたんだろうなあ、と。
まず売れない事は確定なので、バイトとかしながらいつかはと
思ってやっていくんでしょうけども、どこで諦めるんだろうなあ、と。

吉本のシステムがいまひとつよく分かっていないので推測が多分に含まれますが
NSCを出て正式によしもとクリエイティブエージェンシーに所属が決まった場合
”売れてないから”という理由で解雇されることは多分ないと
思うんですよね。
だって仕事がなければギャラも発生しないわけですし、所属させるだけなら
お金を払う必要はないわけですし。
もしかして私が知らないだけでしたら指摘して欲しいんですけども、
所属するだけなら売れてなかろうがなにしようが出来るんでは
ないのかなあ、と。
ただ当然ながら皆売れるためにやっているわけですし仕事は欲しいですから
ネタ見せに行ったりオーディションを受けたりするわけです。
ライブ会場に出るためのオーディションがあって出れたとしても
上に行くためのオーディションがあってそしてテレビに出るための
オーディションがあって……、と、
売れていようがいまいが走り続けなければいけないわけなんですが
売れない、結果が出ないで辞める場合って、一体どこで
その線引きをするのだろうと思ったりします。
いやもちろん人それぞれなのは分かりますけども。

M1の出場条件は結成10年以内のコンビと決められていて、なぜかといえば
10年やっていて目が出ないんだったら続けても無駄、ということだと
いう話もありましたけれど、昨年のKOC覇者であるバイきんぐは
結成が1996年なんですよね。とっくに10年なんて越えていたわけで
もし10年で辞めていたら今の活躍はなかったわけです。
そう考えると辞め時というのは本当に難しいなと思いますし
同時に(いつまでも夢が見れてしまう)システムというのはまた
残酷なことだよなあとも思ったりします。

芸能界という仕事は特に、くだりエスカレーターを必死で
登って行くようなものだよなと思ったりします。
何もしなければ現状維持ではなく下がって行くだけ、というね。
だから常に努力しなければならないし、しかも並大抵の努力では
その場にいるだけで上には登れない、と。
そして努力したところでエスカレーターの速度の方が速ければ
結局は落ちていってしまうんだよなあ、と。


何が言いたいのか自分でも分からなくなってきたので、
最後にこちらのブログを貼って〆たいと思います。

『芸能界ってね。 売れないタレント100人いても1円も儲からないけど
売れるタレント1人いれば数千万から数億が儲かる世界なんです。』
(「ふなみくてん」はるかぜちゃん)


こんだけだらだら書いておいてなんなんですけども、
私の文章よりこちらのブログ(とそこに張られている先のブログ)を
読んで頂いた方が色々と伝わるものはあるかと思います。
いやもうまさに、そうなんだよなあ、と。
スポンサーサイト

お笑い コメント: 0

『333(トリオさん)』第139回感想 中編

2013年10月29日 23:23

もう番組は141回まで放映されていますけど未だに。しかも中編。
前回の追記的な感じなのでパンサーについてです。
ジューシーズの部分は後編でまた。

出演者や注意事項は前編を参照してください。

感想は追記にて。


続きを読む >

333 コメント: 0

ジャングルトークポケット レポ 後編

2013年10月26日 23:31

斉藤慎二君31歳のお誕生日おめでとうございます!
ということで購入してみました。

102601.jpg

当然のごとく外れたんですが(笑)、いいの記念だから。

そしてついでに。

102602.jpg

オッズとか一切見ずに買ったけどこれどんくらいなんだろう。
いや当たらないだろうけども。


そんなこんなで続きです。
注意事項等は前編に書かれています。


続きを読む >

ジャングルポケット コメント: 0

ジャングルトークポケット レポ 前編

2013年10月22日 00:45

最近とみに記憶力が減退しているのを感じます。
年か、年なのかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
ということで備忘録も兼ねてレポを書きますが
あんまし期待しないでね、ハードルは低くしておいてね、という
しょっぱなから言い訳で始まるブログなのでした。

ハードル低く、といえば今回の『333(トリオさん)』ですけども、
あれはあれでまた感想を書く予定です。
その前に先週の後半部分どうしたよ、という話ではあるんですが
諸事情で止まっているのでそれもおいおい。

毎度書いていますがあくまで記憶に頼ったものな上、私にはこう見えた、
聞こえたというものですので。
順番等もバラバラだと思います。
但し、明らかな間違いに関しては指摘して頂けると助かります。

出演者
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田) ※年齢順


レポは追記にて。

続きを読む >

ジャングルポケット コメント: 0

Radioパンサー レポ

2013年10月17日 00:54

色々前後してしまいますが、忘れないうちに書いておきたいんで。
メモとか取らないのであくまで記憶に頼ったものな上、
私にはこう見えた、こう思った、というだけですのでその辺りは
差し引いて読んで頂ければ幸いです。
ただ、あまりにもな間違いに関しては指摘して頂けると
ありがたいです。


出演者
パンサー(尾形・菅・向井)

ゲスト
又吉直樹(ピース)


レポは追記にて。

続きを読む >

パンサー コメント: 0

やなせたかし氏の逝去から色々と思い出したりしたことあれこれ

2013年10月15日 23:59

本日はお笑い全く関係ない話です。


本日誕生日でした。
いやその歳になって誕生日を喜べるもんでもないだろうと
言われそうなんですけども(笑)、やっぱり祝ってもらえるのは嬉しかったり。
メールやプレゼントもいただけて、本当に嬉しいことだなあと。
拍手コメントもありがとうございます!
めちゃくちゃ嬉しいことを言っていただけて、なんつか、
産まれて来て良かったなあと思いました(単純・笑)。

baumkuchen1015.jpg



本日のメインはそこではなくて、やなせたかし氏の訃報からのあれこれ。
もう94歳になられていたんですね。
ただ私が子供の頃からバリバリ現役で活躍されていたことを考えると
確かにそのくらいのお歳にはなっているよなあとも改めて思いました。
良ければ先に、糸井重里さんとの対談を読んで頂けるとありがたいです。
目がほとんど見えない、耳もほとんど聞こえないとおっしゃっておられて
それだけ身体を悪くしていたのにお仕事に励んでいたのだなあ、と。
ただなんか、ご自身の作られたアンパンマンのように、ずーっと元気で
周囲を幸せにされる方のようなイメージが勝手にあったので、
なんというか。
ご冥福をお祈りします。

やなせ氏といえば代表作がアンパンマンですけども、
私はちょっと違う視点から。
アンパンマンも好きなんですけどね。ばいきんまんがすごい好きで、
ドキンちゃんはしょくぱんまんもいいけど身近な人間(?)にも
目を向けたらいいのにと常に思っております(笑)。

私が子供の頃、『詩とメルヘン』という雑誌が売られていました。
先程リンクした糸井さんとの対談にも書かれていますが、というか
私結構この雑誌を読んでいたんですけども、言われてみればやなせ氏が
作られていたんだった、とそれで思い出した次第です。
当時は子供だったので毎回買えたわけでもなく、立ち読みで済ませてしまうことも
多かったんですけども、それでもあの、A4版(だったかな)の大きさで
見開き2ページに詩とイラストが載っているという贅沢な作りに
毎回とても魅了されたのを覚えています。
今思い出しても本当に贅沢だったんですよ。
ちょっと記憶で書いてしまいますからもしかしたら違うかもなんですけど、
相応にいい紙を使って、見開き2ページで一つの詩を載せる、と。
当然ながら字も大きく、「絵本で詩の本」とやなせ氏もおっしゃっておられましたが
そういう作りの雑誌でした。
贅沢というか優雅というか、とにかく見とれてしまう雑誌だったなあと思います。
詩もイラストも投稿型だったのですが、一度だけ私の送った詩が
最終選考まで残って雑誌の最後のページに小さく名前が載ったのが
個人的ちょっとした自慢です(笑)。
あの雑誌は載せるものをやなせ氏が全部選んでいたというので
やなせ氏に読んでもらえたよ!という嬉しさが大きかったです。

『詩とメルヘン』はもうだいぶ前に休刊してしまいまして
(今は『詩とファンタジー』という雑誌が季刊で出ているようです)、
私も長らくこの雑誌の存在は忘れていたのですが、
でも、あの雑誌に載っていた詩の印象的なフレーズは今でも覚えています。
当時は気付かずごく普通に受け止めていたのですが、
やなせ氏が監修していただけあって、綺麗な言葉が多かったんですよね、
載っていた詩がどれも。
元々詩ってそんな汚い言葉を使うことってあんまりないとは思うんですが
短い、少ない言葉の中で印象的なフレーズが多くあって
ものすごく魅了されました。
言葉それ自体に力を持つということを私が知れたのは
この雑誌の存在が大きかった気がしています。
あ、あと谷川俊太郎氏の存在ね。

ちょっと話はずれますが、谷川氏は詩人より先に翻訳家としての彼を
知りまして。というのもスヌーピーの漫画の日本語訳をしていたのですね。
今ちょうどスヌーピー展やっていますけども。
漫画ですしスヌーピーですし翻訳も子供向け(というか子供に伝わるような喋り)
でしたし、あの漫画には基本的に子供と動物しか出て来ないんですけども
ちゃんと子供の喋り言葉で書かれていて、あの当時はそれを当たり前のように
読んでいたんですが、今思うと本当にすごいことだよなあ、と。
それから詩人としての谷川氏を知りまして、そりゃこれだけ言葉を
紡げる人なら翻訳も出来るよなあ、と納得したんでした
(余談ですが、「(英語の)和訳は英語力、意訳は日本語力が必要」と
その昔英語の先生に言われました)。

子供の頃にそれらの方々が関わったものであるとか作品に触れて、
言葉の力というものを理屈でなく感じさせられて、
いずれは私も、何年経っても心に残っているような、
たとえ私のことは忘れても私の書いた言葉は記憶に残っているような
そういう文章を書きたいと常々思っている……のですが
現実はとんでもなく厳しかったです(笑)。
ただ、そういう文章が書きたくてずっと何がしかの文章を書いている
ところもあるので、目標は高くていいのかもなとも思っています。


やなせ氏は亡くなられてしまいましたけれど、やなせ氏の残されたものを
受け継ぐ人がきちんといて、そして直接関わりはなかった私のような人間にも
ちゃんとその思いが残っていて、それがまた脈々と受け継がれていくのだと
思うと、氏の残された功績は本当に大きいものだなと思います。
肉体はいつかは消えてしまいますけども、想いは残るんですよね。
改めてそれに気付かせていただいた今回の件でした。
やなせ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ブログ コメント: 0

『333(トリオさん)』第139回感想 前編

2013年10月15日 01:12

そういえば私がパンサーのファンになったのって
『333(トリオさん)』が始まる2ヶ月くらい前だったんですよね。
誰かのファンになる時というのはタイミングというのも大いに
重要だと思うんですけども、今思い返してみても、彼らのファンになる
きっかけというのがあの時しかなかったなと。私の場合。
もしあの時パンサーのファンにならなければ無限大に行くことも
なかったですしシチサンその他の配信や動画を観ることもなく
『333(トリオさん)』を観ることもなく、そして断言してしまいますが
テレビでパンサーを知ってもファンになることはなかっただろうなと。
これはジャンポケもそうなんですけども。
そう考えるとタイミングとか本当に重要だよなあと思います。
と書いていて思い出しましたが、そういうタイミングがあれこれ
違っていたら多分今頃私LLRが一推しだったと思います。
ほんとに彼らに関してはタイミングなんだよなあ。

ちょっとした前置きのつもりが長くなったし。
いつものごとく感想です。
あくまでも私はこう思った、というだけのことですので。

出演者

ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)

芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。
そして感想ですが、見たことを前提にして書いていますのでご了承ください。
多少は注釈もつけますが、詳細はテレ朝動画でお願いします。


感想は追記にて。


続きを読む >

333 コメント: 1

『333(トリオさん)』第138回感想 後編

2013年10月08日 23:57

これを書くにあたって内容を考えていたんですけども、
まーあ考えれば考えるほど、私ほんと冷たいよな……、となりまして。
これ書いていいのかなあ、と思ったんですけども、
あんたが冷たいのは今に始まったことじゃないと言われたのと
前回の記事に同意の感想を頂けたのとで(ところでこれにお返事しても
いいんでしょうか?その場合、返事は完全公開になりますけども)
やっぱ書くか、と。
この時点でまだ書いていませんけども、前回以上に
冷たく、そしてお前何様だよと言いたくなるような内容になると思います。
その辺りを踏まえた上で追記からどうぞ。
出演者などは前回記事を参考にしてください。

あ、あと私の基本スタンスは、
100%の理解なんか出来るわけないじゃん他人なんだから
です。
そもそも自分自身のことだって100%理解は出来ていないのに
他人のことなんて分からないよという開き直りで書いています。
ですので、いつも以上に妄想炸裂で書いています。
書いていることが正しいかどうかは、はっきり言います知りません!(笑)。
なので、私もそう思う、私はそう思わない、というコメントは歓迎しますが
(そう思わない場合はどう思うかも書いていただけるとありがたいですが)
それは違う、というコメントは基本的には受け付けませんのでご了承ください。
だって、違う、と言えるのは本人さんくらいだと思いますし。

続きを読む >

333 コメント: 2

『333(トリオさん)』第138回感想 前編

2013年10月06日 23:45

あちこちで物議をかもしまくっている今回の『333(トリオさん)』感想です。
ちょっと一度じゃ書き切れないところがあるので前後編で。
ただ今回に関してはなかなかに重くてちょっと受け止めきれない部分も
あったりするのでいつも以上にまとまっていないかもしれませんが
その辺りはすみませんと最初に謝っておきます。


いつものごとく出演者

ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)

芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。
そして感想ですが、見たことを前提にして書いていますのでご了承ください。
多少は注釈もつけますが、詳細はテレ朝動画でお願いします。


感想は追記にて。

続きを読む >

333 コメント: 1

『333(トリオさん)』第136回感想

2013年10月01日 00:21

ブログに拍手ありがとうございます。
新しい記事への拍手も嬉しいですし、前の記事への拍手も嬉しいです。
他の方はどうかは分かりませんが、私は書いた先から書いたことを忘れるので
前の記事に拍手をいただけるとそれきっかけで読み返して、
あーそういやこの時こういうこと考えてたんだったーと思ったりするので
いいきっかけになってありがたいです。
そして今さっきもいただいた拍手から過去記事を辿って読んだんですけども
2011年2月の記事に、「パンサーのトークライブやって欲しい」と
書いていたんですよね私。読み返して思い出しました。
月イチ1時間くらいで無限大で、と。
今やってんじゃんまさに!と。
それにしても時代を感じたのが、「無限大だとでかすぎるなら神保町とか」と
書いていた事。
それが今じゃ無限大で即日完売ですからね。
いやはや、人気が出るってこういうことなんだなあ。


前置きが長くなりましたが『333(トリオさん)』感想です。
ちなみに一週間前のやつね。
ちょっと諸事情で遅くなりました。


いつものごとく出演者

ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)

芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。
そして感想ですが、見たことを前提にして書いていますのでご了承ください。
多少は注釈もつけますが、詳細はテレ朝動画でお願いします。

続きを読む >

333 コメント: 0

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR