ホーム

ジャングルポケット武山浩三君について10000文字で書いてみよう・後編

2012年09月17日 22:44

3回に分けて書いた記事も今回が最後です。
前の記事の続きですので、前のをまだ読んでないという方は
そちらから読んで頂ければ幸いです。
注意事項は前編に書いた通りです。

以下、追記にて。


続きを読む >

スポンサーサイト

10000文字 コメント: 3

ジャングルポケット武山浩三君について10000文字で書いてみよう・中編

2012年09月16日 23:34

前回の続きなので、前回の記事をまだ読んでないという方は
そこから読んで頂けると幸いです。それなりに長いですが。
注意事項は前回書いた通りです。


以下本文。長くなっているので追記にて。


続きを読む >

10000文字 コメント: 0

ジャングルポケット武山浩三君について10000文字で書いてみよう・前編

2012年09月15日 23:54

以前からこのブログを読んでくださっている方はご存じと思いますが、
誰か1人を選んで10000文字(以上)で書く、ということを前に2回程やりました。
最初のきっかけはジャンポケ太田君を見て、この人についてだったら
10000文字くらい書けるわーと言ったらぜひ書いてくださいと言われたので
じゃあ、と始めたんですが、10000文字って当たり前ですけど多いんですよね(笑)。
大変でもう二度とやるか、と思ったのですが、なぜかその後しばらく経ってから
今度は相方の斉藤君で書いていました。
正直自分の中では10000文字シリーズはこれで終了と思っていたんですけども、
特にここ最近の武山君の変革と覚醒ぶりに、もしかしてこれタケで書けんじゃないの、
と思ったりしたんですね。
この10000文字シリーズですが、タイミングが合わないと書けないんですよ。
あまり興味がなくても当然書けませんが、逆に好きすぎても書けないっていう。
知らなすぎても書けないけれど知りすぎても書けないですし。
ここだ、っていう時に勢いで書いてしまわないと逃すっていう。

ということで(?)武山君で10000文字に挑戦してみようかと思います。
正直これジャンポケで制覇するとは思わなかったわ。
あとこの時点でまだ1文字も書いていないので、もしかしたら
10000文字書けないという可能性もないわけではないんですが、
その時は何事もなかったかのようにタイトルが変わっていると思います(笑)。

でもって。
私の中の武山浩三君という人は、上にも書いた通り『変革と覚醒』の人です。
なので、特に変化前については相応に厳しいことも書いたりするかと思います。
前はこうだったけど今はこうだよね、という風に。
他の2人の時とは違い、褒め言葉ばかりではない、むしろ結構辛辣な事も
書いている可能性もある、ということは頭に置いていただけるとありがたいです。
あと、いちいち書くとうっとおしいと思いますので以下省略しますが、
だいたい1行ずつに、「分からないけれど」「多分だけど」
「自分の事は棚に上げるけども」とかいう言葉がつくと思っていただければ。
読んで突っ込みたくなるような部分に関しては本人が一番分かっておりますので。
ただ明らかな間違いに関してはこっそり指摘して頂ければ幸いです。
ちなみにここまでは10000文字には入っていませんので。

前置きが長くなってしまったので以下追記にて。

続きを読む >

10000文字 コメント: 0

取り急ぎ。太田君のCMがYou Tubeに上がってましたという話

2012年09月11日 23:56

いや太田君っていうか、正確にはANAのCMなんですけども(笑)。
公式が上げているのでなんら問題ないでしょうということで。
ツイッターで教えて頂きました。ありがとうございました!

ANA 60th ココロノツバサ MYANMAR編

めっちゃセリフあるよーカッコいいよー。
なんとしてでも録画して残しておきたいのでCM捕獲に走ります。

ジャングルポケット コメント: 2

『333(トリオさん)』第八十九回感想

2012年09月09日 23:59

タイトルを打って思ったんですが、もう89回もやっているのかー、と。
つまりあと2、3ヵ月で100回になるんですね、この番組。
このまま特番等で番組が潰れなければ、ですが、100回記念は
11月24日放映な模様。
100回記念ということで何かするのかな。それともいつも通りなんでしょうか。

ところでジャンポケ太田君がANAのCMに出ていると話題になっていますねー。
残念ながら私はまだ見れていないのですが、話によると台詞もあるとかで。
ジャンポケすげーな!どういう経緯で決まったんだろう。


前置きが長くなりました。いつものごとくコピペの出演者。

ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)


芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。
そして感想ですが、見たことを前提にして書いていますのでご了承ください。

感想は追記にて。


続きを読む >

333 コメント: 4

ジャングルポケット単独ライブ『ルミネ THE 宝塚記念』感想

2012年09月08日 15:46

昨日はジャンポケの単独ライブに行ってきましたー!
ずっと楽しみにしていたので期待値も高かったんですけども、見事にその期待を
超えてくれましたよ!面白かった!
以下、感想になります。
なお、ネタに関しましては今後どこかでやるかもしれないことを考慮して
軽く触れる程度であることをご了承ください。
なお、タイトル以外は記憶に頼って書いていますので、間違い等ありましたら
こっそり指摘して頂けると幸いです。


競馬の時のファンファーレが鳴り響いて幕が開くとセンターにサンパチマイクが。
ジャンポケの単独は最初が漫才なんですけども(少なくともここ数回は)
ステージにサンパチだけが置いてあるというその状況がもうなんともカッコ良くて!
そして個人的に、今は無き品川の劇場で観た単独を思い出すんですよね。
昨年7月、東日本大震災の影響で延期になった単独ライブを観に行ったんですけども、
出てきた瞬間の3人のオーラにやられました。
なんというかもう、このライブにかけていたという感じが、ようやく単独が出来て
嬉しいという気持ちが3人からものすごい出ていて、それが一気に伝わって来て
これ絶対面白い単独になるわ、とその瞬間思ったんでした。
今はもう漫才の時はお馴染であるお揃いの黒のスーツってあの時が初披露だった気が。
ジャンポケの単独を観る度にその時の事を思い出すんですね。

漫才【認定漫才師】
これだけタイトルがなかったので便宜上勝手につけさせていただきました。
俺らは認定漫才師だから面白いオチを言うよ、とめっちゃくちゃハードルを上げる、と
いう内容。
そうか認定漫才師になるとこういうネタも出来るのか、とか思ったり(笑)。
なんかこんなことを言うと偉そうかもなんですけども、ちょっと(ネタを)見ない間に
武山君のツッコミが上手くなったなあ、とか思ったりしました。
途中で笑う客席に対して、甘やかさないでという言葉と共に
「そんなんだからキングオブコント落ちたんだからね!」に大笑いしつつうわあ!、と。
あれ多分タケのアドリブだよねえ。すごいなそう来たか。

オープニングV
斉藤君が変な眼鏡をかけてカッコつけてたんですけども、あれが似合うってすごいよね(笑)。
ところで一瞬だったから今一つ確証はないんですけども、
ジャングルポケットのスペル間違ってたよね……。
そこ間違っちゃダメだろうがよ!誰が作ったのか知らないけど!

コント【取り調べ】
容疑者:武山、新米刑事:太田、ベテラン刑事:斉藤
事件当時、武山は先行上映の映画を観ていたと主張。だからその内容が言えれば
アリバイ成立だと主張するものの、その映画は斉藤がずっと楽しみにしていた
シリーズの完結編だった、という内容。
映画のタイトルを聞いた途端、態度を翻す斉藤君が面白すぎました。
この後の展開がまた、そうきたか!という感じでしたし。
なんというかものすごく、ジャンポケっぽい感じのネタだなーと。

ブリッジV ガッツ王子と子供たち
NHK教育でやっている『できた できた できた』で斉藤君(ガッツ王子)と共演している
ひりゅう君となのかちゃんに色々質問する、という内容。
「ガッツ王子の好きなところは?」という質問には口ごもるのに
「嫌いなところは?」にはガンガン答えたりとか(笑)、他の番組で見たか訊いたら
「ロンハー!」と即座に返答したりとか(しかも歌まで歌うなのかちゃん)、
なのだけど「好きな芸人は?」と訊いたら2人ともジャンポケと答えたりと
めっちゃめちゃ空気の読める子供たちでした。
好きな芸人でジャンポケと言われてびっくりする斉藤君(笑)。
そういえば、NHKのうたのおにいさんおねえさんって色々厳しいらしくて、
食べ歩きをしてはいけないとか信号無視をしてはいけないとか細かな規定が
あるらしいのだけど、それでいうとロンハーのネットムービーなんて完全アウトじゃ
ないかと思うんですが(笑)、あれはネットだからギリギリセーフなんだろうか、と
密かにずっと気になっていたりします。

コント【目指せ金メダル】
女子バドミントン選手:武山、太田 コーチ:斉藤
このコンビなら金メダルも狙える!……けれど重大な問題があって、
という内容。
これに関してはちょっと詳しく言ってしまうとネタバレになってしまうので。
シンプルなのだけどすごい面白かったです。
実際、ないわけではない話なので余計に。
途中彼氏の話題も出てくるんですが、彼氏がまさかの、というね。
セットもそんな大掛かりではないですし、ぜひまたどこかで見たいなー。
太田君の女装が忘れられないですし(笑)。
タケは普通に綺麗でした(そんな近くで見ていないからかもですけど)。
というかタケの女装レベルがどんどん上がっていってるんですけども(笑)。

ブリッジV 3minutes
ある日、斉藤の家に呼び出されたスタッフ。
やりたいことがあると言われテレビをつけるとパワー☆プリンの映像。
「やりたいのってこれ?」とスタッフが訊くも、パワプリは関係ないと言う斉藤。
訳が分からないまま映像を見ていると、斉藤が「これ!」と。
流れてきたのは、3minutes(スリーミニッツ)という覆面バンドのCM。
斉藤曰く、「毎回なぜかパワプリで流れるこのCMがやりたい。河村隆一がやりたい」
(※3minutesのヴォーカルは河村隆一)
というところで終わるV。そして

歌【3minutes「7 colors」】
ヴォーカル:斉藤 (エア)ギター:太田 (エア)ドラム:武山
暗転時のセッティング時点ですでにざわざわ(笑)。
え?ほんとにやるの!?、とか思ったらやってくれましたさ!
笑いなしでガチに歌い上げる斉藤君。
やや大人しめの太田君に対して、ヘッドバンキングしまくりでドラムを叩く武山君。
三者三様で面白かったです。

ブリッジV 帰って来た武山家親子対決
武山君の実家、竹の子を舞台にタケとお母さんで対決。
ジャッジは甥&姪(かわいい)。
箱の中身を当てるゲームと出オチを競うゲームをやったんですけども、
主にリアクションの意味でお母さんの圧勝でした。
つくづく、あのお母さんすごいわー、としみじみ。
なかなか行く機会がないんですが(うちから微妙に遠いんだもの)
竹の子行ってみたいんですよね。
誰か一緒行きません?とこんなところで誘ってみる。

コント【やめてくれない?】
喫茶店にて。太田の身に起こったすごい話をするも、反応が薄いまま
斉藤が「それだったら俺もあってさ!」と自分の話をするが明らかに内容がしょぼい。
しかし武山はそこに食いついて……。
個人的にはこのネタが一番好きでした。それぞれがすごくそれぞれっぽくて。
これのタケがすごい良かったんですよ。タケは全体的に、というか最近ほんと
覚醒しているなと思うんですけども(この話は後日改めてしようと思います)、
特にこのネタに関して、すごくいい面が出ていたなーと思います。
どうでもいいところに食いつく辺りがなんともらしくて自然で。
各自の良さが活かされた感じがするなあ、と。
これもまたどこかでやって欲しいな。

ブリッジV 太田ドッキリ
偽物の痛くないトンカチを太田が持ち、呼び出した芸人を叩く、というドッキリ。
呼ばれたのは、パンサー向井、ジューシーズ(3人とも)、グランジ遠山
部屋のドアを開けたらトンカチを持った太田が立っている、という
身の危険しか感じない状況にビビるターゲット達。
「痛い!……あれ、痛くない」(向井)とか、「本当に痛い時は痛くないんだと思った」(松橋)
とか色んな反応があって面白かったです。
最後の遠山さんに関しては、「太田がいないってことはそういうことでしょ!」と
なかなかドア自体開けないっていうね。
ただでも怖いよなあ。いよいよ殺されるって思うよなあ。

コント 【残業】
サラリーマン:武山 警備員:太田、斉藤
明日までの仕事を会社に残り徹夜で終わらせようとする武山、そんな彼の元に
差し入れを持って来る太田。しかし太田は差し入れを渡した後も居座り……、という内容。
前回やったテニスのコーチのネタに通じる感じの。
正直な事を言ってしまうと、個人的にはこのタイプのネタは苦手だったり。
なんか本気でイライラしてしまうんですよね。
ただでも、警備員2人のローラースケートが見られたのはちょっと嬉しかったです。
さすが『333(トリオさん)』で練習しまくっただけあって上手いなあ、と。

ブリッジV 太田ドッキリドッキリ
今度は本物のトンカチを用意。偽物だと思っている斉藤&武山に対し
本物のトンカチで叩く、という逆ドッキリを仕掛けることに。
向井の協力でまず呼び出された斉藤。トンカチを持つ太田に対し「知ってるよ」と
言いつつ怯える演技(これがもう見事すぎ)。なのだけれど叩かれたら痛い!、と。
それを見て逃げる武山。追いかける太田。カメラに映らないところで
叩かれる武山。「痛い!」という悲痛な叫びだけが響く部屋。
いやー、サービス精神旺盛な斉藤君が素敵。
あとさ、向井君は仕掛け人なんだからせめてドアは閉めておこうよ、と
思ったりしましたさ。
逃げることも容易に想像出来るのだから。

コント 【友情】
同窓会の後、斉藤の部屋で3人で飲みつつ思い出話に花が咲く。
酒がなくなり武山が買いに行く事に。武山が出て行った瞬間鍵を閉める2人。
2人は武山の足の臭いをずっと我慢していたのだった……、という内容。
化学兵器ばりの足の臭さを本人に言うかどうかで2人が議論するんですけども
どれだけ臭いかという内容がすごすぎて大笑い。
ただひどさの中にも優しさが感じられて、今回の単独の中では
2番目に好きなネタでした。アンケートの一番好きなネタの欄で
どっちを書こうか迷いましたし。
オチだけでいえばこのネタが一番好きだったりしました。
そういえば、最後のフリートークでこのネタを書いたのが斉藤君だという話に
なってなんかすごい納得したり。彼らしいなあ、と。

ブリッジV 太田に復讐その1
やられっ放しではダメだということで、相方2人が太田の家へ。
同居人のチョコレートプラネット松尾に電話をして太田が在宅か訊くと
風呂に入っているということで速攻で家に向かう。
とはいえやった復讐は、風呂場の電気を消すというものだった……。
家にいた松ちゃん&シソンヌじろうちゃんにも「しょぼっ」と言われる復讐(笑)。

コント 【ハンター】
動物(種族がよく分かりません)の太田と斉藤。太田が豚を捕まえてきて
丸焼きにして食べようとするも、途中で別の種族の動物である武山に
持って行かれてしまう、というネタ。
だいたいいつもここでゲストが来るので待っていたんですが特に出ず。
タケの持って行き方とか、豚が消えたことに気付いた時の2人のリアクションが
面白かったです。

ブリッジV 太田に復讐その2
電気を消すのが成功したので、今度は風呂の電源自体を落とすことに。
風呂場から「冷たっ!」の声。
松尾たちがやっていると思って「止めてよ」と風呂場で怒る太田だったが
相方2人だとネタばらしをされ風呂場を飛び出す。
裸のまま武山を追いかけ玄関の外に出る太田。
部屋の隅に斉藤を追い詰め、「二度とこんなこと出来ないようにしてやろうか」
「ごめんなさいごめんなさいもうしません」と必死で謝る斉藤。
トリオ間のヒエラルギー的にこれ大丈夫か?、とちょっと本気で心配になったのは
ここだけの話です。

コント(?) 【決闘】
それぞれ別の高校の番長:太田、武山 高校生:斉藤
どっちが勝つか決闘、となったところで流れるあの曲。
安室奈美恵の『TRY ME』
ミステリアスゾーンだった、というオチ。
なんですが今回はそれだけでは収まらず
武山「仲間呼んでんだぞ!」
で出てきたのがなんとジューシーズ!
ということで今回のゲストはジューシーズの3人でした。
前にやったネタのフレーズを言ったりとか
赤羽「俺の仲間の豚をさんざん殺しやがって!(ハンター)」とか
やっぱりちゃんと見ているんだなあ、と。
赤羽健ちゃん以外は駅弁をやっていました。
なかなかレアなものが見られてテンション上がりましたさ。


ネタは、これぞジャンポケ!と思えるものから、あーこうきたか、と
思えるものまで色々あって楽しめました。忙しくて時間なかっただろうに
ここまでがっつりと完成形を示してもらえるとファンとしては嬉しいですね
やっぱり。
ただ、ブリッジVに関してはちょっと思うところもあったり。
これの編集は本人らではないでしょうからあんまり言うのもなーとは思いつつ
誤字脱字が結構目立って、気になって仕方なかったです。
「斉藤」の文字もずーっと「斎藤」のままでしたし。
ジャンポケのスペルもなんですけど、単独でそこ間違っちゃダメだろうよ、と。

ほんっと楽しくて楽しくて、あっという間の2時間でした。
少しゆっくりして欲しいですけど、そうもいかないんだろうなあ。
今日も収録みたいですし、来月にまた大阪で単独ありますしね。
そういや大阪単独、行けるかも分からないのにチケット取ってみたら
なんかすごい若い整理番号が取れてしまってこれどうしよ、と。
なるべく行ける方向では考えたいなーとは思いつつ。

ジャングルポケット コメント: 2

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR