幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『333(トリオさん)』第三十九回感想  

毎回コピペの出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


節電の関係で今土日仕事な上明日もライブの予定がということでちょっと時間がないと
言いつつこれどうしても書きたいということで取り急ぎ。
とりあえず書けるところまで。
あとこれ毎回のことですが、番組を見たことを前提で書いていますのでひとつ。

今回ドッキリだったわけなんですけども、特にパンサーに関しては隠し撮りをされていたと
いう事実よりも、” 時間帯が上がるのが嘘だった ” ことにショックを受けていた感じが
(会場で見ていて)したんですね。
個人的にはこの手のドッキリは、時間帯は上がるのは事実な上で仕掛けないと
演者に対して相当きついんじゃないかと思うんですよねー。
実際会場で見ていて、いつ大西さんが「実は本当に時間帯は上がります」と言うのか
待っていましたから、私は。まあ結局そんな台詞は一切出て来なかったわけですけども。
そういう意味でこういうドッキリは二重の意味できついよなと思う訳です。
ただ、時間帯を上げるとしたらどこに?、というのはあるんですけどね。
土曜のままでしたら板尾ロマンとの絡みがありますし、さまぁ~ず×さまぁ~ずや
ブラマヨとゆかいな仲間たちを押しのけて上に行くのは難しいでしょうし。
ただ個人的には、最終的に夜11時15分からの番組になればいいなと思います。
あの時間こそ超激戦区ではありますが。
ゴールデンはほんと行かないで欲しいですねー。深夜番組がゴールデンに行って
面白くなったためしがないですから。
適材適所ってあると思うのですよ。エースで四番を9人集めたら強い野球チームが
出来るかといったらそういうわけではないですし、前田あっちゃんが10人いたら
最強アイドルグループが出来るかといったらそんなこともないですし。
って時間がないと言っているのに最初から話が脱線。すみませんです。


このドッキリの何がすごいって、ちゃんと3組それぞれの反応があって、しかも
ちゃんと分かれたってことなんですよね。
これ、どっちに転ぶにせよ3組とも同じ結論を出したなら企画として成立しないわけです。
もしそうなっていたならイベントでは流さなかったんじゃないかと思うんですね。
DVDが今後出るならばDVDのおまけに入るとかそんな感じで。
というのは容易に考えられるので、最初にパンサーが出た時は正直ホッとしました。
最初から裏切る(言い方悪いですけど)展開は絶対にないなと思ったので。
そういう意味で2組目のジャンポケを見ている時が一番ハラハラしましたね。
2組目ってどっちにも転べますから。

あと、あやまんJAPANというチョイスの見事さですね。
なんていうか、これ完全に個人的なイメージでしかないんですけども、
【別に『333(トリオさん)』とか全然見ていないし3組の事も知らないけれど、
 グッズも売れているしイベントのチケットも即日完売だしで人気があるらしいと
 いうのは聞いていて、じゃあ時間帯を上げよう、でそれにあたって話題性が
 欲しいから、誰か外して今話題の人を入れたらいいんじゃないか】
とか偉い人が指示して選ばれた人、みたいなリアルさがあるなと思うんですよね。
いやはや、つくづく見事といいますか。

でもってまずはパンサー。
裏切りはないなと思って結構安心して見てはいたんですけども、こちらの予想以上に
完璧な回答をしていたなーという印象でした。
向井君も言っていましたけども、仲がいいから一緒にやりたい、は違うと思うのですね。
番組であるわけですし、出ている皆さんはプロなわけですし。
なので、仲がいいから、ではなく、面白くなるからこの3組でやりたい、という答えは
もうまさに、100点をつけてもいいんじゃないかと思います。
また最後にびしっと締める菅君のカッコ良さったらなかったですよ。
そしてこのままだとシリアス一辺倒になってしまっていたところを尾形君が
緩急をつける、というね。まあ本人そんなつもりは一切なかったでしょうけども(笑)。
実にバランスの取れたトリオだなと思います。
ただ、これVが流れた後太田君も言っていたんですけども(カットされていましたが)
上の人と対峙する時に帽子被ったままというのはどうなん?、とは思いました。

そしてジャングルポケット。
最初にも書きましたけど、ここが一番怖かったです、見るのが。
どちらに転ぶか全く予測がつかない位置でしたので。
そういや忘れないうちに最初に書いておこう。武山君の「家にあるポスターとか
剥がさなきゃいけない」発言ですが、宣伝のために店に貼っているポスターの
ことらしいです。まあそりゃ確かに、お店とか宣伝とかどうしよう、というのは
先に来るだろうなと。立場的にね。
ところでタケはなんであんなにデブキャラを推すんだろうかと(笑)。
シャッフルネタの話し合いの時もでしたし。
そして太田君の「向井さんのポジションは出来ない」発言ね。
太田君って最近は特に「向井」と呼ぶことが結構多いと思うんですけども、
やっぱりこういう時はさん付けなんだなーと変な感慨を覚えたりしました。
藤城さん達の前だから、というのもあるのかもしれないですけども、
いやでもあの状況で咄嗟にその配慮は出来ないだろうという気もするので。
各自の(自分より優れている)長所をきちんと見抜き判断している辺りが
やっぱり太田君さすがだなと。
久々に言うよ、「太田は凄い!」
でもって斉藤君。
先日の『トリオ・トリオ・トリオ』のレポで、トリオ~の時の斉藤君は可愛さが増すと
書いたんですけども、この回を見てなんでだかようやく分かった気がします。
この9人ということが、斉藤君にとってものっっっすごくいい環境なんだろうな、と。
別に仲良しグループうんぬんということではなくて(多少はあるでしょうけども)、
この9人というのが安心出来ると同時に自分の魅力も存分に発揮出来る空間と
なっているのだろうなと。
多分そういうところが表情にも現れることで、より可愛く見えるのだろうなあとか。
いやほんとにね、トリオ~の斉藤君は群を抜いて可愛いんですよ!
あんまり可愛い可愛い言われても本人嬉しくないかもなんですけど、でも
トリオ~の時はほんとに、ってもういいか(笑)。
そういう姿を見ていると、ほんとこの3組で良かったなあ、としみじみ思います。

でもってジューシーズ。
これカットされていますけども、(松橋)しゅうたが「2組と全く一緒のリアクションだから
見なくてもいいですよ」みたいなことをVを流す前に言っていました。
まあ、結果は見ての通りなわけなんですが、ただでも最初に書いた通り、
こういうリアクションを取ってくれる人がいなかったらこの企画は成り立たないん
ですよね。そういう意味で一番空気を読んだのがジューシーズという気もします。
全く本人らにそんな気はなかったでしょうけども。
ただ普段から、番組に対して一番空気を読んで行動するのはジューシーズな
気はします。その空気を読んだ結果が逆に大人しくまとまっちゃうみたいな
感じにもなってしまってその結果、最も番組に出ているのに一番印象が薄いという
ことになっていた気がするんですけども(あくまでも私見)、ただ最近は
空気はちゃんと読みつつも出るところは出るようになってきたなーという印象です。
ちょっと話がずれますけども、このドッキリが出た時に真っ先に危惧したのが、
決まった事に対して何か言っても仕方ない、と思ってしまうのではないかということでした。
テレビの世界ではまだ無名だし、なんていうか変な言い方ですけども自分らに発言権は
ないみたいに勝手に思い込むのではないか、と。
つまりは、本当は嫌だけれど決まった事ならば受け入れます、という大人の対応に
なってしまったらどうしよう、ということでした。
まあなので、そういう意味でもジューシーズが一番空気を読んで大人の対応を
した結果ああなったんじゃないのかなあ、と私は思っています。
そして実際、「売れなきゃしょうがない」のも事実ですからね。
空気を読みなおかつ自分らの欲求にも素直になった結果があれなんだろうなあ、と。

ちなみにこのVの後に太田君が、「尾形さんとあやまんJAPANが被ってるって言ったのに
俺らが被ってるって言われてなんか恥ずかしい」というようなことを言っていました。


ほんとはもうちょい書きたいところなんですが時間切れ。
それにしても毎回言っていますけどもノーカット版DVDの発売を!切に!
届いておくれ、テレ朝の偉い人に!
スポンサーサイト

category: 333

tb: 0   cm: 4

暫定的パンサースケジュール  

10月の予定もぼちぼち出揃っているということで、自らの把握のためにもアップして
おこうということで。
毎度言いますけど漏れとか変更とかあると思いますので参考程度にご覧ください。
そして、劇場公式サイトのスケジュールか、チケット販売ページにあったものだけを
書いています。無料のイベントは追い切れないです。

ところでこのスケジュール調べていて気付いたんですけど、9/17はかけ持ち可能
なんでしょうか。なんばグランド花月と5upの位置関係がさっぱり分からないので
謎だったり。あーでも5upって元々baseがあったところだから難波なんでしたっけ。


<8月>

■29日
タイムショー60分 17:00 北沢タウンホール (尾形・向井)
ショータイム~夏公演~ 19:30 北沢タウンホール (尾形)
トークライブ『M』 21:00 渋谷公園通りシアターD (向井)

■30日
渋谷ばちーんんんJump (MC) 17:00 渋谷無限大ホール
夏ばち祭スペシャル 渋谷不思議夜話~信じてもらえないけど本当の話~ 19:00 渋谷無限大ホール
チーモン白井の「死ぬまでにやっておきたい10のこと」 22:00 新宿ルミネ (向井)

■31日
夏ばち祭 ザ ファイナル~渋谷ばちーんんんLive大集合スペシャル~ 16:00 渋谷無限大ホール
夏ばち祭 ガ ファイナル~渋谷ばちーんんんLive大集合スペシャル~ 18:40 渋谷無限大ホール
夏ばち祭のあと~大反省会~ 21:45 渋谷無限大ホール


<9月>

■1日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■2日
トリオ組合 21:30 神保町花月 (菅)
あにめ酒 24:30 新宿ロフトプラスワン (菅)

■4日
子供の頃からの写真を見てみよう 18:00 時事通信ホール(東京)
パンサー向井緊急ファンミーティング 20:00 時事通信ホール(東京)

■6日
アームちゃんあっそぼ♪あっ、パンサー君!いーよ♪」 19:00 京橋花月(大阪)

■7日
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
LUMI☆NETA 90(1) 18:00 新宿ルミネ
LUMI☆NETA 90(2) 20:00 新宿ルミネ

■8日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
「お笑いクイズダービー~3連単的中でサインをゲットしろ!~」 22:00 新宿ルミネ

■9日
仙台パンサー1000円ライブ 17:00 仙台Rensa
仙台パンサーvol.5~お笑いオータムコレクション~ 19:00 仙台Rensa

■11日
パンサー尾形のうごけっ!2 ~スポーツの秋サンキュー!~ 16:30 浅草花月
ついに、かたつむり林が興じる 18:30 浅草花月

■12日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■13日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■14日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
Adachilds 21:45 渋谷無限大ホール

■16日
秋の品川ラフ&ピース祭り 19:00 品川プリンスシアター

■17日
ゼロイチvs.渋谷ばちーんんん 深夜の東西若手お笑い頂上決戦! 24:00 5upよしもと(大阪)
オールナイト de DOOooon!! 24:00 なんばグランド花月

■18日
新ネタ×ゼロイチ&渋谷ばちーんんんSP!2 14:00 5upよしもと(大阪)

■20日
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール

■21日
ROYAL ROOM(仮) 22:00 新宿ルミネ

■22日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
おのれトーナメント2011 21:45 渋谷無限大ホール (菅)

■24日
漫才バトルG1 19:00 新宿ルミネ

■25日
ライブ・菅良太郎 16:00 浅草花月

■30日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール


<10月>

■3日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■4日
トリオの虜(とりこ)~トリオだらけのNGK~ 19:30 なんばグランド花月

■5日
トーク&SPライブ『ビバ!バルボラーチョ!!』vol.2 19:00 神保町花月
トーク&SPライブ『ビバ!バルボラーチョ!!』vol.2 21:15 神保町花月

■6日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■9日
浅草発信!!今パンサーとからむと得をするぞ! 16:00 浅草花月
浅草発信!!パンサー向井が熱い 18:30 浅草花月
ROYAL ROOM(仮) 22:00 新宿ルミネ

■10日
僕らの休み時間 15:15 神保町花月 (向井)

■12日
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:30 神保町花月 (菅)

■19日
神保町花月スケッチコメディ 21:30 神保町花月 (向井)

■26日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ
Radioパンサー 21:30 品川プリンスシアター

■27日
「偏った角度の会“3K”」 22:00 新宿ルミネ (向井)

category: パンサー

tb: 0   cm: 4

『333(トリオさん)』第三十八回感想  

最近は少し気温も下がって来たから過ごし易くなったかなーと思いきや、
結構ムシムシするので暑いっちゃ暑いんですよね。
早く秋にならないかなーとか思う今日この頃です。

まあそんなことはさておき、『333(トリオさん)』感想です。
今は土日仕事なので、日曜は録画していたこれを見て仕事に行く日々ですよ。

毎回、もう別に書かなくてもいいんじゃ、と思いつつ出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


今回はジューシーズのコント&シャッフルネタだったわけなんですけども、
まあ、これ全部を30分番組に収めるという時点で予測はしていましたが、
結構カットされていましたねー。どのネタに関しても。
仕方ないとは思いつつ、こうなるとやっぱりノーカット版DVD発売が待たれるところです。

ジューシーズのコントですが、これいつかネタシャッフル(人ではなくネタのシャッフルね。
以前板尾ロマンでもやっていましたが)でパンサーがジューシーズのネタをやるとか
なったらやって欲しいと思っていたネタだったりします。個人的に。
赤羽→菅、松橋→尾形、児玉→向井、辺りで。
最初は尾形君にやられっ放しなんですけども、そのうちキレて逆襲する菅君とか
それを言葉では止めつつ体は動かない向井君とか見たいなあと。本家との違いをね。
まあそれはさておき。
これもつくづく実にジューシーズらしいコントだよなーと思います。
ジューシーズ感が出ていて好きなコントだったり。
「先延ばしにする」のくだりは大きな舞台を上手く使っていたなあ、とか。
前回も書いた気がしますが、あんな大きな舞台でコントをする機会とか
そうないでしょうし、何をチョイスするか、どう使うかっていうのは難しいところ
だったと思うんですけども、面白かったなあと思います。


でもってシャッフルネタ。
「ファミレス」に関しては、いやもうほんと(松橋)しゅうただわー、と。
これ例えば全く違う演者にやらせてこのネタを書いたのは誰でしょうとか
やったとしても大半の人が正解出来るんではないかと思うくらいに
しゅうただなージューシーズだなあ、と。
そしてまた、広い舞台というのを効果的に使っていたのが見事だったなと思います。
やりたい放題やっている感じが素晴らしかったです。
そして、斉藤君と尾形君それぞれのいいところもちゃんと出していて見事だったなあ。
すっごいイキイキと演じていましたもんね2人とも。実に楽しそうでしたし。
実際楽しかったんじゃないかと思うんですよ。いやもちろん大変だったとか
緊張したとかはあると思いますけども、ただでもそれと同時にほんとに楽しかったんじゃ
ないのかなあと。
3組の中で一番楽しそうだったのってこのユニットだった気がします。勝手に。
ただこれ、相当カットされているんですよね。勿体ない。
やっぱりノーカット版DVDの発売を!切に!
ノーカット版DVDについては、こないだ公式サイトの掲示板に要望を書いて
きたんですが、名前変えてまた書いて来ようかな。バレるか(笑)。

「銀行強盗」正直な事を言うと、シャッフルではこのネタが一番好きでした。
やっぱ私菅君の書くネタが好きなんだなーと改めて。
これも多少カットされていたので(でもカットされている部分は一番少ない気がします)
やっぱりノーカット版以下略。
呼び出し番号が33番だったりとか細かな工夫もされていていいなあと。
でもってネタ部分以外のツボだった件。
「ツッコミが欲しいから」武山君を選んだはずなのにタケのポジションはボケだったとか
(赤羽)健ちゃんのデブキャラを一切弄らないとか。
まずタケに関しては、見ながら思いましたよ、いやだってツッコミ欲しいって
言ってたじゃんって。
ただでもタケはあの役だからこそ良かったという気がするので、その辺りはやっぱり
さすがだなあと思う訳です。
前回のシャッフルでも思いましたけど、菅君は何気にタケの使い方が上手いなと。
そしてジューシーズで一番ツッコミ気質である健ちゃんをツッコミに持って来る
辺りがまたいいなあと。そしてデブキャラに一切触れないところも。
個人的には身体的特徴というのはそれだけで笑えるものは全くないと思っているので。
別にハゲだろうがデブだろうがそれだけでは特に面白くもないですし。
何がしかの付加価値をつけるなら別ですが。
でもってオチの秀逸さ。この銀行員はどこで気付いていたんだろうと思わせる
辺りとか見事だなあと。
あと個人的にやたら愛想のいい菅君はちょっとツボでした(笑)。

「漫才」なるほどこう来たかー、と。
実際どうやるんだろうと一番気にかかっていたところだったので。
まさか漫才で広い舞台を有効に使うとは思いもしませんでしたが(笑)。
3人がそもそものトリオでセンターとか児玉さんのキャラとか上手い事
活かしていたなーという印象でした。
ただこれまた結構カットされているんですよね。センター決めのくだりも
あれだけではなかったですし。
やっぱりノーカット版しつこいですかそうですか。
ところでこれ前回のシャッフルネタの時も思ったんですが、太田君の中で
ネタにおけるツッコミの役割っていうのはどういうポジションにあるんだろうなあと。
一般的なボケとツッコミってボケたものに対して突っ込んで終了、という
なんていうか、間違ったものを正すみたいな感じといいますか、いや間違っていると
いうのとはまたちょっと違うわけですけども、まあ何ていうかそういう感じ。
ただ前回も今回も向井君のツッコミに対して力でねじ伏せようというのが見られて
ある意味ものすごく太田君っぽいんですが、なんていうか興味深く面白かったです。
あーこれ上手く言えないんだよなー。ネタ見た時からずっと考えているんですが。
ちょっとこれ不特定多数に過不足なく説明出来る気がしないので、あれだ、
気になる人は個人的に飲みに行こう(笑)。別にいなさそうだけど。


次週、というかもう明日な訳なんですけども、あれが来るのかー、と。
にしてもモザイクかかってましたけど誰だかバレバレでしたね、声で。
あのコーナーに関してはまた色々書きたい事があるのでまた次回に。

category: 333

tb: 0   cm: 2

パンサー×GAG少年楽団 軽くレポ その2  

その1の続き。なのでまだ読んでいないという方は前の記事からどうぞ。

トーク続き。
宮戸君が5up(大阪の劇場)の楽屋番長になっている、という話。
全然そんな風に見えないのに、遅刻したりした芸人の腹を殴っていてびっくりした、と
向井君。ただそれには訳があると。
宮戸君が言うには、以前先輩から後輩から結構な大人数で舞台に立つ時に
よりにもよって一番後輩の2人が遅れていたと。
で、ちょうどその時先輩とご飯を食べていた宮戸君でしたが、先輩が、
「○○遅れてんなあ。まあ宮戸がシメてくれるならええか」
「せやな。宮戸がやってくれんねんやったら俺らは何もせんでもええか」
とか言われたそうで(関西弁がおかしいのは大目に見てください)、
宮戸君も先輩にそう振られてしまってはやるしかない、と。
で遅れてきた後輩2人がやってきて、当然ながら「すみませんでしたっ!」と
平謝りだったんですが、そこへ宮戸君が行って、「遅刻はあかんよなあ」とか言いながら
腹を思いっきり殴った、と。
当然ながら普段の宮戸君はそんな暴力的な人ではないしむやみに人を殴るような人でも
ないので、周囲の芸人皆びっくりして、「宮戸……!?」となった、と。
そしてそんな中、事情を知っている先輩芸人2人だけが大笑いしていたそうです。
ということでその後、5upの楽屋を仕切るのは宮戸君になった、と。
宮戸君曰く、5upの楽屋は狭いので荷物はテーブルの下に置くとか、禁煙場所と
喫煙場所がきちんと分けられているとかで、適当に荷物を置いたり禁煙場所で
煙草を吸ったりしたばあい、宮戸君の鉄拳が飛ぶそうです。
これは先輩後輩関係なく。先輩でもルールを守らなければ容赦なく腹を殴る、と。
で、宮戸君曰く「昔ヤンチャしていた一人」である天竺鼠の瀬下さんが
ある時煙草を吸いながら禁煙ブースにいた宮戸君のところに行ったそうで、
宮戸君も最初は訳が分からなかったそうなんですが、とはいえルール違反ということで
瀬下さんの腹を殴った、と。
で、先輩に対してそうやった時は後で謝りに行くそうなんですが、謝りに行ったら、
「これで箔がつくな」と言われたとか。
つまり、後輩とかだけではなく(怖い)先輩達に対してもちゃんと殴る姿を見せることで
皆が宮戸君に対し一目置いて各自ルールを守るようになるだろう、と。
この話の時、舞台上だけでなく客席も感動の嵐でしたさ。
兄貴かっこいいよ!

そしてそんな5upの楽屋で、宮戸君が仕切っていることを知っている向井君が
大阪に行った時に、「宮戸さん、ほら、尾形さんあんなところに荷物置いてますよ」と
チクったそうです(笑)。

パンサー、大阪での話。
5upの会場だったかどこだったかは忘れたんですが、パンサーとGAGでライブを
やった時のこと。お客さんを何人か舞台に上げて、住んでいるところが近い人から
だんだん遠くになるように並べていく、というゲームをやったそうなんですね。
でそれぞれ、制服を着ているから近くだろうとか浴衣だからそう遠くからでは
ないだろうとか推理して舞台に上がってもらい、ラストの尾形君に関しては、
「アメリカ国旗(柄)の服着てたから、きっとアメリカから来てるんだと思って!」
選んだとか。
なんですが、向井君だけは
「スカートこんな短い、ごりっごりのギャル」(by福井君)
を連れてきたとか。
で、そのギャルにどこから来たのか訊く向井君に、こいつ単に家知りたかった
だけちゃうか、と疑惑の目を向ける他メンバー(笑)。
いや違うって!、と向井君。
向井君が言うには、皆目を反らしている中でその娘だけ顔を上げて舞台に
上がってもいいよという顔をしていた、と。で時間もなかったのでその娘に
上がってもらった、ということでした。
なんでも福井君に会う度にその話をされるとか(笑)。

罰ゲームの話。
大阪のライブの罰ゲームがものすごい、という話になりまして、いや実は大阪ではなく
一人のスタッフが酷いんだ、と。
GAGについてくれる作家さんでもあるそうなんですけども、彼の考える罰ゲームが
そりゃあもう酷い、と。
なんでも、例えばケツバットの場合全く手加減をしないので、大阪芸人の間では
「通り魔罰ゲーム」と呼ばれているとか。
で、彼の考えた罰ゲームの一つが「鼻わさび」
その名の通り、鼻でわさびを吸い込む、というもの。
見た目は地味な割にものっっっっすごくきつくて、話によると時間差で鼻血が
出るらしいです。
でそれはやめよう、ということになって次に出されたのが、「鼻塩」
その名の通り、鼻で塩を吸い込む、というもの。
いやある意味わさびより危険と抗議したらしいんですが結局やったとか。
で向井君も大阪に行くとなった時に、
「ジューシーズの赤羽さんに言われたんですよ。『鼻とうがらしに気をつけろ』って」
まあつまり、鼻で以下略。
大阪とんでもねえ!(笑)。


企画コーナー。
それぞれの企画をやってみよう、ということでまずはパンサーから。
最初は【しりとりジェスチャーゲーム】
しりとりでお題を繋げていってジェスチャーする、というもの。
ホワイトボードが用意されて、文字で書くか絵で描くかという話になりまして、
結局、文字→絵→文字→絵……、ということに。
割とスムーズに行っていたんですが、宮戸君のところでつっかえて終了。
理由は、「顔が面白すぎるから」とか(笑)。
【シュールジェスチャーゲーム】
本来なら繋がらない単語同士を繋げたものを当てる、というゲーム。
例えば、「カッパ女子高生」を当てるとかね。
なかなか難しかったんですが結構当てていたような。
尾形君のやった「鼻くそ工場」を菅君が速攻で当てていたのがちょっと感動。

GAGの持ち込み企画。『裏切り者は誰だゲーム』(だったかな)
皆で何か一つのことを時間内に成功させればOK。但しクジで一人だけ裏切り者を
設定し、裏切り者はそれが失敗するように動く。で時間内に成功した場合は
裏切り者が罰ゲーム、失敗した場合は誰が裏切り者か皆で話し合って決め、
見事裏切り者を見抜ければ裏切り者が、見抜けなかったら他全員が罰ゲーム、と
いうもの。
最初は、【大縄跳び連続20回飛んだらクリア】
この回の裏切り者は向井君。
誰が縄を回すか、ということになり速攻で菅君が「俺がやる」と言ったため
菅君に容疑がかかるものの、「いやほんとに疲れてて飛びたくないから」と(笑)。
で、菅君と坂本君(でしたっけ?)が縄を回し、他の3人(言い忘れていましたが
宮戸君はこのコーナーのMC)が飛ぶ、と。
一度失敗して二度目。なんかフツーに20回飛べる感じの中、19回目で
向井君が引っかかって終了。
当然ながら向井君に容疑がかかりまくり。
で、再度挑戦。
20回飛んで成功してしまいましたとさ(笑)。
「バレバレだった」と周囲に言われる中、「だってこんなの普通に飛べるし!」と
向井君。あまりにも簡単に出来てしまうのでどうしようとなったそうです。
続いて、【ドミノ全部倒れたらクリア】
ビデオテープ50本を5人で並べて、最後ドミノ倒しをして全部倒れたらクリア、と。
そしてまたもや向井君が裏切り者に。
そして並べる前から向井君を疑って警戒する福井君(笑)。
(なんでも、「纏う空気が違った」らしいです)
ものっすごい疑われながら並べる向井君。
そしてドミノが並べ終わり、倒してみたらなんと成功(笑)。
「いやこれ難しい。もう一回やろう」と向井君が言いまして、もう一度ドミノをやることに。
今度は尾形君が裏切り者。
そうしたら尾形君、ビデオをケースから出してみたり終わり間際にテーブルにぶつかって
ビデオを倒してみたり、と明らかに1回目とは違いすぎる動きにやっぱりバレる、と。
「よりによってピュアとバカか当たった」と言ったのって宮戸君でしたっけ?
ちなみに福井君によると、ビデオテープを1個隠しておいて並べて、倒し終わった後に
1個残ってたから失敗、とかやるらしいです。


そしてエンディング、と。
やっぱり結構時間が経っている(上にこの後もトークライブがあった)ので
結構忘れていたり記憶違いがあったりしそうだなー。
書いていても、なんかこれちょっと違う気がする、とかあったりするので。
ニュアンスといいますか。
なので、ここはこうだったよーとかありましたら教えていただけると嬉しいです。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

パンサー×GAG少年楽団 軽くレポ その1  

あああ夏休みが終わってしまうぅぅぅぅぅ。
ちなみに今週でした。9月までは節電の関係で土日出勤なので明日から仕事。
夏休みにやったことといえば、ライブに行ってライブに行ってライブに行って……
あれ?、いつもと変わりなくね?、という。
後はまあだらだら過ごしましたさ。
暑いとほんと何もやる気にならなくなりますね。
あ、でもたまっていたレポだけはとりあえず書けたので満足です。


本日は一昨日のライブ1本目、『パンサー×GAG少年楽団』のレポです。
ただこの日ってその後に『1×2×3』もあって、どちらも結構がっつりトーク
だったので記憶容量という辺りで既になんつか、という感じなんですが。
ここ間違ってるよーとかありましたらこっそり教えていただければ幸いです。
トークの順番は思い出した順に書いているのでバラバラです。

出演者。まあタイトル通りではあるんですが、
パンサー(尾形・菅・向井)
GAG少年楽団(福井・坂本・宮戸)
トリオ内の順番は年齢順です。


まずはパンサーが登場。向井君が「今日GAGさんを見に来たっていう人ー?」と
訊いたら結構な数の手が上がりまして、おおー、となっていたんですが、
向井「じゃあ宮戸さんを見に来たっていう人ー?」
客席シーン(笑)。
宮戸さん出てこなくてもいいです的な事を言ったのって誰だったかな。

そしてGAG登場。「僕だけなんか最初からテンション低いんですけど」と宮戸君。
なんでも宮戸君曰く、こういうのは人気者から先に訊かな、だそうで、
「宮戸はオチ!」
だそうです(笑)。
そして話はライブ当日のことへ。GAGはその日の朝に新幹線で大阪から東京に
来たそうで、その車内で宮戸君が座席を間違った話を暴露されていました。
なんでも宮戸君によると、「5号車14番A席」(番号は適当)だったので、最初つい
14号車に行ってしまったと。で行ってから違うことに気付き5号車に行ったところ、
福井君が4番の座席に座っていたので、5という数字だけでつい5番の席に座って
しまい、「京都でめっちゃ綺麗な女の人に指摘されて、めっちゃ恥ずかしかった」
と言っていました。あーでもなんか分からなくもないといいますか。
ただ、その話を振った福井君も色々あったそうで、それは坂本君が話していたのですが、
なんでも新横浜を過ぎたあたりで福井君が荷物も持たずに歩いて行ってしまった、と。
まあトイレかなーと思って坂本君は特に気にもしていなかったそうなんですが、
新横浜から品川ってほんとあっという間なんですね、新幹線だと。
なんですが全然戻って来ない。しかしもう品川に着いてしまう、ということで
ほんとにもうギリギリというところでトイレに呼びに行ったら、大慌てでズボンを
上げながら出てきたとか。
なんでそんな着くギリギリにウ○コ行くねん!というツッコミが入っていました(笑)。

でもってその話を聞いた向井君。新幹線の話ということで、
「尾形さんが新幹線で携帯なくしたんですよ」
この辺りは向井君のツイッターにもあったのでご存じの方も多いとは思いますが、
新幹線で座っていたら尾形君がやたら通路をうろうろしていると。きょろきょろしながら
ずーっと通路を行き来しているからなんだろうと思っていたら、同じく一緒に営業に
行っていたシソンヌの長谷川君が「尾形さんが携帯なくした」と教えてくれた、と。
「普通新幹線で携帯なくさないでしょ」(by向井君)
まあある種密室ですからね。
なんでも、iPhoneにしてから既に4、5回なくしているとか。
でなんでなくしたかというと、尾形君曰く、デッキで長谷川君と煙草を吸っていて、
携帯を(座席に入る)ドアにある突起の上(?)に立てかけておいたのだと。
ごめんなさい話を聞いていても私ピンと来なかったんですが(実際に新幹線で
見ればここかーと思うのかもですけど)、尾形君によると、ものすごくハマりが良くて、
「あれは携帯を立てかけるためにある」のだと力説。当然全員に否定されていましたが(笑)。
で、携帯を立てかけたままにしていたら名古屋に着いて人がばーっと乗って来て、
その人の波が消えたら携帯も消えていた、と。
で、未だ(そのライブの時)行方不明、と。
ただ何度も電話はしたそうなんですが全然出なくて、ただ一回だけ出たそうなんですが、
「声はしないんだけど、後ろでなんか音がすんの。重低音みたいな、ズン、ズンって。
あーこれ絶対悪いやつに持ってかれたー、って」(by尾形君)
後ろで重低音=悪いやつ、の公式が私にはよく分からないのですが(笑)。
とはいえ尾形君のツイッターによると、本日無事に携帯は戻ってきたそうです。

この話の後宮戸君が、「今向井君、『普通新幹線で携帯なくさないでしょ』って言って
みんな頷いていたけど、こいつ(福井)だけは頷いてへんかった」と。
で、福井君の話。
別の日に乗った新幹線での出来事。余裕を見せておこうと思って、品川に着く前に
荷物とか下ろして準備して、(いつも新幹線で寝ている)後ろの席の坂本君に
「そろそろ着くで」と声をかけて(まあ話によると、「起きてるのは知ってた」そうなん
ですが、ちゃんとしているところを見せようということであえて声をかけたとか)、
降りて新幹線のドアが閉まり、動き出したところで窓横の小さなテーブルに
携帯を置き忘れたことに気付いた、と(笑)。
動き出す新幹線の中で隣の席にいたおじさんが、ものっすごい必死に携帯を
指差してアピールしていたそうです。いいおじさんだなー。

新幹線の話。今度は菅君。
尾形君が携帯を失くした時の新幹線にて。お客さんに貰ったシュウマイを食べつつ
ビールを1.5リットルくらい飲んでいたら、シュウマイがあと1つというところで
寝てしまったと。で起きたらシュウマイがなくなっていた、と。
「最初わけ分かんなくて、あれ?、俺寝てるうちに食べたか!?、って」
それか随分酔っ払っていたから食べた事も覚えていないのだろうか、いやしかし、と
疑問に思っていたら長谷川君に、「シュウマイ大丈夫でした?」と訊かれて、
「何が?」と訊き返したらなんと、
「菅さんが寝てる間に尾形さんがシュウマイ食べてましたよ」
ええー、となる客席。
しかも話はそこで終わらず。
菅君の座席は、新幹線が混んでいたため3人席の真ん中だった、と。
なのに手を伸ばしてシュウマイを食べたということで驚きまくる舞台上&客席。
「知ってる人が見れば知り合いだって分かるけど」(by菅君)
なんかここで ”知り合い” というワードを選ぶ辺りが菅君っぽいなーと思ったんでした。
”相方” を選ばない辺り、といいますか。
でもって尾形君の言い分。
「俺体育会系だからー、そんな1個だけ残ってたら食うだろ!」
ただこれ、その場にジャンポケ太田君辺りがいたら、「僕も体育会系ですけど
一緒にしないでください」とか言いそうだよな、と思いながら聞いていました。

で向井君が「今日はトークありネタありゲームコーナーありで……」と進行しようとしたら
尾形君が新幹線でこんなこともあった、と言いかけ。
なんですが向井君に「後でトークのコーナーもあるんで」とお預けをくらっていました(笑)。
でGAGがネタの準備ではけた後、尾形君に話を振る向井君。
ということで尾形君の話。
その新幹線に乗ろうとしてホームを歩いていたら、窓側に座っていた女の子が
たまたまマンスリーよしもとを見ていて、しかも見ていたページがパンサーのところ、
というものっすごいタイミングのミラクルぶり。
で、尾形君は思わず窓を叩いて俺だとアピールしたそうです。
当然ながらものっっっっすごくびっくりする車内の女の子。まあそりゃそうだよね。
その話を聞いた向井君。「でもあんまり新幹線でマンスリーを読むこと自体ないですよね」
まあ確かに(笑)。
そんな向井君は以前喫茶店で(前の仕事か何かで貰った?)マンスリーを読んでいたら
通りがかった人に二度見されて、なんだろうと思ったらちょうど見ていたところが
「(ブロードキャスト)房野さんのグラビアだったんですよ。だから俺、ホモのサラリーマン
とかに思われたんじゃないかって」
ただ実際のところなんで二度見されたのかは不明なようです。


ネタのコーナー。
GAGは産婦人科でもうすぐ子供が産まれるのを待つ父親3人のネタで、
パンサーは伝説の2000人ライブでもやった学食内ドッキリのネタでした。
ちなみにパンサーの方ですが、オチは前のに戻っていました。
あと携帯のくだりが着うたではなく待ち受けを見る、という方になっていたんですが
これはもしかしたら尾形君の携帯がなかったからなのかなーとか思ったり。
着うただと携帯を出さないといけないですし、借りて用意するのも面倒ですし。
とか勝手に想像。
ものすごく個人的には、待ち受けを見る流れの方が分かり易くて好きな反面
人の携帯勝手に見るってなあ、という気持ちもあり。とはいえ尾形君(の役)は
ドッキリであることを認識しているわけだし、そして何より向井君(の役)が
「ダメだってー」と言いつつ一切止める気がないのがツボだったりします。
あの演技好きなんですよねー。
すみません話がそれた。


トークのコーナー。最初にも書きましたが相当順番バラバラだと思います。
尾形君の遅刻話。
向井君がGAGの皆に、「仕事完全に飛ばしたことあります?」と尋ねまして、
遅刻はあるけれど全く行かなかった事はない、と3人。
ところが尾形君はやってしまったと。ということで先日の青田買いの話。
まあ何度もあちこちで話されていることではありますが、オールナイト明け
10時からのライブで9時半集合で、向井君が9時半頃到着すると相方2人とも
いなかった、と。とはいえその時は特に心配もせずにいたんですが、10時近くに
なっても来ない。あれ、これはもしかしてまずい事態なんじゃないか、ということで
2人に電話して、他の芸人さんや社員さんにもかけてもらって、でも2人とも出ない。
で10時20分頃にようやく菅君と連絡がついた、と。
菅君曰く、うっかり寝ていて、起きて携帯を見たら着信70件(でしたっけ?)とか
あって『なに!?』と思っていたらまた電話が来て、ものすごい焦ってしまい
電話に出たものの一瞬で切ったとか。
そして慌てて支度して行き、11時までのライブで10時50分に到着してなんとか
舞台には立った、と。
「僕と向井の2人で漫才したんですけど、普通にウケてました」(by菅君)
何の問題もなく終わった事実に少なからずショックを受ける尾形君。
しかも菅君の追い打ちは続き
「普通ああいう時って、『今日は尾形がいないんです』って言ったら『ええー』って
なるでしょ。でも客席も『ふーん』って感じで」
だったとか。
ただそれに関しては、ネタで言っているだけで後で出てくるんじゃないかと思われたの
ではないか、ということでした。
そして尾形君の言い分。
「俺絶対寝たらダメだと思って、もうこうやってリュック背負って出掛ける準備して」
とジェスチャーをしつつ正座で座る尾形君でしたが、向井君に突っ込まれ、
「それは嘘でしょ。リュックどこに置いてたの?」→リュックを横に置くしぐさ
「ほんとにそうやって座ってたの?」→正座からあぐらへ
「どこに座ってたの?」→「ベッドに……」と言いつつ横になる尾形君。
完全に寝る体勢じゃねーか、と向井君に頭を叩かれていました。
とはいえ本当に寝るつもりはなかったということで目覚ましはかけておらず、
携帯もサイレントにしていたので全然気付かなくて、起きたら着信が140件だか
あって、しかも見たら「あべこうじさんの名前があって!」
思わず携帯を投げ付ける尾形君。
そしてその時どうしたかと訊かれ、どうしようどうしようと素早く横歩きする
尾形君(幅の広い反復横とびみたいな感じ)。おろおろする尾形君になぜか
福井君も混ざって同じ動きをするという(笑)。
「何で急に入ったんですか。誰役なんですか」と突っ込まれていました。

尾形君遅刻話。その2。口火を切ったのは向井君でした。
これは前にシチサンでも話していた内容ですね。
ルミネの通常公演があり、向井君と菅君は先に入ったものの、尾形君だけ
取材の仕事があって後に入る事になっていたけれど、尾形君も(そして一緒にいた
社員さんも)次の仕事を把握していなくて、電話したら呑気に取材現場にいた、と
いう話。
パンサーbot(@panther3_bot)にもその時のことがあるんですけども
>向井「(新宿ルミネの舞台で)次の次(20分後)くらいが僕らの出番で、
>電話して(別の仕事でまだ到着していなかった)尾形さんに訊いたら、
>『今、花小金井にいるんだけど』って。え?こいつバカなの?、って」
>(注:花小金井-新宿間は電車で30分程度) (H22.08.11 シチサン)
この時のシチサンで話しているということは1年前の話なんですよね。
向井君よく覚えているなあ、と感心したり。
で、尾形君の言い分(これもシチサンで話していましたけども)。
マンスリーの取材だったそうなんですが、犬と遊ぶみたいな企画で、
「伊藤さんの犬が来てて」と尾形君。伊藤さん?、となったところですかさず
向井君が「LLRの」と注釈。
で、いとーちゃん家で飼っているブルドッグと遊ぶという企画をやっていたら
そのブルドッグがいきなり具合が悪くなり、「舌とかもナスみたいな色になって!」
でどうしようどうしよう、と。まあ確かに先輩の犬ですし。
それでバタバタしていたらルミネのことをすっかり忘れていたとのことでした。
最終的にはいとーちゃんのお母さんに来てもらったということで、
「伊藤さんのお母さんが、すっげー伊藤さんに似てんの! 手もでっかいし!」
その情報どうでもいい、と周囲に言われていました(笑)。
でもって、向井君が尾形君に遅れた理由を訊いたそうなんですが
「そんなの、犬が体調不良だった、でいいじゃないですか。なのに、『犬の、舌が
ナスみたいで』とか。ぜんっぜん分かんない!」(by向井君)
そしてなんとか尾形君もギリギリに到着してネタは出来たんですけども
後ろに伸ばしてもらって伸ばしてもらった結果、
「品庄さん、ブラマヨさん、で俺ら、っていう」
まさかの大トリ(笑)。
案の定、全然ウケなかったそうです。


明日から仕事なんで本日はここまで。

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

トリオ・トリオ・トリオ 配信で切られた(と思われる)部分レポ  

まず最初に。
レスの時間が取れないということでしばらくコメント欄を閉じていたんですが、
ちょいちょいレポなどの間違いを指摘されるので復活させてみました。
レポ(に限らずですが)の間違いを見つけましたら、遠慮なく躊躇なく指摘して
いただけるとこちらは本当にありがたいです。
間違ったものを出し続ける方がよっぽど恥ずかしいですし。
結構記憶違いとか多かったりするので。
コメントでもツイッターのリプでもメッセージでも何でも構いませんので
何かありましたらほんとお気軽に言っていただければと思います。
(コメントに関しては非承認にも出来ます)
別に自分の書いていることが常に正しいとは全く思っていませんので
(もちろんレポとかはなるべくその通りに書きたいとは思っていますが)
気になる点があればいつでも言っていただければ幸いです。


トリオ・トリオ・トリオ行ってきましたー。
会場は超満員で、最初に向井君も言っていましたけども、5分遅れた理由が
当日券のキャンセル待ちのお客さんが多かったから、とかとか。
実際勢いのある3組ですからねー。
そうそう、KOC3組とも準決勝進出おめでとうございます!
このトリオ・トリオ・トリオがあった日にパンサーとジャンポケが3回戦を戦って
いまして、私もギリギリまでケータイで結果を見ようとしていたんですが時間切れで
分からず。なのでライブが終わるまで結果は分からないのかと思っていたんですが、
まさかの本人さん達からの報告っていう。
これほんと、どちらも受かっていて良かったなあ。
片方だけだったら多少気まずい感じにはどうしてもなっていたと思うので。

で、このライブは配信があるから特にレポしなくてもいいなーとのんびり見ていたんですけど
途中で切られたということで、切られた(と思われる)部分のみレポ書きたいと思います。
ただこれツイッターでも書いたものに多少加筆しただけなので、既にツイッターで
ご覧になった方は重複しますので読まなくても大丈夫かと思われます。

あ、一応出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


ラジオ形式でアンケート紹介というコーナー。京橋花月のトリオ~でもやった、と
向井君が言っていました。
ところでこれのセッティングをしている時(つまり暗転時ね)、スタッフさんが
結構長いこと出演者の人達と喋っていたんですね。
多分ですが、前のコーナーの時間が押したから2曲だけで、とかだったのかなー、と。

最初が、この人達と相方になって良かったと思うこと。
まず口火を切ったのは太田君。
「武山がもんじゃ屋なので、売れなくなってもとりあえず食には困らない」(大体こんな感じ)
当然ながら、なんだよその理由ー、と文句を言う武山君でしたが、結局その理由のまま。
次は(松橋)しゅうた。
「僕2人より若いんですよ。だから一番長生きするはずじゃないですか。なんで、30年とか
やってれば最終的に3人分のギャラがもらえる、っていう」
とんでもない理由来たよ(笑)。
しかも、
「赤羽さんなんて占いで来年死ぬと言われた」としゅうた。
それに対して(赤羽)健ちゃんは、
「すぐ生まれ変わってまたジューシーズに入るから」
なんかいいなあ。この返し。
最後に尾形君。
「こいつらといると、俺もかっこいいと思われる」
最初意味が分からずきょとんとする他メンバー。
尾形君によると、カッコいいグループにいるとカッコいいと思われるとか学生時代
あった、ということで、あーそういうのはあったね、と納得する面々。
だったんですが突然斉藤君が、「尾形さんは元々カッコいいじゃないですか」と。
そうしたら他の人達も、そうだよねカッコいいよね、と。
周囲にそう言われすっかりいい気分になる尾形君(笑)。
この時斉藤君が、「もっと自分に自信持てよ」と、ものっっっっすごい芝居かかった
口調で言っていたのが個人的にツボでした。
そして向井君が「じゃあ歌のコーナーです」と。米米クラブの『君がいるだけで』の
イントロが流れる間、舞台上は誰も言葉を発しない状態。客席も、え?、これほんとに
曲流すの?、という感じになったところで、いきなり児玉さんが立ち上がり
センターで歌い始める(笑)。
ノリノリで歌うだまさん。手を振る他の面々。ハイタッチするだまさん。
曲が終わってから、しゅうたが「だまだまクラブー!」と。
「米米クラブみたいに言わないでください」(by向井君)

続いては、彼氏にしたい人。(間違っていたら指摘してください)
斉藤→向井 「むーちゃんはすごい笑ってくれるんですよ。笑顔の多い人はいい人」
太田→菅 「正直みんな嫌なんですけど、消去法で最後に菅さんが残った」
武山→児玉 「動きが好き」(教えていただきました。ありがとうございました!)
尾形→松橋 「こないだ松橋の家に行ったらすっごい優しくて!」
菅→赤羽 「なんか、唯一手玉に取れそうじゃないですかー」
松橋→太田 「夜がすごそうだなって思って。めちゃくちゃにされたい」
赤羽→斉藤 「コンプレックスがある人は人に優しく出来るんですよ」
最後が健ちゃんだったので、最後にまともな理由、とか言われていました(笑)。
で、
児玉→向井(後に太田)
最初は「むー」と言ったものの、周囲から「泣かれるからだろ。ほんとは誰なんだよ」と
突っ込まれ「……太田」と言い直すだまさん(笑)。
向井君、袖に向かって叫びました。「お酒持って来て!」
で終わりかと思ったんですが、誰かに向井は?、と訊かれたのかな多分。
向井→児玉 向井「やっぱりだまさんかなー」
         児玉「おう」
         向井「……じゃあ歌」 結局理由は言わず(笑)。
歌はアラジン(なのかな? 私は知らない曲だったので)。
おもむろに立ち上がり客席に降りて、客席で朗々と歌いあげる斉藤君。
しばし歌っていたらいきなり菅さんが立ち上がり歌い始める!
そして最後は歌った2人で抱擁。
「ハゲジンー!」(by太田)。
ハゲジンとヒゲジン(笑)。

で、時間が来たということでエンディング。
23時までにお客さんを出さないといけない、と向井君が言っていたんで、
終わってから今何時なんだろうと時計を見たら22時50分くらいで、ああそりゃ急ぐよな、と。
もしかしたら全員歌うはずだったのかなーとは思うんですけどね。
1曲を数人で、とかで。


それにしても、ちょっと恥ずかしいので(笑)最後に書きますけども、
トリオ・トリオ・トリオにおける斉藤君の可愛さたるや!
元々あの9人の中で一番可愛いのは斉藤君だと思っているんですけども(異論は認めん)
トリオ~になるとなぜか可愛さが増すんですよ!
前回といい今回といい。
もうなんなんだろめちゃめちゃ可愛いーとか思いながら見ていました。
本人にしてみたらあんまり可愛いと言われるのは微妙かもしれないですけども。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

『333(トリオさん)』第三十七回感想  

今回からしばらくは、伝説の2000人ライブの模様を放映するみたいですね。
見た限り結構がっつり流してくれるのかな。楽しみです。
ただ当然ではありますが、結構カットされていてそこが残念でしたので、これはやはり
ノーカット版DVDの発売を!、と思いまして公式サイトのBBSに行ったところ、
既にその要望が結構書かれていて、やっぱり皆考える事は同じだよなーと笑ってしまいました。
とはいえ、こういうのは声が多い方が通りやすいと思うので、私も書いてみました。
あれはほんとノーカットで見たいわー。

今回からしばらくは、放映された部分+カットされたであろう部分を含めての感想を
書く予定です。
ですので、もしノーカット版DVDが後日出たりとかした場合はネタバレになる部分も
あるとは思います。
それを了承した上で以下読んで頂ければ幸いです。


正直これもう書かなくてもいいんじゃね、と思いつつも出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


こういう風に裏側も見せてくれるのがほんと嬉しいです。ライブには行きましたが
裏側は当然ながら見る事は出来ませんので。
客席で座っていた時に裏側ではこういうことがあったんだなあ、と。

開演ってもしかして3時33分に合わせるのかなと思ったらやっぱりだったんですね。
細かい演出に改めて感涙でした。
そして太田君も言っていましたけども、各メンバーの映像が出た時の歓声は
まあ結構、うん、ほんと、露骨といいますか。
これテレビで見るとそこまではっきりと変わらないように聞こえるんですが(私は)
会場で聞いていた限りでは、いやちょっとそれ、と突っ込みたくなりました。
うん、ほんと嘘でも均等にしようぜ(笑)。
これなー男性客が多いと、ファンがそんなに多くない人に対しては
(分かっているから)ファンの人がひときわ大きな声を出す、っていうのはあるんですが。
ハロプロとか結構そういうところがあるので。
それはさておき。

(赤羽)健ちゃんが、「シブヤー、って感じですね」と言って、児玉さんが「最近こいつ
ラッパー気取りなんですよ」と言ったりとか、2階席の後ろまでぎっしり人がいることに
対して、後ろの方が見えないんじゃないか、という話をしたら斉藤君が「僕は見えて
ますけどね」と言ったりとか、それぞれのキャラに則した感じの話もしたりとか。
で、尾形君の「コール&レスポン」(笑)にいくわけなんですが、これ最初それぞれの
トリオ毎のもあったんですよ。見事にカットされていましたけども。
会場を縦3つに分けまして、ジャンポケ側、パンサー側、ジューシーズ側でやりまして、
じゃあ何て言ってもらうか、というくだり。
太田「じゃあ僕らが『ジャンポケー』って言ったら、『向井より好きー!』って」
向井「何その個人攻撃」
個人的な事ですが、私の座っていたところがジャンポケ側でして、本当にやるのかと
期待と不安が入り混じったりしたんですが(笑)、結局は、
『ジャンポケー!』『売れるー!』
になりました。
そしてパンサー。「尾形さんが決めていいですよ」と向井君に言われ、
『パンサー!』『ありがとうございましたっ!』
……これ、『サンキューベリーマッチョ』でしたっけ? どっちでしたっけ……。
コール&レスポン(笑)にしては合わせ辛いだろうに、と思った記憶しかありません
ごめんなさい。
ジューシーズは、
松橋「じゃあ、『ジューシーズー』って言ったら、『デブ要らなーい!』で」
赤羽「なんでよ。何で始まってすぐに凹まないといけないの」
もちろん文句を言う健ちゃんでしたが、(松橋)しゅうたは止まらず、『絶対要らない』
『とにかく要らない』とか言いまくり。それに児玉さんも賛同していたんですが、
結局は、
『ジューシーズー!』『だまベイビー!』
になりましたとさ(笑)。
で、放映もされた全員でのコール&レスポン。ここもカットされているのですが、
1回目やろうとしたらジューシーズのところで、『”渋谷” C.C.レモンホール』と
言うメンバーと『C.C.レモンホール』と言うメンバーがいてぐだぐだに。
『C.C.レモンホール』で行きましょう、ということになり、2度目で揃ったのでした。

ちなみに実際のライブでは、各トリオのネタ披露→3ライズ歌披露→シャッフルネタ披露、
の順でした。その後にも色々ありましたがそれはまた放映後に。

333ライズ。オンエアでは多少はカットされるのかなーと思っていたんですが
がっつり流してくれて嬉しかったです。実際見ていた時はやっぱり、健ちゃんの
ズボンが気になって(笑)、途中からはついついそっちばっか見てしまいましたし。
それにしても3人ともほんとカッコいいなーと。
テレビだとそれぞれの表情もしっかり見られるので嬉しいですね。
あと、Bメロのところで自然と客席からPPPHが巻き起こったのもまたすごいなーと
いうか、さすがだなあ、と。
うちわを持って来ていた人が結構いたっぽいことを考えても、ジャニーズのライブとか
行っている人が割といたんでしょうか。
ただ、彼らには何の落ち度もないところなんですけども、正直なところどういうノリで
見ていいのかよく分からなかったのは事実だったりします。
アイドルノリなのかあくまで芸人ノリなのか、っていう。
まあ、ハロプロライブのノリでいったらぜっっったいに引かれる、ということだけは
事前に察していましたが(笑)。
ちょっとやってみたかったですけどね。ハロプロライブのノリ。

それぞれのトリオネタ。繰り返しになりますが、やっぱり表情ががっつり映るテレビだと
いいなあとしみじみ。
ジャンポケはやっぱり斉藤君の演技力とか表情が映えますね、テレビだと。
表情の変化とか大いに堪能出来ました。2人の元に彼女が来て、自分のところに
お母さんが来るくだりとか。お母さん見つけた時の表情とかすごい好きです。
普段あんなに大きな舞台でコントをやる事もないでしょうから、どのコントを
選ぶかというのも大きなポイントだと思うんですけども、これを持って来たかー
なるほどなー、と。
パンサーは、そういう意味ではこのネタかー、というのはありました。
基本的に机に座っての流れになるので小さく纏まっちゃうんですよね。
小さい舞台ならいいんですが、こんな大きいのに勿体ないなーと。
とはいえ、じゃあ舞台を大きく使うネタといったら何があったっけ、と考えると
あれ? そんなない? という気もするんですけどね。
テレビで見る限りでは見易いネタだとは思うんですけども。
恋している、という設定の為、終始ちょっとだけテンションの高い菅君が
個人的にツボでした。
ところでこれなんでオチ変わっちゃったんでしょう。
「ヒゲ関係ねーからな!」が好きだったんで。


ジューシーズのネタもシャッフルもほんと面白かったので来週も楽しみです。

category: 333

tb: 0   cm: 4

自戒も込めて書いてみる  

パンサーの話というかなんというか。
今日(あ、もう昨日だ)の朝にルミネで行われた青田買い(ネタライブ)に、
尾形君が寝坊して完全に遅刻(欠席)した上、その次の神保町のライブも
開始30分くらい来なかったとか。
私はどちらも行っていないので伝聞ではありますが。
青田買いに関しては菅君も大遅刻(11時までのライブで10時50分に到着)だったそうですが。

正直、最大の問題はスケジュール調整にあるとは思います。オールナイトの後に
朝10時からのライブを入れるってどうよ、と。
しかも向井君に関しては2日連続オールナイトですし。
昼間はボウリングもあったり相当きついスケジュールだなと見ているこちらも
感じられましたし。
多分ですが吉本って劇場ごとにスケジュール決めているんだろうなあ。
いやこの日程どうよ、とか移動出来るのかよ、とか完全にブッキングじゃん、とか
ちょいちょいありますからね。


で、スケジュールについてはとりあえず置いといて(というか私がどうこう言える
問題でもないので)、今回は尾形君について。

これ前から感じていた事なんですが、正直なところ、私は尾形君が心配だったりします。
あくまで私がそう思うというだけですので違うかもなんですが、というか違って欲しいん
ですけども、尾形君ってなんていうか、『最終的には周囲は自分を許してくれる』と
思っていないか?、と。
浮気にしても最終的に彼女は許してくれるでしょ、と思っていなかったらあれだけ堂々とは
出来ないと思いますし、遅刻であったりネタをミスしたりすることに関しても、何だかんだ
いっても、向井も菅も俺を許すだろ、と思っているっぽいなあ、とか。
その甘えは(本当にあるとしたら)ものすごく危険な事だと思うんですよね、私は。

信用って一度失うともう一度得るのは本当に大変な上、そういう信用を失う行為って
たとえ相手が許してくれたとしてもそれでリセットには絶対にならないんですよね。
やった側は相手が許してくれたからまた同じ事をやってもいいやと思うかも
しれないんですが、やられた側は少しずつ積み重なっているわけで、それが
コップに一杯になれば一滴の水でも溢れてしまう訳です。
そうなった時に、たかだか一滴の水程度で怒るなんて、と表面だけを見ていれば
思うかもしれないですが、やられた側というのは少しずつの積み重ねがそこまで
きていたわけで、最後に背中を押すのは本当に些細な事だったりするわけですよ。
つまり同じ事をやっていても、いつまでも許してもらえるわけではない、と。

【反省】と【後悔】って違うんですよね。似て非なるものではありますが。
失敗は誰にでもありますけども、その失敗を活かして次はやらないようにするのは
反省で、何度も同じ事を繰り返すのは後悔だと思っています。
なんでこんなことしちゃったんだろう、と思うところは一緒ですけども、そこから
じゃあ次はやらないようにしよう、そのためにはどうしたらいいかと考えるのが反省で
なんでこんなこと、で終わってしまうのが後悔といいますか。
次に活かせないものは反省ではないですからね。
この辺りは私がちょいちょい後悔ばかりしているので自戒を込めて書いている
わけなんですけども、後悔することで反省したと認識してしまいがちなので
それは違うものだと自分に言いきかせないとなあ、と。

パンサーはいつまでも3人でいて欲しいですし、3人で飛躍して欲しいと思っているので
尾形君には特に、今日(もう昨日)のことは大いに【反省】して欲しいです。
夏休みでお盆時期ですから、きっとパンサーを目当てに上京された方もいたと
思うのですよ。初生パンサーという方もいたと思うのですね。やる側にとっては
たくさんのライブの1つかもしれないですが、見る側にとってはたった1回のライブ
かもしれないんですから。
まあこんなところでぐだぐだ書いていてもしょうがないわけですけども。

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

神保町花月スケッチコメディ オールナイト (軽く)レポ  

楽しかった! 本当に楽しかった!
ですが、オールナイトは予想以上に体力を使うと痛感しました。
こっちは観ているだけだったんですけどね。
そしてレポを書こうとしたらいつも以上に記憶が飛びまくり。
びっくりするくらい覚えていなかったりするので、今回は軽く。
覚えておられる方はちょろっとキーワードとか出していただけるとそこから記憶を
辿れたりすることもあるので良かったらお願いします(人生いつでも他力本願)。


出演者。当然ながら神保町のスケジュールからコピペ。
ロシアンモンキー 中須/LLR 福田/5GAP 久保田/シューレスジョー/
グランジ 五明/御茶ノ水男子 しいはしジャスタウェイ/LLR 伊藤/
アームストロング 安村/ミルククラウン 竹内/犬の心 押見/ピクニック/
シソンヌ じろう/ジューシーズ 児玉/マキシマムパーパーサム 長澤/
若月 徹/パンサー 向井/かたつむり 林/インポッシブル 蛭川/
コッセこういち/宮下雄也/枝村明子/伊藤修子(拙者ムニエル)/重山邦輝/
ジャングルポケット 斉藤/サカイスト まさよし/ジャングルポケット 太田
(助っ人)囲碁将棋 文田/ライス 田所

まずはスケッチコメディとは。
8分、4分、12分の即興コント。その場でお題が決まり、その場で演じる、と。
毎回2チームずつ対戦し、判定はお客さんの投票。
8分ネタを勝利すれば8点、4分ネタを勝利すれば4点が貰え、最終的に合計点で勝敗決定
(なので今回から引き分けが出来ました。前回までは12分ではなく15分だったので)。
4チームに分かれての総当たり戦で最終的に優勝チームを決定します。
これがいつもの。
但し今回に関しては、チームをシャッフルして今回限りの対戦。
1回戦は5分、2分、10分(3つ見た上で投票)
3位決定戦は8分、優勝決定戦は10分ネタ一本勝負。
シャッフルのやり方は、それぞれのチームの代表者によるくじ引き。
くじ引きは舞台上で行われました。なのでチーム自体その場で決まった、という。
そしてまずそれぞれのチームのキャプテン登場。
神:押見 保:太田 町:竹内 スケコメ:まさよし
この4人によるくじ引き。
まずどんな人が欲しいか、ということになり、「華のある人」とか「主役をはれる人」
とかいう話が出る中、「福田さんと中須さん以外」という声が(笑)。
1人目のくじ引き。
神→斉藤、保→枝村、町→向井、スケ→蛭川
それぞれ、特に不満もなくいい感じじゃないの、という雰囲気。
でもって選ばれた人が舞台上へ。とはいえ「向井君は前の仕事でまだ来てないかも」と
天の声(オコチャさん)が言いまして、なんだよあいつ忙しいなーとか舞台上の人達が
言っていたら向井君登場。
だったんですが、多分着いてすぐ行けとか言われたんだと思うんですが、全く
状況が分かっていないため、舞台袖に怯えたような感じで立ち尽くす向井君。
「怖くないよー」と天の声。なんですが向井君に勢い良く向かって行く太田君(笑)。
「怖い! この人が怖い!」と叫ぶ向井君でした。
そして、待っている人は楽屋でモニターを見ているそうなんですが、声が小さくて
いまいち誰が選ばれたのかよく分からないから大きな声で言ってくれと言付けを
頼まれた、と蛭ちゃん。
2人目のくじ引き。
神→中須、保→児玉、町→久保田、スケ→五明
スーナカを引いてがっくりくる神チームと喜ぶ保チーム(笑)。
そして相変わらず、「(モニタで見ていても)誰が選ばれたかよく分からない」と
抗議が。
「長澤がキレてるからちゃんとして」と。
3人目。
神→しいはし、保→福田、町→ピクニック、スケ→コッセ
やっぱり、「長澤がものすごくキレてるから!」
4人目。
神→林、保→シューレス、町→(LLR)伊藤、スケ→文田
くじはその前に選ばれた人が引くんですけども、ピク兄はシューさんが欲しかったと
いうことで、シューさんを引いた福田君に、「こっちと変えてくれ」と。
ピク兄の引いたくじを見ないままにOKする福田君。しかしそのくじがいとーちゃんと知ると
「相方とかそういうこと関係なく、要らない」(笑)。
文田さんは根建さんの代理(普段のスケッチコメディは根建さんが出ています)。
そして、長澤さんが本気でキレている、とのこと。
5人目。
神→徹、保→田所、町→長澤、スケ→伊藤(修)
キレまくっていた長澤さんがようやく登場(笑)。
本当に分からなかったということで、「滑舌悪いとか言ってるから(田所)仁だ」とか
推測していたそうです。
仁君は関町君の代理(普段のスケッチコメディは関町君が出ています)。
ラスト、6人目。
神→じろう、保→安村、町→重山、スケ→宮下
無事に全員チームが決まり、いざ対決。


<お題> (チラシに書かれている通りに明記しています)
<1回戦第一試合>
神チーム
【 5分】花火大会の話/主役:花火職人/オチ:もう一発残ってた
【 2分】恐怖の旅館の話/主役:泊りにきた人/オチ:二度と来ねぇよ
【10分】高校野球の話/主役:マネージャー/オチ:このチームは俺の思うがままだ

保チーム
【 5分】ドラキュラのお城の話/主役:ドラキュラ/オチ:人間に生まれたかったー!
【 2分】ヒーローショーの楽屋の話/主役:ヒーローファンのお客さん/オチ:こんなヒーロー嫌だ
【10分】娼婦の話/主役:娼婦/オチ:結局道元坂かよ!

ほんとにがっつり忘れていたりするので、軽く見所のみ。
まずは神チーム。
花火大会の話では、スーナカがまさかの花火役というね!
神保町のブログにも写真が載っていますのでぜひぜひ。
花火が上がった、というところでスーナカが出てきた時はもーう皆大爆笑でした!
あの役はスーナカにしか出来ないなあ。
高校野球の話は、女子マネージャー(じろう)が部員全員と関係を持っていて
「明日ヒット打ってくれたら~する」とか「ホームラン打ってくれたら~する」とか
言ったりとか勝手にサインを出したりとか。で部員も監督(斉藤)の言うことは一切聞かず
マネージャーの言う通りにしているのだけど、実はマネージャーの本命は監督で、
監督の指示でマネージャーは動いていたのだった、というオチ。
じろうちゃんの女装といいオチといい見事すぎました。
保チームはとにかく枝村ちゃんが素晴らしすぎ!
ドラキュラの話では、ドラキュラに捉えられた可哀想な人間の女の子、と思いきや
実は一番強気だった、っていう(笑)。枝村ちゃんサイコーすぎる。
そして娼婦の話では、初めてそういう店に入ったという設定のシューレスさんが
見事すぎました!(笑)。妻に内緒で初めて来た、という感じがものっすごい出ていまして
哀愁すら漂っていましたよ。
最終的には神チームの勝利。ただほんっと気持ち的には僅差でした。
どちらもすっごい面白かったので。


<1回戦第二試合>
町チーム
【 5分】コンビニの話/主役:店員/オチ:辞めます!
【 2分】誰にも知られていない超マイナースポーツの話/主役:新人選手/オチ:僕もう辞めます
【10分】カラオケボックスの話/主役:音痴なやつ/オチ:これ以上飲めません

スケコメチーム
【 5分】ギャンブルで負けすぎた男の話/主役:ギャンブルで負けすぎた男/オチ:これで逆転できるかも
【 2分】花より団子みたいな話/主役:貧乏な女の子/オチ:だから何?
【10分】自殺の名所の話/主役:自殺しにきた人/オチ:まだまだいけるな!

町チーム。
コンビニはものっっっすごく狭い店舗の話。1人立ち読みするともう誰も入れない、という(笑)。
マイナースポーツは見ていてもさっぱりルールが分からないというね。それに振り回される
向井君。
カラオケは店員が持って来た飲み物を飲むと歌が上手くなるが、持って来る度に店員の
具合が悪くなっていって……、というネタ。音痴役が竹内さんだったんですけども
(でしたよね?)最初の歌がものっっっすごかったです(笑)。カラオケに行った後で
彼女に振られた、という設定だったのですが、ああ、まあ、ね……、という感じで(笑)。
スケコメチーム。
ごめんなさいこの辺りで第一陣眠気が。いや起きてはいたんですけどね。気合いと根性で。
なので相当抜けているんですが、自殺の名所の話は、自殺志願者と遊び半分で来た
観光者と、自殺をビジネスにしている人の話でした。
「これに加入してくれれば次回は割引します」「いや次回とかないから!」とか(笑)。
正直、最初の神チームや保チームに比べるとどっちも今一つ、という感じでは
ありまして、なので町チームが勝った時もあまり納得していない様子の町チームメンバー。
どちらも、自分らが負ける、と思っていたみたいです。


<3位決定戦>
保チーム
【 8分】大家族の話/主役:お父さん/オチ:こんなに作らなきゃよかった!

スケコメチーム
【 8分】魔法学校の話/主役:新入生/オチ:そこは魔法使わないんだ!

どちらも大喜利チックで小道具も使いまくりで楽しかったです。
大家族に関しては、普通に家族ではなく殺し屋ファミリーの設定、というところが
捻っているよなーと。
福田君のいるチームは普段も結構捻った感じが多いんですけども、今回もまた
そういう部分が見られて面白かったです。
そして保チームの勝利で3位決定。
スケコメチームは残念ながら4位でした。でもほんと面白かったです。


<優勝決定戦>
神チーム
【10分】祭の話/主役:外国人観光客/オチ:クレイジーフェスティバル!!

町チーム
【10分】地球外生命体の話/主役:宇宙飛行士/オチ:嘘かよ!

祭りの話はやっぱり出ましたよー、スーナカの花火ふたたび!
お客の期待に応える辺りがさすがでした。
じろうちゃんの女装もふたたび。というかじろうちゃん女装しまくり(笑)。
地球外生命体の話は、とにかく赤スーツを着た長澤さんが素晴らしすぎ!
というか長澤さん赤スーツ活用し過ぎ!(笑)。
前の回で物議をかもしたという、いとーちゃんの侍姿も見られたりしました。

そしてこれの勝者は、1回戦が終わった後皆で集まって話し合った、という
町チームが勝利! ということで町チーム優勝!
最終的に町、神、保、スケコメ、の順となりました。
とはいえどれも本当に面白かったです!


結構忘れているので自分的に不本意な感じのレポになってしまったと反省。
ただでもメモ取りながら見られないんですよね。メモ取っている間のことを
見逃すので。
思い出したらちょいちょい追記すると思いますが、こういうことあったよーとか
ありましたら教えていただけるとありがたいです。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

神保町花月スケッチコメディ 2nd season レポ  

今週ライブ多すぎ(笑)。
完全に記憶との勝負になっている今日この頃です。
そしてあっさり負けそうです(笑)。

昨日はスケッチコメディオールナイトに行ってきました。その話はまた後日。
今回は通常のスケッチコメディです。
既に記憶が上書きされて定かではないので、すみません軽く。


まずはスケッチコメディの説明。前回と一緒ですが。というかコピペですが。
スケッチコメディとは。8分、4分、12分の即興コント。その場でお題が決まり、その場で演じる、と。
毎回2チームずつ対戦し、判定はお客さんの投票。
8分ネタを勝利すれば8点、4分ネタを勝利すれば4点が貰え、最終的に合計点で勝敗決定
(なので今回から引き分けが出来ました。前回までは12分ではなく15分だったので)。
4チームに分かれての総当たり戦で最終的に優勝チームを決定します。

そして出演者。
【無敵艦隊】LLR 伊藤/アームストロング 安村/ミルククラウン 竹内/犬の心 押見/
       ピクニック/シソンヌ じろう/ライス 関町
【役者役者】コッセこういち/宮下雄也/枝村明子/ジャングルポケット 斉藤/
       伊藤修子(拙者ムニエル)/重山邦輝/サカイスト まさよし

<お題> (チラシに書かれている通りに明記しています)
無敵艦隊
【 8分】トトロが増えすぎたの話/主役:男/オチ:駆除するか
【 4分】水着の話/主役:店員/オチ:どこいくの
【12分】やったよ!の話/主役:男/オチ:一個だけ上手く行かなかった

役者役者
【 8分】海水浴の話/主役:海の家の人/オチ:夏って青春
【 4分】何の仕事してるかわかんないけど、金持ってる人話/主役:金持ち/オチ:で、なんの仕事してるの
【12分】日記の話/主役:日記を見つけた人/オチ:今日のことは絶対書けない

先に勝敗を書くと、8分は役者、4分は無敵、12分は役者チームの勝利、ということで
最終的に役者チームの勝利となりました。


それぞれについてほんとに軽く。無敵艦隊から。
8分ネタはトトロ、ということでピク兄と竹内さん以外はパンツ一丁でトトロ役。
トトロだよ!と喜ぶピク兄と、絶対違う!と冷静な竹内さん。
傘を持って登場した関町君がほんとにトトロっぽかったです(笑)。
4分ネタは水着。設定はファミレスで店員の押見さんが注文を取りに行くと、
「ハンバーグセットでコーンスープ止めて、ビキニ」とか、「ビキニの盛り合わせ」とか
「ランチだからビキニ着放題なんでしょ」とかとか。
そんなのはない、という押見さん。なんですが店長(じろう)を呼んだら、あっさりと
「ございます」と(笑)。
またこのじろうちゃんの格好が白シャツのボタンを半分くらい開けて、といういかにも
夏っぽい感じで雰囲気出ていました。
12分ネタはやったよ!の話ということで色々やった人(笑)。
車を運転する押見さんと助手席の竹内さん。先日のコンパでいい感じだった女の子(安村)と
やったのか訊かれ、やった、と押見さん。
童貞卒業ということで一気に上から目線に(笑)。
だったんですが急に飛び出してきた人(ピクニック)を引いてしまい、「やったよ」と。
ですがピク兄は起き上がり無事。だったのになぜか殺し屋(じろうちゃん)に殺される、と。
通りがかりの人(伊藤&関町)に「やったよ」と責められる押見さん。
いやあれはやってない、と。確かにね(笑)。
最終的には実は女の子とはやっていなかったと発覚。
そこだけ上手くいかなかった、というオチ。

そして役者役者。
8分ネタは海水浴。海の家で働いていると美人客(枝村ちゃん)が登場。
皆それぞれアプローチするもののあっさり玉砕。
だったんですが、コッセさんが行ってみたらなんとOK!
わー、となっているところに斉藤君が「夏って青春!」と言いながら去っていく、と(笑)。
斉藤君のポジションが光るオチでした。
4分ネタはお金を持ってる人の話。テレビのクイズ形式で、お金持ち(コッセ)の職業を
当てる、というもの。
最後はコッセさんが答えを言うものの、滑舌が悪すぎて分からない、というオチ(笑)。
12分の日記ネタ。これがすごかったんですよー!
日記を見つけた人(まさよし)。日記を読んでいると、書いたのは男の人(宮下)で
最初は彼女(枝村)といちゃいちゃしているものの、彼女が浮気をしていたことが発覚。
(この辺りはずっと実際に再現されています)
浮気を責めたらなんと彼女が逆切れ。別れるという彼女に別れたくないという彼氏。
しかし彼氏の方も怒りが収まらず、殺し屋に彼女の殺害を依頼。
そして殺害は遂行され殺される彼女。
と話はここで終わらず、別世界であったはずの殺し屋がまさよしさんのところへ。
拳銃をまさよしさんに向けながら「このことを言ったら殺すからな」
ま「今日の日付が書いてない……」
で終了。
まさかのオチにどよめきまくる客席。これほんっと見事でした。鳥肌立ちましたもん。



ざっと書きましたけど、今回もほんと面白かったです。
スケッチコメディはほんと面白いのでおススメですよー。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

第1回「一夜限りのハイアンドロー」 レポ  

行ってきましたー。
これはほんと声を大にして言いたい。第2回もやってくれ、と。
すっごい楽しかったです。その楽しさがどのくらい伝わるか分からないですが
出来る限り伝えられたらいいなーという感じのレポです。


出演者。
畑中しんじろう/菅良太郎(パンサー)
ゲスト(?):手品人(タネンチュ)国場

まずはしんちゃんが一人で登場。しばしこのライブについて話した後、
「ではもう一人の出演者、菅良太郎くんです!」と紹介したのですが、
出てきたのはロン毛で髭ながらしんちゃんより大分小さい人(笑)。
「良ちゃん? なんか雰囲気変わったね」とか言うしんちゃん。
いや雰囲気というか何もかもが変わっています(笑)。
そして本物の菅君が登場。「バレたか」とカツラを取り国場さんが捌けると、
「あれだけの為に、こっくんに残ってもらった」としんちゃん。とんでもねえ!(笑)。

ライブ内容は、しんちゃんが菅君とやりたいことをやっていく、というもの。
なので常時しんちゃんがリードしてライブを進めていきます。
で、まあゆっくり座って喋ろうよ、ということで、テーブルと座布団が用意されまして、
舞台の上に置かれる座布団。ちょっと恐る恐るという感じでその上に座る菅君。
「何か飲む?」と言ってしんちゃんが持って来たのは、1つのコップ。そして
飲み口が2つあるストローつき(笑)。
ググってみたら、アベックストローとかカップルストローとか言うらしいのですが
なかなか売っていないとかとも書かれていました。実際画像検索してもこれ、というのが
出てこないですし。
まあとにかくそういう2人用のストローが入った飲み物を持ってきまして、一緒に飲もう、と。
ただ菅君曰く、「昨日(エリートヤンキー橘)実とも同じ事やった」と(笑)。
まさかの2日連続。

これをやりたい、あれをやりたい、というのを次々にやりましたんで、順番とかは
かなり適当です。
あと多分漏れがあると思われますので、これ書いてないよ、というのを見つけましたら
こっそり教えていただけるとありがたいです。
そして、”しんちゃんが” やりたいことを挙げていっているので、基本的には「菅君と」と
なっています。

【菅君とお気に入りの曲を教え合いたい】
ハイアンドロー時代はお互いに好きな曲を教え合っていたという2人。菅君は一ヶ月に
一回くらいの割で、これいいよ、と教えてくれていたらしいです。みのちゃんも前に
そんなことを言っていたような。
で、今日はお気に入りのCDを持って来てもらってここで流そう、ということになり
まずは菅君のお気に入りから。
tacicaという、全員北海道出身のバンド。「ハイライト」という曲が流れました。
北海道出身、というところでしんちゃんが食いついていました。しんちゃんも北海道出身
でしたねそういえば。
いい感じの曲で、終わった後菅君が「気に入った人」と訊いたら結構な数のお客さんが
手を上げまして、「tacica売れるよ!」とテンションの上がる菅君。
ほんといい曲でしたので、気になった方はぜひ聴いてみてください。どこの回し者だ。
そして次はしんちゃん。突然本を持ってきまして、「これ読みながら聴いて」と。
「え、どういうこと? ここ読めばいいの?」と困惑する菅君に、じゃあ俺が読む、と。
坂本龍一氏の曲が流れる中、宇宙飛行士の野口聡一さんが宇宙へ行った時に
感じたことを書いた文章をしんちゃんが読む、という流れだったのですが、
終わってから菅君曰く、「どっちも頭に入らなかった」(笑)。
ちなみに流していた坂本龍一氏の曲は、宇宙で聴くために作曲されたものだとか。
次はまた菅君。チャットモンチー。「ここだけの話」
♪ひみつひみつっ~ のところでつい身体が動くよね、という話になりまして、
みんなでやったりしましたよ。ちょっと説明が難しいんですが、多分聴いたら
分かるかと。
ちなみに曲名はどっちも忘れていて教えていただきました。ありがとうございます!

【菅君と糸電話で話したい】
めっちゃめちゃ長い糸電話(普通に伸ばしたらどちらも舞台から見えなくなるくらい)が
用意されまして、しんちゃんは客席に降りて舞台上の菅君と話す事に。
それぞれ言いたい事を言おう、ということで、何を言うかスケッチブックに書くことに。
しんちゃんから菅君へは、「愛してる」。
これ、客席にはほとんど聞こえないくらい小声だったんですが、糸電話の先の菅君には
ちゃんと聞こえていた模様です。
そして菅君からしんちゃん。
期待するしんちゃんでしたが、菅君が書いた言葉は、「お金返して」(笑)。
聞いた瞬間テンションの下がるしんちゃん(笑)。
とはいえ、「大した額じゃない」と菅君もフォローを入れていました。

【菅君と二人羽織がしたい】
スタッフさんによって敷かれるビニールシートに、「絶対濡れるじゃん」とちょっと嫌そうな
菅君でしたが、ちゃんとやっていました。
最初、どちらが前でどちらが後ろになるかちょっと揉めた(?)んですけども、
客席のリクエストにより菅君が前に。
出されたのは弁当とみそ汁。弁当のおかずに関してはちゃんと食べていましたが
みそ汁は菅君も手を添えていました(笑)。二人羽織の意味!(笑)。
次はしんちゃんが前に。「ちょっと待ってちょっと待って。場所覚える!」と
少しテンションの上がった菅君が弁当をしっかり確認しておかずの場所を確認した上で
後ろに。
恐る恐るといった感じで箸で掴んで、「コロッケ!」
見事に正解。
だったのですが、ご飯になったら、これ別に菅君は何も悪くないんですけども
ご飯が固まっていて、箸で掴んだら弁当箱の形そのままに固まりで上がってしまい
そして重さに耐えきれず崩れ落ちるご飯。
当然ながら菅君はそんなことになっているとは知らないので、終わってから弁当を見て
なんでこんなことになってるの、とびっくりしていました。

【菅君にヘリウムガスを吸って欲しい】
……だったかな。まあとにかくヘリウムガスが出て来たんですよ、ということで。
で、菅君に吸わせようとするんですが、なぜかビビる菅君(笑)。
どのくらい吸えばいいか分からないという菅君に対し、「結構吸うんだよね」と
しんちゃんが客席に問いかけると結構な数のお客さんが、うんうん、と。
なんでそんなみんな知ってんだよ、と思わず突っ込むしんちゃん(笑)。
そして吸う時も、鼻をつまんで吸うんだと客席から教えられ、だからなんでそんな
みんな知っているのか、と。
先にしんちゃんが吸いましてちょっとだけ声が変わって、次は菅君。
ただ菅君はほとんど変わらなかったですが。

【菅君に口笛を聞いてもらいたい】
しんちゃんは口笛を練習しているということで、菅君に聞いて欲しい、そうです(笑)。
サンパチマイクを自ら持って来て、コクリコ坂の曲を口笛で演奏するしんちゃん、
その間ずーっと所在なさげに座っている菅君(笑)。

【菅君と空き缶積みがしたい】
文字通り、空き缶を縦に積んでいく、というもの。
とはいえ静かなところでやっても、ということで音楽をかける事に。
そしてかかった音楽がなんと、さっきもかかったチャットモンチーの「ここだけの話」。
縦に積んでいく、という企画のはずが、いつの間にか、♪ひみつひみつっ~、のところで
空き缶を投げ飛ばす、という企画に変わっていました(笑)。
(※コメントにて教えていただきました。ありがとうございました!)

【菅君に手紙を書いてきました】
……だったかな。タイトル自信なし。
しんちゃんが菅君に手紙を書いてきまして、それを読む、というもの。
ハイアンドロー時代、しんちゃんは何も出来なくて菅君に頼りっぱなしだったとか
そんな内容だったんですが、途中でいきなり菅君に話しかけたりとか、
いい話かと思いきや
畑中「菅君は見た目が粗暴で」
菅 「いきなり悪口来たけど」
とか色々なトラップ(?)も入ってきたり。
途中からは白紙で、今の気持ちをそのまま読む、というしんちゃん。
「タモリさんの手紙みたいな」と。
(※タモリさんが故赤塚不二夫氏の葬儀で述べた弔辞が白紙だったという話)
とはいえ前半部分と内容はさほど変わらず、後半白紙にする必要なかったんじゃない、と
菅君に突っ込まれていましたが。
そして話は、ハイアンドローを解散した時のことへ。
ほんの数ヶ月でも舞台に立たないと、再度立つ時が本当に怖い、という話を
しんちゃんがしていまして、分かるよ、と菅君。
菅君はハイアンドローを解散してから全然ネタをやっていなかったことに触れ、
「だって俺の仕事、ジューシーズの単独、その次がジューシーズの単独、だったし」
AGEチャレのようなネタライブにも一切出なかったということで、理由を訊かれ
「一人でやりたいことはなかったから」と。
芸人を辞めるつもりはなかったけれど、このままフェードアウトしていくのかな、という
不安はあった、と菅君。
きっとそれは本人だけでなくファンも同じように思っていたんだろうな、と思います。
本当に、向井君と尾形君という相方に出会えて良かったねえ、としみじみ思いました。

そして最後に、
【ハイアンドロー時代のネタがやりたい】
実際、これが一番客席盛り上がったんじゃないかなと思います。私もこれを見に来た
ようなものでしたし。
とはいえネタ合わせが必要、ということで、その間の繋ぎとして国場さんが再度登場。
手品を披露してくれました。
そしてネタ。雨宿りをするサラリーマン、という設定。
ハイアンドローってしんちゃんがツッコミだったんすね(それすら知らなくてごめんなさい)。
ネタということで詳細を書くのは憚られるんで、面白かった、とだけ。
そしてそれまでは、割としんちゃんにやらされていたという感じの菅君だったのですが、
ネタをやることでテンションが上がったようで、こんなネタもあったよね、あんなネタも
あったよね、と喋りまくっていました。
もしかしたらどこかで、それこそ第二回でやるかもしれないので詳細は伏せますが
(いや第二回をやるかどうかも分からないですけども)、ピザのネタはやって欲しいなあー。
何でもいいから何かの機会で。
ちなみにハイアンドローではお互いにネタ帳は持っていなかったそうで、菅君が最初
骨組みを作って、しんちゃんに話して作り上げていくという感じだったそうです。

そしてラスト。エンディング後。
【菅君にしんちゃんの○○○○○を見てもらいたい】
だったかな。このタイトルが一番自信がないや。
(※タイトル、コメントにて教えていただきました。ありがとうございました!)
まあ平たく言えば、しんちゃんが菅君に自分のパンツの中を見せる、っていう
まるで意図の分からない企画でした(笑)。


途中省いてしまいましたが、しんちゃんがちょいちょい菅君に一緒にジュースを飲むことを
要求したりもしていました(笑)。
私はやっぱりパンサーのファンなのでどうしても菅君中心に見てしまうんですけども、
普段のパンサーでは見られない菅君がふんだんに見られて楽しかったです。
なかなか、弄られたりとかこれやってと言われて従う菅君とか見られないですから、
パンサーでは。
で、また、その弄られる菅君が面白かったりするんですよ。
菅君も一見嫌そう、というか、困惑した顔はしますけどもちゃんとやってくれる人ですし、
私が見ている限り実は結構そういうの嫌いじゃないよね、と。
なので、これ前にもちらっと書いたんですけども、パンサーでもこういう弄りが出来たら
また変わってくるだろうになーと。
向井君は自分を弄って欲しい、と菅君に訴えていたんですが、それより菅君を弄った方が
面白くなりそうなのに、と思ったんですけど、このライブを見てやっぱりそうだよなと
思った次第です。
もっとなー、菅君を弄れたらパンサーしかり、『333(トリオさん)』しかり、幅が広がるんじゃ
ないかと思うんですけどね。どうなんだろう。

つくづく、菅君は人によって全く違う顔を見せるよなーと思います。
パンサーの中で、誰かピンで出ているライブだと多分菅君絡みのものが一番多く
私は行っているのですが、やっぱり違う顔が見たくて行っちゃうんだろうなーと思います。
単純にライブ数の多さというのもあるとは思いますが。

category: お笑い

tb: 0   cm: 1

パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』SP レポ  

今日から夏休みだぜひゃっほーい!
とテンションが上がって、今日はずっとだらだらしていました(笑)。
なんという無駄な一日の過ごし方……。

でもって『趣味人』レポです。
既に色々上書きされているので思い出すのに苦心していたり。
なので軽く、という感じで書きたいと思います。

出演者。神保町花月のスケジュールからコピペ。
パンサー 菅/ライス 田所/ジューシーズ 松橋/
ニブンノゴ! 宮地/LLR 福田/井下好井 好井/バース 近藤/
トンファー 小浜/ジャングルポケット 太田


このライブは行ったことのある方ならご存知と思うのですが、毎回時間が延びまくって
最後の方は毎回巻きが入っています。
ということで、今回はもう最初から時間伸ばそうよ、となりまして2時間のライブとなりました。
ただ、最初の3人くらいで1時間使っていた事は明記しておこうと思います(笑)。

まず最初に出てきたのは、ライブタイトルにもなっている3人。
なんですが、なぜか客席からはざわめきと笑いが(笑)。
「何で? ワンダーキャンプだからワンダーキャンプのTシャツ着てきたんですけど」と
きょとんとする3人。
だったんですが、ざわめきの原因は、菅君の黄色いTシャツだったことが判明。
普段黄色なんてまず着ないですからねー。
で、何でそのTシャツを選んだのかと2人に訊かれた菅君、朝の仕事からずっと
このTシャツだった、と言い、「向井がさ、その(松橋)しゅうたが着てる白いやつ選んで、
尾形さんも地味な色の選んだから、俺これしか残ってなくて」と。すなわち消去法。
この時、「向井が白いやつ選んで」と言ったところで客席から「ああー」という声が
あがりまして、何で? 向井なら似合うってこと?、と首を傾げた後、
「やっぱ俺向井と似てんだなー」とまんざらでもないしゅうたでした。
(田所)仁君はピンクのTシャツを着ていたのですが、「(前の仕事で)これ着てくださいって
渡されて着て舞台出てったら、関町と全く一緒の着てた!」と。
見たかったわーライスのペアルック(笑)。

そして好井君以外のメンバー登場。好井君は前回同様、100%のオシャレをして
出てくる、ということで1人後から登場。
……だったんですが、前回に引き続き今回もなんか微妙な感じ。
これ私だけでなくて、客席がなんか、『え?』という感じでした。
当然ながら出演者にも突っ込まれまくる好井君。
Tシャツに花びらみたいなものがいっぱいついていまして、そのレイみたいなのは
何なのかと訊かれた好井君。その説明によると、好井君がよく行く店があるんですが
そこは普通のラインナップと共に、オシャレな人だけが入れるブースのようなものが
あるらしく、店員さんがこの客オシャレだと判断したらカーテンが開けられてその先に
行ける、とか(実際にカーテンがバッて開けられるのを何度も再現する好井君)。
で、そのカーテンの先にあったTシャツ、ということでした。
なんでもテリー伊藤さんがアレンジしたTシャツらしいです。
オシャレって難しいわあ。


★井下好井 好井「ファッション」★
好井君はルミネの仕事が次に入っているということで一番最初に。
今回は、ブランドの服を安く買う方法。
従業員の家族やお得意様向けのセールがあって、そこに一般人が入る方法とか
そのセールでなおかつ安く買う方法など。
ただ、詳細はツイッターとかで書かないでね、と言われたのでこの程度で。
とはいえちょっとググればセール情報自体はすぐ得られるとは思います。
好井君もそこを利用して安く購入しているとか。
で、そのセールが基本的に夏に行われるということで、
「夏を制するものはオータム、ウインターを制す」とか好井君が言ったら、
誰だったかな福田君だったかな、が、「湾岸スキーヤー?」とか「少年隊?」とか
言い出しまして、しばらくそっちに話がそれたりとか。
そしてこのプレゼン終了とともに好井君はルミネに向かいました。忙しいなー。


★バース近藤「デートプラン」★
お次は近ちゃん。ツアーコンダクターの資格を取るべく、とりあえず入門書を買って
読んでみたところ、ツアーコンダクターに適しているかどうかのテストで半分も
取れなかったとか。
近ちゃん曰く、「『海外旅行に一度でも行ったことがある』とかいうのがあって」と。
でも海外には行ったことのない近ちゃん。
そしてその本によると、とにかく旅行が好きでないとダメだと。でツアーで先導する前に
一度自分で行って安全かどうかの確認をすべき、と。
ということで、今回はデートコースを下見することに。
今回は写真を撮ってきたということでスライドショーで見ることに。
待ち合わせは、代々木公園とけい塔の前。
とけい塔の前でさわやかに立つ近ちゃんに、「顔はかっこいいんだよなー」と
呟いたのって太田君だったかな。
で、次の写真がなぜかとけい塔の脇に植えられている草をかき分ける近ちゃん。
なんでも、「危険がないか確かめてた」とか(笑)。
そして表参道を歩き、向かった先はハワイ発のパンケーキのお店[Eggs'n Things]
常に大行列が出来ているお店ですね。
菅君が太田君に、「スマイルバザールの時すっごい並んでたとこだよな」と
言っていたんですが、確かに原宿からスマイルバザールの会場に行く時に
通るんですよね。私もあの時見かけて、『何の店!?』と思いましたし、話題に上がって
いたんだろうなあ。
そしてこの時宮地リーダーが、「ああ、ホットパンの店」と言いまして、周囲に
「パンケーキ」と突っ込まれていました(笑)。
とはいえそこはものっすごい大行列ということで諦め、別の店へ。
近ちゃん曰く、一応事前に確認はしておいたよー、ということらしいです(笑)。
で向かった先は、[+AC(Tokyo Apartment Cafe)]
ここのメニューが英字新聞みたいでカッコいい、と言いつつ写真を撮るのを
忘れる近ちゃん。ということで紹介記事
福田君は知っているらしく、「あー地下に降りるとこでしょ」と。
ハンバーグを頼んだけど美味しかったそうです。それはちゃんと写真がありました。

昼食後、「彼女が竹下通り行きたいって言い出した時のために」竹下通りへ。
とはいえ他のメンバーからは、デートで竹下通りとか行かない、とさんざん突っ込まれた上、
「竹下通りなんて修学旅行生と(相方の)斉藤慎二くらいしか行かない!」(by太田君)
太田君によると、斉藤君の私服はほとんど竹下通りで購入しているそうです。
アメ横じゃなかったんだ(笑)。
とはいえ実際に行ったということで竹下通りへ。だったんですが、途中で黒人の客引きに
話しかけられ、色々あった末に人気のない場所に連れて行かれ、そこでTシャツを買う
よう強く言われたとか。
サイズが大きいから要らない、と言ったらXSもあると言われたらしいです。
で、その黒人なんですけど写真に撮られることを相当警戒していて(警察に
持って行かれたら困ると思っていた模様)、それまでに撮った写真を全部確認され
結構な数を消されてしまったそうです。
結論:竹下通りはデートで行くものではない。


★ニブンノゴ!宮地「家で出来るエクササイズ」★
お次はリーダー。新しいエクササイズを披露してくれました。
そしてやっぱり必要もないのにTシャツを脱ぐリーダー(笑)。
力のない女性でも出来るように、と前回紹介してくれたものよりも楽に出来るものを。
ちょっと文章では説明し辛いのでここは省いてしまいますが(すみません)、
前から言っているように、ぜひリーダーのエクササイズDVD出して欲しいんだよなー。
絶対売れると思いますし!
で、今回はエクササイズだけではなく、食事の時間帯についても。
夜の8時を過ぎるとだんだん消費されなくなっていき、そして食べたものがまるまる
脂肪になってしまうという魔の時間帯がある、と。
その時間というのが、(確か)午前1時~3時。
多少違うかもしれないですがほぼその辺り。とにかくその辺りに食べたものは
全くエネルギーにならずに身体に残ってしまうらしいです。
とそれを聞いた近ちゃん。「俺その時間に太田に食わされるんですけど」
なんでも太田君によると、太田君もその時間帯の事を知っているので、わざと
その時間になったら近ちゃんにお菓子を、チョコレートプラネット松尾君にビールを
渡しているそうです(注:この3人とシソンヌじろう君の4人で同居)。
なんでもこの家では封を開けたものは必ず食べる、という決まりがあるということで、
近ちゃんが言うには、
「どら焼きの袋とか太田が開けるから自分で食べるのかなーって思ってたら、
『はい、近ちゃん』って」
太田君が言うには、
「近ちゃんが太ったら新たなステージに行けるんじゃないかと思って」
(大体そんな感じの意味合い)
そして、その時間を踏まえてのベストな食事時間は、
朝(ごめんなさい何時でしたっけ……)、昼:12時半、晩:20時半
だそうです。


★LLR福田「行政書士」★
行政書士の資格を取るために勉強している福田君は、今回は過去問にチャレンジ。
実際の試験時間に合わせてやることに。
これもスライドが流れました。撮っていたのは仁君。
最初こそ、「こんなん一瞬で解ける」とか言っていた福田君でしたがやはり苦戦。
「あと30分ですよー、すぐ出来るんじゃなかったんですか」と言う仁君に対し
「解いてるから。うるさい」と(笑)。
そして終了。答え合わせ。
結果から言いますと合格点には達しなかったんですが、なかなか惜しかった、と。
ということで何問か紹介。
○文字以内で書く、という問題で、
[廃棄物処理場を作ろうとしたらA県のB知事から許可が下りなかった。この場合
処理場を作るには誰を訴えてどういう法律を使えばいいか]
みたいな感じ。実際はもちろん、もっと固い文章でしたが。
でここのポイントは訴える相手はB知事ではなくA県、ということ。
確かにニュースでは「○県を相手に○千万円の損害賠償を~」とか言いますもんね。
あんまり「○県知事を相手に~」って聞かないなーなるほどなーと思ったんでした。
で、A県を訴えるというのは福田君も当たっていたんですが、使う法律などがちょっと
違っていた模様(だったような)。
とはいえ大まかには当たっていました。
そして次。これに関しては最初から開き直って平たく書きますけども、
[家賃を滞納していても罪に問われないのはどんな場合か]
この問いに対してものすごい食いつく一部の出演者(笑)。
答えも平たく書きますけども、大家さんとの間で信頼関係が成り立っている場合、だとか。
つまり大家さんがいいよいいよ支払い待つよー、と言ってくれれば大丈夫、と。
で、これに対する福田君の解答が、「オッケー」とか、「芸人のような貧乏人は可哀想」とか
そんなワードが出まくり(笑)。
私情を挟むな、とかしゅうたに突っ込まれていました。
とはいえ大まかには当たっていたので、あとは専門用語を覚えれば大丈夫じゃないか、と。
そして福田君ですが、たまたま昔の知り合いが法学部卒ということで話を聞いたら、
「行政書士なんて誰でも受かるよ」と言われたとか。
確かに合格率は低いんですが、とはいえそれは片手間に受ける人が多いから、と。
話によると行政書士だけ取る人は少ないらしく、他の資格も受けつつ流しで受けるから
結果的に合格率が低くなるとか。
確かに前回も書いたんですけども、受験資格がないから誰でも受けられるんですよね。
その辺りが相まって合格率が低くなっている模様です。


★ジャングルポケット太田「資格取得」★
皆が資格に向けて勉強し出して焦り出した太田君。「街中の格闘家の見分け方とか
やっている場合じゃない」と。
ただ、前回のツイッター話で柔道家の穴井選手について言及したところ、
いきなりフォロワー数が増えたようで、普段柔道家しかフォローしないのに何だこれ、と
なったところでどなたかが「ジャングルポケットの太田さんという人がライブで話して
いました」と説明したらしく、穴井選手からDMが来たとか。
「さして親しくもないのに話題に出してくださってありがとうございます。
良ければ今度食事でも」
とか言われたそうで。
実際行ったのかまでは聞いていないのですが、どこから交流が広がるかって
分からないものだなあと思ったり。
そして資格について。
大学までずっと柔道をやっていたということで食事の管理もしていたからある程度は
分かるので、最初は栄養士の資格を取ろうと考えていたものの、栄養士になるには
養成学校を卒業しなければならないということでそれは難しい、と。
ということで、「これにしました!」
[弁当サービス管理士]
なんか急にしょぼくなったんじゃないかと突っ込まれまくっていましたが(笑)。
3か月通信講座を受けて、その後試験を受け合格したらなれるそうです。
そしてもう一つ。スポーツトレーナーの資格も取りたかったそうなんですけども、
これまた4年生体育大学を出ないとダメとか結構厳しかったということで、
[スポーツリーダー]
これを取得すると、地域のスポーツグループなどでリーダーとして活躍出来るとか。
なんだよそれ、とかさんざん突っ込まれていましたが。
とはいえこの2つの取得を目指し頑張るそうです。


★ジューシーズ松橋「三○春馬」★
インテリアコーディネーターの資格取得に向け勉強中、というしゅうた。
とはいえ今回はそれではなく、なぜか三浦○馬について。
今年の一月からやっていたドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』での
三○春馬のモノマネをするしゅうた。
「ドラマ部じゃん!」とさんざん突っ込まれながら演じ切っていました。
正直これに関しては文章で説明するのが難しいので(モノマネだし)これにて。ごめんなさい。


★トンファー小浜「ボクシング」★
プロテストを受けるにあたって、ボクシングジムに通うことにした小浜君。
他の仕事で行けなかった仁君以外の2人(菅君、しゅうた)と共にボクシングジムへ。
待ち合わせてジムに向かうんですが、菅君がずっとビデオカメラを回していました。
ジムに入る時は小浜君を上半身裸にさせて、このくらいの方がやる気が見えるって、とか
言う2人に対し、ふざけてたら怒られるから、と心配する小浜君。
とはいえ行ってみたら話の分かるオーナーだったようで、あっさりと入門もカメラを
回す事もOKしてくれていました。
で、早速スパーリング。小浜君は経験者ということでやっぱり上手い!
天井につるされたひょうたん型のボール(パンチングボールという名称だとか。
こういうやつ)も綺麗なリズムで素早く叩く小浜君。カッコ良かったです。
で、小浜君は経験者だから簡単なように出来ているけども実は難しい、ということで
菅君も挑戦。だったんですが、かんっぜんに猫がじゃれついている風にしか
見えないというね(笑)。むちゃくちゃ可愛かったです。
映像テロップにも「ねこ」と書かれていました。
そしてそこに通うことにした小浜君によると、二階もあるということで住み込みの生徒が
いるとか。なんでもそこはドロップアウトした若者の救済場所でもあるらしく、その昔
悪かった若者が何人も住んでいる、と。
確かに普段そういう若者を相手にしていたら芸人のおちゃらけなんて可愛いものだよなー。


★パンサー菅、ライス田所「お金を貯める」★
最後は2人一緒で。仁君によると前に話した4コマ漫画もやっているそうですけども、
今回は別の企画。
仁君はギャンブルとかやるけれど、別にお金がいっぱい欲しい訳ではない、と。
じゃあ何が楽しいのかといえば、お金を増やすという行為が楽しいのだと。
あーなんか分かる気がするなあこれ。
で、このメンバーで何らかの方法で100万貯めて、それを何かで使おう、という企画。
貯める方法はギャンブルということで、福田君が好きなボートレースに賭けるとか
そういう感じで増やしていって、で、実際に100万貯まったら何をするかを考えよう、と。
普段、単独ライブですら2、3万くらいしか使わせてもらえない、5万も使ったら
そんなに使ったのかと驚かれるくらいきつきつの中でやっているということで、
100万もあったらものすごい豪華なライブが出来るんじゃないか、と。
(余談ですけどこれを聞いた時、パンサーの単独では2、3万の中の7000円近くが
尾形君作お菓子の家コントに使われたってことなんだよなーとか思ったりしました)
一例としては、シアターGロッソでライブがしたい、と。
ヒーローショーなどがよく行われている会場でして、なので下からせり上がってきたりとか
吊るされて客席を飛び回ったりとか色々出来る、と。
余談ですがSDN48も結構ここで公演やっていたんですよね。一度行ってみたい劇場
だったりします。
お金はプールしないので、もし前回99万貯まっていたら99万全部を賭ける、と
いうことで、もしかしたら1千万とか貯まるかもしれない、と誰かが言ったら菅君が
「それならM-1がやりたい」と。
そういう、賞金で使うのもいいね、と盛り上がりました。
他はなんだったかなー。豪華ゲストを呼ぶ、とか。
ミスチルが好きなので桜井さんが呼びたい、いや100万じゃ無理だろ、でも1フレーズなら
歌ってくれるんじゃないか、とかとか。
ほんとに神保町に桜井さんが来たらものっすごいことですけどね。見たいよ確かに!
色んな夢が広がって面白かったです。ぜひやって欲しいなー。
で、まず最初の資金をどうやって貯めるか、という話になりまして、「内職とか」と。
お客さん1人1人にボールペン1つ渡して組みたててもらえばそれだけで100本とかじゃん、
いやなんで金払ってライブ観に来て内職しなきゃいけないんだよ、と。確かに(笑)。
でもちょっと面白そうなんでやってもいいですけどね。
結果的に豪華なライブとかで還元されると考えれば。


あんま記憶に自信がなかったものの、書いていくと思い出すもんだなー。
でも色々調べないといけないので(店名とか固有名詞関係ね)、実は一番
書くのが面倒なライブレポではあったりします。
ライブ自体はほんと楽しいんでいいんですが。
ただやっぱり疲れました(笑)。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 レポその2  

前回の続き。まだ読んでいない方は前日の記事からどうぞ。


後半。おススメの動画紹介。
まずは菅君。松田聖子 ソフトバンクCM
これ見てどう思う?、と。
いや可愛いんじゃないのー、とか言う野田くん達でありましたが、よく考えて、と。
このお父さんが出てきてからかなりの歳月が経つので皆慣れ過ぎていて忘れているかも
しれないけれど、お父さんは犬なんだから言葉は理解出来ないはず、と。
ということは、会話に対して演技が出来る訳はないから、驚いているシーンは
何か違うことで驚かされているのであって、お酒を持って行かれて追いかける
シーンでは餌か何かを出されたのではないか、と。
ということを踏まえてこのCMを見ると、全然違うように見える、と。
で改めてもう一度流したんですけども、確かにそう考えると見る目変わってくるん
ですよね。
前々から菅君の視点というのは独特なものがあるなーと思っていて、
そういう視点があるからこそネタも書けるんだろうなというのがあるんですけども、
改めて、この人すごいわ、と思ったんでした。

次も菅君。硬いニンジンを食べた時のハリネズミの反応
ハリネズミなの? 猫じゃないんだ、と野田くんに言われていたんですが、
菅君によると、とにかく関連動画を見まくるのだと。
You Tubeって動画の横に関連動画って出るんですけども、それを辿って辿って
いったらこの動画に辿り着いたらしいです。
これに関してはとにかく可愛い、と。

そして最後は野田くん。柳 龍拳(合気達人)」対戦結果:探偵ファイル
合気道vs.総合格闘家で、どちらが勝つか、というもの。
なんか話によると、合気道というのはものっすごい強い武道ではあるらしいの
ですが、合気道は独特の間合いがあるので他の武道と戦うには不利になる、
だったかな。この辺詳しくないのでうろ覚えでごめんなさい。

動画紹介の後は、プレステ3を使って「ザ・シムズ3」を。
外見とか性格とか割と自由に設定できるということで、色々設定してから
実際にゲーム開始。
やたら寝てばっかとかなかなか思う通りに動いてくれなくて苦戦していたり。
ただこの辺りは見ないと分からない部分も多いので割愛。


ということで終了。とはいえ3人はしばらく残ってだらだら話をしていたようですが、
私は翌日仕事があったため早々に退散。
今回もほんと面白かったです。
にしても後半部分こんなに短かったなら1つに纏めれば良かったと思ったけれど
今更なのでまあいいや(笑)。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 レポその1  

『333(トリオさん)』2000人伝説ライブ行ってきましたよー!
ネタバレになってしまうので、感想はオンエアされてからぽつぽつ呟きたいと思いますが
ひとつだけ。
本当に伝説だったよー! いやー素晴らしかった! 行けて良かった!
新グッズのトートバッグが売り切れていて買えなかったのが心残りではありますが。
というか新しいグッズが出るなら先に告知しておいてくれよ、という気分。

終了後は今回一緒にライブに行ったYちゃんと恵比寿の立ち飲み屋へ。
おっぱいが本当に美味しかったです(笑・一番右側の串)。

都会で奇跡のやまびこ!?



さて、しっぽりの夜レポです。今更!?、と思われるかもしれないですが今更です(笑)。
ただ今更なだけに忘れている部分も多いですので軽く。

出演者……はタイトル通りです。最初から最後までこの3人のみ。



個人的な事ですけども、いつもは仕事後に向かうのでぎりっぎりなんですが、今回は
節電の関係でちょうど仕事が休みの時になりまして、開場前に行くことが出来ました。
そしていつも一人寂しく行っているんですが、今回はKさんが一緒に行ってくれまして
お話ししつつ待つことが出来たのでそれも楽しかったです。
ところでYちゃんにしてもKさんにしても菅君ファンなんですよね。
なぜか私の周りは菅君ファンが多いです。

いつもは時間がなかったり売り切れていたりするメンバー考案メニューなんですが、
今回は最初からいたので頼むことが出来ました。
そしていつもは(松橋)しゅうたオリジナルメニューなんですけども、今回は菅君の考案した
メニューでした。
[チキンのりたまマヨグリル]

都会で奇跡のやまびこ!?

なんでも、おかずの星でレシピを出さなくてはならなくて、それで作ったとか。
とはいえ普段料理なんてしないので作り方もよく分からず、大体こんな感じ、と
言って作ってもらったそうです。
確かに、おかずの星での写真とは見た目かなり違うんですよね(笑)。
ただめっちゃめちゃ美味しかったですよー。のりたまとマヨネーズが合っていて。
もう一皿頼みたかったところだったんですが自重しました。
速攻で売り切れていましたし。

まずはレギュラー(笑)である菅君としゅうたの2人が登場。
そしてレギュラーゲスト扱いである野田くんが登場、だったんですが、前回に引き続き、
舞台袖の戸を音に合わせて4回に分けてずらす、という形で出てきてくれました。
これ下手(向かって左側)の人は見えないんじゃないか、という話になりまして、それは
やっぱり早くチケットを買ってもらって上手側に座ってもらわないと、と。
(チケットは整理番号付き自由席です)

3人揃ったところで飲み物を注文。菅君はどうせ飲むからと生中を2つ頼み
(とはいえ結局1杯しか飲んでなかったですけども)、しゅうたはトリスハイボール(笑)、
で野田くんは「コーラ……」と言いかけたら、なぜか2人が「メロンソーダじゃないんですか」と。
いやメロンソーダも好きだけど、と野田くんが言うものの、「みんな大好きメロンソーダって
書いてあるのに。みんなじゃなくなるじゃないですか。みんな大好き(野田以外)、に
なるじゃないですか」とかなぜかやたらメロンソーダを勧める2人。
結局野田くんはそれに負け、「……メロンソーダ」と。
つか一番先輩なのに。野田くん。

順番とかはうろ覚えなんでひとつ。
あとこんな途中で言うことでもないですが、間違いがあったら指摘していただけると幸いです。

菅君にギャグがないという話になって、ギャグを考えよう、と。
「おつかまきり」(byクレオパトラ桑原)みたいなのが欲しいね、と。
なんか名前が入っているのがいいんじゃないか、ギャグと同時に名前も覚えてもらえるから、
ということで出来上がったのが、
「かんむりょうたろうです」
名前の菅良太郎と感無量をかけたもの。
なんか嬉しいことがあった時に使うとか。
でしゅうたが、「これちゃんと使えよ。無限大とかでもやれよ!」と言っていたんですが、
少なくとも私はあれから一度も見たことがありません(笑)。

事前アンケートは、「浮気をしたことがあるか」と、「最近3人が変わった(悪くなった)ところ」
だったかな。そんな感じのことでした。
で、浮気に関しては「ない」という意見が多数。
ここで菅君が、「男の浮気より女の人の浮気の方が重い」発言。
なんでも男性の場合、浮気をしても本命はちゃんと彼女だけれど、女性の場合は
浮気をしたら浮気相手の方が本命になっていることが多い気がする、と。
精神的な比重においてね。
これあながち間違ってはいない気がします。
ちょっと話がずれるんですけども、生物におけるオスというのは本能的に
いかに多くの子孫を残すか、に力を注ぎ、メスはいかにレベルの高い子孫を残すか、に
力を注ぐ訳です。女性がウィンドウショッピングが好きだったりとか色々吟味するのが
好きだったりするのっていうのも本能からきているもの、らしいです。
ということで考えると、(もちろん人にもよるでしょうが)女性の浮気というのは、
『あなたよりあの人の方がより良い遺伝子を持っている』と判断を下した、と
言ってもそう間違いではないのかもなーと。
男性側がそういう風に捉えるのも分かるといいますか。
で話を戻して。
3人のここが悪い、という設問では皆遠慮してあまり書かなかった模様。
もっと心にズキッとくるような鋭い答えが欲しかったそうです。
でもそれだったら、”最近” は入れない方が良かったんじゃないかなー。
最近、と言われると前から良くなかったところは書けないので。というか私はそう
捉えたので。

このアンケートの最中だったかと思うんですけども、菅君が「今日松橋と揉めたんだよな」と。
一体何が!?、と思いましたら、これの前の仕事も一緒だったため一緒にご飯を食べていた時に
なんかの話から芸人の私物オークションの話になったそうなんですね。
で、どこまでくだらないものが売れるか、みたいな。
そしてそこから派生して、逆にこの人の一点ものなら何が一番欲しいか、という話に
なり、その時いたのが菅君、しゅうた、(ライス田所)仁君だったそうなんですけども
皆椎○林檎が好きということで、椎名○檎の私物で何が一番欲しいか、と。
で、しゅうたと仁君はパンツが欲しいと言ったんですけども、菅君は「タオルケット」と。
そこで2対1で大モメになったとか(笑)。
しゅうた曰く、気持ちは分かるけれど何か1つと言われたらパンツだろう、
それは人目を気にし過ぎている、ということだったんですが、菅君によると、
椎○林檎だったらパンツなんて100枚くらいは持っているはずで、でもタオルケットなら
そんなに数も多くないからより使っている分貴重、と。
「野田さんどっちですか」と訊かれた野田くん。えー、と言いつつも、
「股を拭いたタオルケット」(笑)。
みごとな終息。


ということで前半部分終了。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第三十六回感想  

さて、『333(トリオさん)』2000人伝説ライブがいよいよ明日ですよ。
がっつり有給も取りまして万全の態勢で挑みますよ。いや単に観に行くだけですけど。
どうでもいい話ではありますが、うちの会社の夏休みが11日からなんですけども、
明日の休みを取るにあたって本当の理由は書けなかったので(笑)、適当に『旅行』と
しておいたら上司から、「夏休み11日からだけど9日でいいの? 10日仕事だよ」と
何度か念を押されました。
これ、明日行って力尽きても明後日は絶対に仕事に行かないとだなー。

でもってその前にいつものごとく『333(トリオさん)』感想です。
正直これもう書かなくてもいいんじゃね、と思いつつも出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


感想なんて個人的なものですけども、今回はその中でもより個人的な内容になることを
先に明記しておきます。




今回は主に、ローラースケートの練習風景だったわけなんですけども、
ほんっとに正直な、個人的な感想を言わせてもらえれば、これ見せちゃうのかー、と。
あんまり頑張っている姿を見せられると、ああ……、と思ってしまうといいますか、
努力って基本的には表に出さない方がカッコいいと思っているので。
個人的には、ローラースケートに関しては最初の時にどれだけ滑れなかったかだけ
出して、次は本番くらいの方が良かったのになあ、とか。
その方が、こんなに上達したんだ!、という感動があった気がするので。
実際のパフォーマンスを見れば各自がどれだけ真剣に一生懸命に日々練習に
励んだかも伝わってきますからね。
流すにしても、本番が終わってから見たかったなあ、というのが個人的感想。

ただ、ツイッターとかで見ていたら今回は絶賛する声が多かったですし、実際素直に
考えれば、これだけ頑張っている姿を事前に見た上で本番に挑むメンバーを見られる、と
いうのはすごい感動が大きいものだとは思うのですよ。というか、そういう方が多勢だと
思いますし、それが正しい見方であり楽しみ方だとも思います。いやみとか揶揄ではなく
本当にそう思うんですよね。だってその方が絶対に番組を楽しめますもん。
エンターテイメントなんて楽しんだもの勝ちだと思いますもん。

なんですが、エンターテイメントだからこそ内部(努力部分)は見せないで欲しいんだよなーと
思うのも事実だったり。
前にもちらっと書いた気がしますが、私がアイドル好きなのって、陰ではものすごく
努力して大変なレッスンをしているのにステージ上ではそんな素振りを一切見せず
笑顔で何てことない顔をしてパフォーマンスをやり遂げる、というその姿勢だったり
しますし(だからこそこちらも夢を見ることが出来ますから)、太田君が好きな理由に
しても、彼の才能やポテンシャルはもちろんですが、高校時代柔道で愛知県一位に
なったという結果についてはよく言及するものの、そこに至るまでの努力については
ほとんど語らない辺りだったりもするんですね。だって愛知県一位などというものは
並大抵の努力では辿り着けないわけで、その結果を得るために日々どれだけの
練習を重ねてきたかと思うと、多分こちらの想像以上の辛さがあったと思うんですけども
そういうことはほとんど口にしないところが大好きなんですよ。
ロザンの宇治原さんに関しても、まず彼の何に惹かれたかといえば、クイズの難問を
さらっと解く姿を見て、これは京都大学卒業という(かつての)遺産だけでは絶対に
無理で、今も日々勉強をしていなければここまでの結果は出せないと感じたから、
だったりします。それまでも○○大学出身とかいう有名人がクイズ番組に出ていました
けども、その大半はあまりパッとしないまま、結果が出ないままに終わっていて、
宇治原さんが出た時も正直最初はアーハイハイくらいな気分だったんですが、
難問をバンバン解く姿であるとか時事問題に強いところであるとか、そういう部分を見て
これは絶対に現在進行形で勉強していなかったら無理だと気付いてからファンに
なったわけです。ロザンに関しては宇治原さん→ロザン→菅ちゃん、の順で知ったので
まず最初のとっかかりとしての話ね。
で、また宇治原さんも頑張ってますよーみたいなのをほとんど出さないんですよね。
僕京大出てますからこのくらいなんてことないですよーって感じの顔をする辺りが
ほんと好きなんですよ。

……と壮大に話がずれまくった。ごめんなさい。
まあ正直私という人間は、例えば芸能人が○ヶ月でなんとかに挑戦、とかいうのを見ても、
いや○ヶ月でとかそっちが決めたんじゃん、勝手に枷作っておいて頑張りましたーとか
言われても、とか思うタイプなのでね。性格ひねくれ過ぎててすみません、という
感じなんですけども。
あ、努力を否定しているとかでは全然ないですよ。
単純に、陰ながら大いに努力をしつつ、それを表に出さない人が好き、という
それだけのことだったりします。


色々書きましたけどすごい楽しみです。ガラスの十代。
皆が最高のパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしています。

category: 333

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第三十五回感想  

もう来週には伝説のライブなんですよね。早いなー。
最初にこのライブのことが発表された時はどうなることかと思ったんですが
今はほんと楽しみでしかないです。
ようやく今回芸人としてのメイン部分(ネタってことね)について言及してくれましたし。
いやさすがに歌とローラースケートだけだとは思っていなかったですが。
ということで感想です。


まずは毎度のごとく、もう分かってるよという感じながら出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


それぞれのネタと共にシャッフルネタもやるということで、俄然楽しみになりましたよー!
シャッフルネタ好きなんですよね。普段見られない顔が見られたりしますし。
ところで尾形君が「菅と松橋とやらせてくれ」と言って向井君が「リアルに俺いらねえ」と
言ったくだり、「また泣くから!」と言っていたのって誰なんでしょう?
テロップは青(ジャンポケ)でしたけど、声は(私は、ですが)児玉さんにしか聞こえないん
ですよね。何度か繰り返して聞いてみたものの。
というかジャンポケだとしたら誰だろう、と。3人とも違う気がするんですが。
他2組が全く映っていないので判断つかない状態です。

尾形君の言っていた「菅と松橋」ですけども、前回のシャッフルネタで武山君が
組んでいた2人なんだよなーと。
あのシャッフルネタは本当に見事だったというか、タケのいいところをものすごい
引き出していたので(さすがブレーン2人)、尾形君が言うのも分かるなーと
思った次第です。いや向井君が要らないとかではなくてね。前回のタケを見ていたら
組みたいと思うだろうな、と。

ドラフト会議、ってまたエグいことを考えたなあ、とかね。
これで選ばれないということは本業を認めてもらっていないということにもなりかねないので
相当精神的にきついだろうな、と。
リーダーに関しては番組側からの指示なんでしょうね、多分。
(松橋)しゅうたの安堵具合とか菅君や太田君の表情をみるにつけ。
とか書いてから続きを見返したら、「番組サイドから選ばれるように」としゅうたが。
あ、はっきり言ってんじゃんか(笑)。
それにしても、本人さんらも言っていましたけども、本当にガチの選択だなあ、とか。
ここでの個人的ポイントは最後、チーム菅のところで、「ジューシーズ……児玉」と
大西さんが言った時の(赤羽)健ちゃんの表情の移り変わり。
ずーっと真剣に祈っているんですけども、だまさんの名前が呼ばれた瞬間
一気に真顔になるんですよ。一瞬なんですけども。

そしてリーダーの選択理由を聞くと、積極的に取った人とある種消去法で取った人が
いて、消去法だった人(菅君ね)がことごとく抽選を外している、というのが興味深いなーとか
思った次第です。
昨年のAKBジャンケン選抜の時に、絶対勝つ!という気合いが入っている方が実際勝つ、
という話を会場に行った人がしていたと向井君が昨年シチサンで話していましたけども、
こういうくじ引きも同じような部分があるのかなーとか。
消去法ではなく、絶対に何が何でもこの人が欲しい!と思っている方が引き当てられる、
みたいな。
まあただ何にせよ、菅君の引きの悪さには思いっきり笑わせてもらったので(笑)
結果的には良かったんではないかと。

ところでこのシャッフルですが、もしまた次回どこかでやるとしたら、今度は
代表者はプレーンではなく他の人がやったら面白いだろうなあ、とか。
具体的には、純情な感情トリオといいますか、言い換えるとその、今回一順で
選ば(以下略)。

ただ正直なところ個人的に一番楽しみなのってチーム菅だったりします。
菅君の作るネタというのは、なんというかちゃんとその人に合わせたものなので
言い換えればその人がやるから一番しっくり来るというか輝くというか。
その人の良さを活かす配役でネタが書ける人なのではないかと思っているので。
パンサーのネタに関しても、向井君はまあ器用ですし一通りなんでも出来るから
とりあえず置いておくとして、尾形君に関しては尾形君にぴったりハマるように
考えてネタを作っている気がしています。銀行強盗のネタとかあれ尾形君にしか
出来ないと思いますもん。あの説得力というか。
以前プロデューサーXというライブを観に行った時、菅君の作ったネタを
ライスの(田所)仁君と囲碁将棋の文田さんがやっていたんですけども、
仁君の演技がまさに尾形君だったんですね。それは演技指導があったのか
それとも仁君のオリジナルなのかは分からないんですが、後日単独でそのネタを
やった時、仁君がやっていた役を尾形君がやっていて、やっぱりここはそうだよね、と。
まあ何が言いたいかといいますと、なんだかんだ言いつつも菅君ならちゃんと
タケと健ちゃんに合うようなネタを作ってくるんじゃないのかなーと。
そういう意味で一番楽しみだったりします。
チーム松橋はメンバー(松橋、斉藤、尾形)からしてなんとなく雰囲気は見える気が
するといいますか、ジューシーズの感じを踏襲しつつ違う面も見せてくれそうで
これまた楽しみだったりします。
そして実は一番心配というかどうなるんだろうと思っているのが、まあ本人さんらも
言っていましたけどもチーム太田だったり。
ここはほんとコントで見たかったよなあー。だまさんを漫才で使うとか勿体なさ過ぎ。
とはいえだからといって、じゃあどこが漫才をやれるかというと……
いや、3組ともコントでいいんじゃないかな!(笑)。

それぞれのネタ作り。しゅうたのノートに貼ってあるステッカーってあれグランジ?
うちのテレビ小さいんで(ゲームボーイではないけどね!・笑)よく分からないんですが
でもグランジだったらなんで?、とか。
そしてパンサーってもし向井君が入らなかったら尾形君がツッコミになっていたんで
すよね、確か。
……良かったね3人で(笑)。
そしてチーム菅。前から感じてはいましたけども、タケってつくづくポジティブだよなーと。
基本的に人のいい面を見て評価出来るといいますか。
ジャンポケで言い合いになった時にタケが間に入ることが多いというのを前に
聞いたことがあるんですけども、それもなんか分かる気がします。
そして菅君には(特にネタ作りという面に関しては)こういう人が合うような気がします、
勝手に。
でもってチーム太田。ほんっとになー、ここが漫才というのが惜し過ぎる。
このメンバーでコントで見たかったわー。
ただでも全然どうなるか見えないだけに、ハマったらものすごく面白いものが
出来そうで、それはそれで楽しみだったりはします。



ところでこれは今回の感想とはずれますけども、前からちょいちょい思っていたこと。
つくづく、菅君というのは見た目を重要視する人なんだなーと。
見た目といっても美醜というわけではなくて(まあ美人が好きだそうですけども
今回はそういう話ではなく)、見た目の説得力といいますか、分かり易さといいますか。
例えば、単独のブリッジVで『君に届け』のパロディで『菅に届け』というのを
やりましたけども、これの風早君は(パンサー内では)向井君しか出来ないわけです、
見た目で考えた場合。
演技力で見た目をカバーするという考えではなく、パッと見の印象を重要視する、と。
確かにコントで考えた場合長くて10分程度、短いものだと2分や3分で終わってしまう
わけですから、見た目(の説得力)ってかなり重要なんだよなーと。この人はどういう人
なのかというのが一瞬で分かるというのは短い時間で終わってしまうコントの場合特に
大きいですから。
そういう意味で、デブキャラである健ちゃんを「要らない」と言ってしまうのも
分かる気がするなーと思ったんでした。

そして同時に、パンサーはあの3人で良かったね、と。
3人が3人とも全く違う容姿ですからね。
爽やかな役となれば向井君がいますし、尾形君は年相応の大人から10歳の子供まで
演じられますし、菅君は菅君でトップスタイリスト(美容師)とか超人気芸能人とか
色々適役ですし。
こういうネタがやりたい、と考えた時に実際にやれる人がいる、というのは大きいだろうなと
思ったりします。
向井君にしても尾形君にしても向こうから来たわけで菅君が選んだわけでは
ないんですが、だからこそ本当にこの3人が揃って良かったなとつくづく思ったりします。

category: 333

tb: 0   cm: 0

暫定的パンサースケジュール  

なんか久し振りに書くなー、スケジュール。
先月から土日出勤になって行けないライブが増えたのでさぼってました。
つくづく自分に正直な人間ですみません。

漏れや変更等あると思いますので参考程度にご覧ください。
チケットの発生しないライブ等に関しては追い切れないのが現実です。
今日のハイスクールマンザイのMCとか向井君のツイッターで知りましたし。
明らかな間違いがありましたらこっそり指摘していただけるとありがたいです。


<8月>

■5日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
梶海賊団 21:45 渋谷無限大ホール (向井)

■7日
ばちーんんん!Fresh!(MC) 12:00 渋谷無限大ホール
白井と池谷があそびを作る~なつやすみ編~ 17:00 浅草花月
「YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO Digital Wonderful LIVE」 18:30 新宿ルミネ (尾形・向井)
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』SP 19:30 神保町花月 (菅)

■8日
YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO モーニングショー 10:00 新宿ルミネ
よしもと芸人ふれあいボウリング 12:00 田町ハイレーン(東京)
東京吉本若手・上半期楽屋10大事件 ホントの若手編 15:00 神保町花月
YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO @品川 16:30 品川プリンスシアター
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
デンコレ~WONDER CAMP Collection~  21:45 渋谷無限大ホール
 
■9日
8.9伝説の渋谷2000人ライブ 15:30 渋谷CCレモンホール

■10日
よしもと芸人ふれあいボウリング 12:00 田町ハイレーン(東京)
YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO コイバナトークSP 19:00 新宿ルミネ

■11日
よしもと芸人ふれあいボウリング 12:00 田町ハイレーン(東京)
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO @品川 18:00 品川プリンスシアター
浴衣DEお笑いファッションショーin代々木コレクション 19:00 山野ホール
第1回「一夜限りのハイアンドロー」 21:30 渋谷無限大ホール (菅)

■12日
よしもと芸人ふれあいボウリング 12:00 田町ハイレーン(東京) (尾形・菅)
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO ルミネFriday Night ADULTトーク 22:00 新宿ルミネ
神保町スケッチコメディオールナイトライブ 24:00 神保町花月 (向井)

■13日
よしもと若手芸人フレッシュスターボウリング 12:00 田町ハイレーン(東京)
∞ demore オールナイト後夜祭 23:30 渋谷無限大ホール

■14日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ
hype第1回大会振り返りトークSP 13:00 神保町花月
第二回お笑いクラシコ 19:00 渋谷無限大ホール (向井)
Adachilds 21:30 渋谷無限大ホール

■15日
トリオ・トリオ・トリオ 21:30 渋谷無限大ホール

■16日
ゼロイチ vs. 渋谷ばちーんんん 18:30 5upよしもと

■17日
パンサー×GAG少年楽団 14:00 品川プリンスシアター
真夏の大感謝祭寄席 16:00 北沢タウンホール
1×2×3(いちにさん) 21:45 渋谷無限大ホール

■18日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■19日
オモロ怖い!怪談漫才&ホラーコント大会 13:00 品川プリンスシアター
LUMI☆NETA120~真夏のネタ祭りSP~ 19:00 新宿ルミネ
ゲラゲラ恐怖寄席 24:00 神保町花月

■20日
仁義なき戦い~夜通し死闘編~ 24:30 新宿ルミネ

■21日
ばちーんんん VS 5upゼロイチ 13:00 渋谷無限大ホール
オモロー山下 若手交流戦! 19:00 Naked Loft
おおぎりくん 19:30 神保町花月 (菅)

■22日
1/3の純情な感情 13:00 渋谷無限大ホール (尾形)
トリオ対決ライブ 19:00 よしもと祇園花月(京都)

■23日
昼ばち祭 13:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■24日
クールビズ尾形とクールビズ芸人大集合! 15:00 神保町花月 (尾形)
夏祭り!ライブスペシャル特大号!! TOKYO9 19:00 新宿ルミネ (菅)
サカイスト新ユニットライブ!! ROYAL ROOM(仮) 22:00 新宿ルミネ

■25日
LUMI☆NETA120~真夏のネタ祭りSP~ 19:00 新宿ルミネ

■29日
タイムショー60分 17:00 北沢タウンホール (尾形・向井)
ショータイム~夏公演~ 19:30 北沢タウンホール

■30日
渋谷ばちーんんんJump (MC) 17:00 渋谷無限大ホール
渋谷不思議夜話~信じてもらえないけど本当の話~ 19:00 渋谷無限大ホール
チーモン白井の「死ぬまでにやっておきたい10のこと」 22:00 新宿ルミネ (向井)

■31日
夏ばち祭 ザ ファイナル 16:00 渋谷無限大ホール
夏ばち祭 ガ ファイナル 18:40 渋谷無限大ホール
夏ばち祭のあと~大反省会~ 21:45 渋谷無限大ホール


<9月>

■2日
トリオ組合 21:30 神保町花月 (菅)
あにめ酒 24:30 新宿ロフトプラスワン (菅)

■4日
子供の頃からの写真を見てみよう 18:00 時事通信ホール(東京)
パンサー向井緊急ファンミーティング 20:00 時事通信ホール(東京)

■6日
アームちゃんあっそぼ♪あっ、パンサー君!いーよ♪」 19:00 京橋花月(大阪)

■7日
LUMI☆NETA 90(1) 18:00 新宿ルミネ
LUMI☆NETA 90(2) 20:00 新宿ルミネ

■8日
「お笑いクイズダービー~3連単的中でサインをゲットしろ!~」 22:00 新宿ルミネ

■9日
仙台パンサー1000円ライブ 17:00 仙台Rensa
仙台パンサーvol.5~お笑いオータムコレクション~ 19:00 仙台Rensa

■11日
パンサー尾形のうごけっ!2 ~スポーツの秋サンキュー!~ 16:30 浅草花月
ついに、かたつむり林が興じる 18:30 浅草花月

■12日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■13日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■17日
ゼロイチvs.渋谷ばちーんんん 深夜の東西若手お笑い頂上決戦! 24:00 5upよしもと(大阪)

■18日
新ネタ×ゼロイチ&渋谷ばちーんんんSP!2 14:00 5upよしもと(大阪)

■21日
ROYAL ROOM(仮) 22:00 新宿ルミネ

■22日
おのれトーナメント2011 21:45 渋谷無限大ホール

■24日
漫才バトルG1 19:00 新宿ルミネ

■25日
ライブ・菅良太郎 16:00 浅草花月

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

パンサーのよしログを見たよという話  

昨日はパンサーのよしログでしたね。とはいえ出掛けていて、始まった時間は
電車の中にいたので、とりあえずツイッターでどんな感じかなーとチェックしましたら
なんかえらい賛否両論(そしてどちらかというと否が多い)で、なんじゃこりゃ!?、と。
で、どんな感じだったのかツイッターで教えていただきまして、そしてリピート配信を見て
ああこれはなあ、と。
以下さらっと感想。
の前に、見ていない方にどんな感じだったかちょっと説明。
パンサー3人だけのトークは最初と最後のそれぞれ10分くらいで、あとはずーっと
ゲストが来ていました。特に平成ノブシコブシ吉村さんに至っては、本当に
ずっと居座っていて、一旦帰ったんですがまた来たんで結局1時間半の
番組で合計1時間くらいはいたんじゃないでしょうか。
でゲストが来ると当然そちらがメインで話が進んでいきますので
パンサーとしてのトークはほとんど聴けずじまいでしたし、ツイッターでの
呟きもほとんど読まれずじまい、でした。


見る前に、見た方に感想を聞いたところものの見事に賛否両論だったんで、
伝え聞く内容と照らし合わせるとこれはきっと、”何を求めてよしログを見るか” に
よって感想が変わってくるんだろうなあと思っていたら実にその通りでした。
ただ、私個人の感想としては、やはりパンサーのよしログなのだからパンサーが
見たくてその時間わざわざパソコンの前にいるのにな、という気分ではありました。
シチサンがなくなった今、3人のトークが聴ける数少ない機会ですから。
3人のトーク、というかもうトーク自体そんなに聴けないですからね。
トークライブであるとかばちーんんんのトークコーナー程度で。

吉村さんは「パンサーだけが好きなんですか。お笑い全般が好きじゃないんですか」
と言っていたんですけども、今回のよしログに関しては例えるならば、
カレーが食べたくて店に入ったらラーメンを出されて、「このラーメン美味いから。
サービスだから!」と出されたような感じ、といいますか。
それも、カレーがメインでラーメンが小鉢程度でしたら、おっラッキー!、という
感じになるんでしょうけども、ラーメンがメインでカレーが小鉢だった感じ。
好きとか嫌いとかじゃなくてさ、今日はカレーを食べに来たんだけど、っていう。
ラーメンが食べたかったらラーメンの店に行きますからね。

何というか、看板に偽りあり、という感じだったなあ、というのが正直な感想。
あと、引き際は本当に大事だなとつくづく思いました。
これ固有名詞を言うのは避けますけど、以前のよしログでゲストとして来て
延々延々延々延々ライブの告知をしていった人がいて、もう絶対この人のライブには
行かない、と固く決意したことがあったので。
帰ってくれと言われて帰らないのって単純に逆効果なだけだと思うのですがね。

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

メメの解散に思う  

東京NSC13期生の女性コンビ ”メメ” が8月29日で解散する事をそれぞれのブログで
発表しました。
堀さん「駆けつけ一杯。」 高橋さん「ロッカールーム」
堀さんが芸人を辞めることでの解散ということで、ケンカ別れとかそういうことでは
ないとのことだったのですが、とにもかくにも残念でなりません。
私がネタを見れたのは一度だけだったのですが、面白かったんですよ。
お二人とも野球が好きということで野球ネタだったんですけども、多分野球を知らない
人でも面白いと感じられるんじゃないのかなーと思ったネタでした。
今年のTHE MANZAIでも50組に選ばれる事はなかったのですが、行った人の感想を
見ると概ね高評価で、トップバッターという不利な状況の中でも笑いを取っていたと
書かれており、本当にこれからの人達だったのになあと思うと実に残念です。
とはいえ本人らが一番残念でならないとは思うのですが。
事情は分からないですが、辞めたくて辞めるわけではないと思うので。

私が最初にメメを知ったのは、囲碁将棋のシチサンでした。
キレず嫌い王という企画がありまして、ゲストがそれぞれ言われたら嫌な悪口を
出してきて、その中で本当に言われたらキレる1つを当てる、という、まあ言うなれば
食わず嫌い王のパロディをやっていたんですね。
で、そこで実際に悪口を言う役だったのがメメの2人。
これがまた2人ともめっっっっちゃめちゃ上手いんですよ。言い方が。
ものすごくイラっとくる口調で言ってくるので、キレる台詞はこれなんじゃないか、
いやあいつに言われたら何でもキレるって、とか相当盛り上がりましたし。
これほんっとめちゃめちゃ面白いので機会があったらぜひ見てみてください。
もしかしたら見ホーダイでないと見られないのかもですが。

その後が無限大の前説だったのかルミネの青田買いだったのかは覚えていないの
ですが、ルミネの青田買いに行ったらメメも出ていまして、そこで初めてネタを見て
最初はキレず嫌い王の人達だなーくらいにしか思っていなかったんですけども
ネタを見たら面白いですし、しかも高橋さんの方は宮城出身ということで
東北出身者は無条件で応援するという私のポリシー(?)もあいまって
それ以来応援していました。
まあ応援していたといってもなかなかネタを見る機会がなくて、たまに無限大で
前説を見るくらいだったんですけども。
ただその前説も面白かったんですよ。前説って実は相当難しいと思うのですが
お客さんを盛り上げていて上手いなあと。
なので無限大に行ってメメが前説だと嬉しかったりもしましたし。
それもあって、解散というのは本当に返す返すも残念です。


せっかくだから貼っておこう。ある日の前説。

都会で奇跡のやまびこ!?





ところで。
私は当時を知りませんが、ブルースタンダード(向井君の前のトリオ)であったりとか
ハイアンドロー(菅君の前のコンビ)やグレートホーン(尾形君の前のコンビ)が
解散、となった時はきっとそれぞれ大いなる衝撃だったんだろうなと思います。
尾形君に関してはまだサンキュー尾形としてピンでやっていましたけども、
ジューシーズの単独しか出ていなかった菅君であったりとか、大学に行きながら
新たな相方を探していた向井君のファンにしてみれば、このまま芸人を辞めるんじゃ
ないだろうかとかフェードアウトしたらどうしようとか多分相当心配したのではないかと
思うんですね。
結果的には新たにこの3人でパンサーを組んで大成功だったわけですけども、
ここに至るまでにはまた色々な苦労があったわけですし。とはいえその辺りのことを
書くと話がずれるので置いといて。
今年は結構、これからの人が解散したりして非常に残念に思うことが多いのですが、
結果的にあの時解散したことでお互い良い方向に行けたね、と言えるようであって
欲しいなと思います。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第三十四回感想  

またもやお久しぶりです。
正直、夏だから暑いからというよりも、土日出勤が堪えている感じの今日この頃。
慣れもあるんでしょうけども、平日休んでもなんか休んだ気にならないといいますか。
地味に疲れがたまる感じです。
なのでまあ9月まではこんな感じでだらだらかもしれません。
書きたい事は色々あるんですけどねー!

でもってまず『333(トリオさん)』の前々回分の感想から。
毎度分かっていると言われそうですが出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


感想の前に。前回書き忘れていた『333(トリオさん)』DVD1巻特典の話。
児玉さんが何をやったかというくだりで、「ユカちゃんに電話した」と言った時に
菅君が「公共の電波使って好きな人に電話しただけじゃねーか」と突っ込んだんですけども、
”好きな人” という単語のチョイスが実にらしいなあと思った次第です。
多分他の人なら、”女(の子)” か ”彼女” と言うところだと思うのですね。
そうじゃなくて好きな人と言う辺りがなんとも菅君だなと思ったんでした。


今回、初回以来の私服姿になんかものすごく新鮮な気持ちになると共に、
なんともいえない違和感が(笑)。この番組内であのTシャツではないっていうのが
違和感になるくらいに浸透してきたんだなーと思った次第です。
そして同時に、やっぱり色々と時間がないのだろうなあ、と。
8.9伝説のライブに向けての色々な準備もありますし、単純に3組揃っての
スケジュールを抑える事自体も容易ではなくなっているんだろうなと。
ただ集合場所が無限大ホールだろうがなんだろうがTシャツに着替える時間くらいは
あったと思うので、本当に緊急(Tシャツを持って来てと事前に連絡出来なかった
くらいに)だったのだろうなあ。
とか考えると、そりゃ番組内容もこんな感じになるよな、と。

でもって作詞の宿題が出されて、3日後に回収、と。その4日後には曲完成って
ほんとに急ピッチですよね。
慌ただしく色々なことが決まっていっているのだなあと。そりゃ私服で出ることにもなるわ。
ただ、急ピッチで出来た割には、というか普通にいい曲ですよね。キャッチーですし。
覚え易くてつい口ずさんでしまう感じですし。
タイトルの『333ライズ』とかユニット名の3ライズとかもすごい考えられていますし。
そしてちゃんと全員が参加出来る、というのがいいなあ、と。お客も含めてね。
これDLじゃなくていっそCDにしてくれないかな(笑)。
その場合カップリング曲には(松橋)しゅうたの、♪結局いいわけ~、を入れて欲しいです(笑)。


それにしても、前にも書いた気がしますが売れるってこういうことなんだよなあ、と。
なんていうか、良くも悪くも自分たちのフィールドを飛び出して、色々なしがらみが
出来るといいますか。
難しいところなんですけどね。
有吉さんが以前、「ブレイクするということはバカに見つかること」という名言を
発したんですけども、それをしみじみと感じる今日この頃です。
この辺りのことを書き出すとものすごく長くなりそうなのでまた機会を改めて。







で、もって。
HPに向井君の没歌詞がアップされたということで見たんですけども、
あのこれ、正直な感想を言ってしまいますと、汚すぎないか?、と。
こういうのって普通清書用じゃないのかと思うんですが。まさか考えながら直書きした
わけではないと思うんですが、でもどうなんだろう、と。
他の紙に下書きするなり携帯とかで打つなりして、提出する分に関しては
それを清書、とすべきだと思うんですが。
だって渡す相手は吉本の社員さんではないわけですし。
これ会社で考えたら取引先のプレゼン資料があれ、ということになりかねないんじゃ、と
思ったんですが、まあ個人対個人ではありますしね。
ただ、せめて修正テープ使えば、と思ったのは正直なところだったりします。
修正テープなんて100均でもコンビニでも売っているわけですし。
人様(しかも他業種)に出す文書なんですから。
もし私が歌詞を選ぶ立場にいたとしたら、ちょっと読む気なくすと思うのですね。
せっかくのいい歌詞なのに勿体ないなと思うのです。

category: 333

tb: 0   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。