幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

『333(トリオさん)』第二十七回感想  

先週といい今週といい、なんでこうがっつり書きたい時に限って時間がないのかと。
なので今回も軽く。
次の回観て時間があればがっつり書きたいなーと思ったんですが、日曜ライブだしあと
来週は水曜金曜もライブあるし、という時点で時間ないなと気付きました。
お前時間ないって遊んでるだけじゃねーかと言われそうなんですけども、その通りですよ!
(開き直り)。
そんなことはいいから早く書けばいいのにって感じだな、うん。

皆分かっているとは思いますが一応出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


今回は3組とも出演、そして酒を飲みつつ本音を語り合う回の第二弾。
公式サイトでこれが発表された時、特にパンサーファンは皆『向井君大丈夫なのか?』と
心配したんじゃないかと思うんですけども。キス魔になるんじゃないかとかね。
そして当然ながらその辺りが分かっている相方さん達が終始向井君を気遣っていて
やっぱり相方っていいなあ、としみじみしたんでした。
児玉さんも珍しく(赤羽)健ちゃんにずーっとべったりでしたし。(松橋)しゅうたが
だまさんにべったりするのはいつものことですけども、だまさんから、というのは普段あんま
見ない気がしたのでちょっとばかし意外でした。

太田君が最初仕掛けに行きながら、番組後半に向井君が泣いたくだりでは完全に
向井君側に立っていたのがやっぱりさすが太田君だなーと。
あくまであの時はだまさんと向井君のことですから、そこに入っていったら違うだろ、と
なりそうでしたから。
普段の太田君ならもちろんそのくらい瞬時に判断出来ると思うのですけども、
あれ相当飲んでましたよね。そんなに酔った感じは見られないなとは思っていたんですが
アップになるとやっぱり目がちょっと違っていたので。
しかも15杯だか飲んだとナレーションで言われていましたからね。
何を飲むかにもよりますけど15杯って相当ですよ。
私は7、8杯くらいだもんなー。そう考えると倍か。

そして完全に目が違っていた向井君ですが、怒ったくだりはまあ普段も見ないわけでは
ないのでとスルーしていたんですけども、まさかあれだけ泣くとは思わなくてびっくりでした。
しゅうたも言っていましたけども、ほんと5秒で泣けるってすごいな。
感情の昂りが頂点に来たんでしょうね。
本人も後でオンエアを見て、なんでこの程度の事でこんな泣いたんだと思ったかも
しれないんですけども、でもなんか分かる気がするんだよなあ、と勝手に。
なんていうか、今までの(一緒に過ごした)日々を全否定されたような気分になったんじゃ
ないのかなと。こっちは信頼して色々話をしていたのに全然伝わってなかったのか、と。
今回は笑いながら見ていたんですが、あの辺りは見ていて結構きつかったです。
とはいえ別にだまさんが悪いというわけでもないんだよなーと。というか誰が悪いとかでは
ないわけなんですけども。ただ、だからこそこの温度差はきついなと思いました。
そして、この時に一番抗議していたのが斉藤君というのがまたなんともね。
こういう機微に敏感なのってやっぱり斉藤君かなとも思うので。

ただ、だまさんが悪いわけではないんですが(そして酔っ払っていたというのはあるんですが)
あのくだりで冗談を言ってしまうのはどうなんだろうなと。
しかも全然面白くないですし。面白かったらまだテレビ的にOKだったんでしょうけども。
というか、だまさん前回の酒飲み企画でもユカちゃんに電話したりしていましたし
この企画をやる度に、だまさんの好感度が下がっているような気がするんですが
大丈夫なんでしょうか。

酔っ払いまくりの向井君をさりげなく庇う菅さんと尾形君に、ほんと相方っていいなあと
改めてしみじみ。
向井君が泣いたところでは優しく頭を撫でていたりとか、菅さんほんと優しいなあ。
以前向井君が、「菅さんは飲むと甘くなって優しくなる」と言っていましたけども
ほんとだなあとか思ったり。
尾形君は酔っても尾形君でしたね(笑)。


ところで。これは今回のこととはちょっとずれるんですけども。
向井君、飲んであれだけ豹変するというのはちょっと心配だったりもします。
いや、完全に憶測で書きますけども(というかこのブログ自体がそうですけども)、
向井君って枷の多そうな人なので多少心配だったり。
枷というか、何て言うんだろう、こと仕事に関しては頑張らなきゃいけないとか
しっかりしなきゃいけない、と自分の中で決めている感じといいますか。
頑張ろう、ではなく、頑張ら ”なきゃいけない” 、というね。
パンサーに関しても、こういう言い方をするのもなんですが尾形君だけでなく
菅さんも結構ネタをミスしたりしますから、そういう場合ツッコミである向井君が
立て直さないといけないわけで、そうなると自分がちゃんとしないと、と思うのかなあ、とか。
そしてこれまたなんとなくそうじゃないかと思う程度なんですけども、努力する事が
当たり前になっているので、そういう、”しなきゃいけない” が無意識下にある可能性も
あるんだよなーとか。
いや分からないですけども。
自分ではストレスを発散していると思っているけども実は結構溜め込んでいるタイプでは
ないかとも思われるので、たまには限界まで飲むのもありなんじゃないかと私なんかは
思うんですけどね。
家で信頼出来る、多少迷惑をかけても笑って許してくれるような相手と。
幡ヶ谷の家とかいいんじゃないの、とか勝手に。しかも人ん家なんだ(笑)。
いや、松ちゃんも近ちゃんも(多分)じろうちゃんもきっと笑って許してくれると思うので。
太田君は……ごめん分からないや(笑)。

自分が飲んだ時のことを考えると、酔った時ってストッパーが外れるといいますか
抑えていた部分が出てくる傾向にあると思うので、たまーにはがっつり飲んで発散させるのも
いいかもしれないよね、と。半年に一回くらいとか。

こういうことを書くと、きしょっ、と思われるかもしれないんですが、書いている自分が一番
そう思っているんでね。
まあ、こんな辺境の地でひっそり書く分にはいいよね、と。
常に自分に甘い人間ですが何か問題でも?(大問題)
スポンサーサイト

category: 333

tb: 0   cm: 4

エビカツ  

時間がないので軽く。最近そんなばっかだなー。
パンサーの向井君が「エビカツを貰った」とツイッターで書いていて、海老カツ貰うの!?、とか
思っていたんですが、AKBの新曲『Everyday、カチューシャ』のことだったんですね。
誰が言い出したのかは分かりませんが(ちょっと調べたら4月にはもうそう呼ばれていた
みたいですし)、上手い事言うなーとか。そういや、渡り廊下走り隊をワロタと呼んでいるのを
見た時も(その呼び方がどのくらい浸透しているのかは知りませんが)、上手い事を言うなあ、とか。

さて向井君もお気に入りだというエビカツですけども、私もCD買いました。
CMも頻繁にテレビで流れているのでご覧になった方も多いと思うんですけども、
元気で明るくてこれからの季節にぴったりだなーとか。
水着で踊っていても変ないやらしさもないですし。
去年出した『ポニーテールとシュシュ』を彷彿させますけども、ファンが望んでいるのは
こういう歌なんだよなーと思ったりします。

前にも書いた気がするんですが、王道を突き進むのって実は結構勇気のいることだと
思うのですね。
やっぱりどうしたって話題は欲しい訳ですし、そうなれば奇策に走った方が話題には
なるでしょうし。王道を進めばまたそれ、と言われる可能性も増えるでしょうし、一見楽ですからね。
とはいえ、王道を進むというのは世間のニーズに対して常にアンテナを張り巡らせる必要が
あるのですよね。多数が求めているものが王道になるわけですから。
それは時代によっても違う訳で、常にその時代のニーズに合ったものを作り続けるって
ものすごいことなんだよなーと。
秋元氏に関しては色々言われる事もありますけども、ただ彼の、世間を読む力っていうのは
とんでもないものがあるよなと常々思います。だっておニャン子の頃とは求められているものは
全然違う訳じゃないですか。ちゃんとその時代時代にあったものを作り続けるって
並大抵のことではないよなと思ったりします。

ハロプロファンの私としては、こういうニーズに合った歌をリリースしてくれるというのは
羨ましい気持ちもあったりします。
彼氏が欲しいから合コンに行く、とかいう歌を出されてもさ、という。いや私は別に
彼女らに対して恋愛感情は湧かないからいいっちゃいいんですけども、これいいんか?、と
歌が出た時思ったので。
やっぱり、夢のある存在でいて欲しいので。アイドルというのは。

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

僕らの休み時間 ちょこっとレポ  

昨日今日は、AKBの握手会があったんですよね。私はバルボラーチョ他色々ライブが
あったので行けませんでしたが。行きたかったなー。握手券はあったのに。CD買ったから。
AKB関連は数カ所ですけどもブログやテキサイを見たりしています。古参が多いので
メンバーともすっかり顔馴染みで、すごいところになると(そのファンの人の)ブログも読んでいて
握手会に行ったらブログの感想をメンバーから言われたりするとか。普通逆よね(笑)。
ちなみに私はAKBを某テキサイサイトさんで初めて知りました。その頃はまだメジャーデビュー前で
チームBも出来ていなかった頃。チームKが結成された辺りだったかな。
あの頃は、秋葉原の劇場も当日ふらっと行って入れたんだよなー。
なぜあの頃行かなかったのか自分。


それはさておき。
昨日行った『僕らの休み時間』レポです。が、オフレコにしてねというお達しが何度かあったので
まあ軽く。ちなみにオフレコ部分の内容ですが、本人がどうこうというよりは聞いた話の内容で
あるとか周囲の人がとかな感じだったので、出演メンバーの秘密が!みたいな感じでは
なかったかなと。
ただ、今後オフレコ部分は増やしていくようなことも言っていたので、気になる方はライブに
来てください、だそうです。
と書いている私ですが、次回は日程の問題で行けるかどうか微妙っていうね。

まずは出演者。公式ページのスケジュールからコピペ。
パンサー向井/チョコレートプラネット(松尾・長田)/シソンヌ(MAD・じろう)/
(レギュラーゲスト)バース近藤

思い出した順に書くので、話の順番はバラバラです。

最初にMADが1人が登場。左右色違いの靴にざわめく会場。
「はい靴でざわざわしなーい」
なんていうブランドだかは忘れましたが、右が茶色で左がエメラルドグリーン(左右逆かも)の
”チョコミント” という靴(スニーカー)だそうで。本当にそれで売っていたそうです。
でまずはお客さんに質問。遠くから来た人にどこから来たか訊いたら「名古屋」と。
そしたら袖からひょこっとじろうちゃんが出てきて、「名古屋から来たんだ」と言って
また袖に戻って行く、と(笑)。
長田君は肩だけ出したりとか足だけ出したりしていました。
「悪いとこだけが出てる!」(byMAD)

で、レギュラー(笑)の全員集合。やっぱり弄られる靴。「うちのおかんは理解出来ない」と
言ったのは誰だったかな。
そして話は松尾君がMADと服を買いに行った時のことへ。
もう並大抵の買い物には驚かないけど、こないだはほんとにびっくりしたと。
「こいつ、スカート買ってんの!」と松尾君。
いやスカートじゃなくて片側だけあるやつね、みたいなことをMADが言っていたんですが、
ファッションにはことごとく疎い私は何が何だか分からず。ということで説明も出来ません
ごめんなさい。
「スコットランドのバグパイプ奏者じゃん」と誰かが言い出して、松尾君がバグパイプを
演奏する顔(?)をしたんですけども、その顔がめっっっっちゃめちゃ面白くてですね!
ちょっと私の拙い文章では全く説明出来ないのではぶきますが、ほんっっっとに
面白かったんですよ。向井君とか崩れ落ちて笑っていましたし。
そして近ちゃんが呼ばれたんですけども、近くで見せてという近ちゃんのリクエストにより
またその顔をする松尾君。
「俺が松ちゃんの一番のファンだから」(by近ちゃん)
ところでこのライブにおける近ちゃんの立場ってなんなの?、いつまでゲストなの?、と
いうことになり、近ちゃん曰く「レギュラーゲスト」だと。
トンファーの山西君もこのライブに出たいという話でした。

話が前後しますが、このライブの前(バルボラーチョのお芝居)が押しまして、
開場時間が9時だったんですけども、9時になっても前の舞台が終わっていないという状況
だったんですね。なのでこれは開演相当押すなーとか思っていたんですが、客出しが
終わって、じゃあとか思ってロビーに入ったらもう開場が始まっていたんですよ。
なんつー速さだと思いつつ客席に入ったんですね。
で、そんな遅れる事もなく開演したということで、出演者の皆にとっても完全に予想外だった
らしく、特に前の芝居も出ていた向井君にとってはかなりバタバタしたみたいです。
こんなに早く始まるとは思わなかった、と皆口々に言っていました。
CDを聴いたりトイレに行っていたら始まると言われて慌てて準備したとか。

毎回、次回はこれをやるあれをやると言いながら全くやれていないということで、
今回はMADによるコーディネートをすることに。
相手は長田君。服ですが神保町花月のブログに載っているのでそちらを参照してください。
ほんと似合っていてかっこ良かったです。
次回は向井君がやるそうです。これまた楽しみ……とか思ったけど次回行けるか微妙だった。
そして自分をイメチェンしてもらった長田君、「松ちゃんもやってくれ」と。
なんでも松ちゃんは無地のTシャツが好きだそうで無地ばっか着ているとか。
長田君曰く、「今日は珍しく ”ユウジ” だけど」
ユウジ?、何それ?、と意味の分からないメンバー。
無地に対しての有地、だそうです(笑)。

近ちゃんの怖い話。
松尾君と近ちゃんとジャングルポケット太田君で住んでいる家ですが、最近はじろうちゃんも
一緒に住んでいるそうです。じろうちゃんは近ちゃんと同じ部屋で寝ているとか。
同じ部屋にいてストレスとかたまらないの?、と訊かれて、2人とも「特に」と。
近ちゃんによると、最初は1人が良かったけれど、(3人で)一緒に住むようになって
次第にプライベートがなくなってきて、なんかもう馴らされた感じ、だとか。
そしてじろうちゃんと一緒に寝ていると近ちゃんも安心するのか、寝ながら徘徊はしない
そうです。
なんですが、ある時家に近ちゃん以外誰もいなかった時、ベッドで寝ていたはずだったのに
気がついたらトイレの前に座り込んでいた、と。
その時点でうわああああー、という感じの客席&舞台。
でちょうどその時に太田君が帰って来たので、「太田、おれなんかトイレの前にいた!」
とか言ったら、太田君は意味が分からなかったようで「お前何言ってんの」と言われたとか。
で、無意識に行動するということで、「そのうち料理でも始めんじゃないの」と。
材料を切って鍋に入れて火をつけた時点で止まるかもしれないよ、危ないよ、と。
なので松尾君によると、包丁はちゃんと隠しているそうです。危ないから。
だっんたですが、じろうちゃんが引っ越してきた時に松尾君にトンカチを借りて、
これこのままにしていたら危ないなと思っていたんですけど忘れて寝てしまい、で起きたら
机の上にあったはずのトンカチが床に落ちていたと。
ぎゃー、となる客席&舞台。
今度ツアーに行ったら近ちゃんの怖い話披露しようよ、ということになっていました。

近ちゃんの怖くない話。
なんでも、よく鍵をなくす、と。
この話をした時向井君が「ほんとよくなくすよね!」とさんざん言っていたんですが、
いやでもあなたも結構なくすって以前シチサンで言ってなかったっけ、と思ったのは
ここだけの話。
以前(中学くらいだったかな)、皆でボールプールで遊んでさあ帰ろうとなった時に、
ボールプールの中に鍵を落としたと近ちゃんが言い出しまして、それまで楽しかったのに
皆一気にテンションが下がりながら鍵を探した事もあったとか。
財布も年に1回のペースで落とすそうで、もう落とすなら財布いらない、となって、今は
封筒にお金を入れて持ち歩いているそうです。
「日雇労働者だよ」と誰かに言われていました。
駅の券売機で切符買う時に封筒からお金を出して買うそうです(笑)。
で、家の鍵を失くした近ちゃん。しかもそんな日に限って誰も家におらず連絡もつかない。
どうしようと考えた時、そういえば窓の鍵をかけ忘れたところが1つあった、と思い出して
そこから入る事に。
なんですが、そこの窓に行くには狭い隙間を通らねばならないということで、隙間を
横歩きしながら向かっていたんですけども、次第に狭くなる隙間だったということで
見事にハマってしまう近ちゃん。
どうしよう誰かに連絡するかと思ったけれど、「こんな姿を松ちゃんに見られたら笑われる」
から嫌だと。
でも先には進めないし戻れなくてどうしようかと思っていたら大家さんがやって来て、
「合鍵、ありますよ」と。
大家さんによると、物音がしたので最初は泥棒かと思って見てみたら近ちゃんだったと
いうことで、ああ鍵ないんだなと判断してくれたようです。
松尾「その時は眠くならなかったの?」
近藤「ちょっと眠かったけど耐えた。これで寝てたら松ちゃんに笑われると思ったから」
松尾「いやそれで寝てたら心配するよ!」
このくだりがなんかツボでした。

向井君が家の中に閉じ込められた話、は、ばちーんんんのトークでもやっていたので割愛。
長田君が回していたムービーを今回見たかったんだけどねーとも言っていました。
結局は見られなかったんですけども。

MAD、西野カナとコラボ話(笑)。
西野カナがコラボしているWISEがMADにそっくり、という話になりまして、誰だったかな、
先輩にMADが「西野カナのPVに出てたろ」と言われたとか。
と書いておいてなんなんですが、ミュージックシーンにも疎い私はこれ合っているのか
今一つ不安だったり。いや西野カナとコラボしている人がMADにそっくり、という話で
盛り上がっていたんですよ。で写真見たら、多分この人だよなあ、と。
違ったらこっそり教えていただけるとありがたいです。


途中途中にオフレコ話が入るので、どっからどこまで書いていいのかよく分からず、
ということでこれにてレポ終了。
大丈夫な部分だけ書いているとは思うんですけども。
今回もまた、あっという間の1時間でした。
次回どうだろうなー。行けたらいいんだけども。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

1×2×3 レポ  

ただいま、神保町付近の漫喫です。
「僕らの休み時間」待ちの間にレポ書きに来ました(笑)。
時間までにどこまで書けるか勝負どころ。
とはいえ、初めて入った漫喫なんですけどパソコンが使い辛い事この上なし。
違うとこにすれば良かったなー失敗した、と思いつつ。
つかそんなことはいいからさっさと書こうぜ私。

あ、ルミネの「+1」のレポはこの前日の記事として何事もなかったように後日アップします。
多分。
(※アップしました)


まずは出演者。このライブはピン、コンビ、トリオがトークをするというものなので
ピン :ブレーメン岡部
コンビ:LLR(伊藤・福田)
トリオ:パンサー(尾形・菅・向井)
という組み合わせになっていました。
でまず全員集合……のはずが一人足りない。
伊藤ちゃんの隣が不自然に空いている状態。
向井「明らかに1人足りないですよね」
伊藤「あれ? 向井には見えない?」
とかのやり取りもあったり。
いなかったのは福田君だったんですけども、いとーちゃんが
「交通事情で遅れるって言ってました」
と言った時の、会場全体に流れる『寝坊だろ』という空気(笑)。
その空気を感じ取ったいとーちゃん。
『あれ? 信じてんの俺だけ?』
あなただけかと思われます(笑)。
伊藤「前もさ、俺らとパンサーのシャッフルトークあった時も福田が遅れてきて……」
向井「待ってください、それ、俺らのせいにしようとしてませんか?」
伊藤「っていうか、パンサーのせいって言おうと思ってた」
いとーちゃんひでえ(笑)。ただそういうところも大好きだー!

とりあえずいるメンバーで自己紹介。「ブレーメン岡部でーす」
これ、ついつい言ってしまうそうです。「の」って。
本来の名前はなんなの、と訊かれ、「ブレーメン岡部」と。
「本当はナイスパス岡部にしようかと思ったんだけど…」と言ったら尾形君が
「いい名前だー」と。
しかしながら、「そういうこと言うの尾形さんみたいな人しかいない」と(笑)。
ちなみに尾形さんみたいな人とは、サッカーが好きな人だそうです。
ただ、評判が悪かったので、ブレーメン岡部に。
岡部「あと関根が戻って来るかもしれないし」
いや来ないでしょう、と皆に突っ込まれていたのがなんとも…。
この流れでだったかな、みんなサッカー経験者だと尾形君が言い出して
(向井君はちょっとやっただけ、と言っていましたが)、それぞれのポジションを
訊いていくことに。
菅さんがキーパーというのにいとーちゃんが驚いていたんですけども(多分あんま
サッカーというか運動のイメージないんだろうな)、菅さんが言うには成長が早くて
中二から体型が変わっていないと。なのででかいだけでキーパーやらされていた、と
いうことでした。
そしてそれぞれのポジションを訊いて向井君にも訊いたんですけども、向井君は別に
本格的にやっていたわけではないので分からない、と。それでも食い下がる尾形君。
そんな中でいとーちゃんが「企画の説明しますか」と。
尾形君によると、「フォーメーションで並びたかった」そうです。
「良かったー止めてくれて。そっから何も生まれなかったよ」(by向井)。

企画趣旨。
くじを引いて、1人、2人、3人の組に分けてそれぞれトーク。
「うわー1人は嫌だー」と口々に言う面々。
「俺岡部と2人も嫌だ」といとーちゃんが言うと、「岡部、尾形のOラインは嫌」と向井君。
そして誰の1人トークが見たいか客席に問うと、「菅さん」と。
菅「今言ったの誰!?」
客席に詰め寄る菅さんでした。
で、この時まだ福田君が来ていなかったということで、「1人、福田でいいじゃん」と。
とはいえちゃんとくじ引きで決めることに。
くじなので、もしかしたらそれぞれのコンビやトリオ、ピンでのトークになるかも、とかいう
話をしていたら福田君登場。
皆が寝坊を疑う中、「いや寝坊じゃないからほんとに。俺今日ここの誰よりも早く家出たもん」
で何時頃出たかというと、「1時半くらい」
「結構遅いじゃん。午前中かと思った」(by伊藤)
で、まあこれこれこれこれこういう交通事情で遅れた、という話をした後、無事全員揃ったと
いうことでくじを引くことに。
くじの結果。
3人…LLR2人とも・尾形
2人…岡部・向井
1人…菅
という取り合わせに。
菅さんの1人トークということで会場大盛り上がりでした。

(トークの内容の順番とかは適当です。思い出した順に書いているので)
まずは2人トーク。
岡部さんと向井君は舞台に残らねばならなかったのにはけてしまう岡部さん(笑)。
向井君に突っ込まれていました。
岡部君は、(ピンになってから)向井君とは仕事をしているので(お笑いクラシコ)、
気持ち的にちょっと楽みたいなことを言っていました。
そしてまずはお互い、1人トークでなくて良かったねー、と。1人は嫌だと。
2人とも、こういう時に嫌だと思っているものを引いてしまうところがあるので、気持ちをフラットに
した、と岡部さん。
「スイッチ切ったの」
「ああ、心のね」
「この辺(斜め前)にスイッチがあって」
「いや全く意味が分かりませんけども」
岡部さんによると、足で踏んでスイッチを切った、と。
向井君も結構嫌だと思っているのに当たってしまうということで、気持ちを無にしたというような
ことを言っていました。
で話は岡部さんのピンのことに。今どんな感じなのか、と。
コンビ時代はネタを作ったことがなかった岡部さん。ピンネタを作るに当たって、
机に向かったそうなんですけども、「ほんとに漫画みたいなことするね」と。
行き詰まってくると鼻と口の間にペンを挟んでみたりとか、ペン回しをしてみたりとか、
紙をぐしゃぐしゃっと丸めて後ろに投げるとか。
ほんとにやるんだ、という話で盛り上がったりとか。
そして先日、ばちーんんんチャレンジに出た時の話に。
どんなネタをやったのか訊かれて、ダンスネタをしたと言ったら向井君が食いつきまして、
「面白い匂いしかしない!」と。
「ちょっとさわりだけやってもらっていいですか」と少しだけやってもらっていました。
でやっぱりピンネタは大変だねーという話から、「パンサーもR1出たでしょ」と。
「向井何回戦まで行ったんだっけ?」「二回戦です」「菅さんは?」「二回戦」
しばしの沈黙。
「はい尾形は一回戦落ちです!」(by向井)。
とはいえ向井君が見ていた限りでは面白かった、と。
そして登場シーンも再現してくれました。
あー話が前後しますけど多分前の方で言っていたのが、
向井「実際どうですか、今」
岡部「一週間ってこんな長いんだ、って思う」
と。
その流れだったかなー。話は向井君の ”芸人をやっていない時” のことへ。
前のトリオ(ブルースタンダード)を解散して半年くらい芸人をやっていない時期があって、
とはいえ向井君は大学に通っていたので、その時期を利用して卒業したと言っていました。
中退か卒業かってやっぱり違いますからねー。
で、その芸人をやっていない時に本社に行かねばならない用事があって行ったら、
ちょうどネタ見せか何かで同期が集まっている時で、なんかもう別世界の人に見えた、
でしたっけ。ちょっと違うような気がするんですが、まあそんなニュアンスのことを言って
いました。もちろん向こう側はそんなことは思っていなくて「よう向井! 久しぶりだな」
とか普通の感じなんですけども、どうしても勝手に卑屈になってしまった、と。
それを聞いて岡部さんが、「あー転校したみたいな」と。
「転校したけど忘れ物して取りに帰ったみたいな感じ」
「そうそう」
「……いや分かってる? あんまそんな事ないよ」
とはいえちゃんと向井君は分かってましたし会場も皆分かってたんじゃないかなー。
あーこのちょっと前くらいのことだったと思うんですけども、向井君がいきなりじゃんけんを
仕掛けまして、その時はあいこだったんですね。で、「とにかくじゃんけん勝てない」と。
『333(トリオさん)』でじゃんけんをやる時、とにかくパンサーは勝てないと。
で、じゃんけんをする時、一歩踏み出した時点で『あ、俺負ける』と分かるとか。
そしてそういう時は絶対勝てないそうです。
いやでもなー、これなー、じゃんけんに関しては気持ちの問題もあると思うんですよね。
前にAKBのじゃんけん大会の話をしたことがありましたけども、「勝ってセンターを取る」と
唯一明言していた娘が本当に勝ってセンターを取っていたんですよ。
なので、気持ちの問題も大いにあると思うですがねー。
でその時はあいこだったんですが、話の途中でいきなりじゃんけんをしよう、ということに。
その後2回いきなりじゃんけんをやったんですが、2回とも向井君が負けていました……。

1人トーク。
椅子を持ってくる菅さん。座りながらのトークでした。
「何話しましょ」と造作ない感じの菅さん。で緊張するとお腹が痛くなるという話から
先月ノロウィルスや他のウィルス性の病気にかかった話へ。
仕事を休んでいる間、家にいなければならないし暇でしょうがなかったと。
なのでネタを書いていたのだけど、熱があったせいで何でこんなネタにしたのか
分からない、という話に。
箇条書きにしているというネタを少しだけ披露してくれました。また後日パンサーのネタで
見られるかもしれないのでここでは書かずにいますが。というかぜひネタに昇華して
欲しいわー見たいわー(笑)。
そして話すことがなくなった(笑)菅さん。悩み相談のコーナーを勝手に始めるという
斬新な構成へ。
最初の、「モテない、彼氏がいない」という悩みは、まだそのお客さんが16歳ということで
「大丈夫大丈夫。ここにいる人みんな彼氏いないから」と。勝手に(笑)。
最後の「弟が思春期で話をしてくれない」という悩みに対しては、これまた色々と。
「『別に』って言うでしょ。あれってオールマイティな言葉ですよね。『あんた今日何してたの』
『別に』で返せますし。便利な言葉ですよね。でも別に……」
うっかり使っちゃってしまったという感じで言葉を止める菅さんでした(笑)。
そして話は菅さんの5つ上のお姉さんの事に。
20歳過ぎの時の話らしいんですが、クリスマスに目覚めたら枕元に大きなダンボールが
あって、中を見たらミニコンポが入っていたと。
実はそれはお姉さんからのプレゼントで、しかもその数週間前にさりげなく菅さんに
何が欲しいか聞いて、菅さんが欲しいといったものをプレゼントしてくれた、と。
客席がなんか感動する中、菅さんが一言。
「だからね、結局はモノですよ」
だいなし(笑)。


時間切れなので残りはまた後で。
とりあえず出来た分だけ上げておきます。

さて、家のパソコンで続き。あーやっぱ使い易いわー。
どうでもいいけど昨日の夜、キーボードにジュースこぼして使いものにならなくなる夢と
『333(トリオさん)』の録画に失敗する夢を見ました。
夢で良かった。

3人トーク。
LLR&尾形君、という構成。尾形君はLLR2人に対して「前のコンビの時からライブに
いっぱい呼んでくれて」と感謝の気持ちを述べていました。
これ、チーモンチョーチュウとのシャッフルトークでも白井さんに言っていたんですよね。
呼んでくれて、って。
私が記憶ないだけかもしれませんが、あんまり他の人が(舞台上で)「いつも呼んでくれて
ありがとう」と言うのって聞かないなーと思うので、尾形君特有というか、尾形君のこういうところ
いいなあ、と思ったりします。
でこの時だったかな、尾形君の前のコンビの話(グレートホーン)になって、
「グレートホーン知ってる人」と訊いたら結構手が挙がりまして。
私も知識としては知っていますけども、ネタは見たことないんだよなー。
で、(LLRの)単独にも出してくれて、と尾形君が言ったら、「出てたっけ?」といとーちゃん(笑)。
福田「俺らもパンサーのライブに出してよ」
尾形「出てくださいよ。あ、でも俺に権限ないからなー」
福田「誰に言えばいいの? そいつに行くからさ」
しばし考える尾形君。
尾形「大体、向井と菅がこの辺(尾形君の頭くらいに手をやる)、で菅がちょっと(数センチ)上かな」
福田「尾形は?」
尾形「(勢い良く床に手を置き)ここです」
そんなに!? (笑)。
とはいえ、そんな尾形君ですが実は自信家なんだよね、という話。
needsというライブにその昔出演した時に、2人一組で1分ネタをやる、というコーナーで
尾形君が「福田さんやりましょう。俺の動きに合わせてくれればいいですから!」
と言って来たそうで、福田さんによるとその頃ろくに喋った事もなかったのだけど、まあ
(後輩が)そこまで言うなら相当自信があるんだろうなーと思って任せることにしたら、
「最初に、『サンダーV!』って言った後止まっちゃって。俺何も出来なくなっちゃって」
その1分は地獄だっただろうなあ……。
そんなこともありますよ、と尾形君は言っていましたけども。
いやいやいやいやいやいやいやいや(笑)。
そして会場の疑問でもあったことを口にするいとーちゃん。
「サンダーVってなんなの?」
パチスロの機種だそうです。ググったら某動画サイトが出てきて、何でもアリなんだなあ、と。
しばらく動画も見てみましたが、これ、普段やっている人なら面白いんだろうな、多分。
そして話は、夕飯何食べる、という内容へ。
これ尾形君が2人に質問したんですけども、福田君に逆に質問を返されて、
「僕はカレーにしようと思ってます」と。
ほんと、尾形君カレー好きよね。
で、福田君はカレーいいね、という話をしてから
福田「俺一人で飯食わないの。テンション下がるから。誰かと食うことにしてるから、そいつに
    合わせる。訊くでしょ、何食いたい、って」
尾形「ああー訊きますね」
福田「それを一つ一つぶった切る」
伊藤「(納得したように)お前が合わせるの見たことないもんな」
ここのいとーちゃんがなんともツボだったんですよね。さすが相方だなーという感じで。
相方というより高校時代からの友人だなーと。
で、なんで否定するかといえば「好き嫌いが多いから」と。
福田君によると、そばにネギが入っているのが嫌なのだとか。そばはそばだけでよこして、
トッピングは入れたい奴が入れれるようにすればいい、と。何でお前(作り手)が決めるんだ、と。
まあ確かに一理ありますけども、トッピングお好きにどうぞってやったら入れない人より
入れ過ぎる人の方が多くて余計にお金かかるでしょうしね、店的には。
そして調味料は醤油しか認めないという福田君。マクドナルドのハンバーガーでも
ケチャップ抜きにしてもらう、と。
その話の時に尾形君が、フィレオフィッシュのタルタルソースを抜いててりやきソースを
かけたら絶対に美味いと思う、と言い出しまして、頼めないかどうか、という話を福田君と
していたら、いとーちゃんが一言、
「そんな簡単なもんじゃないから」
いとーちゃんは高校時代、マックでバイトをしていたということで、とはいえ、
福田「こいつマックでバイトしてたの。シフト2時間」
伊藤「いや正確には90分」
その程度のバイトなのに「俺今日バイトなんだよねー」と言っていた、と福田君談。
伊藤「10人兄弟いると大変なんだよ!」
福田「いやほんとは10人いないでしょ」
10人兄弟キャラを作りたいがための嘘らしいです(笑)。
そして話はバイトのことへ。
福田「俺サービス業関係全部やったよ」
尾形「何やったんですか?」
福田「いやだから全部」
尾形「携帯電話のショップ店員とか」
福田「あ、それはやってない」
(笑)。
とはいえ映画館とかゲームセンターとか色々やった、とのことでした。
でもってマック話に戻って、福田君はマックでダブルチーズバーガーを頼む時に、
まずケチャップを抜いてもらって、ピクルスも抜いてもらうそうで、なんかもう一つあった気が
するけど何かも抜いてもらうとやっぱり店員さんも心配になるらしく、「それで大丈夫ですか?」
と訊かれるので、「塩多めにお願いします」と頼むそうな。
尾形「ああ、美味しそうですねー」
福田「これな、びっっっくりするよ。……普通
普通の塩バーガーになるとか。
まあそりゃね、美味しかったら商品として出してるわな。

そしてエンディング。時間が延びたということでそこはさくさくと終わりました。
楽しいライブだったなー。色々な話も聞けましたし。
またぜひやって欲しいです。
無事に書き終えられて良かった(笑)。

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

『+1』 ちょこっと感想  

ここ最近の口癖が「慎二に会いたい」だったので(それもどうなのよ私……)、
何かライブなかったかなーとチェックしたらちょうどいいのがあったということで
チケットを取って行ってきました、『+1』。
すっごい面白いライブでしたよーということでがっつり書きたいんですけども、
時間の関係上ちょっとばかし感想。

まずは出演者。相変わらずルミネ公式ページのスケジュールからコピペ。
NON STYLE 石田/しずる 池田/ジャングルポケット 斉藤/
前回は石田さんと池ちゃんの2人でやって、最後に斉藤君がゲストという形で出演して、
そして今回は3人でスタート、ということでした。
毎回ゲストが1人来て、次回からレギュラーになるという形のようです。

舞台が暗くなり、3人の影がステージに。
なんか真ん中斉藤君っぽくない?、でもこのメンバーで真ん中ってことはないよな、とか
思っていたらなんと真ん中でした(笑)。
そして3人ともオタクの風貌。斉藤君似合いすぎです見た目気持ち悪いです(笑)。
なんでも話によると、オタクで女子と全く付き合ったことがない3人が今度合コンをすることになり、
その立役者となった斉藤君が2人に崇められているという設定。
ちなみに3人の名前。
石田……水嶋ヒロシ
斉藤……エダギリジョー
池田……佐々木のぞむ
名前だけでハードルの上がる3人による合コンまでの奮闘記。
この名前笑ったなあ。「水嶋ヒロシ」「エダギリジョー」ときて次はどうなる!?、とか
思ったら、まさかの「佐々木のぞむ」だし。そっちかよ!(笑)。
そして2人は立役者であるエダギリ氏(基本、「氏」呼び)に自らの宝物を献上。
佐々木氏はA○B全員のサインが入ったファイル、水嶋氏はなんかのカードゲームの
レアカード(100万↑するとか)。
ただこれ、AK○全員のが入っているというのならファイル薄すぎるし(1枚に何人かの分が
書かれているのかもですが)、レアカードをポケットから無造作に出しちゃダメだろうと。
ああいうカードってケースに入れて大事に保管するものだと思うので。
と細かいことが気になりつつ続き。
合コンを決めたということで、すっかり英雄になったエダギリ氏なのでした。

舞台脇になんか衣装あるなーと思っていたら、場面切り替えの時はなんとそこで生着替え。
とはいえ特に今回は着替え等はなかったということで、水飲みつつちょっとトーク。
話題は斉藤君のオタクぶりについて。
見た目が気持ち悪いと言われ、「こんなに気持ち悪くなると思わなかった」と本人談。
これどっちが言ったんだったかな、池ちゃんだったかな。
「すごいですよね」と言ったら斉藤君「僕後輩ですよ」(笑)。
見た目でつい敬語を使ってしまった、と。

そして次。初の合コンをするにあたって会議をする面々。
渋谷のメイドカフェで合コンしようとか言い出すエダギリ氏(笑)。
でもさすがにそれはまずいということになって、とはいえ秋葉原ではまずいだろうとなり
決まったのが「御徒町」(秋葉原の隣の駅)
これ笑ったなあ。
土地感ないとピンと来ないかもしれないんですが、この地の絶妙ぶりがなんとも。
秋葉原の隣となると、御徒町か神田になるんですけども、東京駅に近い神田ではなく
上野駅に近い御徒町を選ぶ辺りがね。しかも御徒町って何があったっけ……、と一瞬
考えてしまう感じが。
で、御徒町の「ざかずみん」にしよう、と。
かずみんってまさか……、とか思っていたら、ホワイトボードに佐々木氏がすらすらと
『和民』と(笑)。
読めなくはないけど!(笑)。
こうして場所は御徒町の「ざかずみん」に決定したのでした。
ちなみにこの回は佐々木氏が指揮を執っていたのですが、
佐々木「まず席に着いたらやるのが」
エダギリ「王様ゲームだな」
佐々木「早いよ」
飲み物を頼んで
佐々木「乾杯したらやるのが」
エダギリ「王様ゲームだな」
佐々木「早いよ」
とにかく王様ゲームを押しまくるエダギリ氏(笑)。
ちなみに、王様ゲームでやって欲しい事はウィンクだそうです(笑)。
他にも、「とりあえず生の人」を誰が言うかで揉めたりとか、乾杯を誰が言うかとなって
「店員さんに言ってもらおう」となったりとか(笑)、色んな事があったり。
あ、ここなんですけども、ハードルの上がる名前はやめて偽名を使おう、ということになり、
それぞれ決めた名前が
エダギリ:山田登
佐々木:田中弘
そして水嶋氏なんですけども
「じゃ俺これにする」と言って書いたのが
石田明
当然ながら大笑いの客席ですよ。他2人にも
「平凡な名前だね」「こんな名前だったら生きていけないね」
とかさんざん言われていました(笑)。

でもって暗転、というか着替え。
「(名前)言いすぎてごめんなさい」と謝る後輩2人。
調子が上がって、つい言いすぎたそうです。
そしてパンツ一丁になる斉藤君に客席からちょっと笑い(というか)が起こりまして、
「見ないで」と恥ずかしそうになる斉藤君。
「その見た目で恥ずかしがるな」と言われていましたが(笑)。

10文字以上しりとり道場に入門する佐々木氏。
とにかく10文字以上でしりとりをする、というもの。
途中で道場破りが来て、全部「○○製造工場」で返されて、「”製造工場” だけで9文字も
あるのに、こちらは ”う” から始めねばならない!」と解説する師範(斉藤)。
説明ありがとうございます(笑)。
結局佐々木氏も「○○製造工場」で返して勝利、と。
ちなみに佐々木氏ですが、修業期間は2日間だったそうです(笑)。

そして暗転。「2日間だったんですねー」とか言いながら着替え。
斉藤君がカツラを被ったんですけども、どうも位置がおかしいということで直す先輩2人。
「優しい~♪」と喜ぶ斉藤君がなんともかわいかったです。

カッコつけ専門学校(だったかな)に入学する水嶋氏。
池田、斉藤両氏が講師という設定で、ピチピチのスーツを着ていたんですけども
斉藤君がとび蹴りを披露した時にビリッという音が……(笑)。
見事に斉藤君のスーツのお尻部分が破れている、と。
その後も色々なポーズを披露したんですけども、破れている所を押さえながらポーズを
やる、っていう(笑)。
かっこいいんですけど実に面白かったです。

暗転ではズボンが破れた話に集中。
「だから大丈夫かって衣装さんも言ってたのに」と言われ、「昨日は大丈夫だったから」と
反論する斉藤君でしたが、「いや昨日は違う服だったやん」と言われ、ああそうか、と。
なんか斉藤君ってちょいちょいズボン破っているイメージがあるんだけど気のせい?

そして合コン当日。しかし女性陣にドタキャンされ(電話で、「秋葉原で会ったら許さないからな!」
と叫ぶエダギリ氏が面白すぎました。アキバ限定なんだ)、しかも2人から貰った宝物は
ネットオークションで売るというクズっぷり。
この、「宝物ネットオークションで売っちゃったからなー」と言った時の客席の批判ぶりが
実に素晴らしかったです。それまで多少好意的(だと思う)にエダギリ氏を見ていた客席が
一気に引く、っていうね(笑)。
そしてドタキャンを言えないままに、とりあえず高熱で行けなくなったと2人に電話する
エダギリ氏。でも2対2で手配しておいたから、と。
でもって2人は御徒町のカズミン(笑)に来たんですけども、そこで働いていたのが
ロバート秋山さん。今回のゲスト。
またこのね、秋山さんもオタク役だったんですけども、さすがの役者ぶり。
全く違和感のないオタクぶりでした(笑)。
結局オチは、エダギリ氏が女装(速攻でバレたけど)、そして秋山さん(役名忘れた)にも
女装するようメールで頼んでいたのがバレて、という感じでした。

今回のゲストである秋山さんですが、オタク役が本当に楽しかったそうで、
普段のルミネ公演だと1人まともな奴(山本)がいるけれど今回は4人ともオタクということで
楽しかった!と。
石田「じゃあ次回も1つくらいオタクのネタ入れますか」
秋山「1つとか言わずに全部にして」
石田「全部だったら今回の続きじゃないですか」
とかいうやり取りもあったり。


ざっと、のつもりが結構書いちゃったんですが(笑)、それだけ楽しかったということでね。
また斉藤君がほんと楽しそうにやっていていいなあ、と。
次回も楽しみです。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第二十六回感想  

とにもかくにも時間がないので今回は軽く。あー書きたいこといっぱいあるのに!


今回はシャッフルネタの残り2組&コーナー。
それぞれのネタを作ったのは、多分ですがジャングルポケットの2人だと思うのですね。
漫才は太田君、野球ネタは斉藤君。
普段ネタ作っているのもこの2人ですし。
で興味深いなーと思ったのが、どちらもツッコミがあまり重要視されないネタなんだよな、と。
いや重要視されないというか、漫才に関しては無茶苦茶言う強気のボケに結果的に折れる
ツッコミというスタンスでしたし、野球ネタに関してはツッコミを無視して話が進んでいくという
パターンでしたし。
(そして前回の刑事ネタに関してはツッコミ不在っていう・笑)。
なんかそれが色々な意味で面白かったんでした。

何度かこのブログでも、ジャンポケにおいて武山君の覚醒が絶対に必要だというような
ことは書いてきたんですけども、ことネタに関してはタケの責任(という言い方もおかしい気も
しつつ)だけでもないんだろうなーとか今回のシャッフルネタを見て思ったりしました。
作られるネタ自体があまりツッコミを基軸にしていないというか、ボケ>ツッコミ、な感じ
なんだろうなーと。
もちろん笑いにおいてボケが一番重要なわけなんですけども、ツッコミも同じくらい
大事だと思うんですよね。私基本的にツッコミ好きだからそう思うのかもですが。
あ、面白いか面白くないかと訊かれれば面白かったです。
ただそれ以上に、ああこういう考え方なんだなーとかこういうスタンスなんだなーというのが
なんとなく見えたので、ほんと興味深いなというのが一番の感想でした。
この話に関しては後日時間が出来たらじっくり書きたいところです。

漫才に関しては、前回テーマが漫才と告げられた時点で、あーここに期待しているんだ
ろうなーと勝手に思ったり。あとやっぱりパンサー向井君(正統派ツッコミ)がいることが
大きいんだろうなとも思ったりしました。漫才におけるWボケは笑い飯とか他にもいますけども
トリオ漫才で全員ボケってなかなか聞かないですし。ちょっと検索している暇もないので
いたらすみません。
コントだとツッコミ不在でも結構出来たりしますしありますけども、漫才の方がやっぱり
基本的に会話な分ツッコミの必要性が高い気がするので(私が思うに、ですよ)、
あと普段の3組が3組とも(両方やりますが)どっちかといえばコント中心ですし、
どこかで漫才を、となったらやっぱりここなんだろうなー。
そして、普段のジューシーズのネタだとあんまり赤羽健ちゃんのデブネタって使わないと
思うんですけども、そこがガンガン使われていたのでなんか逆に新鮮でした。
トークならいざ知らずネタで体型をあれだけ弄るのって普段はなかなか見られないですから。
そこまでジューシーズのネタに詳しくはないんですけども、でも割と体型はスルーして話が
進んでいく印象があるので。
前回、「ネタを作る人(太田)、ツッコミ(向井)、キャラ(赤羽)」と、シャッフルメンバーが発表
された時に言っていましたけども、まさにそれを活かしたネタだったなーと思います。

野球ネタに関しては、斉藤君(ネタ作る人)がずっと野球をやっていたからあえてこのテーマに
したんじゃないのかなースタッフさんは、と思ったんですがどうなんでしょう。
ある種の出落ちと考えるとバケモノは袖から出てきた方が良かったと思うんですが。
暗くしても前の方とかある程度見えてしまいますし。
上にも書きましたが、ジューシーズ児玉さんのツッコミがスルーされながら話が進んでいく
感じが、なんともいつものジャンポケっぽいといいますか。
ジャンポケのネタって、斉藤君が可哀想なネタは斉藤君、熱い男ネタは太田君が作って
いるのかと思っていたんですがそういうわけでもないのかなーと。
その辺り詳しいジャンポケファンの方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。
そしてパンサー尾形君はどこにいっても尾形君だなあと思ったりしました。いい意味でね。

次回ロケ参加トリオを決めるコーナーですが、行った人によると結構カットされたようですね。
4ターンくらいあったとか。でも手が挙がったのはオンエアされたものが全てらしいです。
ただあれ、もし挙げたのが一人だったら確実に何か訊かれる、と思ったら私なんかは
挙げ辛いわーと思いました。ネタの時もそうですけどあんなに客席がっつり映さんでも。
今回は行けなかったんですが、もし行っていたらびくびくもんでしたよ。知り合いとかに
見られたらどうしよう、とか。
とはいえうちの実家の地域では映らないんですけどね。
あ、そうだ。コーナーはともかくとしてもネタの時にあんなにがっつり客席映さなくても
いいのに。流れが切れるんですよね、客席が映ると。
特にシャッフルネタは今回のこれでしか見られないので、全編舞台を映して欲しかったです。

健ちゃんが「僕のファンの人」と訊いたくだりですが、あれは誰も手を挙げないか、もしくは
1人だけ挙げて「質問これにすりゃ良かったー!」となるのがお笑い的正解だと思うのですね。
何人か挙げたら笑い的には微妙になるといいますか。
そう考えると挙げ辛いよなーと。実際、一瞬挙げかけた人もいたようですし。
あの部分は健ちゃんファンがあの場にいなかった、というよりも、皆空気を読んだ結果、な
気がしていますがどうなんだろう。

そういや次の『333(トリオさん)』ですが、公式ページによると3組とも出るとか。
この回で脱落トリオ決めたのなんだったの?(笑)。

あー時間切れ(泣)。
ほんとそのうちじっくりこの辺りに関しては書きたいです。

category: パンサー

tb: 0   cm: 2

暫定的パンサースケジュール  

明日からの4日間でライブ予定が6つ入っていて、そのうち3つがトークライブなんですね。
自分の備忘録を兼ねているのでレポは書きたいんですが、ある意味記憶との勝負だな……。
まだ今週の『333(トリオさん)』の感想も書けていないし。書きたいんですが。
誰か私に時間とお金を下さい。
あと才能と記憶力と美貌もいただけると言うことないです。
……なんだろう、なんか生きててごめんなさい、という気分になってきた。
でもってこんな状況なのでコメントレスが相当遅れると思います。すみません。

でもってスケジュールです。
漏れとか変更とかあると思うので参考程度にご覧ください。
これ調べていて気付いたんですけど、次回のしっぽりっていつでしたっけ?
7/21とか言っていたような気がするんですが……そうなるとスケッチコメディーと
思いっきり被るんですが……。
(※22日でした。自分のレポに書いてあったよ……)

<5月>

■26日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■27日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)

■28日
1×2×3(いちにさん) 14:30 渋谷無限大ホール
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■29日
バル・ボラーチョの夜は続く 13:00、16:00 神保町花月
トーク&SPライブ「ビバ!バル・ボラーチョ!!」 19:00 神保町花月

■30日
コントグランド花月 19:00 なんばグランド花月

■31日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール


<6月>

■1日
ショータイム~練習試合~ 19:30 THEATHER BRATS (東京) (尾形)

■2日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■3日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■5日
渋谷ばちーんんんHop (MC) 15:00 渋谷無限大ホール

■6日
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■7日
トリオ・トリオ・トリオ 19:30 京橋花月

■8日
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:15 神保町花月

■9日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■10日
よしもとナイトクラブ~「コイバナ」立ち飲みシアター~ 20:00 品川プリンスシアター

■12日
みんな大好きアームちゃんだよ!全国ツアー(ゲスト) 19:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■13日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■14日
トリオ・トリオ・トリオ 21:30 渋谷無限大ホール

■15日
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■16日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■17日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■19日
週末よしもと お笑いライブIN富良野 2011笑顔 13:00 富良野文化会館(北海道)

■21日
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
Adachilds 7 21:45 渋谷無限大ホール

■22日
シャッフルトーク ギンナナ×パンサー 21:30 渋谷無限大ホール

■23日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■24日
仙台パンサーvol.3 ~元気!ウェルカムバック!!~ 19:00 仙台Rensa

■26日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ
リズムを愛する者の集い 16:00 浅草 雷5656会館 (向井)
開幕まで待てない!!吉本若手フットサル大会「hype」トーク 18:30 神保町花月

■27日
久馬歩編集 月刊コント6月号 19:30 品川プリンスシアター

■28日
渋谷ばちーんんんJump (MC) 17:00 渋谷無限大ホール

■29日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■30日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
ピストルアタックNo.1 22:00 新宿ルミネ


<7月>

■4日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
プロデューサーX 21:45 渋谷無限大ホール (菅)

■5日
ルミネ1回目 12:00 新宿ルミネ
吉本若手フットサル大会「hype」 18:30 駒沢オリンピック公園総合運動場 (尾形・向井)

■6日
4~four~ 19:00 神保町花月

■7日
4~four~ 19:00 神保町花月

■8日
4~four~ 19:00 神保町花月

■10日
4~four~ 13:00 神保町花月
4~four~ 16:00 神保町花月
僕らの休み時間 18:45 神保町花月 (向井)

■11日
4~four~ 19:00 神保町花月

■12日
4~four~ 19:00 神保町花月

■13日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ
「お笑いクイズダービー~3連単的中でサインをゲットしろ!~」 22:00 新宿ルミネ

■15日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■19日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
偏った角度の会“3K” (向井) 22:00 新宿ルミネ

■20日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ
トリオ組合SP 21:30 神保町花月 (菅)

■21日
神保町花月スケッチコメディ 21:30 神保町花月 (向井)

■29日
ルミネ2回目 15:00 新宿ルミネ
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

category: パンサー

tb: 0   cm: 4

『群青が押見と向井をいぢめる』レポその2  

来月、またHopライブに行く事になりました。
あれ1000円で2時間というコストパフォーマンスの良さであるとか、普段なかなか見られない
芸人さんが見られたりとかで面白かったりするんですよね。なので楽しみです。
ところで、名前を忘れてしまった上今もHopにいるのか分からないんですが、
モーニング娘。の全シングル曲の振りが出来る、という芸人さんが前出ていて、
「じゃあなんか踊って欲しい曲ありますか」と(客席に)訊かれたんですね。
で、元オタなんで娘。の曲はまあほぼ分かるんですけども、さてこの場合どの辺の曲を
言ったらいいんだろう、と。
メジャーなところだと『LOVEマシーン』や『恋愛レボリューション21』辺りだと思いますし
この辺ならそんなに詳しくない人でも振りを見ればあああれね、と分かるとは思うんですが、
全シングルとか言ってきた以上、そんなぬるいものは求めていないだろうな、というのもあり。
個人的には振りとしては『AS FOR ONE DAY』や『SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~』
とかが好きなんだよなー。それか『気まぐれプリンセス』とかもいいなー。
と思うんですけども、この辺りを指定した場合、最悪、無限大ホールの中で分かる人が
その彼と私だけ、ということにもなりかねないよな、とか。
私はめっちゃテンション上がるけどなー(笑)、この辺り踊ってもらったら。
……とか書いていたらものっすごい見たくなってしぱしPV見ていました。
あぶないあぶない。レポそっちのけで見入っていたよ。
それにしても矢口がいたり(結婚おめでとーう!)、テレ東の紺野アナがいたり、
黒髪れいながめっちゃ可愛かったりとテンション上がりまくりましたさ。
やっぱり私が一番好きな女性アイドルグループってずっとモーニング娘。なんだろうな。


……と、多分大半の方にしてみればそんな話はどうでもいいからレポの続き書けよ、
という感じだと思われますので続きを書きます。
前日の記事を読んでいない方はそちらを先に読んでいただけると分かり易いかと。
出演者等は前日の記事を参照してください。

向井君のコーナーが終わり、次は押見さんがMCを務めるコーナー、ということで
まずやっぱり群青軍団が集まって次はどんないじめをするかの相談。
さっきの最前列のお客さん(「なんだよ向井かよ」と言った方ね)に、今度は
「なんだよ押見かよ。池谷じゃねーのかよ」と言ってもらうことに。
そして当然ながら相方の池谷さんはこのライブには参加しておりません。ということで
「来るライブ間違った」と続けて言う、と。
それで押見さんが何らかの反応を示すはずなので、そこですかさず
「おめーは人の心が分かんねー奴だな」
親指で首を切るリアクションをしながら(笑)。
この辺りは大さんが率先してアイディアを出していたかな。
で、押見さんのコーナーはエチュード(即興芝居)をやることになっていたんですが、
「エチュードとか別にやんなくてもいいじゃん」という話に(笑)。
そして押見さん1人にやらせようということになりまして、押見さんが始めたら
ここで立候補したお客さんがおもむろに立ち上がって荷物を持ちながら一言、
「今日、泊めてもらえませんか」
そうしたらさっき「池谷じゃねーのかよ」と言ったお客さんが
「泊めてやれよ!」と(笑)。
まあそれはきっと、というか絶対に断るはずなのでそこはそれで終わって、そして
エチュードの続きを始めたら、今度は違うお客さんが立ち上がって
「うちの鳥知りませんか。もう3日も帰ってないんです」
そうしたらさっきのお客さんが
「てめーが隠したんだろ!」
と、こんな感じの流れで行こう、ということになり、長いので一回リハーサルもやって
そして本番スタート。
「人の心が分かんねー奴だな」と言われ苦笑するしかない押見さん。
泊めてのくだりでは、
「一泊でいいんで」
「いや元々一泊のつもりで断ってるから!」
なんかここツボでした(笑)。
あ、そしてなぜか別に使う必要もないのにペンが出てきて、また「書けない」と福田君が
言い出して他の4人が押見さんを抑え込んで上着脱がせて今度は両方の乳首を黒く塗って
8分音符を繋げていました。
それはそれぞれ、「レ」と「ミ」が出るそうです(笑)。

そして最後のコーナー。ここは向井君と押見さん両方が登場。
(説明省いていますがここも事前に群青だけの会議がありました)
ここのコーナーは ”古今東西” 。○○といえば、というお題に一人ずつ答えていく、という
あれですね。
で、「飲み物といえば」というお題に対し、なぜか執拗に炭酸は入るのか訊く群青(笑)。
「炭酸は入るの?」「入ります!」「あ、そうなんだ。じゃあさ、炭酸は入るの?」
しばしこのやり取りが続きます。
で、向井君と押見さんがそれぞれ一番端で間に群青メンバーを入れて、全員が答えられたら
OK、でも答えられなかったらなぜか最後の人がビンタ、という説明が(笑)。
そして打ち合わせ通り途中で止まる群青。
ビンタを覚悟する押見さんでしたが、「いやもっと抵抗した方がいいって!」と向井君。
「押見さんがやられたら俺もやられることになるから! そこは絶対抵抗すべきだって!」
向井君の強い抗議もあってかビンタはなくなったものの、だったら2人でやれと言う話に。
2人で30回出来たらいいから、ということで「古今東西、国の名前」で始まったものの、
さっき鳥がいなくなった、と言っていた人が大きな声で、「パンパン(手を叩く)、とーりー」
と(笑)。
そして客席中から、「パンパン、とーりー、パンパン、とーりー……」
ここの一体感がものすごかったよ(笑)。
全く意味の分からない向井君に押見さんが、「あの人、鳥が3日間帰って来てないんだって」
と説明していたのがなんともツボでした。
あ、話が前後してしまうんですが、相手の担当の時は、というか舞台に上がっていない時は
一切舞台のことは見せてもらえなかったらしく(まあ、どういう風にいじめるかの会議を
舞台上でしていましたからね)、このコーナーで2人揃って、そしてなぜか上半身裸に
された時、お互いの体に音符が描かれているのを見て「あーっ!」となっていました。
押見さんのそれを見てちょっとテンション上がってたっぽい向井君が個人的ツボ。
で、「……パンパン、とーりー」としばらく続いた後拍手が沸き起こりまして、押見さんが
いいとものアレ(パン、パパパン、ってやつ)をやろうとしたら、
『パン!パパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパ……』
拍手が止まらない、っていう。
結局はずっと拍手しているだけ、なんですけども、ここほんと笑ったなあ。

そして何の流れか忘れた、というか流れなんてなかったんだと思うんですが(笑)
2人が謝ることになって頭を下げた時に、客席から「テッテデー」と声が。
【ドッキリ】と書いた画用紙を持ったお客さん。
とここで福田君が説明。
実は群青は今回で解散で、次回からは群青メンバーに押見&向井両氏を加えて
新しいライブをやることになった、と。
ということで実は今回はその歓迎会だった、という説明。
福田「おかしいと思わなかった?」
押見「いや始まる前にアイマスクさせられた時に既に(おかしいって)思ったけど」
で、せっかくの歓迎会なんだからウイニングランよろしく客席一周して来い、と福田君に
言われ、2人が舞台から客席に降りると
「みんな、やっちまえー!」
という声と共に、丸めたチラシが2人に投げ付けられる、という。
そして2人は客席一周したんですが、その間丸めたチラシを投げ付けられていました。

で、最後。
お客さんからプレゼントがあるから、と言われ客席の端にアイマスクをして立たされた2人。
それぞれにコップの水をかけられたのでした。

そしてエンディング。
当然不満たらたらの2人(笑)。「俺あの人に『なんだよ向井かよ』って言われた!」と。
でその言っていたお客さん(最後はプロデューサーと大さんに称されていました)に
押見さんが「ほんとは誰のファンなんですか?」と訊いたらなんと
「中須さん」と。
嬉しそうな顔になるスーナカ(すごい可愛かったんですよこれが)。
ただ押見さんは納得いかなかったらしく、「これ俺か向井でないと成立しなくね?」と
強い口調で言っていましたが。
最後はお客さんの(アドリブでの)「で、うちの鳥どこ行ったんですか?」で終了。


ちょこっと感想などなど。
実は行くまでは結構不安だったんですよ。その名の通りいじめるライブということだったので。
行くかどうかかなり迷ったんですが、これの前のライブ(児玉を輝かせたい)のチケットが
キャンセル分が出て取れたんで、だったらこっちも取るか、程度な感じだったんですね。
まあ、実際行って良かったというか、ぶっちゃけものすごい面白かったです。
私は無秩序の暴走が大嫌いなんですけども(つか暴走って普通無秩序か)、このライブに
関しては、先に、こういう方法でいじめますよ、僕らはこういう風に動きますよ、というのを
説明してくれたおかげでこちらもなんていうか安心して楽しめたといいますか。
あとまあ、さすが立候補しただけあってお客さんが皆さん秀逸だったんですよ。
なんていうか、この人(芸人でもないのに)すげー、という感じでテンションが上がった部分も
あった気がします。私だけでなくて客席全体が。

それにしても、福田君と大さんが絡むと本当にとんでもねえなー(笑)。
ほぼあの2人でアイディア出しまくっていましたから。
ベースのいじめはカンペに書いてあったんですけども、そこからの膨らませ方がね。
そしてそれに乗っかりまくる他3人。

ただまあ最初にも書きましたが、本当に単なるいじめなのでダメな人はダメなライブ
だろうなと思います。
キチ田頭おかしいよ(※褒め言葉)ハッハッハッハッハッ、と思える人でないときついかも。
そして今回に関しては、これの前に児玉を輝かせたいがあったのが自分的に大きかった
なあと思います。詳細は2つ前の記事にレポ書きましたんで省きますが、だまさんに対しての
無茶ぶりをさんざん見て何ていうかちょっとSモードに入ってのこのライブだったので。

とはいえ、普段は仲のいい皆さんによる信頼関係の上に成り立ったライブである事は
紛れもない事実なので。
だからこそこういう内容をエンターテイメントにしてお金が取れるわけです。
普段の生活ではいじめはもちろんいけないことです。
そういう意味ではギリギリのところを楽しむライブだなーと思いました。
テレビはおろか配信も無理、っていう。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

『群青が押見と向井をいぢめる』レポその1  

昨日行ったライブその2。
ところで、私がライブレポを書く理由として、まず一つは自分の備忘録、次に行けない地域の
方に少しでも雰囲気を伝えるため、なんですが、もう一つの理由がありまして、
まだ行ったことのない人に面白さを伝える、というのがあります。
こういう面白いライブがあったよーおススメだよー、という。
私の拙い文章でどこまで伝わるかは分かりませんが、そういう気持ちも持って書いています。
なんですが今回のライブに関しては、寸分違わずタイトルのままな内容でした。
(”いぢめる” 表記もそのままです)
ですので、正直おススメ出来るかというと微妙なところではあります。
好き嫌いとか好みとかいうよりも、人によっては嫌悪感を抱く可能性もあります。
その辺りは頭に置いた上で続きを読んで頂けるとありがたいです。
ただ、私は観ていてめっっっっっっっちゃめちゃ面白かったです。


でもってまずは出演者。公式サイトのスケジュールからコピペ。
パンサー向井/犬の心 押見/
LLR 福田/グランジ 大/ロシアンモンキー 中須/ゆったり感 中村/スリムクラブ 真栄田

群青軍団の定義ですが、基本的に「ライブをぶっ壊す人達」だとか。
色んな意味で群青色に染まったメンバー達の集まりが群青軍団だそうです。
そしてリーダーはラフ・コントロール重岡さんのはずなんですが、今回はお休み。
代わりに入ったのが中村さん。
ということで、以前の群青ライブについて書かれた重さんのブログでも。
なにが、ということで、なのかもよく分からないですが(笑)。

まずは群青メンバーが舞台へ。重さんがいないことを説明した後、「最近は真栄田も
忙しくなって」と福田君。でも「この3人(福田、中須、大)は揃うから」と。
で軽く群青の説明をした後、本日のターゲット2人を呼びこ……んだんですが、
2人ともアイマスク&大音量の音楽を聴きながら手を引っ張られて登場。
後で言っていましたけども、この時舞台に上がっていた事も分かっていなかったとか。
で、一瞬だけ舞台に出てきて即戻らされる2人(笑)。
そして今回のライブの説明。
「以前のライブは、色々無茶ぶりしてMCの能力を鍛えよう、という(一応の)コンセプトが
あったけど、今回は単にいじめるだけです
はい、今回のライブの流れ確定。
で、どうやっていじめるかということの説明がありまして、まずは2人に出てきてもらい
MCをさせ、群青軍団5人を1人ずつ呼び込むことになっているんですが、
・呼ばれても出て行かない
・別の人が出る
・客席後方の入口から来る。しかも舞台に上がらない
・先輩である押見さんを呼び捨て&タメ口
・ヘキサゴンに出ている向井君に「クイズを出せ」と執拗に迫る
・いいからち○こ見せて、と執拗に迫る
・向井&押見両氏のマイクにエコーがかかっている
で、それぞれ誰がやるかとかの振り分けをしていました。
客席後方から入ってくる、というのは大さんがやることになりまして、スタンバイということで
大さんが客席に降りて通路を歩いていったんですけども、その時
「静かですねー。さすが群青」
「普通こういう時って(客席から)手が伸びたりするんですけどね」
とかいう会話もあったり。
ち○こ見せて、のくだりは真栄田さんがやることになったんですけども、そこで福田君が、
「そう言ったら手がこう(下に)なるから、そこを狙って首絞めて」
とんでもねえよあの人!(笑)。

で、暗転しまして向井君と押見さんが普通に(笑)出てきまして、5人を1人ずつ呼んだわけ
なんですけども、まあ出て行かないとか違う人が出るとかやっていました。
大さんのくだりでは、かたくなに舞台に上がろうとしない大さんに対し、なぜか
「土下座して上がってもらえ」という指令が(笑)。
意味の分からないままに土下座する2人。
最終的には2人がかりで大さんを舞台に引っ張り上げていました。

そして一旦暗転して、また群青5人組が登場。
まずは向井君が仕切るコーナーということで、どうやって向井君をいじめるかの相談。
ここはお客さんに手伝ってもらうことに。
立候補した最前列のお客さん。向井君がコーナータイトルを言ったところで
「えー向井かよ。押見じゃねーのかよ」と。
で向井君が何か言ってきたら
「お前芸歴何年だよ」
向井君が答えたら
「人生のだよ!」と。
これ後で向井君も言っていましたけども、人生の芸歴ってなんだよ!(笑)。
そしてこのコーナーなんですが、5人で合わせましょう、だったかな。何かお題を出して
(○○といえば何?、みたいな)5人揃えばOK、と。
で、この時のいじめプラン。
・答えを書く画用紙がないと騒ぎ立てる (中村)
・賞金は出ないのか執拗に訊く (大)
・賞金はいいから揃ったらチューさせろと迫る (中須)
・もうコーナーとかいいからち○こを見せろと迫る (真栄田)
・インクが出ないと言って向井君の体にペンで落書き (福田)
そして答えですが、客席の1人が答えを書いてこっそり舞台に向けて出して、
皆それを写す、と。つまりどんな難しいお題でも揃ってしまう、と。
と、まあ色んな仕込み(笑)をしていよいよスタート。
向井君もまさか客席から「押見じゃねーのかよ」と言われるとは思ってもみなかったらしく
(いやそりゃそうでしょうよ)、最終的には「大人なんだからああいうこと言うのは違う!」と
(共演者に)抗議していたのが個人的にちょっとツボでした。
で、大さんがとにかく賞金は出ないのかとしつこく訊いていて、しまいには画用紙の裏の
厚紙に大きく『金』と書く始末。
そうしたら今度はスーナカが厚紙に大きく『チュー』と(キスだったかも)。
「賞金は出ませんから!」と大さんをなだめる向井君。とそんな時に中村さんの
画用紙を誰かが袖に投げて、中村さんが「俺のスケッチブックがない!」と。
これ数回やっていました(笑)。
「インク出ないなー」と福田君。向井君が「じゃあ取り替えてもらって……」と袖の方を
向いた瞬間他の4人が向井君を取り押さえ、上着を脱がせて乳首を塗り潰し棒を書いて
8分音符を完成(笑)。
押すと「ド」が出るそうです(笑)。
そんなこんなあってようやく合わせましょーのコーナー開始。なんですが皆揃いまくり。
チューさせろと迫るスーナカ(笑)。
「じゃあ次、次で揃ったらします! 難しいやつ……1から1000までの数字ひとつ」
このお題もなぜか(笑)合ってしまう5人。
さすがに向井君もここで客席の異変に気付き、あの人が答え書いてる、と言ったんですが
(当初の打ち合わせ通り)持っていた画用紙をよそに回すというやり方で、向井君が向かった
時にはその人の席には画用紙もペンもないという状態に。
「何お客さんを疑ってんだよ」と向井君を責める群青軍団。
「土下座しろ土下座!」ということになり、通路で土下座する向井君に対し、そのお客さんが
「(画用紙を)後ろに回してたんだよ!」と言いながら向井君を叩く、と。
そんなこんなで向井君のコーナーが終了したのでした。


あとコーナー2つあるんで記事分けます。

category: お笑い

tb: 0   cm: 8

我々はジューシーズ児玉を輝かせたい!~児玉にやらせたい10の事~ レポ  

本日は久々に浅草行ってきました。
なんかほんと久々でしたねー。いつ以来だろう。まあいいか。
ちょっと早く着いたので漫画喫茶入って出たらすごい雨でびっくりでしたよ。
まあ、降るとは言ってましたけども。

とりあえずそんなことはいいや。レポいきます。
あくまでも記憶頼りな上、あくまで私にはこう見えた、というだけのレポですので
その辺りを了承しつつ読んでいただけるとありがたいです。

出演者。公式ページからコピペ&加筆。
ジューシーズ 児玉/ライス(関町・田所)/犬の心(押見・池谷)/
チョコレートプラネット(松尾・長田)/少年少女(坂口・阿部)/ピクニック/
ジューシーズ 松橋/ジューシーズ 赤羽

まずはMCのピク兄登場。本日のライブの趣旨を説明した後、相方2人を舞台に。
(赤羽)健ちゃんも(松橋)しゅうたも初夏っぽい爽やかな色の服で登場。
で、最近の児玉さんはくすんでいる、前はもっと輝いていた、でも近くにいすぎて自分らでは
どうやってだまさんを輝かせればいいのか分からないので輝かせて欲しい、みたいな話。
で、どうしたらいいかという話になって、「追い詰めるとものすごい輝きを発する」と。
はいこのライブの流れがここで決定しましたー(笑)。
そもそもツッコミなのに突っ込まない。時にはしゅうたのボケに対して健ちゃんが
一人(児玉)飛ばして突っ込んでいる、という話。
そんな説明の後、だまさんを輝かせるメンバーが登場。

まずは犬の心。押見さん曰く、「児玉は昔はもっと輝いていた。昔の輝きを取り戻したい」と。
でピク兄に「昔っていつなんですか?」と訊かれ、「高校時代」と答えるものの全くウケず(笑)。
押見さんによると、「もう少しウケると思った」そうです。
とはいえ今日はあくまで ”児玉を輝かせたい” 人達の集まり。なので押見さんはわざと
滑って児玉に華を持たせたんだよみたいなことをピク兄がガンガン言いまして、
「俺いじめんの止めて。この後のライブでいじめられるんだから。身が持たない」(by押見)
ちなみに、この後のライブですがまた後日レポ書きます。
続いては少年少女。さかぐっちゃんによると、以前本社で午前3時くらいに仕事が終わり
始発まで1時間半くらい待たねばならなかった時、関町君がだまさんにバイクで送ってけば、
と言ったら、だまさんが「面倒だから嫌だ」と断った、という話を。
結局さかぐっちゃんは1時間半待ったそうで、そんなだまさんは輝いていない!と。
そしてチョコプラ。長田君はそんなだまさんにバイクで送ってもらったそうなんですが、
なんと乗って2分で雨が降ってきた、と。
そういや今日も雨だよね、とピク兄。朝はカンカン照りだったのに、と長田君。
いやいやこれから輝けば雨も止むよ、という話に。
最後はライス。同期ということで良く知っているけれど、NSC時代は同期に「児玉様」と呼ばれて
いたのに、と言い出しまして、ピク兄に「え? じゃあ(エリートヤンキー)西島もそう呼んでたの?」
と訊かれ、「西島は逆に、児玉と呼んでました」と(笑)。
「いや逆っていうのはずるい」(byピク兄)。

そして本日の主役であるだまさん登場ー!
なんですが、別に意図してそうしたわけではないと思うんですけども、黒を基調とした、
何て言うかほんと、見ようと思えばちょっとくすんだ色合いの服だったんですよ。
相方さん2人が2人とも爽やかな色合いだったので余計に、なんつかツボでした。

一組、または一人ずつ、だまさんを輝かせる企画を発表したんですが、その間だまさんは
目隠しをしてiPodで大音量の曲を聴くことに。なんですが、しゅうたがiPodをいじって
ものっっっっっっっすごい大音量にしまして、さすがにそれは無理、とイヤホンを投げる
だまさん。いやなんたって、6、7列目にいた私のところまでかすかに音が聞こえたくらい
なので、凄まじい音量だったかと思います。
で、さすがに無理なので音は下げて、それでも話は聞こえないくらいの大音量にしたところで
まずは一組目の少年少女から。
少年少女も最初にジューシーズが言った通り、「追い詰めると輝きを発する」ということで、
一発ギャグをやらせた上で、「からのー」と言って次を要求する、と。それを10回繰り返す
間に輝くから、ということでした。
そしてアイマスク&イヤホンが外されるだまさん。「一発ギャグ!」と言われ披露するも、
「からの~!」。次を披露。「からの~!」。また次を披露。「からの~!」
無事、4回目で輝き認定されていました。

二人目は誰だっけ。池谷さんだったかな。この辺り順番があやふやです。
池谷さんは「大喜利をやりたい」と。とはいえ「大喜利で児玉さん輝きますか?」と
訝しげなピク兄。いやこの反応も大分失礼なんでは(笑)。
とはいえ池谷さんが言うには、ただの大喜利ではない、と。
なんでも、「児玉さんは変態でドMなので、エロ大喜利をやらせたらものすごい輝く」とか。
じゃあ、ということで実際に大喜利をやることに。
まず一問目は普通の問題。だまさんとあと4、5人でやったんですけども、他の人が答える中
だまさんのペンはなかなか動かず。
そして答えを出すものの、まあ、その、微妙(笑)。
そして二問目。『東京スカイツリーに一言足してエロくしてください』
このお題が出るや速攻でペンが動き出すだまさん。
ものすごいスピードで次々答えていくだまさん。
一問目と全く反応が違うだまさん。
ええ、そりゃあもう輝いていました。輝きまくっていましたよだまさんは!
提案した池谷さんがめちゃめちゃウケていたのがなんともほのぼのしました。

三人目……は関町君辺りだったような。
だまさんが楽屋でよくやっているという、健ちゃんくすぐりの時がものすごい輝いている、と。
そしてその前に関町君作のだまさんソングというのがあって、それを歌うとだまさんが
輝く、ということで、まずは歌から。
関町君が歌うとだまさんが踊り出し(その時点で結構な輝きでした)、そしてある程度
歌ったところで「赤羽をくすぐれー!」という指令が。
逃げる健ちゃん。追うだまさん。
後ろから誰かに羽交い絞めにされて身動きの取れなくなった健ちゃんにだまさんの手が、
というところで健ちゃんのキックが飛び、二人とも倒れて終了。
しゅうたは「見たことない」と言っていましたけども、だまさんによるとちょこちょこやっている
そうです、くすぐり。

四人目誰だっけ。(田所)仁君にしておこう。
痛めつけると輝く、だったかな。とにかく体に10個くらい洗濯バサミをつけて、一気に引っ張って
取って思わず後ずさりしたところをケツバット、というものすごいドSな企画(笑)。
そしてケツバットは野球経験者がいいだろうということで池谷さんに。
アイマスクとイヤホンを外され、いきなり上半身裸にされ洗濯バサミをつけられるだまさん。
そんなだまさんに気付かれないように頭の上とかでバットを振る池谷さん(笑)。
この池谷さんのなんていうか、気付かれないようにいたずらする感じがなんともツボだったん
ですが、上手く説明出来ないのがもどかしいです。ぬー。
そして10個くらい洗濯バサミをつけられ、一気に引っ張られてうわあっとなったところで
ケツバット。
あまりの驚きにか一瞬直立不動になるだまさんが輝きまくっていました。

五人目。えーと。押見さんってことで。
押見さんによると、「児玉は王貞治に似てる!」と。
なんでも、何か一点に集中した時の顔が王さんにそっくりになるそうです。
ということで実演。アイマスクとイヤホンを取った瞬間押見さんに叱られるだまさん(笑)。
「お前なんなんだよ」といきなりダメ出しをされてきょとんとなるだまさんでしたが、
「ふざけんじゃねえよ!」と上着を床に投げつけられてびっくりして目が見開いて
おちょぼ口になるだまさんが、ほんっと王さんに似ていました(笑)。
ちなみに押見さんですが、王さんになった時は合図するから、と言って自分の頭の後ろに
手をやる、というポーズを最初示してたんですね。でだまさんがびっくりした顔になった時、
ここ、と言わんばかりに頭の後ろに手をやるポーズをしていまして。
もーうそれに大笑いでしたよ。
王さんの顔になるだまさんはやっぱり輝いていました。

最後はチョコプラ。ここは覚えてる(笑)。
まずは2人でダンスをして、途中からだまさんに入って来てもらう、と。
またチョコプラの2人のダンスも素晴らしかったんですが、ダンスといえばだまさん、と
いうことで、だまさんが入ってからのダンスが秀逸過ぎました。
ちょっと言葉で説明が出来ないんで、各自だまさんダンスは想像してください(投げた)。

ということで、輝きまくってエンディング。
ただ、色々やってボケとしては本当に輝いたけれど、ツッコミ能力は全然上がってないよね、と。
それはこれからおいおい頑張るそうです。

ううーん。やっぱり動きが面白いところが多かったのでなかなか伝えきれないなーと反省。
ほんと面白かったんですよ。ただやっぱりだまさんの動きは私の文章では表現しきれないです。
そしてつくづく思ったのが、ドMの前では皆Sになるのだなあ、とか(笑)。
だまさんを追い詰めたり無茶ぶりしたりするのを、舞台上だけでなく客席も一体になって
楽しんでいた部分がありましたから。このライブに関しては。
そして私に関してはその流れで次のライブも観たので、次もまた楽しめた部分があったなあ、と。
また次のライブに関しては明日以降に書こうと思います。

みんな、だまさんのことが大好きなんだなーと思わせるいいライブでした。
そして池谷さんがノリノリだったのが個人的にツボでした。

category: お笑い

tb: 0   cm: 5

時には短い話  

最近長い記事ばかり書いていたので、ちょっと疲れた事もあり本日は軽く。

ツイッターのジャングルポケットbot【junpoke_bot】に触発されて、ジャンポケのシチサンを
見ていました。それにしてもシチサンって1時間半なんで、これ1回分全部見てしまうと
何気に時間使っちゃうんですよね。と分かってはいたんですが結局見てしまいました。
面白かったので全く後悔はないですが。
1年くらい前のシチサンを見たんですけども、自己紹介ギャグを作ろう、となって
3人並んで「どうもージャングルポケットです、ハッ!」を作っていたのにびっくり。
あれってそんな歴史浅いものだったんだ、と。
しかもシチサンの中で決まったものだったんだ、とか。
なんか、ジャンポケといえばあの挨拶、みたいなイメージがあったので、色々とびっくりでした。

それにしても、最近つくづく思うんですけども、斉藤君がもーう可愛くて可愛くて。
最近はほんと、斉藤慎二の可愛さにめろめろになっているんですが、間違ってないよね
間違ってないよねえ私!(笑)。
いやなんていうか、ものすごいキャラ作って演技をしているんですけども、
愛されたいオーラがダダ漏れな辺りがなんかもう可愛いしツボだし、という感じです。
誰かに愛されたい、というのは基本皆が持っている気持ちだと思うのですが、
あれだけダダ漏れだと愛おしくてたまらんなあ、と。
なんかこういう書き方をするとバカにしているみたいに聞こえるかもしれないんですが
私的には純粋に、こういうところが好きなんだよー!、という気持ちです。
どうも私の書き方だと褒め言葉が褒めているように聞こえなかったりするんだよなー、
なんでか。
ライスの(田所)仁君が人を小馬鹿にしているような感じがすごくいい、とか私としては
本気で褒めているし大好きな部分なんだけどなあ、とね。
でもって。
斉藤君ってすごい完璧に演技をしている反面、気持ちが割と前面に出ている感じがして
その辺りがほんとツボだし大好きなんだよなーと思ったりします。
なんていうか、まさにガラスの仮面を被っているような感じがね。
いやまあ、28歳男性をつかまえて「可愛い」を連呼するのもどうかとは思うんですが。
そしてシチサン見ながら、「慎二可愛いよ慎二」とか言っている自分は相当気持ち悪いとも
思うんですが。
あたし きしょく わるうー! (byピューと吹く!ジャガー)

それにしてもジャンポケも3人仲良くてほのぼのするなーと思います。トークとか見ていると。
ほんと、3人で飛躍して欲しいです。これから。

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 2

神保町花月スケッチコメディ 2nd season レポ  

今週19日の木曜に、スケッチコメディを観に行ってきました。
スケッチコメディなんですけども、パンサーが一切絡まないライブでも定期的に行くものの一つ
だったりします。もう一つはピクとジョーね。
ほんと大好きなんですよ、スケッチコメディ。
ということで今回はその話。

スケッチコメディとは。8分、4分、12分の即興コント。その場でお題が決まり、その場で演じる、と。
毎回2チームずつ対戦し、判定はお客さんの投票。
8分ネタを勝利すれば8点、4分ネタを勝利すれば4点が貰え、最終的に合計点で勝敗決定
(なので今回から引き分けが出来ました。前回までは12分ではなく15分だったので)。
4チームに分かれての総当たり戦で最終的に優勝チームを決定します。
今回は超LLR(byジェンさん)対決だったので、個人的に楽しみでした。

今回のメンバー。神保町花月スケジュールからコピペ。()内は今回から追加されたメンバー
【ホームランズ】
ロシアンモンキー 中須/LLR 福田/5GAP 久保田/シューレスジョー/
グランジ 五明/御茶ノ水男子 しいはしジャスタウェイ/(ジャングルポケット 太田)

【無敵艦隊】
LLR 伊藤/アームストロング 安村/ミルククラウン 竹内/犬の心 押見/
ピクニック/シソンヌじろう/(ライス 関町)

<お題>
ホームランズ
【 8分】サスペンスの話/主役:男/オチ:謎が多いぜ
【 4分】30年後の芸人の話/主役:芸人/オチ:芸人って凄いな
【12分】鳴らない電話の話/主役:男/オチ:ディーディディディー

無敵艦隊
【 8分】犬の話/主役:犬/オチ:ペットも大変だワン
【 4分】情熱大陸の話/主役:情熱ある人/オチ:何がしたいんだ
【12分】オカマの話/主役:オカマ/オチ:オカマでよかった


まずはライブ内容の説明がされた後、出演メンバー全員集合。
今回から新たに加わった太田君&関町君ですが、あまりよく説明されていなかったらしく、
2人ともなんだかよく分からないままに来たような感じでした。
関町君は、「俳優チームありますよね。何で僕そこじゃなかったのかなーって」と言い出し、
ああー、という感じになる舞台上&客席。
太田君が入ったホームランズは、最初に皆でバットを振る、というポーズがあるんですけども
全くそれを聞かされていなかったらしく、太田君は慌てて合わせていました。

お題ですが20個ある中から座席番号で指名されたお客さんが選ぶんですけども、
最初の8分ネタが決まったところで客席そっちのけで相談に入るホームランズ。
輪になっているので完全に客席に背を向けているメンバーも。
そんな中で次の4分ネタを決めることになり、シューレスさんが「みんな聞こうよ」と言うものの
皆は相談に夢中。
ということで結局1人で決まったネタを聞いて客席にお礼言っていました。


それぞれのネタについてちょこっと。
まずは8分ネタから。

【無敵艦隊:犬の話】
これは先に配役から。
犬………関町、じろう、押見
飼い主…竹内、ピク、伊藤
まずは竹内さんが出てきて、「ライス」と。
そうしたら犬の関町君(四つん這い)が登場。竹内さんに甘えまくるライス。
これが、客席からは結構悲鳴も聞こえていたんですが(笑)、むっちゃくちゃ可愛かったんですよ!
飼いたいもんちょっと、ライス。どこに売ってますかライス犬!
続いてピク兄。「じろう」と呼んで犬のじろうちゃん登場。
なんですが、じろうちゃんの犬クオリティがハンパないというね。
すっさまじく犬でした(笑)。
そしていとーちゃん。「押見」と呼んで犬の押見さん登場。
やっぱ押見さんってどっか犬っぽいよね、顔が。
で、3組それぞれ遊ばせていたりとか、じろうがライス(メス)にさかったりとかまあ色々あったん
ですけども(ライスは数回やられてました)、そんな中やって来たのが安さん。
サングラスをかけ、手にはかっぱえびせん。ちなみに普通に立っています。
誰?、と思ったら、「野良犬!」と。
野良犬は二足歩行な模様(笑)。
で、野良犬がペットの犬にかっぱえびせんを食べさせたりとか色々あって終了。
ちなみにこの時、終了の合図が聞こえなかったらしく11分近くやっていたそうです。

【ホームランズ:サスペンスの話】
舞台上で倒れているジャスタウェイ君。なんでもここは遭難して避難した山小屋の中で、
朝起きてみたらジャスタウェイ君が死んでいた、と。密室殺人だ、一体誰が犯人!?、という
サスペンスもの。
ルーキー(という呼び方だった、ずっと)の太田君が主人公で、名探偵太田一(笑)。
(多分)幼馴染の彼女が福田君。女装。先日のお芝居『ストロベリージャム』でも
女装を見たばっかなので、なんか私的におなじみになっていました(笑)。
そして一人一人にアリバイを訊いていく下りで、ぼろっぼろのコートを着たシューレスさんに
あんた怪しい、何の仕事をやっているんだ、と訊いたところ、俺は小説家だ、と言い名前を
名乗る。
するとここでごめたん、「もしかしてあなたはあの有名な官能小説家の!」
はい無茶ぶり開始ー(笑)。
他のメンバーもそれにノって、「あのフレーズ聞かせてください。あの、屋上での」とか
シューレスさんに無茶ぶりしまくり。
普段、あんまり無茶ぶりされるシューレスさんという図を見たことがなかったので新鮮でした。
面白かったなあここ。
そして一通りアリバイを訊いて少しわいわいやったところで終了時間を告げる合図が。
すると福田君、「太田一君、そろそろ犯人が分かったんじゃない」と。
そしたら太田君、「犯人はお前だ!」と(笑)。
なんという都合のいい展開。
ちなみに犯人ですが、太田君曰く、「刺したところを見た」そうです。
だったら始めから言えよ(笑)。
で、結局最後は色々あって皆が殺される&自殺した後にジャスタウェイ君が起き上がって
(寝ていただけだった)、とはいえ皆が死んでいるということで「謎が多いぜ」で終わり。
にしても、ルーキー太田君の凄さが光った回でした。いきなりの主役ですし。
ただ、そんな凄いし出来る太田君なんですけども、言わなきゃいけない台詞という縛りがあると
途端に言葉がたどたどしくなるのがなんか個人的にツボでした。

勝敗はかなり接戦だったんですが(2票差とかそんなくらい)ホームランズの勝利。
この時のトークで、なんで野良犬なのに二足歩行なんだよと突っ込まれた安さんは
「俺、膝と腰が悪いんだよ」と。
だったら言ってくれれば違う役にしたのに、となったんですが、いや野良犬やりたかった、とか。

そういやネタ後に少しトークの時間がありまして、で次がホームランズ先攻ということで
ホームランズが先にはけたんですね。というかはけようとしたんですね。
そしたらいきなり大きな音が!
何かと思ったら、スーナカが段になっているところにひょいと飛び乗ろうとしたら、
ジャンプの高さが足りなくて思いっきり足をぶつけた、と。
いとーちゃんがそのシーンを再現してくれたんですけども、いやーもう大笑いでした。


続いて4分ネタ。

【ホームランズ:30年後の芸人の話】
時は30年後、この世界にはツッコミがいなくなってしまった。
ボケしかいない世界。そんな中、唯一生き残ったツッコミがボケと最後の戦いをする。
みたいな感じ。
唯一のツッコミ戦士が太田君で、決め台詞は「お前はもう、オチている」でした。
ラスボス戦は太田vs.中須だったんですけども、スーナカが着ていたシャツが
ゴーストバスターズのもので、そのポーズをしながら、「どっちがおーれだ!」と言う、という
ボケをやったんですけども、まあその、ものの見事に滑りましてね……
(というか意味が分からなかったんだと思います。私も一瞬ぽかーんとしましたし)。
微妙な雰囲気の中突っ込んで勝利する太田君。
こうして、世界の平和は守られた……のか?

【無敵艦隊:情熱大陸の話】
「演出家、押見泰憲に密着」というナレーション、そして例のオープニング曲が流れ
(それぞれが歌う)、それぞれエアー楽器を弾き始めるメンバー。なんですが、延々曲が
終わらないという。その間ずっと演出家っぽい動きを喋らずやっている押見さんでしたが、
最終的に「何がしたいんだ!」と叫んで終了。

投票は結構差がついて無敵艦隊の勝利。
ということで引き分けはなしに。最後の12分ネタを取った方が勝利。
ホームランズのトークでは、スーナカの最後のボケは舞台裏では大盛り上がりだったらしく
これ絶対ウケるよ、と言っていたらしいんですが、福田君曰く、
「やる5秒前にものすごい滑るって分かった」
らしいです。
ただ太田君はそんなことはなかったそうで、ウケると思ったのに全然だったということで
どうしようと思いつつも突っ込まないと終われないから突っ込んだとか。
その太田君ですが、入ってくれて本当に良かったということでした。
もし太田君がいなかったら福田君がその役をやることになっていたらしいです。
福田君曰く、「楽になった」とか(笑)。
無敵艦隊は、天の声(オコチャさん)に「伊藤ちゃんは何の楽器を演奏してたんですか?」と
訊かれ、最初はギターだったんだけどだんだん疲れてきて適当になった、みたいなことを
いとーちゃんが言っていました。
まあねー結構長かったからねー。竹内さんとかも最後はぐだぐだになっていたし。


最後は12分ネタ。

【ホームランズ:鳴らない電話の話】
(このネタは、コンマニセンチの竹永さん提案。ということでオチはコンマニセンチのあれです)。
宅配ピザ屋のオープニングスタッフ、という設定。翌日オープンということで準備を進める面々。
そして、ピザの生地を練る、という事になった時。
ごめたんが無言で出てきまして、何かを客席側に差し出す。
持っていたのはiPodで、流れた曲は麻倉未稀『ヒーロー』
……なんですが、音が小さくていまいちよく聴こえない、と(笑)。
(とはいえ8列目くらいの私にも聴こえたので多分客席のほとんどは一応は聴こえていたかと)
『ヒーロー』に合わせバケツリレー方式で生地を渡す面々。
そして、槇原敬之の『遠く遠く』が流れると、故郷の話をし出す面々。
そんなこんなで当日。しかし一向に注文の電話が来ず、これはなにかあるのではと霊媒師に
見てもらったら、なんと電話線が外れていた、というオチ。
最後はみんなで、ディーディディディー、とやっていました。

【無敵艦隊:オカマの話】
場所はオカマバー。オカマバーを辞めたい竹内さん。それを引き留めるママとチーママ。
ちなみにママとチーママですが、安さん&じろうちゃん。
もうね、この2人のオカマクオリティがものっっっっすごかったんですよ!
めっちゃめちゃそれっぽかったっていう(笑)。
何あの無駄に完璧なクオリティ(笑)。
そしてなんで店を辞めたいのかと訊かれ、お客さんと恋仲になったから、と。
お客さんというのが押見さん。押見さんといえば店の常連で来てもらえなくなるのは店としても
困る。そこでどうしようとなった時にオーナーの関町君が、
「押見さんもここで働いてみるというのはどうでしょうか」と。
で、押見さんもオカマの真似をやったんですけども、まあ、その、はっきり言っちゃいますが
ひっじょ―――――――――――――に残念クオリティでした(笑)。
オカマをバカにしてんじゃないわよ、とママ&チーママに怒られる押見さん。
そしてわいわいやっていたらテレビカメラを持った人が。そして流れ出す情熱大陸の曲。
実は情熱大陸の内容でした、というオチ。

最終戦はこれまた結構な大差がつきまして、無敵艦隊の勝利。
ということで結果的に無敵艦隊の勝ちが決定。
そして自らの負けが決まった途端、新入りの太田君に全ての罪をなすりつける
ホームランズのメンバー(笑)。
「なんか小さい声で、お前のせいだ、って言われてんですけど!」(by太田)
とはいえ天の声によると、「もし太田さんいなかったらストレート負けしてたと思いますよ」
とのことでした。
ぶっちゃけ私もそう思います(笑)。いや太田君めっちゃ活躍してましたもん。


どのくらい伝わったかは分からないのですが、ほんっとに面白いライブです。
それぞれのチームでも結構色が出るんですよやっぱり。無敵艦隊は頭脳派の押見さんが
いるということで、あーそうきたか、というのが多かったりとか。
ホームランズは曲者が多いせいか(褒め言葉ですよ)、捻った感じの話にすることが多くて
それが好きだったんですけども、今回は割とストレートな感じだったかなあ、と。
地獄の話というお題で芸人地獄とかやっちゃうのが好きだったんですが。
何にせよ、次回どうなるかが楽しみです。

スケッチコメディは毎月ありまして、次回もチケット取りましたよ。
今からほんと楽しみです。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

妄想バラエティ番外編~『333(トリオさん)』  

ひっさびさの妄想バラエティ(でも番外編)です。
妄想バラエティとは、こういう番組に出てくれないかなーとか、この番組のこのコーナーに出て
くれないかなー出たらこんな感じかなーというのを勝手に想像して書く、というものです。
あくまでも妄想の産物なので、苦手な方はこの先読まないで頂けるとありがたいです。


皆分かっているとは思いますが一応出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。

先日の『333(トリオさん)』でシャッフルネタをやるためにトリオをシャッフルさせましたけども、
そのメンバーが発表された時のリアクションが皆、「あ……ああー!」みたいな感じで
面白かったんですね。感想でも書きましたけども。
喜んでいいのかがっくりきていいのか分からない、という感じ。
で、これはこの先9人がもっと売れて知名度が出て、視聴者がちゃんと9人を(色分けしなくても)
判別出来る位になったら、という前提で、ですが、シャッフルしてその中の2組がロケに行ける、
みたいなことをやってみても面白いかもなーと思ったわけです。
その場合のシャッフルはくじかなんかで。それぞれのトリオで、1、2、3のくじを用意して、
1番トリオ、2番トリオ、と振り分けていって、そして何らかの方法で順位を決める、と。
この場合の順位決めですが、時にはクイズだったり時には体力勝負だったり、とか。
で先に振り分けて、「なんだよ尾形さんと一緒かよー」とか他のメンバーが文句を言っていたのに
順位決めが体力勝負と説明されるや否や、「尾形さんと一緒超ラッキーじゃん!」とかね。
その辺の、誰が来るかで有利不利が出てくるような決め方だと色々ドラマも出来て
面白いんじゃないかなーと思ったり。
またはもう完全に個人戦。トリオとか関係なしに上位6人。この場合はジャンケンとかでも
いいかな。
トリオというのがきちんと浸透したら、お遊びな感じで1回くらいやってくれないかなーと
思ったりしています。

それか、ちょっとこれ性格悪い感じなんですけども。
(フリップ1つ目)「今回は、トリオ3組共にロケに参加していただきます……!」
大喜びして抱き合う9人たち。
(フリップ2つ目)「場所は(夏の)北海道!費用は全て番組持ちで豪遊していただきます!
だって!ええー!」
ますます喜びまくる9人だったが。
(フリップ3つ目)「但し、行けるのは各トリオ2名、の、み……です? え? どういうこと?」
ここで大西アナの説明。
「北海道に行けるのは、各トリオ2名ずつ、計6名になります」
いやだって3組ともロケに行けるって書いてある、と反論するメンバーたちだったが、
「トリオ3組、 ”全員” がロケに行けるとは書いておりません!」
うわーそういうことかよー、きたよー、と騒ぎ立てる9人。
大西「それで、誰が行くか決める方法なのですが」
向井「あ、そこ。それ大事」
大西「話し合いで決めていただきます!」
9人「……は?」
大西「ですから、話し合いで決めていただきます。なお、話し合いは各トリオ毎に行って
   いただきます」
太田「え? 話し合いってつまり、武山殺して2人で行くとかじゃダメなんですか」
武山「なんだよそれー」
大西「太田さん、今いいこと言いました」
向井「え? だって殺すって言ってましたよ。テレビで。そりゃ深夜ですけど」
大西「今回は、平和的解決で決めていただきます。ジャンケンなどの、勝敗によって決まるものは
   一切禁止とさせていただきます」
太田「うわー、そういうことかー」
赤羽「それ、他のトリオに決めてもらうっていうのはダメなんですか?」
大西「ダメです。あくまでも、トリオ内の話し合いで誰を残すか決めてください」
太田「うわー。エグイこと考えんなー」
向井「大丈夫ですかこれ。話し合いによっては今日で解散とかならないですか!?」
菅 「あ、僕らは別に。尾形さんいなくてもいいんで」
尾形「何でだよ。話し合いで決めろっつってんだろー」
太田「僕らんところは元々俺と斉藤の2人みたいなものなんで大丈夫です」
武山「なんだよそれ。そりゃネタん時はそうかもしれないけど」
赤羽「認めちゃうんだそこ」
斉藤「太田。太田。話し合いで決めよ、ね」
松橋「僕らはー、児玉外します」
児玉「何でだよ。俺も行きてーよ」
松橋「お前はユカちゃんと個人的に来ればいいじゃん」
児玉「何でだよ。ユカちゃん今関係ねーだろ!」

9人(+1人)全員出すのは結構大変。


あーついで(?)に。
以前ツイッターで、『Qさま!!』に『333(トリオさん)』メンバーが出たら、という話でちょっと
盛り上がった時があったんですね。とはいえ『Qさま!!』はガチクイズ番組なので難しい
だろうなーと。ちょっとでもふざけようものなら、ものっすごい勢いで叱られそうですし、
そこそこ出来てもファインプレーが出来なかったら目立たないままに終わってしまいますし。
あの番組は相当難易度は高いと思います。
そりゃまあねー、向井君とか出てくれたらいいなとは思いますけどねー。
水曜の例の番組じゃなくて。

で、いきなりではさすがにハードルが高すぎるだろうということで、まずは『333(トリオさん)』内で
シミュレーション的な事をしてみてもいいんじゃないかと思いまして、そんな感じの妄想。
本家の『Qさま!!』ですが、10人一組で、1枠から10枠まであり、問題10問を一人ずつ
1枠から順に答えていく、というシステム。
問題は1から10まであり、好きなものを選べます。簡単なものから難しいものまで順に
並んでおり、1枠の人が10番の問題(一番難しい)を選ぶことも可能ですが、各自が
解ける問題を選ぶので、難しい問題は最後まで残ることも多いです。
ちなみに触り部分のみです。

大西「まずは席の順番を皆さんに決めていただきます。なお、問題は1枠の人から選んで
   9枠の人まで順に解いていくことになります」
向井「つまり、後になるに従って難しい問題が来る率が高くなる、ってことですよね」
松橋「だったら9枠は向井じゃん」
太田「まあ、こん中でいったら一番頭いいですからね」
赤羽「明大出身だったよね、確か」
太田「まず大学行ってた人で後半埋めたらどうすかね。そんないないでしょうし」
武山「こん中であと大学行ってたのって誰?」
児玉、赤羽、斉藤、太田、尾形が手を上げる。
児玉「俺駒大出た」
赤羽「俺日大。中退したけど」
斉藤「俺短大」
武山「いやお前はいいよ、っていうかさ、ジューシーズさんはいいけど、太田と尾形さんは
   違うでしょ」
太田「いや俺地元の愛知大学ってとこ出てるから」
尾形「俺なんて中央大卒なんだぞ」
武山「そうだけど。でもスポーツ推薦でしょ」
尾形「いやそうだけどよ。言わなきゃ頭いいってなるんだからよ」
向井「だからさ、その言わなきゃ、って何なの尾形さん」
菅 「じゃ、尾形さんが9枠ってことで」
尾形「え、なんでだよ菅。向井だろ9枠」
向井「いや、俺8枠でいいです。9枠プレッシャーすごいし」
太田「よーし、じゃあみんな尾形さんに難しい問題回せー!」
尾形「なんだよそれー! 9枠とか無理に決まってんじゃんよー俺バカなの知ってんだろー!」


……この先が思い浮かばなかったのでここで終了。
いや、真ん中辺りに誰を配置するかが結構難しくてですね。
ただほんと、こういうの考えると面白かったりします。
私だけが面白いのは分かっているのであえて指摘しなくてもいいですよ。
俺達はいつも、現実を見ない! (byピューと吹く!ジャガー)

category: 妄想バラエティ

tb: 0   cm: 2

『333(トリオさん)』シャッフルネタ話と見せかけてジャンポケ話  

録画していた『できたできたできた』を観ていました。
ガッツ王子いいなあ。大好きですよほんと。
どうにかしてどうにかしてどーにかしてガッツ王国に行く手段はないものか。
もし今、【○円振り込んでくれたらガッツ王国に行けます】とかいうメールが来たらうっかり
振り込んでしまうかもなー。
給料日前なのに(そこじゃねーよ)。


さて『333(トリオさん)』のシャッフルネタ話。
パンサー菅・ジャングルポケット武山・ジューシーズ松橋(年齢順)のシャッフルネタが
先日の『333(トリオさん)』で放映されたわけなんですけども、その話。
まずは普通にネタの感想。
面白かったー!なるほどこう来たか、と。
このネタですけど誰が作ったんでしょうね。多分菅さんと(松橋)しゅうたの2人でだとは
思うんですけども、骨格部分はしゅうただったのかなー。あーいやでもどっちだろう。
私はハイアンドロー時代の菅さんを知らないのでパンサーでの話のみになりますが、
ツッコミのいないネタを菅さんがやっている、というのがなんだか新鮮でした。
ジューシーズは結構ありますけども(なので骨格はしゅうたが作ったのかなーと思ったんですが
ところどころ菅さんぽいなとも思うので、どうなんだろう)。
そしてまたツッコミがいないということで菅さんが声を張っているのも新鮮でした。
いつものパンサーのネタなら向井君が声を張る役目なんだよなーと。
菅さんの「俺だって殺してやりてーよ、あ、もう死んでるかラッキー」がめっちゃツボでした。
またすごい菅さんっぽい台詞ですし(とか言ってしゅうたが考えていたとしたらものっすごい
恥ずかしいんですが)。


でもってここからはジャングルポケットの話。
あ、先に言っておきますがあくまでも『私はこう思った』というだけの話です。
いちいち書くのも面倒ですし読む側も鬱陶しいと思いますので先に。
最初にシャッフルのメンバーが発表された時に、「俺の新しい魅力引き出してくれるよね」と
タケが言っていて、そしてネタ前のナレーションでも「2人の頭脳派は武山をどう生かす?」と
言っていたこともあり、本当にタケが活かされていたネタだったなーと思います。
もしかしたらネタ作りの前にそういう指示をされていたのかなあともちょっと思ったんですが
それは考えすぎかもなー。
でもって、このシャッフルネタがまたすごい新鮮だったんですよね。
普段のジャンポケではこういうネタはまず見られないですから。

私はジャンポケのネタを全部知っているわけではないのですが、ジャンポケのネタって
大きく分けると熱いネタ(お通しカットであるとか、今回やりましたワニワニパニックとか)と
斉藤君が悲惨(?)なネタ(バーベキューの漫才であるとか、バスケの試合後ネタとか)に
分けられると思うんですけども、そのどちらもタケは ”第三者的ポジション” なんですよね。
メインは太田&斉藤両名で。
なのでどうしてもジャンポケのネタというのは3ではなく2+1な感じがしてしまうのですが。
ただ今回のシャッフルネタはちゃんと3だったんですよ。もっと言うならタケがメインと
いってもいい役どころで。
なのでほんっと新鮮でした。普段のジャンポケのネタではまず見られないものでしたから。
そして、ジャンポケでもこういうネタが出来るようになればまた新たな魅力を出せる事に
なるだろうなーとも思ったわけです。

ではなぜ普段のジャンポケネタが2+1なのかということについて考えたんですが、
まずネタを作っている太田&斉藤両氏について。
これ前にも書きましたけど、2人ともタケに対して優しいというか甘いんですよね。
斉藤君は基本的に自分の周りには甘いのでとりあえず置いておくとして、太田君。
まあ彼も身内に甘いところはあるんですけども、それ以上にタケに対して甘いよなと思います。
太田君という人はスカウターを装備しているから、人を見てこいつはこのくらいの能力だとか
だったらこのくらいまで痛めつけたり酷い事をしても大丈夫とか判断出来る人だと思うのですが
だからこそ弱者には優しい一面も持ち合わせていると思う訳です。
いわゆる女子供に手をあげるタイプではないだろうなと。
で、問題はその ”弱者” の中にタケも入っているっぽいんだよなー、とね。
太田君にしても(そして多分斉藤君も)『武山だからしょうがない』みたいな感じがあるような
気がしてならないんですよ。
そしてそれは言い換えれば、(芸人として)信用していない、といいますか。
昨年分は録画出来ていないのでうろ覚えなんですが、昨年末に『333(トリオさん)』でやった
セルフウルトラクイズ、ジャンポケの最後の方は太田君がもう斉藤君にのみ焦点を絞って
問題を出しているのを見て、あーでもまあそうなるよなー、と。

そして武山君ですが、前から何度か書いている通り、彼が覚醒すればジャンポケはきっと
もっと大きく飛躍出来るはずなのになーと。
彼のツッコミってなんか上滑りしているんですよね。
上にも第三者的ポジションと書きましたが、なんていうか他人なんですよ、ネタの世界観の中で。
本来ツッコミというのは客目線でなければならないと私は思っています。ネタの中という
異質ともいえる世界観の中で、基準はここですよーこの人達はここからこれだけ外れていますよー
というのを分かり易く示すといいますか。
なので本来はタケを基準に太田&斉藤両氏がどれだけぶっとんだことをしているか、というのを
見て楽しむはずが、タケが基準になってこないんですよ。なので見る側としては自分の基準から
どれだけ外れているかというのを判断して笑うことになるんですよね。
例えば、パンサーのネタにおいてはツッコミの向井君が主人公なんですよ。こっちは主役を
見て彼の基準で、彼の目線で判断すればいいんですよね。正統派ツッコミだと大抵
そんな感じになるかと。ポテト少年団の菊地さんとか。本来のツッコミの役割。
で、なんで上滑りしているように感じるかといえば、ネタの役どころもそうなんですけども、
タケ自身にも問題があるんだよなーと。
なんていうか、ボケに対して突っ込んでいる、のではないんですよね。ではなくて、全体の流れの
中で次が自分の台詞だから突っ込んでいる、という感じ。
具体的にどうという説明が出来ないんですが、ただこれタケに限らず、ネタを見ていると結構
そういうツッコミの人多いなと感じたりします。
ネタなんて何度も何度も練習して、相手がどこでどうボケるかなんてもちろん分かっている
事ですけども、だからといって流れで突っ込んでしまうとなんか違うんだよなーと感じてしまうと
いいますか。
普通、会話というのは相手が何かを喋って、そしてその喋った内容を聞いて自分の中に入れて
判断して、相手がこう言うってことはこう考えているということか。だったらこっちはこう思うと
いうことを言おう、となって言葉を発するわけなんですけども、そこで相手の言葉を自分の中に
入れずに返答してしまうと上滑りしているように感じてしまうんだろうなーと。
多分、すごい微妙な間だとは思うんですよ。だっていくら相手の発言を判断して、といっても
あまりに時間がかかったらそれはそれで全然面白くなくなってしまいますし、だからといって
即返したら嘘っぽいですし。
ほんっとに微妙な間、そして何というか姿勢みたいなものがこちらに伝わるんだろうなーと。
良くも悪くも。

先日神保町のお芝居(『ストロベリージャム』)を観に行った時に、LLRの伊藤ちゃんがタケに対し、
「(色々質問してくるけど)俺に興味無いでしょ!」と言っていたんですよ。でタケはそんなことは
ないと返していたんですけども、あーそこなんだよなーとか聞いていて思ったりしました。
ツッコミが上滑りしている印象を受けるのって。
もちろん私はタケから質問責めにあったことはないので話を聞く限り、ではあるんですが、
なんというか、”質問のための質問” みたいな感じだなーとは思ったことがあります。
相手の答えが聞きたいから、ということではなくて、質問したいから、という理由の質問。
そうなると別に相手はその人でなくてもいいわけで、なんで誰でもいいのに俺ロックオン
されてんだよ、という気分になるのかなと。
これあんま人の事は言えないんですが、タケはもう少し周囲の人間に興味を持つとか、
あと会話に関しても言われた事を噛んで味わってから飲み込む、という意識を高めたら
いいんじゃないのかなーと勝手に思っていたりします。
今ってなんていうか、噛まずに飲み込んでいる感じなので。
なので本人的には食事をしているんだけど、相手にしてみたらいや味わえよ!、っていう。
会話に関して咀嚼の癖をつけたら栄養も有効に取れるでしょうし、多分もっと変わると思うん
だよなーと。

そしてタケが変われば確実に太田君も変わると思うのですね。
具体的に言えばネタの内容が。
こいつにこのくらい任せても大丈夫だ、という判断がされれば相当色々出来るんじゃないのか
なあ、と思うんですよ。
個人的に太田君に関しては身内に対してもう少し非情になってもいいと思っているんですが
(芸人の仕事においてね)、それが彼のいいところでもあるからなーと。
そして非情になったとしても最終的にはタケが上がって来ない事には早々と壁にぶつかって
しまうと思うので、やっぱりキーマンは武山君なんだよなーと思ったりします。
実際、今回シャッフルネタ見て、タケ出来んじゃん!と思いましたし、俄然今後のジャンポケが
楽しみにもなりました。
ジャンポケのネタで、ああいう武山メインのネタが見られるのはいつなんだろうなー。
その時が本当に楽しみです。

相変わらず偉そうなこと言ってるなーと読み返して思ったんですが、まあ今に始まった事じゃ
ないからね(開き直ったよこいつ!)。

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 4

『333(トリオさん)』第二十五回感想  

『333(トリオさん)』の感想の前に、本日のよしログについて。
本日のよしログはジャングルポケットが担当していまして、友達のいない斉藤君に友達を作ろうと
いう企画の元、ツイッターで友達募集をやっていたんですね。
なんかちょっと涙目になりながら私はそれを見ていました。
この辺りがっつり話すとどえらく長くなりそうなので今回は割愛して一番気になったところを。
これ前にも書いたんですけども、斉藤君の ”キャラ部分” について。
なんか、キャラを作っているから友達が出来ない的な話になっていたんですけども、
個人的にはそのキャラ部分も含めて斉藤慎二だと思っているんですよね。
ものすごい着飾っても裸でもシルキードライをアウターで着ていても(笑)、斉藤君は斉藤君
じゃないですか。そういうのと同じような感じで。
まあ、いつまで経っても裸が見せられないというのはそれはそれで問題ありなのかも
しれないですけど、常に裸でいることも出来ないわけで、その辺は着飾ったりシンプルだったり
ロンTの上にヒートテック着たり(笑)、そこは色々でいいじゃん、と思うんですよ。
普段から演技をしている部分も含めて受け入れてくれる友達を探すのでもいいんじゃないのか
なあ、と私なんかは思うんですけどね。
いやほんとに私で良かったら友達なりたいですもん。
まあ、私と友達になってもあんまり楽しくないかもしれないんですが。
心の平熱が恐ろしく低いからね……。


では『333(トリオさん)』感想です。
前回まではあらすじを書いていたんですが、テレ朝動画で配信されているということで
特に必要なくなったと判断しまして今回からは省略。
下手したらあらすじだけで1時間以上とか平気でかかっていたので、ちょっときつくなっていた
ところもあり。
とはいえ出演者だけは書いておきます。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
まあ、ここを読んでいる大半の人は知ってるよ!という感じだと思いますが。
ちなみに一応年齢順。


トリオをシャッフルして新ネタ披露、という説明の後、実際にシャッフルしたメンバーが
発表されたわけなんですけども、あの時の9人の微妙な反応が個人的にもーうツボで
ツボでしょうがなかったです。
なんか、ものすごい喜ぶわけでもなく、かといって「こいつと一緒とか嫌だ」とわめくわけでも
なく。
その辺りはやっぱり9人とも穴がないんだよなーと思います。
例えば尾形君とか弄る事は出来ても、シャッフルネタで足を引っ張る人かといえば
そんなことはないわけで、そうなると一緒の組とか嫌だ、ともならないわけです。
なんかあの時の9人の、喜んでいいんだかなんなんだかみたいな、ちょっと戸惑った感じが
ほんっと個人的にすごいツボでした。
実際どういうリアクションを取ればいいのか、という部分もあったとは思うんですよねー。
前述の通り、こいつはハズレだ、みたいな(分かり易い)人がいないから。

ところであのシャッフルメンバーはどうやって決まったんでしょうね。
まずツッコミの人を振り分けてからボケをあてていったのかなんなのか。
ボードの並びを見るとツッコミの人が一番上になっているので、多分そうじゃないかなーと
思ったりしたんですがどうなんでしょうね。
それにしても、ボードを見ると並びも考えられていたりとか(同じトリオのメンバーが
同じラインに来ないように、とか)、ほんっと細かい所も気を遣ってくれるスタッフさんだなーと
思います。
あくまで私が推測するには、最初に出来たのが武山君のところ、次が向井君、そして最後が
児玉さんのところ、な気がするなあ。とりあえず自由人のタケのところに頭脳派2人を
あてがって、そして普通に完成されたネタを作って来そうなメンバー(向井君とこ)を揃えて、
そしてまあ、言葉悪いですが残り、っていう。
いや、本人らも言っていましたけども、だまさんチームの見えなさがハンパないので。
そしてタケが言っていた「俺の新しい魅力、引き出してくれるよ、ね」がまさに事実となったん
ですがそれはまた後で書くとして。

「『333(トリオさん)』9人もいて、(実質)ツッコミ1人しかいない」と赤羽健ちゃんも言っていました
けども、ほんとそうなんですよねー。なんせ、だまさんとタケって、
”ボケとかツッコミとかどうでもいいじゃん協会”
の2人ですから(笑)。

でもってそれぞれのトリオのネタ披露部分についてちょこっと。

【ジャングルポケット】
今回のワニワニパニックもそうですし黒ひげ危機一髪のもそうなんですけども、あれって
操作出来るんでしょうか、ここ押したらアウトになるよ、っていうところ。
いや、タケが押してアウトになったらどうするんだろうと毎回結構ハラハラするんですよ(笑)。
とか思ったんだけど見返したら最初から押してたのかこれ。なるほどなー。
けどそうなると黒ひげは?、となるんですがまあいいか。
でもってジャンポケについては次のシャッフルネタでがっつり語りたいのでこれに関しては
この辺で。
あ、シャッフルネタに関しては明日以降に別記事で書きます。

【パンサー】
嘘でもいいからバインダーに紙挟んでおこうよー。
そりゃ確かに使わないですけどね一切。でも、取材という体でやっているのだから、
そういう小さいところに手を抜くのはどうなんだろうなと思う訳です。だって紙挟むくらい
大した労力でもないですから。事務所辺りから紙1枚貰ってくればいいだけの話ですし。
それか手帳でいいんじゃないのかなあと。またはボイスレコーダーとか。
前にも、ばちーんんんでプレステ6ネタをやった時、菅さんが持って来た手土産の袋が
明らかに中身何も入っていなくて、なんか空箱の一つでも入れておけば見た目全然
違うのになーと思ったんですよね。
そんな細かいところを、と思われるかもしれないですが、ネタなんて大体長くて10分程度な
わけで、そんな短い時間で見ている人をその世界観に引き込まねばならないということを
考えると、やれることはやっておくべきだと思うのです。
コントといういわば嘘の世界をいかに本当っぽく見せれるかといえば、出来る部分は
本当のことを積み重ねることじゃないかと。特にカメラが入っていることを考えれば
客席からは見えなくてもカメラワークで見えてしまう部分もあるわけですし。
実際、バインダーに何も挟まっていないのがカメラに映って、それを見た時正直ちょっと
醒めたんですね。それまでコントの世界に入り込んでいたのが、なんかちょっと現実に
戻ったといいますか。
さしたる手間じゃないからこそ手を抜かないで欲しいなと思ったりします。

【ジューシーズ】
私的には初見のネタでした。
にしてもつくづく思うのが、あ、これ褒め言葉ですよ、自分的に最上級の褒め言葉ですよ、と
先に言っておきます。どうも私の褒め言葉は褒め言葉に聞こえないところがあるらしく(笑)。
いやあの、勇気あるよなあ、と。
多分、並みの芸人ならこういうネタを思い付いてもやらない、やれないと思うのですね。
相当勇気いると思うんですよこれ。
そしてしかも、他の芸人が表面だけ真似してもぜんっぜん面白くないだろうなあ、と。
例えば私がネタをコピーして演じたとして、パンサーのだったら素人ながらそこそこ
笑いは取れるんじゃないかと思うんですけども、ジューシーズの、特にこのネタに関しては
どスベリする姿しか思い浮かびません(笑)。
こういうネタが出来ること、そしてそれがウケること。
ジューシーズの強みだよなー、と改めてつくづく思ったんでした。

シャッフルネタに関しては明日以降改めて書きたいと思います。まあ、シャッフルネタというか
ほぼジャンポケの話になりそうですが。

それにしてもTシャツ随分売れてましたねー。まあ100枚は軽く超えるだろうと思っては
いたんですけども、3組で1500枚超えってかなりすごいですよね。
これは次の仕事に繋がるなーと思うと単純に嬉しいです。買った身としては少しでも
貢献できたということもありますし。
にしても菅さんのお母さん、50枚買うってすごいな(笑)。10万ですよ。
というかそれはある意味自腹なんじゃ、という気がしないでもないんですが。
「ただの道楽息子」と太田君も言っていましたけども、金持ちだよなーとつくづく。
テレ朝動画は金額もなんですけども、あれって1週間しか観られないんですよね?
ずっと観られたりせめて自分のパソコンにはDL出来るとかだったらまだ考えるんですが。
あと以前の放送もアップして欲しいところです。
昨年分録画出来ていないので。
あとTシャツはそのうちテレ朝ショップでも買えるようになればなーと思います。
送料の高さが結構ネックになっていますし、クレカか代引きしかないというのも人によっては
使い勝手悪いでしょうし。
それにしてもTシャツ1枚買うのに送料800円ってなあ。

「モデル:売り上げを伸ばしたいジャンポケの皆さん」とか、「71件だったテレ朝動画」とか
いちいち見事というか、細かいところで笑わせてくれる番組だなーと改めて。
そしてシャッフルネタですが、斉藤君のところにモザイクかかってましたけども、最後の
全員並んだところではしっかり映ってるんですよね(笑)。あれはいいのか?、と。
どちらも面白そうで今から楽しみです。


色々書きたいことがありつつ時間がないのでなかなか出来ずにいるのが歯痒いです。
コメントのレスも全然出来てなくてすみません。今週中には必ず。

category: 333

tb: 0   cm: 8

暫定的パンサースケジュール  

パンサー菅さんのツイッターより。
>携帯の予測変換、最初に何来るか一文字ずつ見てたら「の」が能登麻美子で
>「ま」が麻美子だった。能登さん、これ見てたら結婚してください。
私もやってみた。
携帯の予測変換、最初に何来るか一文字ずつ見てたら「さ」が斉藤で
「し」が慎二だった。斉藤さん、これ見てたらけっ……
……今、「おことわりしまぁーす!」と言う斉藤君の声がものすごいはっきりと
聞こえたんですが気のせいでしょうか(笑)。
というか結婚するんだったら『できたできたできた』のガッツ王子がいいんだよなー。
素直でかわいいし将来安泰だし(フィクションにリアルな理由を持ち込むな)。
ただ、ふうちゃんに勝てる気が1ミクロンもしないんですけどね。
そういえば、ふうちゃんって小学一年とか二年とかそのくらいだと思うんですけども、
一体どんな躾と教育をしたらあんなにしっかりした小学校低学年になるのかと。
めちゃめちゃしっかりしてるもんなあ。もしかしたら私よりしっかりしてんじゃね?、と
思う事もたまにあったりします。
小学校低学年に負ける○歳……。
現実はいつも残酷。

それにしても、菅さん結構呟いてくれるので楽しいです。面白いですし。
向井君は告知とかきちんとしてくれるのでありがたいですし(出来れば営業とかは
当日でなくて前日とかに告知してくれると行く準備も出来るんだけどなーとは思いつつ)、
尾形君はほんと和むツイートしてくれますし。
三者三様というか、こういうところでもバランスが取れているよなーと思います、パンサーは。


さて、そんなパンサーのスケジュールです。
毎度書いていますが、漏れとか変更とかあると思いますので参考程度にご覧ください。

<5月>

■18日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■20日
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■22日
群青が押見と向井をいぢめる 18:00 浅草 雷5656会館 (向井)

■23日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■24日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■25日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■26日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■27日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)

■28日
1×2×3(いちにさん) 14:30 渋谷無限大ホール
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■29日
バル・ボラーチョの夜は続く 13:00、16:00 神保町花月
トーク&SPライブ「ビバ!バル・ボラーチョ!!」 19:00 神保町花月

■30日
コントグランド花月 19:00 なんばグランド花月

■31日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール


<6月>

■1日
ショータイム~練習試合~ 19:30 THEATHER BRATS (東京) (尾形)

■2日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■3日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■6日
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■7日
トリオ・トリオ・トリオ 19:30 京橋花月

■8日
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:15 神保町花月

■9日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■10日
よしもとナイトクラブ~「コイバナ」立ち飲みシアター~ 20:00 品川プリンスシアター

■12日
みんな大好きアームちゃんだよ!全国ツアー(ゲスト) 19:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■13日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■14日
トリオ・トリオ・トリオ 21:30 渋谷無限大ホール

■15日
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■16日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■17日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■19日
週末よしもと お笑いライブIN富良野 2011笑顔 13:00 富良野文化会館(北海道)

■21日
Adachilds 7 21:45 渋谷無限大ホール

■22日
シャッフルトーク ギンナナ×パンサー 21:30 渋谷無限大ホール

■23日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■26日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ
リズムを愛する者の集い 16:00 浅草 雷5656会館 (向井)

■27日
久馬歩編集 月刊コント6月号 19:30 品川プリンスシアター

■29日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■30日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
ピストルアタックNo.1 22:00 新宿ルミネ

category: パンサー

tb: 0   cm: 2

『ストロベリージャム』というかバッテリーの話(笑)。  

本日は神保町に『ストロベリージャム』のお芝居を観に行ってきました。
出演者がLLR、犬の心、ジャングルポケット、というなんという俺得な舞台だったんですが
行ける日が千秋楽しかなくて、まあ当然のようにチケットも取れず、当日券狙いで行ってみる
かなーでも神保町まで行ってチケットなかったらきついなーと思っていたところ、チケットを
譲ってくださる方がおりまして、無事に行くことが出来たのでした。
オムニバス形式のお芝居でして、4本あったんですけども、本日はその中で最初にやった
ものについて。いやもうこれだけは書いておかないと!と。
他のに関しては神保町ブログであらすじが出てから、書けそうなら書こうかと思います。


あー出演者。いちいちコンビ名個人名、で書くのが面倒なので先に明記。
犬の心(押見・池谷)、LLR(伊藤・福田)、ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
年齢順です。

1本目。地下室に集められた5人。共通点はいきなり後ろから殴られ気絶し、気が付いたら
荷物を全て奪われた上でここにいたというだけ。年齢も職業もバラバラな5人。監禁された
理由も分からない。
そんな中、置かれていたモニターの電源を入れると仮面をつけた男の映像が。
男は5人を殺すと言う。
一体なぜ、殺される理由などない、と言う面々に対し、男は一人一人理由を述べるのだった。
……という話なんですね。
で、モニターに映っているのが斉藤君で、集められた5人というのがそれぞれ斉藤君に
酷い事をして(そしてそれを忘れている)、恨みを買った、という。で、最初その地下室が
どこにあるかとか、殺すために集めたとかの説明をした後、最初の一人(伊藤ちゃん)に
何をされたかという説明をしていた時、モニターの画面に
【バッテリーを交換してください】
という表示が!
前述の通り私は今回が初見でしたので、これも演出かと思ったんですがその瞬間客席が
どっと沸いたんですよ。ただ、話としては覚えてもいない人間に殺される理由を述べられる、
というシリアスなシーンなんですね。なので『え?』とか思っていたら、一人目の説明が
終わったちょうどのところで突如ブツっと切れるモニターの電源。
大笑いの客席。
「誰か、誰かバッテリーを交換してくれ!」
押見さんの悲痛な叫び(笑)。
しばらくして突如モニターが映り、さっきの男(斉藤君)の姿が。
「バッテリー換えたよ、換えたよ! ……さて二人目だが」
完全に大笑いの客席。
あんなドシリアスなシーンなのに(笑)。

後でのトークで言っていたんですが、練習(カメラテスト)しすぎてバッテリーを
使い切ってしまった、と。
「俺生まれて初めて舞台から逃げたいと思った」(by斉藤)
なんで千秋楽にやらかすかなー、とも言っていました。
2本目の話の最初もそのショックを引きずった顔になっている斉藤君がなんとも。
ただほんと見て思いましたよ。私この人好きすぎる、と。
あー見られて良かった(笑)。

それにしても、よくあそこから立ち直ったよなーと思います。
押見さんとか「もう諦めてた」と言っていましたし。
よくまたシリアスな感じに持って行ったなあ、と。その辺りはほんとさすがです。
ただ、「殺される気が全くしなかった」そうですが(笑)。
あんなポカするくらいだから他にも何かやらかしてるよ、と言っていて、確かに、と。

ほんとなー、舞台は一期一会と言いますか、何があるか分かりませんね。
だからつい足繁く通っちゃうんだけどさ。

category: お笑い

tb: 0   cm: 8

「ジューシーズ・松橋とパンサー・菅とマヂカルラブリー・野田のしっぽりの夜」レポ最終回  

先日ちょっと眠れなかったので動画でも見るべーと思いまして、見ホーダイで適当に検索して
昨年夏にあったジャングルポケットのシチサンを見ました。にしても見ホーダイってなんでだか
分からないんですけど見られる時と見られない時があって、お金払ってんのにとちょっと
モヤモヤしたりします。まあそれは置いといて。
J POP カフェでやっていて、そういえばそうだったー!と。
で、トークのところだけ見たんですけども、太田君が家の近所のコンビニに行ったら
中学生だかの集団に気付かれて、「楽な仕事じゃないよ」と一人ずつに言われる、ということが
あったとか。
いやでもそれ言われてもなあ。俺じゃないし、って感じでしょうに。
ただ有名になっていくに従ってそういうこともあったりするんだろうな。
パンサーが有名になったら、例えば菅さんがコンビニに行って中学生の集団に見つかったら
次々に「サンキュー!」と言われる、とかもありそうですよね。
なんかその姿を想像してちょっと笑ってしまいました。
その話を後日トークで、「知らない子に次々にお礼言われてさ、俺どうすりゃいいんだ、って」
と、ちょっと困惑した表情で言いそうだなーとか。


さてレポ続き。今回から後半戦ということで、事前アンケートを見つつトーク。
3人に訊きたい事、ということで、『今期おススメのアニメは?』という問いに対しては
野田くんはテレビ自体をあまり観ないので今期のは分からず、菅さんは「日常」、
しゅうたは「けいおん!!」と言っていたかな。
で、「けいおん!!」に触発されてバンドがやりたいという話になり、客席に対して
楽器を弾ける人ー!と訊いたら結構な数が上がりまして、だったらお客さんバンドやったら
いいんじゃないか、と。
で、「俺ら何すんだよ」と訊かれ「前説」と(笑)。
何気に前説の方が豪華っていうね。
『女子に言われたい言葉は?』という問いに悩む面々。
しゅうたは以前、「キミは私の所有物だから」と言われてきゅんときたとか。それ以来
”所有物” という言葉が好きになったとしゅうた。しかし他の2人はドン引き(笑)。
「まだ、『所有物にしてください』なら分からなくもないけど……」と野田くん。
しゅうたは前回のしっぽりの時もペットになりたい、飼われたいとか言っていましたしね。
ちなみにしゅうたは、一見天然系でふわふわしていて愛想もいいのに、2人きりになったら
冷たく(というか厳しく)なる子がいいそうです。
「ツンデレ?……あー、デレツンか」と野田くん。
そして野田くんはヤンデレがいい、と。しかしヤンデレの意味がよく分からないしゅうた。
ちなみにヤンデレですが、「私の事を好きになってくれないなら殺すから!」みたいな感じ、
かな。病んでいてデレる、っていう。いやでも刺されて殺されたら終わりじゃん、という
尤もなツッコミに対し、いやこうやって避けるから、と避ける真似をする野田くん。
さすがは軽やかな動き(笑)。
そして、デートに行くなら、という話になって、野田くんは基本インドアだからあんまり
出掛けたくない、と。そもそもどこに行っていいのか分からないらしいです。
しゅうたも、2人でいたい、いちゃいちゃしたいとなると外より家、な模様。
松橋「やっぱ手とか繋ぎたいじゃん。外だと繋げないし」
菅 「あー外だと繋がないよね。外はない」
野田「……俺外でも繋ぐけど」
まさかの大外から!(笑)。
「え? どういう風に繋ぐの? こう? こう?」と実演してみるしゅうたと菅さん。私の席からは
あんまりよく見えなかったんですが、普通の繋ぎ方と恋人繋ぎだったのかな。
野田くんによると、その場の雰囲気、だそうです。
松橋「でもさ、外で手を繋ぐ意味が分かんない」
野田「意味なんてないよ!」
繋ぎたいから繋ぐ、と。
ここの野田くんがめっちゃかっこ良かったです。
前回書いた、恋愛シミュレーションゲームでの一途さといい、野田くんの好感度
上がりまくりましたよ、このライブで。

そしてインドアだという話からだったと思うんですけども、ライブとか行けば、と。
しかしあんまりそういうのも興味がないという野田くん。なんでも以前B'zのライブに
連れて行ってもらったそうなんですが、
「知ってる曲がさ、♪ウルトラソウルッ!、しかなくて。他全然知らなくて。でも
その曲までは(楽しみに)待とうと思ったらさ、1曲目がそれで」
2曲目以降は座りたくてしょうがなかったそうです(笑)。
その話を聞いた菅さん。じゃあ今度3人でライブに行きましょうよ、と。
話は菅さんの中学時代の思い出へ。
なんでも、Mr.Children活動休止前のラストライブの時、友達と前日からぴあに並んだものの
取れたチケットは最後列。それでも入れるだけいいと行ったところ、ライブ途中で
小さい手紙が回ってきたそうなんですね。それには、
「最後、客席から『星になれたら』を歌いましょう」
と。
歌詞を読んで頂けると分かるんですけども、別れの曲なんですがまたきっと会えると
いう内容なんですね。なので、ミスチルは休止してしまうけれど、また復活する時を
待っている、という想いを込めて客席から歌おう、と。
そんな手紙を貰い隣に回した菅さん。だったんですが
「なんにもないまま終わったの」
と。
え、なんだったのそれ?、と訊く2人に対し、菅さんも何が何だか分からなかった、とのことで、
誰かが歌い出すのを待っていたら全然歌わないままに終わってしまったとのことでした。
「なんならライブ楽しめなかったんだよね途中から。ちゃんと歌えるかなとか思って。
歌詞思い出したりして」
結局、それはイタズラだったんじゃないかという話で終わっていましたけども、でも私が
思うには、本当にやろうと思ってはいたんじゃないかと思うんですよね。
ただほんと、誰も最初に歌い出さなかったから、っていう。
率先して歌う人がいたら成功していたと思うんだよなー。企画の事を知らなくても
その歌で多分あっと思ったでしょうし。

『1日だけ女の子になれたら何がしたいですか?』という問いには、野田くん曰く、
「あえて格闘技とか習いたい」と。ハイキックが出来る女の子はかっこいいから、とか。
菅さんは、「出待ちがしてみたい」と。誰の出待ち?、と訊かれ、「まず(今いる)2人と……」
と言い出したら、他にも行くんだ、的な事を言うしゅうた(笑)。
菅さんによると、「LLRの福田さんのところに行ってみたい」そうです。
「いや多分普通に優しいと思うけどねー」と。
野田「誰か福田さんの出待ちしたことある? ……手、上げにくいか」
菅 「そこにがっつり上げていた人いましたけども」
そしてここから出待ちの話へ。
しゅうたはとにかくナメられる、と。「2人はそんなことないでしょ」と振ると、
「俺あんまり出待ち自体いないから」と野田くん。とはいえしゅうたによると、2人はちょっと
行き辛い部分がある、と。
松橋「だって2人とも基本さん付けされるでしょ」
野田「まあ、野田さんとか呼ばれるけどね」
松橋「俺呼び捨てだもん」
しゅうたによると、呼び捨てされた上にダメ出しもされる、とのことで、
「今後もずっとあんな感じでだらだらやっていくんですか? 今日初めて見て、
私別にファンじゃないんですけど」
とか言われるとか。
野田「そう言われた時どうするの?」
松橋「ちょっと時間ないんで、って」
野田「まあ、そういう返事になるよね」
にしてもここびっくりしたなあ。いや別にファンでないならダメ出しする必要もなくね?、と。
だってファンでないのなら売れようが売れまいがどうだっていいわけなんだし。
それに皆が皆、例えばテレビのゴールデンで冠番組を持ちたいと思っているわけでもないし、
テレビより舞台で自分が提案した企画をやりたいという人だっているでしょうし、そういう人に
対してそんなんじゃテレビに出られないよ、と言っても意味ないしなあ、と。
話がずれた。
で、しゅうた曰く、ナメられるし人気者が来たらそっちに行っちゃうし、または人気者終わりで
来ることもある、とか。
そしてナメられる人といえば菅さんの相方である尾形君もそうであるということで、尾形君に
関しては名前すら呼んでもらえないと。
菅 「尾形さんに聞いたんだけど、『ねえサンキュー』とか呼ばれるんだって」
野田「それで何て返すの、尾形さん」
菅 「『サンキュー!』って」
まさかの、ほんとにまさかの、菅良太郎による尾形貴弘モノマネ!
ちゃんと尾形君っぽく「サンキュー!」ってやってくれたんですよ。
いやーめっちゃレアなものが見られました!(笑)。ここテンション上がったなあ。
そして野田くんは、自分の出待ちの対応をしていたはずが、いつの間にか
御茶ノ水男子・しいはしジャスタウェイ君の列に並んでいた事もあったとか(笑)。
一体何がどうなって!?
で、菅さんが言うには、「出待ち選手権とかやりたい」と。
無限大ホールのプライムライブ(夜9時過ぎから始まるやつね)ならいけるんじゃないか、との
ことで、楽屋を出る前にやっている先輩とのミニコントからやりたい、とのことでした。
ちなみにミニコントですが、「今日これからご飯行きましょうよ」「いいけどお前出待ちあんだろ」
とかなんかそんなやり取りが楽屋であるらしくて、そこから再現したい、とか。
そして出待ちも色々あるでしょ、と。飴の袋を差し出して「一つ選んでください」とか、と。
この時の感じを見るにつけ、(あくまで私が思うにですが)菅さんってそういうのをちょっと
楽しめる部分もあるんだろうなーとか。
いやなんていうか、”自分の半分くらいの年齢の子に飴1個貰っている自分” を
客観的に見た時の面白さ、みたいなのを。
あくまで推測なので間違っているかもしれないですが。

『3人の年齢を教えてください』というのもあって、おいおいライブ来ているのに
年齢すら知らんのかい、と思ったんですが、よくよく考えたら私も野田くんの歳はよく
分かってなかったですごめんなさい。
そんなあなたと私のために。(今年で)野田くん25歳、しゅうた26歳、菅さん29歳。
とはいえ野田くんの方が先輩、と(野田くんはNSC東京8期生、あとの2人は9期生)。
なので、『333(トリオさん)』で言うと、パンサー向井君が一番下、その次がしゅうた、
次がジャングルポケット太田君、次がジャンポケ武山&斉藤君、次が菅さん、
その上がジューシーズ児玉&赤羽健ちゃん、そして一番上が尾形君。
というしゅうたの説明でそういえばと思ったんですが、『333(トリオさん)』でピンマイク
つけられるのって年齢が下の3人なんだなーと。
トリオ内でも一番年齢が下の人が一番しっかりしているという扱いなのかーと。
なんだかちょっと興味深かったです。

おススメ動画コーナー。You tubeとかにある動画を紹介するコーナーです。
(※動画によっては音が出ますので開く時は注意してください)
まず最初は、新宿でUFOを見つけたという人の動画
UFOうんぬんよりも叫んでいる人の声の方がインパクト大、というもの(笑)。
続いては、右脳左脳テスト
時計回りに見えたら右脳、反時計回りに見えたら左脳人間だとか。
上半身部分を隠して下半身だけ見ていると逆回りに見えてくるとのことでした。
そして菅さんが大好きだという、だるまさんが転んだをする猫
めっちゃめちゃ可愛いですこれ。猫好きにはたまらないだろうな。
そして、改造スタンガンを自分に当てる、という動画
彼は6時間後に目が覚めたそうです……(笑)。
動画へのリンクは張れませんが、しゅうたの好きな『美男(イケメン)ですね』から
前回のしっぽりで話していたシーン。
シヌさんという男性がコ・ミナムさんという女性に電話でアドバイスをしながら道案内をする、
というものなんですけども、実はシヌさんはコ・ミナムさんのすぐ後ろにいた、という。
なので、ストーカーばりに後ろを歩くシヌさんを見て、「ホラーじゃん!」と叫ぶ野田くん(笑)。
「イケメンじゃなかったらホラーだよ!」と野田くん。「これライスの関町とか初恋タローの
高森さんだったらホラーだよ」と。
なんだろう、ものすごい正しい「但しイケメンに限る」を見た気がする(笑)。
(※コ・ミナムさんのところ、思いっきりテギョンさんと書き間違えていましたので
直しました。ご指摘ありがとうございました)

本当は野田くんの作った格闘ゲームも披露する予定だったそうなんですが、
システムエラーで動かなかったそうで、それは次回に回すそうです。
かなり力を入れて作ったそうなので楽しみ♪
そして前回話に出たケータイ小説も近々アップしたいとのことで、あらすじをしゅうたが
披露してくれたんですけども、お笑い芸人(の卵)が出てくるということで、その人が
アームストロングの栗山さんみたいな人ということで、後半はもうその人は「栗さん」
呼ばわりでした(笑)。
もうアップされているのかな。このライブの時に「今日明日中にはアップしたい」と
言っていたので。
ただ、アドレスが分からないので確認が出来ないのですが。


ということでレポ終了です。
ここまで読んでくださった方ありがとうございました!
ミスチルの『星になれたら』はタイトルを忘れてしまいツイッターで尋ねたところ
即答えが返ってきまして、その節はありがとうございました!
このブログは皆様の優しさで出来ています。
あ、次回のしっぽりは7月22日の金曜日だそうですよ。
いつも着くのがギリギリなので、次回は半休を取って行こうかなーとか思っています。
せっかくなのでしゅうたおススメのおつまみとかも食べてみたいですし(いつもギリギリなので
食べられないのです)。
楽しみだなー。誰か一緒に行きません?


category: お笑い

「ジューシーズ・松橋とパンサー・菅とマヂカルラブリー・野田のしっぽりの夜」レポその3  

ツイッターでちょっと話題になっていた、「5秒でわかる 本格的な姓名占い
試しにやってみたら結構当たっていて笑ってしまいました。
ちなみに私の場合、本名もPN(海老原ね)も同じ結果が出まして、その後
パンサーの向井君でやってみたらこれまた同じ結果になりまして、さすがにちょっと訝しく
なったんですが、その後パンサーの尾形君でやってみたら違う結果になって、しかも
最初に出てきた見出しの言葉に思わず吹き出しましたよ。
菅さんはやたら女性的と出たりとか。
これなー、ぜひ各自でやってみてくださいな。
ちなみに『333(トリオさん)』メンバーだと、向井君とジャングルポケット太田君、そして私が
同じタイプと出て、あーなるほどなあ、と。


ではしっぽりの続きです。出演者はタイトル通り。
思い出しつつ書くので順番とかはバラバラですし、台詞も結構うろ覚えです。
そして書いてから思い出した事があり、これ前回の流れで書いた方がいいなーというのが
ありましたので、こっそり前回記事の最後に追記しています。

話は漫画喫茶のことに。野田くん、菅さん、そしてこの日はいなかったですけども
御茶ノ水男子・しいはしジャスタウェイ君は ”漫画喫茶芸人” だそうで、ルミネの出番の
1回目と2回目の間に漫喫行っちゃう人(笑)。
いや俺も漫画喫茶芸人だよ、としゅうた。なんでも仕事が終わって最寄り駅まで着いてから
漫画喫茶に寄って、それから家に戻るのだそう。その話を聞いて野田くんも「家帰る直前に
行くんだ」とびっくりしていました。
しゅうたによると、お金のなかった時期に漫画を全部売ってしまったので家に何もなく、
そうなると家に帰ってもやることがないから、ということで漫喫に行くそうです。
しゅうたによると、漫喫に行くか、DVDを借りるか、誰か(主にライス田所)を呼ぶか、の
三択だとか。
ちなみに菅さんも家にあまり漫画を置きたくないという理由から家にあまり漫画がなく、
漫喫で読むそうです。
この流れじゃなくて別の時だった気がするけどまあいいや。お金がなかった時、DVDの
延滞料が払えなくてDVDを借りれなくなってしまい、その時は毎日漫喫に行くしか
なかったと(でも漫喫行くお金があったら延滞料払えたんじゃ、とちょっと思った事は
ここだけの話)。で、しゅうたは家の近所に行きつけの漫喫があり、しかも仕事が
終わってから行くということで夜中から明け方にかけて利用する事が多く、そして個室と
いうことで気持ち的には自宅とあまり変わらないというか芸人としてはオフモードで利用して
いた訳です。髭も伸び放題だし髪もセットしていないし服も適当。
そしてそんな漫喫通いが1年くらい続いたある日、
「mixiのメッセージで、『いつもうちの店を利用して頂いてありがとうございます』って来ちゃって」
バレていたのか、とものすごい恥ずかしい気分になったとか。
あーでも気持ちは分かるなあ。ファンにはまず絶対に見られたくない部分でしょうし。

しゅうたの漫喫話続き。
菅さんと野田くんは無限大ホール近くの某漫喫によく行くらしいのですが、しゅうたは
そのグループの店にはトラウマがある、と。
なんでも、(田所)仁君と新宿でそのグループの店に行ったところ、席が満室でペアシート
しかないと言われ、まあでも仕方ないか、と入ったところ、
「1.2人分くらいのスペースしかなくて!」
実演してみてくれたのですが、野田くんが横になる上に覆い被さるしゅうた。いやさすがに
それはないでしょ、と野田くんも言ったのですが本当にそうだった!としゅうたは力説。
なんでも2人で漫画を読んだら片方の左ページと片方の右ページが重なってしまう、と。
さすがにそれはきつすぎるということで出る事にしたのですが、入って5分だか過ぎていた
ということで1時間分の料金を取られる羽目に。
「300円くらいで揉めたくなかったから」払ったそうですが、それ以来そのグループの店には
行けなくなった、としゅうた。
ただ菅さんによると、新宿のそこではない方の店はペアシートも普通だったそうです。
普通に2人横になれたし、と。
とはいえしゅうたがそのグループの漫喫に行く事はもうないんだろうな。

野田くんの漫喫話。
「漫喫行ったら何する?」と野田くん。漫画読んだりとか、としゅうた。たまにパソコンで動画も
見るとか。菅さんも漫画だったかな。漫喫のパソコンに入っているエロ動画見るって言ったのは
誰だっけかな。
で野田くん。一時期恋愛シミュレーションゲームにハマっていた、と。タイトルは本人も覚えて
いないそうなんですけども、ゲームソフトとかではなく配信されていたのかパソコンに入って
いたのか、そんな感じだったような。
ということで、そこまでシチュエーションにバリエーションがあるわけでもないので、1人の娘に
何度も行くとイベントが一周してしまって、結局また同じ流れを見ることになる、と野田くん。
なんですが、気に入った娘がいるので他の娘には行きたくないのだとか。
野田くん的には図書館にいる娘がお気に入りのようで、とにかく図書館に行けばその娘に
会えるから図書館ばかり行っていた、と。そうなると結局また同じパターンの会話になって
しまうのだけど、「他のとこ行くのが嫌なの」と。
「あー、屋上に行ったのをその娘に見られたりとか」「いや、見られなくても嫌なの! そっちに
行ったっていう自分が嫌なの」
これ聞いた時、野田くんって結構純粋なんだなーとか思ったんでした。
野田くんによると、相手にバレるとかバレないとかは全然問題ではなく、自分がその娘を
裏切った(までは言っていなかったですが、とにかく他の娘のところに行くという行為)、というのが
もう嫌なのだとか。なので他の娘のイベントは見られずじまい。
そうして得た教訓(?)。「ああいうのはさ、アグレッシブな奴が得をするんだよね」と。
つまり色々な娘に行くことに対して罪悪感がなければ全部のイベントを見ることが出来るから
ゲームを隅々まで楽しめるけれど、野田くんのように一途だとその娘のイベントしか見られない
からゲームの一部しか楽しむことが出来ない、と。
力説する野田くん。その発想はなかったわー、という感じの菅さん&しゅうた。
私も、その発想はなかったのでなかなか興味深かったです。

怖いものがダメ、という話。
とにかく怖いものが嫌いな菅さん。お化け屋敷とかもダメとのことでした。
しゅうたも苦手だそうで、なんでも、「いきなりビンタされたら痛いだけじゃん。でも、
『これからビンタしますよーすっっっごい痛いですよー』って言われてからビンタされるようなもの」
だそうで。予告された上にいつビンタが来るのかも分からないから、ずっとびくびくしていなければ
ならない、という説明に、ああなるほどなー、と思ったんでした。
野田くんはそうでもないらしく、「ああいうのってイレギュラーな動きしたらどうなるのかな」と。
人が脅かすタイプだと、ここに人が来たら出る、みたいな決まりがあるのだろうから、そこまで
歩くと見せかけて急に戻ったりとフェイントかけたら向こう(お化け)も焦るんじゃないか、と。
バイトやってみたいよねー、という話も。煙草とか吸って待っていて、「あー来た来た。じゃあ
行こうかー」みたいな感じなんだよ、と。なんかそう考えるとあまり怖くないな(笑)。
ただ菅さんはほんっとに怖いものがダメということで、ちょっと何の流れか忘れたんですけども
「山小屋の話みたいな」と菅さんが言ったら2人は知らなかったらしくて「どういう話?」と
訊いてきまして、でも「説明するのも怖いから怖くないように話していい?」と(笑)。
ちなみに山小屋の話ですが知らない方はこちらに書かれています。
これを極力怖くないように説明する菅さん。ただ本当にさほど怖くない感じで終わってしまった
せいか、「稲川淳二さんが話したらめっちゃ怖いから」とのことでした(笑)。
そんな怖がりな菅さんですが、
「こないださ、僕と菅君で『高校デビュー(※リンク先音注意)』観に行ったの」
と、しゅうた。
これ聞いてつくづく思いましたよ。しゅうたもだけど菅さんもキャラぶれないよなあ、と。
つかどんだけ別マ好きなのかと(笑)。
で、当然そんな映画なので周囲はカップルばかりで、男2人で来ているのなんて
菅さん&しゅうたくらい。ということでしゅうたはわざと周囲に聞こえるように
「楽しみだね(はあと)」とかカップルっぽい雰囲気を出していたとか。
松橋「そういうの菅君嫌がるから」
野田「菅君じゃなくても嫌だよ」
一種の嫌がらせ(笑)でそんなことをやっていたしゅうた。当然嫌がる菅さん。
その辺りはまだ予告も流れていなかったとのことで、「こういうのもまだやってなかった」と
映画泥棒の真似をするしゅうたがなんとも個人的ツボでした。
そして予告。何の映画かは忘れてしまったんですけども、恐怖映画の予告が流れまして、
終わった後にしゅうたがやっぱりさっきのノリで「こわかったね(ひらがなの感じで)」と
菅さんに言ったら、菅さんはなんと「目をつぶっていたから見てなかった」と。
「だってあんなの、絶対怖いシーンばっか流すもん」だそうです。まあ確かにね。
ただ菅さんによるとやみくもに何でも怖いわけではなく、小説や漫画だと平気だとか。
でも実写になればなるほど怖さが増すらしいです。

ここまでで前半部分終了、くらいだったかな。次回からは休憩を挟んで後半になります。
それにしても菅さん、あの風貌で少女漫画好きだったり怖いものが大嫌いだったりとか、
そういうギャップをもっと前面に出したらまた違う面白さが出そうなのになーとか思ったり
しました。
菅さんって今一つ周囲からすると弄りにくい部分もあると思うんですけども、本人は
もっと弄って欲しいみたいですし(「黄金の郷」のトークでちらっとそんな話もしていましたから)
例えば『333(トリオさん)』とかでそういうのが出せたら個性として面白いんじゃないのかなあ、とか。
見た目とのギャップも相まって面白そうな気がするんだけど。
向井君が例えばそうだったら、『え? 何そっち系なの?』とかなってちょっと引きそうな感じは
あるんですが、菅さんだったら面白い、ってなる気がするのだけど、どうなんだろうなあ。
何にせよもう少し自己主張すればいいのに、とは思ったりします。
今回のしっぽりでも3人の中で一番喋ってなかったんじゃないかなー、と。
あの中では菅さんファンなので、それはちょっと残念でした。

続きます。

category: お笑い

「ジューシーズ・松橋とパンサー・菅とマヂカルラブリー・野田のしっぽりの夜」レポその2  

そういえば前回書こうと思って忘れていたんですが、「夜もヒッパレ」って知念里奈が
レギュラーだったんですよね。『333(トリオさん)』の沖縄すごろく大会でおなじみの。
いや、おなじみ、と言っていいのか分かりませんが(笑)。
ただ、もしかして菅さんはこの番組を観ていたからあの時その名前が出たのかなーとか
思ったりしたんでした。
あーあと、そういや私の誕生日ってマヂカルラブリー村上さんと一緒だわ、と。
どうでもいいですかそうですか(笑)。


では続き。
あ、出演者はタイトル通りということで。
それと台詞部分はうろ覚えなんでそんな正確ではないですよ、ということで。
話の順番も思い出した順で書くのでばらばらかと思います。

なんでだかは忘れたんですけど貯金の話になりまして、(松橋)しゅうたが、「貯金が出来ない」と。
あればあるだけ使ってしまうそうで、先月(だったかな)の給料日前日夜、ジュースを買って
財布を見たら残りが1円しかなかったとか。
驚く野田くん。「俺貯金100万くらいあるよ」と言ったものの、他の2人(そして客席)もふーんという
感じ。野田くんの望む反応でなかったからなのか、「100万くらいあるよ」ともう一度言う野田くん(笑)。
菅さんも「それなりにある」そうです。額は言わなかったですけども。
しかしながら貯金が出来ないしゅうた。とにかく全部使ってしまう、と。
なので最近は、25日にまず光熱費などを振り込んでSuicaに1万円入れるとか。そうすれば
交通費は確保出来るから最悪仕事には行けるし、ご飯もSuicaで買える、と。
「26歳にして(光熱費とかを先に分けることを)ようやく気付いたの」と言うしゅうたに対し
半ば呆れ顔な野田くん。
とにかくあれば使ってしまうので、最近は菅さんにキャッシュカードを預けているとか。
それでお金が必要になったら菅さんに連絡して、菅さんが何に使うのか聞いてから
しゅうたにカードを渡す、と。
とはいえ当たり前ではありますが、「人のカードを預かるのは本当は嫌」だそうです。
そりゃね。何かあったら怖いし。
「彼女がいれば彼女に管理してもらうんだけどなー」としゅうた。カードを預けるのは
信頼出来る人なら誰でもいいとのことで、菅さんでも野田くんでも構わないそう。
なんですが、「ライス田所はダメ」と(笑)。スロットで使っちゃうから。
しゅうたによると、24日の24時(つまり25日0時)には給料が入っているので、その1週間前
くらい、つまり18日辺りからカウントダウンが始まるそうです。
「みんなそんな給料日とか意識しないでしょ?」としゅうた。「忘れてる事もある」と野田くん。
ですがしゅうたはがっつりカウントダウンをしているそうです。
で菅さんに、「あと○日で□円なんだけど大丈夫かな?」と訊くそう。
これなんですけども、「あと10日で2万」とか最初言っていて、そんなん余裕じゃん、とか
思ったんですが、吉本のシステムとして後輩には奢る、というのがあるんですよね。
なので、2万あったら大丈夫と思いつつ、「後輩3人とご飯行くでしょ。で一人1000円として
4000円かかるじゃない」と。
あー確かにそう考えると10日で2万はきついか。

そういえばちょっと話がずれるんですけども、『333(トリオさん)』の2回目で6人の全財産公開
していたじゃないですか。ジューシーズとジャングルポケットの。
で、しゅうた幾らだったかなーと確認したら27000円でした。全財産。
多分ですがロケ日が10月13日なんで、給料日まで約2週間。
確かにこのペースだと、「あと10日で2万」になるわなあ、と思ったんでした。
この時ってパンサーはロケに参加していないわけなんですけども、もし参加していたら
パンサーの貯金額も判明したわけなんですよね。
金額こそ言わなかったものの菅さんも結構貯めてるっぽい口調だったので、
ジャンポケ太田といいジューシーズ赤羽健ちゃんといい野田くんといい、ちゃんとしている人は
しているんだなあと思う次第です。

で、貯金をしよう、という話になりまして、「本気でやればすぐ貯金出来る」と野田くん。
確かにそうなんですよね。 ”本気” にさえなれば結構貯まるんだよなー。
まず何に金を使っているかというのを洗い出し、なるべくそれを減らしていく、と。
例えば食事にお金をかけているのならば店で食べるのを止めコンビニでパンとか買って
後は無限大のお茶で我慢するとか、あとライブ終わった後も後輩とご飯に行くと奢らなければ
ならなくなるから速攻で帰る、と。ご飯連れてって下さいよとか言われても断る、と。
「いやでもそれ寂しいじゃん」としゅうたは言っていましたけども。
この次の部分、もしかしたら野田くんと菅さん逆だったかも、なんですが
野田「それかNSC入り直すか」
松橋「あ、それいい」
菅 「(入学するのに)40万かかるけどね」
本末転倒(笑)。
入り直して芸歴チャラにして皆に敬語使わないといけなくなるけど、とりあえず奢らなくても
良くなる、というシステム(笑)。
それか、後々売れるものを買えばいい、と野田くん。ゲームなどを買えば楽しめるし
後で売れば多少は金になるから、と。
そういえば、としゅうた。芸人には売れる過程で ”地獄期” というものが存在するという話で
「売れ出した頃って月に2、3日しか休みがないのに、給料は3万とかあって、もちろん
バイトも出来ないからほんとにきつい」
とか。
で、そんな頃にしゅうたは持っていた『SLAM DUNK』を売った、と(後でお金が出来てから
買い戻したそうです)。
その話で思い出した野田くん。
「クレオパトラの桑原がさ、ストリートファイター(2か4だったと思う)を5回売って5回買い戻してんの。
何やってんのあいつ。あいつのそれこそがオツカマキリだよ」
と(笑)。
オツカマキリと言うんじゃなくて言われる方だと野田くん。

なんか別の話になって、さっき何の話してたっけ、としゅうたが言ってまた貯金の話に戻ったのは
覚えているんですが、その別の話がなんだったのか忘れたので貯金話続き。
どうにも貯金が出来ないので毎月2人に1万ずつ預かってもらおうかな、としゅうた。
「え?なにそれは新たにそれ用の口座作るってこと?それともただ預かるの?」と
具体的な質問をする菅さんに対し(カード預かっているくらいだからね)、野田くんは
「何で2人に分けるんだよ。1人に2万でいいじゃん」と。
松橋「いやどっちかが何かあったら(裏切ったら、みたいな言い方)困るでしょ」
野田「(信用出来ないん)だったらなんでこの3人でやってんだよ!」
ごもっとも(笑)。
で、いっそバイトでもしたら、という話になり、趣味を訊かれ「プラネタリウム」と。
趣味人でも話してましたもんね、しゅうたのプラネタリウム。
だったらそこで働けばいいんじゃないかと(多分野田くんが)言ったら、家にプラネタリウムの
機械がある、としゅうた。
じゃあ家に人呼んで金を取れば、と。
野田「(客が)飽きたらジューシーズがなんかネタやって」
松橋「そのために赤羽と児玉待機させて?」
その後、プラネタリウムバーみたいなのがあるからそういうのもいいんじゃないか、という話に
なり、ほんとにやったら行くよと菅さんと野田くん。
ただ、「身内から金取るのかよ」と(笑)。
とはいえ本当にやったら繁盛しそうな気がするなー。料理はしゅうたのお手製で、
飲みながら時にジューシーズがネタやってくれたりとか他の芸人さんも来たりとかすれば。
実際お店やっている人も結構いますしね。
しゅうた調理師免許取ればほんとにやれるんじゃないの?、とか。
でも多分それで儲かったら儲かったでまた使っちゃうんだろうなあ。
私も同じタイプだから結構気持ちが分かるといいますか。

ちょっと動画が見つからなかったのですが、You tubeにて、多摩川で0円生活をする人の
動画があったということで、しゅうたもそうすれば、と。
なんでも、食べられる草を吟味して食べたりとか、ヘビやバッタを食べて生活するとか。
もちろん家賃もかかりませんから、「金貯まり放題だよ」と言われたものの、そんなことを
してまで金貯めたくない、としゅうた。まあそりゃそうだよね(笑)。
だったら家庭菜園でもする?、と。しっぽり菜園。
しゅうたによると、ニラの繁殖率はものすごいらしいです。ニラは根っこまで抜かずに
根元を切るそうなんですが、またそこから生えてくる、と。なので採り放題だとか。
このくだりで、次回のしっぽりは多摩川でやる?、という話に。
「多摩川というか、しゅうたの家」(笑)。

続きます。

category: お笑い

tb: 0   cm: 6

2ヶ月  

しっぽりの夜レポは明日以降続きを書きますので、今日はちょっと違う話。

今日で東日本大震災から2ヶ月が経ちました。
東北新幹線は全線開通して、復興も少しずつ進んでいる反面、まだまだライフラインも
断絶しているところや、避難所生活を余儀なくされている方々も多くおられますし、
実際何年、何十年経っても完全に傷が癒える事はないのかもしれないとも思います。

色々思う事を書こうと思ったのですが、自分の紡ぐ言葉の無力さにさいまなれたので、
ちょっと違う話。

昔読んだ漫画なんですけども、主人公の女子高生が自殺しようとして思いとどまって、
そして後日その話をするシーンがあるんですね。
その時の台詞(うろ覚えではありますが)。
「前ね、死にたくなるくらい黄昏てた」
「でも死んだら○○(歌手名)の歌聴けなくなるから止めたの」
なんか、この台詞がほんっと好きで。
シンプルなんだけどすごくいいじゃないですか。死んだら好きな歌手の歌が聴けなくなるから
止めた、って。

これで思い出すのが、↑THE HIGH-LOWS↓のヒロトのこと。
ブルーハーツ解散後、自殺を図ろうとしたヒロトが、たまたまつけっ放しになっていた
テレビからダウンタウンの番組(「ごっつええ感じ」説と「ガキの使い」説があり)が流れて
いるのを見て笑って、『俺まだ笑えるじゃん』と思って死ぬのを止めた、という話が
あるんですね。本人がラジオで言っていたとか。


ものを作る人間というのは、自分でも知らないうちに誰かを励ましていたり、時には
誰かを生かしていたりするのだと思います。
私も未だにはっきりと覚えていて、というか一生あの時のことは忘れないと思うんですが
震災後、自分的に初となった「僕らの休み時間」のライブ。
あの時は、私のところは実質的な被害はほとんどなかったものの、実家は被害に遭って
いましたし私自身も精神的にかなりやられていた部分もありましたし、電車が動かないので
毎日何駅も歩くといったような体力的にも疲弊していた辺りでした。
なので、行くは行くけど楽しめるのかなあという不安もあったんですが、行ったら本当に本当に
楽しくて、あの時間だけは何もかも忘れて大笑い出来たんですね。
それで少し元気になれたところもあったと思います。

私はお笑いが大好きなわけですけども、女性アイドルも好きですし歩いている時は
ずっと曲聴いていたりしますし、テレビを観るのも本を読むのも好きです。
そういう一つ一つのエンターテイメントに触れることで活力を得ている部分というのが
本当に大きくて、こういう娯楽がなかったら私絶対生きていけないわと思ったりするわけです。

そんな中でも本当にお笑いの力って凄いなと思います。
笑うことが出来れば、とりあえず前に進めたりしますから。
普段あまり意識はしていないのですが、よくよく考えると彼らの仕事って本当に
ものっすごいものなんだなと思います。


色々言いたい事はあったはずなのに全然纏まらなかったっていうね……。
まあ、私がとやかく言うよりも、笑顔の素晴らしさを実感出来る動画を見た方が
早いか、ということで置いていきます。
超有名なものですけども。
「また再建しましょう」
これ初めて見た時泣いてしまったんですが、今日改めて見てやっぱり泣きました。
逆に励まされるっていうね。
私も出来る範囲で、元気に笑顔で、少しでも再建を進められたらと思っています。

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

「ジューシーズ・松橋とパンサー・菅とマヂカルラブリー・野田のしっぽりの夜」レポその1  

行ってきましたーしっぽり。
体調あんまり良くないなーと思いつつ向かったのに、席着いて速攻でビール頼みましたが
何か問題でも?(byおぎやはぎ)
いやまあビール飲みつつ観られるお笑いライブなんて数えるくらいしかないですし。

では早速レポ。
あくまで記憶で書いていますし、あくまで私にはこう見えた、というだけのものですので
その辺りは差し引いて読んで頂けるとありがたいです。
トークの内容は前後していると思います。思い出した順に書くので。
でもって出演者はタイトルにある3人です。

まずは菅さんと(松橋)しゅうたの2人が登場。
「お詫びなんですけど」の言葉にくすくす笑い声が漏れる客席。
「今回も、 ”ジューシーズ松原” が来れませんでした」と(笑)。
ちなみにジューシーズ松原ですけども、このライブの最初の回だったかな、入口のところに
案内の手書き看板があったんですけども、そこの出演者欄に ”ジューシーズ松原” と
書かれていた、と。
それ以来毎回、 ”ジューシーズ松原” と書いてもらっているとか。
今回も帰りにチェックしたらそうなっていました。写メ撮るの忘れてたー。
で、そのジューシーズ松原さん(笑)なんですが、阿佐ヶ谷の駅までは来ている、と。
会場の阿佐ヶ谷ロフトは駅から商店街を行ったところにあるんですけども、
松原さんは毎回商店街まで来るもののロフトを通りすぎて先まで行っちゃうとか。
で、代わりに ”ジューシーズ松橋” が来たそうです(笑)。
そんな説明の後、「今回のゲストを紹介します」と。
ゲスト扱いの野田くん登場。
ステージなんですけども、下手のところにドアがあって、それを開けてステージに上がる、と
いう感じなんですね。でなんかドアを2回開けて入ってきた野田くんが面白かったらしく
カメラ回したかったと菅さんが言っていました。
私の席からは遠くてあんまよく見えなかったんですが。
でもって、3人揃ったところでしっぽりの夜がスタート。

しっぽりは毎回しゅうたがおつまみ(レシピ)を用意してくるんですけども、今回は
吉祥寺のお肉屋さんで仕入れた、鶏皮のピリ辛煮(だったかな)。
なんでも、しゅうたのおばあちゃんがよく買ってくれていたそうで、おばあちゃん家に行くと
必ず出ていたとかなんとか。
この辺りだったかな。おばあちゃんがくれるお菓子で盛り上がったのって。
なんか必ずかりんとうくれるよね、とか(笑)、古い缶に入ってるよね、とか。
おばあちゃんあるある(笑)。
そして、しゅうたが大人になってから店を調べて今度は自分で買いに行くようになった、と。
お酒に合うので誰かが飲みに来た時は必ず買うそうで、菅さんに買ってるでしょ、みたいな
感じで振っていました。
で今回そのピリ辛煮を仕入れたしゅうた。今まではレシピだったけど、とうとう仕入れにも
手を出すようになったと(笑)。
ただ、辛いということで女性は大丈夫なのか心配だったらしく(客席にも大丈夫か
訊いていました。ほんとこの辺りが気遣いの人だなーと)、ライブ前日にまず買って、
吉祥寺から阿佐ヶ谷まで行ってスタッフの女性の方に食べてもらって、大丈夫という
ことだったのでまた吉祥寺に戻って仕入れて阿佐ヶ谷まで行ったら領収書を貰うのを
忘れていて、また吉祥寺まで戻って領収書貰って阿佐ヶ谷まで行ったそうです。
なので昨日は何往復もしたとか。
良かったね電車で一本で。

出てきた時の曲の話から(何の曲でしたっけこれ)、昔の土曜9時の日テレドラマの話へ。
『銀狼怪奇ファイル』が面白かった、と野田くん。
私は未見なので詳しくは困った時のwikipediaでお願いします。
kinkiの光一君やV6の三宅君や井ノ原君らが出ているという豪華なドラマなんですけども
このドラマを模倣した殺人事件があったとかでDVD化はされていないそうです
(ビデオ化はされている模様)。
で、このドラマは面白かった、と。これの次クールにやっていた『透明人間』や
『金田一少年の事件簿(第2期)』は面白かったけれど、「その後のタイトル忘れたけど
安達祐実がやってたやつがくそつまんなかった」とか(ちなみに『聖龍伝説』)。
でドラマにはあんまり食いついていなかった菅さんですが、その後にやっていた
『THE 夜もヒッパレ』には一言あるらしく。
とここを書いていて、また困った時のwikipedia、とリンクを張ろうとしたんですが、
なんと公式ページが未だに残っていました!のでそちらを。
ちなみにどういう番組かといえば、当時あったランキング形式の歌番組だと結局歌手が
スケジュールの関係とかで来ないので(生放送だったりしますし)、だったら呼べる人間で
カラオケで歌っちゃえばいいじゃん、というコンセプトの元に作られた番組、だったはず。
なんかそんなインタビューを当時読んだような。
ということで、基本的に歌手本人は来ないため、菅さんによると
「俺ミスチルすっごい好きだったの。でもミスチルの曲を(別の人が)全然違う感じで
歌うから」
腹立ってしょうがなかった模様。
とはいえ、この番組からSPEEDも出てきたしね、としゅうた。
SPEEDといえば、と菅さん。島袋寛子と新垣仁絵と誕生日が一緒、と。
ほんとだ、困った時の(略)見たら4月7日って書いてある。
そこから誕生日の話へ。しゅうたは元モーニング娘。の石川梨華ちゃんと
生年月日全く一緒、と(1985年1月19日)。
あああー元モーオタなのに言われるまで気付かなかった!なんたる不覚!
そしたら菅さん、「俺フランシスコ・ザビエルと誕生日一緒」
なんでそんなこと知ってるんだ(笑)。

これの前だか後だか忘れたんですけども、3人も何か飲み物を頼もう、ということになりまして
しゅうたが最近バーに行ったという話。
吉祥寺にドラマで使われたバーがあるということで、「何だっけあれ。『なんとかラバー』って
やつ」としゅうたが言うと菅さんも「あーあれね、なんだっけ」とか言っていたんですけども
答えは『ラスト・フレンズ』でした(笑)。
で、バーに行ってみたいということで、しゅうたとチョコレートプラネット長田君の2人で行き、
そこでフランジェリコというヘーゼルナッツのリキュールを飲んだら美味しかったということ
でした。お酒が弱い人にもおススメだとお酒が飲めない野田くんに言っていたんですけども
お酒っぽくないならわざわざお酒を飲む必要はないみたいなことを野田くんに返され、
後味がね(だったかな、匂いだったかな)、と返すしゅうた。
なんですが、そこのバーが本気のところだったようで、5杯くらい飲んだら8000円だか
かかった、と。しかも「長田とあんま話盛り上がらなくてさ」だそうで(笑)、今一つ
楽しめなかった模様。

菅さんとしゅうたはこれの前にお笑い男子校のロケに行っていたということで、
今回は東京ドイツ村に行っていたそうです。そこでパンを作ったという話から
作ったパンを持って来て見せてくれました。
まずは菅さん。「パンでホットドッグを作ってみました」ということで、コッペパンっぽい
形にソーセージとケチャップ……もパンで出来ていたのかな? いや私の席からだと
ほっとんど見えませんでしたので。
多分次回のお笑い男子校に写真が載ると思うのでそちらでチェックしてみてください。
そしてしゅうた。「関町パンを作ってみました」ということで、なんとライス関町君の顔を
パンにする、というね。
これまた私の席からだとあんまり見えなかったんですが、似ていた模様。
ただ焼く前の方が似ていたらしいですが。
で、野田くんに食べさせた後「これお腹痛くなってもいいならお客さんにも食べさせて
あげられるんですけどねー」としゅうた。「俺はいいのかよ」と野田くん(笑)。
「野田さんはいい」そうです(笑)。
それにしてもしゅうたは関町君のことが好きすぎだろうよ。関町君というかライス。
というか、無限大に来ている人で、あーいやお客さんは分からないですけども
芸人仲間でライス嫌いな人っていないんじゃないの、と思うくらいライスって大人気
ですよね。ほんと愛されてるなーと思います。
シチサンのお呼ビンゴとかライスだから成立した企画という気もしますし。
話がそれた。
で、野田くんと菅さんは前回の男子校ロケでマザー牧場に行ってジンギスカンを食べた
そうなんですけども、なんでも火力が弱くて全然焼けなかったと(しかも別テーブルの
スタッフさんの方は火力がものすごかったらしい)。
で、あまりにも焼けないからだんだんイライラしてきて芸人の悪口大会になったら
がっつり伏字で載せられたそうです。今発売のやつかな。まだ買ってないんで
分からないですが。
伏字だと余計リアルじゃん、とは言っていましたけども。
ただ、そんな伏字の中でも菅さんの「ライスに未来はない」という言葉ははっきり
書かれていたとのことでした(笑)。
そこでしゅうたが「ライスの未来っていうか、あいつらどうするんだろうねー。2人とも
実家だからそんなにガツガツしてないし」みたいなことを言っていたのがちょっと印象的でした。


なんかこのペースで書いていたら結構時間食うんじゃないか、と心配になってきた。
行った方は分かると思うんですけども、まだ全然さわり部分ですからねこの辺。
まあ、のんびりお付き合いいただけるとありがたいです。

category: お笑い

tb: 0   cm: 8

『333(トリオさん)』第二十四回感想  

『333(トリオさん)』今週は重大発表が、緊急のお知らせが、とメンバーの皆さんが
こぞって言っているので何かと思ったら、『333(トリオさん)』Tシャツ発売決定!
但し、今週の水曜日(11日24時)までに100枚販売出来なければ自腹決定、と
(予約自体はそれ以降も出来るそうです)。
次週のオンエアでそれぞれ何枚ずつ予約が入っているかの発表も行うとか。
後で、とか言っていると忘れそうなので早速注文してみました。
まさか送料1組毎にかからないよな、とかびくびくしながら注文したんですが
ちゃんとまとめての送料になって安堵。
さすがになー、3組分買って送料2400円とかなったらおかしいだろそれ、って
なりますからね。Tシャツより高いじゃん(笑)。
あ、送料ですが、何組分買っても800円な模様。
何枚買っても一緒なのかな。さすがに100枚とか買えるお金はないので
試してはいませんが。

そしていよいよ、テレ朝動画で『333(トリオさん)』が配信決定ー!
これで日本全国どこでも『333(トリオさん)』が見られますよ!
パソコン、携帯電話で見られるそうなので、今まで見られなくて悲しい思いをしていた
皆さんはぜひぜひ。
私も昨年分は録画出来てないから改めて見られるわー、とうきうきしながら飛んだら
今週分からしかなかったっていうね……。
過去分も上げてくれー金なら払うから!

詳しくは『333(トリオさん)』公式サイトからどうぞ。


というのを昨日の朝取り急ぎ上げました。
なので、重大発表が何か分かっている状態で感想を書くよ、ということで。

あーそうだ、感想の前に。
今日のばちーんんんトークで菅さんが2回目に振られて話していたことですが、
意味が分からなくても親と本人に訊くのだけは止めとけ!と強く言っておきます。
ツイッターとか見ていたら結構分からない方がいたようなので。
ちなみに止めとけっていうのは、押すなよ、絶対押すなよ、とかいうのではなく本気で。
ものっっっっっすごい気まずい雰囲気になるのは確実ですので。
それにしても、配信とはいえゴールデンタイムになんという話をしてくれたのかと。
意味が分からなければぽかーんでしょうし、分かれば『えっ、その歳で』となるでしょうし。
とはいえ病院に行けばどうにかなるんじゃないのかなー多分ですが。
ただ一応確認してみたら健康保険適用外らしいですね。
なんで保険きかないんだろう。少子化問題騒ぐならそういうとこからじゃないのか。


でもって感想。
まずは見れなかった地域の方にあらすじ……といっても今週からパソコンで
見られるようになったんですよね。
そう考えると逆にあらすじを書くことでじゃあ観なくていいやとかなるんでしょうか。
それともこういう内容だったら観たい、になるのかな。だったらいいんですけども。
とりあえず今回に関しては軽く触れる程度で書いておきます。
次週以降はまた考えます。
いちいち最初にトリオ名人名で書くのが面倒になってきたので(笑)、先に。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
まあ、ここを読んでいる大半の人は知ってるよ!という感じだと思いますが。
ちなみに一応年齢順。
そしてあらすじに関しては全員敬称略。

------------------------------
待ちかまえていたテレ朝の野上アナウンサーに「重要なお知らせがある」と言われ
不安そうな顔になる9人。
「ほんっと嫌なんだよこういうの」と向井。
皆も口々に「怖い」と。
そして野上アナ曰く、半年もやっているのに世間の認知度が低すぎる、と。
それに関しては事実過ぎて何も言えない面々。
で、認知度を上げるためにグッズ販売をする、と聞かされ、不安そうな顔から一転
皆大喜びに。
「万が一、売れて売れてバカ売れした場合、局の上層部にも伝わります」
という説明にテンションが上がりまくる9人。
「終わる、って言われると思った」と口々に言う9人。しかし安堵したのもつかの間、
グッズ担当者の名前を言われ、会いに行けと。
しかも、野上アナは他の仕事があるため9人だけで行ってきてね、ということで
皆無理無理、と言ったものの結局行かされたのだった。

会いに行く前に、担当の ”ニシムラさん” がどんな人か想像し合う9人。
きっと偉い人だから貫禄があるはず、ということで「波平さんみたいな人」じゃないかと言う
太田に対し、「絶対そういうこと本人の前で言うなよ」と釘を刺す向井。
もし太田が暴走したら誰が止めるかを決め、いざニシムラさんの元へ。
西村さんは(想像していたより)若く(30代くらい?)冗談も通じる感じの人という事で
安心するメンバー。
そして、第一弾グッズはTシャツに決定。
ただ、皆が着ているTシャツは生地も発色も良く、いいものを使用しているということで
値段をどうしようかという話に。
そこは頑張って2000円で、と。そしてトリオ毎にワンポイントもつける、と説明され
本当に色々と考えてもらっていると感激する9人。
向井「正直、最初は不信感ありましたけど……」
西村「このチーム(パンサー)だけなしにしても」
向井「いや結局、すごく考えて頂いてるなっていう」

他の番組のグッズも見せてもらい、売れ行きが番組の認知度に関わってくる事を
説明される。そしてTシャツが売れまくれば特番が出来るかもしれないと言われ
喜びまくる面々。
なので、とにかく売れるデザインを描いてくれ、と言われるメンバー。
手描きのデザインがそのまま袖にプリントされるということで、ジャンポケは太田、
パンサーは菅、ジューシーズは赤羽のデザインが採用。
ジューシーズのところでは、「ふざけたのだとこういうのも」と松橋が何かを見せる。
さすがにモザイクがかかっていましたがゆかちゃんの携帯番号。
「売れるんじゃないですか」と言われたものの、「売れても大問題!」と児玉。

「ここからは大人の話」と西村さん。1組100枚売れないと赤字と言われ、
「うちは児玉が自腹切れるんで」と赤羽。
しかしその冗談が冗談ではない事態に。
売れ残りは皆に買い取ってもらう事になる、と言われ、一気にがっくりくる面々。
しかも、番組のプロデューサーの意向だという。
そして、次回オンエアで予約数を発表するため、水曜日(11日24時)までという縛り
(予約はそれ以降も受け付けるそうです)。
しかしながら、100枚売れるかどうかの問題ではなく、もっと売って次に繋げろと言われる。

とはいえまずは100枚を売るという事で、確実に買ってくれる購入者をリストアップ。
まずはジャンポケ。斉藤のリストが身内しかいないことを指摘され、
「そうですね、友達は基本いないんで」
寂しそうな顔になる斉藤。
そしてパンサー。尾形のリストの中にJリーグの中村憲剛選手の名前が。
後輩だから、と言うものの話を聞いてみたら全然連絡を取っていないということで
名前は消されることに。
ジューシーズ。松橋はまず「同期のしずるの池田が10枚」
10枚で2万だったら余裕、と言う松橋。
そして、「ゆかちゃんが1枚」
児玉が書かないので代わりに書いた、そうです。
各トリオ80枚以上はガチで売らねばならないということで、土下座で頼む9人。

そして、上にも書いたようにネットでの配信決定のお知らせも。
バラエティでは初ということで、これが失敗するとバラエティの配信自体にも影響が
出かねないと言われ、
太田「だとしたら少しばかり荷が重いような気がするのは僕だけでしょうか」
西村「それは僕も思ってます!」
いやいやそんなこと言っちゃ、と突っ込む面々。
3組の勢いに賭けてみよう、ということになったのでした。
------------------------------

毎度毎度言っていますが、本当に丁寧な作りなんだよなーと思います。
それは9人が着ているTシャツにも現れているわけで。だってテレビで観ている限りでは
分からないじゃないですか。Tシャツの生地がいいとかどうかっていうのは。発色は
まあ分かりますけども。
ただでも確かに、出演者が着ている番組のTシャツがぼろぼろだったら印象良くない
ですからね。ロケ地で偶然見かけて、安っぽい服着させられてんなーとか
思われたらマイナスでしょうし。
とは思うんですけども、でもどこの会社でも経費削減を強く言われる中で
こういうところに手を抜かないというのは本当に素晴らしい事だなと思います。
実際、安物にしてしまうとすぐダメになって買い替え、となって結局高くつくというのも
ありますしね。

別に私が向井ファンだからというわけではないと思うんですけども、向井君の声というか
話す事って色んな意味で響くんだよなーと。
ここ、というタイミングで絶妙な事を言う、ってなかなかやろうと思って出来る事では
ないですから凄いなと。そういう意味では太田君も凄いんですけども、太田君に関しては
普段のライブを観ているせいでいやもっと出来るだろうという気持ちもあるので。
そして多分、というか単に芸歴順に並べたらそうなった、ってだけなんでしょうけども
9人並んだ時にパンサーが真ん中に来るというのはこうなってくると絶妙な配置
だったんだなと思います。向井君が仕切ったり説明したりすることが多いことを考えると。
ただ、そんな出来る向井君ですけども、絵心に関してはあれなんだからそこは2人
もっと頑張ろうよ、と。
つくづく、トリオの中で1人絵が描ける人がいるかいないかというのは大きいなと
思った次第です。
太田君とかめっちゃ上手かったですからねー。赤羽健ちゃんのも。
尾形君そこはボケちゃダメだって、それでなくても消去法になるんだから、と
テレビを観ながら思ったりしたんでした。
それにしても(松橋)しゅうたはなんでユカちゃんの電話番号を知っていたんだろう。

「友達いないんで」って斉藤ぅぅぅぅぅぅぅぅー。いやきっとライスの関町君が買ってくれるよ!
多分。
ああいう時に誰の名前を出すか、っていうのは性格が出るなーと。
唯一先輩の名前を出したのって向井君でしたし。
そういやグランジの遠山さん(お誕生日おめでとうございます。明日)ですが、
ほんとに買ってくれたとか向井君がツイッターで言っていましたね。いい人だ。
そしてしずるの池ちゃんは本当に10枚買ってくれそうで、それはそれで何ていうか。

最後に。
私は基本的にはこういう、何枚売らないとどうたらこうたら、というのは好きではないです。
ということを前提にしつつ、でも今回は購入したんですけどね。
なんでかといえば、
「万が一、売れて売れてバカ売れした場合、局の上層部にも伝わります
から。
結局はビジネスですからね、売れるものは大きく取り上げられますし、売れなかったら
切られますし。
上の人間を動かす一番の方法ってやっぱり数字なんですよね。目に見えるものとして。
いやらしい話ですけども、これだけ売れてますよーこれだけ儲かりますよー、というのが
形として出せれば次のステップにも行き易い訳です。
そう考えるとやっぱり買っちゃうよなあ。
多分100枚売れないってことはないと思うんですよね。さすがに。
ただ、100枚っていうのは本当に最低ラインであって、どのくらい伸びるかなんだろうな。
それにしても、2000円という値段設定は絶妙だなと思います。
これが3000円だったら3組分買えば送料込みで1万円とかなるわけですし、そうなると
さすがに1組だけでいいか、となってしまうところを、2000円だとせっかくだから
推し以外のところも買っておくかーとなり易いですから。
本当に色々考えてくれているなーと思います。
ただ送料が高いんでこの先はせめて六本木のテレ朝ショップでも買えるように
なってくれればなと思う反面、よく考えたらうちからだと往復交通費の方が送料より
高かった事に気付きました(笑)。
まあでも、実際にショップでも取り扱ってくれたら人の目に留まる率も上がりますし。

ほんとに特番とかやって欲しいわー。もちろん3組とも出る方向で。

category: 333

tb: 0   cm: 2

久々にハロプロの話を書くよ  

本日は表参道のセミナーと無限大に行ってきました。
表参道は、配信もあったのでご存じの方も多いと思いますがパンサー菅さんが体調不良で
お休みということで、昨日のトリオ・トリオ・トリオは元気そうだったのに大丈夫なの!?、と
不安になったんですが、その後ツイッターで呟いていましたし夜の神保町ライブには
出演していたという事でとりあえずひと安心でした。
急に具合悪くなったけど横になって休んでいたら治った、みたいな感じだったのかな。
そういえば私、高校の時にものすごい腹痛に襲われて保健室でうんうん言いながら
寝ていたんですけども(いやもうほんっとに痛かった!)、私があまりにも苦しそうなのを
見かねてか保険の先生が車で病院に連れて行ってくれたんですね。
なんですが、その車に乗っている間に何だか知らないけど体調が回復してきましてね……。
いや回復したのは良かったんですけど、今更治りましたとか言えないじゃないですか。
なので診察は受けたんですけども、そんなに具合悪い?、みたいな風に病院の先生に
言われまして、いやさっきまで激痛に襲われていたんだよ!治っちゃったけど!とは言えず
微妙な表情のまま病院を後にしたのでした。


唐突にハロプロについて。
最近あんまり書いていませんが、ハロプロは前から好きなんですよ。というかモーニング娘。に
関してはデビュー当時から好きですからね。5人時代。好きといっても結構波はあるんですけども
一時期はファンクラブにも入ってコンサートも行っていました。
ただ、前にもちらっと書いたことがあるんですけども、グループって自分的にキーマンに
なる人がいて、別に一推しでなくてもその人がいなくなるとそのグループ自体への熱も
下がってしまう、みたいなところがあるんですね。
モーニング娘。だったら久住小春、℃-uteだったら梅田えりか。
ハロプロじゃないけどAKBだったら小野恵令奈(えれぴょん)でしたし、
ももいろクローバーだったら早見あかり(この2人は一推しでもありましたが)。
で、娘。だったら田中れいなが一推しなんですけども、小春がいなくなってから
急速に熱が冷めてしまった事もあって、最近は一応新曲はチェックするけど……、程度に
なっておりました。
なんですが、先日新メンバー(9期)が4人入りまして、今その9期も含めたメンバーで
春のコンサートツアーをやっているんですね。でまた、それの評判がいいこといいこと!
ツイッターやブログ等々で、ライブに行ってきた人がとにっかくとにかく絶賛するのが
新メンバーの鞘師里保(さやし りほ)
彼女は元々アクターズスクール出身でして、オーディションの時からその高いスキルと
ルックスが評判になっていたんですね。即戦力としても期待されていたんですが、
まーあ期待以上の働きをやってくれているみたいです。話に聞くと。
彼女の魅力に堕ちている人があちこちに見られて、止めていたファンクラブをもう一度
入り直そうかと思っている、という人も多いとか。
私も最近はすっかり娘。コンからは離れていたんですが、そういう話を聞いていると
俄然行きたくなりますねー。DVDもいいけどやっぱり現場の躍動感というのはまた
違いますから。
最近お笑いライブしか行ってないからなー。色んな意味で新鮮だろうな。
周囲が男性ばっかだろうし。

9期メンバーは4人入ったわけなんですけども、鞘師以外の3人も評判が良くて、
今回はほんといいメンバーを入れたなーと思います。
いや、どの時とは言いませんけどね、なんであの子を落としてそっちを入れたんだ、って
いう時がありましたんでね……。
どう考えたって○期はあの子とあの子だっただろうにー!

でもって、8期と9期の間は2年くらいかな、開いていたんですけども、
今度10期メンバー募集があるそうです。
年齢は10歳から17歳までだそうですけど、よっっっっぽどの即戦力であるとか
相当な魅力がない限りは多分上限14くらいまでと考えた方がいいかもしれないです
今までの傾向を見ると。
ここを読んでいる小中学生がいるかは分かりませんが、我こそはと思う方はぜひぜひ
チャレンジしてみてくださいな。
もしかしたらそのうち私がコンサート会場でうちわ振っているかもしれないです(笑)。


現役娘。も頑張っていますけども、卒業娘。も頑張っていますよー、ということで
ドリームモーニング娘。のコンサートの評判もいいようで気になっています。
モーニング娘。卒業メンバーで構成されているんですね。で、コンサート行こうかなとも
思ったんですけど、ただ、大きな問題がひとつありまして……。
卒メンにおける私の推しベスト3。
1位:ごっちん(後藤真希) 2位:こんこん(紺野あさ美) 3位:明日香(福田明日香)
なんですよ。
これだけで言いたいことが分かった方は結構な通かもしれないです。
1位のごっちんは事務所移籍(現エイベックス)、2位のこんこんはテレビ東京入社
(今アナウンサーとして頑張っています)、3位の明日香は芸能界完全引退。
ちなみにもう少し書くと4位は辻ちゃん(辻希美)。今育児休暇中。
この辺が、というか多分ごっちんがいたら行ってたなあー、きっと。
モーニング娘。における永遠の一推しなので。

そういや育児休暇中の辻ちゃんですが、ブログを見ているとほんと幸せそうでね。
娘の希空(のあ)ちゃんもう幼稚園ですよ。月日が経つのは早いなー。
そんな希空ちゃんのためにお弁当を作っていて、写真も載っていたんですが
すごいかわいくてね。
芸能活動を続けていたらこういうお弁当を作るのは難しいでしょうし、とか考えると
これはこれでありなんだろうなと思ったりもします
(多分そのうち芸能界に復帰するとは思うんですが)。


最後に唐突に全然違う話。
表参道のセミナーで写メをみなさん披露していましたけども、パンサー向井君が披露していた
喫茶店「パンサー」ってどこなんだろうと検索したら出てきたのでリンク張っておきます。
この写真にはあの看板は載ってないんですが、他のところを見たらあったので、ここで
合っている模様。他のところですが個人ブログだったのでリンクは割愛。
ただ読んでみると場外馬券場が近いとかで競馬ファンが多く集まるとかなんとか。
土日とか雰囲気的に行き辛そうだなー。向井君が躊躇したのも分かる気がします。
全席喫煙席のようですし。煙草吸わない人はきつそう(私も吸わないですが)。
とはいえそのうち機会があったら行ってみたいです。

category: ブログ

tb: 0   cm: 2

トリオトリオトリオの話をすると見せかけてジャンポケの話をする  

ブログテーマに『ジャングルポケット』を追加してみました。
今までは『お笑い』に入れていたんですが、そろそろ作ってもいいかー、と。
ただパンサーに関しても今はスケジュールの時くらいしか『パンサー』のテーマを
選んでいないのであんまり使う機会はないかもしれないですが。
ライブレポとかは基本的には『お笑い』になりますし。
で、今までの記事の中からジャンポケに関するものを移動させてみました。
読み返すのが面倒だったので(笑)、タイトルにジャンポケが入っているものを片っ端から
移動させたんですけども、終わってみたら12とかなっててちょっとびっくり。
私こんなにジャンポケについて書いてたんかい、と。
あまり分かってないんだけども。まあそれを言い出したらパンサーも分かってないですが。
そしてそんな事を言い出したら何も書けなくなるので置いといて。


本日は、トリオ・トリオ・トリオに行ってきました。
事前に配信がある事は聞いていたので、今回に関してはもうメインは配信で見ようと決めて、
確認事項二つを見ることに専念しようと決めていました。
そのために目星をつけていた席に無事座れたので、ひたすらそこだけ凝視。
……していたら、本当にそれしか記憶がない状態っていうね。
つくづく、全体を見ようと心掛けないと見られないんだよなと思う次第です。
レポを書く時は極力全体を見るようにしているので、配信あるでしょとタカをくくっていたら
なかった、とかなった時の大変さたるや(笑)。
まあそんなことは置いといて。

確認事項その1 【ジャングルポケット斉藤はどこまでジャングルポケット斉藤なのか】
実は暗い、あんなキャラじゃないと言われている斉藤君ですけども、そして舞台の上では
ず――――っと演技を続けている斉藤君ですけども、果たしてどこまで演技をしているんだ
ろう、というね。疑問というより確認の意味合いが強かったですが。
いや、9人もいれば自分にスポットが当たらない時も多々あるわけですよ。そういう時に
彼は一体どういう表情をしているのだろうとね。
前にも書きましたが、彼は常に(舞台を降りても)演技をしているんではないかと私は
思ってはいます。もちろん舞台上と降りた後では違う仮面が着けられるわけですけども。
ただ、スポットが当たっていない時はどういう仮面を着けているのだろう、とね。
で、結果から言いますと、ず―――――っと、ジャングルポケット斉藤、でした。
あ、私にはそう見えた、というだけですけども。
最初にあるあるネタを皆で出し合いましたけども、そのネタを考えている時ですら
ジャンポケ斉藤の顔なんですよね。とか書いてて思いましたけど、普段(芸人の仕事を
していない時)あるあるネタとか作ったりしないか(笑)。
ただとにかくず―――――っとジャンポケ斉藤の顔であり続ける辺りがね、何というか
私この人好きだわー、と思う辺りだったりします。
いやお前に好かれても嬉しくないだろうよ、というツッコミはご遠慮ください。
事実は時に人を深く傷つけるんだぞ!(笑)。
ちょっと話ずれますけど、私、彼の目が大好きなんですよ。
あの、バリバリ演技している目。
隙あらばず―――――――っと斉藤君の目ばっかり見ていました。
充血してんなーとか思いながら(笑)。
あの、あと、前髪がひとふさ、くるんと丸まっていて、それがもうすっごい可愛かったんですよ!
目とか前髪とかそんなとこばっか見てました。彼に関してはほんとミーハーになりますから。
話ずれすぎ。
で、斉藤君に関しては舞台上では(そして多分ですが入出待ちでも)ずっと
ジャングルポケット斉藤であり続けるというプロ意識がねー、なんとも素晴らしいなと。
もしかしたら演技をしている方が楽なのかもしれないですが。

確認事項その2 【ジャングルポケット太田の笑いのツボはどこなのか】
前にもちらっと書きましたけど、太田君って基本そんな笑わないんだよなー、と。
いや舞台降りた後は知らないですけど、舞台上では。
笑っていても苦笑交じりの感じが多いなと思っていて、この人が腹抱えて笑う時ってどんな?、
という疑問があったんですね。
で、ずっと見ていましたらパンサー尾形君が熱々のカップラーメンを食べる、というくだりで
他の皆は食べる本人を見ていたんですけど、太田君だけ両サイドにあるモニタを見て
いたんですね。で、モニタ見ながら腹抱えて笑っていました。
私がジャンポケをきちんと認識して見るようになってからまだ1年も経っていないくらいで
ほんと浅いんでだからかもしれないんですが、太田君がそんなに、それこそ腹抱えて
大笑いする図、というのを私は初めて見たんですよ。
もう、なので、『太田が!太田がめっちゃ笑ってる!』とか思って私ついそっちばっか見ていて
尾形君の面白食べっぷりをほとんど見逃しました……。
まあいいや、後日見ホーダイに上がるっていうし。
太田君の尾形君イジメは結構凄いものがありますけども、それはもちろん愛情あっての
ことですし、構いたくなる何かがあるんだろうなとは思っていたんですが、これだけ
笑いのツボを刺激してくる人だったらそりゃ弄りたくもなるよなーと納得した次第です。
そういえば、オープニングで太田君が全然喋らないので不思議に思って見たら
息が切れていて、確かに表参道のライブ後だろうけどそんなハードスケジュールだっけ?、と
疑問に思っていたら、始まる前に尾形君にジャイアントスイングかけてたら息が切れた、と。
何してんですか舞台裏で(笑)。
どうせなら舞台上でやってくれれば良かったのに!

そういや太田君ですが、ゴムチューブを斉藤君がチャレンジする、という時に、
「斉藤は野球やってて甲子園出てますから」みたいなことを言っていましたけども、
彼の、相方を自分のことのように褒める姿が大好きだったりします。
なんか言い方に誇りがあるといいますか。
太田君はずっと柔道をやってきて愛知県1位にもなって、そして今もそれを誇りとして
生きているところがあると思うんですけども、なんていうか、斉藤君の野球部の事も
彼の中ではそれと同じところにあるような気がします。
内容は違えど、それだけの結果を残すにはどれだけの練習が必要であったかということは
それこそ嫌というほど身に沁みて分かっているでしょうし。
相方の業績も自分と同じように誇りにしている辺りが垣間見えると、ああいいなあ、と
思ったりするんでした。
そしてどこだかは忘れてしまったんですけども(ずっと見ていたくせに……)、斉藤君が
何かを言ってそれに太田君が大笑いしているのを見て、ああこの人は相方の作り出す
笑いがほんと好きなんだなーと思って、これまたいいなあと思ったりしたんでした。

そして斉藤君は尾形君が床にこぼしたラーメンをいち早く片付ける姿が
なんともいいなあと思ったりしましたよ。
汚いとか床に手をつくとかいうことに対して躊躇なく行っていた(ように見えた)のがまた。
ちゃんとしているなあ、と。


そういえばトリオ・トリオ・トリオですが、来月とうとう大阪でやるんですよね。
行きたかったですがド平日の夜とか会社2日休まないと無理なのでさすがに。
次回は金曜とか土曜とかを切に希望!
届いておくれ、スケジュール決める偉い人に!

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 4

お笑いクイズダービー ちょこっとレポ  

今日から仕事ですよ。明日も仕事ですよ。あー……
社会 出たくねえー!(byピューと吹く!ジャガー)
多分夏休みの終わりもこれを叫ぶと思います(笑)。

でもってGW最終日の昨日は、ルミネに『お笑いクイズダービー』を観に行ってきました。
ただ昨日はちょっと、(あくまで私がそう見えただけですが)向井君元気なかったような。
出演者が呼ばれて舞台に来た時になんかそう感じました。気のせいかもですが。
ただでもよしログの時も思ったんですよね。あんまり体調良くない?、と。
今日のばちーんんんではそんなに感じなかったんで、気のせいかなとは思いつつ。
とはいえ、GWということであちこちに行って仕事をしたりとか、気候が安定しないとか
DVD収録を兼ねた単独ライブが無事終了して気持ち的に一息ついたところはあるだろう
とか、体調を崩す要素が幾つもある状況なので、ほんと体には気をつけて欲しいなと
思います。
何より、3人で元気に仕事をしてくれるのが一番なので。


さて、『お笑いクイズダービー』レポを軽く。
メモとか取っていないので、あくまで記憶頼りです。
このライブですが、出演者が3人ずつ5組に分かれてクイズ形式で戦う、と。
但し、あくまでも ”お笑い” なので、本当の正解ではなく面白解答が正解となります。
そして、”ダービー” という競馬の要素はどこかといえば、開演前にお客さんに
三連単(1位から3位までを順に当てる)の予想をしてもらい、当たった人には
商品が貰える、ということでした。
5組のチーム分けは
1枠【ニブンノゴ!チーム】 (宮地・森本・大川)
2枠【パンサーチーム】(尾形・菅・向井)
3枠【ジューシーズチーム】(赤羽・児玉・松橋)
4枠【6期生チーム】(アームストロング栗山・アームストロング安村・ものいい吉田)
5枠【2期生チーム】(ギンナナ キクチ・ガリットチュウ福島・ガリットチュウ熊谷)
判定はMCのギンナナ金成さんがするということで、私は5-2-4で賭けてみました。

まずは金成さんが舞台に登場。真っ白なスーツ(上)に茶色のパンツといういで立ちに
笑いの起こる客席。
ライブの説明、そして特に前説もなかったということでちょっと声を出してみましょうと
いうことに。
最初は「お笑い」「クイズダービー」とかやってたんですけども、
「遊ぼうって言うと」「遊ぼうって言う」とか、何気におなじみのフレーズが(笑)。
「♪たーのしーい なーかまーが」「♪ぽぽぽほーん」もやりましたよ。

そして全員集合。それぞれの前にはテーブルがあって、その上に早押しボタンが
あるんですが、別に早押しボタン同士連動しているわけではないので皆で押せば
5組全員のボタンが作動する、と。
つまり誰が一番最初に押したかどうかは金成さんの判断。
そしてもう一つ。クイズということで正解音と不正解音の他に、爆発音があって
(照明も赤くなるというこだわりぶり)、それが鳴るとと1回休み。
その辺りの判断も全てMCの金成さん。
まずはダービーの部分、どこのチームが一番人気なんでしょうか、という話で袖を見るも
金成「もう集計出てるんでしょうかね……誰もいません!」
本当に誰も袖にいなかったようで、確認して大笑いする出演者。
結局違うところにいたということで、改めて集計結果を貰っていました。
一番人気が……えーっと……どこだっけ6期生だっけ?
五番人気はジューシーズチームでした。これはなんか意外だったので覚えていましたよ。
ということでクイズスタート。
最初は読み上げ問題。普通に問題が読まれ、そして本当の答えも先に出され
(答えは客席だけかも)、面白い答えを出して下さい、と。

ニブンノゴ!チームは宮地リーダー以外の2人がふざけまくり、爆発音押されまくり。
途中でリーダーが「俺全然答えてねーんだから!」と怒る一幕も。
じゃあ止めろよ、と金成さんも言うものの、「ちょっと後ろ下がったら勝手にボタン
押すんだもの!」とか。
パンサーチームは尾形君が一番答えていたんですが、『○○vs.□□』を当てる
問題で「カブトムシvs.クワガタ!」とか答えて金成さんに「お客さんに小学生とか
いないから」と突っ込まれたりとか。
ちょっと答えは忘れてしまったんですけども、「小学生~」は2回言われていました。
ジューシーズチームは、前にいた(松橋)しゅうたがボタンを押し、「ジューシーズチーム」と
振られると「はい、だま」としゅうたがだまさんを指名(笑)。
いきなり振られただまさん。「えー……」とか困り顔をしつつも解答。しかし不正解。
そんな流れが何度かありました。
あと、しゅうたが答えたらリーダーだけが大笑い、ということが何度かありまして、
「宮地ポイント!」とか言っていたんですけどもかき消すように鳴る不正解音(笑)。
6期生チームは……あれ?……えーっと、なんか地味にポイントを稼いでいた感じ
(いやなんかごめんなさい)。
2期生チームは爆発音が鳴る事も多かったものの正解を出す率も高くて
ポイントを稼いでいました。

写真を見て答える、という問題。クラーク博士の(銅像の)写真が出た瞬間、尾形君が
「サンキューのポーズじゃん!」と。
そしてその直後、「なんで今言うの。答えで言えばいいじゃん」と向井君に
公開ダメ出しを受ける尾形君(笑)。
ちなみにこれは栗さんの「もうちょっと長い袖ないですかね」で一発正解。
捕らわれた宇宙人の写真では、菅さんがボタンを押し「グランジ」と。
これまた一発正解。真ん中の遠山さんちっちゃ!というツッコミが。
ちなみに後ろの2人はロシアンモンキーだそうです(笑)。

チームの中でツッコミ1名が出て、出てきた画像に突っ込むという問題では
ツッコミがいないというチームが続出。
ジューシーズに至ってはだまさんが出たら、「あ、児玉君か」とか言われる始末(笑)。
向井君の時の画像がサザエさんのもので、茶の間の7人、のはずが、
カツオ意外全員波平、という凄まじいインパクトのもので、突っ込む前に笑っちゃって
不正解という結果に。
それにしてもすごい画像だったな。カツオをぐるっと取り囲む波平(笑)。

映画の翻訳(アテレコ)の問題。
エクソシストに取りつかれた少女がベッドでバタバタと暴れ、最後は白目をむいて
気絶する、という映像。
これはグループ内何人で挑戦してもいい、ということで各自打ち合わせがあったのですが、
パンサーの番になって「3人でやるの?」と訊かれたら「(尾形以外の)2人で」と。
だったんですが、
菅 「向井!大変だ!尾形さんが!」
向井「(尾形の真似で)メンタル!メンタル!メンタル!メンタル!(中略)」
向井「(最後の白目をむくところで)サンキュー!」
で、見事正解、と。
向井君の尾形君モノマネが生で見れてちょっと嬉しかったです(笑)。

途中経過では、2期生、パンサー、6期生の順ということで私が予想した通り
だったんですけども、最後に逆転されまして、2期生、6期生、パンサー、の順に。
当てた方は2名おりまして、その方々にはメンバーの寄せ書きサイン色紙が
プレゼントされたそうです。いいなー。
それにしてもよく当てたなあ。確率で言うとどのくらいなんだろう(計算がめんどい)。

基本大喜利ということでレポがし辛かったんですけども、ほんと面白かったです。
爆発ボタンがすごい効力を発揮していたんですよ。2期生が多いという事で(笑)
時には暴走しがちなところを爆発ボタンで止める、という。
またMCが金成さんなところがスムーズに行った要因でもあるだろうなあ。
他の人だったら多分もっと延びていた気もしますし。
森本さんを後半はずっと「お父さん」呼びしていたりとか、金成さんじゃないと
出来なかっただろうなあ。
解答も面白いものが多かったですし、また次回もぜひ行きたいです。

category: お笑い

tb: 0   cm: 6

『333(トリオさん)』第二十三回感想  

そういえば昨日書き忘れていたんですが、表参道のセミナーの話。
お客さんが舞台に上がった時、御茶ノ水男子の2人が結構お客さんに気遣っていて
(皆それ相応に気遣ってはいましたが)、マイクを渡してあげたりとかしていて
2人ともほんとちゃんとしているよなあ、と。
何やかんやと御茶男を舞台で観る機会って結構多いんですけども、2人とも
ほんと気遣いの人だなと思います。
まあ、舞台の時は大抵一番後輩だから、というのもあるのかなーと思ったんですが
いやでも表参道とか同期のジャングルポケットと一緒……(笑)。
まあジャンポケは、というか太田君に関しては、誰でしたっけ、7期くらいの人に
「先輩に見える」とか言われていたくらいですからね。

そしてついさっき。14時半くらいに上がった尾形君のツイッター。
>@ogaogaoga399: 菅のツイッターーーーフォローしようとしたら、
>ツイッターーーーーーーーーーブロックされてるなぁーーーーーーーーーう!!
>メンタルゥーーーーーーーーー!だ!
なにそれ!(笑)。
ごめんさない腹抱えて大笑いしてしまいました。何してんの菅さん。
向井君は早々にフォローして、前の相方である畑中しんちゃんは新旧両方とも
フォローしているのに(そしてしんちゃんが新たにツイッターを始めていた事を
菅さんのフォローで知る)。
もう素晴らしすぎるでしょう菅さん!
でもそのうちせめてブロックは外してあげてください。
フォローしろとは言わないので(笑)。


毎度遅くなってすみませんな『333(トリオさん)』感想です。
まずはいつものごとくあらすじから。
観たよーという方は飛ばしていただいて結構です。
いちいち最初にトリオ名人名で書くのが面倒になってきたので(笑)、先に。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
まあ、ここを読んでいる大半の人は知ってるよ!という感じだと思いますが。
ちなみに一応年齢順。
そしてあらすじに関しては全員敬称略。

-----------------------------------
今回の企画は、【2組に分かれて、沖縄美女探しロケ】
『333(トリオさん)』初の、女の子メイン企画にテンションの上がる6人。
特に尾形は分かり易くテンション上がりまくり。
そして、それぞれ5人ずつ美女をカメラで撮影し、そのレベルの高かった方の勝利、
という内容。
しかしこれ、判定する人によっては色々と揉めたりしないか?、と。相当に主観も
入るでしょうし。
と思っていたら、【探してきた5人の美女、どちらの方がレベルが高いかは
すごろくで負けたジャングルポケットが判定】
ちなみにここの "ジャングルポケット” が手書き、しかも ”ジャングル” を少し大きく
書いたせいで ”ポケット” の部分が狭くなっているというね(笑)。
これを読んでいた赤羽。途中まではすらすらと読んでいたものの、
「ジャングルポケットが……」の辺りから『?』マークが出始め、「判定」のところは
完全に疑問形に。
え?、ジャンポケいるの?、という感じで辺りを見回す面々。
他に判定する人がいないから仕方なく、だそうです。

「ジューシーズとパンサーのロケだけど、ジャンポケもちょこっと出るよ」と
いうナレーションで今回のロケがスタート。

まずは、「地元の美人が多そうな」アメリカンビレッジからスタート。
1人目をまず見つけ、後はその人に紹介してもらい2人目、2人目に紹介して
もらい3人目……、という流れで5人揃える、と。
スタートは昼の12時、帰りの飛行機の関係で午後6時には首里城に再集合、という流れ。
とにかく1人目が重要、ということで探し出すパンサー。
パンサーとは違う方向に行こうか、と赤羽が言うも、「めっちゃ可愛かった、車運転してた人!」
と児玉が早速美人を見つけ追いかける事に。
児玉と松橋がどんどん先を走る中、完全に置いていかれる赤羽。
しかし、ようやく見つけ声をかけるものの、撮影は一切NG。
ガチのロケ、ということで難しさを痛感するジューシーズの3人。
一方のパンサーも美女を見つけ走る。尾形が一番前、その後ろに向井がつき、
そして数メートル離れた所を菅が(明らかに全力ではない走りで)追いかける。
尾形が後ろ姿100点の美女を見つけ確認するも、1人目が重要ということで
もう少し探すことに。

ジューシーズ。児玉がまたまた美女を発見し声をかける事に。
『333(トリオさん)』知ってます?、と訊くも首を傾げられ(放映してないからね沖縄)、
ジューシーズ知ってます?、と訊くも、名前は聞いた事あるような……、程度。
なので、「しずる知ってます? 僕らしずるの友達なんです」
9期の強み。
短大生ということで、短大に通う友達ならそこまで遠くからは来ていないだろう、と
いう推測からこの後の美女探しがスムーズになるという読みもあり、短大生のMさんに
交渉開始。
OKをもらい、写真撮影&2人目候補を紹介してもらう事に。
2人目はキレイ系という話だったが、電話で交渉するも多忙のためNG。
ということで、他の候補に電話をしてもらうものの、交渉は難航。

一方、まだ1人も声をかけられずにいるパンサー。
歩くこと2時間。ようやく見つけた美人の奥さんに話しかける。
結婚して2年だという夫婦、年齢を訊いたら20歳。
若さに驚く3人。
そしてパンサーも作戦会議。友達もいそうということでこの人に交渉する事に。
無事にOKが出て、Kさんの写真撮影&2人目を紹介してもらう事に。
2人目候補と電話交渉。名前を聞き、名前からしてかわいい、東京にその名前で
可愛くない娘はいない、と言いまくっていたところ、名前間違いを指摘される(笑)。
そっちの名前の方が全然かわいい、と慌てて言いまくる向井&尾形。
OKが出て、2人目となるMさんに会いに行くため車を走らせる。
40分後、待ち合わせ場所に到着。
めっちゃ緊張するー、と口々に言う中、Mさんが登場。
「可愛いー!」とテンションの上がりまくるパンサー。
彼氏がいるか訊くといない、という返事。喜びまくる尾形だったが、実は「旦那がいます」と。
倒れ込む尾形。
菅 「なぞなぞだな」
向井「なぞなぞじゃないです。答え出てます」
そして3人目候補を尋ねてみると、「隣の高校のミス(コン優勝者)」と。
両手を上げ喜びまくる向井&尾形。抱き合って喜ぶ2人。
写真を貼るボードを持っていたせいで手は上げられなかったものの、
菅 「俺達若手芸人はさあ、ミスなんて間違いの方なのに!」
尾形「俺いっつも言われる!」
向井「そうそう。尾形さんがいつも言われてる」
テンションの上がりまくる3人だった。

一方、まだ2人目との交渉も出来ていないジューシーズ。
1人目のMさんが友達と相談。「Rなら喜んで来る」という言葉に、美女図鑑だけど
大丈夫、と心配になる児玉だったが、Rさんと交渉する事に。
無事OKが出て、早速Rさんの元へ車を走らせる。
1時間後、待ち合わせ場所に到着。
パンサー同様「緊張する」という3人。どんな人が来るか分からないという事もあり、
「好きな人待ってるみたい」なドキドキ感の中、いよいよRさんが登場。
「かわいいー!」と口々に言う3人。
すると赤羽が2人を手招き。「好きになっちゃった」と。
早くない?、とツッコミの入る中、Rさんは誰がタイプか訊くと児玉だった。
一気に険しい顔になる赤羽。
その後、3人目のSさん、4人目のMさんが偶然近くのショップに勤めていたということで、
移動時間なしで4人目まで無事に見つけることが出来たジューシーズ。

そしてパンサーは、紹介を受けた3人目であるMさんと待ち合わせ。
Mさん登場に「かわいいー!」とやっぱりテンションの上がる3人。
尾形に至っては、「俺めっちゃタイプ」とも。
彼氏がいる、と聞いてがっくりくる尾形だったが、遠距離恋愛と聞き
「チャンス!チャーンス!」
いやチャンスじゃない、と向井にたしなめられる尾形。
沖縄と大阪、という距離に「チャーンス!」と喜びまくる尾形だったが、
「俺ら付き合ったとしても、沖縄と東京だから」と向井に言われ、そうかと
納得する尾形であった。
その場で4人目を紹介してもらい、Mさんという方に電話。OKをもらい、
ハイタッチで喜ぶパンサー。

一方ジューシーズ。紹介してもらおうとしたものの沖縄にいなかったり
仕事中ということで見つからず。
ということで、数珠つなぎは切れてしまうものの、時間もないからとまた一から
探すことに。
人通りの多い繁華街に行くジューシーズ。ちなみにこの時点で夕方5時。
タイムリミットまであと1時間、ということで焦りながら探していたが、
なんとここで、ニブンノゴ!(リーダー以外)とギンナナにばったり。
2組はプライベートで沖縄に来ていた模様。
ギンナナに、「『333(トリオさん)』に出られないトリオだ」と弄られるニブンノゴ!。
しばらくその辺の弄りが続く。
時間が迫っているものの先輩なので無下に切れなくて困り顔のジューシーズ。

一方のパンサーは4人目のMさんと待ち合わせ。「うわー!」とやはりテンションの上がる面々。
美女図鑑に入れていいか訊くと、「入れちゃってください」と軽い返事。
「よーしよしよし」と手を伸ばす尾形に対し、本気で止め本気で殴る菅。
「やめろって。すぐ行くなって。マジで触るな」と最年少に怒られる最年長。
そして5人目候補を尋ねてみると、「めっちゃ面白いんですよ!」
正直美女に面白さは求めてないから、と言いつつも、5人目候補のCさんに
電話してもらう事に。
出てみると、『Cだよー』(軽い感じで)
この娘ヤバいよ、と電話に出た向井が苦笑するものの、結局会う事に。

そしてジューシーズ。5人目を探すも見つからず、諦めかけたその時、
初日のロケ終わりで行った焼肉屋で、店員さんが赤羽の事を気に入っていた
ことを赤羽が思い出し、店の連絡先も貰っていたということで電話をかけてみることに。
交渉してみるとOKが出たので、Eさんの働くお店へ急ぐ。
そしてEさんにお店の外に出てきてもらう事に。
赤羽の事を「かわいい」と言うEさんに赤羽が告白するも、「彼氏としては、NOで」と
あっさり断られてしまう。
がっくりくる赤羽。
しかも、彼氏がいると聞き、ますますがっくりくる赤羽であった。
とはいえジューシーズ、無事に美女図鑑を完成。

パンサー。5人目となるオモシロ美女のCさんと待ち合わせ。
ちなみにこの時点で時間は夜の7時。
時間が気になる中待っていると、「チョリーッス!」と言いながら現れた人が!
「かわいいー!」を連発する尾形。
尾形さんめっちゃタイプでしょ、と向井に言われ、めっちゃタイプ、と答える尾形。
「ぽっちゃりした感じで」と尾形が言うと、「抱き心地いいよ」とCさん。
沖縄美女図鑑の最後がこれでいいのか、と嘆く向井であった。

首里城での結果発表の時刻はとうに過ぎ、なんと夜の8時20分。
ということで、空港に向かうバスの中でジャンポケに判定してもらう事に。
ちなみにジャンポケの3人はいつものTシャツではなく私服。
「何時間待ったと思ってんの」と抗議する太田。首里城に来いって言われたから
行って待っていたのに、と文句を言う太田に対し、今こうやって出られたから
いいじゃん、という物分かりのいい斉藤。
松橋の陰で微妙に見切れる武山。
まずはパンサーの美女図鑑から。パネルを見せると太田と斉藤は食いつき大絶賛。
しかし武山のテンションが低い……と思いきや、ちゃんと見えていなかったとのこと。
「俺シートベルト引っかかって前に行けないんですから」
やっと映った武山、とナレーションに言われる始末。
続いてジューシーズの美女図鑑。やっぱりテンションの上がりまくる3人。
今度は近くで見られたという事で武山も嬉しそうでした(笑)。

そして結果発表。武山が発表することに。
勝者はパンサー。勝因は、沖縄感があり、女の子のタイプが幅広かったこと。
これで絶対に負けたくなかった、女の子を見るセンスがないとか思われたくなかった、と
力説する向井。
こうして、空港に向かうバスの中で沖縄ロケは終了したのでした。
-----------------------------------

先週、企画の途中までが発表されていたわけですけども、美人を探してどちらが
より良かったか判定、って企画として大丈夫なんだろうか、という心配はあったんですね。
美醜なんてはっきりと数値化出来る訳でもないですし、最終的には好みの問題なんです
けども、一般人捕まえてこの人よりこの人の方が美人だよね、みたいな判断を下すような
真似して大丈夫なの?、と。
とはいえさすがにその辺りは考慮されていたなーという感じでした。
5人ずつであったりとか、判定員をジャンポケにしたりとか(ついでに言えば、放映されていない
沖縄でこういうロケをやる、ということだったりとか)。
それにしてもジャンポケって、この判定をするためだけに沖縄残ってたんですよね。
いやでもさすがにずーっと待っていたってことはないとは思うんですけども。

ジューシーズが、だまさんと(松橋)しゅうたの2人がだーっと走って(赤羽)健ちゃんが
遅れる、というのはすごい納得も出来る光景なんですけども、菅さんもう少し走ろうよ(笑)。
走るのが速いって以前だまさんがトリオトリオトリオで言ってたじゃん(笑)。
とはいえ、菅さんもテンション上げて来たなーと今回見ながら思いました。
単純に美人と絡めるということもあったのかもですが、意図的に上げている部分も相当
あるんだろうなあ、と。
菅さんの頑張りってパンサー全体に大いなる影響を及ぼすので、実にいい傾向だなとか。
なんか偉そうか(笑)。

それにしても、「しずるの友達」で通じてしまう辺りがほんと9期って強いよなー。
しずるの他にもハリセンボンとかいますし。
ただやっぱりいずれは逆に、他の同期に「俺らジューシーズの同期」とか言われるように
なってくれたらいいなと思います。それはパンサーもジャンポケもね。
そして、しゅうたの気遣いが随所に見られて、やっぱりこの人ちゃんとしているんだよなーと。
ライブとか観ていても、さりげなく気遣いを見せてくれるのがしゅうたなんですよね。
ジューシーズ3人でいる時は元々の気質(だと思う)である甘えたがりな性格が出ますけども
ピンで出るライブとかはすっごい気遣いしてくれますから。客側である我々に。
「しっぽりの夜」しかり、「趣味人」しかり。
色々気がつく人なんだろうなと思います。

そして、ジューシーズにしてもパンサーにしても、主に交渉するのが
(ピンマイクをつけている)しゅうたと向井君、という辺りがなんともかんとも。
いや、ピンマイクをつけるくだりが全く放映されていないので、どういう基準で
決まったのかは知らないですけども、多分スタッフさんの判断だと思うのですね。
そして交渉にしても、別にピンマイクをつけているからやります、とかいうわけでも
なかったでしょうし、とか考えるとなー。
前の感想でも書いた通り、トリオのなかで1人にピンマイクをつけろ、と言われたら
確かに私も、しゅうた、向井君、太田君、でつけますけども、ただ何て言うんだろう、
番組が始まる当初はプロデューサーさんは3組とも知らなくて面白い若手なら
誰でもいいと思っていて、You tubeでネタを1回ずつ見て決めた、とか言っていた
ことを考えると(どこまで真実かは置いといて)、回を追うごとにそれぞれの特性を
掴んで正当な評価をしてくれているのだなーというのが感じられるといいますか。
あーなんか上手く言えないんですけども。
ここに限らず、ナレーションやテロップの内容であったりとかでも感じますけども
9人それぞれに違う個性を見出してそれぞれを売っていこうみたいな感じがね、
すごい見られるのでほんといい番組だなと思います。
いちファンとして、こういうスタッフさんであるとかこういう番組に携わっている姿を
見られるのが本当に幸せだなと。

にしてもあれだなー。向井君、女の子の褒め方上手いなーと。
普段もこうやって褒めているんだろうなと微笑ましい気分になったりもしました。
尾形君は尾形君で分かり易くテンション上がりまくっていましたし。
あ、でも遠距離恋愛と言われて「チャンス」はダメでしょう、と。
冗談なのは無論分かりますけども、遠恋経験者としては赤の他人に
遠距離だからどうせ別れるでしょみたいな言い方をされると、結構、ねえ……。
菅さんは、3人目が高校のミスコン優勝者と聞いて俄然テンションの上がる様が
なんともツボでした。
正直先週この企画を知った時は、どこに向けての企画なんだろうと思ったりもしたんですが
美女を前に分かり易く喜ぶ面々を見るのはなんとも楽しかったりしますね。
(疑似)恋愛感情込みだったりするとまた変わってくるのかもしれないですが。

ジューシーズの2人目の方が(健ちゃんではなく)だまさんを選ぶ辺りが
分かっているなーと。まあ彼女は単純にだまさんが一番タイプだったんだと思いますが。
そして分かり易くムッとした顔になる健ちゃんがまた素敵。
あ、結構私、「分かり易い」という言葉を多用していますが、褒め言葉ですんで。
だって伝わらなかったら意味がないわけですよ。特に深夜3時のテレビなんて
ファンならともかく、そうではない人にとってはたまたまつけたらやっていた、程度の
番組であって、そこでじっくり観ないと分からないものを放映していたとしても、
(一部の熱狂的ファンはつくかもですが)大半の視聴者は分からない、面白くないで
チャンネルを変えてしまうでしょうし。
分かり易く、一瞬で伝わる、ってほんと重要な事だと思うのです。
そういう意味で健ちゃんの表情は見事だったなと。

紹介でやっているから当然といえば当然なんでしょうけども、パンサーの方に関しては
全員20歳なんですよね。
そしてそのうち(少なくとも)2人は結婚している、と。
若いママとかちょっと羨ましいです。

パンサーの4人目で、軽い感じの返答が来た時に尾形君が手を伸ばして
菅さんに止められ思い切り殴られるというシーンがあったんですけども、
ここのカメラワークが個人的に大好きです。
尾形君の動きに合わせているんですよねここ。
菅さんが腕を掴んだ所もばっちり映っていますし。
それにしても、菅さんが無言(&暴力・笑)で止めて、向井君が言葉で窘める、と
いう辺りがなんともパンサーだなあとか思ったりしました。
あ、そして5人目の交渉で電話した時ですけども、携帯電話の上押さえても
意味なくないすか?(笑)。
多分ばっちり向こうには聞こえているかと。気にしないタイプっぽいですが。
あと、少なくとも友達の前で「ヤバいよこの娘」発言はどうかと。
気にしないタイプっぽいですが。

最後のジャンポケ、「シートベルトが引っかかって」とか武山ある意味ほんとすげえ。
彼の独自路線は誰も追随できないといいますか。
結果発表を彼にやらせたのはあんまり映ってなかった事に対する気遣いもあるんだ
ろうなー。誰が決めたのかは分かりませんが。
にしても尾形君、カメラが止まったのを確認してからボード見ようぜ(笑)。
非常にらしかったですけども。

最後のテロップで、「また9人で来たい」とあって嬉しかったです。
ほんと、また地方ロケやって欲しいですねー。もちろん9人で。

category: 333

tb: 0   cm: 4

『表参道から日本を元気に!happyテヘヘ』&『ばちーんんんLive』ちょこっとレポ  

ものすごくどうでもいい話ですけども、最近気付いたんですがパンサーで唯一私が
ミーハーになれるのは尾形君だなあ。ジャングルポケットでは斉藤君。
前の『トリオ・トリオ・トリオ』で斉藤君がパンサー向井君の私服を着て登場した時は
もーうここぞとばかりにきゃーきゃー言いまくりました(笑)。
あれ似合っていたなあ。

そういえば、パンサー菅さんもいよいよツイッター始めましたね。
『333(トリオさん)』メンバーこれで全員始めた事になるのかー。
それにしても、最初にフォローするのが声優さんだったりとか、向井君は
フォローしているのに尾形君はフォローしていないとか、なんとも菅さんらしいと
いいますか。
ところで向井君はいつジャンポケ太田君をフォローするんだろう、と密かに
気になっていたりします。

さて本日は、一昨日のライブはしごその1と2です(その3はアダチャイルズね)。
ただ、ばちーんんんはもちろんですが、smile bazarの方も配信があると思い込んでいたので
軽い気分で観ていたんですよね。
なので結構忘れている部分があるかと思いますので、まあ軽い気分で読んで頂ければ。


まずは、『smile bazar セミナー 表参道から日本を元気に!happyテヘヘ』から。
出演者:ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)、パンサー(尾形・菅・向井)、
     ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)、御茶ノ水男子(しいはし・おもしろ)
これは、ホワイトデーに無限大で行う予定だったライブが震災の影響で中止になって
しまったので、今回改めて行う事にした、ということでした。
ケータイよしもとにてバレンタインの時に告白着ボイスをアップして、DL数を競っていた
わけなんですが、今回はそのDL数が少ない人から順に登場、という、
下位の人にとっては血も涙もないオープニング(笑)。
まずは9位から。武山の名前が呼ばれ登場。今回は皆自慢の勝負服を着てきた、とのこと。
そして客席を一周してステージへ。以下、同じ流れで8位尾形、7位菅、6位松橋、5位太田、
4位おもしろ、3位児玉、2位しいはし、1位向井。
ちなみに1位だった向井君はあんまり乗り気ではない感じで一周していました。
そして10位。つまりビリということで斉藤の名前が呼ばれ一周。
自慢の勝負服だそうですが、毛玉凄くないすか?(笑)。
で、10人揃ってスタートしようとした……んですが、ステージにいるメンバーが何かに気付く。
「あれ、あんなところに!」なんと客席の後ろに立っていたのは赤羽健ちゃん。
何してんの、という問いに対し、着ボイス録ってないから、と。
自分が知らない間に2人が呼ばれていた、と健ちゃん。
あートリオってたまにそういうことあるよねー、という話になり、今度は(松橋)しゅうたが、
でも大喜利とかでは俺が呼ばれない、と。
なんでも今度無限大で、『おのれ特別編』というライブがあるのですけども、
グランジの五明さんが最強メンバーを作ったと言って、だまさんと健ちゃんを呼び、
「あと一人がさ、インポッシブルの蛭ちゃん」
新しいジューシーズが出来たらしいです(笑)。

最初の企画は、皆で着ボイスを聞こう、というもの。
当然ながら、それぞれ他のメンバーがどんな告白ボイスを収録したのかも知らないと
いうことで、恥ずかしいーと言う面々。
そして正直な事を言えば聞いている側も結構恥ずかしかったです。
大勢いるところで聞く着ボイスではないからなー。
個人的には太田君のが一番好きなんですが(次点で菅さん)、あれは最後がポイント
なのに、そこまでが長すぎたせいで皆に突っ込まれまくって最後がちゃんと聞けなかった
のが残念だったなあ、と。
ただ、DLしていない人の告白ボイスがどんな感じだったのか聞けたのは嬉しかったです。
月が変わってポイントも少したまったので今からでもDLしようかなーという気にも
なりましたし。

そして次はお客さん参加型企画。
各トリオ、コンビでそれぞれお客さんを1人選んでステージに上げてミニコントをやる、と
いうもの。
という説明を聞いてものすごい緊張の走る客席(笑)。
ちなみに1対1で、とのことでした。
そしてそれぞれの代表者1人が客席に降りて、「俺とやりたい人ー?」と。
なんですが、誰かに「俺とやりたい人、ってなんかエロくないか」と突っ込まれていました(笑)。
だまさんが連れて来たお客さんに話を聞いたら「実は菅さんのファン」と言い出しまして、
じゃあだまさんに着いてきちゃダメじゃん、となりまして、その人は菅さんとコントをすることと
なり、改めてだまさんが客席から一人選ぶことに。
「俺と、俺と!やりたい人!」
やたらめったら俺を強調するだまさん(笑)。
だったんですが、それでやってきたお客さんにジューシーズの誰と演技をしたいかを
訊いたら「赤羽さん」と。
実はお客さんを選ぶ前に、1対1でコントをやるという話から、じゃあ自分が連れて来た
お客さんが別のメンバーを選ぶこともあるわけだよね、ということになって、(お客さんを
探すことになっていた)だまさんが「俺が連れて来たのに赤羽を選ぶとかもあるんだ」
みたいなことを言ったら太田君が「児玉さんじゃなくて赤羽さんを選ぶとか絶対にない!」
とえらい勢いで断言していたんですよ。
なのでまあ、なんというか、ものすごいミラクルといいますか。
健ちゃんがすっごい嬉しそうな顔をしていたのがなんともかわいかったです。
(そういえば、お客さんを舞台に上げる時に「配信あるから」と言っていなかったことを
考えたら配信あるはずないよなー……、と今更気付く)。

シチュエーションなど書いた軽い台本は用意されていて、くじ引きで決定する形。
なんですが、1人多くなってしまったため台本が足りず、急遽用意された設定が
『友達のお母さんを好きになってしまった』というもの。
いやまあ、その方年齢訊かれて40幾つ、って答えていましたけども。
そしてそれぞれコント。さすがに立候補して舞台に上がっただけあって、皆さんほんと
上手かったです。私なら緊張して何も出来ないと思うのに、堂々としていたなあ。すごいわ。
そういやその、友達のお母さんを好きになったという設定でのコント。菅さんが
家に行くというくだりをやっていたんですけども、お客さんがフクダさんという方で、
菅さんが家に来た時に、「あら菅君どうしたの。恵悟なら居ないわよ」
まさかのLLR福田母設定でした(笑)。

健ちゃんとコントをやったお客さんがすごいかわいらしい方で、しかも雰囲気もいい感じ
だったので、その方が席に戻る時にしゅうたが「気をつけてくださいよ、赤羽さん出待ち
しますからね」と(笑)。
まさかの逆出待ち。
バイク乗ってるからバイクで追いかけてくるよ、とも。
「逃げて!早く逃げて!」(byしゅうた)。

そして最後に、お客さんへのプレゼントということで歌を歌い終了。
帰り、募金箱のところに太田君がいたので単独の感想言いたいなーと思いつつ
あんま立ち止まるのもなあ、ということで結局募金だけしてそそくさと退散。
でもあんまそういう機会もないのだから言っておけば良かった、とか今更。


そして『ばちーんんんLive』こちらは配信ありましたのでほんと軽く。
企画コーナーがそれぞれの大発見を紹介するというものだったので、配信では
その発見の説明をする人がずっと映っているだろうから後で観ればいいや、と
いうことで、会場ではずーっと両端を見ていました。まあ両端というか、主に
ジャンポケ。
斉藤君の横顔めっちゃ好みだわー、とか(笑・ミーハーだからね)。
最初に発見を披露したのが武山君だったわけなんですけども、やっぱり相方だなーと
思ったのが、武山君の時だけ太田君の表情がほんの少し変わった事。
ちょっっっとだけ心配そうな顔になっていたんですよ。まあ私が見た限り、ですが。
こいつ大丈夫か、みたいなね。
まあ、前回の大発見で、ラムネをこぼさず開ける、というのをやって見事に失敗していた
のもあって心配になったんでしょうけども。そして今回も見事に失敗していました
けども(笑)。
ただ、なんだかんだ言いつつも大事な相方だよね、と思ったら嬉しくなったんでした。
それにしても太田君はほんと笑わないなー。いや全くではないですけども、
苦笑交じりの笑いが多いので。
ジャンポケのネタを見ていても、なんていうか、自分が面白いと思うネタをやっている、と
いうよりは、客観的に見てこういうネタが面白いであろうからやっている、という感じを
受けるんですが私だけかもしれないとか書いていて思ったり。
単純に、彼の笑いのツボはどこなんだろう、と思ったりしたんでした。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

暫定的パンサースケジュール  

先日なんとなく、向井君のブログの最初の方を読んでたんですけども(にしても ”の” が多い)、
ブルースタンダード時代のスケジュール表(だと思う。写真が小さくてよく分からなかったんですが)を
アップして、「真っ黒になったらいいなー」と書いていたんですね。
それを見ながら、今はもう真っ黒になっているんだろうなーとちょっと感慨深い気分になりました。
とはいえ私は当時の事は全然知らないわけですけども、あの頃からファンの方っていうのは
毎日何らかの仕事があって、(金と時間があれば)ほぼ毎日どこかの現場で見ることが出来る状況って
いうのは、本当に夢みたいに思える事なのかもなーとか勝手に想像したりしました。
今後、それこそ毎日テレビで見られるような状況になったら、私もそんな風に思うのかもなー。

あ、今日はマンスリーの握手会に行ってきました。
握手会初めて参加したんですけども、思ったよりずっとさくさく進むんで心の準備が全く出来ないまま
対峙してしまってあわあわしてしまいましたよ。
言おうと思っていた事はなんとか言えたんで良かったですが。


では、真っ黒になっているパンサーのスケジュールです。
毎度書きますが、漏れや変更等あると思いますので参考程度にご覧ください。
チケットの発生しないイベントに関しては気付かない事も多いです。

<5月>

■4日
KABUTOライブ特別編in表参道~SP ゲストはなんとAdachilds~ 19:00 表参道ヒルズ(東京都)

■5日
お笑いクイズダービー 22:00 新宿ルミネ

■6日
もう一度見たいシャッフルトーク~2011GW パンサー×ゆったり感 12:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■7日
よしログ~在宅スタッフ感謝祭~第3部 17:00 表参道ヒルズ(東京都)
よしログ~在宅スタッフ感謝祭~第4部 19:00 表参道ヒルズ(東京都)
トリオ・トリオ・トリオ 21:30 渋谷無限大ホール

■8日
写メトーク 14:00 表参道ヒルズ(東京都)
第一回お笑いクラシコ~芸人軍団のプライドを賭けた戦い~ 16:30 渋谷無限大ホール (向井)
トリオ組合SP 18:00 神保町花月 (菅)

■9日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■10日
ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 19:30 阿佐ヶ谷ロフトA

■11日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■13日
金シャチLIVE 16:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)
サンシャインtheよしもと プラス 18:30 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■18日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■22日
群青が押見と向井をいぢめる 18:00 浅草 雷5656会館 (向井)

■24日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■25日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■26日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■27日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)

■28日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■29日
バル・ボラーチョの夜は続く 13:00、16:00 神保町花月
トーク&SPライブ「ビバ!バル・ボラーチョ!!」 19:00 神保町花月

■30日
コントグランド花月 19:00 なんばグランド花月


<6月>

■1日
ショータイム~練習試合~ 19:30 THEATHER BRATS (東京) (尾形)

■2日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■6日
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■7日
トリオ・トリオ・トリオ 19:30 京橋花月

■10日
よしもとナイトクラブ~「コイバナ」立ち飲みシアター~ 20:00 品川プリンスシアター

■12日
みんな大好きアームちゃんだよ!全国ツアー(ゲスト) 19:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■14日
トリオ・トリオ・トリオ 21:30 渋谷無限大ホール

■15日
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■16日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■19日
週末よしもと お笑いライブIN富良野 2011笑顔 13:00 富良野文化会館(北海道)

■21日
Adachilds 7 21:45 渋谷無限大ホール

■22日
シャッフルトーク ギンナナ×パンサー 21:30 渋谷無限大ホール

■26日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ

■27日
久馬歩編集 月刊コント6月号 19:30 品川プリンスシアター

■29日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■30日
ピストルアタックNo.1 22:00 新宿ルミネ

category: パンサー

tb: 0   cm: 8

Adachilds (アダチャイルズ) 6 レポ  

本日は、smile bazar のセミナー、ばちーんんんLive、アダチャイルズに行ってきました。
それにしてもパンサーに関しては単独翌日だというのにライブ3つとか、昨日も単独なのに
昼間にもセミナーとか、吉本もうちょい考えたら、と思ったりもしたんですけども、でも単純に
仕事は多い方が嬉しいのか。
体にだけはほんと気をつけて欲しいです。季節の変わり目は体調を崩しやすいですし。

さて本日は、行ったライブの中からアダチャイルズについて。
後で配信されるそうなんですけども(見ホーダイかな)、今までの「後で配信」を考えると
多分数カ月後とかなので、覚えている限りは書こうと思います。
後で配信あるならネタバレ見たくないという方はここでブラウザパックしてください。
そして、なんかカメラ入ってるなー配信あるんだったらレポ要らないか、とか思ったので
結構適当に見てしまいました。なので記憶違いとか大いにあると思います。
あくまで、私の記憶に頼ったものの上、私にはこう見えた、というだけですのでその辺りを
頭に置いて読んで頂けると幸いです。


ところでアダチャイルズですが、それぞれの呼び名があるのでここではその呼び名に倣って
書きたいと思います。

【アダチャイルズ メンバー】
のっくん(リーダー)……マヂカルラブリー・野田
正和……ミルククラウン・ジェントル
さっとん……パンサー・向井
ムっくん……ジャングルポケット・太田
色白くん……御茶ノ水男子・しいはし
おがちん……パンサー・尾形
ラメ村……プロードキャスト・吉村
【MC兼マネージャー】
MC房野……プロードキャスト・房野

プロデューサー……カナリア・安達
オーナー……パンサー・菅

記者(先輩)……ミルククラウン・竹内
記者(後輩)……ジャングルポケット・武山

渋谷ストロベリージャム受付……マヂカルラブリー・村上

無限大に行かれた事のある方はご存じと思うんですけども、無限大って普通の椅子の他に、
舞台前の3列がクッションの長椅子になっているんですね。
で、客席入ってみたらその3列の中の一番前が全て「関係者席」になっていて、
『え?誰が来るの?』とか思いつつも私も席に。
そしていつものごとく、先輩記者竹内さん、後輩記者武山、そして村上さんが通路の階段に
並んで座り、会場が暗くなっていよいよ始まる、と。
暗闇の中やって来たのはMC房野。ドン、ドン、と音がする中センターにスタンバイ。なんですが
ドン、ドン、の音が意外に多くて(笑)、なんとなく時間を持て余している感じのMCでした(暗かった
から推測ですけども)。
そして照明がつきライブスタート。今回は
『第一回アダチャイルズ選抜総選挙 母さんに誓って、ガチです』
が開催される、と。
もちろんこれは、『AKB48第二回選抜総選挙 母さんに誓って、ガチです』
のパロですね。
ちなみにこの時、舞台には椅子が7つ置かれていました。
そして、MC房野によって一人ずつ呼び出されたのですが、後ろの出入口(男子トイレに繋がる
方ね)から登場、そして記者達が座る階段の横を歩き舞台に上がって一礼、の後、なんと
一番前の関係者席に着席!
当然、舞台上の椅子に座るものだと思っていたからもーうびっくり!
どよめきまくる客席。
そして一人一人呼ばれ、一人一人座ったんですけども、その間記者の竹内さんがどえらく
盛り上がっていて(笑)、それぞれのメンバーの名前を叫んだりしていたんですね。
なんですが、正和の時だけは大ブーイングしていました(笑)。
7人が呼ばれ着席。座り順は上手側から色白くん、ムっくん、さっとん、のっくん、おがちん、
正和、ラメ村、だったかな。私の席が割と横の方だったので端がよく見えなかったんで。
そして安達プロデューサー&菅オーナーの登場。盛り上がりまくる客席
(やっぱこのライブの出演者全員での人気投票したら1位は安達さんな気がする)。
で、今回は総選挙をやる、と。1位はセンター。
そして下位2名(つまり6位と7位)は卒業してもらう、と。
2名、という発表にどよめきまくりの客席。しかも新メンバー2名はもう決まっている、とも。
客席が動揺する中、いよいよ結果発表が始まったのでした。

あ、その結果発表の前に、「国歌斉唱を行います」と(笑)。
全員起立と言われ、出演者もお客も全員立つ中、竹内記者がステージに上がり国歌斉唱。
なんですが、♪ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽい~
全力で竹内記者が歌い踊る中、直立不動でそれを見る全員。

この後だったかな。武山記者が、そのポジション3人も要らないから帰って、と言われ、本当に
帰ったのって
(次の仕事があったそうです)。

ちなみにこの総選挙ですが、無限大ホールで一週間に渡り開催されていたとのこと。
私は選挙用紙をちらっと見ただけなのでよく分からないのですが、メンバーの名前が書いて
あって、多分一番の人に丸をつけるとかそういう感じだったのかな。
まさか一週間も開催しているとは思いませんでしたが。あんま無限大行ってなかったからなー。
ところで、この発表が始まるとなった時、皆手を合わせたり緊張の面持ちを見せたりしていたので
すが、ぼそっとムっくんが「ほんとなんだもんなー」と呟いたんですね。独り言くらいの音量で。
そして発表。まずは第五位から、ということで、スタッフさんがトレイに乗せた封筒をMC房野に
渡します。MC房野が封筒をハサミで切り、中身を出す、と。
「アダチャイルズ選抜総選挙第五位、得票数、50票」
少なっ、という失笑が漏れる客席。
「第五位は……マヂカルラブリー・野田!」
立ち上がるのっくん。そしてステージに上がり一言コメント。
……だったんですが何言ったっけ。本当に忘れましたごめんなさい。
そして次、「第四位、得票数、52票」(だったと思う)
低いレベルでの接戦にまたもや失笑の漏れる客席(笑)。
あ、封筒ですが、毎回スタッフさんがトレイに乗せて持って来ていて、その度にMC房野が
ハサミで切って出して、というのを繰り返していました。なのでものものしい雰囲気も漂って
いましたよ(ちなみにAKB総選挙と同じやり方)。
「第四位……ミルククラウン・ジェントル!」
そして正和のコメント。実は四位を目指していたと。というのも、AKBの第一回総選挙では
(正和の好きな)まゆゆこと渡辺麻友ちゃんが四位だったから(ここで客席から納得の声)。
なんですが、やっぱり四位では悔しい、一位が欲しい、と。
これ、去年あったAKB第二回総選挙でまゆゆが言っていたコメントなんですね。
そしてその後、今までは背中を押してくださいと言ってきたけれどもう言わない、今後は
着いて来てください、と。
これはやっぱり総選挙で大島優子ちゃんが言っていたコメント。
知っているから私はすごいツボだったんですけども、知らなかったらぽかーんだったかも。
竹内さんが階段から「誰の台詞だよ!」と突っ込んでいました。

ずっとムっくんを見ていた訳ではないので断言は出来ないんですが、この辺りだったと思うん
だよなー、ムっくんが、『あ、俺もう呼ばれないわ』という感じの覚悟を決めた顔になっていたのが。
いや私にはそう見えた、というだけなんですけども、背筋をぴんと伸ばして、微動だにして
いませんでした。

そして次。
「第三位……パンサー・尾形!」
喜びまくるおがちん。この総選挙の話を聞いた時、絶対自分が卒業だと思ったけど残れて
嬉しいとかそんな感じだったかな。結構うろ覚えですごめんなさい。
で、この辺りだったと思うのだけど、隣りが空いてスペースが広くなったということで
椅子に足をかけだらっと座るラメ村(笑)。
MC房野にちゃんと座れと突っ込まれていました。

で、本来ならここで二位を発表するところだけども、変則的に六位を発表する、と。
つまり卒業するメンバーその1。
「第六位、得票数43票(だったかな。割と接戦だったような)」
得票数にちょっとどよめきの起こる客席。
そして名前が呼ばれます。
「……ブロードキャスト・吉村!」
えええええー、と客席が騒ぐ中、コメントを残し、一度は残った皆の座る椅子に一緒になって
腰かけたものの、去れと言われ本当に舞台上から去って行くラメ村。
この辺りのガチ感は本当にハンパなかったです。

そして次、「第二位……御茶ノ水男子・しいはし!」
得票数も70越え(だったよね?)、そして残りのメンバーから考えても順当な順位ということでか
割と納得の感じの客席(あくまで私が感じただけですが)。
でもってコメントはまるっと忘れましたほんとごめんなさい。
いや、まあそうだよね二位辺りだよねーとか思っていたら。

そしていよいよ第一位。奇しくも隣通しで残ったさっとんとムっくん。
さっとんはずっと指を組んだままうなだれていて、ムっくんは背筋をぴんと伸ばして微動だにせず。
一位発表、つまり呼ばれなかった方が強制的に卒業。
(多分)会場の誰もがこっちだろうなーと思う中、封筒が渡され発表が。
「第一位……ジャングルポケット・太田!」
立ち上がりガッツポーズを取るムっくん。うなだれたままのさっとん。
堂々と舞台に上がるムっくん。あ、コメントはまるっと忘れましたすみません。
そして七位のさっとん。得票数32票、だったかな。
アダチャイルズにかける気持ちが足りなかった、とコメントし、舞台から去るさっとん。

舞台に残された5人。椅子は7つ。
ここで新メンバーの発表。
「新メンバーは、得票数52票(いつの間にそんな新メンバーの選挙やったの?、とここで
ちょっとざわざわ)そのうち自票50票……
はりけ~んず・新井と、ロシアンモンキー・中須!」
MC房野に呼ばれ2人が登場。アダチャイルズの新メンバーということで2人ともパンツ一丁
だったわけなんですが、まあ、その、人の事は一切言えないんですけども、相当なおっさん体型の
2人が加入ということで一気にイロモノ感の漂うグループに。
で、新生アダチャイルズをどんな風にしたいか、と訊かれ、「えーまずはですね、……あ、センター
なんで一番に喋っちゃいました」とムっくん。
皆のコメントが終わった後、「5分休憩を挟んでアダチャイルズのライブを始めます」という
アナウンスがあり一回暗転。

本当に5分待つのかと思いきや、暗闇の中舞台を歩く2つの影。
カバンを持ったさっとんとラメ村でした。
帰り支度をしている2人、そこにやってくる新メンバーの新井&中須。
「これはこれは、アダチャイルズをクビになった2人じゃありませんか」
タチの悪い安っぽいチンピラ調(笑)でさっとんとラメ村を煽る2人にキレるさっとん。
ラメ村が止めるも、「いや、俺見ちゃったんです!」とさっとん。
一体何があったのかと訊いたら、
(以下要約)ファンの子と関係を持って、こういうこと他の芸人にもやっているのかと訊いたら
向井さんだけだと言われた。これってほんとに初めてですよね!、と。
実に微妙な雰囲気になる会場一帯。
何言ってんだ、とラメ村に突っ込まれ、あ、間違った、とさっとん。
改めて説明すると、安達プロデューサーと菅オーナーとこの2人がホテルのラウンジに入って
いくのが見えて気になったので後をつけてみたら2人がプロデューサー達に3000万ものお金を
渡していた、と。
つまり金でプロデューサー達をたらしこんだと。
しかし、だから何だ現メンバーは俺らだ、という新井&中須。

そしてアダチャイルズライブがスタート……するも、突如腹にダイナマイト(手作り感満載)を
巻いたさっとんとラメ村が。
どうしたのかと訊く新井&中須以外のメンバー。
実は、と話し始めるさっとん。
ファンの子と関係を持って(中略)これってほんとに初めてですよね!、と。
「最低」とかメンバーにドン引きされるさっとん(笑)。
「いや間違った。違う。色々あったんだ!」
買収していたというあの説明を、”色々” の2文字で済ますさっとん。
「なんだって!」「色々あったのか!」「……」
止まるおがちん。明らかに台詞を忘れているおがちんに対し、隣にいた色白くんが説明。
そうしたらいきなり途中で「中須さんと新井さんが!」と言い出すおがちん。
慌てて止める周囲(笑)。
そしてしばらく、どういうことだ、みたいな感じになった後、いきなり笑い出す中須さん。
「全ては、安達プロデューサーの筋書き通りになったな」
な、なんだってー!
パンツの後ろに挟んでいた巻物(といっても長さ30cmくらいだったけども)を床に投げる中須さん。
拾おうとするもダイナマイトが引っかかって上手くしゃがめず、横からそれを拾うさっとん。
そしてラメ村に渡し、ラメ村がそれを広げると、安達プロデューサーの声が流れる。
要約すると2人を試したと。とはいえ今2人がちゃんとここにいるということは、アダチャイルズへの
愛は本物だったんだな、と。
もちろん卒業などなしで、前のままの7人でやっていく、と。
感動のあまり(?)巻物を落とすラメ村。何も書いていないただの紙だと発覚(笑)。
そして改めて7人で歌披露。
「恋のチャンス」「ミルキーウェイ」「ミステリアス」「アダチャイルズのテーマ」の順だったかな。

そしてアダチャイルズライブが終わり、舞台に上がる竹内記者&村上さん。
2人は、バイクに2ケツして帰って行ったのでした。

というところでライブ自体は終了、ということで後はメンバー集まってのフリートーク。
もちろんメンバーは最初から流れが分かっていたわけですけども、見ている側は最初こそ
ガチだと思っているので、客席から聞こえる声に『全部茶番なのに』と思っていた、と。
発表を待つ間どういう顔をしたらいいのか迷った、という面々。顔難しかったねー、と。
そしてムっくん談。「僕が1位で呼ばれた時、後ろから『あ、茶番だ』って声がしたんですよ。
背中でしか聞いてないから誰だかは分からないですけど、必ず見つけ出しますから!」
いやでもムっくん1位の時歓声凄かったよね、と他のメンバーが言うと、「知らない間に
人気出てたんですかね」と。これ冗談抜きでほんとに人気出てると思いますよ私。
ただ一番歓声が大きかったのはプロデューサー&オーナーだった、という話で、
正和が「安達さん客席から見るとめちゃめちゃカッコいいんだよね」と。
分かるなあこれ。私も無限大の客席で見て初めてカッコいいと思ったもんなあ。
で、今回の発表は茶番だったけれど、次回は本当の順位を発表する、と。そしてその順位に
よってどうなるかはまだ未定、だそうです。
向井「今回のこれ何だったの」
房野「今回のは繋ぎです」
いや繋ぎて。
そして、茶番劇の中でおがちんが急に台詞を言い出したのはなんだったのか、という話に
なったんですね。そもそも残ったメンバーはほとんど台詞なかったのに、と。長台詞なんて
一切なかったのに長々喋ろうとしたのはなんだったのか、と。
で、あれは色白くんがストーリーの流れを説明したらおがちんがその通りに喋ってしまった
とのことでした(笑)。

最後に告知。だったんですが、前回同様さっとんがおがちんのプライベートを暴露する方向に。
あー……またこの流れかー、と思っていたらムっくんが「言いますよ、サイード肩に載せてたとか
言いますよ」と(笑)。
「サイードとか居ないから!うちにサイード君に、ってお菓子いっぱいあるんだから!」とおがちん。
そんなこんなでわちゃわちゃした感じで今回は終了したんでした。


で、終わってみて最初に思った事。
おおぉぉぉぉぉ―――――――――たあぁぁぁぁぁぁぁ――――――!!!!!!!
いやだってですよ、アダチャイルズのライブなんて半分が、いや8割が茶番で出来ているんですよ。
それは行ったことのある人とかレポ読まれた方ならご存知と思うんですけども。
で、私も2回目から欠かさず行っているのでそれはよく知っているんですよ。
なんですが、もうすっかり騙されてしまったのって発表前に太田が呟いた、
「ほんとなんだもんなー……」
という一言のせいだったんですね。もうね、あれがものっすごいほんとっぽかったんですよ!
だってほんとに独り言って感じだったんですもん。多分周囲2、3列くらいまでしか聞こえなかった
と思うんですね。
つまりそんな近場の客に対してのみ、ピンポイントで演技をしたんですよあの人!
とここまで書いておいてなんなんですが、あれ太田の声だったよね? (ええー!)
確かめる術がなくて。誰か聞いてませんか?
ただでも太田だったと思うんですよ。なんか違ったらものすごく恥ずかしいんですけども。
そんなヒロシ太田に騙されて(こんなこと書くと歳ばれるぞ)、すっかりガチだと信じ切って
いました。
うわあああー。めっちゃ悔しい反面そこまでする太田が凄い、凄すぎる!

で、吉村さんが去って最後に向井君と太田君が残った時、もしこれで太田君も去ることが
あったら次回からアダチャイルズに行くのは止めようと決めていました。
私向井君のファンですけどね。ただものっっっすごく頑張っている太田君を切るようなライブ
ならば行く必要はないと。吉村さんにしてもそう。すごいやる気出して頑張っている2人がいなく
なるなら今後観る必要はないな、と思っていました。
だから、1位に太田君の名前が呼ばれた時は嬉しかったんですよ私。
あ、繰り返しますが私は向井君のファンです。なんですが、ようやく太田君の頑張りが
周囲に認められる時が来たのか、と思ったらほんっっっとに嬉しくてね!
得票数もガチだと思っていましたし。相当数の組織票があったんだろうなとは思いましたが。
なのでねー。まあアダチャイルズ=茶番、みたいなところはありますけども(笑)、正直なことを
言ってしまうと残念だったなあ、と。
ムっくん1位だったら本当に嬉しかったのになあ。

あとやっぱ正和は相変わらず素晴らしいですね。さすがのアイドル好き。
表情や手振りであったりとか、カンペをほとんど見なかったりとか。
そうだ、一部の人はせめていい加減「ミルキーウェイ」のソロ部分だけでも歌詞覚えてください。
もうあえて誰とは言いませんが、がっつりカンペ(モニター)見ていて苦笑してしまいました。
毎回書いている気がしますが、7人いるとやる気のあるなしって結構はっきり分かるんですよ。
そういう意味で悪目立ちするんだよなー。

これ、私が基本的に芸人さんのプライベートにあまり興味がないからかもしれないんですが、
女遊びの話を暴露されてもなあ、というのが個人的本音。
エンディングで向井君がそういう話を振った時、ああまたその流れかー、と。
こういう言い方をすると非常にとげがあるかもしれませんが、そうかー向井君はこういうことが
面白いと思っているのだなあ、とね。
個人的には知らないでいたい部分なんですけども。
なので太田君がサイード話に持って行った時はちょっと安堵しました。
途中の、ファンの子と関係を持ってうんぬん、という話は完全に台本なので向井君のせいでは
ないにしても、そういうネタが面白いという解釈なのかー、と。
多分前にやった話し合いの時に、「すぐ繋がれるアイドル」をキャッチフレーズにしよう、と
決まったのでその流れからだとは思うのですが。ううーん。
個人的にはアイドルということで、「恋愛禁止条例」でいって欲しいところですけども。
あ、アダチャイルズに関してはね。ほんとのプライベートはどうでもいいです。
そしてプロデューサーとオーナーに関しては彼らはアイドルではないので(笑)。
そういえば今回はプロデューサーとオーナーのあれこれ(デキててどうこうってやつ)が
なかったですね。忘れてた。

それにしてもまさかなー、第2回を彷彿させる内容になるとは思わなかったですよ。
これもあったから、まさか同じようなネタをやっては来ないだろうと思っていた、というところも
あったんですけどね。
次回はどうなるんでしょうか。
それにしても太田が凄い。凄すぎる。なんなのあの人。

category: お笑い

tb: 0   cm: 6