幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

『333(トリオさん)』第二十二回感想  

先週の土曜日は『333(トリオさん)』の公開収録でしたね。行きたかった!
すっごい盛り上がったみたいですし。来月放送予定みたいですね。楽しみー。
そしてその日に、4月生まれ3人のバースディパーティーもあったようですね。
パンサーの尾形君&菅さんとジューシーズの赤羽健ちゃんと。
ツイッターやブログに写真も載っていましたので見た方も多いんじゃないかと思います。
こうやって祝ってもらえるのは本当に嬉しい事だろうなーと思いつつ、そういえば
1月生まれのジューシーズ松橋しゅうただけ写真が見当たらないんだけど、と
気になっていたりもします。
10月&11月生まれのジャングルポケット斉藤&ジューシーズ児玉さんと、
12月生まれのジャングルポケット武山&太田とパンサー向井君のは写真が上がって
いたんですが、しゅうたどこー?、と。
ここに上がっていたよ、というのをご存じの方は教えていただけると嬉しいです。


さて『333(トリオさん)』(とうとうこれで単語登録した)の感想です。
というか今日もう次の回が放映されるからね。
この感想(というよりあらすじ部分)が一番時間がかかるので、時間のある時、とか
考えているとタイミングによってはどんどん遅くなるっていう。書くのは楽しいんですが。

まずはあらすじです。番組観たよーという方は飛ばして下さい。
いちいち最初にトリオ名人名で書くのが面倒になってきたので(笑)、先に。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
まあ、ここを読んでいる大半の人は知ってるよ!という感じだと思いますが。
ちなみに一応年齢順。
そしてあらすじに関しては全員敬称略。

---------------------------------
「ド深夜では異例の、沖縄ロケ第四弾」というナレーションから始まった今回の放送
(とはいえ次回で沖縄ロケ終了?かな)。
すごろく大会後編。
【相撲でジャンプアップ】のマスになったジャンポケ。対戦相手はくじ引きで
パンサーに決まり、尾形は菅にしろと手で示すものの、太田が指名したのは
「尾形さん」
愛知県柔道No.1太田vs.サッカーエリート尾形の相撲対決がスタート。
自信のある太田は作戦なし。尾形は2トリオの期待がかかるため、
ジューシーズ赤羽がなにやら作戦を指示。
体格的には、身長差15cm、体重差12kg。外見だけで言えば尾形の方が有利。
そして取っ組み合いスタート。意外にも尾形が善戦するものの、最終的には
太田の一本背負いが見事に決まり、(大方の予想通り)太田勝利。
特に喜びを示す事もなく淡々としている太田。喜びまくる相方2人。
失望の表情になる向井、笑う菅。
ショックで倒れたまま言葉も出ない尾形。
そして、見事に勝ったジャンポケは6マス進んで一躍トップとなったのでした。

次はジューシーズ。6を出せばジャンポケと同じマスまで行けるものの、
出した目は3。マスの指示は【三段肩車を完成したら3マス進む】
つまり、これが成功すればジャンポケと同じマスまで到達出来る、と。
三段肩車とは、3人で一つの肩車を作る、というもの。一番下の安定感が重要と
いうことで、110kg赤羽が一番下になるものの、膝が曲がらず児玉の股の下に
頭を入れられない、という。
先程の相撲が相当足にきている模様で、膝が言う事をきかない、と。
「誰もテレビでデブがはしゃいでるとこ見たくないんだって」と言う太田に加え
なんと進行の野上アナまでもが「ジューシーズさん、真面目にやって下さい」
やり方を変更。まず児玉が松橋を担ぎ、その2人を赤羽が一気に担ぐ、という作戦。
そして赤羽がしゃがむ。児玉の股の間に頭を入れる事に成功。
後はこのまま体が持ち上がれば3マス進める、のだが。
しかし一向に体は上がらず(児玉曰く「なんにも来ない」)、赤羽のお尻だけが
上がるという状況に。
「無理です」と赤羽が倒れギブアップ。ジューシーズ、失敗。
なのだが、一向に児玉から降りようとしない松橋。
「降りろや」と児玉に足を叩かれる松橋でした。

続いてはパンサー。ジューシーズと同じく3を出し、三段肩車に挑戦するも
相撲で体がガタガタの尾形は2人を持ち上げることが出来ずあえなく失敗。
そしてマスとしては2度目で特に新鮮味もないせいかダイジェストで終了。

そしてジャンポケ。大きい目が欲しいところだが、出た目は2。
喜びまくる他2組。
進んだマスの指示は【1マス戻る】
結果、ジャンポケの進んだマスは結局1ということに。
がっくりと肩を落とすジャンポケ3人。

続いてはジューシーズ。4以上ならジャンポケを抜けるが、出た目は1。
いつもの俺らだったら6とか出してるよな、と言いつつ進む。
マスの指示は【一発逆転 マス入れ替わり】
トリオ名が書かれた札を引き、出たトリオとマスを入れかわる、と。
つまり、「俺らチャンスしかない!」(by尾形)
そんなハイリスクハイリターンな挑戦。そして松橋が引いたのは何と
『ジャングルポケット』
がっくりくる2組をよそに、ジューシーズとジャンポケのマスが入れかわる。

次はパンサー。尾形がサイコロを振り、出た目は4。ジューシーズと同じマスに辿り着く。
そして出た目の指示は【沖縄の有名人全力モノマネ】
代表者1人にモノマネをやってもらう、という説明に、じっと尾形を見る向井。
視線に気付き一度は顔を反らすものの、「なんで俺見てるの?」と訊く尾形。
尾形の言葉で、向井と一緒になって尾形を見る菅。
向井「(このマスを)引いたの、尾形さん」(控え目な口調で)
尾形「いや俺4出して、結構いいの、いいとこまで行ったじゃん」
しかし尾形がそう力説するも、なぜかジューシーズまでが尾形をけしかけ(笑)
「尾形さんモノマネ嬉しいなあー!」と太田も尾形に言い、結局尾形が
モノマネをやることに。
そして尾形のモノマネ。何をやるか尾形が考えていると
菅「出来んすか? 知念里奈とか」
相方による、ものすごい角度からの無茶ぶり。
その言葉に向井や他のメンバーも乗りまくる。
なんにも出てこねーよフレーズ、と言うものの、野上アナにまで
「それでは尾形さん、全力の知念里奈、お願いします」
と言われ、結局知念里奈をやることになる尾形。
全力でモノマネをした尾形に、「これ一番最悪なマス」とか「ほんとに嫌だ」と
口々に言う他2トリオ。

続いてはジャンポケ。4を出し、【1マス戻る】
そして戻ったマスには【沖縄の有名人全力モノマネ】
これはやらなくていいんですよね? と訊くものの、なぜかやる事に。
そして尾形と同じく、サイコロを振った斉藤がモノマネをすることになる。
斉藤には特に無茶ぶりをされることもなく、自ら誰を真似るか決める事に。
そして決めた相手は「仲間由紀恵」
『ごくせん』の仲間由紀恵風のモノマネをした斉藤に「尾形以上!」と言う赤羽。
皆、なんとなく距離を置く中に「仲間外れとか止めよう」と斉藤が言うと、
寒いダジャレを言ったよ、と騒ぎになる8名。
違うそんなつもりじゃない、と慌てて言う斉藤でした。

「斉藤も大恥をかいたところで」(byナレーション)、続いてはジューシーズ。
サイコロの目は2。マスの指示は【三線(さんしん)の音色に合わせてオリジナルダンス】
「そういうんじゃないじゃないですか!」「モノマネとか」と言う赤羽と松橋をよそに
何かに気付く児玉。2人も児玉が見ている方に顔を向けると、なんと道の向こうから
(民族衣装的な)着物を着て三線を持ってこちらに向かってくる3人の女性が。
明らかに本物といった感じの人達の登場に「悪いよ」「怒られるじゃないですか」。
沖縄芸大卒業生による三線が演奏され、緩やかな曲が流れる中、それぞれ
アドリブで踊るジューシーズの面々。
「何これ」「何これ」と言う、見ている面々。
はっきりと、苦笑の顔を見せる太田。
演奏が終わる、かと思いきや歌が続き、「まだですかこれ」と言いつつも
踊り続ける3人。
終わった途端「恥ずかしいー」と倒れ込む児玉&松橋。
「今の上手な人は?」と訊いた太田(よね?)に対し、「この人上手」と
赤羽を指す演奏者。「恥ずかしいー」と言いつつ一人で踊る赤羽。
だったが、「だまさんが踊れる感じだった」と見ていた面々が言い出し、児玉も一人で
踊る事に。
児玉じゃんけんを彷彿させるくにゃくにゃダンスを踊り、「もっと速い(テンポ)の」と
リクエストをする児玉でした。

そしてパンサー。出た目は5。残り2マスということで菅が何かを思い出す。
菅「前回の俺の記憶でいけば、ここ、読者モデル……」
前回、このマスは読者モデルによる応援メッセージVを見せられるだけ、という
非常にリアクションが取り辛いものだった。
そして、今回出たマスは【ミス沖縄の応援メッセージ】
崩れ落ちるパンサー3人。何何、と後ろにいた6人が駆け寄りマスの指示を見る。
笑い転げる他のメンバー。
「2マス手前の応援メッセージは決まりなんすか!」(by向井)
そして、ノートパソコンを手渡され、ミス沖縄の応援メッセージを見るも、
外で撮っているため風が強く、ほとんど風の音で何を言っているか分からない、と
いう状態(にプラスして沖縄の方言で話しているため、字幕なしでは意味が
分からないという)。
見終わって、思わず苦笑する3人。
菅 「こんなに応援メッセージに風の音が紛れ込んでるの初めて見ました」
向井「ボフボフ言ってる」

続いてはジャンポケ。1を出し、【1マス戻る】、そして【全力モノマネ】
サイコロを振った武山がモノマネをすることに。その相手は具志堅用高。
やってみたら、「ちょっと面白い」「お前面白いよ」と意外にも好評。
皆に握手を求められるも、
「これは、褒められたら褒められたで恥ずかしいのだ」(byナレーション)
ということらしく、握手を拒否する武山。

続いてジューシーズ。5が出れば一発でゴール、だったが出た目は4。
がっくりとうなだれる3人。安堵する6人。
そしてマスの指示は【「沖縄」でなぞかけ】
モノマネといい三線でダンスといい、「とんでもない地帯だよ!」と松橋。
そして話し合いの結果、松橋が挑戦する事に。
「沖縄とかけまして、運動会でみんなで団結する種目とときます」
「その心は」
「どちらも、おっきいなわでしょう。……まつっちです」
照れたように笑う松橋。静まり返る広場。
沈黙に耐えられなくなった松橋が叫ぶ。
「おおーい!東京に帰らしてくれー!」
明日ロケ行くんだから、と慌ててそれを止める相方2人。
向井「一瞬ほんと、誰も居なくなったみたいな空気になりましたけど」
松橋「人が居なくなったっていうか、みんな黙って、風も止まったよ」

そしてパンサー。2が出ればゴール。
「そろそろ1位通過でいいって!」と叫ぶ向井。2人の期待を一身に背負い
サイコロを投げる菅。
出た目は……なんと2!
喜び、菅に抱きつく相方2人。
ぽかんとする他6人。
パンサー、見事沖縄ロケ出演権獲得。
「めんそーれー!」(by尾形)

続いては、残り7マスのジャンポケ。
太田が出した目は6。しかしマスを数えて苦笑する太田。
そう、そのマスの指示は【「沖縄」でなぞかけ】
あと1マスだから。とりあえずこれやればいいんだから、とジャンポケを励ます
勝者のパンサー向井。
そして、モノマネに引き続き斉藤がなぞかけをやることに。
「整いました。沖縄とときまして……」
いやいやかけなきゃだめ、と速攻で突っ込まれる斉藤。
先程の松橋を見ているため、ものすごいプレッシャーにさいなまれる斉藤。
そんな斉藤を太田が励まし、いよいよなぞかけの披露へ。
「沖縄とかけまして、せんだみつおとときます」
この時点で一部から失笑が。
「その心は?」
「どちらも、”なは” が、欠かせないでしょう」(キメ顔で)
一瞬の間の後、
「ナハナハ……ねずっちです!」
いやお前ねずっちじゃないから、と相当強く突っ込まれる斉藤。
斉藤「だって、せんだみつおって言った時笑いが起こったんだもん」
太田「誰もが、”なは” だって分かっちゃってさ」

そして続いてはジューシーズ。1を出せばゴールだが。
「ジューシーズ、パンサー共に1を出せばゴール」とナレーション。
いやいやいやいや、パンサーじゃなくてジャンポケね。
そして3人でサイコロを持ち、一緒に振る。
出た目は……見事に1!
大喜びの3人。がっくりとうなだれる太田。肩を落とす武山と斉藤。
そして、明日のロケはパンサーとジューシーズに決定したのでした。

「ほんとそう、温泉もそう、ゲレンデもそう、沖縄も。なんでどっか遠いとこ行く時
俺ら行けないんですか」と太田が言い、「これは良くない」と抗議。
そして、
太田「ダメ元で1個お願いしていいですか」
向井「何ですか?」
太田「もう一回やりません?」
向井「ダメです!」(即答)
当然ながらそれは却下。

そして、ジューシーズとパンサー2組によるロケがスタートしたのでした。
---------------------------------

今回も面白かったです。すごろくは外さないなー。
ところで、これ前回書けば良かったんでしょうけども、マスの向きですが
上下逆に置いておいた方がめくる時楽そうなのになーと。
左右を2人で持ってその場でくるってめくる方が手っ取り早いんではないかと。
今回に関しては(めくり方が分かったから)普通にやっていましたけども、
先週(最初の方ね)はいささかもたついていたので。
出演者がどうこうではなくて、セッティングの時に気を遣えばいいのになあ、とか。
細かくてすみません。
公式サイトの掲示板に書こうかとも思ったんですが、タイミングを失ったので
こちらに。

この回は太田vs.尾形といういつものコンビ(笑)の相撲対決からスタート。
太田の一本背負いはトリオ・トリオ・トリオでも見ましたけども、その時は
尾形君を背中に乗せ、尾形君の足が地面に着いてから下ろす、という感じだったんですね。
なんですが、今回はやっぱりそこまでの余裕はなかったんだろうなあ、と思わせる
一本背負いでした。トリオ~の時は怪我をさせないようにという気遣いも感じられたの
ですが、やっぱり出演権がかかっているとなるとそれどころではないんだろうなあ。
とはいえ、太田は誰にも負ける気はなかったとは思います。多分というかまず絶対に
他8人の誰と対戦しても勝てるでしょうし。
だからなのかなー。喜ぶ相方2人に対し、割と淡々としているんですよね。
いや淡々と、というか、勝って当然みたいな顔。
そしてここで、パンサーの応援組2人が映るんですけども、2人の対比がもうね!
失望している感じの顔の向井君と笑っちゃっている菅さんと。
ここでこのツーショットを持って来る辺りがカメラワークの見事さといいますか。
向井君って何だかんだ言いつつも尾形君を信頼して期待しているんだよな、というのは
言葉の端々から感じられたりするんですよね。多分ですが、向井君はもしかしたら
尾形君が勝てるんじゃないかと思っていて、菅さんはいや太田相手じゃ無理でしょ、と
思っていたのかなあ、と。
もうとにかくね、このツーショット(対比)が素晴らしかった。
録画している方はぜひ確認してみて下さい。
ちなみに今これを書きながら、そのシーンが一時停止になっています(笑)。

ジューシーズの三段肩車では、赤羽健ちゃんが頑張る姿に感銘を受けた(?)のか、
健ちゃんが持ち上げようとした時、皆で「せーの!」と言っていてなんとも和みましたよ。
だってこれか成功したらジューシーズは3マス先に進むことになるから、ジャンポケと
同じマスになるわけで、まあジャンポケはまだいいでしょうけども、パンサーにとっては
2組に完全に離されることになるというのに。
それでも言っちゃう辺りがやっぱり仲いいなあ、と思ったり。
ちなみに今の一時停止は健ちゃんがお尻を上げているところです、ってどうでもいいか(笑)。
そして肩車に失敗して、松橋しゅうたが「仕方ないよ。とりあえずステイですもんね」とか
普通に言って、児玉さんに「降りろや」と言われていましたけども、いやでもこれだまさんが
しゃがまないと降りられないんじゃ。普通に立ったまま「降りろ」と言われても、と。
まあ、しゅうたも降りる気はなかったっぽいですけども(笑)。

パンサーの三段肩車、一番下が尾形君というのは予想通りでしたけども、
真ん中が向井君で一番上が菅さんなんですね。ちょっと意外に思いつつ、でも
そういえば菅さんって腰が悪かったもんなあ、とか。
向井君と体重もほとんど変わらないようですし。
ところでこれ、尾形君が万全の態勢だったら成功していたんでしょうか。
あーでも成功してそうだなー。力あるもんなあ。

次のジャンポケで【1マス戻る】という指示が出ていましたけども、これって実は
ものっっっっっっすごく大きな意味を持つマスですよね。後半はモノマネの威力が
大きすぎて、その指示自体の意味合いが薄れていたところがありますけども。
このマスってゴールまで残り6マスのところにあるわけですから、ここで1つ戻されると
いうのは本当に大きいんですよね。だって残り6マスか7マスか、って全然違いますもん。
1回のサイコロでゴール出来るか否か、ということになりますから。
もしこのマスが違う指示で、ステイは出来たとしたら、もしかすると先にゴール出来たのは
ジャンポケだったのかもしれないなあ、とか。まあ、マスの指示について言い出したら
きりがないので止めますけども。
ただ、このマスの持つ大きな意味合いについて誰も言及しなかったのはちょっと残念だった
なあ、とか思ったり。太田辺り気付きそうなものだったけども。
そしてまた、ここにこういう指示を持って来る辺りがね。実に計算されているなあと。

でもってこの次の【マス入れ替わり】もまたねー。
ジューシーズもちょうどいい時にここ引き当てたよなーと思います。先に行くか戻るか、って
一番面白い見せ場じゃないですか。
まあ、独走していてどっちにしろ戻る、とかいう展開でもそれはそれで面白かったですけど。
そしてこういうところでジャンポケを引いて先に行っちゃう辺りが、何か持っているんだろうな。
ところでここの入れ替わり、なんですけども、マスの指示は「入れ替わり」とあったのですが
この場合の「かわり」って「替わり」と「換わり」のどっち?、と。
換わりじゃないのかなーと思ったんですが、色々調べていたらどっちも出てくるから
混乱して分からなくなってしまいました。
おしえて、えらいひと!

そしてパンサー。モノマネだったんですけども、ここでジューシーズと同じマスに到達して
いるんですね。なのでジューシーズが近くにいる中で誰がモノマネをやるか、っていう
話し合い(というか押し付け)が繰り広げられていたんですけども、パンサーの近くにいる
ジューシーズは話に入るものの、少し離れたジャンポケはちょっと傍観者っぽくなって
いるんですよ。
で、その時の9人を映したカメラワークがまたね、素晴らしいんですよね。
今の一時停止がそこなんですけども(あ、今更ですが観ながら書いています)。
なんとなく、まあどう思っていたかは本人らにしか分からないので何とも言えないですが、
ジャンポケの、誰でもいいからさっさとやれよ、っていう感じが(笑)。
そして菅さんの無茶ぶりね! ドS菅さん来ましたよこれ!
また知念里奈っていう人選がもう個人的にツボすぎました。
なんだろう、いや知ってるけど特に特徴とか訊かれると……、って感じの人じゃないですか。
とここまで書いて思いましたけど、10代は知らないですよね多分。
そして、「知念里奈って歌手ですよ」というしごく真っ当なツッコミが武山から入っていたのが
また個人的にツボでした。

続いてジャンポケもモノマネをやったわけなんですけども、モノマネをやれと言われた時、
「開いているマスの指示には従うのだー」とナレーションで言っていまして、
なんかその言い方がちょっと面白かったんですよ。イントネーションといいますか。
私の文章力では説明出来ないのでこれに関してはどうにかして観て下さい、としか。
そんなこと言い出したら全部、観て下さいになるわけなんですが。ごめんなさい。
「仲間外れとか止めよう」と斉藤が言って、それがテロップでも出ていたんですけども
フォントがいつもと全然違っていて、なんとも凝っているなあ、とか。

続いてのジューシーズの三線ですけども、個人的にすっっっっごいテンション上がりまくり
ました。だって三線ですよ三線!
説明しますと、数年前にロザンの宇治原さんがテレビの企画で三線を演奏する、という挑戦を
したんですね。なんですが、三線ってものっっっっっすごく難しいんですよ。
まず楽譜が全然違うという。「三線 楽譜」辺りで画像検索していただくと出ると思うんですが、
漢字がずらずら書かれているあれが楽譜ですから。
それを覚えて読めるようになるのにまず相当な時間がかかって、そこから弾けるようになるまで
またかなりの時間がかかって、となるんですが、宇治原さんは見事短い期間で習得しまして
最後イベントで披露して、とかこの辺りを詳しく説明しようとするとものっすごい時間と字数が
かかるので気になった方は各自検索するなりなんなりしていただけると。ごめんなさい。
私のブログでも書いていましたけども、これ読み返して思った。観た事ある人用に書いた、と。
なので観ていない人には分かり辛い文章になっていると思うので各自検索以下略。
まあとにかく、ロザンファン的に三線と聞くとうわあああああああー!(感動の大号泣)と
なるくらいの楽器だ、ということだけ分かっていただければ幸いです。
久々に三線の音色が聴けて嬉しかったなあ。
にしてもジューシーズはこういうダンス的企画が似合う事似合う事。

パンサー。ミス沖縄の応援メッセージだったわけなんですけども、2回連続で
応援メッセージに止まるという引きの強さね。そんな強さは要らないでしょうけども(笑)。
菅さんよく気付いたなーと。そんな計算はしていなかったでしょうけども、菅さんの言葉が
前フリとなった部分もありましたし。

武山の全力モノマネは、確かに意外にも(笑)面白かったです。
そして面白かろうが滑ろうが恥ずかしい事には変わりない、ということが分かったのも
また興味深かったです(笑)。
真似し易い人ではありましたけどねー。

ジューシーズが謎かけのマスに止まりましたけども、「話し合いで」しゅうたがやることに
なっていて、あーサイコロ振ったから、じゃないんだ、とか。
ジューシーズに関しては基本話し合いで決まるなーという印象です。すごろくを見ていると。
先に書いてしまいますが、最後にサイコロを振った時も3人ででしたし、やっぱりトリオとして
一番纏まっているのがジューシーズなんだろうなあ、とか。
分かり易い穴もないですし。
ただそれが逆に突出した部分もないような印象を持たせてしまうのかなあ、という気も
したりしています。
そして謎かけが滑りまくって「東京に帰りたいー!」と叫んでいましたけども、あの時
相方2人がなだめるのは分かるんですけども、菅さんもしゅうたの背中をさすってあげて
いるんですよね。
仲いいからついやっちゃったのかもですが、なんとも優しいなあ、と。

そしてパンサーが2を出して一番乗りでゴールしたわけなんですけども、これ本当に
良かったなあ、と。
パンサーファンとして、というだけではなく、このすごろく企画のファンとしても。
いや2回連続で同じトリオが脱落したら、多分もうすごろく自体ちょっと、みたいな感じに
なってしまうかなあ、という危惧があったので、三度目のすごろくを見るためにもぜひ
パンサーには勝ち抜けて欲しかったんですよね。なので良かった良かった。
そして、サイコロを振った菅さんに相方2人が抱き付いたシーンですけども、
最初は(斜め前から抱きついてきた)尾形君に対して背中をぽんぽんと叩いて、
そしてゴール後に再度抱き付かれた時は今度は向井君の方を向いて背中を
ぽんぽんと叩く、っていうね。
無意識だったのか意識してだったのかは分かりませんが、双方に対して気遣いを
見せる辺りがなんともいいなあ、と思ったんでした。

次にジャンポケが6を出したわけなんですけども、これもしさっき1マス戻ってなかったら
ゴールしていたんだよなあ、とか。
と思ったんですが、でも1マス戻っていなかったらそもそも違うマスにいたのか、と
(2回戻ってますからね)。
ただほんと、この1マス戻るという指示は大きかったよなー。勝敗を左右するくらいに。

それにしても太田の「もう一回やりません?」が素晴らしすぎた(笑)。
ダメ元にも程があるだろうと。
でもそういうところでああいう言葉が出る辺りが太田だよなーと思った次第です。


そしてもう数時間後には次の『333(トリオさん)』ですよ。なんてこったい。
スポンサーサイト

category: 333

tb: 0   cm: 6

ジャングルポケット単独面白かったよー!という話  

本日、ルミネでジャングルポケット単独ライブが行われました。
ルミネに行く前に前の記事を上げたのは、この単独がDVD化されるということで
内容語っちゃったらネタバレになるから書けないよなあ、と思ったからなんですが、
行ったらやっぱり色々書きたい事がー!ということで少し感想などなど。
あまりがっつりは触れないつもりですけども、一部ネタバレにはなってしまいますので
DVDを見るまで内容は知りたくない、という方はここでブラウザバックしていただけると
ありがたいです。
単独に行かれた方や、ネタバレOKという方のみ以下お進みください。



やっぱり初DVDということだからか、なんというかフルコースだったなーというのが
終わってみての感想でした。例えるならジャンポケファン100人に、「ジャンポケといえば?」
と質問して得られた回答が全部入っている、という感じ。なので純粋に楽しめました。
ネタはおなじみのものから、(多分)新ネタまでほんと色々。
漫才のスーツはあれ新調したのかな。見たことない気がしたんだけども。
とはいえ私そこまでジャンポケに詳しくないので違ったらごめんなさい。

オープニングVがめっちゃかっこ良かったですし笑えました。
あれもう一回観るためだけにDVD買ってもいいくらいだなー、私は。
ブリッジVの一部は以前の単独の使い回し(ですよね多分)である
M1やキングオブコントで決勝に行ったコンビを襲いに行く、という映像で
まあ私は初見だったんで楽しめたんですけども、でもせっかくのDVD収録なのに
使い回して、とか思っていたら……。
終了後、DVD先行予約申込書を見ていたら、特典映像のところに(以下引用)
>DVD撮りおろし企画
>■お笑いで天下取るために邪魔な芸人コンビをジャングルポケットが襲撃!!
> 出演:しずる、トータルテンボス、NON STYLE、ライセンス
(>■斉藤・太田によるメンバーオリジナル企画)
うおおおお―――――――――――い!!!!!なんじゃそれー!!!!!
何その無駄に豪華な布陣!(笑)。
うわあー、なんか汚いわー大人のやり方だわー(笑)。

最初に彼らが出て来た時、「キャー!」という結構大きな歓声が上がりまして、
『え?ネタライブでキャーなの?』とか思ったんですけども、そういやこれDVD収録
だった、と気付きまして、私もキャーとか言ってみました。
気持ち多めに笑っておくべきかしらとかもちらっと思ったんですけども、
そんな心配はいらないくらい面白くてずっと笑ってましたよ。

そういや前説はなかったんですけども、途中にいきなりゲストが来まして。
なんとそれがスリムクラブ!
ゲストが来るなんて全く聞いていなかったのでいやもうびっくり!
途中の台詞で、「トリオさんより板尾ロマン」と言っていたのに笑いました(笑)。

とあるコントで太田のピンマイクが途中で外れたんですね。なんかぶらぶらしてんなー
とか思ったらピンマイクで、まあでも普通にネタを見ていたんですよ。
そうしたら最後に、マイクが入ってなかったので撮り直します、と。
つまり同じネタをもう一度やりますよ、と。
「皆さん大人の対応として笑って下さいね」(by太田)
そして、その準備があるからとジャンポケ3人は一旦袖にはけまして、
スリムクラブが場を繋ぐ、っていう(笑)。
M1効果で色々な番組に出させてもらったけど、ギャラは思いのほか安かった、と
いう話をしていました。実際に幾らだったかも言ってましたし。あれはさすがに
DVDではカットされるんだろうなあ。
にしてもテレフォンショッキングのギャラってそうなのかー。
で、同じネタをもう一度やったわけなんですね。でまあさっきやったばかりですし
流れも全部分かってはいましたが(笑)、こちらも普通に笑っていたんですよ。
で最後のオチ。ここでこうなってああなって終わる……はずが、あれ?違う?
まさかこの短時間でオチを変えて来た?
でもぶっちゃけこれ落ちてないけど。
とか一瞬で色々考えたんですけども、なんと太田のミスでした。
なんか他の事に気を取られていたら忘れたらしいです。
いやでもびっくりしましたよ。私そんなにジャンポケのネタを多く見ているわけでは
ないんですけども、太田がミスしたのって見たことなかったですから
(まあ、本日の単独に関しましてはこれ以外にも多少のミスはあったんですけどね)。
さすがにそれは撮り直しはしなかったので、DVDになった時にどうなっているのか
楽しみだったりします(笑)。
そういえば違うネタで、武山のピンマイクが外れていた(と思われる)ものもあったんです
けども、それは撮り直しはありませんでした。そっちはいいのか?

ブリッジVの中には、先行予約特典(着せかえステッカー)のための写真撮影の
様子が流れたりもしたんですけども、3人とも全裸(笑)。
いや待て全裸になる必要ないだろうどう考えても!(笑)。
そしてなぜか全裸で腕立て伏せとかやる太田。
このVってDVDに入るのかなー。多分入らないんじゃないかという前提で以下
がっつりネタバレしますけども、撮影後楽屋に戻ったら武山が「俺の服がない」と
言い出しまして、何言ってんだよと太田が言うものの太田も服がない、と。
唯一服があった斉藤が、「私服幾つか置いてたから貸すよ」と自分の服を出して
きたんですけども、2人とも斉藤の服を着るくらいなら裸でいい、と(笑)。
そして2人とも裸のまま楽屋を出て行きましたとさ。
これなー、せっかくだから着て欲しかったですよ。クルーネックの下にVネックとか。

そしてブリッジVでは斉藤が色々な人を驚かす、という企画もやっていたんですが
出てくる人が何気に豪華でした。
パンサー尾形君も出ていたんですが、映った瞬間歓声が上がったので
やっぱりファン被ってるなあ、と(私もですけども)。
あと太田の柔道姿が見られました。
あの柔道着って私物だよね多分。見られて嬉しかったなあ。
太田の柔道に関しては、以前シチサンで不幸年表という企画をやった時に
「柔道部に入った事」と太田が挙げていたので、正直『えっ』と思っていたんですが、
彼の中で柔道をやり続けたことがちゃんと今の糧や自信の基盤になっていて
そして誇りにもなっているんだろうなというのが感じられて嬉しかったりします。
何かを続けるってそれだけで財産だと思いますし、結果も出していますしね。

DVDになるからあんまり内容に触れてもなー、と思うと、どうしてもぼやけた書き方に
なってしまうんですけども、ほんと面白かったです。最初にも書きましたけどまさに
フルコースでしたし。
多分ですが、『ジャンポケだったらあれ観たいんだよなー』と思う事の全部は入っているかと。
そういう意味で入門編としてもおススメ。
ちなみによしもとテレビ通りかよしもとネットショップで先行予約をすると、
上にも書きました着せかえステッカーが貰えるそうです。
もちろんこんなん書いている私には1円も入りませんが(笑)宣伝。

そういや、『できたできたできた』に出ている子供達も招待されていた模様。
前の単独の時も招待したという話を以前斉藤がしていたので、今回も来ているのかなーと
思ったら来ていたそうです。いや見てはいないんですが、出ていく時に斉藤が
(舞台上から)声をかけていたので。
仲いいなーと思うと微笑ましいです。

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 2

今日はジャングルポケットの単独ライブですな  

単独ライブ、というものに行くのは去年のパンサー以来なので本当に楽しみです。
そういえば去年のパンサーの単独ですけども、前説にジューシーズが来ていて
びっくりしましたよ。前説からなにその豪華ぶり、と。
その時はうっかり携帯電話を忘れてしまったので写真は撮れなかったんですが
(ライブ自体は基本的に写真撮影は禁止ですが、前説の時はOKなので)、
あれはテンション上がったなあ。
今回は誰なんだろう。いや別に前説目当てで行く訳ではないですが(笑)。

先日、ジャングルポケットの太田君が相方の斉藤君の写真をツイッターに載せて
いたんですけども【http://twitpic.com/4pu1mu】これを見て正直ちょっと驚きました。
多分単独の稽古の合間だと思うんですね。そう考えると疲れているでしょうし
アップされていたのが夜中だったので眠かったのもあったとは思うんですけども、
相方の前だと(たとえカメラを向けられても)こんな顔をするんだ、と。
顔というか目というか。よくよく見るとかなり赤いのでお酒でも飲んだ?とか。
でも彼は確かそんな飲めなかったですよね。
カメラを向けられたら無条件で演技をする人なのかと思っていたのでちょっと意外に
思いつつ、こういう顔を見せてくれるのも嬉しいなあと思う次第です。
それにしても、太田君も言っているけれど、本当に奇跡の着こなしだわ(笑)。
クルーネックの下にVネック、ってなかなかないよね。
ところで今、「クルーネック」と打とうとしたら、「乗組員ネック」と変換されました。
そんな気遣いはいらーん(笑)。
そういえば、やっぱり太田君が上げていたジャンポケ5周年記念ケーキですが、
なぜかうちのパソコンだと縮小表示されなくて、しょうがないのでフルサイズで
見たらでかっっ(笑)。
多分アンドロイドケータイの写メだと思うんですけども(ツイッターがアンドロイド
なので)、アンドロイドのカメラ機能って凄いのね。
パンサーの向井君もアンドロイドにしてから、私のケータイだと添付写真が
見られなくなってしまいました。最新のシステム使ってるからお前のケータイじゃ
見れないよ(意訳)、と書かれたページに飛ぶっていう。
ただ、とりあえずモバツイを使えばサムネイルは見られる事に気付きましたが。
まあ、パソコンからは普通に見られるのでパソコンで見ればいいんですけども。
それにしても、5周年記念ケーキとか用意してくれるのが嬉しいですよねー。
またすごい凝っている感じでしたし。
単独のタイトルはやっぱり競馬関係なんだなーとかも分かりましたし。
そういえば単独のタイトルですけども、誰かまとめてWikipediaにでも上げてくれない
かなー、とか思っていたり。お前がやれよと言われそうなんですけども、いやだって
以前を知らないからね。私がジャンポケを知ってから1年経ってないですし。
あー、よくよく考えたら1年経ってないんだなー。
色々行きまくっているので全然そんな気はしませんが。


ついでにちょこっと。あまりこういう話はしたくないんですが。
このブログで実名を挙げて(多少)批判的なことを書く場合の基準としまして、
「本人に対して、住所本名顔を晒した上で言える」
か否か、が私の中であったりします。
これはあくまで私の中で、なので、他の人に対してどうこうとかは特にないですし
強制する気も全くないです。ただ、何が言いたいかといえば、裏を返せば
褒めているだけの人はぶっちゃけそこまではしたくないから、ということでもあったりします。
ですので、批判的なことを書いた事に対して「私もそう思う」「私はそう思わない」と
言っていただけるのはどちらも歓迎なんですけども、褒めているだけの人に対して
「私はそう思わない(以下批判的な内容)」と言われても、正直言って困ります。
いや私はそこまで責任負いたくないから批判的な部分は目をつぶってるんだよ、と。
あと、この人のこういうところが好き、という記事に対して「私も好き」というコメントは
大歓迎なんですけども、「私は嫌い」というのは、はっきり言います聞いてないよ、と。
あなたが誰を嫌いだろうがどうでもいいですし、そういうコメントは一切承認しませんので
ご了承ください。


さーて支度してルミネに行くぞー!楽しみすぎる♪
パンサーも出るばちーんんんはリピート配信で見ようと思います。
GWバンザイ!とか思ったけど、どのみち明日は土曜日だからGWでなくても
見られたか、ということに気付きましたがまあいいや。

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 6

パンサー向井君は本当に腹黒なのかということについて考えた  

向井君が本当に腹黒なのかということは、ファンになった頃からずーっと疑問に思っていまして、
以前にもちらっと書いたことがあるんですけども(今確認したら昨年11月の記事でした。というか
それよりその頃からパンサースケジュールを上げていたことに自分でびっくりしましたさ)、
ある程度の結論が自分の中で出たので覚書という意味も込めて書いておきます。

まず、腹黒の意味及び(私の中での)定義について。
腹黒い(意味):心に何か悪だくみをもっている。陰険で意地が悪い。(goo辞書)
でもって。これは辞書に書いていないのであくまで私の中での定義なんですが、
腹黒ってつまり、表は白いことが前提だよな、と。
心には悪だくみを持っていても表面上は一切それを見せずいい人そうな雰囲気を
保っている人が腹黒と言われるのではないのかなと思うんですね。
で、私が思うにですけど、向井君って別に表も白い訳じゃないよね、とか
(私向井ファンですよ念の為)。
私が見る限りでは、ですが、向井君は表面は薄いグレー、中身は濃いグレー、と
いう感じ。何にせよ灰色じゃないかなと。腹黒いというほど黒くはないよね、とか。

個人的に、腹黒い人というのはそれを隠しきる器用さ、言い換えれば狡猾さを
持っている人だと思うんですね。向井君は一通り何でも出来る器用な人だとは
思いますけども、良くも悪くもそこまでの狡猾さは持っていないよな、という印象です。
あくまで私が思うに、ですけども。

そして私が思うに、というのを繰り返していると読んでてもうざいでしょうから
以下省略しますが、向井君は基本的にものすごく素直な人だと思っています。
素直だから、つまりは欲望に対しても素直といいますか。
例えば、売れたい!、とか、キャーキャー言われたい!とか、そういうことに対して
あんまり隠す気はないよね、と。
そしてこれは私が向井君を評価している部分でもありますし単純に好きなところでも
あるんですが、彼はこうしたいということに対してきちんと行動を取れる人なんだよなと。
売れたい、じゃあ売れるにはどうしたらいいか、こうしたらいいんじゃないか、と
考えてそれを実践する、っていう。告白も自分からすると以前何かで言っていましたし
ちゃんと欲しいものは自分で取りに行く人なのだなーと思います。
そしてほんっと私、彼のそういうところ好きなんですよ。

多少話がずれますが、私がものすごい嫌いなタイプの人というのが、
「なんか面白いことないかなー」とか言う人。
ないなら探せ!作れ!とか思うんですよね。
自らは動かなくて、人が何かをしてくれるのを待っている、っていう人が
ほんと苦手でして。
いや、そういう立場にある人ならまだいいんですよ。異性を惹き付けまくる容姿を
持った人だとか、ものすごいお金持ちだとか、それこそ自分が何もしなくても
周囲が何かをしたくなるような何かを持っている人ならまだいいんですが
(例えそれが本人の努力で得られたものではなかったとしても。とはいえ容姿に
関しては元々の作りもさることながら、維持するのには本人の努力が必要なので
置いておくにしても、親が金持ちで、という人に関しては多少差し引いた目で
見てしまうところはありますけどね)、特に何も持っているわけでもない人が
そんなことを言うとほんっとに腹立たしくなるといいますか。
だったら、自分は何もしなくても周囲が何かしらしてくれるような ”持った”人間に
なるか、自らがその場に行くか、適当なところで妥協するか、完全に諦めるか
選択肢としてはそのぐらいに分けられると思うんですけども、そういう人に限って
でもでもだってを繰り返して前にも進もうとしないし現状にも満足しないし、という
感じなんだよなーと。

芸人の世界でもそうですけども、何もせずに黙っていたら売れるわけは
絶対にないのであって、もちろんこうしたら売れる、という絶対の道筋は
誰にも分からないわけですけども(分かったらみんなその道に行くし)、
売れるためには面白いネタを作るとかファンサービスに力を入れるとか
売れている先輩に取り入って仕事のおこぼれを貰うとか偉い社員さんに
取り入って以下同文とか、他にも色々な方法があったりするわけです。
で、向井君という人は、売れたい、じゃあ売れるためにはどうしたらいいか、と
考え、それを一つ一つきちんと実行出来る人だと思うんですね。
その中の一つとして、(売れている)先輩と仲良くする、というのがあるのかな、とか。
とはいえ利用するだけ利用して利用価値がなくなったらぽい、とかいうわけでも
ないとは思いますし、それこそ仕事のおこぼれとかいうよりも先輩のいいところを
吸収しようとか、こうやったら売れるというノウハウを勉強しようとか、
そういう意味合いの方が大きいんじゃないのかなあ、とか私は思うんですけども。
だって、それこそ一発屋のような一瞬売れるだけなら運やタイミングも大きい
でしょうけど、売れ ”続ける” には絶対に何らかの明確な理由があるわけで、
向井君も別に一瞬売れればいいやとかは思っていないでしょうから、
売れ続けるためのノウハウを先輩から盗もうとしている部分もあるんじゃないのかなとか。

欲求に対しても素直な事、そしてそれを実現させるために様々な手段を
講じている事、あとやっぱり見た目が一見いい人そうなところが
腹黒いと言われる所以なのかなあとか思ったりします。
まあ、単純にキャラ設定な部分も大きいとは思いますけどね。

category: パンサー

tb: 0   cm: 4

お誕生日おめでとうございます!  

祝日パンサー尾形貴弘さんお誕生日おめでとうございます!!!!!!

……普段絵文字とか使わないから、まず絵文字の場所を探したのはこの私です。
とりあえず今はビールで乾杯してますよ。
昨日のばちーんんん観に行きまして、33歳尾形君を見てきました。
帰り、出待ちの光景も見たんですけども(私は行ってないですが)、プレゼントも
たくさん貰っていたみたいです。さすが人気だなー。
この一年が、尾形君にとって、パンサーにとってますます飛躍の年になるよう
お祈りしています。
ルミネの単独も近いですし、色々楽しみですねー。

誕生日という事で取り急ぎの更新でした。

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

ほとんど分かっていないのにエリートヤンキーについて書いてみる  

本日はばちーんんんLiveに行ってきました。ご覧になった方はご存じと思いますが
ネタもコーナーもトークもすっごい面白くて大満足でしたよ。
コーナーは面白い時とそうでない時の差が激しいんですけど、今日はほんと当たりでした。
もうすっごい笑いましたよ。
パンサーのネタも面白かったなー。久し振りのプレステ6でしたね。
前回、ここ最近のパンサーはネタの流れが良くないというようなことを書いたんですが
今回はすごいいい感じだったなーと思います。
正直、今日観るまでは『単独大丈夫かこれ』とか思っていたんですが、
安心して5月1日を迎えられそうで楽しみです。
あ、ただ一つ気になったところ。菅さんが手土産を持って来ていましたけども、
袋の中に何でもいいから入れておけばいいのに、と。
空なのが見て分かるので気になったんですよね。別に本当にお菓子じゃなくてもいいので
適当に楽屋にある雑誌数冊入れるだけでも見た目違うと思うんだけどなー。


今までも、分からない分からないと言いながらジャングルポケットやライスについて書いたり
していましたけども、本日はそれ以上に分かっていないエリートヤンキーについて。
エリヤンについて、といっても単なる私の感想といいますか。

今日、ばちーんんんでエリヤンのネタを見て、改めて私みのちゃんのツッコミ好きだわー、と
思ったりしました。前にもちらっと書きましたが、元々正統派ツッコミより変化球ツッコミの
方が好きなんですね。なので、ツッコミだけで言うとみのちゃんは2番目に好きだったり。
ちなみに1番は南海キャンディーズの山里さん。
ただ今までは山ちゃんがぶっちぎりで1位だったんですけども、最近はみのちゃんが
ものすごい勢いで追い上げている、という感じです。
「ざわざわしない」「ざわです!」とかめちゃめちゃ笑ったなあ、今日。

そして相方の西島さんですけども、ほんっとに楽しそうにネタやるよなあ、と。
みのちゃんの一挙一動に対してすっごい笑いますからね。
この人は本当にエリートヤンキーというコンビが、橘実というツッコミが好きなんだろうなと
思います。
多分、すごい仲がいいかとかいうと全然そんなことはないと思うんですね。多分ですが。
例えば楽屋で談笑したりとか、休日一緒に買い物に行ったりとかというのは
一切想像出来ないんですけども(万が一していたらごめんなさい)、
ただ、その仲がいい悪いとかいうこととは全く別次元で、エリヤンの、というか
エリヤンのツッコミみのちゃんの一番のファンはにしじなんじゃないかと思っています。
これは先日ブレーメンの「道」を観た時にも感じたんですよね。多分、いやきっと、
ブレーメンというコンビの一番のファンは岡部さんだったんだろうな、と。
それってすごい幸せな事だよなと思います。自分らの作るものが一番好き、というのは
(まあ、だからこそ志半ばで終わってしまうのは本当に残念ですし悲しい訳ですけども)。

今日の企画コーナーにエリヤンが出ていましたけども、それを見ていても感じたのが
にしじはやっぱり頭がいいなあ、と。
また無茶ぶりが上手いんですよねあの人。
無茶ぶりって、本当に出来ない事を言ってしまうと結局出来ませんでした、となって
白けてしまいますし、逆に簡単な事を指示すればそれはそれで白けますし。
と考えると、ギリギリ出来る辺りを見極めて振らないといけないわけなんですけども、
にしじはその辺りの判断が上手いなあ、と。
エリヤンのネタもにしじが書いているわけなんですけども、ネタ中のみのちゃんへの
無茶ぶりね(笑)。これでもか!というくらい振ってくるよなーと思います。そしてそれに
ちゃんと応えるみのちゃんの変化球ツッコミ能力がまた素晴らしいなと。
あ、ネタはにしじが書いているそうなんですけども(ばーいWikipedia)、個人的には
ベースをにしじが作って、ツッコミ部分はみのちゃんにお任せ、とかなんじゃないかと
勝手に想像したりしていますがどうなんでしょうかエリヤンファンの方、って
こんなパンサーだジャンポケだって書いているようなブログ読むかね。

あー、にしじといえば。彼を最初にすごいなと認識したのは、昨年9月22日の
パンサーのシチサンでした。Not11、という企画で、1位から10位を当てればOKだけど
11位を開けた時点で終了、というもの。
皆、これが1位じゃないかとかこれは危ないとか話し合いをしていたんですが、
その中でも的確なコメントを残している人がいたんですよ。
で、『この眼鏡の人すごいなー頭いいなー』と思っていたんですが、よくよく考えたら
あれにしじだよ、と。
すみませんその時エリヤンはみのちゃんしか認識していませんでした……。
だってみのちゃんのツッコミが私のツボすぎたんだもの。

みのちゃんに関しては初めてネタを見た時、いつだったかなー昨年6月か7月のAGEAGE
だったと思うんですけども。遠足のネタで、みんなでお弁当を食べるというくだり。
にしじに、どのくらいのレベルの弁当がいいんだよ、と訊かれ、ちらっと右を見て
「山田(貧乏設定)の2ランク上だよ」と、ぼそぼそっと言ったあれがすっごいツボで、
このツッコミの人めちゃめちゃ面白いじゃーん!となりまして、まあ現在に至る、と。
正直、エリヤンに関してはみのちゃんのツッコミをものすごい評価しているわけなんですけども、
あのツッコミを引き出しているのがにしじの絶妙なフリなんだよなーとか思ったりします。

出待ちしたり手紙を書いたり、という程のパワーはないんですが、握手会とかあったら
ちょっと行ってみたいかも。仕事でギャラが発生しているという方がこっちも気楽ですし。
ぜひね、みのちゃんにそのツッコミが好きだと一度告げたいんですよね。
でもなー、どうなんだろう、例えば「橘さんのツッコミが大好きなんです!」とか言ったら。
嬉しいのか、はたまた『こいつ何言ってんだ』になるのか。
別に上から目線なつもりは全くないんですけども。引かれたら嫌だなー。
いやでも自分の仕事について褒められているんだから嬉しい、よな、多分。
とはいえ平日だと行けないので、休日にあれば、という感じです。
そう考えるといつになることやら、という気はしますが。
そしてにしじには何を言えばいいんだろうという気もしますが。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

ロザンのトークの感想をちょこっとだけ  

昨日はロザンのトークに行ってきました。楽しかった!
その前日から友達が来ていたので土曜日は飲みに行ってきましたよ。
そして色々語りまくりましたよ。そちらも楽しかったなー。
ライブってそれ自体もだけど、その前後も楽しかったりするよね。

ロザンのトークですが、毎回ゲストが来るんで誰かなーとか思っていたんですが
全然発表にならないので、よしプリの人にツイッターで訊いてみたら
「POISONGIRLBANDとものいいの2組です」というお返事が。
で、返信を頂けたのでお礼を言ったらそれに対してのリプライが返ってきて
ものすごい丁寧だなーとちょっと感動でした。

さて、感想をちょこっと。ロザンに関してはあちこちにレポ上がるからレポはいいかーという
スタンスです(笑)。終わった直後からツイッターにも結構上がっていましたし。

最初に話したのが「Yahoo!知恵袋」の話でして、これ菅ちゃんが「Yahoo!知恵袋の話
しよか」と言い出したのがきっかけだったんですけども、まあこっちとしては『?』という
感じですよ。でも宇治原さんは即座に分かって、「あのベストアンサーは俺ちゃうからな!」と。
そうです、京大入試カンニング事件の話です。
ただ、あれから2カ月近く経っている上に、「カンニングの話」ではなく「知恵袋の話」で
即座に分かる宇治原さんがすげえ、と。これが連日話題になっていた頃なら分かるんですけどね。
きっと、当時楽屋とかでこれについて相当話をしたのではないかと思います。
あ、ちなみにトークは行き当たりばったりといいますか、事前に打ち合わせとかは
していないそうなので、だから余計にこれで分かるのだなあ、と。
しかも、もっとすごかったのがその先。
あのベストアンサーに選ばれていた答えは全然ベストアンサーではない、と宇治原さんが
言い出したんですね。確かに、翻訳ソフトにぶっこんだだけの訳っぽいというのは
聞いてはいたんですけども、具体的に説明し出しまして。
「英語っていうのは主語、動詞があってあと色々付け足すねんけども、日本語を
そのまま英語に置き換えてるような感じやったから、動詞が2つあったりすんねん」と。
(話し言葉に関しては、まあ大体こんな感じだったなー程度に読んで下さい)
で菅ちゃんも「どういうこと? 私は歩いた走った、みたいなこと?」と訊いたらそうだと。
なので、英語に関してはあのベストアンサーをそのまま写したら0点だったらしいです。
全然英語としての体をなしていない、と。
そして数学。京大の入試ですが、数学は全部で5問あるそうで、宇治原さんによると
「そのうちの2問は絶対解けなあかんねん。で3問解いたら(数学に関しては)受かんねん」
つまり5問全部解けなくても大丈夫なのだと。ただ、
「問3ってのは絶対解けなあかん問題やねん。でもそれを投稿してんねん」

あのですね、これ会場にいた時は、あーそうなんだー宇治原さんやっぱさすがだなーとか
思いながら聞いていたんですけども、よくよく考えたらいやちょっと待て、と。
これ芸人のトークライブですよ。でカンニング問題の話が出るのはまあいいとして、
「これこれこういう理由だからあの回答はおかしい」とか、「投稿するのにあの問題を
チョイスするのは間違っている」とか(あ、もちろんカンニングはよくないというのは大前提で)
いう話が聞けるというこの状況ね!(笑)。
他のどの芸人のトークライブに行ってこんな話が聞けますか、という。
もちろん宇治原さんだけでなく、菅ちゃんの分かり易い置き換えであるとか、あと
笑いへの持って行き方とかも凄くて、こういう話をエンターテイメント化しているのが
菅ちゃんなわけなんですけども。
どっぷり両足どころか体中浸かってロザンばかり見ていた頃はそれが当たり前
だったんですが、今色々な芸人さんを見た上でロザンを改めて見ると、
なんていうかもう、この人達なんやねん!という気分にすらなります(笑)。
オンリーワンにも程があるだろうと。

そしてカンニング問題自体にも触れ、カンニングというのはやるかやらないかであり
皆(それこそネットに投稿して答えを得るなんていう方法は)数年前から気付いては
いたけれどあえてやらないのだとも言っていました。
ここで宇治原さんは「プライドの問題」と言いまして、菅ちゃんは野菜の無人販売を
例えに出して「モラルの問題やな」と言っていたのがなんとも興味深かったです。
着地点は一緒なんですけどね。カンニングなんてしたら頑張ったことが無駄になると
考える宇治原さんと、カンニングなんてしたらみっともないと考える菅ちゃんの違い
かなー、とか。なんとなく。
このカンニング問題に関しましては私もちょっと言いたい事があるのでそのうち
別記事で書きたいと思います。タイミングを失ったままここまで来てしまったんですが
トークで触れてくれたという事で。

それにしても。毎日新聞を何紙も読んで、そして「入試問題が(新聞に)載ったら確認する」
というのもすごいことだよなあ。あ、宇治原さんね。
あの方京都大学出身ですけども、現役合格しているので入試の経験としては
それこそ17年前に1回とかそんなな訳ですよ。20年近く前のことなんですよね。
なのにごく普通に「京大の入試は~」とか言えたりとか、英文の回答を見て
これこれこうだから間違っていると指摘出来るとか、よくよく考えたら本当に
凄い事なんですけども、それも日々の努力あっての事なんだよなあ、とか。
あ、以前ロザンがドレミファドン(の特番)に出た時に、宇治原さんがイントロクイズで
アニソンとかバンバン答えてネット上でちょっとした祭りになったことがあったんですけども、
あれも予習のたまものですからね。
ファンではない人は、えっと思うかもしれないですが、イントロクイズのために普段は聴かない
アニソンとか聴いて勉強して挑む人ですんで。だから普段のクイズ番組でもあれだけ
答えられるんだよなーとか改めて思う次第なんですけども。

ロザンのトークライブに行くのは久し振りだったんですけども、面白かったです。
上記のような興味深い話も聞けましたし。

category: ロザン

tb: 0   cm: 0

そして今更「花曇」の感想を書いてみる  

タイミングを逃して延び延びになっていた『花曇』の感想を今更ながらこそっと
書いてみようと思います。
このお芝居に関しましては、特に誰が見たいとかいうのはなくて
(いや出演者の皆さん好きですけども)、前に神保町に行った時に貰ったチラシを見て
あー面白そうー、と思ってチケットを取ったんでした。
実際、すごい面白かったです。
ということで軽く感想。

神保町花月ブログにあらすじが載っていますので、未見の方はまずそちらをどうぞ。
そして出演者。神保町のスケジュールからコピペ&一部追記。
ゆったり感(江崎・中村)/エリートヤンキー(橘・西島)/かたつむり林/
インポッシブル(蛭川・井元)/マヂカルラブリー(野田・村上)/マシンガンデニーロ・松崎

話の最初に雅夫(林)が亡くなった、と聞いた時は、『まさか「お疲れ武山」の再来!?』
とか思ってびっくりしたんですけども、そんなこともなく(笑)、幽霊としてずっと出ていました。
またねー、この幽霊姿が全身白のスーツなんですけども似合っていて。
すらっとしていてかっこ良かったです。神保町ブログの写真だとあまりその辺りが
分からない感じなので、舞台写真出たらぜひチェックしてみて下さい。かっこいいから。
で、メインとしては悟(江崎)と雅夫と香織(松崎)の3人の話なんですけども、
脇を固める面々がまた個性派揃いで素晴らしかったです。
悟の幼馴染2人も良かったんですけども、胡散臭い音楽プロデューサーのマイケル(橘)が
もうね!みのちゃんめっちゃ楽しそうじゃん、というのが伝わってきまして。
ぜひ神保町ブログに載っている写真を見ていただきたいんですけども、あれですよ(笑)。
あの人がちょこまかと舞台上を動くんですよ(笑)。
それにしてもあの服を着こなせる人ってそういないよなー、と考えるとみのちゃんってすげえ。

香織に歌手デビューの話が舞い込んで来て、とはいえそんな見るからに怪しい(笑)
プロデューサーなので皆騙されているんじゃないかと思いつつ、お互いがお互いを
気遣うあまりに言えないまま、香織がそのプロデューサーに100万を払っている事を
悟が知る、というシリアスな展開に。
香織も薄々嘘だとは感じながらも、CDデビューは雅夫との約束だから、と言うんですよね。
で、そんな香織のCDデビューを雅夫が止めようとするんですけども、その手伝いとして
ゴンゾウ(中村)とボーヨミ(西島)の2人の幽霊が来るんですよ。
そしてその時はこの2人は ”雅夫の知り合い” という話だったんですね。
でもって。
何の流れかはちょっと忘れてしまったんですけども、ゴンゾウが香織の事を
「お姉さん」と言うくだりがありまして、私思いっきりそこに引っかかったんですよ。
なんでかといえば、悟にとっての香織は姉だけども、雅夫にとっての香織は妻だから。
なので、雅夫の知り合いということは雅夫視点で物を見るのが普通ですから、
この場合は「お姉さん」ではなく「奥さん」と呼ぶのが正解だろうと。
とはいえこれがもしミスならば、初日ならいざ知らずこんな何日も経って
気付かないのはおかしくないか?、という疑問も持ちながら芝居を観ていた訳です。
というのをとりあえず頭の隅に置いておいていただけるとありがたいです。

CDデビューのために胡散臭いプロデューサーが持って来た曲がそれはもうふざけたもので、
どうせ歌うならちゃんとしたものを、と思った雅夫が、生前途中まで作っていた歌があって
それが引き出しに入っている、と悟に告げまして、その曲を演奏する事になるんですね。
その昔、悟、雅夫、近藤と森野(幼馴染の2人ね)、そして香織でバンドを組んでいて、
今回は雅夫抜きで演奏する、ということに。
雅夫も幽霊ではありながら曲の続きを作っていました。
そしてCDデビューというのは嘘だというのが発覚するんですけども、せっかくだから
歌おうということになって皆で歌う事に。
それは劇中で披露されました。

神保町ブログのあらすじではばっさりカットされているんですけども、悟は実は
東京で暴力団に入っていて、抗争で相手の組員を殺して銃を奪ったという経緯があって
(但し、その相手は実は死んではいなかったと後で判明します。ゴンゾウの台詞で)、
今回10年ぶりに実家に戻ってきたのは死ぬ(自殺ね)前最後に皆の顔を見ておこうと
いう気持ちから、だったのですね(はっきりとは語られませんでしたが)。
で、胡散臭いプロデューサー達を奪った銃で一度追い払ったのですが、
実はプロデューサー達というのはその相手の組の人間で、銃に見覚えがある、それは
うちの組から盗られたものだ、と悟に詰め寄って来たんですよ。
で、悟が殺されかけるんですが、ボーヨミが助ける、と。
そして悟が気付くんですね。ボーヨミは、実は飼っていた犬(ベス)だった、と。
このボーヨミなんですけども、最初に名前を訊いたら「覚えてない」と言いまして、
しかもセリフが全部棒読みなんですよ。なので「ボーヨミでいいじゃん」となりまして
そう呼ばれるようになったんですね。
なんですが、にしじってエリヤンのネタを見ている限りではそんな演技下手じゃないから
この棒読みもあえてのことなんだろうなあとか思っていたら、実は犬だった、と。
もうね、この展開にはうわあー!と思いましたよ。
神保町ブログの写真を見ていただけると分かるんですけども、裸に白の毛皮まで
いかないけどちょっともこもこした感じの服を着ていて、首に布を巻いているんですね。
あれ首輪だったのか!と。
で、ごめんなさい話が前後するんですが、ゴンゾウが実は悟の父親だった、というのも
その前に分かるんですよ。でそれ知った時、だから「奥さん」じゃなくて「お姉さん」
だったのかー!と。
そこに気付いた時はほんと痺れました。まさかあのセリフがこう繋がるとは。
2人(というか1人と1匹)に助けられ、また生きる決意をした悟、という流れが良かったです。

カーテンコールでちょっとフリートークがありまして、その中で林さんが
「松崎さんの歌が下手すぎる」と言い出しまして(笑)。
いや、下手ではないとは思うんですよ。私が聴いた限りでは。
ただその、上手いかと訊かれると、あのー、ですね。うん。
なんていうか、どちらにも弄れない程度の歌唱力といいますか。
ただそれが、まあそりゃCDデビューは無理だよね、という妙な説得力に繋がっていたのは
紛れもない事実だったとは思います。

泣きそうになったりもしましたし、実際すごい面白かったです。
私の説明があれなのであんまり伝わっていないかもしれないですが。
その辺りはほんとごめんなさい。
機会があったらもう一度観たいなー。気付かなかった伏線とかまだまだありそうですし。

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

「趣味人」のレポを今更だけど書いてみた  

昨日のばちーんんんはロザンMCでジャングルポケットも出ていたわけなんですが、
ロザンファンの間でジャンポケの評価が高くなっているのがなんとも嬉しいです。
前々回(だったかな)のコーナー、クレーム処理での太田の見事な処理ぶりとか
今回のSEドラマで魅せた、音を超える斉藤の演技とか。
ネタの時も盛り上がっていたしなー。嬉しい限りです。

あ、ばちーんんんといえば、ここ数回、パンサーのコントがどうも流れ良くない気がして
ちょっと気になっていたりします。最初は、あー菅さん戻ってきたばっかだからねー、とか
思っていたんですけども、いやそろそろ、という気分。
このままだと単独が心配になるので早く調子を取り戻して欲しいです。
そうそう、単独といえばジャンポケのルミネ単独完売したんですね。
DVD収録ライブなのに完売しなくてどうしようと思っているとかさんざん言っていましたけども。
私も行くんで楽しみです。
立て続けにジャンポケとパンサーの単独が観られるとか贅沢なGWだなー。


でもって、「パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』」に行ってきました。
えーっと、19日。
まあ結構時間が経っているので忘れている部分も多いんですが、思い出しつつ
書いていこうかと思います。
あくまで記憶に頼っていますし、私にはこう見えた、というレポなんでひとつ。
ただ、明らかな間違いに関してはこっそり指摘していただけるとありがたいです。

まずは出演者を神保町花月のスケジュールからコピペ。
パンサー・菅/ライス・田所/ジューシーズ・松橋/ニブンノゴ!・宮地/LLR・福田/
井下好井・好井/バース・近藤/トンファー・小浜/ジャングルポケット・太田

最初にメインの3人が登場。進行は(松橋)しゅうたのようで、まずざっとこのライブの説明。
「しゅみじん、と書いて、しゅみんちゅ、って読むんですよー」
と言ったら他の2人がわざとらしく(笑)、「そうだったんですか!」と。
いやいやこの名前付けたの田所さんでしょ、としゅうた。そうだったのか。
あ、(田所)仁君ですが、『趣味人』のロゴも作ったりしていました。フリップに
あったんですけども後ろの席だったので良く見えず。残念。
で、それぞれの趣味の話をして、興味を持ったらぜひやってみて下さい、と。
ところでこのライブですが伝達不足(?)か何かで、「ほんとは90分っていう予定だったん
ですけど」としゅうた。もしかしたらちょっと延びるかもしれない、という説明の後で、
「終電とかある人は途中で帰っちゃって大丈夫なんで。後でこういう話だったよーって
メールしときますから」
ちょっっ、しゅうたからメール来るんだったら帰ろうかな(笑)、とか思ったのは
ここだけの話です。
で、趣味人メルマガとか、という話でしばし盛り上がる3人。
あーでも楽しそうだなー趣味人メルマガ。このライブの最後に、趣味にちなんだ色々な
資格を取ろう、という企画があるという話が出たんですけども、今日はこのくらい勉強
しましたー、とか、受験に行きましたー、とかあったら楽しそうだなあと。

そして他の出演者を呼び込んで1人ずつ紹介。
後輩から紹介していきまして、皆「君」付けで言っていったからか、つい先輩相手に
「ニブンノゴ!の宮地君」と言ってしまうしゅうた(笑)。
とはいえ、このライブは先輩後輩関係なく君付けでいくようなものにしたい、とか。
と言いながら最後はちゃんと「LLRの福田さん」と言っていました(笑)。

そしてプレゼン開始。とはいえ趣味の話だと皆ノってきてしまうので、1人5分の持ち時間で
時間になったら音が鳴る、と。でもそこでばしっと切らなくてもいいよ、という
「ごきげんよう」方式でスタート。
なんですが、SE(効果音)もちょっと変わっていまして、普通なら
フリップを出す時の音は ”ジャン” だったりしますけども、なぜか動物の鳴き声(笑)。
こういうところも工夫していきたいらしいです(笑)。
あ、披露した順番はうろ覚えです。

★ジューシーズ松橋「プラネタリウム」★
プラネタリウムが好きだというしゅうた。東京でもあちこちにあるということで、
こことこことここ、と地名を上げてくれました。まあ詳しくはこちらなど参照して下さい。
で、初心者におススメなのが池袋。ここはチャンネル(プラネタリウムの番組)が3つ
あるそうです。他は大体1つなんだとか。
で、色んな星座の解説などしてくれるそうなんですけども、その声を有名人が
担当したりとか、歌手が来て生歌を披露する中に星座を見るとか、
色々なプランがあるらしいです。
で、MONKEY MAJIKのヴォーカル(カナダ人)の方も星座の解説をしてくれた
らしいんですが、なにしろカナダ人なので日本語がカタコトっていう(笑)。
それ解説としてはだめじゃん、というツッコミも入ったんですが、和むらしいですよ。
まああれだ、詳細は公式サイトをご覧ください。
で、よくプラネタリウムって寝ちゃうから嫌だ、という人がいるけども、「寝ていいんです!」と
力説するしゅうた。なんでもプラネタリウムで流れている音楽というのは重低音が効いている
らしく、いびきを目立たなくする効果もあるとか。
「僕もよく寝ます」としゅうた。一斉にツッコミが入っていましたよ(笑)。
で、いや寝るのは勿体ない、というのなら六本木に行って下さい、と。
なんでも六本木だと歩いて見るシステムになっているそうで、確かにそれは寝れないわ。
そして詳細はやっぱり公式サイトを見てね、ということで。ちなみに期間限定のようです。
調べたら昨日からやっていました。GW前に、ってことなんでしょうねー。
まあそれはいいや。で、歩いて見られることの利点として、本来なら一方向からしか
見られない星座を全方向から見られる、と。
しかも、星座(というか星か)は日々移動を重ねているので1万年後とかは
全く違う形になっているということで、それも見られるそうです。
なので、オリオン座の形というのはオリオンが剣を持っている、という形なのですけども
1万年後にはその剣が全然別の方向を向いていることになる、ということで
しゅうたが実演してくれました(笑)。
これちょっと文章で説明し辛いんですけども、斜め後ろに手を伸ばしてこんな感じ、と。
ざっとの説明でこれだけになったことからも分かっていただけると思うんですけども、
持ち時間5分はあっさりと越えていました(笑)。1人目で既に。

★ライス田所「UMA(未確認生物)」★
仁君が「UMA」と書かれたフリップを出した時に客席の一部から「ああー」という声が
出ていたんですが、ライスファンの間では仁君のこれは有名なのでしょうか。
で、「馬?」とか訊かれ、「ユーエムエーです。アン……□△※○■◇▼※◆●※◇」
そこはちゃんと言えなきゃダメじゃん、と思いっきり突っ込まれていました(笑)。
ちなみにUMAですが、「Unidentified Mysterious Animal」の略です(ぐぐった)。
だってよー仁君(こんなところ見てません)。
で、UMAの一例として「○○とか□□とか~」と流暢に説明するんですけど、
「その○○が分かんないから!」と突っ込まれまくっていました。
私も全く詳しくないので、困った時のWikipediaに丸投げ。
で、今回はその中でもツチノコについて。
まずはツチノコの名前の由来。なんとなく、「土の子」というイメージがあるけれども
実はそうではない、と。「のこ」の方は方言だかなんだかだったかな、そんなに意味は
ないらしいんですが、「つち」の方は「土」ではなくカナヅチとかの「槌」だそうで、
ツチノコの形が、上が大きくて下(というか取っ手に当たるところ)の部分が細いから、
らしいです。
で、実際その絵をホワイトボードに描いてくれたんですけども、なんというかもろ
男性の大事な部分の絵になっていて慌てて止める面々(笑)。
で、ツチノコは懸賞金1億とかかかっていた時もあったんですけども未だ見つかっては
いない……、とされているんですが、実は見つかっているのだと。
でも全然有名な話ではないのはなぜか、というのを仁君が話してくれました。
なんでも、○○さん(名前言っていたけど忘れました)という人がマムシを捕まえようと
罠をしかけていたら、その中に明らかにマムシではない生き物がいた、と。
蛇みたいな感じなんですけど腹が膨れていてそこを支えに立っている生き物だとか。
これはツチノコだ!となったんですけども、でも全然ニュースにもならなかった、なんでかと
言ったら、「食べちゃった、と」
一気にブーイングの起こる舞台(笑)。だって見つけたら1億とか言っているものを食べるか、と。
ただ、その地域はマムシとかも食べるところだったようで、その流れでツチノコも食べたそうです。
味はといえば、「マムシより脂っぽかった」とか(笑)。
どうでもいいよ!とさんざん突っ込まれていました。
で、次に河童の話。□□さんが家に帰ったら、明らかに人間の足跡ではない跡が
床についていて、しかもほんのり湿っていてねばねばしていた、と。
で警察を呼んで調べてもらったものの、何も盗られていなかったということで
捜査は打ち切りになってしまったんですが、気になったので足跡を辿ってみたら、
なんと風呂場に直行していた、と。
つまり頭が乾いたから水を貰う為に家に侵入したんではないか、という話でした。
でこの時誰かが、そういえば神社とかに河童のミイラがあったりするよね、と
話し出したんですけども、「いやそれは作りものの可能性が高いから」と仁君。
なんでツチノコ食べたとかいう○○さんは信用してそっちは信用しないんだよ!と
誰だっけなー多分太田だったと思うんですけども、に突っ込まれていました。

★パンサー菅「仮面ライダー電王」★
「これ趣味かどうかよく分からないんですけども」と菅さんは言っていたんですが、
「フリップ見えたけど充分趣味だよ」と福田に言われ、じゃあと安心して(?)披露していました。
で、こんな話だよーと説明してくれたんですけども、私一度も電王見てないので、と
いうことでやっぱり公式サイトに丸投げ。
まあ、しかしながらそれもなんなので軽く説明しますと、未来からの侵略者が過去に
飛んで過去を変え未来を捻じ曲げようとしていまして、それと戦う、というストーリーだ
そうです、って自分で書いてても分かり辛っ。
いやごめんなさいこれに関してはもうほんとに公式サイト見て下さい。
で、主人公が佐藤健君なんですけども、彼が色々なイマジン(媒体、と説明していました)に
憑依され、本当は弱いんですけども憑依されると強くなって戦える、という設定だとか。
しかもそのイマジンなんですけども数人いるようで、桃太郎がモチーフだったらモモタロス、
浦島太郎だったらウラタロス、なんですけども、それぞれ全く性格が違うという事で
憑依されると主人公の健君の性格も変わるそうなんですが、見事に演じ切っていたとか。
で、仮面ライダーといえば敵陣までバイクで移動、が普通なんですけども、バイクだと
子供が乗れないという理由からか、なんと今回は電車で移動する、と。
でもライダーと銘打っているだけにバイクは外せないということで、電車の運転席に
バイクが備え付けてあって、そこに乗って移動、らしいです。
で、その電車って乗客とかいないの?と訊かれて、イマジンは乗っている、と。
すごい面白いらしいんですけども、視聴率は相当悪かったみたいです。
でも映画化されたりもしているんですよね。
なんだろう、あれですかね、甥っ子さん(けんしん君)と見ていたりしたんですかねー。
とか想像して和みつつ聞いていたりしました。

★バース近藤「デートコース」★
「僕の趣味はデートコースです!」とフリップを出した瞬間、デートなんかしないじゃん、とか
お前のデートコースって原宿しか知らないよ、というツッコミが入る近ちゃん(笑)。
小浜君が何気にツッコミを入れていて、あーやっぱり元相方だけに色々知っているんだ
ろうなーとか思ったりしました
(※パンサー向井君、近ちゃん、小浜君の3人は以前ブルースタンダードというトリオで活動)。
突っ込まれた近ちゃん、デートはそんなにしないけれど、雑誌などを見てこういうデートコースとか
いいなーと想像するのが楽しい、と。いやでもデートはそんなにしない、と言っていましたけど
近ちゃんってモテるんじゃないのかな、かっこいいですし。
あ、でも寝ていたらいきなり起き上がって、「トングどこ?子供挟むやつ」とか言われたら
確かに嫌だな(笑・「僕らの休み時間」レポ参照)。
そしてデートプラン発表。まず12時に、渋谷のパルコパート3で待ち合わせ、と言ったら
パルコってパート3とかあるの?2までしか知らない、とかガヤが入ったんですけども、
この時点で相当時間が押していたので、進めないと、ということで続き。
で、待ち合わせ。この時点で1日のデートプランはがちがちに決まっているんですが、
「どこ行こうかー」とかノープランを気取りつつ歩く、と。
で、「1時に無限大ホール近くのカフェ」と言ったらまた速攻でツッコミが。
「パルコから無限大って5分ぐらいしかかかんないよ!」と言われ、
「代々木公園とか寄りましょう」と(笑)。いやまあ、デートだから散歩みたいな感じでも
いいとは思いますけどね。
で、カフェでご飯を食べて次は映画……、と言いかけたんですけども、ここでとんでもない
事実が発覚。
「この日、僕ばちーんんんライブがあります!」
なんだよそれ、仕事のない日にデートしろよ、とまたさんざん突っ込まれたんですが、
彼女に芸人の仕事をしている姿を見せたい、ということであえてこの日にしたとか。
で、ライブを見てもらって、そして反省会などあるので6時に再度待ち合わせ。
その後映画、そして「道玄坂に行きます」と。
これ東京在住ではない人はピンと来ないと思うんですが、道玄坂(円山町)は
ラブホテル街としても有名なところです。もちろんそれだけではないですけども。
で、道玄坂!?、という感じになりますけど、なんでもここには安くて美味しい店が
あるということで、お金がそんなになくても彼女に奢れる、と。
とはいえご飯の後は「各自にお任せ」らしいです(笑)。
ただでもこのデート、何回目くらいを想定しているんだろう、と。
最終的に道玄坂行ってお任せ、とかなっているくらいなのでそれなりに付き合っている
設定なんでしょうか。いやもし最初のデートで「今から俺仕事なんだ」とか言われたら
ええー、とか思われるんじゃないのかなあ、とね。
でも付き合う相手は芸人近ちゃんが好きだからいいのか、とか考えて、ものっすごい
余計な心配だったことに気付きました(笑)。

★ニブンノゴ!宮地「ダイエット」★
ジムに通っている、ということでダイエット話。このエクササイズをやれば半年で
3、4キロは痩せる、と言った途端客席の食いつきぶりが一気に(笑)。もちろん私も
ものっすごい食いつきましたよ。
エクササイズのやり方はちょっと文章で説明し辛いんですが、
立って体を90度曲げ、その状態で片足を上げて(つまりTの形になるように)、
その状態で膝の曲げ伸ばしをする、と。
なんでも背骨周りの脂肪は燃焼しやすいらしく、そしてバランス感覚をつかさどるのが
その背骨周り、だったかな。違ったらすみません。とにかくそこが燃焼しやすいと
いうことで、そこを重点的に燃やすといいとかいう話でした。
そしてやり方を説明するにあたって太田を指名したんですが、太田も、そして宮地さんも
上半身裸になっての実演。
ムキムキな2人がエクササイズ、というなかなか見応えのある回でした(笑)。
そういえば食べ物についても多少言及していたのですが、炭水化物は太るというけれど
パスタならエネルギーになるからあまり太らないとか(とはいえクリームソースだと
カロリーが高いのでトマトソースか海の幸系がいいらしいです)。
で、その話の時に、「太るから炭水化物は食べないって言うでしょ。白米とか……」と
宮地さんが言い出したら「白米って」とツッコミが入りまして、「ライスとか」と
言い直したんですけども、自然と皆の目線が仁君に向かっていました(笑)。

★LLR福田「ボートレース」★
この辺りから時間がないからということで巻きが入りまして、とはいえ5分はオーバーして
いましたけども。
で福田はボートレース。これ以前は「競艇」と言っていましたけども、今は「ボートレース」に
なった、と。なんでも昔は「ボートレース」だったのが「競艇」になってまた変わった、との
ことでした。
ボートレースはボートを操作(運転か)する人のテクニックが重要、ということで
選手には色々なあだ名がついているから、本日はそのニックネームを紹介、ということでした。
まず最初は普通の。「Mr.競艇」とか(野球でいうところの長嶋さんに当たる人な模様)、
「皇艇」とか「グレートマザー」とか「艇界の貴公子」などなど。
そしてその後。これがまず普通の、だけども今度は2ちゃんでどう呼ばれているか(笑)。
大事なところでヘマをする濱野谷選手が「ヘマノヤ」だったりとか、電子機器は持って乗っては
いけないのにうっかりザウルスを持って来て没収させた選手は「ザウルス」とか、
「たった一度の失敗をいつまでも言われるんじゃないですか」(by太田)
色々あだ名を紹介してくれて面白かったんですが、私はボートレース全く無知なんで
がっつり忘れましたすみません。検索してもあんまり出てこないしなー。
ただ、選手に注目して見たら面白い、というのは伝わりました。

★トンファー小浜「ボクシング」★
ボクシングか好きということで、マニー・パッキャオの名前を出しましたら一気に食いつく
太田。さすが格闘技系は詳しいなあ。
で、もうとにかくこの人がすごい、と。ボクシングは12階級あり、日本人だと亀田の3階級制覇が
最高なんですけども、この人はなんと6階級制覇。しかも飛び飛びだから全部取っていたら
9階級制覇していたことになる、と。
そして太田は柔道60kg級だった、という話を受けて、その状況で無差別級に勝てるか?
と訊いたら速攻で「勝てない」と。私は全然詳しくないので、話を聞いていてもあーすごいんだ
ろうなーくらいしか分からなかったんですが、実際競技をやっていたひとからしたら
本当に凄い事だと分かるんだろうなとか思った次第です。
フィリピンの人なんですけども、フィリピンでは本当にものっすごい英雄でして、
アメリカでボクシングをやっていた時、フィリピンでは内戦が絶えなかったのにパッキャオの
試合の時だけは内戦が止まるとか、選挙に出馬した時も当選したらボクシングが見られなくなる
ということで1票も入らなかったとか、ものすごい逸話の持ち主だとか。ちなみに2度目の出馬で
ボクシングもやる、と公言したら今度は当選したそうです。
動画サイトにパッキャオの試合が上がっているんですが、パンチを出す手が速すぎて
本当に線のように見える、と太田も言っていました。太田は小浜君から話を聞いて色々
見たそうです。
そして私はあんまり詳しくないので、やっぱりWikipediaに丸投げ。

★井下好井 好井「ファッション」★
とにかくファッションが好きだという好井。とはいえ芸人が集まるライブとかでは全力を
出してオシャレすると色々弄られるので抑えている、と。
「抑えつけないとオシャレしてしまうねん!」
だ、そうです(笑)。
なので次回は全力のオシャレで趣味人に参加するらしいですよ。好井ファン必見!か?(笑)。

でもなんとなく分かるなあ、とか思ったり。いや私の場合はオシャレではなくて例えば
パンサーの事であるとかジャンポケであるとか。
「抑えつけないと語ってまうねん!」(笑)。
普段のブログですが、これでも抑えているんですよ。やっぱり不特定多数が見られる
ところにあるわけですし、文字だけだから気も遣いますし。
あーやっぱパンサー飲み会とかしたいなー。思う存分語りたい。ものっすごい語りたい。
誰かやりませんか?……って、もし私がこれを読んでいる側だったら、絶対にこいつとは
飲み行きたくないわ、って思うだろうな(笑)。

★ジャングルポケット太田「人間観察」★
最後は太田。時間もないということでさらっとやります、と。
「人間観察」とフリップを出した時、ああそうだろうなーとか思ったりしました。太田っぽいと
いいますか。
これを趣味に持って来る辺りがなー。まあこの辺りは別記事で。
で、なんかオシャレなレストランとかでチェロ弾いているような女性を見て、
実は家では小さな兄弟がいっぱいで「ごめんねーもうすぐご飯出来るからねー」とか
言いながらフライパン動かしてたりするんじゃないか、という想像をするとか。
で、今回に関しては、街で強い奴を判別する方法。
なんだったかな、坊主頭で黒くて耳が潰れていたら○○大学の柔道部、とか
これこれこうで耳が潰れていたら□□大学の柔道部、とかそういう話。
多分、これその辺りに詳しい人だったら腹抱えて笑うようなレベルなんだろうなー。
改めて、太田の観察眼の凄さを垣間見れました。
そして筋肉の付き方でも分かる、と。例えば宮地さんは綺麗に筋肉が付いているから
これはジムで鍛えたものだ、と判断出来るそうです。というのも、格闘技で付く筋肉と
いうのは機能性重視なのでとにかく汚い、と。
肩ばかりやたら筋肉がついていたりとか、腕ばかり、とか、とにかくバランスが悪い
らしいです。この辺りもああなるほどなー、と。
そして最後に、これこれこんな人が歩いていたら「どっかの大学の柔道部の顧問です」と。
なのでもし彼氏がそういう人に絡まれたらまず敵わないから逃げろ、ということでした。


最初にも書きましたけども、今後は趣味を活かした資格をそれぞれ取るらしいです。
LLRのよしログでも福田がちらっと言っていましたね。
そういやその福田ですけども、ツッコミというか他の人に対する補足説明が秀逸で、
やっぱりこの人頭いいよなーと思った次第です。知識が豊富なんですよね。
そしてこういうライブのレポを書く時は自分の知識も必要だと痛感した次第……。
私が分かっていないから説明も分かり辛くなった部分もあって、それに関しては本当に
申し訳なかったです。日数も経っているから余計に。
ただほんと、どの人のも面白かったです。実際興味湧きましたし。

今回は60分設定だったらしいんですが、終わって時計見たら90分になっていました。
でしゅうたが最後に「次回は90分なんで倍喋れます」と言っていたんですけども、
いやこれの倍やられたら本気で終電間に合わないから!(笑)。3時間て。
ただほんと面白いライブだったんで、そのうちオールナイトでやればいいのに、とか
思ったんですけどね。今の人員でもできそうですが、せっかくなのでゲスト何人か
入れて、とか。
各自好きなだけ語っていいよ、っていうライブ。うわーめっちゃ楽しそうー。
次回行けたらアンケートに書いてみようかな。

category: お笑い

tb: 0   cm: 8

ジャングルポケットの人気について真剣に考える  

今日のばちーんんんLiveのMCはロザンでして、ロー友(ロザン友達の意。Hちゃんのお母さん
命名だが本人は忘れていた模様)Hちゃんが観に行ってたんですね。で帰りに
タクシーに乗って去っていく宇治原さんを見たそうなんですが、そのタクシーが横を
通り過ぎる時に、ジャングルポケット斉藤が帽子を取ってお辞儀していたとか。
それを聞いて、なんていい話だーとちょっと感動すら覚えましたよ。
いい後輩だなあ。

いい話といえば、ブレーメンを解散した岡部さんですが、芸名を「ブレーメン岡部」に
することにした、というブログが今朝更新されていまして、それを読んでまたもや
泣きそうになりましたよ。
2人で積み重ねて来た ”ブレーメン” の名前は残るんだなあ、と。


さて本日はジャングルポケットについて。なんかずーっと考えていたので
せっかくだからここで吐き出しておくか、と。
とはいえ何度も書いてはいますが、私そこまでジャンポケに対して詳しくはないですし、
何より今から書く事は自分の事を棚に上げまくっているのでぶっちゃけちょっと
恥ずかしかったりもするんですが、まあここは開き直って、ということで。
で、本日の話。
「ジャンポケの人気が出るためにはどうしたらいいか」

ただ私に言わせればジャンポケって人気者でしょ、と思うんですけども、本人らは
全くそう思っていないようで、よしログを見ていると毎回「俺ら人気ない」と言っているんですよね。
いやジャンポケで人気ないとか言ってたらさあ、という気分になるんですけども。
この間のばちーんんん後に無限大前を通ったらすごい列が出来ていて、誰だろうと
思ったら斉藤だったし。20人くらい並んでいたんじゃないかな、あれ。
私も並びたかったけど(笑)、次のライブの時間が迫っていたので通りすぎましたが。
ルミネで単独やれるしDVD出せるしテレビのレギュラー持っているのに、とは思いつつ
本人らが「人気ない」と言っているので、以下はそういう体で話を進めます。
でないと先に行けないので。

よしログを見ているとよく、3人ともかっこ良くないから人気がない、というようなことを
言っていたりするんですけども、いやそれはどうなんだろうと思ったり。
もちろん見た目って重要ですよ確かに。そりゃあ顔がいい方がモテるでしょうけど、
ただでも顔が良かったら絶対に人気が出るか、といったらそうでもないわけです。
ばちーんんん見ていても、かっこ良かったら票が入るんであれば、あのコンビとか
あの芸人さんとかもっと上のランクにいてしかるべきだと思いますし、こんなことを
言うのもなんなんですけども、テレビでよく見る、いわゆる売れている芸人さんが
皆かっこ良いかといったらそういうわけでもなかったりしますし。
そもそも見た目の良さを追求するならそれこそジャニーズとかそっちに行くよ、と
思う訳ですよ。ジャニってバラエティ方面も力入れていますし、それこそかっこ良くて
面白い人とかごろごろいますからね。
でもそうではなくてお笑いに来ているということは、お笑いのプロを求めているので
あって、もちろん見た目は大事ですけどもそれが一番ではないと思うんですよね。

で、ちょっと話ずれますけども、かっこ良いとは思うんだよなあ。
斉藤は服に気を遣えば相当見た目の印象変わるでしょうし、武山も肌治したらなー。
武山は元々普通にかっこ良い部類に入っていると思いますし。
太田はあのままでいいと思うんですよね。

話を戻して。
結局、『人気がないのは見た目が良くないからだ』となってしまうとそこで止まって
しまうんですよ。だってそれが理由となった場合、究極はもう整形しかないわけですから。
ただ整形したところで背を伸ばしたりは出来ないですし、出来る事は限られて
いるわけですけども。
なので、見た目のせいにしてしまうとそれ以上どうしようもないわけです。
努力してどうにか、といっても無理がある訳なので。
そうなるとそこで止まってしまう、じゃあ妥協するか諦めるしかないわけなんですが
でも……、となると堂々巡りになってしまうんですよね。

ジャンポケのよしログを見ていると感じるのが、負のオーラが出ているなあ、と。
これ普段は感じないんですよ。ばちーんんんとかトリオ×3とかでは。
あー、シチサンのトークでは微妙にあったかもしれない。でも一番感じるのは
よしログだなあ、と。
基本的に3人しかいない、客前でもない、という状況がそうさせるのかもしれませんが。
悪口が多い、とかいうのも原因のひとつかもしれないです。なんていうか、負のオーラと
いうか、淀んでいる感じがするんですよね。まあ私がそう思う、というだけですけども。
個人的にはそういう負の感じも好きなんですけども、ただ、「朱に交われば赤くなる」と
いうことわざもあるように、雰囲気というのは移るんですよ。なので淀んだ空気を
ずっと見ているとこっちまで淀んでくる、というのはあるかと思います。
結局、何て言うんですか、言葉が悪いかもしれないですが、僻み根性というか、
どーせ俺ら顔良くないから売れねーんだよ、みたいな感じが出ているといいますか、
それが負のオーラになっている、気がします。

そして、こっち側としては笑いを求めて来ているわけで、つまり言い換えれば
楽しい事を求めて来ているわけです。
まあなのでぶっちゃけるともっと明るいオーラのものが見たいんだよ、とね。
とはいえ笑いって突き詰めれば残酷なものではあるし、負の部分で笑いを取ると
いうこともよく行われるわけです。なので別にそういう負の部分を否定すると
いうわけではないんですが、ただ、負のオーラを出すならそれを笑いに変える
くらいしてくれないとなあ、と。
南キャン山ちゃんのラジオのようにね。
いやだって、「俺ら人気ないんだよなー」とぶつぶつ言っている映像を見ていて
楽しいか、という話ですよ。
そういう意味で中途半端なんだよなーと思ったりします。

以前、LLRのよしログで福田が言っていたんですけども、ジャンポケが面白いのに
人気がないという話で、「例えば、俺とジャンポケの3人で誰と遊びに行きたいかって
言ったら俺でしょ。人気ってそういうことだから」みたいなことを言っていたんですね。
その時はあんまりピンと来なかったんですけども(いや遊びに行くなら斉藤と競馬場
行きたいし・笑)、よくよく考えたらなんか分かる気がするなあ、と。
一緒にいて楽しそう、と思わせるか否か、って言われてみれば結構重要かもなーと。
それって結局、見ていて楽しいかどうか、という話にも繋がってきますし。

で、見ていて楽しい、という話についてもちょこっと。
面白いか否か、というのはもちろんネタを見るにあたって一番重要なファクターでは
あるんですけども、それと同時に楽しいか否か、というのも大きいよなーと思います。
面白い、と楽しい、は違いますからね。似て非なるものといいますか。
で、ジャンポケのネタって面白いんですよ。ただ、楽しい気分になるかというと
そこは微妙だなあ、と。
楽しいってどういうことかといえば、私が思うに、ですが、本人らが楽しんで
やっているかどうか、というのが結構大きいんではないのかと思ったりします。
昨日ブレーメンの「道」の配信を見たんですけども、ネタ披露のところで
ほんっとに岡部さんが楽しそうにネタをやっていて、あーこの人ほんとにブレーメンの
ネタが好きなんだなーと思えて、泣くと同時にこちらも楽しい気分になったりしたんですね。
ただ、これまた重要なポイントとしまして、本人らが楽しみすぎると客は置いてきぼりに
なってしまうわけです。やってる方だけ楽しいんじゃん、と醒めた目線になるといいますか。
そのさじ加減は非常に難しいところなんですけども、ただジャンポケに関しては
もう少し楽しくネタやってもいいんじゃないのかな、と思ったりはします。
あれだなー、ジャンポケとジューシーズ足して2で割ったらちょうど良さげ。

そういえば思ったんですけど、太田ってあんまり笑う事がないよなあ、と。
舞台上だけなのかどうなのかは分かりませんが、なんか太田の笑いって
苦笑のイメージが(私は)強いです。
いや全くないわけではないんですけども、誰かの言動に崩れ落ちて笑ったりとか
そういうのってあまり見ないような気がします。
多分ですがストイックで理想が高い人なんだろうな、と。基本的に真面目ですしね。
太田のそういう部分がジャンポケのカラーを作り出している部分もあると思うんですけども
同時に、楽しさが排除されている(ように感じる)部分でもあるのかなあ、とか。
ネタもきっちり作られていて見事な半面、遊びの部分が少ないといいますか。

とここまで書いてきて思うのは、真面目だから遊びの方向にも行けないけれど
負の部分を笑いにも変換し切れていないという、結局どっちつかずな状態なのかなあ、とか。
そのどっちかに針が振り切ったとしても本人らが望むような人気が得られるかは
私には分かりませんが、ただ現状って中途半端な状態なのかなとは思います。
で、どうすればいいのかと考えた時にキーになるのはやっぱり武山じゃないかと。
彼の、いい意味での適当さとか普通っぽさというのは、他2人が濃いキャラな分
ちゃんとそのキャラが確立されれば相当いい対比になると思うのですね。
そして今のジャンポケに足りないと思われる遊び部分を担えるのは彼ではないかと。
ただ、現状として武山という人は太田と斉藤のパワーに負けている部分があるので
そこで対等な立場に立てればなあ、と。
彼のキャラが確立されれば相当ジャンポケにとってプラスになると思うんで、
武山には本当に頑張って欲しいなと思います。
ジャンポケの伸びしろは彼にあると思っていますので。


なんかいつも以上にぐっちゃぐちゃな読み辛い文章で申し訳ないです。
考えていくと訳が分からなくなりまして。難しいわー色々と。

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 6

夢の終わり  

今朝目覚めてまず思ったのが、あーもうブレーメンいないんだ……、でした。
正直なところ、そこまでファンだったか、と訊かれるとそうでもなくて、
解散のうわさを聞いた時も最初に思ったのが、『おがちんショックだろうな』でしたし。
でもただ実際にネタを見た事もあって、パンサーのシチサンにも何度か出ていて、
という人達が解散となると、やっぱり色々大きいなあと思ったりします。

見ホーダイで「道」が配信されていましたので見てみました。
最初の記者会見のところはまあ普通に見られたんですけども(事前にレポ等で
内容知っていたというのもありますが)、ネタの部分でもうダメでした。
だってさー、ほんっとに楽しそうにネタやるんだもの。特に岡部さんが。
ほんとにブレーメンが好きなんだな、2人でやるのが楽しいんだなというのが
感じられて、笑いながら泣きましたよ。
無限大(の舞台)にあれだけ芸人さんが集まったのも初めて見ましたし、
ファンの方からのお花も送られていたようですし、本当に皆に愛されていた
コンビだったのだなあと思います。

ブレーメンの解散自体が本当にショックでしたし悲しかったんですが、
それと同時に、なんというか夢の終わりを見てしまったような気がして
なんとも切ない気持ちになりました。
お笑いって見ていて楽しいじゃないですか。面白いのもありますけども。
見ているだけで気持ちが明るくなるといいますか。
実際、辛い時はお笑いを見て元気を取り戻して、また頑張ろうと思ったりするので。

お笑いってどこか夢の世界だと思うのですね。あ、お笑いだけじゃないか、
アイドルのコンサートとかもそんな感じ。キラキラ輝く夢の世界で、
その中にいて気力ゲージを満タンにしてまた現実と戦う、というか。
もちろん全ての事はいつか終わりが来ますし、日常は簡単に非日常に
なってしまうわけなんですけども、ただでも、もう少し夢を見ていたかったなと。


「花曇」の感想や「趣味人」のレポなど書きたいことはあれど、ちょっと気力が
湧かないので本日はこの辺で。

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

ブレーメンの解散から色々考える。  

まずはロザン宇治原さんお誕生日おめでとうございます!
35歳かー。四捨五入したら40かー。そう考えると妙に感慨深かったり。
今週末がロザンのトークなので、相方さんに何を貰ったか聞けそうで楽しみです。
去年はダイソンの扇風機だったんですよね。
あ、もちろん本物のダイソンですよ。普通の扇風機から羽根を取って持って来て
ドン滑りしたあれとは違いますよ(笑・パンサーのシチサンにて)。
宇治原さんは毎年この時期に体調を崩すので、とにかく元気でいてくれたら
いいなあと思います。
あと全国ネットでのコンビの仕事が増えてくれたらいいのだけども。


さて本日、ブレーメンが解散しました。
今日あった解散ライブは大いに盛り上がったみたいで、いや解散ライブで
盛り上がるというのも変な言い方ですけども、ライブ自体はすごい楽しい
ものだったようで、最後まで芸人として駆け抜けたんだなあと思います。
今日のライブは行きたかったですが、やっぱりずっと応援していた方が
行くべきだよなと思って止めました。明日から見ホーダイでも見られると
いうことで、それを見ようと思います。
行った方によると、とにかくブレーメンは皆に愛されていたということで
ああなんかそうかー……と色々な感情が湧き起こったりします。

岡部さんはピンになって、関根さんだけが辞めるそうで(でもスターは辞めないそうですが)
きっと色々事情があるんだろうなと。

きつい言い方になるかもしれませんが、それを職業として公言出来るのは
それで生活出来ている人だけだと私は思っています。
つまり芸人だったら芸人の仕事だけでご飯食べていける人。
そうではなく、バイトをしないとやっていけないのならば、それは職業ではなく
(ある種壮大な)趣味なのだと私は思います。
そしてそう考えると、無限大に出ている芸人さんで職業芸人と言えるのは
本当に一握りの人だけなんだろうなと。
あ、プロ意識は常に持つべきだとは思いますよ。チケット代が発生し、ギャラを
貰っている時点で。
ただでも、職業かと言われるとまたそれは違うんではないかと思っています。
今ってほんと、ものっっっっすごい数の ”趣味・芸人” がいて、皆もちろん
”職業・芸人” になるべく頑張っているわけなんですけども、売れている芸人枠と
いうのが存在するんですよね。言い換えれば仕事枠といいますか。
で、芸人が求められる仕事量よりも芸人の数の方がずっと多いから、
面白いのに売れない人がごろごろ出てきてしまうという現実があって、
それはすごく何というか、私にはどうすることも出来ないわけなんですが、
どうにも歯痒い気持ちでいっぱいになります。

関根さんが芸人を辞める理由はよく分からないのですが(どうもはっきりとは
言わなかったらしいですし)、なんとも言えないのですが、もっと売れて仕事が
あったのならまた違っていたのかもしれないと思うと、なんというか、
……何も言えなくなりますね。
ジャングルポケットも先日解散がどうとかいう話がありましたけども
(そして完全否定していますけども)、あれって話だけ聞く限りでは、
一度は武山を切る事を了承したマネージャーさんがやっぱりもう一年
頑張ってみましょうと言った、ということでしたけども、それってもしかしたら
武山どうこうというよりもトリオとしての仕事に響くことを懸念したのかなとも
思ったりしています。
少なくとも『333(トリオさん)』の仕事が飛びますから。
他にもトリオ・トリオ・トリオとかトリオ連合とか色々トリオに絡めた仕事がありますし、
じゃあ武山を切って他の誰か、とかいってもそう簡単には見つからないでしょうし。
そう考えると、もしその辺りの仕事がなかったらどうなっていたんだろうとか想像して
しまうんですが、まあこれも考えすぎかもしれないです。

先日『333(トリオさん)』でチュートリアル徳井さんが、「若手芸人なんて飴細工のドームの
上に乗っかっているようなもの」と称していましたけども、本当にその通りだよなと
思います。
番組とかだけではなく、その存在すらも。
実際いつ「今日で解散します」と言われるかも分からないですから、こちらは。
それに本人の意思ではなくてもそういう状況に追い込まれる事もあるでしょうし、
高校生と関係を持ったら(相手が年齢詐称していたとしても)一発退場ですからね。
そんなことを考えると、今日と同じ明日は来ないのかもしれないのだなと思います。
とか考えるとついチケットを取ってしまって経済的にしんどくなったりするんですが。

道を違えてしまう2人ですが、これからのそれぞれの人生が実り多いものであればいいと
思います。
それぞれの道で成功して、なんかの機会に1日だけ再結成とかやってくれたらいいな。
またきっとそんな日が来ると信じて、今は静かに送り出したいと思います。
ブレーメンの2人に幸あれ!

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

暫定的パンサースケジュール  

今日は神保町に『趣味人』を観に行ってきました。その話はまた後日書きますね。
さて本日なんですけども、家に帰ってメールチェックしたら、チケットよしもとから
ロイヤルカスタマー・チケットサービスの案内が来ていました。
なんじゃ?と思いながら読んだら、まあ平たく言えばチケよしでたくさん
チケットを買った人が入れるサービスだそうです
(年会費を払うと優待券が貰える、というもの)。
まあそれはいいんですよ。で、なんかメールには「対象となる方にメールを
送付しております」とあったんで、どうも私も対象となっているらしいんですが、
問題はその対象者でして。
1.プレミアム会員で年間(昨年)5万以上チケよしでチケットを買った人
2.スタンダード会員で年間10万以上以下略
で、ですね。私、スタンダード会員なんですよ。
ということはですよ、つまり、私年間……

俺達はいつも、現実を見ない! (byピューと吹く!ジャガー)

……色々考えなきゃいけないなあ。そりゃものすごい勢いで貯金なくなるはずだわなあ。


とかいう話の後にライブ予定ってなんか矛盾してないか?と思いつつも
パンサースケジュールです。
毎度書いていますが、漏れや変更等あると思われますので参考程度にご覧ください。
にしても単独の日の昼間にわざわざライブ入れなくてもいいんじゃないのか、と
思うんですけどねー……。


<4月>

■20日
お客様に感謝感謝3500円ライブ 18:00 新宿ルミネ
お客様に感謝感謝3500円ライブ 20:00 新宿ルミネ

■21日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■22日
ネタの内
~ルミネ・∞ホール・5upよしもと芸人絡みました。コーナー付~ 19:00 新宿ルミネ

■26日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
プロデューサーX 21:30 渋谷無限大ホール (菅)

■27日
アップ・ダウン presents コント共和国 19:00 THEATHER BRATS (東京)
デンコレ2011~GWスペシャル~Yell ナマーシャ撮影会 21:45 渋谷無限大ホール

■29日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール


<5月>

■1日
品川庄司のピグっていこーぜ!! 13:00 表参道ヒルズ(東京都)
パンサーinルミネ(単独ライブ) 19:00 新宿ルミネ

■2日
表参道から日本を元気に!happyテヘヘ 13:00 表参道ヒルズ(東京都)
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
Adachilds 5 21:30 渋谷無限大ホール

■3日
コントバトルG1 19:00 新宿ルミネ

■4日
KABUTOライブ特別編in表参道~SP ゲストはなんとAdachilds~ 19:00 表参道ヒルズ(東京都)

■5日
お笑いクイズダービー 22:00 新宿ルミネ

■6日
もう一度見たいシャッフルトーク~2011GW パンサー×ゆったり感 12:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■7日
よしログ~在宅スタッフ感謝祭~第3部 17:00 表参道ヒルズ(東京都)
よしログ~在宅スタッフ感謝祭~第4部 19:00 表参道ヒルズ(東京都)
トリオ・トリオ・トリオ 21:30 渋谷無限大ホール

■8日
写メトーク 14:00 表参道ヒルズ(東京都)
第一回お笑いクラシコ~芸人軍団のプライドを賭けた戦い~ 16:30 渋谷無限大ホール (向井)
トリオ組合SP 18:00 神保町花月 (菅)

■9日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■10日
ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 19:30 阿佐ヶ谷ロフトA

■11日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■13日
金シャチLIVE 16:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)
サンシャインtheよしもと プラス 18:30 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■18日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■22日
群青が押見と向井をいぢめる 18:00 浅草 雷5656会館 (向井)

■24日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■25日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■26日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■27日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)

■28日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■29日
バル・ボラーチョの夜は続く 13:00、16:00 神保町花月
トーク&SPライブ「ビバ!バル・ボラーチョ!!」 19:00 神保町花月

■30日
コントグランド花月 19:00 なんばグランド花月


<6月>

■1日
ショータイム~練習試合~ 19:30 THEATHER BRATS (東京) (尾形)

■6日
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■10日
よしもとナイトクラブ~「コイバナ」立ち飲みシアター~ 20:00 品川プリンスシアター

■12日
みんな大好きアームちゃんだよ!全国ツアー(ゲスト) 19:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■14日
トリオ・トリオ・トリオ 21:30 渋谷無限大ホール

■19日
週末よしもと お笑いライブIN富良野 2011笑顔 13:00 富良野文化会館(北海道)

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

青田買いとか他色々  

本当は今日は『花曇』の感想を書こうかと思っていたのですが、神保町花月のブログ
(というかあらすじ)が更新されないので急遽変更。
もしかして今日って神保町お休みなんでしょうか。スケジュールは入ってなかった
みたいですが。
ちなみに明日はその神保町で『趣味人』がありましてそれに行くので、
『花曇』の感想は明後日以降になるかと思われます。
そしてその『趣味人』を、ずーっと明日ではなく明後日だとなぜか思い込んでいまして、
今朝ふとこのブログのスケジュールを見て、明日じゃん!と気付いたという。
あっぶな、あっぶな。
それにしても、ここで定期的に上げているパンサースケジュールですが、
やっぱり自分の為というのが大きいよなあとつくづく思ったりしました。
実際、あれを書くために確認して新たに知る仕事とかも多かったりするんですよね。
特にアダチャイルズとかパンサーでチケよし検索しても出なかったりするので。

せっかくなので昨日の青田買いについてちょこっと。
ピクニックさんのネタが、失恋した友達を慰めつつスナック菓子の袋を開けようとしたら
全然開かなくて……、というものだったんですね。で、一つ目のスナック菓子の袋が
開かなくて、二つ目を試しに開けようとしたらあっさり開いた、というくだりで
力が入りすぎたのか、袋を開けた瞬間スナック菓子が床に飛び散りまして。
一瞬えっ、という顔をするピク兄(笑)。しばらく、どうしよう、という感じで床を
見ていたんですけどもネタを続けて、最後袖に捌ける時に謝っていました。
で、入れ違いに舞台に来たスタッフさんがほうきを持っていまして、思わず
笑いのこぼれる客席。
いやー、まさにライブだなーという感じでしたよ。

トンファーも出ていまして、私は初めてネタを見たんですが、ああこれが、と。
以前向井君が言っていたんですけども、ツッコミには色んな協会というか
幾つかに分かれていて、まず正統派ツッコミ協会というのがあって、向井君も
これに入っていると。そして変化球ツッコミがあって、これにはエリートヤンキーの
橘みのちゃんとか、「あとトンファーの山西」と向井君が言っていたんですよ。
で、トンファーのネタを見まして、ああこれが!と思ったんでした。
トンファーというとどうしても、元ブルースタンダード、といいますか、元向井君の相方が
いるコンビ、という印象だけだったんですけども、ネタも面白かったですし、今後
要チェックだなーとか思ったりしましたよ。

そうそう、要チェックといえば、この間Hopライブに行きまして、面白いなーと
思ってチェックしていた ”ジャム” がこの度Stepに昇格したとか!
やったー、これで配信でネタが見られるー。
ところでこのジャムなんですけども、Hopの後、まあ多分そうなるだろうなーとは思いつつも
検索してみたら、果物の方のジャムばかり出てきまして。とはいえそれは想定内
でしたので、「ジャム お笑い」で検索したら、なぜか一番上にグランジが出てきました(笑)。
(五明さんが ”ジャムトランプ” というコンビで以前活動していたため、のようです)
これねー、ほんと思うんですけども、今なんてもうネットが主流なんですから
検索される事を頭に置いて名前をつけて欲しいなと。
パンサーも検索すると動物の方がごろごろ出てきますし。
覚え易く、かつ検索した時に他のものと被らない、という名前は何気に
難しいとは思うんですが、ただ検索してもなかなか出てこないというのは勿体ないなーと
思ったりもするんで。
まあ、”都会で奇跡のやまびこ!?” に言われたくはないと思うんですけども(笑)。
ただでも、「パンサー 都会」で検索するとうちのブログが一番上に来るんすよ(笑)。
ものすごくどうでもいい話ですけども。

話が前後しますが、向井君が色んなツッコミについて話した時のこと。
シチサンで、ジューシーズとパンサーのネタを入れ替えよう、という企画の時で
パンサーのネタをジューシーズがやるにあたって、誰が誰をやるんだろうと
いう話の中で、菅さんが「パンサーにはちゃんとしたツッコミがいるわけじゃないですか」と
言い出しまして、で、客席から笑いが起こり、向井君が「ジューシーズにはいない、と」と
言ったんですね。その時菅さんが「え、だから皆笑ったんでしょ」と返していたんですけども
個人的にすごく好きなシーンでした。
菅さんが時にさりげなく向井君を褒めるのが好きなんですよ、なんか。
普段あまり口に出して褒めたりすることがないので。嬉しくなってしまうといいますか。
口にはしなくてもちゃんと認めているというのは感じられるんですけどね。
そういえば菅さんといえば、やっぱりシチサンで「相方を褒めて下さい」という
アンケートに対して、「向井はすごい。尾形さんも違う意味ですごい」と言ったのが
ものっすごいツボでした。
なんて端的に2人を言い表しているんだろう、と思って。

そんな菅さんが結構本音を喋る(?)『しっぽりの夜』が来月あるのでほんと楽しみです。
前回初めて行きましたけども、正直結構、これブログに書いても大丈夫なんだろうか、と
思った話がちらほらあったり。まあ書きましたけども(笑)。いやだって、「書かないで」って
言われなかったし。
基本的には、ネットで書かないでね、と言わなかったことに関しては書いてもいいのだと
いう解釈でいます。口に出した事には責任持ってね、という意味も込めて。
これはどのライブであってもね。
あーでも、この間のアダチャイルズの最後でちょろっとあった話に関しては、迷った末
こちらの判断で書くのを止めておいたのですが、あとでWikipediaを見たらがっつり
書かれていて、ええー……、と。
いやまあ確かに書くなとも言われてないしいいんだろうけど。
ただそれに限らずですけども、パンサーのWikipediaってやたら更新が早い時が
あって、どんだけ熱心なファンがいるんだと思ったりしています。

category: お笑い

tb: 0   cm: 6

『333(トリオさん)』第二十一回感想  

本日はルミネに青田買いを観に行ってきました。
10時開演で30分前開場なんですが、その少し前くらいに着いて、でもこの時間だと
店も開いていないし暇潰すところもないなーどうしようかなーとか思いながら
とりあえずルミネの方に向かったら何やら行列が出来ていて、ああ入り待ちかー
凄い列だなー誰だろう、とか思って見たらパンサー向井君でした。
あまりの不意打ちっぷりに(いや向井君ってもっと早く来るイメージがあったからね)
別に列に並ぶわけでもないのに挙動不審になる私(笑)。
とりあえず遠目で見てあー今日の服はあれかーとか確認して(コントだったら衣装が
あるかもしれないので)、時間になったので会場入りしたのでした。
それにしても凄い列だったなあ。

パンサーのネタは漫才でアイドルプロデュース。ただ今回の青田買いが1時間で15組と
いう詰め込みぶりだったので、計算上は1組4分ないんですよね。オープニングとエンディングの
時間を考えると。
途中で時計を見ていないので持ち時間が1組当たりどのくらいあったのかは正確には
分かりませんが、3分ちょいくらいだったんじゃないのかなー。実際パンサーのネタも
後半部分はばっさりカットされていました。パンサー3人でアイドルやろう、というくだりから先。
色々な芸人さんを見られるのは楽しかったですけども、せわしなかったんで
もう少し少なくてもいいのになーとも思ったり。
あ、ルミネだから意見聞いてはもらえるのか。聞いた後どういう判断をするのかは
向こうの問題だからいいとしても、聞いてもらえると分かっているのは嬉しいですね。
どことは言わないけど某劇場とかだったら意見自体スルーだろうしな……。


さて『333(トリオさん)』の感想ですよ。今回は早めに。
まずは見られない地域の方へあらすじ。見たよーという方は飛ばして下さい。
ところでこのあらすじってどのくらい需要あるんでしょうか。
特に必要なかったりするのなら省略しようかな。

---------------------------------
「初の沖縄ロケで興奮気味の3組だが……」というナレーションで今回はスタート。
沖縄ロケにはしゃぐ3組。バックに沖縄の海、というロケーションの元今回の企画発表。
背景にハイビスカスをあしらった沖縄テイストのフリップにますますテンションの上がる9名。
楽しい企画しかないじゃない、とフリップを持ったパンサー向井が言う中、今回の企画は……?
まず最初 【今日はせっかくの沖縄ロケ、なので3組で盛り上がって行きましょう!!】
脱落者がいない、ということで大いに盛り上がる9名。
「そうか、1組出れない可能性もあったんだ」とジャングルポケット太田。
そして次 【ロケの中身は、前回好評だったすごろく大会の沖縄編!!】
また皆で喜ぶものの、すごろくということは、と気付くメンバーもちらほら。
最後 【ただし、最下位になったトリオは、明日のロケ不参加。題して
     『沖縄ロケ出演権争奪すごろく大会!!』】
それまですらすらと読んでいたのに、急にたどたどしくなる向井。
出たよ出たよこれかよ、と嘆くメンバー達。
「俺らだって、ただでさえV撮りで1日参加してないからさ、これ負けたらただすごろくやりに
来ただけ」(by向井)
そんな状況のパンサー。なのでか珍しくパンサー菅が提案。
「ここ(フリップの2つ目と3つ目の間)へし折ること出来ないかな」
「それ可能なら折りたいですよ」と向井。

3組はすごろく会場へ。沖縄の雄大な海が一望できる会場。
高台というか小さな丘というか。周囲は柵で囲まれた、数本の木以外は何もない平地。
「何であそこでやんだよ」(by向井)
「沖縄編ってそういうこと」(byジューシーズ松橋)
今回のすごろくも、計22マスに色々な指示があり、その指示に従いながらゴールを目指し、
ビリのトリオは次回出演権剥奪。
まず、マスを一つ開いて見る事に。
そこには【ヘビをわしづかみ】
いやいや無理無理、と一斉に拒否する9名。
わざわざヘビの専門家を呼び、実際にヘビを披露。
猛毒のヘビだが、「皆さんご安心ください。このヘビは、無毒です」
そういう問題じゃない、と騒ぐメンバー。

すごろくの順番は、抽選の結果、ジャングルポケット、ジューシーズ、パンサーの順。
まずはジャンポケ。出た目は1。マスをめくってみると
【好きな女優の名前を絶叫】
失笑の漏れるメンバー。「高校生の帰り道みたい」(by向井)
説明によると、海に向かって好きな女優の名前を叫べ、但し、
「勝負には一切関係ありません」
「正直、芸人的にはヘビより嫌だよ」と向井。
しかしマスの指示は絶対ということでそれぞれ絶叫。
斉藤…壇れい 太田…長澤まさみ 武山…戸田恵梨香
微妙な空気の中終了。
「ただ正直、絶対(このマスに)なりたくない!」と言う向井。

続いてジューシーズ。出た目は4。そこに書かれていたのは
【一攫千金チャンス】
「何これー!」と、自らのお金が取られるかもしれないという警戒からか(?)
ジューシーズ以上に騒ぐ他2組。
そして説明。3連パラシュート(花火)を打ち上げ、3人でそれぞれ1つずつ、
合計3つのパラシュートをキャッチ出来たら1万円が貰える、と。
喜ぶジューシーズ。
しかし、飛んだパラシュートは柵を悠々と越え、カメラすら追いかけられないくらいの遠くへ。
あまりの無理ぶりに大笑いする他6名。
「上がった瞬間、ラミレスのホームランぐらい、絶対入るなって分かる」(by太田)
「試したんですか?これ」(byジューシーズ児玉)

続いてはパンサー。尾形がサイコロを振ると、2という微妙な数字。
「ほんと、期待して損したわ」と呆れ顔の向井。
コマの指示は【ハブ酒で乾杯】
「おーしおしおし」と喜ぶ、「バラエティのリアクションとしては間違っている尾形(ナレーション)」
と、嫌そうな顔をする相方2人。
そして運ばれて来たハブ酒には、獰猛な顔をしたハブが鎮座。
騒ぎになる中、何かに気付く太田。
「これ、原材料、泡盛、ハブ、ハーブ、って書いてある」
さりげないダジャレ。
そんなハブ酒を一気飲みする3人。そしてえずく3人。
量としてはさほどでもなかったけれど、目が赤くなる向井。そして酒には強いというのに
「ダメだ、ダメなやつだ」と言う菅。
(ちなみにアルコール度数は35度)

そして2ターン目。ジャンポケは4を出し、またもや【一攫千金チャンス】
3連パラシュートキャッチに挑戦するも、ラミレス並みの2号ホームランに阻まれ
あっさりと終了。
「最初から1万(円)なんて用意されてねんだよ」(by児玉)
「次来る可能性あるから、ここ(のマス)来たら断るわ」(by菅)

次はジューシーズ。3が出ればヘビをわしづかみ、ということで他2組が3を
願う中、出た目は4。
そしてマスの指示は【相撲でジャンプアップ】
ジューシーズは前回の相撲で敗北した赤羽が、メンバーの反対を振り切り出場。
対戦トリオはくじ引きの結果パンサーに。そして相手はジューシーズ側が選べると
いうことで、尾形が自ら前に出るも、指名したのは向井。
体重110kgの赤羽と、9人中最軽量の体重60kgの向井との戦い、ということで
ジューシーズの独走を阻止しようと結託するジャンポケとパンサー。太田が何やら
向井にアドバイス。
そして相撲スタート。組まずに逃げ回る向井。追いかける赤羽。だんだん体力が
なくなりへろへろになる赤羽。そこを見計らい組んであっさり投げる向井。
ということで向井の勝利。
向井(というか太田)の作戦勝ち。

続いてはパンサー。5を出せばヘビをわしづかみ、という中、出した目は6。
ということで、またもや【相撲でジャンプアップ】
体力に自信のある尾形が相撲をする事に。
そして対戦相手はくじ引きの末ジューシーズに決定。先程あっさりと勝利した赤羽を
再度指名すると、今度は太田が赤羽に何やらアドバイス。
相撲スタート。尾形が組もうとしたら、なんと赤羽が張り手攻撃。
思わず逃げる尾形。追う赤羽。へらへらしながら追う赤羽と、泣きそうな顔になっている尾形。
それでも尾形が再度組もうとしたら、今度は赤羽が髪を掴んで攻撃。
結局は赤羽が尾形を倒して赤羽の勝利。2連敗は阻止したのでした。

3ターン目。ジャンポケは3を出せばヘビのわしづかみ、ということで
「武山、ヘビ見たいって」と向井に言われるものの、出た目は4。
ということで、またもや【相撲でジャンプアップ】
「ただの相撲の番組じゃねーかよ」(by向井)
高校時代、柔道愛知県1位になったこともある太田が出場。
対戦相手はくじ引きの末パンサーに。
そして選んだ相手は「じゃあ尾形さんでいきます」
「俺ダメだって」と戦う前から弱気になる尾形。
太田は特に作戦もなく臨戦態勢に。一方の尾形には2組の期待がかかるということで
皆でアドバイス。
太田vs.尾形。果たして決着は……。
以下次週!
---------------------------------

途中、手違いで派手に消してしまい書き直したりしたのでテンション下がったり
したんですが、番組自体は面白いからいいや、とポジティブシンキングで。

まず最初のナレーション。今年に入ってから、この最初のナレーションが
毎回ちょこちょこ変わっていて、今回は何だろうと楽しみだったりします。
こういうところに手を抜かないのがこの番組のいいところだよなーと思ったり。
ナレーションの声の、見守る暖かさとちょっと小馬鹿にした感じの同居が好きだったりします。

ところで今回、あらすじ書いていてやたら向井君の声ばっか拾ってるなーそりゃ確かに
向井ファンだけどさ、でもこれに関しては極力平等に書こうと思ってるんだけどなーとか
思って気付きました。ピンマイク(いや、ピン、というにはいささか大きいんですけども)が
1トリオ1つなんですね。
パンサーは向井君、ジャンポケは太田、ジューシーズは松橋しゅうた。
ある程度大きいピンマイクですし、他にもちゃんと声を拾うマイクもあるでしょうから
全員の声はそれなりに聞こえるんですけども、メインでマイクをつけているのがこの3人、と
いうのが、ああスタッフさんの評価的にはこの3人が一番面白い(というか的確な)ことを言う、
という判断なのだなあ、と。
まあ実際私もトリオそれぞれ1人にピンマイクをつけろ、と指示されたらこの3人を
選びますけどね。
ただ、最近は菅さんがちょいちょい面白い言葉をぶっ込んでくるので、それが楽しみだったり。
そういやそんな菅さんですけども、最初に9人全員出られる、と分かった時、
他8人は拳を上げて喜んでいるのですが、菅さんだけは静かに拍手をしているというね(笑)。
なんともそれが菅さんぽいなーと。
そして太田が、「そうか、1組出られない可能性もあったんだ」と言っていましたけども、
確かに、特に今年に入ってからは3組全員出ていることが多いですからねー。
そういえば『333(トリオさん)』のWikipedia見ていて気付いたんですけども、
全員出ている回はとりあえず置いておくとして、2組のみ出ていた回に関しては、
去年はジューシーズ6回、パンサーとジャンポケはそれぞれ3回で、今年に入ると
ジューシーズ4回、パンサーとジャンポケはそれぞれ3回なんですよね。
まあジューシーズが多いのは分かり切っていた事ですけども、なんとなくパンサーが
一番少ないのかと思っていたのでジャンポケと一緒なんだ、とちょっとびっくり。
パンサーは2週またぎの回を押さえている分回数を稼いでいる、という感じなので
企画としてはジャンポケの方が参加してはいるんですけどね。
ただ、ジャンケンなどの決め方に関してはガチでしょうけども、なるべく3組とも
平等に出そうという考えみたいなのはもしかしたらあるのかなーとも思ったり。
特に今年に入ってからは3組とも出す方向に少しずつシフトしていっているのかなーと
思っているんですが、そうだったら嬉しいな。
実際3組いても、それぞれ違った個性があるので潰し合う事はないですからね。
いい感じで面白さが増幅されるといいますか。
ある程度視聴者への(9人の)浸透が出来た&3組いた方が面白いと作り手側も気付いた、
ということだったら嬉しいんですが。

話がずれた。
最初に、ヘビをわしづかみ、のマスが出ましたけども、正直尾形君は平気じゃないの?
とか思ったり。まあそこで「俺平気だし」とか言い出したらあれですよ、
「バラエティのリアクションとしては間違っている尾形」とかナレーションでダメ出しが
入りますよ(笑)。
あのダメ出し笑ったなあ。確かに間違ってはいるんですけども。
ただでも、企画としては好きな女優の名前を大声で叫ぶ、とかよりはマシだよな、実際(笑)。
斉藤の「壇れい」はなかなか渋い所をつくなーと思ったり。太田や武山は普通に
あーそうだよねーとか思えるんですけども。

それにしてもまあ、相変わらずというか毎回言っていますけども、太田がすげえ!
パラシュートが飛んでいくさまを、ラミレスのホームランと称したりとか。
またラミレスという辺りが絶妙だなあと思いますよね。野球そんな詳しくない人でも
なんとなくは分かるんじゃないでしょうか。ゲッツ!の真似とか。
個人的には斉藤に「山崎武司のホームラン」と言っていただいて、太田にでも
「誰が分かんだよ!野球詳しくねーと分かんねーだろうが!」と突っ込まれて
欲しかったなあとか思ったりしました、って趣味出まくりだろうが。
ちなみに山崎ですが、現楽天イーグルスの4番打者です。
一昨年のファンクラブの集いで握手してもらったよ(どうでもいい情報)。
すっごい話がずれた。
ラミレスのホームランもすごかったですが、なにより、「泡盛、ハブ、ハーブ」に気付いた
ことですよね。多分これスタッフさんも気付いていなかったんじゃないかと思うんですけども。
こういうところに目が行くのが太田の凄さだなあ。
ちょっとほんわかしましたしね、実際。

それにしても、ヘビをわしづかみのマスに誰も入らなかったのが残念といえば残念。
せっかく専門家も待機していたというのに。
来週辺り、最下位のチームに罰ゲームとしてヘビをわしづかみにしてもらいましょう!とか
あったりしないのかしら(笑)。
ロケには出られない、ヘビは掴まなきゃいけないってものすごい踏んだり蹴ったりですけども。

相撲のところでも太田が活躍していましたねー。アドバイスが的確すぎる。
彼の頭はどうなっているんだろうと時々思います。あの回転の速さ。
大学の時、柔道で就職も決まっていたらしいですけども、サラリーマンになっても
成功していたんだろうなと思います。前にもちらっと書きましたけど、雑誌の企画で
編集者のコスプレしていましたけど、編集者でも成功していただろうなあ。
まあ、多少知識量というところに不安はあったりしますが(笑)。
とにもかくにも太田の凄さをじっくり堪能出来た30分ではありました。

そしてまた、向井君の言葉も的確でしたよね。
ここぞ、というところでびしっと決める辺りがなんとも。
短い言葉で決めて来る辺りが、やっぱりツッコミの人だなあと思ったりします。
そう考えると微妙にジューシーズが弱い気がするんだよなあ。
これ私だけかもなんですが、ジューシーズって一番この番組に出ている割には
一番印象が薄い感じがするというか。
感想を書こうとするとあんまり出てこないんですよね。それなりに活躍は
していると思うんですけども。
やっぱりテレビって舞台とかとは違うんだなあと思ったり。

そういや、向井君が相撲で勝って尾形君に抱きつくシーンがありましたけども、
あれ毎回思うんですけど尾形君ほんと力あるよなーと。
ひょい、と軽々持ち上げますからね。今回なんて片手で持っていましたし。
60kgって持ち上げるには結構な重さだと思うんですが、さすがの体力だなあと。
そういう意味では太田の駅弁もかなり凄いんですけども。
そのうちテレビで披露される日が来るのかな、駅弁(笑)。
映画祭のV第二弾とかあったらぜひ、『ジャンポケ太田が他8人の駅弁を成功させる』とか
やって欲しいです(笑)。
最後に残る赤羽健ちゃん。果たして太田は成功出来るのか、とか。
単純に太田の負担ハンパないだけの企画(笑)。


category: 333

tb: 0   cm: 6

つれづれこまごま  

略してつれごま。

今日は神保町花月に『花曇』を観に行ってきました。ネオトリオもロザンも絡まない舞台に
行くのはほんっとに久し振りです。いつ以来だろう。
前に神保町に行った時に貰ったパンフを見ていて、なんか面白そうだなーと思って
衝動的にチケットを取ったのでした。
実際、すごい面白かったです。行って良かった!
色々書きたい事もあるんですが、千秋楽が終わってから感想など書きたいと思います。

ネタバレにならない程度に一つだけ。
かたつむり林さんがなんともかっこ良かったです。あの人スタイルいいのねー、
……と、ファンの方からしたら何を今更!?、というようなことを呟いてみます。
いや、つくづく思いましたわ。外見見ないよなあ、と。
うーん、見てないわけではないんですけど、なんていうか、そこに意識が行かないと
いうか。ネタを見る時はネタにしか意識が行かないので、無論外見は見ているんですけども
何らかの判断を下すことがないといいますか。上手く言えないなー。
私は元々ピンポイントで物を見る人間でして、若かりし頃とかほんっとひどかったんですが
さすがにそれではいけないと気付いて、それ以来は多少は視野を広く持つように
心がけているんですけども、意識が行かないと見えているけど見えていない、という
状態になるといいますか。
カナリアの安達さんもアダチャイルズで見て初めて足長いしかっこいいんだなーと
思ったくらいで。AGEAGEとかで見ていたのに。
実はパンサーに関しても、「3人とも男前だよね」と言われて初めて気付いたというね。
意識が行かないところはぼろっぼろです。これ直したいんだけどね……。
そういや今回のお芝居にも出ていたエリートヤンキー西島さんも、ぶっちゃけ
男前ランキングに入ったのを見て初めて、ああ、と。
というかエリヤンって正直8:2くらいの割合で橘みのちゃんを見ていたということに
先日気付きました。元々ツッコミが好きな上に、また私の好きなタイプのツッコミ
なんですよ、みのちゃんが。
実は正統派より変化球ツッコミが好きだったりするので。
その筆頭は南海キャンディーズの山里さんね。なんせこのブログのタイトルも
山ちゃんのツッコミを拝借したものなので。

『花曇』のお芝居を観ながら、(観た事もない)『夕立の忘れ物』に想いを馳せたり
していたんですけども、やっぱり雰囲気が似ているようなことが、色々検索して
読んだ感想にあって、あーやっぱりそうなのかー、と。
ちなみに『夕立の忘れ物』はパンサー主演のお芝居でして、いや私は
観ていないので詳しくは神保町のブログでどうぞ。
『夕立の忘れ物』はほんっともうめちゃめちゃ観たいお芝居だったりします。
DVDでも有料配信でも再演でもなんでもいいからまたやってくれないかなー。
ざっとあらすじとか読んだだけですけども、クライマックスで向井君が「お父さん」と
言うシーンで号泣する自信ありますもん私。いやそんな自信はいらないですが(笑)。
あー観たいなー。これ神保町に打診したらどうにかなるのかな。

ここのところ、ジャングルポケット話が続いていたりしますが、本日も見ホーダイにある
単独の動画を見たりしていました。そういえばこの単独の動画ってパンサーのしか
見た事なかったなーと。パンサーのってこの時ですよね、尾形君が肺に穴を開けたって
いう。ただそのサンキューさんのコントはばっさりカットされていましたが……。
でもその後(であろう部分)のコントは入っていたので、あーこれ肺に穴開けながら
やったのかーとか思いながら見たり。
話がずれた。
ジャンポケの単独動画ですが、知っているネタもあり知らないネタもありで
面白かったです。
ただこれに限らずなんですが、斉藤が苛められる、というかないがしろにされるネタは
どうも苦手だなあ、と。
シチサンの最初の頃、ジャンポケが不幸年表というのを作って披露していたんですが、
斉藤の不幸っぷりだけがとにかく突出していたんですよね。ひどいイジメに遭っていた、
というのが。その回のシチサンが軽くトラウマになるくらいに。
斉藤がないがしろにされるネタを見ると、どうもそれを思い出してしまうところがあって、
どうにもなーと思いつつ、でもそういう見方は良くないよなとも思ったり。
笑いって時に残酷なものですからね。その残酷さも含めて楽しむものだと思うので、
安っぽい同情は逆によろしくないよなーというのは分かるんですけどね。
29日のルミネ単独は行くので、斉藤ないがしろネタも気にせず大笑い出来たら
いいなとか思ったりしています。
そういやその単独の動画ですけども、ちゃんと3人いないと出来ないネタが多くて
個人的にはそういう意味で結構ツボでした。

明日は青田買い行ってきますー。前回の時は電車が止まって行けなかったので
今度こそ!という気分ですよ。
青田買いは、まさに新たな芸人さんを発掘出来るライブでもあるので楽しみです。
パンサーが何のネタをやるのかも楽しみですし。



category: お笑い

tb: 0   cm: 4

役者・斉藤慎二君(ジャングルポケット)について考える  

本日、録画していた『できた できた できた』を見ました。
これって去年と同じなんですよね多分。まあ見始めたのが今年入ってからなので
私的には全然問題ないんですが。
ガッツ王子もふうちゃんもまさむねくんもかわいいし、番組自体もいい雰囲気だし
大好きなんですけども、ただ、その、椅子の座り方とか箸の持ち方とかって
学校じゃなくて家庭で教えるものじゃないのか?、という疑問もあったり。
とか書くと、独身女が何言ってんだよ、と怒られるかもしれないんですが、
ただ少なくとも私は(そして周囲は)家で教わってたんだよなーとか。
まあ当時と今では色々違いもあるでしょうけども、先生の負担ハンパないよなー……。

それにしても、ガッツ王子の可愛さといったらないですね。
今回は自己紹介をしていたんですけども、「こう見えて、みんなと同じ6歳です」と
言っていたのに大笑いしてしまいました。
そうか途中で誕生日が来て7歳になるのか。
昨日だか一昨日だかテレビで、世界の独身王子の紹介をしていて、この王子と結婚したら
どうたらこうたら、みたいなのをやっていたんですが、個人的にはガッツ王子と結婚したいです(笑)。
ものすごい素直ないい子に成長しそうですし、お母さんいい人っぽいし、王子だから
将来的にも安泰だし(フィクションの世界に現実的な理由を持ちこむ自分が時々
嫌になります・笑)。
15年後とかさ。ガッツ王子が22歳でしょ。で、その時私が……
……うっかり恐ろしすぎる現実を見てしまったのでこの話は終了ということで。


さて冗談はさておき(と書かないと本気にされそうで怖い・笑)。
本日は、斉藤慎二君について思うところをちょろっと書いてみようかと思います。
なんか気がつけば今回斉藤について書いたらジャングルポケット3人について割とがっつり
書く事になるんじゃないかとか。そんなにジャンポケ好きか。いや好きだけども。
ただ、正直そんなに詳しく知っているわけでもないですし、シチサンもまだそんなに
見れていない状況です。なので大幅に外している可能性もありますし、または逆に
そんなのファンなら誰でも知ってるよ、何を今更書いてるの、ということを書くかもしれません。
ちょっとその辺りは分からないのですが。
正直、もっと色々動画とか見てから書くべきなのかとも思ったんですけども、ただでも
そもそも他人なのだから100%理解する事は絶対に出来ないわけで、それは例えば
親兄弟でも夫婦でも恋人でも10年来の親友でも無理な訳です。だって自分ではないのだから
(そもそも私、自分の事ですら100%は分からないです。まあそれは置いといて)。
なので、もう確実に100%は理解出来ないのならいっそ書いてしまえ、という
いささか乱暴な考えで以下だらだらと続きますんで、出来ればそのことを頭に置きつつ
読んでいただけると幸いです。

『できた できた できた』では、ガッツ王子(斉藤)は、小学生の男女2人と共演して
いるんですけども、彼らにガッツ王子の印象を訊いてみたところ、
「オーバーリアクションがいつもおもしろい!」
と返してきたそうです(公式ブログより)。
それを読んだ時、そうなんだよなあー、となんだかしみじみと(?)頷いてしまいました。
斉藤ってとにかくやたらリアクションがオーバーといいますか、ものすごい分かり易い
演技をするんですよね。顔芸にしてもはっきりと演技してますよーという表情になりますし。
『333(トリオさん)』を見ていても思うんですけども、あの番組って割と出演者の素が
出る要素が多くて、多分作り手も多少はそれを狙っているのではないかと思うのですが、
そんな中で一番演技を続けているのが斉藤なんだよなーと思います。
多分彼は仕事をしている間はずーっと ”ジャングルポケット斉藤” というキャラを
演じ続けているのだろうなと。
いやこれはもちろん他のメンバーも多かれ少なかれそうですけどね。仕事モードの時と
プライベートの時が全く一緒だったらそれは逆に仕事ナメすぎだろうということに
なりますし。
ただ、そんな中でも斉藤が一番、キャラになりきっているのではないかと思っています。
見ていると、テレビでも舞台でも常に表情を作っているので。

でもって、今回あえて、”ジャングルポケット斉藤慎二君” ではなく、”斉藤慎二君” と
書いたのは、舞台から降りた後のことが書きたかったから。
とはいえもちろんプライベートの彼の事など全く知らないので完全たる推測ですけども。
ただその、舞台上であるとかテレビでの演技っぷりを見ていると、多分ですが
普段もどこかで、”斉藤慎二” というキャラを演じている部分はあるんじゃないかなとか
思ったりしています。なんて言うんだろう、確かに舞台上での演技は分かり易くて
オーバーリアクションではあるんですけども、そのあまりの自然な、というか
板についた演技ぶりが、これ舞台上だけじゃないんじゃないかという気分に
させるんですね。
もしかしたら彼は普段から演技を続けているのではないのかなあ、とか思ったり。

あ、でも、それは誰でもそうだとは思うんですよ。誰でも、自分以外の人と対峙する時は
多かれ少なかれ多少の演技はしますし、なんかで読みましたけど鏡を見る時って
多少(ほんとにちょっとだけみたいですが)表情が引き締まる、らしいです。
第三者的な目を意識した時、人は完全な素ではいられないわけで、というか
誰かが居るのに完全に素になっていたらそれは逆に問題だろうとも思います。
他人を信用するしないとかではなく、親しき仲にも礼儀あり、という概念に基づいて。
まあなので多少の演技は普通に行われていると思うのですよ。
ただ斉藤の場合、もしかしたらその度合いが強いのかもなあ、とか思ったり。勝手に。
そして演技をしている割には自らを防御するという意味合いは薄くて、どこかで
ほんとの自分を分かって欲しい、認めて欲しい、みたいな気持ちが割と強くあるような気がして
ならないんですが、まあ、うん、思いっきり外している気がしなくもないです。
こんだけ書いておいて!(笑……い事じゃないか)。

ただなあ、素、とは書きましたけど、私が思うに、演じている自分もその人を構成する
一部分ではあるから、それはそれで本当の自分なんじゃないか、という考えはあったりします。
そして、その人が作るものって何気にその人が出たりしますし。
私は趣味で小説を書いたりしているんですが、ブログの文章とかよりも小説の方が
何気に自分というものが出てたりすることがあるんですよね。ブログは自分の事を、
小説は他人の人生を書いているというのに。
ただでもこれは私だけではなくて、漫画とかだと絵の感じが作者の雰囲気とどこか似ていたり
とかもあったりしますし、映画とかでも脚本家のインタビューとか読んでいても、映画から
感じたイメージとかけ離れることはまずないですし。作品の方がその人を如実に現わしたり
する、というのはあるよなと思ったりします。
それに、当たり前ですけど自分の器以上のものは作れないですからね。どうやっても。
演じるにしても自分が出来ない事はキャラにも出来ないわけで、まあだから役者さんというのは
日々体を鍛えたりするわけなんですけども。
まあなので、”ジャングルポケット斉藤” というキャラも、全くの作りものであるとか偽者とか
いうわけでなくて、斉藤慎二という人を構成する一部分ですし、あるのかは分からないですが
”斉藤慎二” というキャラも彼を構成する一部分なんだよなと思います。
そういう色々な部分が集まって彼を作り出しているわけで。

正直、斉藤って分からないなーと思う部分も多くて、それはやっぱりキャラの多さなのかも
しれないなとか(私は)思っています。
ただその、多くのキャラの一つ一つがダイヤモンドのカットの一つ一つのように
彼を輝かせて魅力的に見せているのかもしれないなーとも思ったり。

まあ何が言いたいかといえば、私ものっすごい斉藤慎二という人が好きだわー、と
思った、っていうそれだけの話です。
1、2行で終わる事じゃないか!(笑)。なんてこったい。

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 6

『333(トリオさん)』第二十回感想  

今日は『333(トリオさん)』の収録だったようですね。ソースはジャングルポケット斉藤の
ツイッター。
そうなると今日あたり、4月生まれを祝ったりしたのかな。パンサー尾形君&菅さんと
ジューシーズ赤羽健ちゃんと。
にしても、ずいぶんストックあるんだなーとか思ったりしました。今週は沖縄の続き
ですし(公式サイトによると)、来週以降もなんだかしばらく沖縄続きそうですし。
まあ確かに、せっかく沖縄行ったんだから1ヶ月分くらいは撮っておこうってことには
なりますよね多分。少なくとも私だったらそうします(笑)。
ところでそれはさておき、2月半ばにロケをやっていたという横浜中華街の回は
いつ放映なんだろう、と。
なんか土曜日にロケをやっていたようで、目撃された方がツイッターで書いていたん
ですよね。それを読んで思ったんですけど、あの揃いの番組タイトルがでかでかと
書いてあるTシャツって、てっきりテレビを見ている人がトリオ判別しやすいように、と
いうことかと思っていたんですけども、それだけではなくて、ロケの時に目立つから
ということなのかーと。
実際目を引くでしょうし。絶対私服ではない(笑)服を着て、テレビカメラ連れて
ぞろぞろ歩いていたら。何あれ、テレビ?さんさんさん?なんかさー、○色と○色の
Tシャツ着た人達が歩いてたんだよねー、ロケだと思うんだけどさ、とかいう話になれば、
ちょっと検索したら出てくるでしょうし、そうなればせっかくだから番組見てみるか、とも
なるでしょうし。
そうやって考えると、すごい色々計算されている番組なんだなーと改めて。
実際、土曜の中華街なんてかなりの目撃者がいたでしょうし。
ただそうなると、ほんといつ放映するんだろう、と。
いや周囲の人の服装とか確実に冬のそれでしょうから、あんまり引っ張ると
違和感出てくるんじゃないかなーという心配がね、あったりするんですが特に関係ないのかな。


ではまず、見られない地域の方へ今週の『333(トリオさん)』のあらすじです。
見たよーという方は飛ばして下さい。

----------------------------------
毎週、3組だけでやってきた彼らだったが今週は兄さんたちと初絡み!
そうそう、パンサーですが、「パンサーも合流し、沖縄国際ロケ第二弾」とナレーションだけで
あっさり流されていました。
そして最初の予告シーンでは、兄さんにモザイクがかかっていたんですが、その体型と
声で、誰だかバレバレでした(笑)。

芸人楽屋の前に集まる9人。せっかくなので先輩と話がしたい、とパンサー向井が説明。
但し、楽屋に誰が居るのか分からない上事前のアポは取っていないので、自ら行って
出演交渉をすることに。
まずは、トリオとしては一番先輩であるジューシーズが楽屋へ。10分後、連れて来たのは
ブラックマヨネーズ小杉(予告シーンでモザイクがかかっていた人)。
まさかの大物芸人にテンションの上がるメンバー。
そしていきなり呼び出された小杉は最初こそテンションも低く、どうしたらいいか訊かれても
「偉そうにアドバイスしたら怒られるやん」とか、失敗談を訊かれても「それを言うたら言うたで
今度お前らが俺をナメて来るやん」と、あまり乗り気ではない様子の先輩。
しかしながら、若い頃はカッコつけすぎた、身の丈に合ったことをするのが大事、と
アドバイスを始める小杉。しかし時間がないということで終了。
「乗ってきましたけど」という小杉に対し、「もういいです」と言うパンサー尾形。
もういいってなんやねん、と反論する小杉だったが、スタッフに「他の方にも聞きたいんで」と
言われ、あっさり終了。

続いてはパンサーが楽屋へ。そしてわずか3分後、楽屋のドアが開く。
連れて来たのはなんとチュートリアル。大騒ぎになるメンバー。
「僕ら誰かと絡みあったりしますか?」と訊く向井に対し、サングラスを取り、まずは
カメラ目線になるチュート徳井。
「えっと、あの性欲のバケモノは……」
指差したのはジャンポケ斉藤。
何でも、学祭で一緒になり、見た時に、「こいつ、俺、(ピース)綾部ラインの眼をしとるな、って」
分かったらしい。男前と一緒のラインにされたからか、まんざらでもない顔をする斉藤。
そしてチュート福田に誰を知っているか訊くと、「こないだイベント(ばちーんんんのMC)で
パンサー」と。覚えていてくれた事に喜ぶパンサー。
しかしながら、「この二人(尾形・向井)はコーナーで頑張ってたけど、(菅は)ずーっと黙ってた」
と。確かにそうだったけどね(笑)。
ジューシーズは、絡みはないものの「すごい人気なのは知ってる」と。
3組とも分かっているということで喜ぶ面々。
そしてアドバイスを貰う事に。そんな言えるような立場ではないというようなことを
最初は言っていたものの、一つだけ、ということで徳井。
「番組って、思てる以上にあっさりと終わるからな」
”経験者は語る” な重みを持った言葉に騒ぎ出すメンバー。
徳井曰く、パティシエが作るオシャレなスイーツの飴細工のドームの上にいるようなもの、
だと。
なので、突然番組が終わっても挫けるな、と。
リアルなアドバイスに皆感謝する中、突然パンサー尾形が口を開く。
「すごくいい話なんすけど、僕あの、この番組大好きで、これしかないんですよ。なんで……
何か私物を頂きたいんですよ」
話の展開(笑)。
福田「持って行き方ヘタクソ!」
徳井「普通に言うてくれたら、あげるよ」
そして気前良く私物をくれた2人だったが、帰る時には「お前らなんか売れるか!」と(笑)。

続いては、再びジューシーズが交渉へ。連れて来たのはジューシーズの後輩であるはんにゃ。
ちなみにここ、ジューシーズとパンサー尾形&菅は先輩に当たるが、向井&ジャンポケは
後輩、と説明が。つくづく丁寧な番組だと改めて実感。
早速髪型を弄られるはんにゃ金田。
そして、『333(トリオさん)』を観ているか訊かれ、もちろん観てますよ、と答える2人。
「雪だるまをオシャレに作るやつ」と、はんにゃ川島が言い、ほんとに観てるんだ、と
テンションの上がる面々だったが、「今度は砂浜をオシャレに作るんですか?」と川島が
言い出し、「川島さんから(ジャンポケ)武山のニオイがする」(by向井)。
「確かに」とナレーションにも言われる始末。
そしてジューシーズ松橋から文句が。売れたら電話も出なくなった。前はよく家に泊まりに
来てたのに来なくなった、と。しかしそれは金田にも言い分があるようで、ライブでそれを
松橋が言ったら笑いもなかった上に、「お客さんにマジで嫌われたんだから!」と。
そして、秘訣を訊かれ、「さりげなく番組のセットを褒める」と(笑)。

ふと後ろを向くと、なんとそこには小杉が。
「俺以外とめっちゃ喋っとるやん!」

次はジャンポケが楽屋へ。連れて来たのは、「沖縄ロケに一番ふさわしい」(ナレーション)
ガレッジセール。
番組を続ける秘訣を訊かれ、「どこの局ですか?」「テレ朝です」「あーテレ朝だったら」
どうも局によって違うとか。
そしてゴリ曰く、テレ朝だったら、若手芸人は体を張った仕事を要求されがちだけど、
あまり成功させない方がいい、と。
なんでかといえば、成功させるとエスカレートするから。
ゴリの経験談として、子牛と闘牛だったはずが、300kgの牛と闘牛になっていた、と
(ちなみにゴリは終始丁寧語で話していました)。
そして川田も、寝起きに腕に激痛が走り、何かと思ったら警察犬に噛まれていた、と。
でもそれくらい頑張ればガレッジさんのようになれるんですよね、と向井。
しかし「身体にはテレ朝傷いっぱいだよ」と言うゴリ。
そして私物を貰う事になり、今着ているTシャツを上げると言って脱いだゴリだったが、
テレ朝傷など一切なく綺麗な身体だった、と(笑)。

一同は映画祭の会場へ。なぜかここから仕切り出す斉藤。
突然、映画のPRを始める斉藤。なんでもナレーションによると、9人を沖縄に
連れて来るためには色々やらねばならないことがあるらしく(リアルだな……笑)
「物分かりのいい斉藤に」仕切りを任せた、と。
そしてブースの中へ。「映画とか以外にも色々あるんですよね」「子供もいっぱい」とか
的確なコメントを出す向井に対し、菅が「もう向井やった方が早い」と。
それでも斉藤の仕切りでその先も続き、スカルプDの宣伝まで。
映画で来ているのに、と言うメンバーに対し、「大人の事情です」と斉藤。
お前がそれを言っちゃダメじゃん、と突っ込まれる斉藤。
何だかんだ言いつつ上手く仕切って行く斉藤だったが、あやまんJAPANとの絡みは
無理、ということで、あやまんJAPANはVTRで紹介。

そして兄さんの話を聞く編続き。
取材終わりで突撃した相手はピース。
3組とも仲がいいということで、なごやかな感じになると思いきや、(ピース)綾部が
松橋を捕まえ「吉高さんのハイボールのモノマネしろよ」と(2月26日オンエア回参照)。
ものすごい番組観てる!とテンションの上がるメンバー。
そして、「レギュラー番組始めて持って、どうしたらいいかっていうのを先輩に
訊いているんですよ」と向井が流暢に説明していると、嬉しそうな顔になるピース又吉。
「メッチャちゃんとしてんな」
「いつもの俺じゃないんです」と向井が言うも、「向井がここまで仕切るようになったとはなー」と
感慨深げに言う綾部。照れつつも嬉しそうな向井。
そして番組を続けるための秘訣を訊くと、まず綾部が「コレ(鼻の前でグーを並べる。つまり天狗)に
なったら終わり」と。しかし又吉がすかさず「めちゃめちゃ天狗になってるって噂ですよ」
しかもそれで特集を受けている、と(「芸人報道」のことかな?)。
なので、あいつらいいよ面白いよ、という噂よりも数倍速く、天狗だよダメだよ、という
悪い噂は伝わり易いから気をつけろ、と。
そして突然「ピースさんも急に来ましたよね」と斉藤。慌てて止めるジャンポケ太田
だったがそれでも斉藤は続け、「行く行くってずっと言われてましたけど行けてなくて」と
言い出し、太田にかなり強く止められる斉藤。
今大人気のピース、もう時間がないということで最後にジャンポケ武山が綾部に質問。
何か言うと場が静まり返るんだけどどうしたらいいか、という武山に対し、
「今この状況ってことだろ」と綾部。
お前はそれでいい、と言う綾部に対し、これでいいんですか、と訊く太田。
「そうだと思わなきゃやってられないだろ」と綾部。
そして最後は、募金活動をしているシーンで終了。
----------------------------------

それにしても今回はまた豪華でしたねー。出て来るメンバーが。
この番組だから多分ガチでの出演交渉をしているんでしょうけども、まあ
深夜とはいえ地上波のテレビに出て下さいと後輩に頼まれれば、時間の都合が
つくんであれば出ようか、という気にはなるでしょうけども、まさかこの番組で
チュートやブラマヨが見られるとはなー。
ただ、やっぱりギャラとか発生しているんでしょうか。してるか、私物まで
貰っているくらいだし。
そりゃ途中にあからさまな宣伝も入るよなー、とか妙なところで納得したんでした。

それにしても、毎度のことですけど向井君の仕切りは本当に上手いなと思います。
流れが自然なんですよね。途中、ブースの中に入った時も的確なコメントを
していましたし。そりゃ菅さんも「向井やった方が早い」と言いますよ。
ただほんとこの言葉嬉しかったなあ。菅さんってそんなはっきり相方さんの事を
褒めたりしないですし(酔うと褒めてくれるらしいですが)。
最後のピースとの絡みも、向井君が説明している時のまったんの顔ね。
それこそほんと昔から知っているから感慨深いものがあったんだろうなとか思います。

個人的には、『アドレな!ガレッジ』の映像が流れたのが嬉しかったですねー。
毎週観ていましたよ。大好きな番組の一つでした。
これと、『リーダー's ハウトゥ Book』はほんっとに再開して欲しい番組です。
いやもうマジで、もうほんっと大好きだったんだよー!
あの頃のテレ朝深夜は面白い番組が多かったよなあ。
今の『お願い!ランキング』も面白いんですけど、あの頃のが好きだった身としては
戻って来て欲しいんだよなーと。
水曜日は(テレ東だけど)『ゴッドタン』観て、それから『さまぁ~ず×さまぁ~ず』を
観るという、自分的水曜ゴールデンが出来上がっていたというのに。
木曜は、『アメトーーク!』を観て、それから(やっぱりテレ東ですが)『モヤモヤさまぁ~ず2』を
観るという自分的木曜ゴールデンだったのに。
あーモヤさま早く深夜に戻って来ないかな。
話がずれた(ズレすぎだ!)。

あらすじでも書きましたけど、はんにゃのところで先輩後輩をはっきりさせたりとか
本当にこの番組は丁寧なつくりだよなーと改めて思ったりしました。
毎週の出演者紹介もちゃんと先輩後輩の順なんですよね。
五十音順でいけばジャンポケ、ジューシーズ、パンサーの順になるんですけど、
ジューシーズ(東京NSC9期)、パンサー(11期)、ジャンポケ(12期)の順で紹介する、と。
こういうこだわりは見ていて好きだなーと思ったり。

話が前後していますけど、チュート福ちゃんがパンサーを覚えていたことが
なんとも嬉しかったりしました。
ばちーんんんやAGEAGEのMCって、普段絡まない若手と絡んで覚えるいいチャンス
なんだなと改めて。
そういえばロザンもAGEAGEのMCきっかけで犬の心をトークライブのゲストに呼んだりとか
していましたし、南キャンの山ちゃんも雑誌で「埋もれているけど面白い芸人を発掘出来るから
ばちーんんんのMCの仕事は必ず入れてくれと頼んでいる」というようなことを言っていましたし。
あのライブって先輩と後輩の橋渡しという役目もあるんだよなと思ったりしました。
そして尾形君の話の持って行き方ね!あのわざとらしさが尾形君だよなーと思ったり。
私何気に好きなんですよね。
前もパンサーのシチサンで、菅さんの誕生日という時に、菅さんが携帯電話を失くして
大変だった、という話をしていたら、
向井「ケータイなくしちゃダメですよね」
尾形「……今日、何日だっけ?」
向井「こんな下手くそな事あります!? こんな下手? 徐々に徐々にさあ、行こうと思ってたけどさあ」
尾形「自然じゃなかったですか?」
こんなやり取りの後、バースディケーキ持って来ていたりとかしていたり。
なので、私物が欲しいというくだりも、あーこれだよこれ!と一人でツボに入っていたんでした。
にしてもスタッフさんの指示でしょうけども、尾形君を選ぶ辺りが分かっているよなと思います。
つくづく見事だわ、この番組。

そして途中の仕切りに斉藤を選ぶ辺りがもうね!「一番物分かりがいいジャンポケ斉藤」という
ナレーションがね!もうね!
だってこんなん指示されれば誰でもやるに決まってるじゃないですか。仕事なんだから。
それこそ向井君とかスムーズにやると思いますよ。
なんですが、ここで斉藤を持って来る辺りがなあ、素晴らしいといいますか。
確かに本当に、”一番物分かりがいい” 感じがするんですよ。
そして、それこそ向井君や太田に任せておけばもっとスムーズだったであろう所を
あえて斉藤にやらせるっていうのが、やっぱり芸人の成長物語なんだよねこの番組は、と。
色々な人にチャンスや仕事を与えよう、というのが見えるので、なんていうか安心出来ます。
ほんと、いい番組だよなー。

category: 333

tb: 0   cm: 2

神保町花月スケッチコメディ レポ  

今日もパンサー、ばちーんんんに出ていましたねー。
ばちーんんんvs.5up、ということで、普段なかなか見られない関西の芸人さんも
見られて嬉しかったです。
5upもいつか行ってみたいなー。
パンサーは心理テストだったんですけども、毎回ちょこっとオチを変えてくるので
今回はなんだろうと思っていたら、「パーマを当てたけど微妙すぎて気付かれない」って(笑)。
ここ大笑いしてしまいました。
にしても、前から気になっていたんですが、(このコント中の)菅さんは青色で尾形君を
思い浮かべたのに、尾形君でイメージする色は黒なんすね。

そして久々のパンサーが前半!コーナー!ちょっとテンション上がりましたよ。
いやトークもいいんですけど、たまにはコーナー見たいなーと思っていたので。
にしても(カナリア)安達さん、「菅好きやねん」って(笑)。アダチャイルズか(笑)。


レポ、と書いたんですけども、大分時間が経っているので、いつも以上に忘れています。
何せ6日ですから。これ行ったの。一週間以上経っているんだなー気付いたら。

スケッチコメディですが、20個あるお題から指名されたお客さんがお題を選び、
それで即興芝居(コント)をやる、というものです。
4チームに分かれ、毎回2チーム毎の対戦。
8分ネタ、4分ネタ、15分ネタの3本あり、それぞれお客さんに判定してもらって
その時々の勝利チームと、そして最終的に優勝チームが決定する、と。
今回の対戦ですが、無敵艦隊は3つ全てのネタで勝てば優勝、ということでした。
ということが天の声(オコチャさん。今回初めてそうだったのかと知りました私)から
発表されまして、無敵艦隊頑張ってみたいなことを天の声に言われた押見さんが、
「そんなの裏でオコチャがちょっと(得票数)操作すれば」と言い出しまして(笑)、
そしたら天の声が「じゃあものすごい滑った時はそうします」と。
逆にその方が恥ずかしいから、と押見さんも言っていましたけど確かにね(笑)。

まずは出演者
無敵艦隊:LLR 伊藤/アームストロング 安村/ミルククラウン 竹内/
       犬の心 押見/ピクニック/シソンヌ じろう/
成人男性:ジューシーズ 児玉/マキシマムパーパーサム 長澤/若月 徹/
       パンサー 向井/かたつむり 林/インポッシブル 蛭川

そしてお題選び。
無敵艦隊
<8分ネタ> お題:ちょっとHな話 主役:男 オチ:全然Hじゃないじゃん
<4分ネタ> お題:デモの話 主役:デモする人 オチ:何も変わらないよ
<15分ネタ>お題:0を考えた人 主役:男 オチ:これが0ってやつか

成人男性
<8分ネタ> お題:4月1日の話 主役:男 オチ:どれが嘘なの?
<4分ネタ> お題:オタクの話 主役:オタク オチ:全部知ってしまった
<15分ネタ>お題:アイドルの話 主役:アイドル オチ:この笑顔は最高

ちなみに成人男性の8分ネタなんですが、蛭川さんが4月1日生まれだから、と
いうことでこのネタをチョイスしたということでした。
それの上に「誕生日の話」というネタもあったんですが、あえてこっちで、と。
で、成人男性チームが先攻ということで捌けて、いつもはここでしばらく後攻チームの
トークがあるんですが、なんと後攻チーム「もう行っちゃいましょう!」
ちなみに、ネタが決まって成人男性チームが捌けてから1分くらいしか経ってなかったかと。
天の声も最初は、いやまだ出来てないでしょうし、みたいな感じだったんですけども、
「じゃあ、行っちゃいましょうか!」と(笑)。
大喜びで捌けていく無敵艦隊チーム。
「それでは、成人男性組の8分ネタお願いします」と天の声に言われ、
「無理だよこんなのー!」と袖から叫ぶ向井君の声が聞こえてきたのでした。

<成人男性8分ネタ>
蛭川さんの誕生パーティ、という設定で集まった徹ちゃんと向井君。向井君は蛭川さんに
「ずっと友達でいような」と言ったものの、「嘘だよ嘘。だって知らないじゃん俺ら。
俺、こいつ(徹)に呼ばれて来ただけだし」とものすごい事を言い出しまして
(客席ちょっとどよめいていたよね)。
そしてそんな中、児玉さんがやって来まして、「お前(蛭川)の彼女のユミちゃん、
とんでもないことになってる!」と。
そしてやってきたユミちゃんですが……長澤さんでした(笑)。
ひらひらのピンク(だったよね?)のスカート、そして頭は小さなシルクハット?の帽子カチューシャ。
ちなみにカツラは被ってませんでした。つまりあの頭に帽子カチューシャですよ。
出て来た瞬間の衝撃たるや!(笑)。
そして、実は俺はユミちゃんが好きだった、とか実は俺も、とか、こんな姿になっても(笑)
好きだ、とか言い出しまして、最後は魔法使い(林さん)も出てきて大騒ぎな感じで終了。
考える時間ほとんどなかっただろうに(実際探り探りな部分は大分見受けられました)
最後まできちっとやり遂げたのは流石としか言いようがなかったです。

<無敵艦隊8分ネタ>
修学旅行の夜、という設定。安村さん以外のメンバーが、経験者かどうかの探り合い。
みんな「やったことあるし」とか言いつつどこか嘘くさい、という。
一人がめちゃくちゃなことを言い出すんですが、「え……あ、あー、あれね、うん、あれ。
俺もそうだし」とか言い出して、他のメンバーも「あーあれか。そうそう。やるやる」とか(笑)。
明らかにおかしいのを探りつつ同意する感じがなんともかわいかったです。
そして先生役の安村さん登場。「お前らみんなやったことねえだろ!」と一刀両断。
で、「ここに女の子がいたら何したい?みんな素直に言ってみろ」と。
皆思い思いに妄想。そして答えを発表。
生徒「せーのっ、バトミントン!」
先生「全然Hじゃないじゃん!」
見事なオチだったなあー。

8分ネタは、天の声の誘導もあり(本当にあった)、無敵艦隊の勝利。
8分ネタの勝者が次の4分と15分の先攻ということになるんですけど、さっき酷い目に遭った
成人男性組がもう始めようと言い出すんですが、帰ろうとしない無敵艦隊組。
「押見さんに考える時間を与えるな!」って言ったのは児玉さんでしたっけか。
そういやここの時、天の声が
「成人男性組の彼女、あれ何て名前でしたっけ、ユミちゃん?ユカちゃん?」
と言い出しまして(多分ですが天然)、客席の一部から笑い声が聞こえる、というね(笑)。
これなー、もし(ジューシーズ松橋)しゅうたとか(ジャングルポケット)太田とかいたら
確実にだまさんが弄られていたんでしょうけども。
ちなみに向井君も舞台上にはいませんでした。途中出てくるのは代表者2名のみなので。

<無敵艦隊4分ネタ>
デモの話、ということでデモをする5人。される?受ける?側は押見さん。
なんですが、一体何のデモなのか全く不明。押見さんも「要求はなんなんですか?」と訊くものの、
それには答えず「解放しろー!」とか。「何を?」と訊く押見さん。
「飯を、食わせろー!」「軽いもので良ければ」のやり取りが一番笑ったなあ。
結局最後まで何のデモなのか分からないままに終了。

<成人男性4分ネタ>
オタクの話、ということで、AKBのコンサートに行って来たオタクの面々。
向井君、林さん、蛭川さんは、もっじゃもじゃの髪の毛にリュック、という、いかにもーな感じのオタク、
そして児玉さんはおかっぱ頭に紫のレギンス(またこれが良く似合うんだわ)、
長澤さんはさっきのユミちゃん、なんですが、なんと前田あっちゃんの役!(笑)。
これあっちゃんファンに怒られるから!
オチはあっちゃん(というか長澤さん)が彼氏(徹)とキスをしていて、付き合ってたんだー!
知りたくなかったー、というもの。

この回は成人男性組が勝利。ということで無敵艦隊の優勝はなくなったものの、
「次勝てば2位ですから。頑張って下さいね」と天の声。
いやでもモチベーションが、とか言っていたら、さらなる事実が発覚。
「成人男性組は、これぞ優勝チーム、というものを見せて下さいね」
……あれ?優勝?
なんと、この4分ネタの勝利で、成人男性組の優勝が決まってしまった、と。
つまり次に負けても成人男性組は優勝だし、無敵艦隊組は勝っても2位、という状況。
ますますモチベーションが、となりつつも、頑張る面々でした。

<無敵艦隊15分ネタ>
数字の概念がない世界で、数字を作ろう、という話。
ものすごく押見さんっぽい感じでした。
押見「リンゴあるじゃん。それ食うじゃん。で、それと同じのが欲しいってなった時、
    リンゴリンゴ、って頼むじゃん。で、うち家族お父さんとお母さんとお姉ちゃんが
    いるから、その分のリンゴを頼む時ってリンゴリンゴリンゴリンゴ……ってなるじゃん」
それが面倒臭い、と。しかし、
安村「リンゴリンゴリンゴ、って時は、そういう音量で伝えてる」
押見「何?大きさで、ってこと?」
安村「うん。リンゴー!って」
押見「それで伝わる?」
安村「伝わる伝わる」
西の人(押見さん以外)はそれで伝わる、と。
しかしそれだと、風邪を引いた時とか無理じゃん、と押見さんが言い出して、
そういうのをもっと伝えやすくする方法はないのか、と。
で、スケッチブック登場。まずピク兄がリンゴの絵を描きまして、そして
次のページへ。
ピク「まず、リンゴがこれ(棒線)とするだろ、で、リンゴリンゴだけど、あれ?
    2個目どんな記号にしたっけ……」
ざわつく客席。しまった、という顔をするピク兄。
誰だったかが、「あ、それでいいんじゃね。リンゴリンゴが、”ニコメ” で」と(笑)。
で、3の時も何だったかな、誰かが言い出して、「サンニセヨ、でいいじゃん」と。
そしてその次が「シ」
と結構ここまで時間をかけていたんですが、なんと伊藤ちゃんが
「あといいじゃん、ご、ろく、で」と(笑)。いともあっさり(笑)。
そして最後に一人取り残されて(うわーこれ誰だっけ。安さんだっけ?)0が出来る、と。
いやほんと見事でした。これ押見さんいなかったら相当難しかったかも。

<成人男性15分ネタ>
前回からの続き。なんと、オタクだった皆はアイドルになっていた、と。
もじゃもじゃ頭はそれぞれカッコ良く(というかカツラ取っただけだけど)なっていましたが、
なぜか児玉さんだけは前のままでした。
でもセンターで踊るだまさん(笑)。
そしてあっちゃん(しつこいけど長澤さんだよ)に再会。あの時はただのオタクだったから
近寄れなかったけど、今ならいけるんじゃないか、と。
で、一番あっちゃんのファンである蛭川さんが行く事に。
しかしなんと、あっちゃんは蛭川さんの前の彼女であるユミちゃんだった、と。
あの時あなたに振られて悔しくて頑張ってアイドルになった、というあっちゃん
(ちなみに名前は芸名だそうな・笑)。
で、もうあの頃には戻れない、と言われ蛭川さんはショックを受けるものの、
オタク時代のネタで笑顔を取り戻す、と。
全部のネタが繋がっている辺りに痺れましたよ。
成人男性組って割とそういう回多いんですよ。成人男性組に関しては全部
見ましたけども(そしてレポ書いていますんで良かったらどうぞ)、前の話との繋ぎが
上手いんですよね。それが私も好きだったり。

どちらもほんとに良かったので、かーなーりー迷ったんですが、全部の話の
繋がりという部分を評価して私は成人男性組に1票。
結果的に成人男性組が15分ネタも取っていました。


で今クールのスケッチコメディは終了、ということで、次回からまた新たな流れに
なるそうです。具体的には人を一人増やす、と。
誰が増えるかとかは、神保町花月ブログでどうぞ。
というかこれ見たら、今まで15分ネタだったのが今度は12分ネタになるんですね。
やっぱちょっと長かったのか、15分は。
あと、ホームランズなんですが、前回たしか「ツッコミが欲しい」とか言っていたような。
太田、はまあツッコミ気質ですけども、ジャンポケではボケなんだけどなあ。
そして、「成人男性組は、囲碁将棋の根建さんです」と天の声から発表があった時
成人男性組が湧きまして、押見さんが「根建がこんなに求められるなんて」と
言っていたのに笑いました。
確かにちょっといが……いやなんでもないです(笑)。

スケッチコメディ面白いので、機会があったら皆様ぜひぜひ(どこの回し者?・笑)



category: お笑い

tb: 0   cm: 4

スカルプについて本気出して考えてみた  

スカルプより先にライスに対して本気を出すべきじゃないだろうかとタイトルを
書きながら思ったけどまあいいや(いいんかい!)

今日のばちーんんんは久々にパンサー3人揃いましたねー。やっぱり3人で
いてくれるのが一番だなあとか思ったりしました。今日はちょっと本調子では
なかったように見えましたけど、まあこういう時もあるさ、ということで。
にしても、今後の事を考えると菅さんには2人用のネタも作っておいて
欲しいなとか。単独もあるしそれどころではないかもなんですが。

そして今日からプロ野球開幕!だったんで、テレビでヤクルト戦(巨人戦ではなく・笑)を
見つつ、ばちーんんんも見る、というなんだか忙しい感じでした。そして
パンサーのトークのところでテレビの音を消してパンサーに集中して、で
終わってからテレビ見たら1点差だったはずが4点差に広がっていました……。
うん、まあ結果から言えば負けたんだけどね。
気を取り直して明日から勝てばいいんだよ、明日から!
そして、今日はデーゲームがセパそれぞれ1試合ずつあったんですけども、
セリーグは横浜ベイスターズが勝ったんですね。
で、何気にツイッターを見ていたら、「横浜単独首位」と書いてあって吹きました。
野球に興味のない方にはピンと来ないかもしれないので追記しておきますが、
横浜に貯金が出来たのは、「2007年8月23日以来1328日ぶり」だそうです。
つまりそれまでず―――――――――――――――っと黒星の方が多かった、と。
横浜にとっての単独首位がどれほどのものかこれで分かっていただければ。
にしても、見ているとやっぱり球場に行きたくなりますねー。
お笑いライブに行くのが忙しい(&お金がない)のでなかなか行けてないんですが
やっぱり神宮行きたいなーとか思います。つば九郎に会いたいし!(そこかよ)


さて本日はスカルプについて。スカルプって何だよ、と思われた方はお手数ですが
この日のブログを読んで頂けるとありがたいです。
『せりざわ君、キミは間違っている。他』に出ていた、ジャングルポケット斉藤が
演じていたキャラですね。
今日は仕事をしながら、ずっとこのスカルプについて考えていました。
そんな社会人ってどうよ、と思わずにはいられませんが、まあそこは反面教師的に
流しておいていただけるとありがたいです、ええ。

(若月)とおると、(ライス関町)ともひろが復縁するシーンで、とおるが言い放ったセリフ
(とはいえうろ覚えなのでこんな感じだった、ということでひとつ)。
「分かったんだ、男は幾つになっても子供だって。だったら若い方がいいじゃないか」
これ、よくよく考えたら、いや考えなくても相当酷い言葉ですよね実際。
あんたの魅力は若さしかないよ、と言っているようなものじゃないですか。
実際劇場でこのセリフ聞いた時、うっわあー!と思いました。
いや、私女性アイドルも大好きなもので、モーニング娘。とかハロプロとか
AKBとか色々好きなんですよ。あ、そういや先日のめちゃイケSP、久々にテストを
やりましたけども、やっぱり今呼ばれるのは娘。ではなくてAKBなんだなあ、とか。
昔は娘。だけでテストやったりしたのになあ、と。
まあでもそりゃそうだよね、モーニング娘。ってこの間新メンバー(9期)が4人入ったん
ですけど、どれだけの人がそのことを知っているのかって話ですよ。
話がずれた。
で女性アイドルが好きなわけなんですけども、そうすると当然ながらファンも目に入る
わけですよ。で、まあ、なんというか、いわゆるロリコンと呼ばれる方々のですね、
若い子への推し変ぶりをですね、なんというかものすごいスムーズに、そしてあっけなく
行われていくのをそれこそ何度も何度も目の当たりにしているものでして、
なんというかすごいリアルにそのセリフが聞こえたんですよ。
だってこの間まで「○○ちゃん!○○ちゃん!」とか言っていた人が、気がついたら
「□□ちゃん!□□ちゃん!(○○ちゃんより若い子)」となっているんですもん。
人それぞれですけども、どうもこの年齢以上になると興味を失うラインがあるらしくて
皆見事に移行していく様がね、なんというか、ああー……、と。
で、何が言いたいかといえば、とおるって多分そう遠くない将来にともひろを捨てるだろうな、と。
もっと若い恋人を見つけて。
だってともひろも当然ながら歳を取るわけですし、そしてなぜかとおるみたいな人って
何気にモテたりするんですよね、若い人から。
そしたらきっとまたともひろは捨てられるのだろうし、また一人になってからスカルプの
存在を思い出して、何であの時追い返したんだとか後悔して、また魔方陣で呼び戻そうと
思っても時既に遅し、スカルプはもう二度と来な……
いや、あの人来るよね、絶対に。
あんな冷たく理不尽に追い返されたのに、でもまた呼ばれたらほいほい喜んで行くよね、
だっていい人だから。邪悪の神とか言っているけども。
で、また「僕の友達は君しかいない」とかともひろに言われて喜ぶんだけども、
ともひろに新恋人が出来たらあっさりと切られて追い返されるんだろうなと。
なんだろう、そう考えるとものすごく可哀想なんだけど……。

ただ、よくよく考えたらスカルプってそういう星の元に生まれているのかもなあ、とか。
だって魔方陣で呼ばれるんですよ。と考えると、呼ぶ方の人間がどういう人かと
想像するに、多分ほぼ2種類じゃないですか。
軽い気持ちで呼んだっていう遊び半分の人か、世の中を困らせてやろうと考えている人か。
前者だったら、「ほんとに来ちゃったよハハハハハ。うわー写メ取っとこう写メ。これ
ツイッターに載せていい?いいよね。うんありがとうツイッターに書いたからもういいや、
帰って」とかになるでしょうし、
後者だったら、まあ何ていうかそんな考えを持っている人がまともな思考の持ち主で
あるとは絶対に考えられないので。えーっと、まあ一言で言えばクズじゃないですか。
そんな人と一緒にいたところで、果たして幸せなのかどうかと考えると、大いに首を傾げる
こととなるわけです。
それになんか話によると色々な神がいるわけで、そうなると魔方陣で呼ばれた時に
誰が行くかというのでまた色々力関係があるんだろうなあ、とか。
例えばすっごい綺麗な女性が魔方陣で呼んでいたとしたら、俺が行く、いや俺が、とかで
ケンカになりそうですけども、母親は家を出て行って父親は心の病を発症して自らは
大学受験に失敗して自暴自棄になった男(ともひろ)が呼んでいたとしたら、
「うわーこれ俺行きたくねーよ」「俺だって行きたくねーよ」「おいスカルプ、お前行って来いよ」
「え……僕、ですか」「なんだよ文句あんのかよ、いいから行って来いって言ってんだよ」
「うわあごめんなさいごめんなさい。行きます、行きます」
とかで行かされたのかもしれないよなあー。スカルプ、魔界で苛められているらしいから。
なんかそんなことを考えていると、スカルプがもう不憫で不憫で。
いやもうね、ともひろ魔方陣の作り方教えてくれよ、私がスカルプ呼ぶから!
みたいな気分になるわけです。

あのお芝居を見てからずーっと、スカルプがどうにかして幸せになる道はないのかと
考えているのですが、考えれば考える程難しい事に気付いてちょっと打ちのめされています。
どうにかしてどこかで誰かと共存出来る道はないものかと。
ただ、あの力はカツラ会社に就職したらものっすごい武器にはなると思うんですよね。
いやカツラじゃなくて直接頭に生やせばいいじゃん、と思われるかもしれませんが、
ハゲがいなくなったら商売上がったりじゃないですか(笑)。なので、カツラで。
そうだなー、カツラ会社に勤めてそこで同僚と仲良くなるとかそういう方法が一番
現実的かもなーとか考えて、いや現実的も何もスカルプ自体がフィクションだから!
と自らにツッコミを入れました。
いや、単にこういうことを考えるのが好きなんですよね。
しかし今日はいつもにも増してどうでもいい内容の記事だったな……。
ここまで読んでくださった方ありがとうございます、というかなんかすみません。

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

つれづれこまごま  

なんかこのタイトルで記事を書くのも久し振りかもしれないなーと思いまして
いつ以来か辿ろうかとも考えたんですが、面倒なので止めました(笑)。
そんな話はどうでもいい。


録画していた「逃走中」をざっと見ました。カナリアの安達さんがツイッターで
見てねと言っていたので録画していたんですけども、まさか!その裏で!
パンサー(の宣材写真)が出るとは思わなかったですよーby「モヤモヤさまぁ~ず」
なんでもさまぁ~ず&大江アナが訪れた鎌倉の酒屋さんの娘さんが
今年来る芸人としてパンサーの似顔絵を描いていたとか。しかも似ていたとか。
名前と宣材写真出たらしいですね。
ところで、パンサーの宣材写真は新しくはしてもらえないのかしら、とずっと気になって
いるんですが、まだ3年経ってないし替える必要なしということなのかな。
個人的には菅さんだけでも、と思ってしまうんですが。
話がずれた。
昨日はお笑い男子校のライブに行っていたんですけども、家に帰って
ツイッターを見ていたらモヤさまの話で ”パンサー” とか出てくるから何事!?、と
思っていたら、名前が出てたんだよーと教えて頂けまして。
なんかすごいなあ。あちこちでパンサーの名前を聞くようになってきた気がしますよ。
どんどん遠くなるなあ。元々全然近くないけども。
……って「逃走中」の話だった(笑)。
わざわざツイッターで言うということは逃走者として出てくるのか?それもすごい
出世だなーと思っていたらそういうわけではなく、でもかなりいい感じで使われていて
なかなか美味しかったなーと。
特に安達さんってああいう役どころが似合う気がします。見た目が。
またちょいちょい出てくれないかな。

パンサーも売れたら逃走中とか出るようになるんでしょうか。うわー見たい!
率先してミッションに挑戦するのは尾形君でしょうね、やっぱり。
向井君もテレビ映りとか好感度とか色々考えて(笑)挑戦しそうだなあとか。
そして一切動かない菅さん(笑)。
でも菅さん走るの速いから、なんか逃げ切って最終的に、あ、でも結局
自首しそうな気がする。
売れたら出て欲しい番組っていっぱいありますけども、とりあえず「ゴッドタン」
(企画はなんでも。あ、でも谷桃子と絡む回は高確率で怪我しそうなのでそれ以外で)
あと先日独立した「ブラマヨとゆかいな仲間たち」ですね。
「ブラマヨ~」は芸人として内外に認められた人が出る、というイメージなので
あの番組に出られたらちょっと泣くわ。感動で。

昨日、お笑い男子校のライブに行って来たんですけども、写生の時の
マヂカルラブリー野田くんの写真がまーあカッコ良くてですね!
ユースト配信のリピートが一週間くらいは見られるそうなので、見ていない方は
そちらからどうぞ。
普段芸人さんにそんなキャーキャー言わないんですけども、あの写真を
見せられた時は思わず「カッコいいー!」と何度も言ってしまいましたよ。
野田くんカッコいいわあー。
そんな野田くんも出る「しっぽりの夜」が来月にあるんですけども、無事に
チケットが取れましたので行ってきます。たーのーしーみー。
この「しっぽり~」なんですけども、お酒を飲んだりご飯を食べたりしながら
まったり見るライブなんですね。で前回行ってつくづく思ったのが、これ一人で
行くもんじゃないな、と。
誰かと行って料理何品か頼んで分けつつ食べて、でちょっと話しながら見たりする
ようなライブだよなあ、とか思ったんですけども、仕事の都合上どうしても
会場に着くのが開演ぎりっぎりだし、終わったら速攻で帰らないとだし
(結構終わる時間が遅かったんですよ、前回とか)、そう考えるとうかつに人を
誘えないんだよなーと。
なので今回も一人で行きますよ。
まあ仕方ないとは思いつつ、次回は土曜日とかにしてくれないかなーとか
呟いたら言霊パワーでどうにかならないかしら。
届いておくれ!あのライブの日程を決めている人に!

普段あんま芸人さんにキャーキャー言う事は無いと書きましたけども、
先日のトリオ・トリオ・トリオでジャングルポケット斉藤が向井君の服を着て
出てきた時は思わずキャーキャー言ってしまいました、って結構言ってるじゃんか、
という感じになってきたんですけども、でもほんとそのくらいなんですけどね。
トリオ~も配信があったのでご覧になられた方はご存じと思うんですけども、
何気に似合っていたんですよ、斉藤が。
まさかツモリチサト(よね?向井君の服だからそうだろうという短絡的思考)を
斉藤が着こなすとは思わなかったです。
というか、斉藤ってベースはかっこいいんだからもうちょい服とか選べば
ほんとすごい見た目良くなると思うんですけどね。
いや今もかっこいいと私は思ってますけども(異論は認めん!・笑)。
もうちょいなー、馬に貢ぐ分を服に回せばいいのに、とか。余計なお世話ですけども。
そして向井君に靴を突っ込まれた時、何度も靴のサイズを言っていたのが
なんか面白かったです。さりげにねだってるなあ、と。
せっかくだから、先日「僕らの休み時間」でシソンヌMADが履いていた
羽がついた暗闇で光る靴でも上げようかと思ったんですけど、あれ多分ですけど
かなり高いですよねきっと。MADが好んで履いているくらいですし。
5、6万とかするのかもなあ。そんな靴買ったことないよ!
そして向井君が斉藤の私服を着ていましたけども、まさかの岡山県を着こなす
向井君ね!(笑)。あれは見事だったなあ。
それにしても途中から配信見た人は向井君を見てなんだと思ったんだろう。
確実に罰ゲームだよな、とか思ったんですけども、よくよく考えたら
人様の私服に対して罰ゲームって。相当失礼な話だよな、と。
ごめん斉藤(こんなとこ見てないけど)。
あ、そういえば斉藤の岡山県Tシャツですが、お客さんからの貰い物だとか
言っていましたね。だよなあ、斉藤のファッションがアレなのって客側にも問題が
あるよな、とか思ったり。いや分かるんですよ、気持ちはすごい分かるんですよ。
変なTシャツ見つけたら斉藤に上げたくなるっていうのは!(笑)。
私も幾つか見つけて、ちょっとこれ上げたいなーと思いつつも、いやでもこの程度の
変さではまだまだ駄目だ、とか思って止めたんですけどね、ってどんな理由だ。
しかも服とか選べば、って言っといて。

とはいえ基本的に芸人さんに顔の良さは求めてないです、ってパンサーとかロザンとか
好きな私が言ってもあんま説得力ないよなーとは思いつつ。
あ、でも以前アキネーターをロザン宇治原さんでやってみた時、「男前?」と訊かれて
「いいえ」を選た……げふんげふん。
とはいえ最終的に宇治原さんが出たので、あのインド人のおじさんと意思の疎通は
出来たみたいです(笑)。
いやでも別になあ。例えば向井君があの顔でなくても、それこそギバちゃんカットにしても
(相当似合わないでしょうけども・笑)好きですけども、あ、でもあのツッコミ能力がなかったら
ファンではなかっただろうなとは思います。
そういえば、もし向井君がパンサーに入らなくて尾形君と菅さんの2人でのコンビだったら
尾形君がツッコミをやることになっていたとかいう話を前に聞いて、それは何ていうか、
3人で良かったねえ!と。そりゃあもうしみじみと。
とここまで書いて思ったんですけども、例えばもしパンサーに向井君がいなくて
誰かボケの人が入って尾形君がツッコミとなって、それで『333(トリオさん)』を
やることになっていたとしたら、ツッコミはジャンポケ太田とジューシーズ赤羽健ちゃんの
役割になっていただろうなあ、とか。どちらもトリオ内ではボケ担当なのに!(笑)。
いやほんと、パンサーあの3人で良かったよね。パンサーにしても、『333(トリオさん)』にしても。

category: お笑い

tb: 0   cm: 6

暫定的パンサースケジュール  

今日はお笑い男子校のライブに行ってきましたー。楽しかった!
ユースト配信もありましたし、リピート配信もあるということで、皆で楽しめる感じで
良かったです。
ちなみに、ユースト配信が無かった部分ですが、マヂカルラブリー村上さんは
アニメ部で(グレンラガンの最終話をちょこっと流したりしたので配信出来なかった模様)
パンサー尾形君はゴールの喜びを表現部だったかな、こちらはサッカーのゴールシーンを
ちょこっと流したりしたので以下略。

無限大のスケジュールが発表されたりしたのでパンサースケジュールも更新です。
毎度書いていますが、漏れや変更等あると思いますので参考程度にご覧ください。
明らかな間違いに関してはこっそり教えていただけるとありがたいです。


<4月>

■12日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■13日
渋谷ばちーんんんLive特別企画「ばちーんんんvs5upゼロイチ」 19:00 渋谷無限大ホール

■14日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■15日
よしもと東北ロード 仙台パンサー vol.4 19:00 仙台市戦災復興記念館 (延期)

■17日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ

■18日
第7回リカバリー王決定戦!! 19:30 品川プリンスシアター (向井)

■19日
ゲッターズ飯田のよしもと芸人100人占い斬り!! 19:00 品川プリンスシアター (尾形、向井)
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:15 神保町花月 (菅)

■20日
お客様に感謝感謝3500円ライブ 18:00 新宿ルミネ
お客様に感謝感謝3500円ライブ 20:00 新宿ルミネ

■21日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■22日
ネタの内
~ルミネ・∞ホール・5upよしもと芸人絡みました。コーナー付~ 19:00 新宿ルミネ

■26日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
プロデューサーX 21:30 渋谷無限大ホール (菅)

■27日
アップ・ダウン presents コント共和国 19:00 THEATHER BRATS (東京)

■29日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール


<5月>

■1日
パンサーinルミネ(単独ライブ) 19:00 新宿ルミネ

■2日
表参道から日本を元気に!happyテヘヘ 13:00 表参道ヒルズ(東京都)
Adachilds 5 21:30 渋谷無限大ホール

■3日
コントバトルG1 19:00 新宿ルミネ

■5日
お笑いクイズダービー 22:00 新宿ルミネ

■6日
もう一度見たいシャッフルトーク~2011GW パンサー×ゆったり感 12:00 渋谷無限大ホール

■8日
写メトーク 14:00 表参道ヒルズ(東京都)
トリオ組合SP 18:00 神保町花月 (菅)

■10日
ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 19:30 阿佐ヶ谷ロフトA

■13日
金シャチLIVE 16:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)
サンシャインtheよしもと プラス 18:30 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■18日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■22日
群青が押見と向井をいぢめる 18:00 浅草 雷5656会館 (向井)

■24日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■25日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■26日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■27日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)

■28日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■29日
バル・ボラーチョの夜は続く 13:00、16:00 神保町花月
トーク&SPライブ「ビバ!バル・ボラーチョ!!」 19:00 神保町花月

■30日
コントグランド花月 19:00 なんばグランド花月


<6月>

■1日
ショータイム~練習試合~ 19:30 THEATHER BRATS (東京) (尾形)

■19日
週末よしもと お笑いライブIN富良野 2011笑顔 13:00 富良野文化会館(北海道)

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

Hopライブに行ってきたよ  

今週分の過去記事をこっそり(?)更新しています。あとコメントのレスもつけさせて
いただきました。こちらに関しては遅くなってすみません。
レスをつけるのはほんとに楽しいんですけども、記事を書く時のように軽い気持ちでは
書けなかったりするので多少時間はかかってしまうんですよね。
とか書くと、普段の記事は軽い気持ちで書いているのかよ、となると思うのですが、
その通りですよ!ということで。
いや、軽い気持ちでなかったらこんな毎日書けないですもん。
基本的に面倒臭がりで好きな事しかやりたくない人間なので。

さて本日は、ばちーんんんHopに行ってきました。
昨日、MCがパンサーに変更、というのが発表されまして、いや明日って特に
予定はないけど今週相当睡眠不足だったから寝倒そうと思っていたのに、
いやでも菅さん復帰第一弾&29歳になって初の(客前に出る)仕事だしなー、
それにパンサー3人揃った姿を生で見るのって先月6日以来なんだよなー、
とか思っていたら手が勝手にチケットを取っていました。

Hopライブは25組(今回は27組)の芸人が次々にネタを披露するというライブでして、
持ち時間一組2分で2分15秒で強制暗転(ただし投票の際の減点はなし)、
1ブロック8組か9組毎、ネタとトークがあり、それが3ブロックあります。
全体の時間は2時間ちょいくらい。
何気にレベル高いですし(まあ、ピンキリではありますけども。ただこんなに面白いのに
Hopなんだ、とぴっくりする人はいます)、トーク全体の時間も結構長いですし、
それでいてチケット代1000円ですし、と結構おススメなライブだったりします。
特にMCのファンなら行って損はないかと。
にしても、あれだけ芸人が出てチケ代1000円と言われると、一体それぞれのギャラは
幾らになるんだろうと余計な心配もしてしまいます。

私がHopに行ったのは前回パンサーがMCをした時以来の2回目なんですね。
で前回は、結構トークの時間を長く取っていたら途中でトークの終わりを告げる音が
流れまして、その後の3、4組のトークが駆け足になってしまった、ということがあったんですね。
で今回。前回の反省を踏まえてか、さくさくトークが進んでいました。
いやもう、ほんっと向井君上手いなあと。切り上げ方とかほんと上手いんですよ。
以前、急にAGEAGEのMCをやることになった時があって、その時のAGEAGEは
見ていないのですが(そもそもファンになる前でしたし)、その後のシチサンで
菅さんがやたら向井君を褒めていたことがありまして、なんかその時の事を
思い出したりしました。
ほんっとにプロだなあと改めて。
次回のHopのMCもほんと楽しみです。

投票のあるライブの時はお決まりともいえる、尾形君のギャグコーナー。
これより面白かったら投票してね、というボーダーラインを決める、というやつですね。
で今回はサンキューネタかと思いきや、なんと、トリオ・トリオ・トリオで披露した
死ぬかもしれないネタをやってくれました。
トリオ~の時は座っていた位置の関係であまりちゃんと見られなかったんですけども
今回はセンターに座ったのでよく見えまして。
いやほんと、あれって一気に顔色変わるんですね。
やった後倒れていましたし、あんまり多用しない方がいいんじゃないのかなー。
本気で危ない気がしますし。
で、披露した後向井君は、「つまんない」と一刀両断していました(笑)。
あなたトリオ~の時は唯一好きなネタって言ってたじゃない!

今回は尾形君の元相方であるMASAさんのコンビ(あんこ~る)も出ていました。
ネタの時は全く気付かなかったんですけども(ごめんなさい)、トークの時に
「(相方の)マサが結婚してまして」という話が出て、『あれ?そういえばこの人……』
とか思っていたら、尾形君が「へーそうなんだ」とか言い出しまして、『???』と
なっていたら、「知ってるでしょ元相方なんだから」とツッコミが入りまして、
ああやっぱり、と。
当時グレートホーンでやっていたというネタ(MASAさんのおでこを叩くっていう)のも
披露してくれました。ただそれを見た菅さん曰く、「何で解散したかよく分かりました」
とのことでした(笑)。

最後に順位発表がありまして、まず上位3組を3位から発表するんですけども、
発表されるたびにその組が前に出ていたんですね。
で、1位の発表となった時に、ちょうどMASAさんの近くにいた尾形君が、MASAさんに
何やら話し掛けて(多分お前らが1位だよ、とかそんな感じの)、前に出そうとしていました。
で向井君もそれに気付いて、「1位は……」というところで溜めて、2人が前に出たところで
「0.03秒」と別の組の名前を言う、と。
すごすごと帰って行くあんこ~るの2人。
ただなんかその感じがすごくほのぼのしていていいなあと。
尾形君とMASAさんは解散時には結構ぎくしゃくしていたようなんですが、
「今は和解したから」と尾形君も以前言っていたように、関係も修復されているようで
良かったです。いやグレートホーン時代を知らないんですけども。
あ、ただ、「和解したんすよ。2人でドトール行きましたし」と言っていたんですが、
別に店はどこでもいいよ、と聞いた時思いましたごめんなさい(笑)。

0.03秒は外国人のニコラスがいるトリオです。トリオ連合とかでメンバーに入っているので
ご存じの方も多いかとは思います。
私もニコラスは知っていたんですけども、ネタや相方さんを知らなかったので、
今回見れて嬉しかったです。ネタ面白かったですし。1位も当然だろうなあと。
客席も一番湧いていました。
ところでこのニコラスなんですが、「外人キャラ飽きた」と言っていまして、
いや飽きるとかそういう問題じゃないから、みたいに突っ込まれていたんですけども、
個人的にそれ以上に
「外"国"人って言えよ!お前それからやぞ!」(byロザン宇治原さん)
というツッコミが頭を流れた事を書き記しておきたいと思います。
いや、あなたが外人って言っちゃダメよ、と。

さすがに20何組もいるんで、面白かった人を後で検索しようと思っても
名前が出て来なかったりするので、今回はその反省を踏まえメモっておきました。
ただでもHopは配信もないので、ネタ動画とかほとんど上がっていないんですよね。
Hopも配信してくれないかなー。難しいのかなやっぱり。

今回、西田ひかるのものまねをやっていた人(とくこ)がいまして、
もーうそれがツボでツボでしょうがなかったんですけども、世代的に
あまり伝わっていなかった模様です。
何せトークの時に向井君が、「この時(全盛期)の西田ひかるさんを知らないって方」と
客席に訊いたら結構がっつり手が上がりましてね。
あまりにも手が上がるんで思わず私も一緒になって上げようかと思いましたよ(笑)。
確かになー、あのネタが伝わるのってそれなりに年齢いった人だろうしなー。
ちなみに尾形君にはツボだった模様です。

category: お笑い

tb: 0   cm: 8

『333(トリオさん)』第十九回感想  

今週忙しかったなあー。まあ、忙しいの7割はライブに行っていたから、なんですが。
日、月、水、と行って、明日と明後日も行きます。行き過ぎ!
いやでもさ、このために仕事しているようなものだからね!
遊ぶ金欲しさに仕事しています。そんな社会人○年目。

時間もないのでさっさと感想いきます。まずは見られない地域の方へあらすじ。
番組見たよーという方はさくっと飛ばして下さい。

------------------------------

先日、沖縄国際映画祭に映像を出品した9名(詳細は先週分の感想参照)。
そして今回、「いつも以上に急に呼ばれた感じ」(byパンサー向井)と言うほど
急な呼び出しがかかり集まる9名(ちなみに、いつもは某日となっているのが
今回は3月20日、と明記されていました)。
そしてなぜ呼ばれたかの説明。先日出品した映像の一次選考の結果が出た、と。
ちなみに全250作品の中で、一次通過は15作品のみ。
かなり狭き門だが、一次選考を通過したと発表があり、大喜びする9名。
そしてグランプリの発表は沖縄国際映画祭の会場で発表されるということで、
「この際だから、沖縄まで行っちゃいましょう」と。
9人で沖縄に行ける!と大喜びするメンバー。
「言ったら、こんな3時からの番組で」まさか9人で沖縄に行けるなんて太っ腹、と
思ったのもつかの間、「お断りしておきたい事が」と言う、進行のアナウンサー。
「既に、別の仕事が入っているトリオが一組あります」
「ジャンケンでもねえのかよ」「くそー!とも言い辛い」と口々に言う3組。
そして、そのスケジュールが入っているという一組が発表される。
なんと、「ジャングルポケット」
崩れ落ちるジャンポケ、大喜びするパンサーとジューシーズ。
しかし、
「ジャングルポケット……のお三方は、スケジュールが空いておりました
つまりは行ける、と。
「そんな発表の仕方ねーよ」「悪意があるぞ」と他二組から文句が来る中、
もう一組行けるトリオが発表される。
「ジューシーズは……空いておりました」
ということで、行けないのはパンサーに決定。
速攻で荷物を持ち、「帰るぞ久々に!」(by菅)
で、何の仕事が入ってるのか訊いてみたら、
「何やら、単独ライブのV撮りの仕事があるそうで」
「いやいや、バラすバラす(日程をずらすって意味ですよねこれ)」
と言ったものの、マネージャーによると、どうしてもこの日でなければならないとのこと。
「あいつマジ使えねー」(by尾形)
ただ、とはいえ、翌日も『333(トリオさん)』のロケがあるということで、
「1日遅れで(パンサーも)沖縄に来ていただきます」
喜んでいいのかなんなのか微妙な表情になる向井と菅に対し、
思いっきり笑顔になる尾形。
と、これで一件落着かと思いきや
「(ジューシーズ)児玉が、25日、歯の手術あんの」(byジューシーズ赤羽)
それは大事な予定じゃん、と大騒ぎになる他のメンバー。
マネージャーに言いに行く尾形を必死で止める児玉なのでした。

そして一足先に沖縄に来たジューシーズとジャンポケの6名。
初の沖縄ということで(全員ともかは分かりませんが、初めての人が多かった模様)
大はしゃぎ。
しかし、『333(トリオさん)』は沖縄では放映されていないということで、
ロケの様子を見ているギャラリーはジャンポケ斉藤が声をかけても無反応。
早く沖縄でも放映されるといいね、と言いつつ、本日の予定である
沖縄国際映画祭グランプリ発表のステージへ。
客席後方で一次選考を通過した作品を観る6名。
さすがにどれも面白く、不安になるメンバー。
そんな中、『333(トリオさん)』の作品が流れる。
会場のウケも良く、審査員も笑っているということで一気にテンションの上がる6名。
そして、壇上に上がらせてもらえる事になり、「健ちゃん跳んでよ」(byジャンポケ武山)
と言ったことから赤羽がジャンプする事に。
砂浜参考記録:1メートル40くらい。
これはいけるんじゃないか、とテンションの上がった6人だったが、その後も
ハイレベルな作品が続き、一気に自信のなくなるメンバー。
最後の作品はあらびき団から。会場も審査員も大受け。
これはグランプリは無理じゃないか、とテンションの下がる6名。

そして審査発表。まずはニコニコ動画賞。あらびき団の作品が選ばれたと
いうことで、グランプリじゃないんだ、と一気に期待が高まる一同。
しかしながら、グランプリもあらびき団の動画。
最後は特にMCに弄られる事もなく、尻すぼみに終わったのでした。

------------------------------

これ、何で25日パンサーは行けなかったんだろう……?
いやだってV撮りってそれこそ日程ずらせよって話じゃないですか
(そして単独自体も開催されるか微妙なところでしたし。結局延期となりましたけど)。
ちなみにこの日なんですけども、本来の予定としましては、パンサーは
19時からルミネタ、22時からヒストルアタックNo.1(どちらもルミネtheよしもと)という
仕事が入っていました。なんですが、ルミネビル自体の営業が3月いっぱい
18時までとなった関係で、どちらも中止になっています。
で、この中止になった日なんですけども、確かすっごいギリギリだったんだよなーと
思いまして(何で覚えているかといえばチケットを取っていたから)、いつ中止が
決まったんだっけ、とルミネ支配人のツイッターを辿ってみたら、前日の24日でした。
地震の後、まず24日までは18時までの営業となっていて、25日以降は未定と
なっていたんですね。なので、20日の時点ではまだ25日はルミネの仕事が入るか
どうかというのは判明していなかったわけです。
でもってジャングルポケット。もうこれは完全に記憶頼りなんですけども、
確か25日ってばちーんんん入っていたよね……?
なんか急に出演者から外れた記憶が。
そしてジューシーズの予定は分からないんですが、児玉さんが歯の手術の予定を
入れているのを見ると、多分オフだったんだろうなと。
少なくとも客前に出る仕事は無理でしょう。歯を抜いた直後とかでは。
ううーん。やっぱルミネはそんなちょいちょい出演者を替えられないってことなんでしょうか。
確か、無限大は出演者変更になっても基本的にチケットの振り替えはないですけど
ルミネと品川は振り替え出来た……はず。
その辺りの事なのかなあ。
いや全く行かない、というなら話は分かるんですよ。交通費やらなにやらバカにならない
ですから。9人全員となれば。深夜枠で予算も少ないでしょうし。
でも翌日に合流させるくらいなら別になあ、と思ってしまうんですが、まあきっと
ほんとに外せない仕事とかあったんだろうな。
まさか本当にV撮りのためとかはないと思うんですけども。
あったらそれは本当にマネージメントおかしすぎると思いますし。
外部の人間には分からないところですけどね。

でもって沖縄。映像はともかく、6人に対しての反応が見事に薄かったなあー……。
まあ沖縄では放映されていないですし、まだまだこれから、ということなんでしょうけども。
どのあたりまで時間帯が上がれば全国ネットになるんだろう。23時代?

壇上に上がった時に武山が「健ちゃん跳んでよ」と言ったのは見事だったなと。
武山いい仕事するなー珍しく、とか思ってしまいました(笑)。いやごめん。
(ジャンポケ)斉藤も表情とかでかなり印象に残る感じでしたし、(ジャンポケ)太田は
毎度のごとく素晴らしいですし、ジャンポケ頑張っていたなーという印象でした。
そういや、グランプリが決まって皆がっくりきていたんですが、一番最初に
「いや、面白かったし」と拍手していたのが太田なんですよね。
彼のこういうところ好きだなーとしみじみ思ったりしました。

category: 333

tb: 0   cm: 2

おめでとーう!  

パンサー菅さん29歳のお誕生日おめでとうございます!
今日からお仕事も復帰ということで(向井君ツイッターより)
良かった良かった。インフルエンザはきつかったと思いますが、
誕生日をちゃんとパンサー3人で迎えられるって本当に
幸せなことだよなと思います(我々ファンもね)。
今年はルミネ単独もありますし、きっと20代最後の年は
充実した一年になるんだろうなとか思っています。
菅さんおめでとーう!
買おうとしていたプレゼントが売り切れていて途方に
暮れていますが(笑)、祝う気持ちはいっぱいあるんでね!
ということで。
まだ電車内なんで取り急ぎ。

category: パンサー

tb: 0   cm: 8

「せりざわ君、キミは間違っている。他」ちょっと感想  

先日、神保町花月で、「せりざわ君、キミは間違っている。他」を観てきました。
犬の心押見さんの脚本で、ライス、若月、ジャングルポケット、おっちょこちょいが
出ていたお芝居です。
あらすじは神保町ブログにありますので、観ていない方はまずそちらをどうぞ。
以降は、お芝居を観たか神保町ブログを読んだという前提で書かせていただきます。


最初にジャンポケ武山が出てきたということで、『え!? せりざわ君って武山なの!?
ということは武山が主役!?』とか思っていたらあっさり殺されてて笑いましたよ思わず。
しかもオープニングで、スクリーンにそれぞれの名前と写真が出たんですが、
武山のところだけご丁寧にモノクロ写真でした(笑)。

このお芝居のポイントはテレビのようで、最初にカラーバーがスクリーンに映ったりとか
せりざわ君が出ているクイズ番組がナレーションでちょいちょい挟まれていたりとか
暗転時はザッピングをしている音や声が流れたりしていました。
ちなみにせりざわ君の出ているクイズ番組ですが、司会者の声は聞こえるものの
せりざわ君の声は一切ない、という。
そして司会者がものっすごいせりざわ君をおちょくっていました(笑)。
いや、あれは ”おちょくる” 以外の説明は私には出来ないです。
「このまま全問不正解とか目指しちゃったらいいんじゃないですかー」とか言っちゃうし。

ライスの(田所)仁君が出てきたシーンはそりゃあもう客席大盛り上がりでしたよ。
ブログにも写真載っていますけども、まさかのミニスカート!(笑)。
あの衣装の感じすごい見覚えあるんだけどなんだったっけなー。白に赤のスカートで
サスペンダーって。
なんか、見た時サリーちゃんを思い出したんですが、確認したら全然違ったし(笑)。
ちょっと遠目だったこともあって(笑)、かわいかったです。
仁君は先に登場していて、後でライス関町との絡みがあったんですけども、
女の子設定なのかと思いきや(まあそれも多少無理はあるもののお芝居ですし)、
まさかの関町父設定!うわあそう来たか、という感じでした。
関町が魔方陣でスカルプを呼ぶシーンでは何度も何度も何度も何度も仁君が
邪魔しに入っていて、その度に大笑いでしたよ。
あ、そういえばその魔方陣なんですが、舞台に赤の円が描かれていたんですね。
で、先日レポを書きました「ピクとジョー」がちょうどこのお芝居の合間に行われて
いたんですけども、2人ともその魔方陣の上でトークとかネタをやっていました(笑)。
話がずれた。
そしてスカルプ登場。最初に「スカルプ」という名前だけが出ていまして、でもスカルプって
あれしか思い浮かばないけどなーと思っていたらまんまでした(笑)。
ジャンポケ斉藤!と、普段着の武山(笑)。
ここほんと笑ったなあ。
てっきり、最初に殺された武山があの世に行く途中でなんか魔方陣によってうっかり
スカルプと一緒に呼び出されたとかいう理由があったりするのかと一瞬考えたんですが、
そんなことは全くなく(笑)、単に出番が欲しかった、と(笑)。
なんじゃそりゃああああああー。
速攻で追い出されていて笑いましたさ。
にしてもスカルプ、ああいう衣装を着こなせる斉藤がすげえ。
というか、斉藤って私そういう役しか見たことないんだよなあ、と。前回はレディー・ガガだったし。
個人的には普通の役が見てみたいです。
そして邪悪の神と言いつつ何気に優しくて気弱なスカルプと、自暴自棄になったともひろとの
友情はなんかいいなあとか。プライベートでも仲いい2人ですし。斉藤が入院した時
唯一お見舞いに来てくれたのが関町でしたからね。
それにしてもスカルプの力、”何にでも毛を生やすことが出来る” って。
まあなあ、邪悪の神なのにそんな力しかなかったら、そりゃ苛められるよな……。

若月の空気イスでの取り調べも笑いましたよ。
2人して、「もっと深く座れ!」とか「座ったら答えてやる」とかお互いを追い詰めているし。
そしてとうとうスタッフとなった武山(笑)。
「ここ暗転短くて用意できないんですよね」とか言いながら机と椅子を用意していましたけども
結構時間あったよね、暗転の。

ジャンポケ太田&仁君のやり取り。
太田の話し方が優しいんですよ最初。「おじょうちゃんどうしたのー」とか。
それがなんかツボでした。
で、我に返った仁君の告白(こんな感じだった、ということでひとつ)。
「妻には逃げられ、息子の大学受験は失敗し、勤めていた会社も倒産……」
ああ、それは確かに大変でしたね、と言う太田に対し
「でもそれはまだ我慢出来た。しかし、KAT-TUNから赤西仁が脱退する事だけは
許せなかった!」
そんなことかよ!と思わず突っ込む太田。
いやでもね、この気持ち分かる気がするんですよなんか。
グループ、特にアイドルグループって、やっぱり一推しはいるんですけども、
別に一推しでなくてもこの子がいなくなったらそのグループ自体に興味が薄れる、という
キーになる子っていうのが存在するんですよね。
私の場合、モーニング娘。だったら久住小春、℃-uteだったら梅田えりか。
小春もえりかも二推しだったんですけども(特に小春は永遠の二推しだと思う)、
この2人がそれぞれいなくなって、急速にグループに対する熱も薄れていった部分があります。
あとアイドルグループってなんていうか、幸せの象徴であって欲しいので、
脱退とか卒業とかで涙を見せられたりギスギスした雰囲気になると、ああー、という感じで
醒めてしまう部分もあったりとか。
ものすごい話がずれた。ごめんなさい。

(若月)とおるちゃんと(ライス)ともひろが元恋人同士だった、とか(そういえばともひろは、
「恋人に振られた」とは言っていたけれど「彼女に振られた」とは言ってないんですよね)、
色々びっくりするシーンもありつつ、最後はスカルプが地球全部に毛を生やして
地球を滅亡させて終了。
え?まさかこれが終わり!?、とか思っていたら最後のどんでん返し。
武山がせりざわ君となって、無事にハッピーエンドになったのでした。


えーっと、ここからは個人的な感想。いや全部そうですけども。
面白かったか面白くなかったかといえば面白かったですし、もう一度やるなら観に行きたい。
でも、正直気になる点はいくつかありました。
まずは暗転の多さ。そして暗転の度にザッピングの音が流れるんですけども、
実際テレビとか見ていてもザッピング行為ってなんていうか気持ちがリセットされるんですよね。
それまで入り込んで見ていても、なんか現実に引き戻されるといいますか。
まさにそれと同じ状況が暗転の度にあったわけです。
それまで芝居に入りこんでいても、暗転&ザッピングでなんていうか、芝居に向かっていた
気持ちが客席に戻るというんですか。まあ、私は、ですが。
舞台をやる人間にとって暗転をどう処理するかというのは本当に難しい問題だと
思うんですけども、正直なー、ちょっと気になりすぎたなと。個人的には。
あと、スカルプの扱いですね。
これなんですけども、スカルプの立場から考えたらふざけんなって話ですよ。
呼ばれたから行ったのに、最後はともひろに冷たくされ魔界に追い返されるとか。
いやお前が呼んだんじゃん!、となりますよ。
あれですよ、シューレスジョーさんのネタですよ。外国人講師が日本のことわざを
覚える、というやつ。「カエルの子はカエル」を聞き間違えて、
「カエレ、ノコレ、カエレ。……帰れ!残れ。帰れ! (ノートに書きながら)めっちゃ理不尽、と」
まさにこのネタじゃないですか。
いや、実際人生の中で理不尽な事なんて山ほどありますけどね。特に仕事をしていると。
だからある意味リアルなんだとは思うんですが、でもフィクションなんだからもう少し
救いがあってもいいんじゃないのかなあ、とか。
個人的には最初の終わり(スカルプが地球を滅亡させてエンド)の方が好みではありました。
あの、誰一人幸せにならない、っていう。
皆死んでしまいましたし、唯一生き残ったスカルプもそれで気が晴れるかといえば
全くそんなことはないわけで、もしこれで魔界に帰ったとしてもきっと居場所はないし、
地球にも誰もいないし、ということで結局一人ぼっちなのは変わらないし、と。
完全に救いのないラストなら、逆にそういうものだと思えるんですけどね。
まあでもそれで終わったらほんとに客席ぽかーんでしょうけども。

他の方のレポによると、最初の2日間くらいは最後スカルプが戻って来て
他の人が手を差し伸べるシーンがあったようなんですけども、私が行った時は
カットされていました。
まあ、中途半端に救いを見せるくらいなら無い方がいいと判断したんでしょうか。
これに関しては私も無い方がいいなとは思いました。実際観ていないのでなんとも
言えないですが。
ただなー、スカルプは地球で共存出来る方法もあったんじゃないのかなあ、と。
とおるとともひろの関係が復活しても、友情はまた別だろうし。
いやどんだけスカルプに感情移入してるんだって話なんですけどね(笑)。

途中のザッピングであるとか、ちょいちょい武山(役ではなく)が出てきたりとか
なんかその度に芝居(フィクション)から現実(ノンフィクション)に引き戻されて。
個人的には最初から最後までフィクションで通して欲しいというかその方が
好みなんですけども、ただ、そういうフィクションとノンフィクションが入り混じる
お芝居と最初に認識して観ればまた印象は変わってくるんだろうなと思います。
そういう意味でもう一度観てみたいお芝居だったりします。
色々書きましたけど面白かったんですよ、ほんとに。
実に押見さんらしい脚本だとも思いましたし。



category: お笑い

tb: 0   cm: 2

よしログぐるぐる  

タイトルに特に意味はないですよ。

時間がないので軽く。
本日はパンサーのよしログでしたねー。菅さんがいなくて寂しい反面、よしログの菅さんって
いつもほとんど喋らないんだよなあとかも思ったり。
ただやっぱり菅さんがいないと、iPadを弄る人もいなくなるんだなとも思ったりもしました。
来月は3人揃ってのよしログが見たいです。やっぱり誰が欠けても違和感ありますし。

向井君が携帯をアンドロイドにしていましたけども、後で確認したらよしログが始まる前の
ツイッターでの書き込みがアンドロイドだったんですよね。そうか、この時既にアンドロイド
使っていたのか、と。
つかそれより、あれだけ壮大にぶっ壊れたのに「なんとか使える」状態だった前の携帯が
すげえ、という感じでした。携帯って案外電源入るもんなんだな。
妄想電話の芸人版が出るならスマートフォンに買い替えようかとも一瞬考えたんですが
ぶっちゃけスマホってあんまり好きではなかったりします。個人的に。
タッチパネルが好きではないのと、通話がし辛そうなのと。慣れなんですかね。
ただでも、妄想電話の芸人版はちょっとやってみたいんですよねー。
とはいえ芸人さんに(疑似)恋愛要素は求めていないので、個人的には違う観点から
いってくれたらなーと勝手に思っていたりします。
例えば、時間指定出来るのかは分かりませんが、そういうシステムがあるとして
モーニングコールとか。
その場合は、ジャングルポケット武山に
「あの、そろそろ起きた方がいいと思うんですよ。これで寝坊して仕事飛ばしたら、
僕みたいに正式メンバーから研究生に格下げされちゃいますよ」
とか言って欲しいです。こんなん言われたら速攻で飛び起きますよ(笑)。
それか、落ち込んでいる時用に、チョコレートプラネット松尾君で
「落ち込んでるの?そっかー。じゃ僕が元気になるおまじないかけてあげるよ。
レーロレロレロレロレロレロレロ」
とかなー、言ってくれたら荒んだ気分も吹き飛びそうなんだけどな。
今これ書いていて思いましたけど、別に妄想電話でなくてもいいような気が。これ。
ケータイよしもとのボイスとかでもいけるんじゃないかな。作ってくれないかな。

向井君がキス選手権(?)で負けてパシリをしていましたけども、ココア頼まれたのなら
おしるこを買ってきて、
「なんでココア頼んだのにおしるこなんだよ」
「おしるこは日本のココアだろうが!」
をやって欲しかったです(笑)。ぜひに。
いやまあ、ココアが売っていないところでおしるこがあるのか、っていう話もありますけども。
そして尾形君もこういう時はポカリじゃないんだ、とか。
まあなんか寒そうではありましたしね。ストーブつけていましたし。

ポカリでふと思い出したんですけど、パンサーが売れたらぜひポカリのCM
やってくれないかなーとか思ったりしています。
舞台はサッカー場で、ドリブルから華麗にシュートを決める尾形君、キーパー菅さん、
そしてマネージャー(でポカリを持って行く)のが向井君、と。
いやあれだけポカリポカリ言ってるんだからCM来たっていいんじゃないかなと。
ポカリのCMって基本女の子ですけども、あれですよ、
「おじさんのCMがあったっていいじゃないか!」
ですよ(笑)。

録画に失敗したので見返せていないのでちゃんと確認は取れていないんですけども、
向井君、「地震」とか「震災」という言葉を極力使わないようにしていた気がします。
それはもちろん配信を見ている人への配慮も大いにあるでしょうけども、一番は
隣の人への配慮だったんじゃないのかなあ、とか思ったりしています。
実際、現在進行形で家族が被災しているわけですから。
そういう部分であるとか、よしログ内で話していた街でファンに声をかけられた時の話とか
聞くにつけ、本当に気遣いの人だなあと思ったりします。
パンサーは3人が3人とも、それぞれ出し方は違いますけども気遣いの人達ですよね。
だからこそ上手くいっているところもあるのかもしれないなとか思ったりしました。

category: パンサー

tb: 0   cm: 2

Adachilds (アダチャイルズ) 5 レポというかなんというか  

まずは、いつもコメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
ちょっと今週バタバタしているので遅れてしまいそうなんですが、レスはしますというか
お願いだからさせて下さいという気分ですので、もう少しお待ちいただけると嬉しいです。
コメントを頂けるのも嬉しいですしレスをするのも楽しいんですが、いかんせん時間が。
ただ色々詰まっているので書かないと忘れそうということでレポ優先でいっています。


本日はAdachilds(アダチャイルズ)のライブに行ってきました。
今回で5回目なのかー。私は2回目から毎回行っています。1回目の時はまだ
パンサーのファンではなかった、というより存在自体知らなかったんですよね。

さて今回ですが、まずは前回のレポをご覧ください。
読まれましたでしょうか。えー、最初に言っておきます。
前回と流れ全く一緒です(笑)。
なので、そういうものだと思って以下読んで頂けるとありがたいです。


レポの前に。出演者&呼び名。アダチャイルズに関しましてはこの呼び名で書きます。

【アダチャイルズ メンバー】
のっくん(リーダー)……マヂカルラブリー・野田
正和……ミルククラウン・ジェントル
さっとん……パンサー・向井
ムっくん……ジャングルポケット・太田
色白くん……御茶ノ水男子・しいはし
おがちん……パンサー・尾形
ラメ村……プロードキャスト・吉村
【MC兼マネージャー】
房野……プロードキャスト・房野

プロデューサー……カナリア・安達
オーナー……パンサー・菅 (今回に限り、代理でグランジ・五明)

記者(先輩)……ミルククラウン・竹内
記者(後輩)……ジャングルポケット・武山

渋谷ストロベリージャム受付……マヂカルラブリー・村上


いきなり流れ出す「世にも奇妙な物語」のテーマソング。それに合わせ出てきたのはMC房野。
ちなみに私服。別にサングラスというわけでもなく眼鏡も自前(だと思う)。
センターに立ち、房野が一言。
「こんばんは。タモリです」
いや違った、房野です、と言い直すMC房野。
今回は、初めて来た人の為に前回のあらすじを紹介する、という説明。
出てきたのは竹内記者。お客さんに「誰見に来たの?向井?俺向井の友達なんだけどさー」
ここら辺で、前回も来た人は『ああ、そういうことか』と思ったんじゃないかと思います。
で前回のレポ参照なやりとりがあって、武山記者の後輩である村上さんが現れて、
竹内記者とキスして(またこれが長かった)、そして安達プロデューサーと、
菅オーナー代理の五明さんが登場。
前回同様糸電話での会話だったんですが、糸電話の糸がやたら短かったです(笑)。
そして安達プロデューサーが訊きます。
「インフルエンザで休んでいる菅オーナー代理の五明さんは、僕の事をどう思っていますか?」
五明さん、紙コップを耳に当てたまま答えます。
「大好きです。どうぞ」
糸電話のやり方が分かっていない、と安達プロデューサーに突っ込まれていました(笑)。
で、まあしばらく好き好きの応酬が続きまして、そしてキスの流れへ。
五明さんは最初嫌がっていた(というか聞いてなかったらしいです)のですが、本人曰く
「途中でスイッチが入った」そうで、途中からはノリノリで安達プロデューサーに
迫っていて、安達さんがたじたじになったりもしていました。
で、村上さんを紹介したら「お前のせいで、俺の性癖はカオスだよー!」と叫んで
五明さんが去っていって、でもアダチャイルズがライブをやれば戻ってくるよ、と
いうことになって歌が始まる、と。
ちなみにこの時の安達プロデューサーの言葉。
「回を追うごとにチケットが100円ずつ上がっているのではないかという疑惑がある
アダチャイルズライブ、スタートです」
やっぱりそうだったのか!(笑)。
いや、前回幾らだったかとか覚えていないんですけども、アダチャイルズのライブって
他の同時間のライブに比べてなんか高いんだよなーというのは常々感じていたんですよね。
で、前からこんな高かったっけ?、と思っていたんですけども、やっぱそうかー!と。
しかも多分ですけど、チケ代上がった分って別にギャラに反映されるわけでも
ないんだろうな、と思うので、なんか余計に、よーしーもーとー、という気分になるんですが
まあそれは置いといて。

まずは「ミルキーウェイ」を歌って、まあこれは普通に終わったんですけども、次に
「恋のチャンス」のイントロが流れまして、え?これ歌うの!?、と。
この曲なんですけど、歌詞の一部分に先日の震災を連想させるようなワードが
入っているんですね。なのでもしかしたら自粛して歌わないかも、と思っていたん
ですが普通にイントロが流れて、でもあのことは全然風化していないですしむしろまだ
現在進行形なわけで、そんな中で普通に歌っちゃうのかなーどうなんだろうとか
思っていたら、その部分に突入しまして、
♪私の心はルルルルルール ルールルールールー
まさかのルルル流し!
もうそう来たか!という感じで、客席も拍手喝采でした。
いい歌なので歌自体がなくなってしまうのは残念な反面、やっぱあのワードはなあ、と
いうのが多分皆の中にあったと思うので、見事な着地を見せてくれたなーと思います。
素晴らしかったよ!ほんとに。
そして「ミステリアス」を歌ってライブは終了。しかし菅オーナー代理の五明さんは現れず。
ちなみにここで村上さんがパンツ一丁で土下座をするんですけども、土下座の手のまま
体を起き上がらせていまして、「あの手の形なんなの」と、さっとんが突っ込んでいました。
安達プロデューサーによると、「Bコースのハブさんがやっている、下から見た土下座の形」
らしいんですが、何で村上さんがやっているかは分からないそうです(笑)。

で、大喜利をやったら戻ってくるかもしれない、ということで大喜利へ。
今回は最初から椅子がありました(笑)。
ちなみに最初、やたら椅子同士が近い&配置がおかしくて、向かって一番左端の
おがちんがMC房野の後ろに来るという始末。
MC房野がそれに突っ込みまして皆少しずつずれて、ようやく大喜利スタート。
ただ今回の大喜利なんですが、お題が難しかったのかなんなのか分かりませんが
前回ほどの面白さはなかったんだよなーというのが本音。
なのでまあ印象に残った部分だけ。

『菅オーナー代理の五明さんもびっくり。みずがめ座のラッキーアイテムとは?』
というお題に最初に答えたのはムっくん。「みずがめ」。
あの肩に置いてるあれ!?、みたいなことをMC房野が突っ込んでいました。
ところでこのMC房野なんですが、基本的には皆をちゃんとアダチャイルズでの呼び方で
呼ぶので、相方の事も「ラメ村」と呼ぶんですね。前回もそうだったんですけども。
でまたラメ村が相方にそう呼ばれる度にちょっと吹いてて面白かったです。
そして何のネタかも答えかも忘れたんですが、ラメ村の答えにMC房野がガンガンに
突っ込んでいた時、ムっくんが「コンビでいちゃいちゃしてんじゃねーよ。シチサンはもう
終わったんだよ!」とか突っ込んだのに笑いました。
話がずれた。
で、みずがめ座のラッキーアイテムですが、ラメ村が「はちみつ」と出しまして、
え?何それ、みたいな雰囲気が会場内に流れたんですけども、実はその答えは
ラメ村のすぐ隣にいた村上さんがラメ村に囁いたものであることが発覚。
何気に今回村上さんが参加しています(笑)。
そして正和が「腕時計、かなあ?」と言い出し、さっとんもそれに乗っかって
「観葉植物、かなあ?」。まさかのうすぼんやりした答え、というね。
で、このお題の最後辺りにムっくんが「みずきありさ、って書いてたんですけども」と
言い出したら今度はさっとんが「俺『西野カナ』って書いた。西野カナ、かなぁ」と言い出し
まして、そしたら正和が「マナカナ、かなあ」と出したんですよ。
そしたらおがちんが「キン肉マン」と。
いやお前だけ韻を踏んでない、とMC房野に突っ込まれていたんですが、
よくよく考えたらキン肉マン面白いよね、という結論に達していました。
で、おがちんなんですが、答えを出してあんまり受けないとものすごいスピードで
仕舞う、というのを最初にやりまして、それが結構ウケたことで2回目もまた
やりまして、MC房野に「今日はそれで行くの?」と訊かれ、「もう止めます」と。
ところが3回目もまたやりまして、MC房野に「止めるって言ったでしょ。お客さんと
約束したでしょ」とたしなめられて、「すいません、サンキュー!」と(笑)。
なんでお礼言っちゃうんだよ、と思わず突っ込むMC房野。

『菅オーナー代理の五明さんも泣いた。親父の悲しいツイッターアカウントとは?』
だったかな。とにかくツイッターのアカウント、というお題。
で、アカウントって何?ということになりまして、MC房野が「例えば俺だったら
broadbounoっていう……」と言った途端、「ブロードボーノって」とか「濁点多い」とか
ツッコミが入る入る(笑)。
そしてそんな中でラメ村が出した答えが「komebitu」
実はこれも村上さんの答え。「(さっきの答えの)はちみつからちょっと変えてきてる」と。
そしてまーあその答えにツッコミが入りまくりまして、「コンビ名ブロードコメビツにしろよ」
「ブロコメ。ブロコメ」「コメビツキャスト」「コメキャス」「なんだよコメキャスって」とか
わいわい言っている中、一人大喜利の答えを考えるおがちん。
「お前も参加しろよ!」とMC房野に突っ込まれていました。

『菅オーナー代理の五明さんも笑った、「ソーシャルネットワーク」の面白い聞き間違いとは』
だったかなあ。とにかく「ソーシャルネットワーク」を言い換えろ、というお題。
これ結構面白い答えいっぱいあったんですけども、正和の「超LLR」がツボすぎて
他が飛びましたごめんなさい。
またMC房野が「伊藤ちゃんが金髪だったりな」とか言うんで、それがまたツボで。
金髪いとーちゃんとか見てみた過ぎる。いとーちゃん大好きー(心の声ダダ漏れ)。

何のお題か忘れてしまったんですけども、「じゃあ最後に尾形」と書いてもいないのに
おがちんに振られ、おがちんが慌てて書いたのが「たんたん」
タンタン来たぁぁぁぁぁー!!!!!
パンサーファンにはおなじみ、尾形君が子供の頃に飼っていた犬の名前ですね。
ただMC房野は知らなかったようで、「擬音じゃん」と言っていましたが。

そして大喜利も終わり、安達プロデューサーがやってきて客席後方を見ます。
「あれは……!」
つられて皆も客席後方を見ていたんですが、菅オーナー代理の五明さんは舞台袖から
やって来ていました(笑)。
そして無事に菅オーナー代理の五明さんも戻ってきたところで、前回披露した新曲を
また披露して一通り終了。
で、皆がはけた後、MC房野が一人やってきまして、「ここまでが前回のあらすじです。
では、今回のライブスタート!」
とはいえもう終了時間も迫っているのに何をやるの?と思ったら、
「ぼーの、ギャグ3連発ー!」
まさかの(笑)。
ちなみに、1つギャグをやるごとに、房野さんの心がバッキバキに折れる音が
客席内に響き渡っていたことだけ書き記しておこうと思います……。

で、エンディング。
「次回はこんなことがないようにします」と安達プロデューサー。いや今回は仕方ない
部分もありましたし。
ちなみに次回はもっと歌部分が多くなるみたいです。確かに新曲もあるでしょうし、
もしかしたら今回披露するはずだった新曲も含め、だったら6曲になりますしね。
あと次回は総選挙をやる模様です。ほんとにやるのかは謎ですが。
センターとクビにする人を決めるとか。にしてもこれマジだったら色々となあー……。
あと、菅オーナー代理の五明さんは次は4年後に来るそうです(笑)。


前回と流れほぼ一緒だから楽かとおもったらそうでもなく(笑)。
何気に時間かかったなー。
それはさておき。
今回もまたムっくんが素晴らしかったです。あの方はもう凄いのは分かっているので
私の中ではハードルが上がりまくっているんですけども、今回そのハードルを
越えてきていました。
すごい真剣にやっているのが見ていて伝わってきますし。歌のスタンバイの時から
ちゃんと表情作っているんですよね。歌も真剣に歌っていますし。
「ミルキーウェイ」のところで最初クラッカーを鳴らすんですけども、長い飾りが
出るんですよ。銀テープの。
ムっくんはずーっとそれを首にかけて歌っていました。その姿がまたなんともツボでね。
また突っ込みも冴えわたっていましたし、ほんっとあの人凄いわー。
そして、今回ラメ村がかなり良かったです。
実は、ものっすごい申し訳ないんですけどもラメ村に関しては完全にノーマーク
だったんで前回までがどうだったかあまり覚えてないんですが(これに関しては
ほんとごめんなさい)、今回かなりやる気を出していたなーと思います。
いや、これまでノーマークだったのについ目が行ってしまうくらい良かった、ということでね。
7人いて同じ動作をするわけなので、やる気のあるなしって結構はっきり分かるんですよ。
歌う時に(歌詞が出ている)モニターを見る見ないとか、あと表情とかね。
次回本当に総選挙をやるのなら、やる気のあるメンバーに票を入れたいなと私は
思っています。さっとん推しですけど正直今のさっとんに票は入れられないなと。
前回はほんとやる気出していたと思うんだけどなー。まあ、今回はイレギュラーなところが
多くて色々大変だったのだとは思いますが。

あー時間切れ。後で追記するかもです。
とりあえず今回は駆け足で。




category: お笑い

tb: 0   cm: 4

ピクとジョーのレポを書くよ  

需要のあるなしとか気にしないよ!(笑)。


と、その前に。今日は「トリオ・トリオ・トリオ」を観に行ってきました。

同時配信あるしレポはいいかなーと思っていたんですが、面白かったので

感想とかは書くかもです。ただ書くことが色々あるんで予定は未定ですが。

ということで先に一つだけ。

ジャングルポケット武山がすごい頑張っていたなあー!と。

ものすごいダメ出しをした直後なんで、ちょっとブログ書き直したい気分にすら

なりましたよ、見ていて。

ただでもほんと、彼は笑いに対する姿勢を変えれば本当に色々変わると思うので、

これを続けてくれるなら今後がすごい楽しみだなと思います。



さて、ピクとジョーですよ。当日チケット渡す前に見て初めて「ピクとジョー」だったことに

気づきましたよ。いやずーっと「ピクとシュー」だと思っていたので。

まあそんなことはさておき。

ピン芸人同士ですがちょいちょい一緒にお仕事をしているピクニック&シューレスジョーの

2人ライブです。流れは、2人でのトーク、それぞれのネタ、記者会見風でのアンケートトーク、

の3部に分かれていました。全部で大体1時間くらいだったんですけども、あっという間でした

ねー。しかもチケット完売したそうですよ!まあそりゃそうか。この2人のトークとか

行かなきゃ、という気にさせられますもん。

まずは2人が登場。いっぱいのお客さんにテンションの上がる2人。

「おおー」「集まるじゃんこんなに。ピン芸人は客呼べないってずっと

言われ続けてきたけど」(そうなの?)「チケット完売したらしいよ」「いやでも、ところどころ

空席が……」「いやそれはいろんな事情があってね」とかとか。

もうとにかく満員ということで、すっごいテンションの上がっている2人がなんとも

いいなあとか。「だって佐久間(一行)さんいないんだよ」「あべ(こうじ)さんもいないんだよ」

とかとか。

で、何でこのライブが開催されたかといえば、以前ピク兄とシューさんの2人芝居

(『××××××』)があり、それが満員だったということで、「トークライブとかも

したいなー」と社員さんに聞こえるように(笑)言ったら実現したらしいです。

この話の時ピク兄が、『××××××』の×の数が分からなくなって手で数え出したりとか

「もうバツバツでいいじゃないですか」とか言うシューさんとかちょっとツボでした。


トークは順番とか覚えていないので思い出した順から。

シューさんはお笑いの舞台に立つのが1ヶ月ぶりくらいだそうで。なんでも今お芝居の

稽古をやっているんですけども(メインがお笑いの人ではなく俳優さんや女優さんが

多く出るお芝居だとか。シューさんのブログに話出ていたりしますけども)、それの

稽古が仕事扱いになるということで、ライブとか全然入れてもらえないそうです。

なのでほんっとに久しぶりだと。

久々のライブがピク兄と一緒とかそれはさぞや楽しいだろうに(実際楽しそうでしたし)。


ピク兄は先日、生まれて初めて歯を抜いたとか。

歯が痛くてどうしようもなくて歯医者に行ったら「抜きましょう」と言われ、

抜いてもらうことになったものの、当日抜くのにやけに時間がかかって、

なんか時間かかるなーと思いながらも流して、でぬきおわったというので見てみたら

「なんかさ、歯が2本あんの!」

大いにどよめく客席&シューさん。

で、これ何ですか、って訊いたら「勢いで抜いちゃいました」と。

いやいやいやいやいやいやいやいやいや。

とはいえ抜く予定ではあったそうなんですね。今回抜くはずだったのが親知らずの

1つ前の歯で、その後ろの親知らずも次回抜く予定だったからまあいいといえば

いいんだけど、でも患者の了承も得ずに勝手に抜くのはどうなの、と。

まあ確かになー。抜く予定だったとしても微妙だなあそれ。

で、上の親知らずを抜いたので(噛み合わせ的に)下の親知らずも必要ないと

いうことで下も抜くことになったそうなんですね。で、その日というのが

夜中神保町で稽古をしてそのまま寝ないで行ったそうなんです。本当は

寝ないで行ってはいけないらしいんですけども。

で、終わって受付でアンケートを頼まれて(体調はどうかとかそういうの)、書いていたら

麻酔とか寝てないとか貧血とかでふらっふらになって、でもどうにかアンケートは

書いたものの書き終えたところで立っていられないくらいになって、それを

受付の人に言ったら治療する時の椅子に寝かせてもらえて、そして酸素ボンベを

渡されたそうなんですね。で酸素ボンベを当てつつ寝ていたら子供の患者が来て、

まだ歯医者が怖いものと分かっていないらしい子供は楽しそうに「じゃあ行って来るねー」

とか言っていたそうなんですけども、いざ診察室に入ったら酸素ボンベ当てたピク兄が

寝ているわけですよ(笑)。

ビビる子供(笑)。

その話のときシューさんが、「同じような子供が青白い顔して寝てて」みたいなことを

言ったのがちょっと面白かったです。

で、まあちょっと横になっていたら大分良くなったので診察室を出て帰ろうとしたら

もう一度アンケートを書いてくれと言われたそうなんですね。とはいえふらふらに

なりながらも全部書いたのは覚えているから、いや全部書いたし、と反論したら

「お名前のところが」と。

で、見てみたらなんと名前の欄に

『ピクニック』

と書いていた、と。

普段(芸人の)アンケートの時って芸名を書くからつい書いてしまったというピク兄に

いやでもそれはないと言うシューさんでしたが、「ふらふらだったから」と反論してました。

にしても受付の人どう思ったんでしょうね。多分、芸人・ピクニックのことは知らない

でしょうし。

『シューレスジョー』ならまだいい、とピク兄は言っていましたけども、でも

どっちもどっちな気がするなあ。

そう考えると芸名って怖いというか、あんまり変な名前をつけてしまうと後で困るのは

自分というか。

私一度、どうせネットだけだしとか思って、思いっきりメルヘンな名前をつけたことが

あったんですけども、うっかりオフ会みたいなので会うことになりまして、

その名前で実際に呼ばれた時は自分でつけておいてなんなんですけどほんっとに

恥ずかしかったです。

名前はほんとね、人前で呼ばれても恥ずかしくないものをつけるべきですよ。うん。

話がずれた。


電車の話。

シューさんが座席の端に座っていて、ちょっとひじが出ていた時に、

「女の人でも気にせずにお尻ぶつけてきたりする人いるでしょ。一応マナーとして

ひじは下げるけども、でもそのお尻が武器みたいになるのは納得いかない。

あなたのお尻はそんな武器じゃないからね」とのこと。

うーん、なんか分かるような分からないような。

で、あれのパーソナルスペースがどこまでか難しい、という話になりまして、

バーじゃなくて壁になっているやつがいいよね、ということで話がまとまってました。

私も壁になっている方が好きなんだよなー。寄りかかれるし。

そしてピク兄の電車の話。「稽古後ってイライラするでしょ」と言っていたんですが

シューさんは特にそんなことはないらしく、別に、という感じだったんですけども

ピク兄はイライラするらしく、とはいえ普段そんな怒ることはないんですけども

イライラしていたと。

で、帰りの電車に乗ったら結構混んでいて、なんだよ混んでんなーとか思ったら

ひとつだけ座席が空いていたと。でも結構立っている人もいるのに誰も座らなくて

なんでかと思ったら、その座席をひとつ空けて知り合い同士が会話をしていたと。

いやそれはおかしいだろうと怒るピク兄。だって席を詰めて話せばいいだけなのだから。

で、イラッときたピク兄は会話を止めてやろうと思って、その間に座ったそうなんですが

「俺意外に小さくてさ、俺の頭の上で会話してんの」

その姿が容易に想像できて思わず笑ってしまいました。


ULALAの話。

神保町のお芝居の宣伝ということで、シューさんがMXテレビに出たそうなんですが、

音声さんが「じゃあピンマイクつけますねー」と言いながら、一緒にいた

神保町のスタッフさん(女子)にマイクをつけようとした、と。

「男女コンビだと思ったの?」と訊くピク兄に対し、「いや、俺のことを芸人と認識

してなかったと思う」とシューさん。「じゃあ○○さん(神保町スタッフさん)のことを

シューレスジョーだと思ってたってこと!?」

どうもそうらしいです。

えー、でもシューさんって前にも番組出てたよねえ確か。多分。


それぞれのファンの話。

このライブは今後もやっていきたいそうで、予定では隔月に1回ペースで

続けたいらしいです。

で、一体みんなどっちのファンなんだろうね、ということになりまして、

次があるなら ”ピクニック席” と ”シューレスジョー席” で分けようよ、と。

いやそれ半分だけ埋まらなかったら嫌だし、みたいなことをシューさんは言ったん

ですが、ピク兄がすかさず「途中で移動可」と言い出しまして(笑)。

最終的にどっちがお客さんが多いかで勝敗を決めるとか。

そんなのをやったらものすごい顔色伺って喋りますよ、とかシューさん(笑)。

で、お互いのファンってどんな感じなんだろうね、と。

ものすごく仲悪かったりしないのかな、とか。

「あんたおじさんって言ったでしょ!」「なによ、そっちだってガキって言ったでしょ!」

とか。

いやいやそんなことはないでしょう(笑)。知らないけども。


ビジネスライクな話。

こうやって一緒にライブやったりするけど、特に仲がいいってわけでもないよね、と。

別に休みの日に一緒に遊びに行くとかないし、とか。

とはいえ、ピク兄はよくシューさんに、家に泊まりに来いと誘って来るそうです。

でシューさんも先輩にそう言われたら断れなくて、本当は家に帰る方が近いのに

ピク兄の家に行ったりするとか。

でなんで誘うかといえば「寂しいから」だそうです。いや分かるけども!


何の流れかは忘れたんですけども、シューさんが自分らの事を「カフェオレみたい」と

言い出したんですね。白と黒だから。そしたらピク兄がやけにそれを気に入って

やたらカフェオレを推し出しまして(笑)。

なんでも、「あべさく」みたいな呼び名が欲しかったということで、カフェオレいいじゃんと

言ってたんですが、シューさんは「カフェオレのライブ行こう、とかなります?」と

全く乗り気ではなく(笑)。

とはいえピク兄はノリノリだったので、次回のライブタイトルはカフェオレに

なるかもしれません(笑)。



そしてお互いのピンネタ。普段ばちーんんんとかで出来ない実験的なネタ、

と言っていたんですけども、2人とも別にばちーんんんでも出来ると思ったけどなー。

最初にシューさんのネタということで、着替えるためにシューさんだけが捌けたんですが、
ピク兄一人になって、客席に「シューレスジョーのファンの人?」と手を上げさせてました。
で、「いや違うわ。シューレスジョーだけファンの人」と言い直し、多分誰も手を上げなくて
その後「ピクニックだけファンの人」と訊いたら何人か上げたようで、ちょっと満足げな
ピク兄でした(笑)。
ネタは今後どこかでやるかもしれないので設定だけ説明しますと、
シューさんは締め切り間際のマンガ家、ピク兄はランプの精でした。
設定だけ説明すると何が何やらですが、どちらもほんと面白かったです。


その後は事前に集めたアンケートを元にトーク、ということで、記者会見方式だったん
ですが、2人ともコントの衣装のまま、という。
シューさんはまだ普段着っぽい感じだったんですけども、ピク兄ランプの精(笑)。
アンケートの質問は、「2人を物に例えるとなんですか?」と、「この際だから2人に
訊いてみたい事はなんですか」でした。
私も答えようと思ったんですけど、物に例えるのが難しすぎて断念しましたよ。
ちなみに物ですが、ピク兄が「ハンバーガー」、シューさんが「わらび餅」とか、
ピク兄が「チワワ」、シューさんが「ヤギ」とか、ピク兄が「ゆで卵」、シューさんが
「おでんの汁が沁み込んだ大根」とか、さりげなくみんなシューさんで落としてました(笑)。
質問は、「休みの日は何をしていますか」とか。2人とも「寝てる」らしいです。
で、ピク兄に、シューさんは本当に線香の匂いがするのか訊いた人がいまして、
なんでも本当にするらしいです(笑)。
「俺ものすごいファブリーズしてるのに」とシューさんは反論していましたけども、
ピク兄によるとそれを超えて線香臭がするとか(笑)。
結局加齢臭じゃん、とがっくりくるシューさん。
「歳の差を感じるのはどんな時」という質問には、ピク兄は「線香の匂いがする時」
線香引っ張るなあー(笑)。
ちなみにシューさんは、「いつも」らしいです。
そして、2人の出会いのきっかけを訊かれていたんですけども、なんでもシューさんが
NSCに在籍していた時にピク兄が先輩芸人としてやって来たのがきっかけみたいです。
ただ、その時のピク兄はシューさんにめっちゃ冷たかったとか。
とシューさんが言って、ピク兄がいやそんなことはないと反論しまして、
だったら次回のライブでその時の映像を探して流そうという話に。
うわー見たいー見た過ぎるー。これだけのために行く価値はあるよね実際。


やっぱこの2人の絡みは楽しいなーと思った次第。信頼関係があるからトークも
楽しいんですよね。それぞれのピンネタも面白かったですし。
次回もぜひ行きたいです。夜枠だよなー多分。7時からだったら行けないと思うので
9時開始であってくれとこんなところで密かに祈ってます。
ただ偏見だけどあの2人のファンって結構年齢層高い気がするから、夜枠の方が
いいと思うんだけどな。


でもって書き忘れていました。5月14日、大阪無限大ホールにて
『××××××』再演決定!
うわーめっちゃ行きたい!けど大阪は遠い……。
行ける方はぜひぜひ。ものっすごくいいお芝居だそうなので。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

暫定的パンサースケジュール  

本日は神保町花月にてお芝居とトークライブを観てきました。
またその辺りのことはがっつりここで書こうと思います。どちらも面白かったですし。
で、お芝居の前に貰ったチラシを見ていたら、面白そうな公演がありまして、
ただ来月だったので予定どうだったかなーと。
そして自分のブログを開き、パンサースケジュールをチェックしまして、何もない事を
確認してチケットを取ったのでした。
つくづく、自分が一番活用してるよなーとか思ったりします。

で、そんなパンサースケジュールです。
毎度書いていますが、漏れや変更等あると思いますので参考程度にご覧ください。


<4月>

■3日
トリオ・トリオ・トリオ 21:00 渋谷無限大ホール (尾形・向井)

■4日
Adachilds 4 21:30 渋谷無限大ホール (尾形・向井)

■5日
よしログ(オンライン) 21:00

■6日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール (尾形・向井)
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■7日
単独ライブ「春よ、来い」 19:00 品川プリンスシアター (延期)

■9日
「RMPV」 24:30 新宿ロフトプラスワン (菅)

■10日
ルミネ1回目 12:00 新宿ルミネ
ルミネ2回目 15:00 新宿ルミネ
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■12日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■13日
渋谷ばちーんんんLive特別企画「ばちーんんんvs5upゼロイチ」 19:00 渋谷無限大ホール

■14日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■15日
よしもと東北ロード 仙台パンサー vol.4 19:00 仙台市戦災復興記念館 (延期)
 
■17日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ

■18日
第7回リカバリー王決定戦!! 19:30 品川プリンスシアター (向井)

■19日
ゲッターズ飯田のよしもと芸人100人占い斬り!! 19:00 品川プリンスシアター (尾形、向井)
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:15 神保町花月 (菅)

■20日
お客様に感謝感謝3500円ライブ 18:00 新宿ルミネ
お客様に感謝感謝3500円ライブ 20:00 新宿ルミネ

■22日
ネタの内
~ルミネ・∞ホール・5upよしもと芸人絡みました。コーナー付~ 19:00 新宿ルミネ

■26日
プロデューサーX 21:30 渋谷無限大ホール (菅)

■27日
アップ・ダウン presents コント共和国 19:00 THEATHER BRATS (東京)


<5月>

■1日
パンサーinルミネ(単独ライブ) 19:00 新宿ルミネ

■3日
コントバトルG1 19:00 新宿ルミネ

■5日
お笑いクイズダービー 22:00 新宿ルミネ

■8日
トリオ組合SP 18:00 神保町花月 (菅)

■10日
ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 19:30 阿佐ヶ谷ロフトA

■13日
金シャチLIVE 16:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)
サンシャインtheよしもと プラス 18:30 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■18日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■22日
群青が押見と向井をいぢめる 18:00 浅草 雷5656会館 (向井)

■24日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■25日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■26日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■27日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)

■28日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■29日
バル・ボラーチョの夜は続く 13:00、16:00 神保町花月
トーク&SPライブ「ビバ!バル・ボラーチョ!!」 19:00 神保町花月

■30日
コントグランド花月 19:00 なんばグランド花月


<6月>

■19日
週末よしもと お笑いライブIN富良野 2011笑顔 13:00 富良野文化会館(北海道)

category: パンサー

tb: 0   cm: 2