幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

ジャングルポケットについて本気出して考えてみた  

先に書いておきますが、今回かなりのダメ出しを含んでおります。
そういうのが苦手な方、読みたくないという方はブラウザパックしていただけるとありがたいです。
あくまで、私がこう思った、ということを書いているまでです。
反論はもちろん受け付けますが、以下の記事を読んでいないと判断されたものや
感情論のみのものに関してはコメントを承認しない場合もありますのでご了承ください。


さて、今回何でジャンポケについて書こうかとなったかといえば、先日オンエアされた
芸人報道がきっかけといえばきっかけです。
私はリアルタイムでは見ていなかったのですが、昨日ツイッター上でその話に
なっておりまして、話を聞き確認がてら見て、ああ、これは……、と。
見ていない方に説明いたしますと、ジャンポケに解散説が出ている、と
(※但し、解散に関しましては斉藤がツイッター上で完全否定しています)。
というのも、武山の遅刻がひどすぎる、と。
まず先輩方もたくさんいたロケバスに遅刻し、しかも武山待ちな感じだったのに
へらへらした感じで謝っていたから太田が激怒して、それで武山も気をつけると
言ってその場は収まったんですが、その後のルミネタで最後に全員集合するくだりが
あるんですけども、なんと武山は楽屋の隅で寝ていて出なかった、と。
さっき怒ったばかりなのに、とまあ当然キレたわけなんですけども。
そしてトドメは長崎の営業。なんと、長崎についてもうすぐ出番、という時になって
よーやく連絡がついて「ごめん、今起きた」と。
この時はジャンポケとピースが出ていたそうなんですが、当然武山不在のまま
長崎の営業を終え羽田に着いたら羽田で武山が待っていたそうで、まず先輩である
ピースに謝って、ピースはまあいいよとか許したそうなんですけども、太田が本当に
激怒して、「あいつ辞めさせる」と社員さんに言ったそうなんですね。で社員さんも
一度は「仕方ないね」と承諾しかけたものの、「いやあと一年頑張ってみよう」と
なり、なので武山は今正式メンバーではない、というタレコミでした。

武山に関しては以前かなりきついことも書いたんですけども、基本的にはあの時と
全く考えも見方も変わっていないです。武山に関しましては。
とにかく、あの時の繰り返しになりますけども、資質より何より姿勢なんですよね、彼は。
笑いに対しての真剣さが確実に足りないといいますか。
そもそもちょくちょく寝坊するというのは甘えてる証拠でしかないですからね。
いや、何らかの睡眠障害(つまり病気)な人もいますし、そういう方はまた別ですけども
少なくとも武山に関しましてはただの甘えにしか私には見えないです。
というかあの人実家ですよね。まだ一人暮らしだったら百歩譲って分かるんですよ。
でも家に誰かしかいるわけでしょ、と。いやお母さんとかは店が忙しくてそれどころでは
ないのかもしれないですが、そんなに寝坊するようなら頼んで叩き起こしてもらうしか
方法はないんじゃないでしょうか。
それか誰かにモーニングコールを頼むか。
彼女とかでもいいし、そういうモーニングコールをしてくれる会社とかもありますからね。
本当に起きられないのなら月幾らとか払ってそういうところに契約するか、または
地方営業とかの場合は前日に羽田(や東京駅)近くのホテルに泊まるとか、そのくらいの
ことはしないとダメなんじゃないかと思います。
そもそも社会人として遅刻が多いというのは問題外レベルでしょう。サラリーマンやっていて
遅刻ばかりしていたら確実にクビですよ。
そういえばお笑いの前は美容師やっていたんですよね。その頃はちゃんと時間通り
行けていたんでしょうか。もし当時は時間通り行けていたのだとしたら、単に今甘えすぎと
いうことになりますし、その頃から遅刻が多かったのだとしたらそれ社会人としてどうなの、
ということになるわけですし。
とにかく、遅刻が多いのであればどうやったら遅刻しないで済むかということを考えて
対処法を実践すべきなのであって、それが出来ない(結果に現れない)のであれば、
単なる甘えでしかないでしょう、と思う訳です。

ただ、この武山の甘さを容認してしまっているのが相方の太田と斉藤だよなとも
思う訳です。特に太田ね。もう以前から太田の武山に対する甘さが気になって気になって
しょうがなかったんですけども。
以前太田についてがっつり書いた時、「(多分ですが)彼女には優しい人だと思う」的な事を
言いましたけども、それって平たく言えば、太田って弱者には優しいんだと思うのですよ。
弱者というか、太田が弱者と認定した人。
なので女性や子供には基本的に優しい人だと思いますし、そういう力のない人に
対して力づくでどうこうしようとかする人ではないんじゃないかなと思うんですね。
で、それは非常に素晴らしい事なんですけども、問題は、その ”弱者” の中に
武山も入ってるんだよなあ、ということだったり。
太田にしても斉藤にしても武山に対してどこか『武山だからしょうがないよね』みたいな
ところがあって、いわゆるおまめ扱いみたいな感じがすごいするんですよ。
ただ、それは例えば芸歴が全く違うとかいうなら分かるんですよ。2人は何年もやっている
けれど武山は今年NSC卒業したばかり、とかだったらそういう扱いにも自然になるで
しょうし。けどそうではないわけです。同期でずっと一緒に仕事もしてきた間柄な
わけで、そんな相手に対して対等に扱えないというのは問題なんじゃないのかなあ、と。
そしてこの件における最大の問題は、武山がそのことについて危機感を感じていないんじゃ
ないかと思わせるところなんですね。
明確な理由(男女の差であるとか年齢差であるとか)がないのに太田に甘く接せられると
いうことは、言い換えれば対等に扱われていないということなのに、その事に対して
何とも思っていないっぽい雰囲気がね、もう、なんというか。
いや私は武山ではないので、本人がどう思っているかは実際のところ分かりませんけども
これだけ全く表に出ないということは、そこまでの危機感はないんだろうな、と。

さて。
以前、オールナイトニッポンモバイルでロザンの菅ちゃんが言っていたこと。
「相方が寝坊して遅刻するんやったら、起こしたったらええやん」
実に合理的に考える菅ちゃんっぽいなーと聴いた時に思ったものでした。
菅ちゃんが言うには、仕事に穴を開けることが一番ダメだから、だったら文句を
言っている暇があったら電話でもなんでもして起こせと。
そしてまた、一番嫌なのは相方に起こされる事だと思うので、それを続けていれば
『あいつに起こされるくらいなら自分でちゃんと起きよう』となってちゃんと起きて
結果的に遅刻もなくなっていくのではないか、と。
聴いた時ほんっと、なるほどなーと思ったんでした。
ただこれってコンビ間を想定して話しているんですよね。確かにコンビだったら
片方が来なかったらネタも出来ないですしトークも難しくなりますけども、
3人中1人が来なくてもなんとなく成立してしまうところはあったりするからなー
トリオの場合。
しかも、「武山がいなくて出来ないネタはない」と太田が断言していましたし。
そしてさらに言えば、あくまでこれ私のイメージですけども、武山って例えば太田や斉藤に
起こされてもそこまで嫌がらなさそうなんだよな、とか。
むしろ、起こしてくれるから安心して寝よう、みたいな感じにならないか、とか。

で、もう究極は太田か斉藤のどっちかが武山の家まで迎えに行くしかないんじゃないかと。
家まで行って叩き起こせば確実に遅刻はなくなるわけですから。
ただ、(斉藤の家がどの辺か知らないので)太田で考えた場合、主要な仕事場である
新宿(ルミネ、本社)、渋谷(無限大)、六本木(テレ朝)、品川(よしプリ)、
神保町(花月)、浅草(5656会館)……のどれも、太田の家から武山の家へのルートとは
全く違う、というね。
つまりどこへ行くにも遠回りしなければならないわけです。
と考えると、わざわざ大変な思いをして武山の家に行ってまで武山と一緒にやる意義は
あるのか、と考えるというか我に返るだろうなあ。かなり早いうちに。

とにもかくにも、武山はその姿勢を早く改めないと本当に2人に愛想尽かされかねないよと
ものすごく心配になります。
なんというか、もう、その笑いに対する姿勢が全部に出てしまっているんですよね、
彼の場合。
ジャンポケのコントで私がすごく気になるのは、武山って傍観者ポジションなんだよな、と。
先日パンサーのコントでの役割についてちょこっと書きましたけども、同じくツッコミの
向井君は主人公ポジションなんですよ。見ている側がこの人の目線で見ればいいんだ、と
いう基準といいますか。向井君が普通の人の基準で、そこからのズレを楽しむ、という。
パンサーのネタは基本そうだと思うのですね。
ただジャンポケの場合、ボケ2人はぶっとんでいたりするわけですけども、そんな中で
武山は基準のポジションにはいないんですよこれが。あくまで傍観者。もっと言えば
通行人ポジション。
だから結局、いなくても成立してしまう、と。
で、これはジャンポケのネタがそういう作りになっているのかとも考えたんですが、
例えばジャンポケがパンサーのネタをやったとして、そしてそれを頭の中で
シミュレーションしてみたんですけども、武山はどうしても傍観者になってしまいました。
何て言うのかなあ。ツッコミに説得力がないんですよ。
普段からこんな説得力のない文章を書いている私が言うのもなんなんですけども、
説得力って結局「何を言うか」というよりも、「誰が言うか」の方が大きかったり
するんですよね、実際。
そしてその説得力というのはどこから出てくるかといえば、そのうちの一つは
気持ちの込め方なんだと思うのです。
どんなに美辞麗句を並べ立ててもそこに感情が入っていなかったら相手には
響かないでしょうし。逆に拙い言葉でも気持ちを込めれば伝わるものがあると思うのです。
で、武山の場合、なんていうか、”ツッコミのセリフがあるから言う” みたいな感じが
出ているんだよなあ、と。流れがあって、あー次俺のセリフだ、じゃあ言わなきゃ、みたいな。
なんかすっごいそんな感じがするんですよね、私は。
いやでもそれじゃダメだろうと。
結局、お笑いに対する姿勢がツッコミにも現れているし、遅刻が多いというのにも
現れているし、全体的に出てしまっているんだよなと。
なのでほんと、繰り返しになりますが姿勢を改めない限りは先がないんじゃないかと。
こんだけ色々書いておいてなんなんですけども、武山には辞めて欲しくないんですよ。
太田、斉藤、武山の3人でジャングルポケットであって欲しいんですよ。もうこれはほんとに!
なのでね、だからこそ武山には頑張って欲しいのです。
もうほんっとに、ほんとに頼むから姿勢を改めてくれと。全部に出ちゃってるから。
スポンサーサイト

category: ジャングルポケット

ロザンについて本気出して考えてみた  

来月からテレビ朝日で始まる朝の帯番組『モーニングバード』の水曜レギュラーに
ロザンの宇治原さんが入っているらしい、という話がツイッター上に流れまして、
コンビでじゃないんかーい、菅ちゃんはどうしたー、ということで多少不穏な空気も
流れたりしたんですが、本日はその辺りの話。
毎度のことですが、あくまで ”私はこう思う” というだけですのでひとつ。


まず、何で宇治原さんピンなのか、コンビではないのか、ということに関しましては
そりゃそうだろうな、と。
だってテレビ局側が求めているのは、
”ロザンというお笑いコンビの片割れである宇治原” ではなく
”ロザン宇治原という(名の)一人の賢いタレント” なわけですから。
クイズ番組とかで求められてるのも基本的に後者ですよね。芸人ではなく、
かしこタレントとしての宇治原さんに対してオファーがきている、と。
まずそこが前提、ということで。

で、そうなると、ぶっちゃけコンビで出す必要性というのはさほどないわけです。
だって欲しいのは賢いタレントなわけですから。
コンビで呼べば単純にギャラが倍かかるわけで、じゃあ倍払ったからといって
宇治原さん並みに賢い人がもう一人来るかといったらそれは無理な訳です
(そもそもあの人は元が凄い上に今も勉強してるから並みの相手では太刀打ち出来ないですし)。


なんですが、ロザンファンとしてはやっぱりコンビで出て欲しい訳ですよ!
だってコンビの方がずっと面白いですから!
実際、1+1が2ではなく10にも100にもなる人達ですからね。
ファンはその辺りを知っているから、何でコンビで出さないんだー、と、勿体ない、と
なるわけです。

ただ、あくまで私はそう思う、というだけですが、クイズ番組であったり今回のような
情報番組であったり、というものではコンビで出る事はあまり期待出来ないだろうな、と。
理由は上に挙げた通り。
そもそもそういう番組に呼ぶっていうのは宇治原さん個人の力量を買ってのことでしょうし。

で、だったらじゃあどうやってコンビで出れるか、という話ですよ。
これまた私はそう考える、というだけですけども、コンビで何らかの番組に出るには
本業でアピールするしかないと思うんですね。
具体的に言えば芸人の仕事で。
一人のかしこタレントではなく、あくまでお笑いコンビの片割れである、ということを
アピール出来ればコンビとして呼ばれることも増えてくるのではないかと思うのですよ。
で、その芸人の仕事でのアピールですが、一番手っ取り早い方法として考えられるのは
全国ネットの番組でネタ披露すること、ではないかと思っています。
ロザンのネタ面白いんだよー!漫才もコントも。ただ、劇場に行けば見る事は出来ますけど
そもそも劇場にまで行ってお笑いを見る人というのは本当に限られた一部だけなわけです。
なので結局大半の人にとっては、ロザンの宇治原さんというひとは、”ロザン宇治原” という
芸名の賢いタレント、になってしまっているわけで。
なので、まあ今は視聴者離れも大きいとは言いますけどでも確実に多くの人が見ている
テレビという媒体でネタをやることがアピールとしては一番響くのではないかなあ、と。
ただ、手っ取り早いとは言ってしまっていますけども、今ってネタ番組はほぼ皆無なわけで、
しかもたまに特番であっても(芸人として)名の知れた人ばかりが出るような昨今、
じゃあ何に出るか、となると、あれしかないかなーと。
キングオブコント決勝。
……いや、ものすごい狭き門であることは分かっていますけどね。ただでも、もし決勝に
出られれば確実にテレビで2本はネタを流してもらえるし、知名度とかコネとか関係なく
とにかく勝ち残ればテレビでネタが出来る、というのは本当に大きいことではないかと
思うんですね。
そしてもしこれに出られれば、無名の芸人よりも確実に振り幅は大きい訳です。
だってクイズ番組でバンバン正解する賢いタレントだと思っていた人が、コントで
ものすごい壊れキャラを演じたりするわけですよ。そのギャップは見ている側に
強い印象を残すでしょうし、『宇治原ってほんとに芸人だったんだ』から、
『ロザンって面白いじゃん』となれば、ロザンとして呼んでもらえる機会も絶対に
増えると思うんですよね。
このキングオブコント決勝の話はもうかれこれ1年くらいずーっと言っていたり
するのですが、だからこそ去年のKOCにエントリーすらしなかった、というのは
個人的にかなりショックではありました。もちろんスケジュールの都合とか
準備が間に合わなかったとか他にも色々思うところがあったとか事情はあるんでしょう
けども、ただ、”2人で” 本当の意味での東京進出を果たすために戦っているのだと
思っていたので、『ああ、戦わないんだ……』とか思ってちょっと自分の中で
一回醒めた部分はあったりしました。実は。
で、まさにそんな時期にパンサーを知りまして。
なのでもしパンサーを知った時期が例えば1ヶ月ずれていたとしたら私はもしかしたら
ここまでファンにはなっていなかったかもな、とは思ったりします。あ、話がずれるので
またこれについては改めて。
今はまた浮上しているんですけども、戦わない(風に見えた)、でも関西中心でやると
決めたわけでもない、という中途半端な感じに見えてしまったんだよなあ、とか。あの時は。

実際コンビでやらせた方が本当にいい仕事をしますし、ピンで出すのは逆に
勿体ないと思っているんですけども、たとえギャラを倍払ってもコンビの方がいいよ、と
いうことをプレゼンする場がほとんどない、という現実には何というか、歯ぎしりしてしまいます。
以前妄想バラエティでも書いたような、こんな番組に出ればいいのに、とか、こんな企画で
やればきっと面白いのに、とかいうのは幾らも浮かぶんですけども、それらが実現可能な
人の目に触れさせることが出来ない、というのがね。ぐあーとなるわけです。
とはいえ以前よりはずっと(全国ネットで)コンビとしての仕事も増えてきましたし、
それらを一つ一つ真摯にやって結果を残すことで徐々に次の仕事に繋がっていくのかなあ、
とも思ったりします。


ただ、ここまで色々書いてきてなんなんですけども、彼らの場合、無理に全国ネットを
狙うよりも関西中心で活動しつつ時々全国区のテレビにも出る、ぐらいの方が
もしかしたら彼らの良さは活かされるんじゃないのかな、という気もしています、実は。
いや関西ローカル見れませんけどもね、うちでは。
ただ、ありがたい事に見せていただける機会もあったりして、見るんですけども
2人がすごくいい雰囲気で仕事をしていて、ああいいなあ、と思う反面、多分これは
全国ネットの例えばゴールデンではこういう番組作りは出来ないだろうな、とも思う訳です。
なんていうか、関西だから成立するような。
そう考えると無理に全国ネットに出て良さが失われるようなことがあってもなあ、と
思う反面、単純にテレビで見たい、というのもあり、難しいところだったりはします。

category: ロザン

tb: 0   cm: 4

DVD発売決定記念!なぜパンサーのファンになったのか今更考えてみる  

ええ、今更ですよ(笑)。

向井君がツイッターやブログで書いていたのでご存じの方も多いと思いますが、
パンサーの単独ライブDVDがいよいよ発売!ということで、DVD収録ライブを
ルミネで行うとか!とか!
いやっほーい!……と言いたいところなんですが、チケ争奪戦を考えると今から
ちょっと憂鬱です。
いや、この日何公演分取りたいチケあると思ってんだよー!と。
しかも先行もないとかね。
さすがにチケット取るために仕事休むのはどうかと思うんですけども、
休めるものならちょっと休みたいわこれ、という気分です。

それはさておき。
いよいよDVDですよDVD!D・V・D!D・V・D!ですよ。
ファンになってからずーっと待っていたので嬉しさもひとしおです。
いつ発売なんだろう。さすがに結成3周年(6月16日)は過ぎるかな。
それにしても、そう考えると結成3年でDVDが出たりとかテレビのレギュラー
持ったりとか、つくづくスピード出世だなあとか思う次第です。


ところで、ものすごく唐突にカミングアウトしますけども、実は私、パンサーファンになるまで
トリオってあんまり好きではなかったです。
なんというか、別に特定の誰かというわけではなくて完全にイメージなんですけども、
トリオって結局1つのボケを2人で分け合ってるようなものだよね、と思っていたといいますか。
どうしても、見ていて必要性を求めてしまうんですね。3人でいる、というか、3人いなければ
ならない必要性。例えばそれが2人で済むならば、2人でも出来るなら2人でやればいいじゃん、
と思ってしまうんですよ。
ピンは完全に1人で何もかもやらなければならないですし、コンビはボケとツッコミという
役割がそれぞれあるからいいんですけども、トリオってボケとツッコミとじゃあもう一人は?、と。
大抵はボケ2人になるわけですけども、ボケが2人いる意味ってどのくらいあるんだろう、と。
別に1人でも出来るじゃん。だったらコンビでいいんじゃないの、という考えでした。
実際のところ、よくよく見てみればトリオはトリオにしか出来ない事をやっていたりも
するんですけども、この辺りは完全に食わず嫌い発動していたということで。

で、AGEAGEでパンサーを見まして、ちょっと気になったので動画サイトでネタを
見まくりまして、そうして銀行強盗ネタで完全にやられたわけなんですけども、
あれこそ本当に ”3人でないと出来ない” ネタなんですよね。
視聴者(客)目線の主人公(向井君)がいて、銀行強盗犯(菅さん)がいて、
そして全く無関係だと思っていた強盗犯の一味(尾形君)がいて、と。
菅さんは強盗犯だと分かるような、そして尾形君は最後まで気付かれないような演技を
それぞれ要求されるわけなんですけども、またそれぞれに説得力がありましたし。
例えばあれをコンビでやって、そして居ない1人をセリフだけで説明しようとしたら
どちらにしてもあの説得力は絶対出なかったでしょうし。
そう考えると何が何でも3人必要だよな、と思う訳です。
実際、あれでパンサーにハマったわけなんですが、同時にトリオというものの
可能性にも開眼したと思っています。

パンサーってよくそれぞれのキャラが全く違うと言われますけども、そして事実そうなんです
けども、その辺りの分かり易さというのはあるよなーと思います。
本当にバランスがいいんですよね。ツッコミで真ん中の向井君がちょうど、
(時たま言ってますけども)『冷静と情熱の間』で。
見た目という意味でも分かりやすいですし。
そしてまた、それぞれのキャラが立っているから作り易いというのもあるのかも
しれないですが、菅さんの作るネタがちゃんと、3人でないと成立しないものが多いと
いうのもいいなあと。
変に比重が偏ったりせず、ちゃんとバランス良くそれぞれに役割があるよなーと。
(余談ですが私がジャンポケに対してどうしてもあと一歩踏み出せないのがここなんだよなーと
思ったりしています。まあその話はまたいずれ)
そしてコントに比べて漫才は3人でというのは(2人に比べて)難易度が上がるところだと
思うのですが(実際私もパンサーに関しては漫才よりコントの方がずっと好きですし)、
ただその辺りも上手くやっているよなーと思わせる部分が多かったりしますよね。
漫才で好きなくだりがありまして、10回クイズで向井君が尾形君にピザと10回言わせ、
ひじを指差し「ここは?」と訊いたら尾形君はその名称自体が分からず、というところで
菅 「(小声で)くるぶし。くるぶし」
尾形「くるぶし!」
向井「違います!嘘教えないで下さい!」
大好きなんですよ。このくだり。
まさにね、3人でないと出来ないわけじゃないですか。こういう流れって。


最近はトリオの勢いが増してきていて、トリオだけでライブをやったりとかありますし、
もっとトリオの可能性というものも見たいなーとか思っています。
つくづくね、食わず嫌いは良くないな、と。
ただでもやっぱり、2人でのネタよりもネタ作りの難易度というのは上がると思うので
トリオでやるならその辺りも頭に置いておいて欲しいなーと思うのもまた事実だったりします。
3人いるなら3人でないと出来ないネタが見たいんだー!

category: パンサー

いつの間にか、『ばちーんんんLive』という名称に慣れていた自分に気付いた  

そしてちょっとびっくりした。
とはいえ名称としてはAGEAGEの方が好きでしたが。分かり易かったですし。
ただ時間帯は今の方がありがたいですけどねー。リアルタイムでも配信でしたら
仕事から帰って来てから見られますから。AGEAGEなんて5時からだったから
リアルタイムではまず見れなかったですし。

ということで本日も見ましたよ、ばちーんんんLive。
今日は『333(トリオさん)』メンバー揃い踏みでしたし、何気に全体的に豪華メンバー
でしたね。というかLiveだと32組しかいないから、どの組み合わせでも結構豪華には
なるんですけども。
ただそんな中でも『333(トリオさん)』メンバーが揃う、というのがねー。素晴らしい。
今日はパンサーのシャッフルトークもありましたし、よっっっぽど仕事休んで
無限大行こうかと思いましたよ。年度末なので諦めましたけど(そして仕事めっちゃ
忙しかったですけども)。

パンサーはメダルネタでしたね。これまた久し振り。ばちーんんんになってから
結構久し振りのネタをやってくれることが多くなった気がして嬉しいです。
そして前にも書きましたけど、やっぱり5分だとちょっと余裕があるんですよね。
多少アドリブきかせても脱線しても大丈夫、みたいな空気はやっぱりいいなあ。
4分だと時間オーバーが気になって見ていてもハラハラしたので。
特に今は投票もないので、すごいのんびりした気分で見られて楽しいです。
あ、でも個人的なことを言ってしまうと、メダルネタはそこまでなー……。
尾形君(の役の人)が最後まで報われないのが見ていてちょっときつかったりします。
笑うより可哀想になってくるというか。

その辺の個人的な事はさておき、「やり辛えー!」と向井君も言っていたせいか、
かなりぐだぐだにはなっていましたね(笑)。
尾形君の「お前何笑ってんだよ。笑ってないか。そうか」とか。それに笑っちゃいましたさ。

キングコング西野のMCが見事なおかげで後半もたっぷり時間ありましたし良かったなーと。
大抵後半のトークって時間ないままに終わるんですけども、パンサーは3人とも話が
聞けて嬉しかったです。
そうそう、あれの尾形君の話ですけども。チームメイトが自殺点を入れてしまったっていうね。
それで得点はどうなったのか訊かれて、「2対1で同点」みたいなことを言ってさんざん
周囲に突っ込まれていましたけども、そんな中で私はものすごいシンパシーを感じていたり
しました。
いや、私も結構ああいう言い方しちゃうんですよね。
あれってつまり、元々2対1だったんだけど1点入って2対2の同点になった、ということ
だと思うんですけども、その辺りの説明をうっかり排除してしまって、そして繋げてみたら
意味が通らない文章になっていた、って感じなんだろうなーと。
まあ、私もよくやるんですよねそれ。
話す時はもちろんのこと、ブログなんかでも時たまやってしまうので、後で読み返した時に
分かり辛い文章書いちゃったなーと反省する事しきりだったり。
あまりにも、な時はこっそり直したりしてますけども。
まあなので、『分かる!分かるよおがちーん!』とか一人パソコンの前で思っていたり
したのでした。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第十八回感想  

なんか話によると、『333(トリオさん)』メンバーで沖縄行ってロケをしていたとか。
沖縄国際映画祭の兼ね合いで。
後述しますが今回もそうでしたし、しばらくは沖縄国際映画祭絡みの内容に
なるんでしょうかねー。
いいなー沖縄。行きたい。あったかいんだろうなあ。
なんか今日は募金活動もしていたとか。そっかー……。

そういえば、エール ナマーシャにようやくパンサーのも加わりましたね。
尾形君のご両親のことで(意図的に)外されているのかとも思っていたんですが、
そういうわけでもなかったのかな。ご両親も無事が確認されたから、というのも
あるのかもしれないですけども。
にしてもあれ、尾形君のコメントだけどーしてもどーしても読めないというね。
ものっすごい目を凝らしたんですが無理でした。
まあ買えってことか。いや読めてたとしても買うけども。


さて、『333(トリオさん)』感想です。
毎度のごとく、見られない地域の方にあらすじを書いていますので、
見たよーという方は飛ばして下さい。

-----------------------------------

「今こそ、テレビの前の皆さんを笑わせたいと意気込む3組」というナレーションの元
(にしてもこのナレーションが泣ける……)、今回の企画を発表。
最近ちょいちょい出てくる大西アナに、「トリオさん準レギュラーの大西です」と言われ
勝手に名乗るなと言うパンサー向井&尾形。
(下手するとこの先パンサーより出番が多いとかなりかねないからね……)
そして大西アナより、沖縄国際映画祭の短編映像コンペに9人で力を合わせて参加、と
聞かされ大喜びする面々。優勝賞金100万、と聞きますますテンションの上がる9人。
テーマが、”ゴールの瞬間の喜びを言葉を使わず表現” ということで、皆色々
アイディアを出すも、「やることはこっちで決めている」と一刀両断。
じゃあなんで話し合わせたんだよ、と苦笑するメンバー。

そしていつもの本社(の体育館)へ。
まず挑戦するのは、【15秒で20回高速縄跳び】
体力勝負、ということで、ジャングルポケット太田が「赤羽さんと誰が回すか……」と言うものの
ジューシーズ赤羽は「俺意外と飛べるよ」と。
しかも、回す方になった場合、途中でスピードが落ちるのではないかという心配が。
「回すスタミナもないの?」といささか呆れ口調で言う尾形。
どちらにまわっても心配な赤羽は飛ぶ方、そして回し手は背丈がほぼ一緒の
ジューシーズ児玉&ジャンポケ斉藤ということに。
とりあえず人を入れずに回してみると予想外に速いものの、一度これで飛んでみようと
いうことに。しかし、そんな中で尾形が
「皆で ”だんちいっけつ” していこう!」
と謎の言葉を(笑)。
「だんちいっけつ、って何?初めて聞いた。一致団結の事ですか?」と突っ込む向井。
体をのけぞらせて笑う、縄を持つ児玉。
そしてなんとなくリラックス出来たところで開始。だったのだが、速攻で赤羽が引っかかる。
飛ぶスピードが追い付いていない、「正直デブの限界」「膝への負担」(by赤羽)と言うものの、
もう一度チャレンジする事に。
次は順調に回数を増やし、これはいけるか、となった15回目に引っかかってしまう。
誰が引っかかったと犯人探しが開始。
VTRを見てみたら、なんと全くノーマークだったパンサー菅。
そして菅は赤羽に高速ビンタされたのでした。

続いての挑戦は、【風船100個、10秒で割りましょう】
皆、それぞれの方法で割り、そして残ったのは20個程度。
「なるほどね……」と呟く面々。
そしてまた犯人探し。赤羽がずっと寝ていた、という話になり、赤羽としては何度も
倒れ込んで風船を割るつもりが、一度寝たらもう起き上がれなかった、と。
結局割った数は3つ、と。
次に尾形。歯で割ると言っていたのだが、実際歯で割ってみたら衝撃がすごく
口を押さえている間に終わってしまった、と。
結局割った数は3つ。
「(残った風船は)赤羽さんと尾形さんの分じゃん!」とキレる向井。

最後の挑戦は、【走り幅跳び8人飛び越え】
1人が代表となり、8人が寝た上を飛び越える、というもの。
「こんなこと言うのもなんだけど、飛ぶのも寝るのも邪魔」と赤羽に言う向井。
とはいえ飛ぶ方がリスクが少ないということで意欲を見せ、しかも、「飛ぶ人間は
こちらでもう決めています。……赤羽さん」と指名までされ、結局赤羽が飛ぶ事に。
こうなると重要なのが寝る側の並び順。ジャンケンで決め、いよいよ開始。
というかこの辺りの事は実際の映像を観た方が早いかと。
芸人2 市民芸人発掘プロジェクトの『333(トリオさん)』映像
そして最終的に成功して感動のラストとなったのでした。

-----------------------------------

今回、ナレーションで言われてそういえば、と思ったんですけど、3組が協力する企画って
初めてなんですよね。半年もやってきて。
3組揃って出ることはだんだん増えてきたとはいえ、協力して何かをするのは初めてなんだよなーと
なんとも感慨深い気分になりました。
今後、そういう企画も増えてくれたらいいなあ。

それにしてもつくづく、廃校した小学校を買い上げて吉本東京本社にする、というアイディアは
凄いものだったんだな、とこの番組見ていて思います。いやどんだけ本社の体育館使ってるんだと
(つかあれ本社の体育館ですよね多分。違ったらすごい恥ずかしい・笑)。
学校って確かにロケ地としても使いようありますし、その発想は本当に見事だなと思います。

でもって最初の縄跳び。
あれですごい面白いというか興味深かったのが、菅さんが引っかかった時。
見ている限りでは確実に引っかかってましたし、一人倒れ込んでるんですよね。
なのに誰も唯一倒れ込んだ菅さんには何も言わず、赤羽健ちゃんだったりとか
ジャンポケ武山が犯人扱いされる、という辺りが、ああなんとも菅さんだなあ、と。
ただあれ、ちょっと違和感を覚えたんでコマ送りしてみたんですね。でコマ送りするとよく
分かるんですが、2人の回すスピードが違うんですよ。
具体的に言えば、斉藤が早くて児玉さんが遅い、と。
なのでかなり縄が斜めになっているし、多分だまさんを見てタイミングを合わせていたら
後ろの方は引っかかってしまうだろうな、と。
実際大縄跳びって回す方がテクニック必要だったりしますから。
とはいえ別に斉藤やだまさんが悪いとかではなくね。多分かなりの重さだったでしょうし、
それを回し続ける体力も相当なものだったでしょうから。
ただ、菅さんだけのせいというわけでもないよね、と思った、ということで。
けどもう一回くらいチャレンジしたら、もしかしたら成功出来たんじゃないのかなあーと
いう気もするんですけどね。あれ成功出来たら相当分かり易かったでしょうし。
とはいえ、あれが成功してしまったら逆に30分番組としての尺はどうなるんだろうとか(笑)
要らぬ心配をしてしまうんですが。
ということを考えると、「だんちいっけつ」とか言っちゃう尾形君は素晴らしいですね!
なかなかあんな笑いは取れないですよ実際。
ほんっと、何度も書いているけど尾形君って、テレビ側が欲する動きを(意図せずに)行える人
なんだろうなーと思います。

風船割りは地味に頬を押さえて痛がっている尾形君がなんともかんとも(笑)。
いや歯で割ったらそうなるでしょうよ。というか足鍛えてるんだから足でやれば、と思いつつ
みんな足でやっても面白くないですから、テレビのバラエティというくくりで考えると必要なんだよなー。
やっぱり尾形君ってテレビ側が以下略。

走り幅跳び。
これは先に映像を見ていたわけなんですが、どういう流れで寝る場所とか決まったのかなーと
思っていたので、その辺りとか見られて嬉しかったです。にしてもさ、なんでこんなときばかり
ジャンケン強いのさパンサーは、と思ってしまうわけなんですけども(笑)。
皆が逃げ出すところありましたけど、これまたコマ送りで見てみたところ、誰かが先導して
とかではなくほぼ同じタイミングで一斉に逃げてるんですよね。てっきり誰かが動いて
それにつられて他のメンバーも、だと思ったんですけども。
皆考える事は一緒なのか、と思いつつ、ああいうところで同じ動きが出来る辺りがあの9人
なんだよなー、とも。
そして映像にもがっつり入っていましたけども、太田のだまさん弄りが素晴らしかったです。
どんな時でもいじりは忘れない辺りが見事というか。
そして、ジューシーズ松橋しゅうたが一番端に寝る、というボケをかました時に、本来そこに
寝るはずだった菅さんが少し困った感じで皆に知らせる、というくだりがなんかツボでした。
なんか、私が見た感じですが、『うわーボケて来たよ、でも何て突っ込んでいいのかも分かんないよ』
という風で。これが菅さんではなくて向井君や太田だったら突っ込んでいたんでしょうけども。


まだ体調が本調子ではない感じなので本日はこの辺で。

category: 333

tb: 0   cm: 4

言葉  

昨日もちらっと書きましたが、今日は友達と焼肉を食べに行ってきました。
ロー友(ロザン友達の事。後述するHかちゃんのお母さん命名。なんですがご本人は
すっかり忘れていた模様)Hかちゃんと上野に。
上野といえば、以前「帰れま5」でロザンが焼肉店巡りをした場所ですが、
その時1位を取っていた店に行ってきました。
とはいえ、1位を取ったというのに特にうわついた(笑)感じもなく、先に5位だった店を
通ったんですけどそこにはちゃんと入口に『テレビで紹介されました!』という張り紙と
共にロザンの写真もあったというのに全く何もなく、「なんかさ、『1位?当たり前じゃない。
今更何言ってんの』って感じだよね」とかいう話もしたりとか(笑)。
ただでもほんっとに美味しかったです!ええそりゃあもう!さすがの1位って感じで。
上野って特に焼肉というイメージはなかったんですけど、あの辺りを歩くと結構焼肉屋さんが
多くて、ああ確かに激戦区だわーと感じたんですが、その中で1位を取るだけあるなーとか。
せっかくなんで写真のっけておきます。

都会で奇跡のやまびこ!?

肉と野菜のセットを頼んだら予想外に量があって、すっかりお腹いっぱいになりました。
ただほんと美味しかったからまた行きたいなー。今度は違うものが食べたい。

前後しましたが上野ということでまずはパンダカフェに行きましたよ。

都会で奇跡のやまびこ!?

私が「パンダカフェ行きたい」と言ったらHちゃんが、「多分想像しているようなカフェじゃないよ」
と言っていたんですけども、確かに想像とは違っていました。ええ色々と(笑)。
ただでもかわいかったのでよし。

Hちゃんは3月半ばが誕生日だったんでプレゼントも渡してきました。

都会で奇跡のやまびこ!?

フォトフレーム&中に入れる用の写真。
「飾ってね!」と言ったら「飾る」と言ってくれたので、きっとリビングか玄関に飾ってくれる事と
思います(※Hちゃんは実家暮らし)。


と、普通の日記の後に唐突に。

正直なところ、震災以降何を書いていいものか、というのはずっと頭の中にありました。
ブログもツイッターも(意図的に)早々に通常営業に戻したものの、果たしてこれが正解なのか、
とはいえ物理的に無事だった人間までもが一緒になって元気を失っていたら一体誰が
これからの日本を支えていくのか、動ける人間が率先して動くべきじゃないのか、とはいえ
じゃあ私に何が出来るのか、とか考えていくとぐっちゃぐちゃになったりもしましたし、今も
全く答えは出ていません。
私がとりあえずブログで出来る事は楽しい話題を書いて読んだ人が少しでも気持ちが
明るくなるように、ということだと思いつつも、同時に言葉の無力さというものも感じたりして、
いや言葉そのものじゃないか、”私が書く” 言葉というものに対しての無力さをひしひしと
感じて、何を書くことが正しいのか、何を書けばいいのか分からなくなって、でも
書くのを止めてしまったら本当に何も出来なくなるんじゃないかという不安もあって、
まあなんというかぐるぐるしながら日々ブログを更新してきたわけです。
ただ、自分の言葉の無力さに打ちひしがれながらも、同時に私は言葉によって
随分救われたなという事実もあったりします。
それらは、芸人さんの言葉でした。
何かを表現するという職業において、こういう未曽有の大災害があった時一番動き辛いのが
芸人さんだと思うのですね。”不謹慎” という言葉の元に萎縮を求められて、こんな大変な
時に笑うなんて、と責められたりして。歌や絵なら励ましと素直に取ってもらえるそれらも、
笑いになった途端批判の対象になったりしますし。
でもそんな中でいち早く動いてくれて、劇場も早めに再開してくれて、そして ”いつもと同じ”
笑いを届けようとしてくれた芸人の皆さんには本当に頭が下がる思いですし、実際そんな風に
真剣に色々な事と戦っている芸人さんの言葉って言うのがまたすごい身に沁みてくるんですよね。
震災後の週のJUNK(TBSの深夜ラジオ)で各曜日のパーソナリティが数分間のメッセージを
送ってくれたんですけども、パーソナリティそれぞれの性格がよく出ていて、そしてその
どれもが被災地の方(そして被災はしていないけれど楽しくラジオを聴く気分になれない人)を
思いやって話しているのが伝わって来て、なんともすごいジンと来ました。
特にカッコよかったのがバナナマンね。
ANNでサンドウィッチマンが急遽パーソナリティになった日があったんですけども、その裏で
ラジオをやってメッセージを送った後、
「裏でサンドウィッチマンがラジオやってるそうなんで聴きたい人はそっち聴いて下さい」
うわあああああー。泣きますよこんなん。
そしてあと、ツイッターでちらっと見ただけなのでうろ覚えで申し訳ないんですが、
藤井隆さんが被災地に向けて言ったという言葉。
「僕らが頑張ります。皆さんは元気でいて下さい」
ちょっとこれも泣きましたよ実際。そうだよなー、こっちが頑張らなきゃいけなんいだよな、と。

言葉の無力を感じつつ、言葉を生業とする人達に言葉で励まされている日々です。
やっぱり、プロとしてその道で生きている人ってカッコいいですし絶対に敵わないなーとも
思ったり。覚悟が違うといいますか。
そして、パンサーにも毎回本当に励まされているなと思います。
特に向井君ね。ツイッターやブログでの言葉の一つ一つに、泣きそうになるくらい元気を
もらっていたりします。
ほんっっっとにありがたいなーと毎回。
何も返せる術がなくてこれまた自分の無力さに打ちひしがれたりするのですが、
力の無さを知りつつも(私は)言葉でしか表現できないのだからこれでいくしかないのだよなあ、と
”届か ” ないかもしれないと思いつつまた手紙を書くかとか思っていたりします。
全く纏まらないですが本日はこの辺で。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

どーでもいいですよ  

相変わらず風邪っ引きな日々です。せっかく買ったボックスティッシュが
ものすごい勢いでなくなっていきます。
また買いに行かなきゃいけないのか。ぬー。

そんな感じで体調がよろしくないので本日も簡易更新。
タイトル通りの内容ですよ、ということで。


「トリオ・トリオ・トリオ」の第二回が見ホーダイに上がりましたねー。ようやく!
これ、確かに後日上がるということだったんですけども、すっかり忘れていました。
まだこの時ってお揃いのポロシャツじゃなくて私服なんですよね。それがなんか
今見るとちょっと不思議な感じ。
そして、ちょうど『333(トリオさん)』が始まる直前ということでそういう話があったりとか、
ジャングルポケット斉藤がちょうど退院した辺りということでその話もあったりとか。
お見舞いに来たのがライス関町のみだった、とかね。関町優しいなあ。
というかみんな行ったげて。
あと、相方武山のアラレちゃんネタを斉藤が知らなかった、という話をしていたんですが、
そうか、あのアラレちゃんネタって斉藤が入院している間に出来たものだったのかー。
なんか今見返すと色々新たな発見があって面白いです。

ついでに、せっかくなんで当時のレポと見比べつつ動画見てみました。
なんていうか、答え合わせみたいな感じで。こういうのって初めてだなーと。
シチサンの時のように同時配信されていたものは最初からレポしなくていいや、と
いう気分になりますし、配信自体がないものは確認のしようがないので、答え合わせ
したくても出来ないですからね。
なのでちょっと面白かったです。
見比べた感じでは、ちょいちょいミスはありましたけどまあ全体的には合ってるし
いいかー、と(あくまで自分に甘く・笑)。


mixiのコミュニティとかツイッターのbotを見ていると、たまに ”本人公認” とあるんですが
あれってやっぱり作った人が言いに行くんですよね、多分。
「こういうの作ってるんですけど公認してもらえますか?」「はい、いいですよ」みたいな感じで。
ということは、私もパンサーbot【panther3_bot】やってるから、訊きに行ったら公認して
もらえるのかしら、とかちらっと思ったんですけど、これ断られたらものっっっっっっすごい
切ないですよね……(笑)。
いやさすがに断られる事はないかもですが、すっごい微妙な顔で「あ、あー……ああー……、
そう、ですねえー……、いや、いいんですよ、別に全然。いいんですけどー……」
とか言われたら心折れそうなので止めておきます(笑)。
そういや似たような理由で、出待ちとかで写真を頼めないっていう。
いや、他の人とはニコニコして撮っていたのに自分の時だけいきなりテンション下がった顔に
なったら切ないじゃないですか、とかね。
と思っていたんですが、先日ツーショット写真が撮りたいからと頼まれカメラを渡された時、
パンサー向井君にカメラを向けたらパッと笑顔になったのを見て、この人のプロ意識
パンパないなーと思った次第です。
プロ意識の高い人が好きなので、こういうとこなんだよなーとか。

風邪風邪と言いつつ明日は友達と焼肉を食べに行く約束をしています。なので
何が何でも明日までには治す!という気分で。
だって焼肉食べたいんだー!(笑)。
で、その友達に見せる約束をしていたのでお笑い男子校を引っ張り出して、チェックの為に
見返したらジャンポケ武山(女装写真)とのツーショットでの太田にまたまた腹抱えて
笑いました。あの表情!本当に素晴らしすぎる!
もうね、ほんっとにね、頼んであの顔やってくれるのなら出待ちでお願いして写真撮りたい
ですもん。そして撮らせてもらえたら待ちうけにしますね、確実に(笑)。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

暫定的パンサースケジュール  

アメーバピグ スナップショット

ピグで遊んでいたらパンダを見かけたので衝動的に買ってしまいました。
だってレアペットだっていうんだもん。
にしても、話だと2秒くらいで買われる、ということだったんですけども、
5分くらいずーっと牧場にいて、なんていうかちょっと拍子抜け。

とかこんなことをやっていたせいか、風邪が悪化しました……。バカすぎる。


神保町のスケジュールが更新されたのを受けてパンサースケジュールです。
自らの把握のためにも書いておこう、ということで。
毎回書いていますが、漏れや変更等あると思いますので参考程度にご覧下さい。
今は特に地震の影響で中止や延期が増えていますし。
パンサーの単独もどうなるんでしょうね。今のところ分からないようなことを
向井君がツイッターで言っていましたけども。


<3月>

■25日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ
ピストルアタックNo.1 22:00 新宿ルミネ

■28日
もう一度見たいシャッフルトーク~2011春~ 12:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■30日
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)


<4月>

■1日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■3日
トリオ・トリオ・トリオ 21:00 渋谷無限大ホール

■4日
Adachilds 4 21:30 渋谷無限大ホール

■5日
よしログ(オンライン) 21:00

■6日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■7日
単独ライブ「春よ、来い」 19:00 品川プリンスシアター

■10日
ルミネ1回目 12:00 新宿ルミネ
ルミネ2回目 15:00 新宿ルミネ
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■12日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■13日
渋谷ばちーんんんLive特別企画「ばちーんんんvs5upゼロイチ」 19:00 渋谷無限大ホール

■14日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■15日
よしもと東北ロード 仙台パンサー vol.4 19:00 仙台市戦災復興記念館

■17日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ

■19日
ゲッターズ飯田のよしもと芸人100人占い斬り!! 19:00 品川プリンスシアター (尾形、向井)
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:15 神保町花月 (菅)

■20日
お客様に感謝感謝3500円ライブ 18:00 新宿ルミネ
お客様に感謝感謝3500円ライブ 20:00 新宿ルミネ

■22日
ネタの内
~ルミネ・∞ホール・5upよしもと芸人絡みました。コーナー付~ 19:00 新宿ルミネ

■26日
プロデューサーX 21:30 渋谷無限大ホール (菅)

■27日
アップ・ダウン presents コント共和国 19:00 THEATHER BRATS (東京)


<5月>

■8日
トリオ組合SP 18:00 神保町花月 (菅)

■10日
ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 19:30 阿佐ヶ谷ロフトA

■22日
群青が押見と向井をいぢめる 18:00 浅草 雷5656会館 (向井)

■24日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■25日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■26日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月

■27日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)

■28日
バル・ボラーチョの夜は続く 19:00 神保町花月
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■29日
バル・ボラーチョの夜は続く 13:00、16:00 神保町花月
トーク&SPライブ「ビバ!バル・ボラーチョ!!」 19:00 神保町花月

■30日
コントグランド花月 19:00 なんばグランド花月

category: パンサー

tb: 0   cm: 2

Dangerous lady  

昨日の記事で、次にパンサーに会えるのは来月のアダチャイルズ、と書いたんですが
よくよく考えたらその前日にトリオトリオトリオがあるじゃないかー!と。
このライブを忘れるなんて、私とした事が。
久し振りなのもあって、本当に楽しみです(忘れてたけど・笑)。
何やってくれるのかなー。どんな企画でもあの9人が集まれば面白いとは
思うんですけども。
『333(トリオさん)』でも、徐々に9人で出る企画が増えてきて嬉しい限りです。


さて、今日はばちーんんんStepのMCとLiveに出ていましたねーパンサー。
どう考えても間に合わないので配信で見る事にしたのですが、普段家に着くのが
19時ちょい前でして、しかも計画停電の影響で電車の本数が減ると聞いていたので
間に合わないかなー前半だったらアウトかもなーと心配していたのですが、
結果的に停電がなくなったため普通に電車が動いていて、拍子抜けするくらいに
あっさりと普段の時間に着けました。良かったー。
とはいえそれでも7時ぎりぎりなので慌ててパソコンつけましたけども。
パンサーは後編だったのでそんなに焦らなくても良かったなーとは思ったんですが、
前半部分もすっごい面白かったので見ることが出来て良かったなとか。
ネタも企画も面白すぎました。企画、めっちゃ面白かったんですけども
時間が長引いてしまって後半のトークが削られてしまったのが残念でしたねー。
もうなー、いっそ9時までやってくれればいいのに、とか思いつつ。
8時40分って中途半端だし。次のライブとの兼ね合いもあるから難しいのかなとは思いつつ。

パンサーのネタは将棋のやつで、うわーこれ久し振りー!(私にとっては)と
ものっすごいテンション上がりましたよ。
そういえば、よしプリのブログにトリオ博覧会のレポートがあったんですけども
パンサーの衣装を見て、これ何のコントなんだろう、とずっと思っていたんですよね。
居酒屋かなー、でもちょっと違うんだよなー、と思っていて、何だろう何だろうと
気になっていたんですがこれか!、と。
かなり前に一度見ただけだったのですっかり忘れていました。
途中まで覚えていなくて、『新ネタ?』とか思ったくらいに。気付いてからは、あれかー!と
なったんですけども。
めちゃめちゃ面白かったです。
菅さんの女装とか、「そのせいで学校でめちゃめちゃ苛められる」とか、「ジョナサンズ」とか
「サイゼリアの夜」とか、書き出していくと次々出てきます。
途中、尾形君が無意味に菅さんを呼んで、それを向井君に公開ダメ出しされていましたけども、
きっと袖にはけた途端平謝りしたんだろうなー尾形君。

トークも面白かったですねー。向井君の「デンジャラス レディ」とか(笑)。
コーラのロング缶で冷めてしまう、というのはなんとなく分かる気がします。いや私よく
ロング缶買いますけども。最近あんま売ってないですけどね。

そういえばトークの時、尾形君の髪の毛を弄られていましたけども、
後列に座っていた尾形君の髪の毛を、前列に座っていたLLR福田が手を伸ばして
ちょっと直してあげてたんですよね。
これ、録画に失敗して見返せないので多分、ですが、あれ福田の手でしたよね。
福田って何気に面倒見いいよなー。
なんというか、福田もそうですしミルククラウンのジェントルさんもそうなんですけども、
7期(尾形君の1期上)の人達が尾形君にとって、”安心出来るいい先輩” な人が多い気がして
なんか嬉しいなーと思ったりします。
パンサーでは一番先輩で、色々弄られたりバカにされたりはしますけども、
でもちゃんとここぞという時は頼りになる先輩の顔になる尾形君ですので、
安心して後輩の顔になれる相手がいるというのはきっと安心出来るんだろうな、とか。

Stepはリピート配信で。StepはMCと出演者のトークもないですし全体的にバタバタして
いるのでそんなに期待はせずに見たんですけども、これまた面白かったです。
最初に、向井君が地震の話をしたので尾形君の様子が心配だったんですけども、
久し振りに「メンタルー!」も聞けて嬉しかったです。
これもそうでしたしLiveの方もそうだったんですが、尾形君が元気で安心しました。
もしかしたら無理しているのかもしれないですが、というか、ご両親の無事を確認出来た
とはいえまだ直接連絡は取れていない(?)ですし、家は流されてしまいましたし
心配は尽きないとは思うのですが、それでも元気な姿を見せてくれた事は本当に
嬉しかったですし、こちらも見ている最中は何も考えずに笑えました。
元気な顔でいるなら、こちらも全力で乗っかるよ、ということで。
それにしても早く本当に、皆が安心して笑える日が来て欲しいと切に思います。

風邪気味なので本日はこの辺で。

category: パンサー

tb: 0   cm: 4

つれづれこまごま  

ジャングルポケット太田ってスカウター装備しているよね、と思う今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか(挨拶)。
昨日の『333(トリオさん)』感想でも書きましたが、というか毎回毎回書いてますが
ほんと太田は凄いな、というかもう最近はあの人なんなの、という気分にすら
なっています(笑)。
そういえばジャンポケの単独が延期になりましたけども、5月?6月?とかなら
行けるかもなんだよなー、とか。3月は仕事の関係で平日休めそうもないから
無理だなと諦めたんですけどね。
ジャンポケだけでなく、チョコレートプラネットだったり犬の心だったりライスだったりも
3月に単独ということで諦めていたので、日程出て行けそうだったら行きたいなとか
思っていたりします。

「ゴッドタン」のマジ歌ライブも3月だったんで諦めていたら4月に延期になって、
それだったらチケット取っておけば良かったー、とか思ったんですけども、
日程見たら4月7日でした。
パンサーの単独の日じゃん!
まあ、どのみち行けなかったんだね、ということで。
それにしてもパンサーの単独はちゃんとこの日に行われるんでしょうか。
せっかくの菅さんのお誕生日でもありますし、無事に開催してくれればいいんですけども。

そういえばライブがずいぶん中止になりましたけども、中止分のチケットを
見てみたら、全部で1万近く払い戻しになることに気付きました。
まあ何と言うか、やっぱライブ行きすぎだなと。
でも行かなきゃ行かないで行っておけば良かったー!となるのですよね。
やっぱりライブって一期一会ですから。

そういや先日の日曜に無限大であったライブ「アベックホームラン」ですが
色々迷った末に行くのを止めてしまったのですけども、行けばよかったなあとか。
行った方の話を聞いていたら面白そうでしたし。
しかも25日のルミネ夜公演が中止になってしまったので、私が次にパンサーに
会えるのって来月のアダチャイルズまでないんですよね。
向井君は先日の神保町トークライブで見ましたし、菅さんは来週神保町の大喜利で
見る事は出来るんですが、尾形君はアダチャイルズまで見れないんだよなあ、と。
かなり贅沢な事を言っているのは承知の上で、やっぱりちょっと寂しいなとか思ってしまいます。
あ、そういやアダチャイルズなんですけども、メンバーは皆パンツ一丁が正装(というのか?)
なんですが、ライブ終了後の募金活動が来月も続いていた場合、メンバーはパンツ一丁で
募金箱持つんでしょうか……?
その光景想像すると、なんかものすごいシュールというか何というか。
せめて上だけでも何か羽織って下さい、と思ったんですが、上だけ羽織られても
それはそれで変な感じになりそうな気もします(笑)。


今日は仕事がめちゃめちゃきつかったので短めで。


category: お笑い

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第十七回感想  

まだ9時代なんですが、もっのすごく眠いです。
なのでいつもはだらだら前置き書いたりしているんですが、本日は即感想いきます。
というか普段からそうしろよ、という気がしなくもないです……。

まずは見れない地域の方にあらすじ。
見たよーという方は飛ばして下さい。

-------------------------------

前々回のすごろくの続き、ということで、すごろくでビリだったパンサーが今回は
頭から出られないパターン。なので最初から、ジューシーズとジャングルポケットのみ。
それきついよねーと言う中、藤城Pから「今回はジャンケンがないから最初の盛り上がりに
欠けるけど……」というようなことを言われ、いや6人もいて盛り上がらなかったらこの先
未来ないでしょ、と言うジャンポケ太田。
そして今回の企画発表。めくりをジャンポケ武山がやることに。
まず最初のめくり。『芸能人らしく、豪華賞品獲得を目指す企画!』
大盛り上がりする面々。しかし武山が「行かしてもらっていい?」と。
せっかく太田がいいこと言っているのに、とジューシーズ松橋が言うも、武山は
「答えがここに眠ってるから」と反論。でも、それはみんな分かってます。
次のめくり。『賞金10万円や海外旅行が当たるチャンス』
またまた盛り上がる面々。しかしまた武山が「答えがここに眠ってるから」
なんでツッコミのお前に突っ込まなきゃいけないんだよ、と本気で怒るジャンポケ斉藤。
そして最後のめくりで、公募に挑戦する事が発覚。
ということで今回は、ボケなしでガチで公募に挑戦し、豪華賞品を狙いつつ『333(トリオさん)』の
名も世の中に知らしめよう、という企画となったのでした。

そして6人は早速公募にチャレンジ。
最初のお題は、『浦安市商店会連合会イメージキャラクター募集』
思い思いのキャラを描く6人。
最初に描いたのは武山。海沿いということで、「あさりくん」と「あさりちゃん」
絵はいいものの、「あさりちゃんっているからね」と指摘され、「どこに?」と返す天然ぶり。
(※『あさりちゃん』という漫画が存在します)
次は太田。「浦安くん」
浦安高校が柔道が強いということで柔道着を着たキャラ。手がイチョウ。
(※浦安市の木はイチョウ)
「イメージキャラクターということで、イチョウを前面に押し出しすぎるとかわいくなくなる」と太田。
そして次はジューシーズ赤羽。「浦田安太郎」
ものの見事にイチョウを前面に押したキャラ。
斉藤は「ギョギョ!!」顔と足は魚、手は落花生、という正直気持ち悪い(笑)キャラ。
全員が真剣に考える中、ジューシーズ児玉が満を持して(?)発表。
「商店街が多いってことで、夫婦がやってると思うのね」
そう言って出したキャラは
「うららとやすし」
やすしは筋肉ムキムキのパンツ一丁、うららはノースリーブのワンピース。
ちょっとこれに関してはもう見てもらった方が早いんで貼ります。
テレビをケータイのカメラで写したものなのであんま綺麗でなくてごめんなさい。

都会で奇跡のやまびこ!?

そしてプロデューサーに「児玉くん、今回本気で……」とダメ出しをされる児玉。
その後、太田が「ウラビット」というウサギのキャラを描き(かわいい)、その後しばらく
ウサギ押しになったりしながら、全16作品を出品。

そして次は、『羽田空港国際線ターミナル駅 出発ロビーの時計台の名称募集』
まずは赤羽。
「world
 wide
 wing」
wを3つ重ねることで、横にすれば「333」になる、という仕掛け。
続いては松橋。「時の羽」
そして赤羽「羽月(ハネムーン)」。
それを見て斉藤「月じゃなくて夢にしたら」ということで「羽夢(ハネムーン)」
武山「これどうですか」と「出発羽」。意外に好評。
皆真剣に考える中、「こんな図書室みたいなトリオさん初めて」(by松橋)。
そして児玉「ビューン」
それを見た松橋。「英語にした方がいいんじゃない」と。
松橋の意見を採用し、「viewoo!」
「oを増やし、oの数だけoから始まる英単語をつけたらいいんじゃないか」という松橋のアイディアに
「それ俺が考えた事にしていいですか」と言う太田。
太田はこの名称募集になってから何も案を出せていなかった。
お前何も出してないじゃん、と突っ込まれ、一つだけあると太田。
出したのは「銀ちゃん」だった……。

数週間後、結果発表の日。メンバー6人は高級中華の店に呼ばれる。
アナウンサーに自信はあるかと訊かれ、大いに盛り上がる面々。
ということで、10万円取る自信があるなら先に商品用意しておいたよ、と
10万円分のフカヒレがメンバーの前に。
「自信はあるけどさあ、誰が10万円をフカヒレに使えって言った」と松橋。
そして、もし当選しなかったらどうなるのか、という尤もな疑問が。
当選しなかったらフカヒレは自腹、と聞かされつつ食す6人。とはいえフカヒレはかなり美味。
なのだが、武山が「白滝みたい」と言い出し、赤羽も「噛まなくていい白滝」と。
「10万円分のフカヒレを白滝て」と苦笑しつつ突っ込む太田。
結果はホームページで発表、ということでパソコンで検索。
しかしあっさりと落選。しかも、一次選考にすら残らなかった、と。
そして、児玉の「うららとやすし」が酷過ぎる、という話から、太田が一言。
「児玉さん、ちょっと(全額)払って下さいよ」
もちろん反論する児玉。
「今後も言ってくるだろ、金払うキャラとして」
「今回だけにするから。今回が最後」
「絶対だな。……あれ?俺払う感じになってる?」
こうして、児玉が10万円払う事に。
続いて、羽田の時計台の愛称募集の結果確認。
こちらの商品は韓国旅行。
そしてその結果は……「銀の翼」に決定。全員落選。
「viewoo!とかないよ」と、またデジャヴの流れ(笑)。
「児玉さん、俺韓国行きたいです」と太田。「太田がこんなこと言うの珍しい」と斉藤。
しかしさすがに「これは耐えられん」と児玉が言い、韓国旅行はなくなったのでした。

そして児玉が10万円お支払い。だが皆帰り支度をしていて児玉に目もくれない。
太田に「払ったぞ」と言ったものの、「はあ」とつれない返事。
そうして児玉の自腹は20万を超えたのでした。

-------------------------------


ぶっちゃけたことを言うと、今回そこまで見せ場があるわけではないんですよね。まあ
個人的な感想として、ですが。
でもだからといって面白くなかったわけではなくて、面白かったんですよ実際。
ただ、半年前だったらこの企画でここまで面白くは出来なかったかもしれないなーとか
思ったりしたんで、本当に何度も言うけれどものすごい勢いで成長しているのだなと思った
次第です。

今回全くボケなしのガチ応募だったわけなんですが、それぞれの性格とか出ていて
何気に興味深かったです。太田はやっぱり柔道を出してくるんだなーとか、斉藤の絵は
なんだよあれとか(まあ絵に関しては人の事言えないんですけども)。
それにしても、「うららとやすし」がひどすぎだろうと(笑)。
というかあれをマスコットキャラにするような市だったら逆に惹かれるよ。住むわ!(笑)。

それにしても今回何が素晴らしかったって、10万円を払うという段階になって
「児玉さん払って下さい」と言った太田ね。
私はパンサーファンですけども、今回に関してはジューシーズとジャンポケで
良かったかもなあ。もしジャンポケが、というか太田がいなかったら、だまさん一人が
お金を払う、という展開には多分ならなかったと思うんですよね。皆太田の言葉に
乗っかりはしましたけども、最初に誰か(というか太田)が言わなかったら多分
そうはならなかったでしょうし。
もしジャンポケとパンサーだったら、「(パンサー)尾形さん払って下さい」に
なったのかもしれないですが、だまさんの場合、初回のロケで10万以上する
テレビを買わされた、という前提があるわけで、それを覚えている視聴者に
とってはもう一度その展開が来たということで分かり易さもあったなあ、と。
スタッフ側もこの展開は想定外だったと思うんですよね。多分。みんなで割り勘して
10万払う、という流れで考えていたんじゃないかなあと思うんですけども、
誰か一人が払う、という方が画的にも面白いですし、そう考えると確かにだまさんなんだよなあ。
またそういうキャラが似合う人でもありますし。
それにしてもねー、ほんっとに何度も何度も何度も何度も言いますけど、太田すげえ。


来週は、公式ページの予告を見たら沖縄国際映画祭の作品作りやるんですね。
動画見ましたけども、並び順とかどうやって決めたのか気になっていたので、その辺りが
見れそうで嬉しいです。
そして9人全員で出られそうで、これまた嬉しいです。
だんだん、9人で出られる回が多くなってきてほんと嬉しいなあ。やっぱりあの9人で
出て欲しいというのがありますんで。

category: 333

tb: 0   cm: 4

つれづれと『333(トリオさん)』とかシチサンとかについて考えた  

ここんとこがっつり文章を書くことが多かったので本日は軽く。
昨年10月7日のパンサーシチサンを改めて見て、ああこの時色々思ったんだよなーとか
思い返したりしていました。
この時のシチサンは実際無限大まで行ったんですが、すごいよく覚えているんですよね。
向井君から始まったパンサー会議。パンサーをもっと良くするためにどうしたらいいかと
いう話をああいう客前でやってくれたのが本当に嬉しかったですし。
あの回のシチサンはついつい何度も見返してしまいます。
トークで話していた、写真を撮りまくった仕事って「∞男子寮」のことだったんだなーとか
後になって分かったりとかね。

ところでずーっと気になっているんですけども、『333(トリオさん)』の話を最初に
聞いたのってこのシチサンの前なんでしょうか、それとも後なんでしょうか。
初回収録日が10月13日で(ツイッターでの発言とか翌日に情報解禁になったとか
その他色々な状況を鑑みるとこの日しか考えられないので)、話があったのがその
一週間前とのことだったので(これは第一回目のナレーションで言っていました)、
大体その辺りなんだよなーと。
そうなるともしかして7日のシチサンの前に言われたとかかなーとも思ったんですが
ただ、パンサーの場合は言われた所がどうも本社っぽい(?)気がするのと
(いや分からないですけども)、シチサンってなんか前に2時半集合とかって話を
聞いたような気もしますし(AGEAGEの前に準備しなければならないから早めに
来ないといけないとかなんとか)、あと確認してみたんですけども、菅さんの服が
違うんですよね。向井君は一緒っぽいし尾形君も重ね着すれば一緒になるんですが。
個人的には、『333(トリオさん)』の話があったから(当日ではないかもですけど)こその
パンサー会議に繋がるのかなーと思っているんですが、どうなんだろうなあ。
ただそのパンサー会議の時に向井君がジューシーズとジャングルポケットの名前を
出して、一緒に仕事する機会が多いからと言っていましたけども、ただでもその時は
まだ収録前だから(推測)、少なくとも ”テレビ朝日のレギュラーを一緒にやる” ことは
分かっていなかったわけで、いやもちろんちょいちょい一緒に仕事をすることは
ありましたけども、そこでこの二組の名前を出す辺りがなんとも運命的といいますか
すごいよなあ、とか。

でもって。
この10月7日のシチサンで向井君が、一緒に舞台に立っていた同期が突然
ゴールデンで大物芸能人と絡んでいるのを見るのって最初違和感があった
みたいなことを言っていたんですけども、まさかその数カ月後に言った本人が
そういう状況になっているとかなー。誰が想像しただろうかと。
まあなー、そりゃ周囲にヘキサゴン弄られるわなー。
この間まで同じ舞台に立っていた(今もそうですけど)同期(または後輩)が
ゴールデンで大物司会者と絡んでるんだから。
そして向井君は続けます。
「(最初は違和感があっても)見慣れるじゃないですか。結局、当たり前になるじゃないですか。
来るんすかそんな日が。僕らに」
実際、これを見ていたこの時は、まあいずれは来るのかもしれないけどねー程度に
思っていたんですけども、今ヘキサゴンとかちょいちょい出ている姿を見ると、
まああの番組に関しては色々と、まあ、その、ね、うん、ぶっちゃけるとこないだのやつ
録画するだけしてまだ見てませんけど、まあこの先それこそ3人でゴールデンの番組とか
出る機会も出てくるかもしれないわけですよ。だって半年前なんて今の状況なんか
想像出来ませんでしたもん。
それこそ向井君が言っていた、「いいともに僕ら普通に出てる日が来ると思います?」
という状況も事実になるのかもなあー。なんかそう考えるとうわあーとかいう気分に
なったりするわけですが。良くも悪くもね。

前にも書きましたけど、夢は叶ったら現実で、そして現実は必ずしも楽しい事ばかりではない
のですよね。夢が叶う事で却って辛いことが出てきたりとかすることもありますし。
売れることが、ゴールデンの番組に出ることが本当に幸せなのかは私には分かりませんが、
でもそれが彼らの、特に向井君の願いなんだろうしなあ、売れるっていうのは。
とはいえ何にせよ、どういう方向に行くにせよ、こっちは応援するだけだよなー、とか。
なので彼らには、どの道を進んでもいいので幸せでいてくれたらなと思います。

最後にちょっと話がずれますが。
何かで、舞台の向井君は力が入りすぎてちょっと、みたいな書き込みを読んだんですけども
まあ気持ちは分からなくもないですが、でも今頑張らなくていつ頑張るの、と思ったのも事実。
(いい意味で)力を抜いたりしながらやるのは30過ぎてからでいいんじゃないのかなーと
個人的に。
全力で走れるうちは走っておかないと、いずれは走りたくても走れない時が来ますから。
そして自分がやって来た事は良くも悪くも未来の自分に全て返ってきますから。
なので、必死になれる時は必死でいいじゃん、とか個人的には思います。
ただ、頑張りすぎて体を壊しては元も子もないので、体調管理だけはしっかりしておいて
欲しいですけども。
元気に楽しく突っ走ってくれたらいいよ、こっちも全力で応援するよ、という感じで。

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

僕らの休み時間3 レポ  

昨日は久々のライブでした。いつもなら余裕で着ける時間開始なんですけど、
今回に関しては電車がちゃんと動くか心配で、実際その前日まで仕事の行き帰りに
どっちもちゃんと動いている事がなくて、帰りは1時間半歩いたりとかしていたので
それだとほんとギリギリか間に合わないかになるんだよなーと思っていたのですね。
で心配していたんですが、上手い事ちょうどよく電車が来てくれて余裕で間に合いました。
半分諦めていた夕飯を食べる時間もあったくらいで。
なので、フレッシュネスバーガーでずっと気になっていたアボカドバーガーを
頼んでみたら予想外に大きくて、うわーと思いつつも、『一人6口グルメやるか!』とか
自分の中だけで盛り上がってやってみたんですが(笑)、あっさりと玉砕しました。
ちなみに6口グルメは『333(トリオさん)』でやっていた企画ですね。
感想はこちらで書いています。


でもって、昨日は久々のライブでした。
もう本当に楽しかった!久々にバカ笑いしたかもしれないです。
やっぱり笑う事って大事なんだなーとしみじみ思ったりしましたよ。

なんですが、やっぱりいつもの調子では見られなかった部分もあって
(完全にこっちの問題)、いつもより記憶が途絶えているなと感じます。
大体こんな風だった、私にはこう見えた、というだけなので、軽く読んで頂けると
ありがたいです。
ただ、完全に間違っている、という場合はこっそり指摘していただけると嬉しいです。

さて、このライブなんですが、毎回ツイッターで告知合戦が繰り広げられます。
主にチョコレートプラネットの2人が。
最初にそれを紹介。
まず、スタンダードなものから。基本がこれね。

『僕らの休み時間』 【日程】3月18日(金) 21:15-22:15(開場 21:00)
【出演】パンサー向井、チョコレートプラネット、シソンヌ、バース近藤

なんですが、あの二人にかかった場合(以下、書きかえられた部分をメインに抜粋)

【出演】パスワード向井、チョコレートプラネット、シソンヌ、バイト近藤
【出演】豹向井、甘味処惑星、両足で踏み切って飛び片足で下りるパ、阪神最強助っ人外国人近藤
【出演】パレード向井、チョコレートプラネット、シソンヌ、晩ごはん近藤
『僕らの休み時間』神保町花月【日程】3月18日(筋)
【出演】パンサー杉山、チョコレートプラネット、シソンヌ、バース肥後
【出演】バソサー向井、チョロレートブラネット、ツンソヌ、パース近藤
【出演】パンサー回#、チョコレートプラ神ト、シソン又、バースLД藤
『僕らの休み時間に必要なことはすべて君がおしえてくれた』【出演】長谷川忍
『僕らの音楽時間』【出演】黒夢、SHAZNA、ジュディーアンドマリー、キックザカンクルー、シソンヌ長谷川忍

最後、やたら豪華なんですけどー(笑)。


幕が開き、舞台には椅子が6つ。とはいえ座らないんだろうなーと思ったら案の定
全然座らないままに1時間やってました(笑)。
まずはシソンヌMADが登場。白地に黒で大きな二等辺三角形が書かれたロンTに
羽がついた靴といういでたちで登場。
最初にざっと今回のライブの説明をしたんですが、それよりその格好ですよ(笑)。
MADも、靴は後で弄ってもらうからもうちょっと待ってて、みたいなことを言ってました。

で、他のメンバーも登場。パンサー向井君、チョコプラ2人(長田、松尾)、シソンヌじろうちゃん。
しばし5人でのトーク。
まず向井君が突っ込んだのはライブ名について。「『僕らの夏休み』って言ってたでしょ。
『休み時間』だから」と。
え?夏休みとか言ってたっけ?、となる客席。実際私全く気付きませんでした。
いやだってそんなことより格好が気になって気になって(笑)。
で、プレステのゲームにある『ぼくのなつやすみ』と混同してるでしょ、と向井君が言ったら
長田が「それはこうやってこう」とか釣りをする真似をし始めまして。
しばしそれで突っ込んだりとかしていたんですが、客席が一点に気付き笑い出したんですね。
で、舞台上も気付いたわけなんですが、松ちゃんが変顔をしていた、と。
いや変顔というのともちょっと違うのか。何ていうんだろうあれ。説明出来ないごめんなさい。
で向井君が言うには、「判断をこっちに任せてくる表情が多い」と。
説明の出来ない顔をして、それなんなの、と訊くと、そっちて判断して欲しい、と。
最近そういうの多いよ、と向井君。楽屋とかで長田とケンカ(という体のミニコント)を
していると、松ちゃんがよく分からない顔をしてきて、なんなんだよそれ、と。
分かったもう(今回の舞台では)しないから、と松ちゃん。
で、そんな話の後で今回のゲスト(?)近ちゃん登場。
とはいえ前回は確かにゲストだったけれど、今回はゲスト表記が外れていたから
てっきりレギュラーになったのかと思いきや、レギュラーではない、と。
で近ちゃんが「じゃあ毎回ゲストで来ます」と言ったら、それもダメらしい(笑)。
いやでもレギュラーなんだと思いますよ。勝手に思うだけですが。
最初なかなか呼べなくてごめん、と言っていたら、近ちゃんはでも袖で松ちゃんの変顔見て
大笑いしていたらしく、近くで見たいからもう一回やって、と。
いやそれ家でやるから、と松ちゃんは言ってたんですが(近ちゃんと松ちゃんは同居しています)
結局近くでやっていて、そして大笑いする近ちゃん。
一緒に住んでいてそれだもんなー。ある意味すごいっつか。
で、近ちゃんの相方の中村君は、という話になったんですね。ところでこの中村君ですが、
なんか呼び方があって皆そう呼んでいて、あー愛称それなんだーとか思ったんですけど
すっかり忘れました。なんてこったい。
「な」から始まってたのだけは覚えてるのだけど(そりゃ中村だからね)。
どなたか覚えている方教えていただけると嬉しいです。気になっているので。
近ちゃんによると、何かのライブでこの休み時間の告知をしたのだけど、その時に
「中村は出ないの?」と訊かれて「僕だけです」と答えた、とか。
で、近ちゃんはKABUTOもやってるでしょ、と。
そんなこんなで中村君は10連休らしいです。そっかー。コンビ格差って結構きついよね、うん。

話が前後しましたがMADの格好いじり。
靴よりそのTシャツはなんだ、という話に。それはオシャレなのかと誰かが訊いてたんですが
名だたるブランドで買ったらしいです。
で、その長さは合っているのか(MADが着てお尻が隠れるくらい)、という話になりまして、
これはロンTを探して買ったんだ、と。
いやでも実は二等辺三角形を描くためにロンTになったんじゃないか、と他の面々。
「正三角形じゃダメだ、二等辺三角形にしないと」とかしばし盛り上がってました。
そして靴。松ちゃんと一緒に買いに行ったそうで、「試履きした時いたもんな」と。
「しばきって何?オシャレな人はそう言うの?」と「しばき」に食いつく向井君。
関西弁の「(茶)しばく」とはアクセントが違ってました。
で、MADが行くようなショップは高いところばかりだ、と松ちゃん。
前に一緒に行ったらどれも高い服ばかりだったんですが、そんな中で
「だって店の店員に年始の挨拶されたことある?」と。
一緒に行ったら「長谷川さん(MADね)明けましておめでとうございます」と店員さんに
言われ、そして「お荷物お預かりします」と。
「でも俺の荷物は預かってくれないんだよ!リュックしょってたのに」と松ちゃん(笑)。
そしてMADは店員さんと談笑しているし、仕方ないので店のものを見ていたら
「変態がつけるようなマスク(仮面)あるでしょ。目のところにつけるやつ」
いや分かるけど。目につける蝶の仮面みたいなのだっていうのは。
そして確かに変態がつけるっぽいけども(笑)。
で、そんなのが売っていて、幾らするんだろうと思って見たら7万だったらしいです。
MADによると手作りだから高いんだとか。
ちなみにその店は、レディー・ガガとかも来るらしいです。

で、せっかく近ちゃんも来た事だし、ということで近ちゃん話。
前回も色々話があったんですけども、あれ以来また増えまくっているらしいです(笑)。
最初はジャブということで、「ゴジラvs.モスラ」を「ゴジラvs.ラモス」と言ったとか
そういう軽い話だったんですが、ものすごい話がある、と松ちゃん。
なんでも松ちゃんがリビングにいたら、寝ていたはずの近ちゃんが入って来て、
あー近ちゃん起きたんだ、と思って見たら、近ちゃんの目がものっすごい見開いていた、と。
え?、とか思って、「寝ぼけてるの?」と訊いたら「寝ぼけてない」と。
一応起きてんだ、とか思ったら近ちゃんが、「松ちゃん、あれどこ?」と。
「あれって何?」と訊くと、「あれだよあれ。トング。子供挟むやつ」
ここで客席から悲鳴ともつかないような声が(笑)。
(ちなみにトングってパン屋でパン掴む時に使うあれです)
で、松ちゃんがええー何こいつ、とか思っていたら近ちゃんが回れ右をして自分の部屋に
戻りかけて、そして立ち止まり一言。
「あ……寝ぼけてたわ」
ぎゃーとなる舞台(&客席)。
そして近ちゃんの言い訳。
なんでも、半分起きていたみたいで、夢の中で松ちゃんがトングを持っていて
近ちゃんとしてはその記憶があって、それで訊いたら話が通じないから(当たり前なんだけど)
最初はふざけんな、と思っていたらしいんですが、次第に、松ちゃんの顔が冗談を言っている
それではないことに気付いて、『松ちゃんは間違ってない、ってことは俺がおかしいのか』と
なって、それでよくよく考えたら寝ぼけてた、ということに気付いた、らしいです。
なんか説明もぼんやりしてて申し訳ないんですが、聞いていた時にもう、え?、え?、という
感じだったので。
でもって、以前は夢遊病の時は意識もその時の記憶もなかったそうなんですけども、
この時はちゃんと意識して記憶もあった、ということで進化していると本人は言ったんですが
いや酷くなってるよ、と周囲のツッコミ。
そして次にじろうちゃんが、「オラオラ近ちゃん」に出会った、という話。
近ちゃんの部屋で一緒に寝た時、ちょうど横になったところに姿見があるらしくて
寝ると顔が鏡に映るんですね。で嫌だなーと思いつつも寝ようと思って目を閉じたんですが
何かで目覚めた時、隣で寝ていた近ちゃんが起き上がったのが鏡に映って、
そして近ちゃんがじっと鏡越しにじろうちゃんを見て、というか睨んで来て
「おい、何見てんだよおいこら」とすごんできた、と。
もうじろうちゃん恐怖ですよ。
「近ちゃん!起きて近ちゃん!」と絶叫。
ただ、当の本人は全く覚えておらず、呼ばれた事も気付かなかったそうです。
で、それ友達相手だからいいけど知らない人にやったらケンカになるんじゃないの、という話に
なりまして、家には知らない人泊めないから、と言っていたんですが、いや夢遊病で外に出たら、
という話になりまして、向井君が「でも最近は分かるんだよね」と。
なんでも寝る前に、あ、今日は寝たまま歩き出すな、というのが分かるらしいです。
で、じろうちゃんが泊まる時などに、「俺今日動くから」とか言って怖がらせるとか(笑)。
その、「オラオラ近ちゃん」の話の時になぜかMADが、「コマを回して」とか言い出して
向井君に突っ込まれて、「コマコマMADだから」と言われていたりしました(笑)。
なんだよコマコマMADって。

話の順番があっているか忘れたのですが、とりあえず思い出した順序で書きます。
地震の話。
あの時何をしていたか、という話になりまして、向井君は電車に乗っていたと。
で、どういう状況なのか全然分からないままに電車が止まって、でもまあ1、2時間
くらいで動くだろうと思っていたら全然動かなくて、どうしようと思いながら
ツイッターでその状況を呟いたら長田が迎えに来てくれた、と。
この辺は向井君のツイッターでも書かれていましたよね。
で、実際電車がアトラクションみたいにものっすごく揺れたそうで、乗っていた
女子高生とかがパニックになりかけたそうなんですけども、そんな時に一緒に
乗っていたオタクっぽい人が、「落ち着いて!」と言いながら電車内を往復したとか。
やっぱりそういう時にそういう行動が取れる人ってかっこいいよね、と。

向井君の話。
「俺誰かと、芸人の友達とかと一緒に暮らすのって絶対嫌だと思ってたの。でも
3人(松ちゃん、近ちゃん、ジャングルポケット太田)を見てると楽しそうだなーって思う」と。
なんでも、もっとケンカすると思ってたけど仲良くやってるよね、と。
とはいえ太田はやっぱり強いらしく、近ちゃんによるといきなり肘鉄を食らわされて
何かと思ったら「この家で一番強いのは誰かってことを分からせないと」とか言われたらしい(笑)。
「あいつ手加減しねーから」だそうです。
え、私先日「太田は力が強いけど自分より弱い立場の人を力で封じ込めるような事はしない人
だと思う」って書いたばっかだよ。速攻で否定されたよ!(笑)。
いやでもあれだよあれ。「この人なら大丈夫と思った人には容赦ない」んだよきっと。
まあそれはさておき。
向井君は今、ジューシーズ児玉さんと一緒に暮らそうと誘われているらしく、
なんでもだまさんがそろそろ実家を追い出されそうだ、と。で、
「俺と暮らすかジューシーズ3人で暮らすかどっちかなんだって」
いやさすがにトリオで暮らすのはないだろう、という感じになったんですが、実際話は
出ているらしいです。なんでも松橋しゅうたがそうしたいらしい(笑)。
しゅうた!全くぶれないなあの人も!
で、どうしようか迷っている、という話をしていたんですが、実際暮らしている人によると
「お母さん的存在の人がいないときつい」とか。
世話を焼いてくれて何かと色々やってくれる人がいるかいないかでは違うらしいです。
で、あの家ではそれは松ちゃんの仕事だと。
確かにツイッター見ていると料理作ってたりとかしているもんなー。
近ちゃんによると、「俺ら何も言ってないのに『今日から洗濯は俺がやる』と言った」とか。
とはいえ松ちゃんに言わせると、みんな洗濯物を溜めるので毎週何曜日とか決めて
やろうという話になったんだけど、どうせ他の2人は絶対にやらないし、やらなかったら
やらないで何でやらないんだと腹立たしくなるので、だったら自分でやった方が早い、
という結論に達したとか。
で、そういう人がいた方がいい、となったのだけど、だまさんはずっと実家暮らしだし
向井君も絶対違うよね、と。
ここで他のメンバーから「(向井)慧ん家ひどいもんなー」と複数人に言われていて笑いました。
誰だっけ、長田だっけかな、家に行った時の様子を再現してくれたんですけども、
まるでジャングルの奥地に分け入るような感じで色々かき分けて入ってました。

ただでも近ちゃんたちの家が特にケンカもなく楽しくやれているのは松ちゃんの力が
大きいよね、という話に。
「一家に一人欲しいもん」と言っていたのは向井君でしたっけか。
で、松ちゃんはよく一緒にいて楽しませてくれる、という話になりまして、CMの真似を
してくれると。
ACのCM「あいさつの魔法」のやつ。
これ、某所で「ポポポポーン」で検索したら普通に出てきて笑いました(笑)。
あのCMが流れる度に一緒に再現してくれる、ということで舞台でもやってくれました。
うわーこれは和むわ。楽しいわ。
私の家にも一人欲しいです松ちゃん。

それにしても本当に、あの家で3人仲良くやっていけているのは松ちゃんの力だろうなー。
お母さん的存在でしかも和ましてくれる、っていうね。
あとやっぱり3人っていうのが大きいんだろうな、とも思います。
前にトリオ連合で、コンビだとネタ合わせでケンカして部屋を出るとかあったけれど、
トリオだと2人でケンカして怒っても、もう一人に悪いから仕事放棄は出来ない、と。
実際トリオだと止める人もいるからケンカが少なくなるらしいですし。
もし向井君とだまさんで住むなら確実に松ちゃん的存在が要るでしょうねー。
ただでも、大丈夫なのか?、とは思うんですけどね。あの2人で。
いや『333(トリオさん)』に一緒に出ているじゃないですか。で収録一緒に行って、
でも帰りは一緒とは限らないわけですよ、あの番組の場合。
片方が先に帰って、もう片方が夜遅く帰って、とかなった場合、家の中の雰囲気とか
大丈夫なのかなあ、と。

MADのご家族が東京に来た時の話。
やっぱりお母さんも身長大きいの?と誰かが訊いたらじろうちゃんが「2メーター60(センチ)」
と。80だったかな、どっちか。まあどっちでもいいか(笑)。
いやでかすぎるだろう、と即座にツッコミが入ったんですが、じろうちゃんが手のひらを上にして
「この手の上に俺ら乗せて歩けるから」(笑)。
「そんなだったら売れるわ!」とMAD。
で、渋谷でご飯を食べようということで、じろうちゃん&松ちゃんも一緒に行ったんですが
なぜかしきりに台湾料理を勧めてくるMAD母。
で結局は違う店にしたんですけども、「お昼何食べたんですか」と訊いたら「台湾料理」と。
なんで昼食べたのにまた夜台湾料理なんだよ!と思った、と松ちゃん達は言っていたんですが
MADによると、昼間食べた台湾料理が美味しかったからぜひ皆さんにも、という気持ち
だったらしいです。なんかいいなあそういうのって。
弟さんも一緒だったそうなんですが、弟も身長でかいの?と訊いたらじろうちゃんが
「3メートル50」と。あ、数字は結構適当です。
でMADがまた、「そんなんだったら売れるわ!」と。
その売れる売れるって何なんだよ、と向井君に突っ込まれていました。

近ちゃんによる向井君の話。
2人は幼馴染で(実家は)同じ団地に住んでいる、と。向井君が1号棟で近ちゃんが14号棟だったかな。
いや遠いじゃん、となったんですが、全部で30くらいあるから近いんだ、と。
で、近ちゃんが久々に実家に帰った時にたまたま向井母(悦子さん)と会ったらしいんですが
悦子さんは近ちゃんを見るや「近ちゃん久し振り」と泣いていた、と。
そしてそんな悦子さんの話。
近ちゃんに社員さんから向井君のお姉さんの連絡先を知らないかと訊かれて、
分からないけれど実家の電話なら分かるから聞いてみます、と。
で、それはテレビの収録か何かで向井君本人には絶対内緒にしてくれ、と言われたと
話してまして、「いやだったら今話して大丈夫なの?」と(笑)。
近ちゃん大丈夫か、みたいな雰囲気になったんですけども、近ちゃんによると
もう流れてしまった話だということでした。でも何の番組だったんだろう。
近ちゃんも詳細は知らないらしいんですけどね。
で、実家に電話して悦子さんに訊いたら教えてくれなかったと。本人に確認して
折り返すから、と言われて待っていたら、また電話がかかってきて、
「私じゃダメか、と言われた」と。
なんでも、私の方が色々知っているし何でも喋るから、とか(笑)。
あー、お母さんミーハーだって向井君言ってたからなあ、シチサンで。
まあ結局その話は流れたそうなんですけども、そんな家族にまで魔の手が伸びているとは、と
向井君は衝撃を受けていたようでした。
けど実際売れてくると実家とか家族とか一度は声かけられるよねやっぱ。
なんたってパンサー菅さん家にまで行くくらいだから。

で、一体何の番組だったんだろうという話になって、MADが「ロンハーじゃない?」と。
いやロンハーはさすがにないだろうと向井君は言っていたんですが、でも『333(トリオさん)』と
スタッフ一緒なんですよね。
で、ロンハーだったらいいよなー羨ましいみたいなことをMADが言い出しまして、
「俺、『ぷらちなロンドンブーツ』の頃から観てるのに」と。
うわー大好きだったよーぷらちなロンブー。私も観てたよー!
ガサ入れが有名企画でしたけど、Not100とかブラブラブラボーとか選挙のやつとか
ぷらち鍋とか好きだったなー。

サバイバルゲームの話。
「俺あれめっちゃ好きなんだよね、サバイバルゲーム」と向井君がリクエストして
出てきた話でした。
なんでも、近ちゃんがサバイバルゲームに参加したそうで、
サバイバルゲームってBB弾を使用するんですけども、当たったら自己申告する
らしいんですね。「ヒット!」と言って手を上げる、と。
で、東京にも雪が降った日の翌日かなんかで、雪が解け始めていた時に参加した
そうなんですが、まあものっすごい緊張感の中、雪解け水が上から(木かなんかかな)
落ちてきまして、それが近ちゃんの頭に当たり、
近藤「ヒット!」
「もうそれ聞いてさあ、大笑いしちゃって」by向井君。
いや普通肩とか胸とかに当たるじゃん、何で頭の上なんだよ、と。
その後、近ちゃんの弁明があったんですけども、ものっすごい緊張感の中だったし、
とにかくみんな凄い性能のいい銃を持っているから、なんか上から来るような
ものもあるのかもしれないと思った、とか。
ここほんと大笑いでした。向井君がとにかく楽しそうに笑っていてなんとも良かったなあと。

そしてあっという間に1時間。次はまだ決まってないそうなんですが、またやりたいねと。
前回、MADのコーディネートでみんな出ようという話になっていたんですがそれも
出来なかったし、あとツアーもやりたいね、と。
じゃあ次回はそれぞれツアーのプランを持って来てプレゼンしよう、とかいう話にも
なっていました。
ただでも個人的に言わせてもらえば、ツアーをやるなら場所とかよりも
日程と幾らかかるかの方が大きかったりするんだよなー、と。
平日何日も、とか言われたら休めないですし、正直今回の地震で仕事減っているので
給料の問題もあったりとかするから、そっちの方が大きいんだよなー。
行けるようなら行きたいですが、でも行くとしたら一人な訳で、一人でツアーって
結構きついよな……。心折れそうだし。
普段のライブは一人でも全然問題ないんですが。
そうそう、ツアーに行きたいという話をMADが社員さんに打診したそうなんですが
最初、シソンヌとチョコプラの名前しか出さなかったら社員さんが渋い顔をしていた
そうなんですけども、向井君と近ちゃんの名前を出したら、「それならいけるかも」と。
ただ、「それを聞かされる俺ね」by MAD。

で、最後に告知。
チョコプラが単独延期という話の後に、これは単独で話そうと思っていたんですが、と。
「松尾アンダーグラウンド、本日限りで止めます」
えっ、となる客席。とはいえ別に芸人引退とかではなくて、名前を変える、と。
変えるというか本名に戻す、ですね。松尾駿、に。
理由は、名前の画数がハンパなく悪かったから、と。
長田はものっすごくいいらしいんですよ。完璧。でも松ちゃんは全然ダメ、と。
なんだっけ、愛嬌とユーモアしかない名前、だとか。100点満点中10点、と。
今まで何度かチョコプラが売れる機会があったそうなんですけども(向井君が
ここで、「キングオブコントとかね」と言ってました)、ことごとく松ちゃんが潰していた、らしい。
で本名だと画数もいいし長田との相性もいい、と。
本当は単独の時にミニコントで披露しようと思ったのだけども、「今すぐにでも変えたい」
ということで、明日(これ書いている今日からか)から、松尾駿になったそうです。
で、この話をしている時に客席から「マツシュン」という呟きが聞こえてきまして、
「いいじゃんマツシュン」「いやマツシュンって恥ずかしくない?」みたいな流れもあったり。
そして最後にまたMADが、『僕らの夏休み』と言い間違える、というくだりもあったりしました。

そして最後の最後に。
実はMADの靴は暗闇で光る、という話になりまして、試しに照明を暗くしてみたら
本当に光って!暗闇で靴だけ光るというその状況に皆大笑い。
つかなんだよその靴!ちょっと欲しいんですけど(笑)。
で、一通り盛り上がってから本当に終わり、というところで、幕が閉まる前に
先に電気を暗くしてくれ、というリクエストが。
そして終了。電気が暗くなりMADの靴だけが光る、という状況に大笑いしたところで
ライブは終了したのでした。

終了後はこのメンバーで募金活動。私も募金して来ましたよ。
この時まで募金しそびれていたのもあって、ちょっと張り切って札を入れようとしたら
入れるところが小さくて2つ折りだと入らないということに入れようとして気付きまして
わたわたしながら4つ折りにしてました。
そんな私に松ちゃんが「気をつけて帰って下さいねー」と。
松ちゃん優しいなあー。ありがとう気をつけて帰ったよ(こんなとこ見てないけど)。


前回は向井君があんまし喋ってなくて残念だったんですが、今回は結構喋ってくれて
嬉しかったです。
そしてほんと、久々にバカ笑いが出来て楽しかったなあー。
この一週間色々とバタバタしたりしたのですが(とはいえ被災地の方に比べれば
本当に微々たるものですけども)、なので余計に楽しかったですし気持ち的にも
なんというか楽になれました。
ほんっと、お笑いの力って大きいなあ、と。

あとつくづく、私やっぱり何も知らないなーと改めて。いや元々知っているとか思っている
わけではないんですが、なんか改めて気付かされました。
とはいえこういうブログに関しては、知らない方が書けたりする部分もあったり
しますよね実際。知っていると情報の多さに振り回されるところもありますし、
何より無知ゆえの強さといいますか。強いっていうのとはまた違うのかもなんですが、
知らないってある意味最強ですからね。
怖さも痛みも知らなければ何でも出来ますもん、極論を言ってしまえば。
ただそれは厳密には強さではなくてただの無謀なわけですが。
で、うちのブログはこれからも無謀な感じでやっていきますよ、と。
もちろん、誰かを傷つけたり不快にさせたりするような表現は極力避けたいとは
思いますが、ルールと節度は守った上で好き勝手やれたらいいなとは思います。

category: お笑い

tb: 0   cm: 5

暫定的パンサースケジュール  

ジャンポケ太田について書くのがようやく完結して、達成感ハンパなかったんですが、
そのおかげで気が抜けて何も書く気がなくなるという本末転倒ぶりですこんばんは。
いやそれじゃダメだろうということでもうちょい頑張りたいと思いつつ、そういやしばらく
上げてなかったわーということでスケジュールです。
但し、地震の影響で中止や延期になっているものも結構あります。
把握している分に関しましては打ち消し線を引いていますが、それ以外にも
発生する可能性はあります。
行かれる場合はご確認をお願いします。
それでなくても吉本全く関係ない一ファンがやっていることですので
漏れとか変更とかあるかと思います。急な変更には対応しきれないので
あくまで参考程度にご覧ください。


<3月>

■20日
アームストロング栗山Presents~栗山・竹内のアベックホームラン~2011開幕 20:00 渋谷無限大ホール

■21日
よしもと東北ロード 仙台パンサーvol.3 13:00 仙台市シルバーセンター(宮城県)

■23日
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■24日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■25日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ
ピストルアタックNo.1 22:00 新宿ルミネ

■28日
もう一度見たいシャッフルトーク~2011春~ 12:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■30日
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)


<4月>

■1日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■3日
トリオ・トリオ・トリオ 21:00 渋谷無限大ホール

■4日
Adachilds 4 21:30 渋谷無限大ホール

■6日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■7日
単独ライブ「春よ、来い」 19:00 品川プリンスシアター

■10日
ルミネ1回目 12:00 新宿ルミネ
ルミネ2回目 15:00 新宿ルミネ
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■12日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■13日
渋谷ばちーんんんLive特別企画「ばちーんんんvs5upゼロイチ」 19:00 渋谷無限大ホール

■14日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■15日
よしもと東北ロード 仙台パンサー vol.4 19:00 仙台市戦災復興記念館

■17日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ

■19日
ゲッターズ飯田のよしもと芸人100人占い斬り!! 19:00 品川プリンスシアター (尾形、向井)
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:15 神保町花月 (菅)

■20日
お客様に感謝感謝3500円ライブ 18:00 新宿ルミネ
お客様に感謝感謝3500円ライブ 20:00 新宿ルミネ

■22日
ネタの内
~ルミネ・∞ホール・5upよしもと芸人絡みました。コーナー付~ 19:00 新宿ルミネ

■26日
プロデューサーX 21:30 渋谷無限大ホール (菅)

■27日
アップ・ダウン presents コント共和国 19:00 THEATHER BRATS (東京)


<5月>

■22日
群青が押見と向井をいぢめる 18:00 浅草 雷5656会館 (向井)

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

ジャングルポケット太田博久くんについて約1万文字で書いてみよう・完結編  

こんばんは、都会で奇跡のやまびこの海老原です。
と、太田君のブログの真似をしてみました。
それにしても、「都会で奇跡のやまびこの海老原です」とか言われても、
「はぁ」としか返しようがないよな、と書きながら思いました。

さて、つらつら書いてきた太田について語る回も今回が最終回です。
涙なくしては読めない(嘘)記事はこの後すぐ!
……とか煽ったら自らの首を絞めるだけじゃん、と書いてから気付きました……。


------------------------------------


このシリーズを書くようになってから、ずっと太田の事を考えているわけですけども、
そういえば一番最初に『この人すげえ』と思ったのって、もしかしたら(前に書いた)
昨年6月16日のパンサーシチサンではなく、昨年9月8日のパンサーシチサン
だったかもしれないなーと思ったりしました。9月はリアルタイムで、6月のは
見ホーダイで見たのでどっちが先だったかちょっと覚えていないのですが。
で、その9月8日のシチサンですが、『尾形はどっちだ』という企画でした。
色々なものを用意して、一つは尾形君が、もう一つはその道のプロが作って
どっちが尾形君の作か当てる、というもの。店のカレーと尾形君のカレーを食べ比べたり
賞を取った詩と尾形君の詩を見比べたりとか。
で、その企画に呼ばれたゲストが皆、“尾形君をバカにしている” 人達(笑)。
そしてそんな中の一人が太田でした。
で、ゲスト紹介で皆が尾形君をバカにする中、「いや尾形さんは立派ですよ」と
言う太田。そして続けざまに「駄目なのはこの二人(相方である菅と向井)」と。
どういうこと、と思っていたら太田が言いました。
「この二人は給料入ったらすーぐ後輩を飲みに連れてったりして奢っちゃうけど、
尾形さんは自分の為に貯金してる。だから偉い」と。
この、一瞬持ち上げておいて落とす感じね。今考えてみれば太田がよく使う手法だなと
思うんですけども、リアルタイムで見ていた時はパンサーファンになってすら
間もない頃だったので太田どころかジャングルポケットというトリオすらよく分かって
いなかった時だったんですね。なので、うわ凄いなこの人、と思ったんでした。
これと6月のシチサンとどっちが先だったのかいくら考えても思い出せないのですが、
多分同時期ぐらいだったのかもしれません。

もうそれこそ口癖のように「太田は凄い」と言っているわけですが、最近一番痺れたのは
『333(トリオさん)』のすごろく大会ですね。
すごろくのマスで、“メンバーの好きなものを貰える” というのがあり、
太田の42型テレビを狙うジューシーズ赤羽健ちゃんに対し、太田が
「あんた実家だよな。俺このマスに止まったらあんたの実家貰うからな!」
この回の感想でもさんざん言ったんですが再度言いますよ。
太田すげえ――――――!!!!!
この発想!そうきたか、という感じ!痺れましたよもう。実際腹抱えて笑いましたここ。
そのうち、私が好きな太田の発言集とか作ってみたい気もしますが、そんなことを書くと
本当に作らないといけなくなるので(笑)、止めておこう。
でもいざ作り出したら幾らでも出る気がします。
今思い付くものでツボだったのが、相方武山に対して(うろ覚えなんで大体こんな感じだった
ということでひとつ)、
「武山のいいところが一つだけあるんですよ。こいつ字が上手いんですよ」
と。
珍しく(笑)武山を褒めたなーという意味でちょっとツボだったりしました。
太田って何だかんだ言いつつも武山を大事にしているところがありますよね
そして斉藤に対しては信頼しているがこその対等さと言いますか。
ただこの、“武山を大事にしている” 辺りに、武山の、というかジャングルポケットと
しての問題点が隠されているような気もするのですが、その話をすると一気に
論点がずれるので今回は割愛。そのうち書くかもですが。
2人への対応を見ていると、本当にリーダーとしての仕事をきちんとこなして
いるなあ、と思ったりします。本人どこまで意識してやっているのかは分かりませんが。
そういえば、『アームストロング栗山が聞く』というライブにジャンポケがゲストで
出た時に話していたんですが、武山がちょいちょい遅刻する、と。でそういう時に
ものすごい怒るのが太田なんですけども、太田はその場でがっつり怒った後は
特に引きずったりせずに普通の態度に戻る、と。
これほんと、上に立つ人間としてすべき対応だと思うのですよね。
問題行動に対してはきちんと怒らなければならないけれど、でも感情にまかせて
怒ったり、いつまでもぐちぐち言っていたらそれは上に立つ人間(この場合は
リーダーね)としてはそれこそ問題があるわけで、きちんとメリハリをつけられる
太田はやっぱり凄いししっかりしているなあ、と。

ところで私は元々ロザンファンで(今もそうですが)、ロザンファンの友人知人も
何人かいるわけなんですね。で先月のばちーんんんLiveにロザンがMCで出た回に
ちょうどジャンポケも出ていまして、でジャンポケは前半のコーナーに参加していました。
その時のコーナーはクレーム処理というもので、クレーム内容だけを聞いて何の
クレームか当てる、というもの。
そして太田へのクレームは “ロザン” でした。
でまたこの時の太田がほんと凄かったんですよ。見た方はご存じと思いますが。
お題のロザンが出た時、ジューシーズ松橋しゅうたが「クレーム言うとこないんだよなー」
と言いまして、それを受けて太田も「クレームない?」としばらく考えていたよう
なんですけども、多分そこかその次のクレーム(「目がくぼんでんだよ」)で
ロザンだと分かったんでしょう。受け答えがいちいち素晴らしすぎました。
「目がくぼんでる」には、「こちらサイドもコンプレックスに思っておりまして」
「仲が良すぎる」には、「そのことが頭一つ抜け切れない要因でありまして」
「考えている時の顔が嫌」には、「好感度を上げるためにあの顔はするなと言っている」
もちろん全く答えを見ていない状態で、即座にこれらをすらすらと答える太田。
私この時リアルタイムでは見れなかったのですが、ツイッターは見られる環境だった
ので見ていたら、ロザンファンの方がやたら「太田さんすごい」と言っていて
え?何?どうしたの?、と思ったんですけど、家に帰ってから確認して、ああこれか、と。
実際私も数人の方に、「よくブログで書いている『太田は凄い』の意味が分かった」と
言っていただいたりしました。
ロザンファンの間にも、「太田は凄い」が浸透した瞬間でしたよ、あの回は。

まあ、色々長々つらつら書いてきましたが、要するに、「太田は凄い」んです。
要約すればそれだけです。
ただ、普段、「凄い」としか言っていなかった太田についてここまで書けたのは
(大変でしたが)楽しかったです。
思い付くままに書いたので整合性が取れていなくて読み辛くてすみません。
でも書けて良かった!完全自己満足ですが楽しかった!
ここまで読んでくださった方ありがとうございました!
そして最後に叫んでおこう。太田大好き――――――――!!!!!


------------------------------------


ちなみに全文で11000(文字)ちょいでした。引用部分がちょこちょこあったので
少し多めに書いてみました。
いやー、書けるもんだね案外。もう二度とやりませんが(笑)。
ただでもこれ、太田だから書けたんだろうなあと思います。
パンサーファンで向井ファンなのに向井君で1万文字とか書ける気がしな(以下略)。

category: 10000文字

thread: お笑い芸人 - janre: お笑い

ジャングルポケット太田博久くんについて約1万文字で書いてみよう・その3  

本日はうちの地域も計画停電がありました。
地域で細かく分けられているようで、隣駅は結構電気が点いていたので、
『あれ?停電やってない?』とか思ったんですけど、最寄駅に近付くにつれて
一気に暗くなってきまして、ああやっぱり停電だ、と。
夜だったんで何も出来なくて、しょうがないので寝てました。
それにしても、ほんの数時間の停電でもこれだけ不便ということは
ずっと停電している地域の大変さたるや、本当に想像を絶するものなのだろうなと
改めて思った次第です。
本当に早く、全ての地域にライフラインが復旧すればいいんですが。


では太田君の話の続きです。
そろそろ、何で1万とか言っちゃったんだろう、5000だったら終わってたのに、とか
思い始めて来たんですが(笑)、いやいや書きますよ。
今日は何書こうかなーと考えるのも楽しいですし。
あ、ちなみに次回で終わる予定です。

-------------------------------

もし、「トリオ・トリオ・トリオ」でアンケートを取ったとして、
9人の中で結婚したいのは誰?』という問いがあったとしたら、1位は
太田になるんじゃないかと実は常々思っていたりします。
地に足がついた堅実な考え方といい、真面目な性格といい。
そしてこの辺りは多分、としか言いようがないんですが、彼女には優しい気が
するんですよね。
彼女に、というかベースは他人に対して優しい人なんだと思うのです。
といいますか、例えば自分より弱い人間を暴力で言いなりにさせようみたいな
考えは基本的にない人なんだろうな、と思っています。
太田という人はいわゆる “口撃” はしますけども、実際に手を出しての
攻撃をする相手というのは限られているんですよね。パンサーの尾形君であったり
ジューシーズの児玉さんであったりとか。
で、尾形君に関しては太田よりも体格がいい上にサッカーで鍛えていますし、
だまさんに関しても普段からさんざん相方(松橋しゅうた)からのイタズラで
ある程度は免疫(と言うんでしょうかこういう場合も)が出来ているでしょうし。
相方の武山に対しても、かなりあれこれ言う割には手を出しての攻撃はあまり
しないですし。まあ斉藤の髪の毛を狙ったりはしますけど(笑)。
ただ、この人に対してはここまでやっても大丈夫、というのがきちんと分かっていて、
ちゃんとその中に収められる人なんだろうな、とは思います。
あれだけ色々やっている割に、いわゆる “シャレにならない” ことはやらない、という。
一見好き勝手やっているように見えて、きちんとルールは守っているんですよね。
なので、あれだけ色々やっていても皆彼を嫌ったりしない、という。
ずっと柔道をやっていて、自分より体格のいい人にも勝てる力はありながらも、
自分より弱い人間に対して力でねじ伏せることは(基本的には)しない辺りが、
なんとも真面目な人なんだよなーと思ったりします。
ただ、この人には攻撃しても大丈夫、と認定した人に対しては容赦ないですが(笑)。
そういえば以前「トリオ・トリオ・トリオ」で、だまさんが言っていましたけども、
最近はよく分からない攻撃を仕掛けてくる、と。
なんでも、太田が突然近付いてきて、そうなるとだまさん側も何かされるんじゃないかと
身構えるんですけども、つかつかと近くに寄って来て、じっと顔を見て
♪なっつが来るぅ~
と歌って去って行く、っていう。
あれなんなの、と、だまさんが言っていましたけども、それ聞いた時やっぱり
太田凄いわーと思ったんでした。
さんざん肉体的に攻めておいて身構えるようになったところで心理戦に持って行く、というね。
つくづく、ほんっとこの人頭いいなあ、と。
とにかくめちゃくちゃ頭の回転速いですよね。
知識量という面から見ると、やはりずっと体育会系でやってきたこともあってか
多少微妙な部分もあったりするんですが(特に国語力)、ただ本当に瞬発力とか
判断力に関しては凄いなとしか言いようのないレベルだと思います。
以前、やっぱりこれも相手がだまさんなんですけども、だまさんが着替えをしていて
パンツ(下着の方ね)を下ろしたところで太田がそのパンツを両手で掴んで
ごろごろと寝転がった、ということがあったそうなんですね。
でこれは太田が説明していたんですが、ワニが餌を取る時も同じように
体をひねって外れないようにするらしくて、やっぱり本能的に、みたいなことを言っていました。
本能的かどうかはさておき、とっさの判断で一番の選択肢を選べる辺りが、
彼の凄いところだと思います。
ケータイよしもとでネオトリオ芸人特集をやった時、パンサーの対談の中で
尾形君が太田によくダメ出しをされる、という話が出ていまして、なんでも太田に
「あんた今日もバカみたいにサンキュー言って終わるんでしょ」
とか言われている、と言ったら、向井君が「意外と的確な事言ってる」と
言ったんですけども(笑)。
ただでもこのネオトリオ芸人特集をやった時って去年とか一昨年とか
そのくらいですよね多分。その頃から4年先輩に対してここまで言い切れるのが
凄いですし、また言っていることが的確っていうね(笑)。
瞬発力、判断力、そして観察眼もあるんだよなあ、と。
そういえば以前雑誌の企画で、お笑い以外の職種でのコスプレ写真が
載ったことがありまして、太田は編集者になっていたんですけども、
実際編集者になっていてもそれなりに成功していたかもなーとは思います。
まあ、あの、前提として国語力を上げていただく、というのはありますが
(その前にお前が言うな、って感じですが)。
ただ、取材に対する瞬発力であるとか、どの話題や記事を載せるかという
判断力であるとか、何が求められているかという観察眼であるとか、きっと
かなり活かせると思うのですよ、彼のいいところが。
なので、編集者というチョイスは相当ありだなと私は思いました。
あのコスプレが本人主導のものなのか編集主導のものなのかは分かりませんが、
もし本人の希望で決められたのだとしたら、太田という人はものすごく自分を
分かっているなあ、と思います。
そして、これは「凄い」とはちょっと外れますが、太田の好きなところ。
前回の記事のコメントでも頂いていたんですが、結構ブラックな発言が多いんですよね。
以前、パンサーのシチサンで菅さんがある状況下でどう動くか、というクイズを
やった時、「スタッフさんの首を捻ってポキッ、と」とか、またある時は
「4トントラックで武山を轢く」とか。
あと何気にアイスピック好きですよね太田って。尖ったもので刺す、というやり方は
何気に本人お気に入りっぽいなーとか思っていたりします。ちょいちょい出てくるので。
そしてそういうブラックな事を言いつつ、実は結構周囲に配慮している辺りが
また好きだったりするんですけどね。

-------------------------------

次回、いよいよ最終回!
何を書くか一切決まっていませんが、請うご期待!(笑)。

category: 10000文字

thread: お笑い芸人 - janre: お笑い

ジャングルポケット太田博久くんについて約1万文字で書いてみよう・その2  

まずは、吉本興業社長の大崎さんの言葉。
「東北地方太平洋沖地震」に関する弊社の思いと取り組みについて
カッコ良すぎます社長。さすが元ダウンタウンマネージャー!
まあ、さすがにダウンタウンのマネージャーだった頃は本とかでしか知らないんですが。
多分、不謹慎だという人も多いかとは思うのですが、でもそれを言い出したら
日本や世界のどこかでは常に何かが起こっているわけで、何も出来なくなるよね、と。
そもそも不謹慎というのは、例えば被災されている方を笑ったりとか心ない言葉を
ぶつけることではないのかなと思うのです。全く違うところで笑いを生み出していることは
活力になることはあれど不謹慎にはならないと思いますし。
皆が笑顔になってからお笑いをやるのではなく、皆を笑顔にするためにお笑いをやるのが
芸人としての仕事だと思っているので、本当に頑張って欲しいです。
とか書いている最中に地震が来てものすごく怖かったんですが、
パンサーのネタやシチサンの動画を見ていたら少し気分が落ち付きました。
本当に、お笑いというのは偉大だなと思います。

さて、太田君についての続き。

----------------------------------


本日も電車の関係で自宅待機でして、昼間からシチサンの動画などを見ていました。
で、前回も書きましたけど太田の凄さを最初に認識した、昨年6月16日のシチサンでの
太田の発言。これがもう見事すぎたので以下書き起こし。
向井、菅、尾形の3人でパンサーが結成する、という話を聞いた時にどう思ったか。
「ブルースタンダードというトリオでぐいぐいきていた向井さん、あの器用な向井さん、
そして天才的な本を書く菅さん、会った事はなかったですけど話には聞いてましたから、
天才・菅が居ると」
とここまですらすらと言っていたのに、急に太田の口がこもり出します。
客席から聞こえてくるクスクス笑い。太田は続けます。
「そしてね、その、まあ、……東京のひょうきん者、尾形さん」
ここでもう大笑いですよ。
当然ながら、向井君と菅さんの部分はフリであって尾形君で落とすんだというのは
聞いている側も分かっているわけです。少なくともパンサーのシチサンに行くような
人達には。
で、向井君と菅さんを(多少大げさとも言えるくらいに)褒めた後、口ごもったところで
客席も当然、何か来るな、という期待をするわけです(それもあって笑ったんでしょうし)。
そんな中での「東京のひょうきん者」ですよ。
この、今時 “ひょうきん者” という単語をチョイスする辺りがなんかもう凄いなと。
そして(表面上は)3人とも褒めているのに、1人だけ確実にバカにしている感じとかね、
「東京のひょうきん者」に現れている辺りが見事としか言いようがなかったです。
東京の、ってつける辺りがまたいいですよね。なんか逆に投げやりな感じで(笑)。

そして、パンサーのシチサンその2、ということで、昨年7月14日のシチサン。
この時は、「パンヌ映画祭」という企画がありまして、単独ライブのブリッジを流す、
というものだったんですが、それのゲストで太田が来ていました。
で、「パンヌ映画祭」という名前からも分かる通り国際的な映画祭をパロったものと
いうことで、出演者(そして観客も多分)全員日本人なのに英語の通訳がいました。
女性の後輩芸人だったんですけども、帰国子女でやたら英語の発音が上手くて、
多少うっとおしい感じもあったんですね(念の為付け加えておきますが、笑いを出す
ための意図的なものだったと思います。彼女が悪いとかではなく)。
で、太田が紹介され、また通訳で英語でも紹介されたんですけども、その時の太田。
「OK.Thank you……oh you are CRAZY!」
ちなみに、クレイジーのところは自分の頭を指差しながら言っていました。
(無論ネタなのは分かった上で)多少うっとおしい感じはあったので、客席大拍手
でしたよ。いやー見事でした太田。
そして、「単独のブリッジVとかけまして、(相方の)武山と説きます。その心は
なくても問題ないでしょう」
と披露したんですが、向井君にそんなことないじゃん、と即座に突っ込まれたん
ですね。なんですが
「ブリッジはないとダメじゃん」
まさかの、武山いなくても問題ない発言肯定(笑)。
太田もそれは予想外だったらしく、一瞬本気で驚いていた感じがちょっとツボでした。
いや、何だかんだ言いつつもやっぱり武山を必要としているんだなあ、と。

でもって、太田って実際かなり真面目な人ですよね。
昨日も書きました、実家からの仕送りに全く手をつけていなかったとかもそうですし、
あとブログ。毎回「ジャングルポケット太田です」から始まるっていう。
いやそりゃ太田のブログ読みに行ってるんだから知ってるよ、とは思うんですけど(笑)
その律義な感じが太田なんだよなあ、とつくづく。
でもって太田って自分らの事を「ジャンポケ」と略して言わないんですよね。
何かの時に、「自分らがジャンポケとか略して言うの恥ずかしいだろ」みたいなことを
言っていたんで、コンビ名とかってそういうものなのかなあとも思ったんですが
でも武山のツイッターIDは「janpoke1202」なんですけどね(笑)。

で、真面目といえば。
以前、アダチャイルズのレポで、メンバーそれぞれの意気込みとかが違っているから
見ていて気になる、みたいなことを書いたんですけども、私が見ている限り太田は
ずーっと本気でやっていたなあ、という印象でした。
個人的に、ですけど、見ていて真剣にやっているなあと思ったのが
マヂカルラブリー野田くん、ミルククラウンのジェントルさん、そして太田でした
(ちなみに前回書いた通り、3月のアダチャイルズライブでは皆割と真剣にやっていたと
思います)。
で、野田くんはリーダー、ジェンさんはアイドル好きだからやっぱり真剣に
やらなきゃみたいなところもあるのかなーと推測出来るんですけども、太田に
関しては、こうだから、という明確な理由が思い付かないんですね。
私が知らないだけだったらすみませんが、特にそこまでアイドル好きという話も
聞かないですし、サブリーダーとかいうわけでもないですし、と。
そうなると単純に与えられた仕事に対して全力でやる、という姿勢なんだろうな、と。
実際、色々な現場でジャンポケだったり太田だったり見ますけども、太田が
気を抜いているなーと思うライブって思い返してもないんですよね。もちろん
太田が出演している全てのライブに行けているわけではないので断言は出来ませんが。
それでも、私が見た限りではどの仕事も真剣にやっていると思います。
これ、こうやって言葉にしてしまえば当たり前でしょ、という感じになるのかも
しれないですけども、なかなかそうもいかない部分もあると思うのですよ実際。
十何組と芸人が出るようなライブもあるわけで、言葉悪いですけどその他大勢みたいな
扱いの時もあるわけで、ほとんど見せ場もないままに終わってしまう場合もないわけでは
ないですし。そんな中で真剣に仕事に向き合ってちゃんと結果を出す、っていうね。
前回も書きましたけど、先輩芸人にも果敢に突っ込んだりしますし。
トリオの集まりとかだと、先輩に濃いメンバーが多いためにどうしてもそっちに
持って行かれがちなんですよね。なんですが太田はかなり後輩にも関わらず
ちゃんと自分の見せ場を作り仕事をする、というね。
やっぱり、常に真剣に仕事をしているからこそどんな場所でも埋もれないんだろうなと
思ったりしています。


----------------------------------

今回はちょっと短くて2500くらい。
本当はもうちょっと書きたかったんですが、明日から会社に行くための電車が
ようやく動くらしいので、仕事に備えて寝ます。
続きはまた明日以降に。

category: 10000文字

thread: お笑い芸人 - janre: お笑い

tb: 0   cm: 4

ジャングルポケット太田博久くんについて約1万文字で書いてみよう・その1  

昨日の記事で、通常営業に戻す、と書いたものの、さて何を書いたらいいのやら、と
考えまして、やっぱずっと放っておいたこれかな、ということで、
前から書く書く言っていた、ジャングルポケット太田君について書きたいと思います。
以前、何のライブかは忘れたんですが(トリオトリオトリオ辺りかなー)、観た後
太田の凄さに改めて気付かされまして、ツイッターで「ジャンポケ太田の凄さについて
1万文字くらいで書きたい」と呟きましたら、ぜひ、と言われまして
(ちなみに私は、「社交辞令は許さない」(byウンナン)の姿勢で日々生きています)、
よっしゃー書くぞーとか思ったんですが、自分で言っておいてなんなんですけど
1万文字ってかなり多いよね、と(笑)。
あとジャンポケに関してはまだまだ分からない部分も多いので(まあそれはパンサーも
一緒ですが)、もっと色々観てからの方がいいかなーというのもあったんですが、
”今の気持ち” を書いておくのも悪くないな、と思い直した次第です。
また色々観たら考え方も変わるのかもしれませんが、とりあえず私が今思う彼について。
さすがに一気に上げるのはきついので分けます。
そして、前に書いた事とかなり重複するかとは思いますがまあその辺りは
大目に見ていただけるとありがたいです。
さ、普段、「凄い」しか言っていない太田について、何がどう凄いのか書く時間が来ましたよ、と。
(ちなみにここまでは1万文字に含まれていません、と自分の首をあえて絞めてみる)。


------------------------------------

まず、今年の1月7日に行われた『トリオ・トリオ・トリオ』の話。
見ていない方のために説明しますと、企画の一つとして効果音を使って
芝居をする、というものがありました。
くじで昔話を引き、それを演じるんですが、途中に効果音を入れなければ
ならなくて、しかもその効果音はたくさんあるボタンを押すことによって
鳴るんですけども、どのボタンがどういう音になるのかは押してみない事には
分からない、というもの。
つまり、どんな音が流れてもそれに合わせて演技を続けねばならない、という
企画でした。
そしてそれに挑戦したジャンポケ。くじで引いたのは『桃太郎』
太田と斉藤が演技、武山が音響担当、と決まり、いざスタート。
桃太郎(太田)と犬・猿・キジ(全て斉藤)が合流する所では、やたらかっこいい音楽が
流れて斉藤が決めポーズで登場したりとか色々と面白い所もあったんですが、
とにかく見所はラスト2つ。
まず一つ目は桃太郎と鬼(斉藤)の決戦シーン。漫画なら確実に火花が飛ぶような
ところで流れたのは、やたら切ないバラード。
ざわつく客席。えっとなる舞台上
だったんですが、太田が即方向転換。
「俺達は、争う事でしか解決できないのか!」
それに斉藤も上手く乗り、「争いなんてしたくなかった!」と
(ここに限らず、太田の振りに見事に応える斉藤がまた見事だったんですが、
それを書き出すと話がずれるので今回は省略。ただほんと、斉藤も素晴らしかったです)。
で、まあ色々あって桃太郎が鬼を刺し、鬼が持って行った財宝を取り戻して
めでたしめでたし、のはずだったんですが、ここで最後の効果音が(書き忘れていましたが
効果音は全部で5回使用する事になっていました)。
【バキュ―――ン!】(ピストル音)
(この瞬間の武山のやっちまった的表情が面白かったんですが、それを書き出すと話が以下略)。
さっき以上にざわめく客席。固まる太田と斉藤。
だったんですが、太田が咄嗟に脇腹を押さえまして、そしてそれを見た斉藤が手で
ピストルの形を作ったんですね。
で、結局猿が仲間の振りをして財宝を全て奪い取る計画だった、というオチ。
いやもう、ほんっと見事で他のメンバーからも大絶賛されていたんですけども、
特筆すべきはこれが全て太田主導であること、なんですよね。
見ていると分かるんですけども、全部太田がストーリーを動かしているんですよ。
決戦シーンから一転して切ない感じに行く所も、最後のピストルのところも。
特に最後のピストルのシーンは、斉藤がもう完全にえっという顔をする中、太田が
脇腹を押さえ、そして斉藤が一度は手でピストルを作るものの一瞬その手を閉じるん
ですよ。でも太田が撃たれた振りをしながら斉藤に目で合図をして、それでもう一度
斉藤がピストルの形を作るんですよね。
で、観ている面々(パンサー&ジューシーズ)が「(撃ったの)誰?」と言う中、太田が
「何でそんなもん持ってんだ……猿!」と。
またこの人(?)選の見事さね。
犬、猿、キジ、といたら確かに裏切るのって猿っぽい気がするんですよ。いや私が
勝手にそう思うだけなのかもしれないですけども、でも犬って結構従順な気がしますし
キジはそこまで頭が回らなさそうというか。まあ私が勝手に以下略。
こうして、この桃太郎の話は「ジャンポケの持ちネタでしょ」と言われるくらいの
完成度の高さを誇ったわけなんですけども、その土台を作り上げたのが太田なんですよね。
そしてまたそれに見事に反応して面白さを増幅させた斉藤もまた凄いなと。
まあ斉藤についてはまた改めて書こうと思いますが、常々「太田は凄い」と
言っている中で、全く遅れを取ることなく太田とは違う方法で、それでもきちんと
並走している斉藤もまた凄いと思います。
実際この時の完成度に関しては、土台を作る太田、その上に積み上げる斉藤、
そして時に人知を超えたミラクルぶりを発揮する武山によって作り上げられた
ものなのだなあと勝手に思っていたりします。
ちなみに、見ホーダイに上がっていますので見られる方はぜひぜひ。
この、ジャンポケの桃太郎だけでも必見ですよ、ほんと。

それにしても、これに限らずですけど太田の瞬発力の凄さたるや、と。
絶妙のタイミングで絶妙なことを言うんですよねこの人。
前に書いた事と重複しますけども、私が初めてジャングルポケット太田という人を
凄いなと認識したのは、昨年6月16日に行われたパンサーのシチサンでした。
この日はパンサー結成2周年ということで2周年企画が行われたのですが、
パンサーはゲスト扱いということでMCにジューシーズ松橋と、そして太田が
来ていました。
で、ここのくだりをがっつり説明して字数を稼ごうかとも思ったんですが(笑)
それもなんだなーということで、その辺りはここ読んでね、ということで。
こうやってまた首を絞めている気がしなくもないですが続けます。
他にも随所で、絶妙なことを言いますし。またこの方、先輩に対しても躊躇がないん
ですよね。たとえ相手が先輩でも言う事は言う、と。
なんですが、躊躇はなくても配慮はあるので、例えば「先輩にこんなこと言いたく
ないですけど」とか、ちゃんと事前につけて言う、っていう。
そういう言葉がさらっと出てくるあたり、舞台上だけのキャラではなく、多分舞台裏でも
同じ姿勢なんだろうなと思います。だから多少失礼な事を言っても許されるんだろうな。

そしてこれ、表だって本人が言っているわけではないですから推測ですけども
相当な努力家ですよね、彼は。
柔道で愛知県1位、という辺りでもそうだろうなと思えますし。体格的にはそれほど
適した体格ではないと思うのですよ多分、柔道に関して。
以前『333(トリオさん)』でジューシーズの赤羽健ちゃんと相撲をした時に、
「柔道で体の大きい人と何度も組み合った」という意味合いの事を言っていましたけども
公式試合はともかくとして(重量別でしょうし)、練習の時などは身長も体重も大きい人と
かなり組み合ったのではないかと思うのですね。で、そういう中では体が大きい人の方が
どうしても有利になるわけで、そんな中で卑屈になる事もなく日々努力して鍛えていたの
だろうなあ、とか勝手に想像しているわけなんですけども。
ただほんと、かなりの努力家なんだろうなというのは伝わってきます。
先日の『333(トリオさん)』でも、初回のロケの映像を戒めの為に毎回
トリオさん収録前夜に見る、と言っていましたけども、それを聞いて改めてこの人
ほんとストイックだよな、と。
確かに言われてみれば要らない顔芸ではありましたけど(笑)、でもテレビ慣れしていない
若手芸人ですし、何より番組側がそこを強調していましたし(ジャンポケに関しては
初レギュラーではなかったわけですが)、多少上手く出来なくても当たり前、という
ような雰囲気もあった中で、戒めとして毎回見る、という辺りが本当にストイック
だよなあ、と。
それでなくても凄いのに、日々の努力を忘れない辺りがまた見事だと思います。

そしてそんな『333(トリオさん)』初回ロケ。
太田本人は納得していないようですが、あれは太田でなかったらあそこまで面白くは
なかっただろうなあ、という気もしています。
この初回ロケは全財産をかけた王様ゲームで、ジャンケンに勝った王様が皆の
全財産を好きに使える、という企画だったのですけども、そこで勝ったのが太田。
ジューシーズ児玉さんの10万ちょい、というリアルな金額を一切の躊躇なく
使い、そして給料日まであと10日くらいあった(らしい)のに全財産千円ちょっと、
という相方斉藤のお金を「君の金は使わない」と繰り返し言いながら最終的には使う、と
いうね。実に見事な流れでした。
あのロケに行ったのがジューシーズとジャンポケ、ということで先輩(ジューシーズ)と
後輩(ジャンポケ)だったわけなんですけども、変に気を遣ったりとか躊躇して
ちょっとしかお金を遣わなかったりしたら、視聴者の側としてはつまらないわけですよ。
しかも番組自体始まったばかりで、どんな感じなんだろうと思って見る中で予定調和の
ぬるい感じが繰り広げられれば、ああこういう番組なんだ、と判断されるわけです。
多分ですが番組的にはそんなぬるいものは求めていなかったと思われるので、
そういう意味でも太田は見事にやり切ったよなあ、という感じでした。

で、またこの時に判明した太田の貯金額の凄さね。
実家からの仕送りに一切手をつけていなかった、という辺りが本当に堅実な生活を
しているのだなあ、と改めて。
そういえばパンサーだったかな、が言っていましたけども、ジャンポケは1年目で
レギュラーをもらって、普通ならもっと浮足立っても良さそうなものなのに
心配だというようなことを言っていた、という話を聞いて、本当にしっかりしているよ
なあ、と思った次第です。
トリオさんで、飲んで本音を言い合う企画でも、「10年後のジャングルポケットは
こうなっている」という展開が実にリアルで堅実で、ほうと思う反面、いやでも
もうちょっと夢見て上見てもいいんじゃないのかなあ、とも思ったりしましたが。
ただでも、本当にきちんと地に足がついている人なんですよね。
実際今も多分、いつどうなるか分からない、というようなことは常に頭にあるのだ
ろうなあ、と。だからお金もきちんと貯めているし、多少売れても天狗になったり
しないのだろうなと思います。

------------------------------------

というところで続く。
ちなみに今回は3700ちょいくらいです。字数。
この長さあと2回かー……。
今すごく感じるわ、後悔先に立たず、って(笑)。
いやでも書いていて楽しかったんで書きますけども。

category: 10000文字

thread: お笑い芸人 - janre: お笑い

ツイッターをされていない方に  

本日は、会社に行くまでの電車が全て始発から運休、という状況に陥りまして
自宅待機となりました。
なのでこんな時間から更新。とはいえ軽く。
前回、ツイッターで知った尾形君の両親が無事である情報をここで載せましたら
私が想像していた以上に需要があったようですので、また今回も載せたいと思います。
とはいえ勝手な転載ですので、問題があった場合は削除します。

今回に関しましては、読んでちょっと泣いてしまいました。
本当にパンサーっていいトリオだなあ、と。
ぜひ、ツイッターをされていない方にも読んでいただきたく、こちらに転載します。



(グランジ・佐藤大さんが尾形君に向け、元気を出せとツイッターにてメッセージを
送りまして、その返事から。

>尾形:サンキューだ!メンタルゥーーーー!!
>大  :そうだ!!それでいい!!お前が暗くなったら皆暗くなるからな
>尾形:そうだぁーー!メンタルゥーーーー!元気だそう!

これを受け、尾形君の相方向井君のツイッター。

>パンサーのキャプテンはやっぱりうるさいくらいがいいかも。
>菅さんと一緒にいくらでも助けるから。



普段、尾形君のツイッターをご覧になっておられる方はご存じと思うのですが、
尾形君のツイッターは大体、「サンキューーーーーー!」とかそんな感じです。
なのですが、地震以降一切そういうツイートがなくなりまして(尾形君のブログを
見ていただければ分かるかとも思いますが)、かなり心配ではありました。
心配しつつも何も出来ない自分がいるわけで、どうにもやるせない気持ちにも
なったりしたのですが、尾形君が(無理はしているでしょうけども)以前の感じで
呟いてくれて、それだけでも嬉しかったのに向井君の言葉ですよ。
そしてまた、”菅さんと一緒に” というのがまた泣けるといいますか。
当たり前といえば当たり前なんですけど、本当に、3人でパンサーなのだなと。
この人たちのファンで本当に良かったなと。
あーダメだ。全然上手く言えない。

なんか全く纏まらないのでとりあえずこれでアップします。

category: パンサー

色々と考える  

正直な事を言ってしまえば何を書いていいのか分からない状況ではありますが、
とりあえずこのブログを読む、読めるということはそこまで大きな被害には
遭わなかった(自分含め)という前提で続きを書かせていただきます。

今回の地震に関しましては広範囲で大打撃を受けましたし、直接の被害がなくても
家族親戚友人等が該当地域にいる等で連絡がつかないといったようなことが
現在進行形であり、そんな中で自分には何が出来るのかと無力感も味わいました。
昨日から何度かブログも更新しようかとも思ったのですが、本当に何を書いて
いいのか分からず、また書く気力も湧かず、何も出来ない状況でした
(なのでこんな中でブログを更新してくれる芸人さんはすごいと改めて思いました。
多分それぞれ、大いなる痛みの中で言葉を選んで更新されたと思います)。

とはいえ、かろうじて被害の少なかった人間まで落ち込んでいて動かなければ
今後誰が日本経済を救っていくのかと。
動ける人は積極的に動くべきですし、各自で出来る事をやっていくしかないのだとも
思います。

”今” 出来る事は少ないかもしれません。募金と節電程度でしょうか。思い付くものと
いえば。
とはいえ、復旧には時間がかかります。これから長い時間をかけて少しずつ
元の生活を取り戻す事を考えれば、今日明日にやれることは少なくとも、
もっと先の時期にやれることは多いかと思われます。
具体的には被害の大きかった地域の特産品を買うなり、交通機能がある程度
通常に戻ってから観光に行くなり、でしょうか。私も今年は都合がつけば
クリネックススタジアムで楽天戦を観に行こうかと思っています。野村監督が
辞められてからすっかり足が遠のいたKスタですが、応援グッズは捨てられずに
取ってあるので、それを持って行きますよ。空気を読まないNOMURAユニで
行きますよ!
あれだけの被害を被ったのですから、長い目で見た支援が必要かと思われます。
今必死になりすぎて疲弊したり、今何も出来ないからといって凹んだりする必要は
ないかと。
一年後二年後五年後、時期に応じて出来る事はあるはずなので、その時々に応じて
各自が出来る事を(無理のない範囲で)やっていけばいいのではないかと思います。
実際一番良くないのは、言葉は悪いですがブームのように今だけ話題にして
けれど多少時期が過ぎたら何事もなかったように忘れてしまう、ことだと思います。
復旧が長期戦になると思われる以上、動ける人間も長期で支援する気持ちが
必要ではないかと。


そしてお笑いに関して。
劇場の安全が確認された場合、ぜひライブは再開してもらえればなと個人的には
思っています。不謹慎だ、笑う気分ではない、という声もあるかとは思いますが、
笑う事で救われる、気持ちが楽になる事も多いと思いますので。
実際励みにもなりますし。『○日のライブに行くために頑張る!』と。
よく、『○○を見るまでは死ねない』とか言いますが、実際極限状態に陥った時
今死んだら○○が見られない、と思って生き延びた、という話も聞きますからね。
生きる活力を得るためには、娯楽というのは絶対に必要だと思うのですよ。
芸人さんもこんな状況で人を笑わせるなんて、という思いもあるかとは思うのですが
ここがプロとしての見せどころではないかと。
それこそ、よく言われているように、”親が死んでも舞台に上がったら笑いを取る” のが
芸人なのですから。

ライブが再開されたら積極的に行こうとは思っています。もちろん自分が楽しみたいと
いうのもありますが、ライブに行く(お金を使う)ことによって少しでも日本経済が
良い方向に動けばとか、あとやはり芸人さんのギャラに少しでも反映されればと
いう気持ちの方が大きいです。
私はパンサーファンなので書きますけども、ほんっとに、心底パンサーに売れて欲しいと
思いました。売れてお金稼いでもらって、そして尾形君には(流されてしまったという)
実家を新たに建設出来るくらいに儲けてくれればと。
まだ、直接はご両親と連絡が取れていない状況のようですのでそんな気分には
なれないかとは思うのですが、色々な事がまず一段落したら、今度は
『俺が新しい家建ててやるから』という気持ちで頑張って欲しいなと思っています。
なかなか気持ちの切り替えは難しいとは思いますが、出来れば周囲もフォローしつつ
力を合わせて頑張っていただけたらなと思っています。
とりあえず落ち着いたら(来月くらい?)尾形君には手紙を書こう。

ライブに行けない方もグッズを買うなり配信を見るなり手紙を送るなり
何らかのアクションを起こすことによって、会社側がパンサー人気だから
仕事増やそうとかそういう流れになるのではないかと思います。
もちろんパンサー以外でも。
なので変に自粛したりすることなく、娯楽を楽しめる境遇にあるのなら全力で
楽しむべきだと思っています。
そうすることによって、被災地である程度落ち着いて、お笑いを観る余裕が出来た時に
スムーズに提供出来ることにも繋がると思いますし。


計画停電や節電もありますし、そして精神的肉体的な疲弊が明日以降どの程度になるか
分からないため、はっきりしたことは言えませんが、明日以降こちらのブログに関しては
通常の内容に戻す予定です。
こんな時だからこそ楽しいことを書いて、それが少しでも活力になればいいと思います。
微々たるものではありますが。
不快に思われる方は見ないでいただけるとありがたいです。
自動的にタイムラインに載るツイッターと違い、ブログは読むかどうか各自で選択出来る
わけですから。
どうぞよろしくお願いします。

category: ブログ

tb: 0   cm: 4

ツイッターをされていない方に速報  

尾形さんのご両親は無事だそうです。以下、尾形さんツイッターより。

>たった今、地元の友達が実家と避難所をまわってくれて、避難所で
>父さん母さんと会ったそうです!無事みたいです!みなさんのおかげです!
>本当にたくさんのみなさんが協力していただいて。本当にありがとうございます!


あああー良かった!本当に良かった!
海が近いから津波の被害が本当に心配で心配で、正直色々(勝手に)想像しては
ぞっとしていたのですが、安心しました。

とはいえまだ不明者の方々がたくさんおられると思います。
少しでも早く、探している人皆さんの安否が分かりますように。

category: パンサー

tb: 0   cm: 6

おはようございます  

ツイッターにはちょこちょこ出没していたのですが、こちらにも取り急ぎ元気です、ということで。
実家(山形)にも連絡が取れて、無事を確認しました。
私事ですが、父親が入院していて退院がちょうど昨日で、退院したよとメールが来まして
じゃあ3時休憩の時に返事を書くか、と思っていた矢先の地震でした。
山形は宮城の隣な上、電話はさっぱり繋がらずメールしても返事が来ずで
本当に心配したのですが(何せ父親は病み上がりですし)、無事と聞いて安堵しました。
私はといえば、特に何もなかったですが電車が軒並み止まったので、
会社から家まで歩いて帰りました。
駅の数から考えて大体4時間くらいかなーと思っていたらまさに4時間でした。
出来る限り線路沿いを歩いていたんですけども、電車で30分くらいの場所って
歩くとそのくらいかかるんだなあ、と。
途中、なぜか山の中を歩いたりしましたが……(東京なのに)。


ただ、尾形さんの実家が非常に心配です。以前シチサンで、「海まで30秒」と
言っていましたし、実際地図で見ると本当に海が近いんですよね。
朝からずっと教育テレビの安否情報を見ています。
無事だといいんですが……。

昨日の情報では、宮城では電気が止まって電話をかけても呼び出し音が
鳴らない状態のようでした(固定電話)。携帯電話は繋がらないようですし。
ツイッターからのコピペですが。
【安否確認】NHKで03-5452-8800、050-3369-9680伝言ok
【人探し】
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
このようなツールも活用出来るかと思います。


本日お仕事の方もたくさんおられると思います。
こんな時に大変とは思います。本当に頭が下がります。
昨日、へろへろになりながら最寄駅まで着いて、コンビニが開いているのを
見て、そして夕飯を買えた時は本当にホッとしました。
ありがとうございます。
私も、私の出来る事をやりたいと思います。

category: ブログ

tb: 0   cm: 6

神保町花月スケッチコメディ レポ  

昨日の、パンサー向井君と尾形君のツイッターによると、仕事終わりでパンサー3人で
ご飯に行ったとか。
もうねー、これ知った時ほんっとに嬉しかったです。
ちょっと前の記事にも書きましたけど、色々と心配していたのですよ。
毎日のように(パンサーでの)お仕事はありますけども、仕事で会うからと油断して
コミュニケーションを取る事を疎かにしていないかと。
パンサーとしての飛躍のためには仲を詰める必要があると思っているのですが
その努力は行われているのだろうかと。
とはいえ舞台降りた後のことは分かりませんから、まあ勝手に想像して
勝手に心配していたわけなんですけども。
ただ、なので本当に嬉しかったです。ちゃんと3人ともコミュニケーションを
取ろうという努力を疎かにはしていないんだなあ、と。
私はただの心配症なので、これからも色々と心配になってはこのブログに
書いたりするとは思うんですけども、こうやって本人から本人の口で
安心出来るようなことを言ってもらえるのって嬉しいしありがたいなあと思います。
別に個人的に向けられた言葉でなくてもね。
そういう意味でネットとかブログとかツイッターというのはありがたいツールだなあ、と。
それらがなかったら想いを直接聞くこととかまず無理でしたでしょうし。

あ、そういえば明日の握手会、色々画策はしたんですがやっぱりどうしても
時間内に着けそうにないという結論に達しました。あー……。行きたかった。
どなたか行かれる方、菅さんに次のしっぽりはいつ開催か訊いてもらえませんか。
あーあと向井君に、「群青軍団に負けないで下さい!」と。
多分それを言ったら、ものすごい微妙な顔で「あー……。ガンバリマス」とか
返されるのがオチな気もしますが。


さて、昨日は神保町花月スケッチコメディに行ってきました。
スケッチコメディとは即興コントでして、お題があってそれに基づいたコントを
即興で考えて演じる、と。
4チームあり、毎回2チーム毎の総当たり戦で最終的に勝者チームを決める、と。
まずは今回の出演者。神保町HPからコピペ。

ホームランズ:ロシアンモンキー 中須/LLR 福田/5GAP 久保田/グランジ 五明/
         シューレスジョー/御茶ノ水男子 しいはしジャスタウェイ/
役者役者:コッセこういち/宮下雄也/枝村明子/伊藤修子(拙者ムニエル)/
       重山邦輝/ジャングルポケット 斉藤

それぞれを観てきて、チームとしては多分今回の組み合わせが一番好きだろうなーと
思ってチケットを取ったんですけども、ビンゴでした。
パンサーが全く絡まない舞台のチケットを取るのは結構久し振りでして、それで
迷った部分もあったんですが行って良かったです。ほんっと面白かったー!

まずはそれぞれのチームが全員出て来るんですけども、斉藤が(芸人ではなく)
役者チームに入っている、というのが役者チームにおけるオチのようでして(笑)、
で、天の声(ずっと思っているんですが誰なんだろうこの人)に、役者チームの皆さん
自己紹介お願いします、と言われ一人ずつ自己紹介していくんですけども、
斉藤「東京乾電池の斉藤慎二です」
これ、思いっきりツボに入りましたよ。いそう!ぶっちゃけあんま詳しくないけど
東京乾電池にいそう!
前回は「そとばこまちの斉藤です」だったんですけども、そとばこまちから
東京乾電池に移籍したそうです。
この、斉藤の劇団チョイスが個人的にかなりツボでして、毎回上手いところ
突いてくるよなーと思ったり。
ところで斉藤が東京乾電池なら、相方の太田は劇団ショーマ、武山は
東京サンシャインボーイズとかどうかしらと思ったんだけど、って誰に言っているの。
というかその前に誰が着いて来れるのこれ。
もうかなり芝居からは遠ざかっているので、最近の劇団が分からない……。
あーでも向井君は確実に演劇集団キャラメルボックスね!

……と、自分だけが楽しい話はこのくらいにして。
8分ネタ、4分ネタ、15分ネタ、があり、それぞれのお題を20個ある中からお客さんに
選んでもらう、という形。座席番号が指定され、そこに座っているお客さんが選ぶ、と。
選ばれたお題

8分 ホームランズ 「地獄の話」 主役・地獄におちた人 オチ・居心地いいなー
    役者役者 「今日の話」 主役・男 オチ・このあとにスケッチコメディーか……

4分 ホームランズ 「男前ランキングの話」 主役・男前ランキングに入れなかった人
                            オチ・実際は俺が一番だな
    役者役者 「カンニングの話」 主役・カンニングする人 オチ・知りたかったのはこれじゃない

15分 ホームランズ 「沢尻の話」 主役・沢尻 オチ・別になんていわなきゃ良かった
    役者役者 「2月29日生まれの人の話」 主役・人 オチ・うるう年最高

ホームランズの15分は、最初「初めての告白の話」だったんですが、ホームランズ側から
ダメ出しが入りまして、で、しいはしがお客さんに「変えてもらってもいいですか」と
お願いしたら今度は沢尻の話になって、これも嫌だとなりかけたんですけど、天の声が
「もう(変えるのは)ダメですよ」と。で今度はシューレスさんが「変えてもらっても」と
なんか可愛い感じで言っていました(笑)。

ちなみに8分は役者役者、4分と15分はホームランズの勝利でした。

それぞれを軽く。
【地獄の話】
”芸人地獄” に連れて来られたしいはし、という設定。売れてない芸人あるあるをやる5人(笑)。
バイトあるあるでは、「吉本の芸人というと採用され易い」「でも芸人なら何か面白い事やって、
と弄られる」「『シフト変わって』と言いすぎて誰も相手にしてくれなくなった」という話の後、
シューさんが「そもそも年齢で落とされる」
これめっちゃ笑ったなあ。いやでも気持ちは分かるよ気持ちは。
ところでこの時にしいはしが、「まだ板尾ロマンのギャラも入ってねーんだよ!」と
叫んでいたんですけども、ああだからスリムクラブの給料9万だったのか、と納得。
いやテレ東のギャラどんだけ安いのよ、と思っていたので。
いいともだって1回5万なのに。
(これ、かつて「ごっつええ感じ」で東のりが暴露していたんですが、今も変わらず5万
らしいです)
それにしても、それだけタイムラグがあるなら色々大変だろうなあ。
なんか前に、多分パンサーのシチサンだったと思うんですけども、同期の中で売れた奴に
皆たかりに行く、みたいな話になって、尾形君が
「ジョイマンチャンス、っていうのがあって」
と言い出しまして。
そのあまりの生々しさと速攻で終わったことに、いささか引き気味の相方さん達でした。
話がそれた。
そんな感じで色々な(売れていない)芸人あるあるをやった後、シューさんが
「バカ野郎!お前にはこんなところに来て欲しくないから色々言ってんだよ!」
と言い出しまして、客席がおおー、となったんですけども、五明さんに
「いやもうちょっと時間あるから、あるある言わせて」と言われていました(笑)。
途中、ライバルは誰か訊かれて「しずるさん」と答えたしいはしに対して、
「しずるなんて雲の上の存在だろ」と地獄組(笑)。いやあなたしずるの先輩でしょ!
で、それぞれのライバルを言っていったんですが、シューさんが「セブンbyセブン」、
福田が「俺はロシモン」と言い、中須さんがちょっと嬉しそうな顔になって
「俺ら永遠のライバルやもんな」
スーナカかわいいよスーナカ。

【今日の話】
役者なのにめちゃめちゃ滑舌が悪いコッセこういち氏が、凍らせたパンで
人を殺してしまった、という話。最初は、この後のスケッチコメディにコッセさんが
いないのは困る、ということで代わりに私が自首する、いや俺が、とか言っていたん
ですけど、コッセさんが「斉藤が行けよ!」と言い出しまして(笑)、流れが一気に
5対1(コッセ)に。
最終的にはコッセさんが皆を殺してしまう、というなかなかバイオレンスなオチでした。
いやーにしても笑ったわー。「斉藤が行けよ!」(笑)。

【男前ランキングの話】
しいはしがランク外、福田がカメラマン、他のメンバーが男前ランキングに入った人、と
いう設定。かっこいいポーズを取る男前ランキングに入った人達が面白すぎましたよ。
スーナカが1位、と思いきや、ブサイクランキングの方の、でした。

【カンニングの話】
女性2人が先生、男性陣が生徒、という設定で夜の職員室に忍び込んで
テストの答えを持ち去ろうとしたものの先生に見つかって、という流れだったんですが
先生2人が面白すぎた!
伊藤さん(サーヤ)がきつねのお面を持って登場、枝村さんはリコーダーを吹きながら
登場。
言葉で上手く説明出来ないんですが、腹抱えて笑いました。

【沢尻の話】
シューさんが小倉さん(のモノマネ)、しいはしが沢尻(めっちゃ綺麗)、そして
福田、久保田さん、ごめたんが『脳』の役。
小倉さんに何か質問される度に脳内会議が繰り広げられ、返答をパソコンで打って
それを喋る、という設定。
打ち間違いをそのまま喋ったりとか、「『あまた』って打ったら、『つー!』て言うんじゃね」
とかいう脳内会議でほんとに「あまた」と言ったら「つー!」と返す小倉さんとか
ちょっと言葉では上手く伝えられないんですけどもめっちゃ面白かったです。
最後は高城さんに扮したスーナカ登場。
「ハイパーメディアクリエイターって何だよ」と訊かれ、「パソコンが出来る人だよ!」と
答えたり、「なんか毛が舞ってるけど何それ」と訊かれ、「毛が舞ってるんだったら毛だよ!」と
答えたりとか。スーナカ面白すぎました。

【2月29日生まれの人の話】
途中からなぜか斉藤がイラン人の設定になり(しかも何の打ち合わせもなかったそうな)、
一体どうなるのかと思ったんですが綺麗に帰結していました。にしてもあれアドリブだった
のか。それを先に知っていたら票数も変わっていたのかもなあ。
「お前はイラン人だ!」といきなり言われ、「そうだ俺はイラン人だ」と答えたものの
どちらも名前は言わない、っていう(笑)。まあイラン人(というか中東)にいそうな名前、って
言われても急には思い付かな……
いた!サイード!(笑)。
知らない人に軽く説明しますと、サイード君とは尾形君の隠し子、ということに
なっている名前です(笑)。ジャングルポケット太田が言い出しまして、それ以来尾形君は
「サイード君に」とお菓子をもらったりするとか。
それにしても、サイードとかいう名前が咄嗟に出る辺りが太田やっぱり凄いな。


最後にちょっとフリートークをしまして、で福田が「神保町花月(の芝居)の稽古がきつい」
みたいなことを言い出しまして、なので休みたいと思って具合が悪い風を装って、
そして周囲にも福田は風邪っぽいと吹聴してもらおうとした、という話をしたんですけども、
斉藤に向かって「お前の、あのあと2人誰だっけ」といきなり質問したんですね。
で斉藤が「太田と武山ですか?」と答えると、「あーそうそう、太田と武山」と。
そして2人にも協力してもらったんだけど結局ダメだった、と。
その時の会話。

斉藤「忘れないで下さいよー」
福田「いや俺太田の名前すぐ忘れるんだよねー」

その時はうっかり、おいおい福田ー、とか思いつつスルーしていたんですが、
よくよく考えたら福田って、太田とフルーツポンチ村上と3人で、仲良し3人組という
ライブをやっていたりするんですよね。
なのに名前忘れるって(笑)。
仲良し3人組の牙城を崩す発言は止めてー!頼むからー!


今一つ文章では上手く伝えられていないんですが、ほんとめっちゃ面白かったです。
スケッチコメディほんと面白いわー。大好き。
今回は、”役者” 斉藤慎二がかなり見られてそういう意味でもテンション上がりまくりでした。
演技モードに入る斉藤がほんとカッコ良くてですねー!
また役者役者チームがほんと個性派揃いで面白いんですよ。
ホームランズはホームランズでものすごい自由で、またそこが良かったりするんですが。
ちなみにホームランズに関しては本人が「助っ人外国人ばっかり」と称していました(笑)。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

暫定的パンサースケジュール  

今日は神保町にスケッチコメディを観に行ってきました。
ものっすごい楽しかったです。またじっくりレポ書きますが、
本日はスケジュールをアップ。
毎度書いていますが、漏れとか変更等あると思いますので参考程度に
ご覧ください。
間違いがあったらこっそり指摘していただけると嬉しいです。

(3/13追記)
地震の影響で、公演中止になっているものが相次いでいます。
行かれる前に公式HP等で確認された方が無難かと思われます。
チケットよしもとより公演中止のお知らせ


<3月>

■11日
マンスリーよしもと即売(握手)会 18:15 新宿ルミネ(よしもとテレビ通り)
よしもと若手ゲームコーナー王決定戦 24:00 神保町花月 (尾形、向井)

■13日
週末よしもと 本庄 お笑い祭り 11:30 本庄市民文化会館(埼玉県)
週末よしもと 所沢 お笑い祭り 16:30 ミューズ(所沢市民文化センター)マーキーホール(埼玉県)

■14日
ケータイよしもと presents 恋のDL Thank you テヘヘ 21:30 渋谷無限大ホール (尾形、菅)

■15日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■16日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■18日
僕らの休み時間 21:15 神保町花月 (向井)

■20日
アームストロング栗山Presents~栗山・竹内のアベックホームラン~2011開幕 20:00 渋谷無限大ホール

■21日
よしもと東北ロード 仙台パンサーvol.3 13:00 仙台市シルバーセンター(宮城県)

■23日
渋谷ばちーんんんStep (MC) 16:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■24日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■25日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ
ピストルアタックNo.1 22:00 新宿ルミネ

■28日
もう一度見たいシャッフルトーク~2011春~ 12:00 渋谷無限大ホール
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール

■30日
おおぎりくん 21:15 神保町花月 (菅)


<4月>

■4日
Adachilds 4 21:30 渋谷無限大ホール

■5日
よしログ(オンライン) 21:00

■6日
渋谷ばちーんんんLive 19:00 渋谷無限大ホール
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■7日
単独ライブ「春よ、来い」 19:00 品川プリンスシアター

■10日
ルミネ1回目 12:00 新宿ルミネ
ルミネ2回目 15:00 新宿ルミネ
よしプリ スペシャルライブ お笑い男子校ライブ 19:00 品川プリンスシアター

■13日
渋谷ばちーんんんLive特別企画「ばちーんんんvs5upゼロイチ」 19:00 渋谷無限大ホール

■14日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■15日
よしもと東北ロード 仙台パンサー vol.4 19:00 仙台市戦災復興記念館

■17日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ

■19日
ゲッターズ飯田のよしもと芸人100人占い斬り!! 19:00 品川プリンスシアター (尾形、向井)
パンサー菅、ライス田所、ジューシーズ松橋の『趣味人』 21:15 神保町花月 (菅)

■20日
お客様に感謝感謝3500円ライブ 18:00 新宿ルミネ
お客様に感謝感謝3500円ライブ 20:00 新宿ルミネ

■22日
ネタの内
~ルミネ・∞ホール・5upよしもと芸人絡みました。コーナー付~ 19:00 新宿ルミネ

■26日
プロデューサーX 21:30 渋谷無限大ホール (菅)

■27日
アップ・ダウン presents コント共和国 19:00 THEATHER BRATS (東京)

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

よしログとかとか  

本日はパンサーのよしログでした。楽しかったー!
尾形君がギバちゃんカットになるかならないか!?、でずーっとハラハラしましたよ。
見ていない方にちょっと説明しますと、前回(一ヶ月前)のよしログで尾形君が
ダイエットをする、という話をしまして、じゃあ次のよしログまでに2キロ痩せなかったら
罰ゲームとして何かやってもらおう、ということになったのですよ。
で、ツイッターで見ている人から募集して、
『2キロ痩せなかったらギバちゃんカットになる』
というのが採用された、と。
で、それから一ヶ月。ただその一ヶ月なんですが、尾形君のツイッターを見ていると
夜中にご飯を食べに行ったとかいう内容が多くて、これ大丈夫なの?、と心配に
なったりとか。夜8時以降にご飯を食べると太り易いそうですし。
ただ、尾形君はギバちゃんカットになるのが本気で嫌だったようで、今日は
ご飯を抜いてきたとか、よしログが始まっても運動していたりとかしていました。
で、途中で一旦体重を量ろうということになりまして、向井君だけが体重を
確認したんですけども、向井君が「尾形さんちょっと運動していいですよ」とか
言い出したので尾形君が焦るわ凹むわだったんですけども、最終的に
量ってみたら3キロ近く痩せていて、無事成功!と。
ただこれ、途中で向井君が確認してから最終的に確認するまで30分くらいしか
経っていなかったわけで、そう考えると向井君が確認した時点で既に2キロ以上
落ちていたことになるわけですけども、「お前騙したな」とかそういう事を一切
言わない辺りがなんとも尾形君なんだよなあ、と。
優しいのか気付いていなかったのか、それはまあ、各自の受け取り方次第だとは
思いますけども。

それにしても本日のよしログ、菅さんのテンションが終始高くてなんだか嬉しかったです。
かなりドSモード発動していましたし。それは向井君もそうだったんですが。
ドS発動する菅さんが大好きなので、見られて嬉しかったです。
やっぱり菅さんがテンション高いと見ていても楽しいなー。
尾形君にはぜひ今後の菅さんのテンション維持のためにもダイエット(というか罰ゲーム)
続けて欲しいんですが(笑)。ダメかやっぱり。もうこりごりって顔していたもんなあ。

そんな菅さんですけども、カナリア安達さんとのツーショットプリクラを携帯電話に
貼っていたりとか、着々とゲイキャラへの道を歩んでいるような気がしなくもないと
いうか(笑)。いやまあそれは冗談ですけども。
そういえば以前菅さんが言っていましたけども、ジューシーズ松橋しゅうたと
新宿の歌舞伎町を歩いていて、しゅうたがいつものごとくべたべたするから
菅さんの風貌でその近辺で男同士でベタベタしているとそっち方面だと思われるから、と
止めてくれと言ったのだけど、しゅうたはいたずらっ子なのでもっとベタベタしてきた、
とか。
ものすごいその現場が容易に想像出来るわー。


お笑い男子校も本日購入。
ジャングルポケット武山の女装ページで、武山とツーショットで写っている太田の表情が
ツボでツボでしょうがなかったです。
あれ見た瞬間腹抱えて笑いました。
というか見る度に笑えます。というより思い出しただけで笑えます。
何あの表情。太田やっぱりすげえ。
そして何気に武山かわいかったですねー。ちょっとびっくり、と言っちゃったら失礼かも
ですが。まあ普通にかっこいいですからね、武山。
向井君に関してはああなるほどなー、と。というかあのページに関しては向井君
どうこうより尾形君がなんか面白かったです。
相方を褒めるのに全く抵抗がないってすごいよなーと。
そういやそんな尾形君は向井君の女装を見て、次は俺がやりたいとか言ったらしい
ですけども、果たして実現するんでしょうか。
尾形君の女装……ううーむ。想像出来ない……。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

『333(トリオさん)』第十六回感想  

ここのところ、『333(トリオさん)』の感想を書くのが遅かったので、今回は一念発起して
早めに書いてみました。やれば出来るじゃん私!(誰も褒めないだろうから自分で自分を
褒めてみる)。
なんですが、感想の前に。

先日のAdachilds(アダチャイルズ)ライブの最初、安達プロデューサーと菅オーナーの
やり取りのくだりで、2人が突然歌い出したんですね。で、その歌なんですけども、
ビートたけし『浅草キッド』
うっわああああああああああああー!!!!! まさかアダチャイルズ見に来て殿の歌を
聴くとか思わなかったからーからーからーからー。
こんなことを書くと歳がバレそうであれなんですけども、私が一番最初に行った
コンサートというのが、ビートたけし&たけし軍団だったりします。まあ、子供の頃
でしたけども。
小学生の頃からお笑い好きだったんですが、殿に関してはほんとにねー。
ファンクラブにも入ってましたよ。なけなしのお小遣いをつぎ込んで。
なのでもうほんともう、うわあああああーと思ったんですよ。しかも流れている曲が
カラオケではなくCDをそのまま流していたので、プロデューサーよりオーナーより
殿の声が一番大きいっていうね(笑)。
いやーまさか殿の曲を聴けるとか思いませんでしたよほんと。びっくりしたなあもう。
一人でめっちゃテンション上がってました。
だって皆知らんでしょ。殿がCD出していた時代があったとか。
あの曲誰のチョイスなんだろう。あれ選んだ人とお友達になりたい(笑)。

まあ、そんなテンション上がった割にすっかり書くのを忘れていた訳ですが、
いやでもね、アダチャイルズって書く事多すぎるのよ!実際。
頂いたコメントにレスしようとして記事スクロールしながらリアルに「長っ」と
言いましたからね私。

殿が出ているからということで平成教育委員会を見始めて、その流れで
予備校や学院も見ていて、そこでロザン宇治原さんを知って、この人すごいなーとか
思って次第にファンになっていって、そしてロザンがMCをするということでAGEAGE見たら
パンサーが出ていて、それでパンサーを知ってそしてファンになったんだよなあ、とか
思うと、何がどこできっかけになるか分からないなあとか思ったりします。
つか感想に行くまで長っ。
こういうこと書いているから毎度長くなるんだよな、とは思いつつ。


では改めまして『333(トリオさん)』の話です。
まずは見られない地域の方へあらすじ。
見たよーというかたは飛ばして下さい。

---------------------------------
「今夜はスタッフも慌てた緊急事態」というナレーション。一体何が!? となる中
3組のトリオが集められる。
プロデューサーの説明によると、前回のすごろく大会で次回出演権を勝ち取った
ジューシーズとジャングルポケットの企画として、公募に真面目に考えて応募すると
いうものをやり、そして最後に結果発表をつける、ということで今回9人に集まって
もらったのだけども、応募が殺到したためにまだ結果が出ていない、と。
説明を受け、面食らうメンバーに対し、プロデューサーが一言。
「だから、どうしようかなと」
いやそれは会議でやってくれ、と言うパンサー菅。
そして何をやるかということになり、以前お酒を飲んで本音で語り合うという企画
やったら好評だったことと番組開始以降約半年ということで、今回は9人揃って
お酒を飲みつつ反省会をしよう、ということになった、と説明を受け、
また9人揃って出られる、と大喜びするメンバー。
とはいえ、急に決まった事なので店の手配も難しい、何せ9人+スタッフに機材や何やら
あり、しかも取材許可も得なければならないため店に行くのは難しい。ということで
藤城P「飲む場所、どうしようかと思ったんだけど、まああの(ここで顔を菅の方に向ける)
     菅君の家で
『は?』という顔になる菅。
なぜ選ばれたかといえば実家ということで広いから。
で、許可は得ているのかという話になり、昨日お母さんに電話したら了解してくれた、と。
ものすごい素の顔になる菅。
「こんな菅見たことない」と周囲に言われる菅さんなのでした。

「今夜は想定外の3組出演。パンサーファンにも教えてあげよう」(ナレーション)

そして一行は菅の家へ。ドアを開けるとお母さん(美人!)が。そして部屋に行くと
広々としたリビング。
出演者自らがセッティングを行い、そして乾杯へ。
乾杯の音頭は(最年少)パンサー向井が行い、皆で乾杯。
とここで菅の母親が手作り料理(美味しそうでした)を持って来る。
菅「なんか分かんねえけど、俺だけ授業参観されてるみてえ」

で、菅の家のテレビで過去のO.A.を見つつ反省会。
まずはジューシーズ松橋。
第一回目、『333(トリオさん)』のレギュラーが決まった事を告げられたドッキリで
自分らのリアクションが悪すぎる、と。
松橋曰く、「放心状態だった」と。
しかしながら、レギュラーを告げられてもリアクションは薄いし、スタッフ退室後
(隠しカメラが仕掛けられていた)も、雑誌を読んだり煙草を吸ったりマイペース。
やっぱり芸人としてそれは良くなかった、と松橋。

続いてはジャングルポケット太田。
第二回目の、初ロケの話。
ロケというのに全く慣れていないため、自分らを映してくれるカメラさんを置いていくと
いう本末転倒ぶり。
そして、初ロケということで皆爪跡を残そうとして必死になりすぎた、と。
「毎回トリオさんの収録の前日に戒めとして見る映像があって」と太田。
それは寿司屋でのこと。超高級大トロのにぎりを出され、どうリアクションを取って
いいか分からないままにボケたら、後で平成ノブシコブシ吉村からメールが来て
『顔芸に頼りすぎ』と言われた、と。
素のリアクションが欲しいところなんだからあんなボケは要らない、と言われたと。
(しかも後でスタッフさんにも同じ事を言われたそうです)

そしてパンサー向井。
第三回の熱海ロケにて。
宣伝するから0円でご飯を食べさせて欲しい、という無茶なお願いにOKを頂き
皆で海鮮丼を食べる、というくだり。
しかし向井は生モノが食べられなかった。
若手芸人が好き嫌いなんて、ということで無理から食べたものの涙目にはなるし
えずくしそれはもうひどかった、と(O.A.では相当カットされていた模様)。
「食べ方が汚い」「育ちが悪い」と言われ、「親いるから育ちが悪いは止めて」と向井。
とはいえ、こうやって勉強させてもらっている、と改めて思う面々。

続いてジューシーズ児玉。
その熱海ロケでの移動シーン。車で6人で移動する中、色々小ネタを仕込んだり
したものの一切使われなかった、と。
カットされた理由はプロデューサー曰く「内輪受け」
普段仲のいいメンバーだからこそ、ということで反省しないと、という話に。
とはいえ、半年前はそうだったけれど、先日の雪だるまを作る回では
車内が面白かったという評価だった、ということで、同じメンバーということもあり
成長した、と喜ぶ面々。

そして松橋から、「赤羽さんは○○じゃん(どうしてもここが聞き取れず)。喋るし
お前何してんの」とダメ出しを受けた児玉。他のメンバーにも何をやったのかと
責められ
「ユカちゃんに電話した」
そしてその、酔ってユカちゃんに電話する回が流れる。
見終わった後、多少引き気味に向井が言う。
「トリオさん何回かやってきて、見せ場、これ?」
「これだよ!」と開き直る児玉。
そして、またユカちゃんに電話しろとメンバーに煽られ、本当に電話をする児玉。
飲み会の時と同じような流れになるのでした。
---------------------------------


今回、最初の3分くらいまででもう何度巻き戻し一時停止したか、と(笑)。
飲み会の場所が菅さん家になりました、というくだりでの菅さんの表情とか
喋り方とかがもうね!あ、菅さんの素ってこんな感じなんだ、と。
普段、それこそシチサンでのトークとかだと、もう少し言葉遣いが丁寧というか
柔らかい感じなんですけども、結構荒々しくて、ほー、と。
まあ確かにね、いきなりお前ん家にカメラが向かうよ、と言われたら誰しも
冷静ではいられないですよね実際。しかも菅さんといえば「芸人って言うのも
嫌なくらいなのに」(by向井君)ですから。
以前話していた事(H21.11.18 パンサーのシチサンLive)。
>菅  「俺も、母親が(エンタの神様を)見たって言って」
>向井「ああ、いいじゃないですか」
>菅  「めっちゃ喋りかけてくるんだけど、俺そういうの嫌なの。俺パンサーっていうのも
      言ってないからね。『あんたコンビ名何て言うの?』『いや、知らん』って」
こんな人の家に突然収録で向かいます、とか言われたらなあ。
もし自分だったらと思うとぐあーとなるんで、菅さんの気持ちはなんとなく分かるなあ、とか。

そしてそのくだりで、向井君がジューシーズの方(多分赤羽健ちゃんかな)を見て
笑い合っているのがちらっと映って、なんかそのシーンがツボだったんでした。
菅さんの性格を把握しているメンバーと(会話をせずに)意思の疎通を図っているのが。
あと藤城プロデューサーの言い方が個人的にツボでした。
全体は映っていなかったので推測ですが、それまで他を向いていたのに、ここぞと
いうところで菅さんの方に顔を向けて「菅君の家で」と言う辺りね。さすがだなあと。

でまたお母さんが美人。とはいえ菅さんもカッコいいですしそれもそうかと思ったんですが、
いやでも待てよと。菅さんが今年29であることを考えると多分ですが50は過ぎてますよね。
美人な上に若いよなあ。
そしてまた家が広い!つくづくお金持ちだなあとか。
とはいえ菅さんの場合、言葉の端々からなんとなくそれっぽいなとは感じていましたが
改めて見てあーほんとだったんだなあ、と。
菅さんって何ていうかあんまりガツガツしていないというか、あの、上手く言えないんですけど
金持ち喧嘩せずみたいな感じがあるんだよなあ、と。

でもって反省会部分。私何度かこの番組について、「芸人の成長物語」と書いていたんですが
やっぱりそうだったんだなーとこの回を見て改めて思った次第です。
毎週見ているから自然に流してた部分もあるんですが、今見返すと最初の頃って
なにげにひどいよね(笑)。カメラ置いてくとか(笑)。
ただでも、最初の頃はプロデューサーの公開ダメ出しがちょいちょいあったのが、
だんだんなくなっている辺り、皆すごい勢いで成長しているんだなと。
元々ポテンシャルは高い人達ですし。
勝手な想像ですけども、個人的には、この3組がここまで出来るという予想は
スタッフさん側はしていなかったんじゃないのかなあ、とか。
もう少し時間をかけて、それこそ毎回公開ダメ出しを繰り返して徐々に成長していく様を
流していく、みたいな流れを考えていたんじゃないのかなあ、とか。
まあその辺りはどうなのかは分からないですけども。
ただでもほんと、普段の舞台での経験とかが活かされていて、そしてまたこの番組で
学んだことが舞台で活かされていって、9人ともすごい成長しているのだなあとか
なんだかちょっと感慨深い気分になったりもしました。
どんどん遠くなるなあ。別に元々近くもないけど。

ただ、ユカちゃんに電話をするくだりはどうなんだろうとは思いましたけどね。
彼女とかは別にいいんですけども(普通にいるだろうし)、公私混同する様が
どうにも見ていられないといいますか。
とはいえ2回目だったんで割と冷静に、というか、まあこの人はこういう人だからね、と
いう目線で見ていましたけども。
ただそういえば、私の中でジューシーズとジャンポケの優先順位が変わったのが
あの、酔って本音を言い合おうの回を見た辺りだったよなあ、と思い出したんでした。

それにしてもこうやって改めて見ると、毎回1組がロケに参加出来ないというルールは
思いのほか残酷だよなと思ったりしました。
参加していないロケの話が出来ないっていうのがね。
パンサーにしてもジャンポケにしても、自分らが関わっていないロケの話の時は
なんだか表情が曇っていて、それは当たり前ではあるんですけども、寂しい事だなと。
共通の話題のはずなのに話に入れない、って相当きついことですから。

去年の分は録画出来ていなかったので、また見る事が出来て嬉しかったです。
やっぱこれはDVD化すべきだと思うんですよね!
もうどの回とか言わずに。最初から全部で!
ほんと買うんでお願いします。
届いておくれ!テレ朝の偉い人に!

category: 333

tb: 0   cm: 8

話し合うということ  

こないだのAdachilds(アダチャイルズ)レポで書き忘れていた話。

茶番劇が終了して(笑)、皆が一列に並んだ時にパンサー菅さんが端に行ったんですね。

でアダチャイルズの一番端はパンサー尾形君なのですが、尾形君が菅さんに対して

労うような感じでぽんぽんと軽く背中を叩いたんですよ。

そしたら次の瞬間、菅さんがものすごい勢いで尾形君の手を払っていました。

いや見ている側は分かりますよ、ネタというかある種冗談でやっているって。

でも多分唯一分かっていない人があなたの隣にいるから!分かってないから

その隣の尾形貴弘って人は!と見ながら思ったりしたんでした。

またそして菅さんは後でフォローとかしないだろうからなあ。多分。性格的に。


パンサーが結成されて2年半、以上か。今年の6月で3年になるわけですから。

私自身パンサーにハマってまだ半年程度なので、あまり言えないっちゃ言えないんですが

(の割にはあれこれ書いているか、とも思いつつ。いやでもこの時こう思う、と書いて

おかないと、その機会を逃したらもう書けなくなるので)、なんていうか、ものすごい

スピードで駆け抜けて行っているよなーとか思ったりします。

深夜とはいえテレビのレギュラーを持ったりとか、ピンでゴールデンに出たりとか。

この先どうなるのか、はもちろん分かりませんが、希望としてはやっぱり

パンサーで、3人で売れて欲しいなあと思う次第です。


でもって。

あくまでも私がそう思うだけ、なので違うかもしれないし、もしかしたら

もうやっていることなのかも知れないですが、今の3人に足りないのって

”話をすること” なんじゃないのかなあ、と。

元々ほとんど話もしたことがない3人が集まって、最初の頃はとにかく

仲良くなることが先決だと毎日集まって話をしていたそうですけども、

今もまた、というか継続的に話をすることは重要なんじゃないのかなと

思っています。だってそれぞれの生活があるわけですし、それぞれ新たな積み重ねが

あったりするわけですから。

実際この人たちは普段どのくらい話をしているんだろうなー、と最近とみに思ったり

しています。


よくこのブログでパンサーのトークライブやって欲しい、と書いていますが

単純に聞きたいというのはもちろんですけども、(言葉悪いですが強制的に)

話す機会が作られる、という理由もあったりします。

シチサンがあった頃は月2回30分という時間があったわけですけども、今は

それもないわけですし。

客前だともちろん言えない話も出てくるわけですけど、逆に客前だから、

仕事だから言える、訊ける話もあるわけで、そういう意味でシチサンって

大きかったんだよなあ、と。

ほんと実際どのくらい楽屋で喋っているんだろう。

もちろん、聞いたことがあるけれど初聞きの振りをしたりとか、トークの仕事の

ためにあえて訊かないでおいた、とかいうこともあるでしょうけども、彼らの

トーク(というか質問事項)を聞いていると、時々、いやそれ楽屋で訊けば、と

思ったりするので。

あえて客前で訊く、ならいいんですけども、楽屋で訊けないから客前で、だと

それは相方としてどうなんだろうなあ、とかちょっと心配になったりするんでした。


仲はいいと思うんですよ。そこは心配していないです。

ただやっぱり、幼馴染がいるジューシーズであったり、NSC時代からの友人

かつ同期であるジャングルポケットと比較してしまうと、なんかやっぱり

遠慮であったりとか踏み込めていない部分があったりするんだよなあ、とか。

元々の性格もあるとは思うんですけどね。

ただそれでも、これからも3人で進んで行くのなら(というか行くと信じていますが。

向井君のブログにもそうありましたし)、互いの距離を縮める努力は常に行う

べきじゃないのかなとか思うんでした。

舞台を降りた後のことは全く知らないので的を外した事を言っている可能性も

あるんですが、とりあえず今思っていることということで書いておきます。


自らを省みるとまーあ偉そうな事は言えないんですが、でも人間関係って

常に努力を続けていかねばならないものなんだよな、と思います。

これだけやったから後は放置してもいいよね、ではいずれ距離は離れていきますから。

もちろん、ずっと会っていなかった親友に10年ぶりに会ってまた前と同じように

盛り上がれる、とかいうこともあるわけですけども、ただでもそれはある種特殊と

いいますか、誰しもそう出来る訳ではないですから。

そして、言葉にしなければ分からないこともあるわけで、そう考えると

とりあえずパンサーのトークライブやってくんないかなあ、と(着地点そこ!?)

category: パンサー

tb: 0   cm: 8

唐突にネウロについて書いてみる  

本日はお笑いの話はしないですよ、ということで。
週刊少年ジャンプで一年くらい前まで連載していた『魔人探偵脳噛ネウロ』という
漫画が大好きでコミックスも全巻(23巻)持っていたりします。
で、先日パンサーのコントが先を想像出来るものが多いから好き、と書いたんですが
そういえばネウロもそうだったよなーとか思い出した次第です。

(以下、ネウロを読んだことがない方にはさっぱり分からない話が続くと
思われます。ただほんと面白い漫画なので機会があればぜひぜひ)

ネウロという漫画は、じつによく考えられ計算されたものでして、
作者の松井先生も、○回で打ち切られるようならこの話まで、●回で打ち切られるなら
この話まで、と考えて連載に挑んだというようなことをインタビューで言っていまして
(そして、ぼんやりと考えていた、ここまで描けたらいいなというラストまで描けた、と
いうようなことも言っていました)ああ確かにすごい計算されていたもんなあ、と。
週刊連載というスケジュールのタイトさ、そしていつ打ち切られるか分からないという
先の見えなさから、ジャンプで連載されている漫画って連載が続けば続くほど
矛盾が生じてきたり流れが悪くなったりしてしまいがちなんですが、ネウロは
最後まできちんと描き切って走り抜けたなあ、という印象でした。
これを1話目からラストまでリアルタイムで読むことが出来た幸せよ。

でもって。
前にも書いた通り、私は ”その先” を想像するのが好きだったりします。
話はそこで終わっても人生は続くわけですから。
で、当時グリコのCMでサザエさん一家の10年後というのが流れていた事もあり、
皆の10年後を考えていたりしたんですね。
弥子ちゃんの10年後はこんな感じ、ネウロはこんな感じ、笛吹さんはこうで、
吾代君はこうで石垣はこうで、とか。
(余談ですが、もしネウロを実写化するなら石垣はジャングルポケット武山に
やって欲しいです・笑)
で、登場人物について一人一人考えていたのですが、どうしてもどうしても
笹塚さんだけは何も思い付かなかったんですね。
いくら考えても全く見えてこなくて、その時、ああこれは作者の中で
笹塚衛士という人は長生き出来ないという設定が出来上がっているんだな、と
感じたんでした。
がっつり計算された話の中で、いくら考えても先が見えないということは
イコール先がない、ということだろうなと。
ちなみにそこに思い至ったのはコミックスで言うと3、4巻の辺りです。

ただ、ネウロを読んだことがある方はご存じと思うんですけども、笹塚という
キャラは第一話から出ているんですね。かなりの主要キャラで、人気投票でも
常に上位、という。
それもありましたし、何よりジャンプですし、まあさすがに死ぬシーンはないだろう、と
ある意味高をくくっていました。
多分作者の中では未来のないキャラではあるけれど、それが描かれる事はないだろう、と。
とはいえ、これまた読んだことのある方はご存じと思うんですけども、まあその思い
(というか期待)はあっさりと裏切られ、そのシーンは見事に描かれた訳です。
ただほんと、それを描くことによっての衝撃とか批判も見越してでしょうから
作者の意思の強さとか思い切りは相当なものだなとは思いましたけども。
そしてそのシーンがないと次に繋がらないので、あのラストに行くには確実に
必要なシーンではありましたけども。

でもってその笹塚さんが亡くなった回ですが、読んでいてものすごいショックを
受けつつも、どこかでああやっぱり、と思ったりしていました。
そりゃ未来が見えるわけがないよな、と。
ただ、(相当の危うさはあったものの)そのうち亡くなるだろうという感じは
全く出してなかったんですよね。なのにこちらに感じさせる何かを出していた、という辺り、
ネウロという漫画の凄さを改めて思い知らされた気分でした。
実際ラストまで全部分かってから読み返すと、あちこちに伏線が張り巡らされてるのが
分かるんですよ。うわーここのこれはあれに繋がるのか!とか。
なので読む度に驚きがあったり新たな面白さに繋がったり。
本当に見事な出来だったなーとつくづく思います。

ほんと面白い漫画ですので、気が向かれた方はぜひぜひ。
読んだ事あるよ、という方も再度読んだらまた違う感想を抱くかもです。

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第十五回感想  

感想の前に前回の記事の追記。
先日の前に行われたアダチャイルズトークライブのレポ にて、最後の方で結構色々と
書いたんですが、先日のライブでは(記事にも書いた通り)皆それぞれやる気を出していて
個人的に気になっていた部分は大分解消されていたように思います。
ですので、もしトークライブのレポを読んで、『これだったら別に行かなくてもいいか』と
思われた方がもしいらっしゃいましたら、すごい良くなっていたよ面白かったよ!と
言っておきたいです。
実際ものすごい楽しいんですよ、アダチャイルズ。
歌は普通にクオリティ高いですし、それでいてちゃんと笑いの部分も忘れていないですし。
個人的おススメライブの一つではあったりします。


毎度毎度ぎりっぎりな感じ(次の放映日までという意味で)の『333(トリオさん)』感想です。
何度か見返さないと書けないのでその分時間がかかってしまうんですよね。
とそんな言い訳はさておき。
まずは感想の前に見れない地域の方へあらすじ。
見たよーという方は飛ばして下さい。

---------------------------------
今回は前回の続きですごろく後半戦。
まずはジューシーズ。2を出し、出た目の指示はなんと
『空気イスをしながら1回休み』
がっくり来る3人。サイコロを使い本気で児玉を殴る赤羽。
これほんっとに容赦なかったんですよ。幼馴染で相方とはいえすごいなと。
そして空気イス。なんですが、赤羽はろくに膝が曲がらないという。
で、ジャングルポケットの3人(というか太田と斉藤の2人)が赤羽に対し
もっと膝を曲げろとお尻を下げようとするんですが、その度に後ろに倒れ込む赤羽。
そしてその光景を遠目で見ている、それどころではないパンサー(笑)。
(何せ10マスほど差がありますからね)
で、次はそんなパンサー。出た先はなんと、『○○が出来なければスタートへ戻る』
前回これ(マシュマロキャッチ)が出来なくてスタートに戻らされたという
因縁のマス。
さすがにここでスタートに戻るのはきつすぎる、ということで本気で相談をする
パンサーだったが、そんな中、向井が何かに気付く。
向井「ちょっとあのさ、あのさ、ちょっと……いいよ(喋って)」
太田「赤羽さんが、これ弄りとかじゃなくてマジで死ぬ可能性がある」
空気イスをやっている赤羽の膝(というか体)はもう限界。発汗がまたものすごい。
とにかく後ろに転がってしまう赤羽に対し、「俺ら一番後ろなんだからさあ!」と
怒る尾形。
(ここで「すいません」と謝ってるのってジャンポケ太田?)
スタートに戻るかもしれない、という緊張感を見事に潰されながらも、
スロー(投げる人)向井、キャッチ(食べる人)尾形、で見事無事成功!
大喜びの2人。いや分かるけどもう1人も入れたげて。

そして次はジャンポケ。5を出し、多いと喜ぶものの、マスの指示は
『足上げ腹筋をしながら1回休み』
仰向けに寝て足を伸ばしたまま上げて、そのままで1回休み、という
かなりきついもの。
次はパンサー。相撲が出たらどっちでも勝てるんじゃない、と言う向井。
そして出た目は1。なんと希望通りの『相撲でジャンプアップ』!
くじの結果はジューシーズ。
「相撲してもらっても宜しいでしょうか」と空気イスをしているジューシーズに訊く、
くじを引いた菅なのでした。
そしてジューシーズは誰が出るか相談。「足ガタガタ」(赤羽)、「31(歳)だぞ」(児玉)と
言われ、じゃあ俺が行く、と松橋。
パンサーは尾形が行くことに決まったものの、尾形が何やら隅でズボンを脱ぎ出し、
何かと思いきや、なんと女性物のパンストを着用していたことが発覚。
「尾形さん、一体どうしたんですか」と、いささか引き気味で(笑)訊くアナウンサー。
寒い時に防寒ではいている、ということでした。
そして相撲対決。
「勝つのは最年少25歳の松橋か、最年長のパンスト尾形か」
とナレーションがありましたけど、厳密には最年少って向井君なんですよね。
よくよく考えたら9人もいて、最年長と最年少が同じトリオなのか。
普段意識していなかったけれどそれはそれですごいな。
でもって相撲。パンストを脱いだ後なぜかズボンは穿かずパンツ一丁(下半身は)で
相撲に挑んだ尾形。途中松橋にパンツを引っ張られTバックにされたりするものの
松橋を倒し、パンサー勝利。
ちなみにこの間、ジャンポケは(一応)足上げ腹筋をしているものの、
ジューシーズは完全に休んでました(笑)。まあ、実際限界っぽかったからね。
で、特にTパックを直さないまま後ろを向いてガッツポーズをする尾形。
とはいえ、「何なんだよアンタ」と菅に突っ込まれる尾形なのでした。

次はジャンポケ、なのだが1回休みということでジューシーズ。
出たマスには、『初披露モノマネ』
「何ですかこんな。カロリー少ないけどただ恥ずかしいだけっていう」(by太田)
1人が披露、ということでジャンケンの末、松橋がやることに。
松橋のものまねは、吉高由里子のハイボールのCM。
「トリスとソーダを入れるだけぇー!」
微妙な空気が流れました(笑)。
ちなみにCMはこちら から。家飲み編でどうぞ(多分PCのみ)。
ものすごいダメージを食らう松橋。「もうゴールまでボケられません」

次はパンサー。6を出し、ついにトップ。
そして出たマスの指示は、『美人読モのメッセージ』
読者モデルが「頑張って」と言ってくれる……だけ(笑)。
面食らうメンバー。「これなんすか?」と言う中、アナウンサーの「以上でーす」
「全然いらないでしょう!」と言う太田に、「そんなことない。そんなことない!」と
必死で言う向井。でも正直向井君も微妙な顔はしてましたけどね。
次はジャンポケ。残り3マスなものの、多い目を出したら戻らねばならないため、
3を出さねばゴール出来ない、という説明。そしてここでサイコロをより転がり易い
ものに変更。
向井「このサイコロってそんなすごいんですか?」
そしてサイコロを振るジャンポケ。ものっっっすごく色々転がって、なんと出た目は2。
向井「あのサイコロ、マジですげーじゃん!」
マスの指示は、『闘魂注入』。上半身裸になって丸くなって、それぞれの背中に平手打ち、
というもの。
これ、誰にやられるかが結構大きいところだと思うんですが、まあ当然というか
一番痛がって倒れ込んだのが、太田に闘魂注入された武山。
そして倒れ込む武山にさらに闘魂注入する斉藤。
見ている側から「何で?」「何で?」という声(笑)。

次はジューシーズ。残り4マスなのだが、何と4を出しゴール!
そしてこの後はパンサーとジャンポケの一騎打ちとなったのだが、次のパンサーが
なんと5を出し、『足上げ腹筋をしながら1回休み』
パンサーが1回休みの中、ジャンポケは1を出しゴール。
「どうですか、僕らのゴールを足上げ腹筋しながら見るのは」とか太田に言われたものの、
「サイコロ見えねーんだって!」と返す向井なのでした。
---------------------------------


何気にあらすじで時間食うんですよね、これがまた。
まあそれはさておき。今回もまた色々と見所が多くて楽しい回でした。

まずはジューシーズの空気イス。赤羽健ちゃんがほんっとにきつそうでねー。
汗だらだらでしたし、顔も真っ赤になってましたし、さすがに笑えない域にくるから
少しはダイエットした方がいいんじゃないのかなあ、ってお前が言うな、という体型では
あるんですがね、ええ。
ただでもジャンポケがいじりまくっていたので、その辺りは面白かったです。
やっぱり3組の仲の良さっていうのがこういうところに出てくるんだよなーと。
先輩に対して安心して弄りに行ける、というのは本当にいい関係を築けていると
いうことですし。
パンサーのマシュマロキャッチのくだりで、本来ならピリピリムードが漂うところを
健ちゃんの空気イスがひど過ぎて中断されていましたけども、あのシーンで
向井君が突っ込みかけて太田に譲る辺りがなんかすごく好きでした。
なんか、向井君らしいなーと。
このメンバーって9人が9人ともあんまり、俺が俺が、という人がいないなーという
気はします。まあ太田はどっちかっていうとそういう部分は持ち合わせていると
思うんですけども、彼の場合はびしっと的確に面白い事を言いますからね。
結果を出すといいますか。
で、マシュマロキャッチ成功で大喜びしていましたけども、前回の次回予告で
この大喜びシーンが流れたじゃないですか。あれ見て、こんだけ喜ぶってことは
ゴールしたか、あるいは何かに成功したかどっちかだよなーと思ったんで、
で相撲のシーンはまたそれで予告があったんで、これはまたマシュマロキャッチに
行ったか、とか思ったらその通りでした(笑)。
とはいえ見た時は相当ドキドキしましたけどね。
ただここで失敗していたらパンサーにとっても大ダメージですけども、
番組的にも盛り上がりに欠けてしまうということでダメージが大きかったことを
考えると、成功してくれて本当に良かったなあ、と。

でまたパンサーの話なんですけども(だってその間ってジューシーズは空気イス、
ジャンポケは足上げ腹筋だし)、相撲になって下半身パンツ一丁になる尾形君の
見事なまでの芸人根性ね。
だってパンスト脱いだ後またズボン穿いてもいいわけじゃないですか。
それをしない辺り、そしてまた対戦相手の松橋しゅうたがお約束ともいえるTバックに
する辺りがなんとも見事だなあ、と。
相撲の対戦はもちろん双方本気なのだと思うんですけども、見せ方という意味で
色々考えていて、当たり前なんですけど皆プロの芸人さんなんだな、と改めて。
そして勝った後も無駄に(笑)お尻を強調する尾形君。
あーあとこの相撲の時、誰が行くかの相談をするジューシーズがなんか可愛かったです。
「31歳だぞ。お前25歳だろ」とか。
まあ確かにガタガタでしたしね、体。
あとこの相撲の時に、「宜しいでしょうか」と同期に敬語を使う菅さんが何気にツボでした。
そして結構時間をかけて相撲をして、最終的に力任せではなくゆっくりと優しい感じで
(怪我をしないように)しゅうたを倒すおがちんがね!この人ほんと優しいなあと。

そしてしゅうたの初披露モノマネ。今回相撲といいモノマネといい、しゅうたが何気に
活躍していたなーと。
モノマネはなんともかわいかったです。似てるかと訊かれれば、全く、と答えますが(笑)。
でも多分披露はしていなかったとしても仲間内とか個人的にはやっていたんだろうなーと
いう感じのモノマネでした。いやいきなりであれは出ないって。

パンサーの読モのメッセージですけども、あれはほんっとスタッフさんすげーと
思いましたよ。緩急の付け方が絶妙!
色々、とんでもない指示を出されて身構えている出演者に対して、”特に何もしない” って
いうね。見ていて痺れました。ゴールまであとちょっと、というところでああいうマスを
持って来るかー、と。
実際問題、「全然要らない」(by太田)んですけども、その要らなさぶりがまたすげえ、と。
前回の次回予告にも使われていましたけども、やっぱ何?、となるわけじゃないですか。
誰かの元カノか!?、みたいな。
まあ実際、モデルと聞いて菅さんの元カノかとちょっと思ったりしましたけども。
ただでも同時に、この番組でそっち方面のエグさは出して来ないかなーとも思ったんですけどね。
ロンハーならまた別ですが。

パンサーがあと2マスでゴール、という時に、尾形君がサイコロを振ることになって、
太田に「尾形さんはこういう時仕事しない人だから」みたいに言われて向井君が
「尾形さんは2011年は変わるんだもんね」とか言っていたんですけども、結局5を
出して1回休みになった時に、「お前は2011年も変わんねーなぁー!」と言ったのが
なんともツボでした。
いや(本人何の意識もしていなかったでしょうけども)見事なフリとオチになっていたなあ、と。
やっぱり(無意識に)一番テレビ的というか番組側が欲しがる(と思われる)行動を取るのって
尾形君なんだなあ、とか思った次第です。


次回はジューシーズとジャンポケ、なんでしょうか。いや公式サイトの予告見ると
何がしかありそうなので。
まあパンサーが出ても出なくても見ますけども、出てくれたら嬉しいんですけどね。

category: 333

tb: 0   cm: 2

Adachilds (アダチャイルズ) 4 レポ  

昨日パンサーの向井君がツイッターで、凄い先輩方とお話し出来る環境にいるのは
ありがたい、みたいなことを書いていまして、ああーなんかいいなあ、と思ったり
したんでした。
向井君は見ていてほんと先輩方に可愛がられているなーと思うんですけども、
まあそれが媚を売っているとか腹黒いとか言われたりする理由にもなったり
するとは思うのですが、ただでも私が見る限りでは、向井君という人は
他人に対して真摯に接する事が出来る(接するように心がけている)からこそ
周囲にも大事にされるんじゃないかと思っています。
他の人に対して真摯に接する、って分かっていてもなかなか上手く出来ないところも
あると思うんですが、ちゃんとやっているから偉いよなーと。
向井君の好きな部分の一つだったりします。


さて、1日にAdachilds(アダチャイルズ)行ってきましたよー。
今回が個人的には一番楽しかったかもです。
覚えている限りのレポを書きますが、メモとか取っていないですし当然録音とかも
していないですし、記憶に頼ったものな上、あくまで私にはこう見えた、というだけですので
その辺りは頭に置いた上で読んでいただけると幸いです。
明らかな間違いはこっそり指摘していただけるとありがたいです。
コメントは承認制なので非承認にも出来ますし。


まずは出演者。アダチャイルズに関してはこの名前で以下明記します。

【アダチャイルズ メンバー】
のっくん(リーダー)……マヂカルラブリー・野田
正和……ミルククラウン・ジェントル
さっとん……パンサー・向井
ムっくん……ジャングルポケット・太田
色白くん……御茶ノ水男子・しいはし
おがちん……パンサー・尾形
ラメ村……プロードキャスト・吉村
【MC兼マネージャー】
房野……プロードキャスト・房野

プロデューサー……カナリア・安達
オーナー……パンサー・菅

記者(先輩)……ミルククラウン・竹内
記者(後輩)……ジャングルポケット・武山


アダチャイルズのライブに行かれた方はご存じと思うのですが、まず最初は記者の
茶番劇から始まります。
ということで竹内記者(50歳設定)が後ろのドアから登場。
「アダチャイルズライブ、始まるなあー」と言いながら歩いていたんですが、ふとお客さんを見て
「誰見に来たの?向井?俺向井の友達なんだけどさ」
50歳ナンパ来たよ!ここ大笑いしたなあー。
「今度さ、俺の部屋で、向井も呼んで3人で鍋パーティでもしない?……あ、ダメ?そう」
あっさり振られる50歳。
そんなこんなしつつうろうろしていたら武山記者も登場。
いつもならここで少し話をしてたらオーナー達が登場する、という流れなのですが
本日はちょっと違っていました。
武山後輩曰く、友達を連れて来た、と。
「そいつは可愛いのか?」と訊く竹内記者。「ちょっと太ってますけど可愛いです」と
答える武山後輩。
誰?、という疑問と、多分あの人だ、という予感が会場内に流れる中、いよいよ
その人が登場。
マヂカルラブリー村上さんでした。
「渋谷ストロベリージャムの村上です」(ストロベリージャムは風俗店設定)
そんな村上さんに、ゲイかバイかノンケか訊く竹内記者。
村上「全部です!」
無理です!(笑)。
そして、一緒に来るなら何らかの報酬がないと、みたいな話になりまして、
村上さんと竹内記者でキス!(ちなみにマウス トゥ マウスですよ)。
結構長いキスの後、これまた結構長く続く沈黙。
竹内「……あ、俺か」
しかしさっきのキスで頭が真っ白になった、と竹内さん
いや俺も自分のとこしか見てないですよ、という武山。
しばしどうしよう、という感じになっていたんですが、なんとか話を繋げ、
そしてようやくプロデューサー&オーナー登場。
2人は記者たちが来た方とは反対の入口から来まして、後ろ通路へ。
今回は糸電話所持。糸の長さは2メートルくらい。
2人で糸電話で話します(言うまでもないですが普通に肉声聞こえます・笑)。

安達「菅オーナーに質問です。菅オーナーは、安達プロデューサーの事を
    どう思っていますか、どうぞ」
菅 「大好きです。どうぞ」
安達「ありがとう。どうぞ」
菅 「僕も質問です。安達プロデューサーは、菅オーナーの事を
   どう思っていますか、どうぞ」
安達「愛してます」

直球の答えに面食らいつつ照れる菅オーナーがなんとも可愛かったです。
ちなみに本日の格好ですが、安達プロデューサーは黒のスーツでしたけど、
菅オーナーはでかでかと『夢』と書かれた薄手のセーター(だったよね?)を
着ていました。前後に大きく『夢』。どこに売っているのそれ。

そしてまあキスしたりいちゃいちゃしているところに話しかける記者たち。
記者2人には好意的だったんですが、村上さんが自分の身分を明かしたら
オーナーが豹変!
なんとオーナーはその昔、ストロベリージャムの女の子に酷い目に遭って、
それ以来男に走るようになった、という裏設定が!いつの間に!(笑)。
スローモーションで村上さんを殴るオーナー。
そしてオーナーは叫びます。
「お前のせいで、お前のせいで、俺の性癖はカオスだよ!」
うわあああああああーん、と分かり易く(笑)泣きながら階段を駆け下り舞台に行き
袖に捌けていくオーナー。
大変なことになってしまった、どうしよう、となる面々に、竹内記者が
「菅オーナーはアダチャイルズが大好きです。アダチャイルズのライブをやれば
きっと戻ってきます!」
「そうだな、じゃ、ライブをやろう」
で、ようやくライブスタート(笑)。

ここでようやくアダチャイルズメンバーが全員集合。
全員、この日発売された、自分がデザインしたパンツをはいて登場です。
「ミルキーウェイ」「恋のチャンス」「ミステリアス」を立て続けに熱唱。
したんですが、オーナーは現れず。
どうしようどうしようとおろおろするプロデューサー。記者たちもやって来たんですが
村上さんはパンツ一丁になっていました(笑)。
で、こいつのせいでオーナーは、とか責められ、謝る村上さん。
ここでのっくんが一言「何で僕の方を見て謝るんだ」
笑ったなあここ。
そして舞台の隅で土下座する村上さん。
まさかこの時はこの後彼があんなことになるなんて予想だに出来ませんでした。

そんな中、ものっすごいチャラい格好をして咥え煙草で舞台を歩いていく房野さん。
安達「経堂に帰るところ悪いが」
好きよね、経堂いじり(笑)。
安達「大変な事が起こってしまったんだ。菅オーナーが、家に帰ってしまったんだ!」
房野「ふーん」
いや、でもこれは房野さんが正しいわ(笑)。
で、大喜利をやればオーナーが戻ってくるかもしれないから大喜利をやりたい。
ひいてはそのMCをやってくれないか、と頼むプロデューサーに対して
房野「俺を誰だと思っているんだ。仕切りの天才、房野だぜー!」
カーン (鐘の音・暗転)
素晴らしき茶番はまだまだ続きます。

そして大喜利。めいめいがスケッチブックを手にしスタート。
最初のお題は、『菅オーナーもがっくり。最弱の戦隊ものヒーローとは』
だったかな。とにかく最初に、菅オーナーも○○、と全てのお題に書かれていました。
で、しばし答えを出していたところで竹内記者突然登場。
竹内「皆さん、大喜利は座ってやりましょう」
そう言いながら椅子を並べる竹内記者。
なんかおかしいと思ったんだよなー、と言いながら座る面々。
ところでこの時も村上さんは隅で土下座の最中です。

房野さんは正和を「ジェンちゃん」と呼んだ他は皆をちゃんとアダチャイルズの名前で
呼んでいました。「ムっくん」とか「さっとん」とか。「色白」と呼ばれてしいはしが
「あ、俺か」と言ったりとか。
で、最初の方で「じゃあラメ村」と言いまして、相方に「ラメ村」と呼ばれた吉村さんが
思わず吹き出すシーンもあったり。

このお題で個人的に印象に残った答えは、ムっくんの2つ。
「勝ちとか負けとかドウデモイインジャー」
(闘いの前にこんなことを言うのもなんですけど、と言いながら)「右足は狙わないでホシインジャー」
表記はちょっとうろ覚えですが。
とにかくもうムっくんが素晴らしかった!ヒットもホームランも出しまくり!
そして個人的には結構意外だった(というか知らなかった)んですけども、色白くんが
何気にヒット飛ばしていました。しいはしって大喜利得意なのね。
そしてさっとんが、おがちんが滑る度に小さくガッツポーズ。
いやいや相方じゃんあなた方(笑)。
つか出来れば房野さん(か周囲の誰か)突っ込んだげて。おがちん多分気付いてなかったから。
そして正和が「AMEMIYA」と出した辺りで次のお題。

なんと次のお題は『菅オーナーもびっくり。冷やし中華始めました、に変わる言葉とは』
(お題はうろ覚えなんで大体こんな感じだった、ということで)
AMEMIYAだよ、と。「他なんて東京ウォーカーに載りましたしか思い付かない」とさっとん。
色々答えが出る中、おがちんも答えを出したのですが客席の反応は今一つ
(そしてやっぱりガッツポーズを取るさっとん・笑)。
房野「じゃあ次ー、(手)挙げてないけどおがちん」
いきなり当てられて慌てて答えを書くおがちん。
尾形「水飲みました!」
活字にするとちょっと微妙な感じにもなるんですけども、この時の空気とか
おがちんの言い方とかも相まってかなり面白かったんですよ。私も大笑いしました。
あと面白かったのがラメ村の答え。「ラメ拭き取りました」
「その前に付けてこないで下さい」(by房野)

でこのお題の最後の方だったかな。ムっくんが「パンサーからおがた外しました」と
出したら、さっとんが俺も、と「尾形いりませんか」と。そこから各自当てられていないのに
勝手に答えを出す流れになりまして(答えにおがちん入っていないのに)、
なかなかカオスになって面白かったです。
ところでここ、もしかしたら記憶違いかもしれないと思いつつ書きますけども、
ムっくんは「おがた」をひらがな表記、さっとんは「尾形」と漢字表記していた辺りに
なんつか、ああ相方だなあ、と思ったりしたんでした。
向井君は基本「尾形」と漢字で書きますけども。

次のお題は『菅オーナーも思わず涙。日本一優しいヤンキーの特攻服に刺繍されていた
文字とは』だったかな。この辺順番違うかもですが大目に見ていただけると。
で、色白くんが最初に「怪誤服死(かいごふくし、ね。漢字はうろ覚え)」と出したのもあって
そういう流れに。色白くんは結構最初に答えを出すことが多かったかなー。早いし
面白いんですよ彼。
で、おがちんが出した答えが「保仁(ポニョ)」ちゃんと「四」がちょっと小さくなっていると
いうね(笑)。
いやーこの発想はなかった。おがちん素晴らしいよおがちん。
なんかもう一つこのパターンで何かあったんだけど忘れました。悔しい。
で、それまでヒットを飛ばし続けてきたムっくんでしたが頭を抱えて
「漢字が分からないから書けない」と。
「あー、彼はずっと柔道ばかりやってきましたからねー」と房野さん。
私あんまりブロキャスのシチサンとか見たことないので知らなかったんですけども
房野さんってMC上手いのね。いやファンの方からしたら今更何言ってんの、に
なるんでしょうけども。
フォローしたりムチャぶりしたりの緩急の付け方が見事な気がします。
このお題ではとにかく色白くんが素晴らしかった。漢字は一切忘れましたが、
「とだなに どーなっつ あります」とか。「どこの戸棚だよ!」と突っ込まれていましたけども。

最後のお題は『菅オーナーも(なんだっけ。全く思い出せませんすみません)。小学校の
変な校歌の出だしとは』
これまたムっくんが素晴らしい歌を作ってきました。曲はめちゃめちゃいいのに歌詞は……、
という。残念ながら歌詞忘れてしまったんですけども。誰か覚えている人こっそり
教えていただけると嬉しいです。

で、大喜利が終わる頃に菅オーナーが戻って来たんですけども、なんとこの日発売の
アダチャイルズグッズを全部持って来ていました。いやペンライトとかはいいんですけども
マフラータオルを頭に巻いていたりとか。何してんのオーナー。
で、オーナーも戻って来たということで、じゃあ新曲を歌おうか、となりまして
新曲披露!
『Adachildsのテーマ』(だったかな)
メンバー紹介ソングでした。かわいいのに毛が薄い(さっとん)とか、サッカー上手いのに
(だったかな)何言っているか分からない(おがちん)、とか、♪困ったことが一つある~、と
いう歌詞の後にその人の欠点を歌う、というものだったんですけども、最後の色白くんの
ところは、
♪困ったことが一つある ルールルールルールールルールルージャスタウェイ!
となっていました(笑)。なんだそれ(笑)。

で、新曲も披露して無事に終了。ということで茶番も終了。
改めて安達プロデューサーが客席に挨拶。
「開演遅れてしまってすみません」と。ほんとこれ言ってもらえるだけで気持ちが全然
違うんですよね。安達さんのせいで遅れた訳じゃないでしょうけども。
で、今回の新曲について訊かれたプロデューサー。最後の色白くんのはなんなんだと
言われ、「疲れたから」と答えていました。そんなああああー(笑)。
そして菅オーナーに対して、「毎回セッティングした後僕に訊いてくるんですよ。安達さん
これでどうですかね、って。いやどうもこうもないでしょ!」と(笑)。
確かにどうもこうもない衣装でした。
そういえばアダチャイルズですが、そのうちナマーシャで売り出すとかいう話を聞いたので
もしかしたらこの菅オーナーの衣装も上がるかもです。
うわー欲しい!向井ファンなのに菅オーナーばかり買ってしまいそうだわ(笑)。

そしてグッズ紹介。皆がグッズを買ってくれたらもっと大きなところでも出来るかも、と。
どこでやりたいかという話になって、「ZEPP」と(笑)。
うわー見たいわーZEPPでアダチャイルズ。
安達「一人何か一つは買って下さいね」
太田「柔らかい言い方してますけど何気にひどいですよ」
みたいなやり取りもあったりとか。
で、次回は4月4日、という話から、新メンバーを入れるかも、と。
「ライセンスの藤原さんを考えています」「藤原さんとハイウォーの松田さんに声かけてます」
いやその2人が入ったらZEPPなんて軽く埋まるでしょうけども、とメンバー。
太田「アダチャイルズ的にはいいでしょうけども、僕にとっては大打撃ですよ」
(だったかな)
まあさすがにあの2人が入る事はないでしょうけども。というか入られたら
チケ争奪戦がすごいことになるから困るー(笑)。
で、それに伴って「卒業するメンバーもいます」と
途端に不安な顔になるおがちん。「大丈夫だから!」と慌てて言うさっとん。
でもなー、どこまで本気なのかは分かりませんが、前回の話し合いでこのメンバーで
バランスが取れているという話になったので、出来ればこのままやっていって
欲しいんですけどね。

ということで終了。
ちなみに、村上さんですがず―――――――っと土下座したままでした。
で、皆が捌けた後も村上さんが動かないので客側もまだ終わってないの?と
多少困惑する中、安達さんが舞台に戻ってきまして、もういいからみたいな感じで
村上さんに手を差し伸べていました。
なんですが、なんと村上さんは足がしびれて立てない、と。
膝立ちのまま袖に捌けていって、ようやく終了となったのでした。


さて今回はとりあえず流れを書くことに集中してみました。のでここからがっつり
感想など(まあ上の方でもちょいちょい書いてはいるけど)。

まず色白くんこと、しいはしが凄いなーと今回。以前行きました床上50cmライブ
工夫して50cmを活かすライブをやっているのを見てから御茶男に対しては
かなり株が上がっているんですけども、今回でまたさらに上がった感じです。
御茶男(とくにしいはし)って普通にカッコいいから、結局顔だけでしょ、みたいな感じに
捉えられる事も多かったりすると思うんですけども、かなり実力ありますよね実際。
上にも書きましたけど、大喜利での答えの早さ&面白さはかなりのものでした。

新曲は正和ことジェンさん&安達プロデューサー作詞だったそうで、先にツイッターでその話を
知って、これはきっとメンバー紹介ソングが来る!と思っていたら本当に来て
嬉しかったです。
ジェンさんならきっとやってくれると思っていたよ!
というか、逆に言ってしまうともし今回メンバー紹介ソングではなかったら、一周するまで
(歌詞はメンバー持ち回りです)出てこないだろうなとも思っていました。メンバー紹介ソングって
ある程度アイドルに精通していないと多分発想自体出てこないと思うのですよ。
アイドル特有じゃないですか、メンバー紹介ソングって。ロックバンドでそんなん聴いた事
ないですもん私。いやもしかしたらあるのかもしれないですけども。
前々から、メンバー紹介ソング欲しいなージェンさんなら作ってくれるかなーと
思っていたのでほんっと嬉しかったですねー!
ところで最後の色白くんのところ、欠点が歌われなかったですけども、ああ確かに
しいはしってそんな感じなんだよなーと。かっこいいし動きも機敏だし面白いし
あんま知らないですけど多分性格も良さげだし、となると、なんていうか特に
”いじって面白い” 欠点が見当たらないといいますか。
人間だから誰しも欠点はあるんですけども、芸人としていじれる部分としての欠点が
ぱっとは思い付かなかったのかなーとも思ったりしました。
もしかしたらそれが今後彼の芸人としてのネックになるのかもしれないですけども、
あんまり御茶男詳しくないのでなんとも言えないかな。

でもって、これが今回何より嬉しかったんですけども、さっとんこと向井君が
なんかやる気出していた気がする、と。
大喜利でもかなり自信持って手を挙げていましたし。あの方、コーナーなどで
手を挙げる時って皆が挙げてからこっそりという感じでそーっと挙げることが
多かったので気になっていたんですよね。ガンガン前に出過ぎないのは彼の
長所だと思っているんですが、でも出るところは出ないと、とも思っていたので。
そして歌も、前までもうちとだらだらやっていた感じがあったんですけども、
今回ちゃんとしていたなあ、と。
あ、歌に関しては今回が一番皆ちゃんとしていたように思います。新曲も
いつもなら全員モニターガン見だったりしていたんですが、今回そんなに
モニターに頼ってなかったですし。
やっぱりあれなんでしょうか。前回の話し合いで各自色々思うところがあったりとか
あとグッズも出ていよいよ本格始動だと各自の意識が変革したとかなのかな。
何にせよめちゃめちゃ嬉しかったです。やっぱりやるからには真剣にやって欲しいので。
今回ってそれもありましたし、大喜利というちゃんと芸人としての力を見せられる
企画もありましたしでほんっとに面白かったです。行くまでは仕事疲れで
かなりテンション下がっていたんですが、行って活力貰えました。
次回もほんと楽しみです。
アダチャイルズは本当に外せないライブになってきているなーと思いますよ。
そのうちなー、ZEPPはあれですけどよしプリで立ち飲みシアターでのライブとか
やってくれないかな。もっと曲が出来たら。
でも茶番シーンをどこで演じるのか、という問題は残るわけですけども。

にしても村上さんはちょっと可哀想すぎじゃないのかなあれ。ほんとに単に土下座
していただけですし。もうちょっと弄っても。9割方放置されていましたからね。
で、今回村上さんが出たということで、KABUTO所属以外のメンバーはコンビトリオ
全員何らかの形で関わることになったのかな、と思っていたんですが、よくよく考えたら
御茶男のおもしろ佐藤がいなかった、と。
おもしろは次回何かで出てきたりするんでしょうか。どうなんだろう。

category: お笑い