幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

年末感全くないままに今年の総括をしてみる  

平成22年も今年で終わりですよ。なんかもうびっくりですよ。何も終わってない自分に!
来年はもうちょっと、やるべきことをきちんとやる、を目標に頑張りたいと思います。
掃除全然終わっていないしなんかもうぐだぐだなんですけども、とりあえず今年を
振り返りつつお礼とか。


【ロザン】
思えばこの方たちにハマったのがここでブログ開設するきっかけだったんでした。
ちなみに何でアメブロにしたかといえば、アカウントだけは取っていたから。
でもって何でアカウントを取っていたかといえば、杉浦太陽&辻希美夫妻の
アメンバー限定記事を読むため。
まだ辻ちゃんが芸能界復帰する前、太陽君がアメンバー限定記事で
辻ちゃんとのことを載せてたりしていたのですよ。そんなんアメンバーになるしか
ないじゃないですか!(一応付け加えておきますと、私は元々ハロプロオタです)。
で、アカウントもあるしアメブロでいいかーと始めたんですけども、結果的にそれが
良かったんだろうなあと。ペタというアメブロのシステムのおかげで新たに知ることが
出来たブログも数多くあって、それで知り合えた人も多くいて。
最初の頃は一人でぼそぼそロザンへの愛を呟いているだけだったのに、ありがたいことに
ロー友さん(ロザン友達の事。Hちゃんのお母さん命名ですが当の本人はそれを忘れていた
そうです・笑)も出来て、本当に今年一年楽しかったなあと。
今年はほんとにロザンに始まった年だったなと思います。ロザン関連であちこち行けましたし。
最近はあまりロザンについては書いていないんですが、でも番組とかはもちろんチェック
してるんですよ。ただなんか、ロザンに関しては書きたい!という気持ちよりも見ることで
満足みたいな感じになっているなーというのが現状。ブログもたくさんありますし、読むだけで
お腹いっぱい、という。リアルで友達と語れたりもしますし。
ロザンに関してはなー、とりあえず来年は生でコントが見たいです!まだ見れていないので。
「草」とか「ホームラン」とか!
あー単独やってくんないかな。チケット取れる気が1ミリもしないんですが……。

【パンサー】
思えば今年8月6日のAGEAGE。あの日にパンサーが出ていたことが後半の転機と
なったのでした。ロザンMCのAGEAGEでパンサーが出たのってこの時だけなんですよね今年
(というか多分去年も出ていないと思うのだけど)。もしあの回がなかったら私はパンサーを
知る事もなかったんだろうなあ、と思うと巡り合わせって本当に不思議だなと思います。
前に書きましたので割愛しますが、今年一番辛い時期を乗り越えられたのは確実に彼らの
おかげですし、彼らのおかげでまた色々な芸人さんを知る事も出来て、それに関しても
感謝しています。ほんとになー、パンサーに関しては感謝しかないなー。
楽しい事ばかりではなかったんですが(主に経済的な面で。貯金の減り方が半端なかった)
ただでも本当に幸せで。
私は割と、完成されたものが好きだったりするので、これから上がって行くよみたいな
人のファンになることってほとんどなかったんですね。メジャーかマイナーかは置いておくに
しても、ある程度その世界で土台を築いている人のファンになることが多かったです。
なので、パンサーのような、まさにこれから!という人達のファンになったのが思い返すと
初めてに近くて、なので分からなくて戸惑う部分もあったりするのですが、またそれが
楽しかったりして、正直この歳になってこんな初めてづくしになるとか思っていなかったよ、
とね。
幾つになっても ”初めてのこと” ってドキドキするもんなんですよ、やっぱり。
おかげで視野が広がった部分もありますし、新たに知ることが出来たところもありますし、
そういう意味でも本当に感謝しています。彼らには。
あとやっぱなー、今年の誕生日のパンサーづくしは本当に楽しかった!
『あした!こうなるテレビ』から始まって、ルミネとAGEAGEを最前列で見て、そして
最後に向井君に手紙渡して握手してもらって。
幸せな記憶というのは、その後の辛い出来事を乗り越える糧になる、というのを
前にどこかで読んだことがあるのですが、実際誕生日の時のあれこれを思い出して
乗り切れた部分もあったので、なんだろうもうほんとありがとうだなー。
なんかもうほんっとにもう、サンキューーーーーーー!!!!!

【ジューシーズ】
パンサーの流れで知った人達その1。
以前、向井君の話を書いた時に、以前の自分だったらファンになっていなかった、と
書いたのですが、ジューシーズに関しても同じことが言えるなと。
上にも書いた通り、完成されたものが好きなので。
あ、でも完成されているもの、というとちょっと語弊があるな。なんていうか、台本通りと
いいますか、計算されてきっちり出来上がっているものが好きなんですね。
なので多分以前の私だったら、ジューシーズのあの自由さは受け入れられなかったの
だろうなとか思ったりします。
ジューシーズについて色々見ていると、特にシチサンに関しては賛否両論があって
あの自由さ(時にはぐだぐださ・笑)が受け入れられないという方もまあいて、それは
よく分かるなと思う反面、あれを面白がれると一気に楽しみが増えるんだなとも
今感じています。
自分にとっては、ジューシーズの自由さを面白がれるようになったこと、は、大げさでなく
財産の一つだと思っています。
あの独特な雰囲気はジューシーズの3人にしか出せないわけですし。
松橋しゅうたのポテンシャルの高さも赤羽健ちゃんのツッコミ能力の高さ(ボケなんだけど)も
大好きですし、ジューシーズの雰囲気を一番作り上げているのは児玉さんじゃないかとも
思っていますし、なんともいいトリオだなあ。

【ジャングルポケット】
パンサーの流れで知った人達その2。
もう何度も何度も書いているからいいよ、と言われそうですが、ほんっとに太田がすごい!
ジャンポケについて書け、と言われたらまず太田が凄い。そして太田が凄い。そして
斉藤の笑い上戸ぶりとかあの雰囲気とかついつい目が行ってしまう感じとか。でもってやっぱり
太田が凄い、と。
えーっと、あれ?あの、うん、何て言うか……。
とりあえず続けますと、先日(28日)のジャンポケシチサンに初めて行ったんですが
まあとにかく太田が凄い、と。
軽く内容を説明しますと、ジャンポケ新メンバーオーディション、ということで
3人目のメンバーを募集する、と。その中には研究生の武山浩三君も入ってますよ、と。
で、面接やら何やらをして、最終的に新メンバーを決めるわけなんですが、こういう時って
まあ結局元々の人(この場合は武山)が選ばれて大団円で終わり、となることが多いんですが
まさかジャンポケのシチサンでそれはやらないだろう、でもだったらどういうオチをつけるんだ?
と思っていたら、武山母のビデオレターが流れ、そして最終的に
「新メンバーは武山……母!」
見事なるオチ。いやー素晴らしかった。
このオチ作ったのって多分太田なんじゃないかと思っているんですが、っていって
斉藤だったらごめん、という感じなんですけども(笑)。
ジャンポケに関しては、太田中心に見ているうちに斉藤にも目が行って最近は斉藤の魅力も
分かってきた、という感じなので、あの、ほんっとに来年は武山君に頑張っていただきたいなと!
個人的には、彼の頑張りでジャンポケを推せるか決まるので。
とりあえず来年は武山に期待して彼に注目しようと思っています。

【お笑いそのほか】
『ネルソンズ』東京NSC14期生のトリオ。ちょこちょこネタを見る機会があって、しかも面白いので
個人的に注目しています。ただ青田買いの時も書きましたがそろそろ違うネタが見たいです。
タイミングの問題なのかもしれないですが。
『メメ』囲碁将棋のシチサン(キレず嫌い王)で注目していたんですけど、先日の青田買いで
ネタを見たら面白くて、今後機会があったらネタも見に行きたいなーと。
高橋さんが宮城県出身というのも個人的にポイント高い東北出身者です。
『M-1』見れていないので、今のスリムクラブブームに確実に乗り遅れていますが何か。
ただ、あのタイミングで板尾ロマンにスリムクラブを入れたスタッフさんの力量がすげえ、と。
『333(トリオさん)』番組に関しては、もうさすがロンハースタッフ、という感じでしたね。
色々実験している感じなので、今後どう転んでいくかも楽しみです。


【野球】
つば九郎のおかげで今年はヤクルトを応援する事となったんですが、小川監督代行(当時)に
なってからの躍進が本当にすごくて、「メイクミルミル」という造語も出来るくらいで、結果的には
クライマックスシリーズには行けなかった訳ですけども、でも夢を見させてもらったなあと。
神宮球場にも行けましたし、つば九郎にサイン&握手もしてもらったりと楽しかったです。
野村名誉監督は、病気で倒れたりと心配もしたのですが元気に復活してくれて
本当に嬉しかったですしホッとしました。ちょいちょいあちこちでボヤいてくれているので
楽しいったら楽しいったら。
楽天の渡辺直人が横浜にトレードが決まった時に電話で連絡したら励まされたとか
聞くと、やっぱりジンと来ますね。


【アイドル関連】
女性アイドル界は今ものっすごいですよー。とはいえ私もそんなに詳しくはないですが。
ももいろクローバーの勢いがすごいので、来年辺りがつーんと来ないかなー。
ももクロではあかりちゃん推しです(ジューシーズ赤羽健ちゃんと一緒・笑)。
AKBはタイミング合わなくて全然コンサートとか行けなかったので来年は
でかいところでやるなら行きたいなーとか。劇場公演は抽選当たらないからな……。
ハロプロはすっかり遠ざかってしまっているんですが、何がしかのコンサートは
行きたいなーと思いつつ。ただお笑いのチケットの値段に慣れてしまうと、
安くても6000円とかだともう手が出ないんですよね、正直。


【総括とかお礼とか】
このブログを始めてもうすぐ1年になるんですが、始めて本当に良かったなと思います。
ブログのおかげで知り合えた方々もいますし、色々とお世話になったりとか
あとブログを書くことで自分の考えを纏めることが出来たりとか。
今年を振り返ってみると、本当に楽しかったなーと思います。
これもひとえに皆皆さまのおかげでもあるなと。
ありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いします。
サンキューーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
スポンサーサイト

category: ブログ

tb: 0   cm: 2

ラスト・シチサンLIVE  

昨日は私にとってはラストのシチサンに行ってきました。
明日(31日)なー、本当は取ろうかと思っていたんですよ。まだ最終回というアナウンスが
流れる前。ライスのシチサンだった時。ライスなら外さないしなーとは思いつつも
31日に行くのもなあ、と思って止めたら最終回だし全員集合になるし、と。
まあ、明日はおとなしく配信を見ることにします。

でもって私的にラストとなったシチサンですが、もうほんっと楽しかった!
最初から最後までほんっっっっとに楽しくて楽しくて楽しくて楽しくて楽しくて
幸せな空間の中にいることが出来ました。
終わった後もなんかもう帰りたくなくてしばらくふらふらしていました。
ものっすごい飲みに行きたい気分だったんですが誰もいなかったので(笑)
一人でお酒買い込んで飲みまくり。
いやもうほんっと幸せでふわっふわ卵焼きしてました。
パンサーのシチサンは何度か行ったのですが、その中でも一番楽しかったなあ。
何がどうというのは上手く言えないんですが、すっごい、パンサー好きで良かった!
という気分になれました。

配信に入らなかった部分をちょこっと。
シチサンって配信終了後に写真の抽選会があるんですね。半券を引いて当たった人に
その日の出演者が写った写真をプレゼントする、という。
で、いつもは配信終了するや即写真の流れだったんですけども、今回は最後だからと
いうことでか、少しトークをしてくれました。そんなにがっつり内容があるわけではなくて、
「告知とかありますか?」「いや告知とかいいよ。それよりお客さんに感謝しないと」
みたいな感じの流れ。
で、そんな話の後に写真プレゼントとなったんですけども、これまた最後だからなのか
パンサー菅さんが率先して後ろの方のお客さんに写真を渡しに行っていました。
前回のシチサンの時に私も写真が当たりまして、菅さんからいただいたんですけども
>菅さんは基本的に前の人にしか渡さないので。つか舞台降りようとしないので・笑
とか書いていたら思いっきり後ろまで行っているし、っていう。
いやでも嘘書いた訳じゃないのよ、今まではほんと舞台から降りようとしなかったのよ、
とか、颯爽と階段を上って行く菅さんを見ながら心の中で思っていました(笑)。
そして写真も渡し終えていよいよほんとに終了、となって皆さんお辞儀していたんですが
ここでパンサー尾形君の「ありがとうございましたっ!」が見れましたよ。
客席に向かって何回か体の向きを変えて、「ありがとうございましたっ!」や
「サンキューベリマッチョ!」を披露してくれました。
で、シチサンの看板に描かれた猿にも言え、と言われて「ポカリスウェット!」と(笑)。
そしてみんなが捌けた後、菅さんが一人残りまして、なんと人間PKでやった
寝た状態でスケボーで落ちていく、というのを再現してくれました!
綺麗に舞台袖に消えていく菅さん。いやー素晴らしかった!

ついでに前説部分。
前説はいつものタモンズでした。
掛け声のところは、
「さとしー!ご飯出来たよー!」 (向井君)
「たかひろー!良太郎君から電話よー!」 (尾形君)
「りょうたろう!いい加減髪切りなさい!」 (菅さん)
でした(笑)。


あーあと先日の青田買いで書き忘れていた事。
パンサーのネタのところで、なんとパンサーポーズやってくれたんですよ!
3人位置についたところで、尾形君が菅さんの様子を窺いながら自分の太ももを叩くしぐさを
見せたので、もしやこれは、と思っていたらやってくれました!
うわー初ですよ!生で見れたの。
めっちゃめちゃ嬉しかったなあこれ。その割に書くの忘れていた訳ですが(笑)。

category: パンサー

tb: 0   cm: 2

伝えたい気持ち  

別に今年も終わるからとかこのブログを初めて1年近くになるからとか
そういうこととは全く関係なく、たまにこういうことを唐突に語りますよ、という話。

このブログでパンサーやいわゆるAGEメン(来年からAGEAGEがなくなる今、
一体この呼び名はどうなるのだろうと思いつつ)について書くようになってから
最初に名前と所属(コンビ名とかね)を書くようにしています。
例えば、「むーちゃん」ではなく「パンサー向井君」と。
とりあえずそのままコピペしてググってもらえればそれなりの詳細(wikiとか本人ブログとか)が
出るくらいの情報は最初に提示するようにしています。ライブレポにしても、最初に
なるべく正式名称のライブ名を書くようにしています。
というのも、ここを読んでくれている方の中には詳しくない方も多いだろう、ということから。
パンサーも最近ちょこちょことテレビに出るようにはなってきていますけども、まだまだ
世間的には無名の存在ですし、他のAGEメンについてもほぼ同様なわけで、
そんな中でたまたま何かの流れでうちのブログに辿りついて、じゃあ暇つぶしにでも
読んでみるか、となった時に、何について書いているかすら分からない状態だけは
断じて避けたいという気持ちがあるんですね。
出来れば、ふーんライブレポか→あれ、このライブ面白そうじゃね?→○○っていうんだ→
今度行ってみようかな、とかなって欲しいじゃないすか!すか!
ライブレポに関しては、もちろん自分の備忘録という意味合いも大きいのですが
行きたかったけれど行けなかった人には出来る限りの詳細を、そして特に興味もない人には
興味を持ってもらえるように、という気持ちで書いています。それが上手くいっているかは
別の話ですがね!
ただなので、出来る限り批判的なことは書かずに面白かった部分を書いていこうとは
思っています。これがダメ、つまんなかった、よりもここ面白かったよ!の方が
やっぱり行ってみようか、って気になりますし。とはいえ面白くなかったものを
面白かったと言ってしまうのは嘘になってしまうので、それはまた違うしなーとか。
配信もないのにレポが極端に短かったら、それはもう察して下さいとしか(笑)。
レポ以外でも、パンサーってこうだよねーとか書く時も、これで少しでも興味を持ってくれたり
新たな一面を知って好き度が増してくれたらいいなあという気持ちも込めて書いています。

でもって。
ありがたくもブログにコメントであるとかメッセージであるとかツイッターの方で
感想言っていただけたりとかするので、それに関して本当に感謝しています。
ありがとうございます。
ただやっぱり自分の能力の低さは自覚しているので、どのくらい伝わっているのだろうと
いう心配は常にあったりするのですね。なるべく誤解だけはないように伝えたいけれど
それもまた難しいですし、誰かの心に響く文章を書くのって本当に難易度高いことですから。
やっぱり曲がりなりにも文章を書いてこうやって公表している以上、響かせたいんですよ。
届いて欲しいなーと常々思っているんですよ。
ただ、どのくらい響いているのか、届いているのかさっぱり分からない状況なので
これでいいのかと手探りしながら書いているというのが現状だったりします。
で。
そんな中でたまたま読んだ、AKBファンの方のブログの文章にはっと目覚める思いが
したんですね。
AKB界隈ではかなり有名なブログとはいえ個人の方のなので引用は控えますが
掻い摘んで書きますと、
「届くか分からなくても書き続けていれば人の心を打つ文章になる。かつてAKBが
ガラガラの劇場でわずかな客に向けて必死の公演をしていたのと同じように」
(その回のブログ)読んで、うっわぁぁぁぁぁぁぁ(号泣)、と。
さすがに私もその頃は知らないのですが、出来た頃のAKBってほんとにお客さん
入っていなくて、7人しかいない中で公演を行った事もあったくらいなんですね。私も
当日劇場に行けば入れるくらいからは一応知ってはいるんですが、そんな時代も
あったんですよ。今じゃ横アリを満員にして、そして劇場はメール抽選でしかも一向に
当たらない入れないという状況なのに。
ただ、その頃から、お客さんが全く入っていない頃からAKBは手を抜かずに真剣に
公演を続けてきていて(それは当時を見た人のブログを読むとすごい伝わってきます)
そしてそのことが人を呼びまた人を呼んで今に至るのだと。
なんかもう、すごい励まされて、読んだ時ほんとに泣きましたよ。
AKBであるとか、AKBを好きな方であるとかという、全く違うところから励まされる事も
あるんだなあと思った次第です。
人の心に響く文章ってこういうことなんだなあ、と。


あんまり手の内を晒すような、というか、私こんなに頑張ってます!みたいなことを
書くのは好きではないので(つか別に頑張ってはいないけどね・笑)、これを書くことに対して
ちょっと迷いはあったんですけども、ただほんっとに励まされたのでどうしてもそれだけは
書きたいとなった時に、その説明がいるよなあ、と。
まあなので、ちょっとこういう内容はなあ、と思われた方がいましたらすみません。
ただこれからも、色々と書き連ねていって、 ”届く” 文章が書きたいと思っています。
力もないし拙いけれど、いつか届く事を信じて!
だって大好きなんだも―ん!

category: ブログ

tb: 0   cm: 6

業界イチの青田買いライブ & コントバトルG1 感想とか  

26日、そうですM-1決勝戦が行われた日、私はその時間新宿ルミネにいましたさ。
多分多くの方が漫才で盛り上がっている中、コント見てきましたよ!(笑)。
ということで本日はその辺りの話でも。


まずはこの日の朝に行われた業界イチの青田買いライブから。
出演者(チケットよしもとページからコピペ)
[出演]イシバシハザマ(MC)/レアレア/ブロードキャスト/マキシマムパーパーサム/
パンサー/若月/2700/オバアチャン/バース/ジャングルポケット/
少年感覚/メメ/ミルキーウェイ/ネルソンズ/ブーブートレイン
朝早い(10時開始)せいか、最初MCが出てきたんですけど石橋さんがぼんやりしていて(笑)
対照的に硲君はめっちゃ元気でした。
硲君がここにくるまでに起こった良かった話(電車に乗るのに手間取ったけれど無事乗れて
遅刻しなかった、とかいう話・笑。ブログにも書いたそうです。今確認のためにブログみましたけど、
妹さんかわいいなー。そういえば前にシチサンで写真だけ出てましたね)をするも、
あっそう、という感じの石橋さん。
いやまあでも確かに、あっそう、としか言えない内容ではありましたが(笑)。

基本ネタのみだったんで、個人的に引っかかった人だけ抜粋
メメ…………野球ネタめっちゃツボに入りましたよ。面白かったー!客席はちょっと微妙な感じ
        でしたが(野球あんまり詳しくない人が多いんだろうな。私も詳しくはないけれど)
        個人的にはすっごい好き。また違うネタも見たいです
ネルソンズ…面白いし期待もしているんですが、そろそろ違うネタが見たいなーと。
        一時の平成ノブシコブシ状態になっているので(また鶴の恩返しかよ!ってやつ)
少年感覚……この人達こんな面白かったんだ!と。ちゃんとネタを見るのが初めてだったんで
ジャンポケ…今日のAGEAGEでもやっていたバーベキューネタ。面白かったんですが、
         私はいつになったら武山が突っ込むネタを見ることが出来るんだろう、と(笑)
バース………コントかと思ったら漫才来たー!ちょっとびっくりしたんですが、よくよく考えたら
         この後にM-1敗者復活戦が控えているから、っていうのもあったんでしょうね。
         個人的にはコントより漫才の方が好きだしこの二人には合っている気がします
パンサー……漫才。子供の頃の遊び→係ネタ。
         係に行く流れの時に、本当だったら菅さんが「子供の頃って色んな係
         ありましたよね」と言う所を、「色んな遊びありましたよね」と言ってしまい
         向井君に「ありましたねえ」と返されて多分間違いには気付いたんだと
         思うんですが係をド忘れしたのかずっと「遊びありましたよね」と言っていて
         なんか面白かったです。
         これうっかり最前列に座っていたら、「係!係!」とか言ってしまいそうでしたよ。
         危なかったわー。
         客に流れ教えられるっていうのはないだろうよ、と後で思ったので。

最後の全員集合のところで、どういう流れかは忘れてしまったんですが、
ジャンポケ太田がキレてMCに向かって行こうとするのを、隣にいた向井君が止めていたんですが
最後は太田を後ろから抱き抱えて止めていて、なんかものすごい珍しいものが見れたなと(笑)。
なかなか見れないよね、後ろから羽交い絞めにする向井君、って。
そしてパンサーとジャンポケが仲良いとなんだかほのぼのします。
パンサー尾形君もジャンポケ斉藤と何やらわちゃわちゃやっていましたし。



続いてコントバトルG1。開場が遅れに遅れ、19時開演で19時過ぎに客入れする始末。
そしてM-1始まっているということで、あちこち携帯のワンセグでM-1見ていました。
出演者(チケットページからコピペ)
[出演]Bコース/ガリットチュウ/ニブンノゴ!/グランジ/ピクニック/イシバシハザマ/
シューレスジョー/ジューシーズ/パンサー/メルヘン倶楽部/チョコレートプラネット/
ライス/少年感覚
これまた基本的にネタのみだったので引っかかった人だけ、の前に一言。
いやまあM-1が気になるのは分かりますけども、人がネタやっている最中は
見るにしても静かに見るのがマナーってもんじゃないですかね。
ずっと、ってわけではなかったですが、あんなに袖が(舞台とは関係のないところで)
騒がしいネタライブは初めてでした。
グランジとか可哀想でしたもん。シンとするシーンで袖から何やら音聞こえてくるし。

そういえば、最初に全組がそれぞれ自己紹介したんですが、パンサー向井君が
「(今日はM-1があるけれど)こっちに来て良かったと思える舞台にしたい」と
言ったんですね。そしてその後ジューシーズが前に来たんですが、松橋しゅうたが、
「さっき向井がいいこと言いましたけど、僕は全ての舞台でそう思っています」と(笑)。
当然向井君も反論するものの軽くいなしてジューシーズ終了。
向井君の隣にジューシーズ赤羽健ちゃんがいたんですけども、向井君が
戻ってきた健ちゃんを叩く真似をしていて、なんとも和みました。
パンサーとジューシーズが仲良いのもなんか和むんだよなー。

シューレスジョー…今回一番のツボ。外国から来た講師が絵描き歌を教えて
            もらうものの、肝心の描き方を知らないため歌詞から推測して
            描いたら、というネタでした。初見だったんですけどもめっちゃめちゃ
            ツボで、ずーっと腹抱えて笑いましたよ。
ニブンノゴ!………床屋にヤクザが来た、というネタ。これまた面白かったです。
            結果を言ってしまいますとこれが1位だったんですけども、納得という感じ。
ライス………………久し振りに地元に戻って来たら何もかもがエロくなっていた、というネタ。
             関町が足踏みして仁さんが後ろに下がって行くというくだりは何度見ても
             笑えます。あれはほんとアイディアの勝利だと思うわー。
             途中関町が舞台端ギリギリのところで足踏みをする、というくだりで
             舞台から落ちて!まあ特に怪我もなかったみたいなんで良かったですが。
             終わってから一番前のお客さんに平謝りしていました。
             あと途中テレビのニュースのくだりがあったんですけど、あの司会者って
             向井君ですよね多分。声。
パンサー……………夏の単独で披露して漫才でちょこちょこやっているアイドルネタを
             コントに戻してやっていました。7分という、AGEAGEとかよりちょっと長い
             時間設定のせいか、和田アキ子のくだりも復活。
             そこすっかり忘れていたので、知っているネタなのに新鮮な驚きが(笑)。

コントバトル、ということで良かったものに丸をつけて回収、という流れだったんですが
やっぱり曲がりなりにも投票とか評価とかするとなると、単純に好き嫌いとかとはまた別の
見方になってしまうなあ、と今回しみじみ思ったりしました。
投票形式だとどうしても、きっちりネタを仕上げてくる人により高い評価を下してしまうなと。
あくまでも私は、ですが。
なので芸人自身がどっちに行くか分からない暴走ぶりを見せるとか、芸人自身が
笑ってしまうとかってなってしまうと、個人的にはツボだったりもするんですが、評価と
いう意味では下がってしまうんだよなーと。
普通にネタライブとして見るのと、点数をつけるつもりで見るのでは全然見方が変わりますね。
今まで意識してはいなかったんですが。
そういう意味で、あくまで私はですが、こういうネタバトル的なものに対してのみで語ると
ジューシーズやチョコプラは分が悪くなってしまうな、と思います。



こっから先はちょっと書くかどうか迷った話。
今回、メルヘン倶楽部が最下位だったんですけども、まあだからというわけではなくて
前々からものすごい疑問に思っていたんですけども、あの人達の目的というか、
どこに行きたいのかが全く見えないので気になってしょうがないんですよね。
女装して、妖精界から来たという設定で、名前もメルヘンという割には結構エグいネタを
やる、というギャップを目指しているのかなあとも思うんですけども、それにしては
ひどく中途半端だなとか。
別にああしろこうしろとかダメ出しする気は一切ないしそんな立場でもないんで
書く気もないですが、ただものっすごい中途半端に見えるんですよね。何もかもが。
なんだろう。どうしたいの?どこに行きたいの?何を目指しているの?、と。
メルヘン倶楽部に関しては好きなんですよ。というか好きじゃなかったら気にもならないんで。
隙の反対は無関心なので、好きでなかったら全く眼中になくなります。
なので、好きだからこそ気になるんですよね。
こういう言い方をするのも失礼かもなんですが、別にこれで天下獲ろうとか思ってないよ
楽しいからやってんだよ!と言うのならそれで納得も出来るんですが。
ただ私はそこまでメルヘン倶楽部に対して詳しい訳ではないし、彼らのネタやトークを
全部拾い上げる程の情熱もないので、ここを読んでいるメルヘン倶楽部ファンの方とか
詳しい方とかいましたら、この時のトークでこういう意図でやってるって言ってたよ、とか
知っていましたら教えていただけると嬉しいです。
いい悪いとかではなくて、単純に疑問というだけなので。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

『333(トリオさん)』第九回感想  

次回のお笑い男子校でアダチャイルズ特集が組まれるということで、今後もきっと
アダチャイルズは活動していくのだと思うので、だったらやっぱりうちわでも作る
べきかしら、とか。ジャニーズのコンサートでよくあるような。
ジャニーズは全然詳しくないのでよく分からないのだけども、うちわの裏になんか
メッセージとか書いてたりするんですよね。「笑って」とか「手振って」とか。
でも別になー、作るならパンサー向井君のなんですけど、そういう欲求は特にないからなー。
とか考えて、そういや向井君の部分の掛け声って
「もうすぐ禿げるよ、むーちゃん」
なので(前回のアダチャイルズレポ参照)、だったら
「禿げても大好き むーちゃん」
とかにしたらどうだろう、と。
ただ大いなる問題として、それ持つのって、ものっっっすごい勇気がいるよな、と。
いやその前に作らないといけないわけで、なんか文字のカッティングとかはハンズで
やってくれるサービスがあるらしいんですけど、例えばそこに頼むとして、

「カッティングする文章を教えて下さい」
「はい、『禿げても大好き むーちゃん』でお願いします」

……なにこの、絶対に笑ってはいけないハンズ店員。
もし私が店員だったら確実に、「海老原、アウトー!」と言われる自信あるよ。

誰か作って持ってくれないかなあ。求む!勇者!(笑)。



でもって、『333(トリオさん)』感想です。
未だ録画機器が買えていないので、1度見たきりの感想であることをご了承ください。
最初にあらすじ

-------------あらすじ--------------

クイズ大会後編。途中から早押しに。するとパンサー菅さんが、番組の盛り上がりを
無視して相方のみ分かるような問題(つまりはドマイナーな問題)を出し、そこから
マイナーの応酬に。
最初に勝ち抜けたのはパンサー。そしてジャングルポケットがリーチを迎える。
次ジャンポケが正解すれば勝ち抜け、というところで、なんとジャンケン大会に
切り替わり。ジャンポケは1勝すれば勝ち、ジューシーズは連続で4勝しなければ負け。
しかしジャンケンにはめっぽう強いジューシーズ赤羽健ちゃん。ジャンポケ斉藤に
あっさり勝ち、飲まれかけるジャンポケ。
しかし次に出てきたジャンポケ太田が勝ち、次回の出演はパンサーとジャンポケと
なったのでした。

--------------------------------


正直、前回見た時はこれ2週にするほどでもないんじゃないの、と思ったんですけど
今回はかなり盛り上がりました。やっぱり早押しってそれだけで盛り上がるなーと
思った次第。たとえクイズがマイナーすぎて誰も分からなくても。
菅さんの出した「少女ファイト(漫画)」なんて誰が分かるんだよとかジューシーズに
さんざん言われていましたが(笑)。ちなみに向井君が正解していました。
ところで少女ファイトを知らなかったのでwikiで見てみたら、ドラマCDが出ていて
声優さんに能登麻美子さんが使われていました。なんつか、なるほどね、と。
そしてその事(つかその漫画を菅さんが好きだということ)を向井君が知っていたと
いうことが、なんつか嬉しいなあと。

そういうマイナーな問題を出すことの是非はあると思いますし、テレビ的に
どうなんだよというのもあるんでしょうけども、ただナレーションで何度も何度も
「いかに自分の相方だけが分かる問題を出すかが鍵
と言っていたので、こうなることはある種想定の範囲内だったのかなあ、とか。多分。
そもそもクイズに関してはずぶの素人な9人にいきなりクイズを作らせて出題させると
いう無茶ぶりから考えて、クイズそのものの出来とかはあまり重要視していなかったでしょうし、
結局そのことにいち早く気付いたパンサー(というより菅さんでしたが)が一番最初に抜けた、と。
多分一番テレビ的なところを考えた(と思われる)ジューシーズが今回脱落した、というのは
なんだか上手く言えないけれど色々考えるところがあるなあ、とか。
ただでも、何度も何度もしつこいくらいに相方だけが分かる問題とナレーションで
言っていたので、スタッフ側が望んでいたのはマイナーだろうがなんだろうが
えげつなく勝ちを取りに行く姿、だったのかもしれないなー。いや分からないですけども。

でもって。
パンサーが勝ち抜けた問題というのが、サイレント物真似というお題で、向井君が出題したんですが
最初誰も分からずぽかーんとしていたんですね。なんですが菅さんが何かに気付いて
早押しボタンを押して、「平泉成」と。
なんとそれが正解。
それで尾形君も気付いたらしく、「俺ら3人とも『若者のすべて』ってドラマが大好きなんだけど、
平泉成が電話する、ものっすごい感動するシーン」と説明していました。
いやもう、それがもうね!もうね!
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、ってなったんですよ!
だって『若者のすべて』といえば、パンサー結成当初の話としては絶対に欠かすことの
出来ないエピソードじゃないですか。
知らない方のために一応説明。分かってるよ、という方はこの先数行飛ばして下さい。
パンサーを結成したものの、尾形君と菅さんはそれなりに話した事はあったものの
向井君と2人とはほとんど喋った事もなく、NSCに入った時期も年齢も全く違う、と
いうこともあって、まずとにかく仲良くなることから始めないと、ということで毎日
集まっては各自の好きなものとか色々話をしていたと。
そしてそんな中で、尾形君と菅さんが2人とも『若者のすべて』というドラマが
好きな事が判明し、2人で大盛り上がり。しかし向井君は見たことがなくて
ぽかんとしていたら、ヒートアップした2人に、「『若者のすべて』を見たことがない奴と
なんてやってられない。パンサー解散だ」と言われてしまった、と。
で向井君は慌てて翌日全話レンタルして見て、次に会う時までに話せるように
してきたのでした、という話。
その時のことが書かれた向井君のブログ
いやまあ実際のところ、別に見なくたって解散はなかったとは思いますし、
向井君もどこまで本気にしたかはなー、というところはあると思うのですね
(ただ性格とかほとんど知らない相手だから、多少は本気で心配したかもとは思いますが)。
とはいえ、こういう時に見てなかったんだからしょうがないじゃん、とか、別に見なくても
解散とかしないよね、と言って流すのではなく、ちゃんと見て話を合わせようという
その姿勢がね、2人にも伝わったんじゃないかと思うんですね。
だって連ドラ全部見るってかなり大変ですもん。少なく見積もっても10時間くらいは
必要でしょうし。
そういう、一つ一つの事をいい加減にしないでちゃんと誠意を持って向き合ってきた
結果が今のパンサーを作り上げているのでしょうし、各自の糧にもなっているんだろうなとか
思うとですね、なんかすごい感動するといいますか、実際このシーン見てちょっと
泣きそうになりましたもん。
私はパンサーのファンになってまだほんと数ヵ月とかそこらですけども、もし
それこそ結成当初からファンで、今回このシーンを見ていたら多分号泣ですよ、
夜中に。
だって向井君のブログ見ていただければ分かりますけども、その話2008年ですよ。
その頃の出来事がちゃんと3人の共通項として今もちゃんと持ち続けていて、
こういう時に出せる、っていうのがね。もう泣けるじゃないですか。
また向井君が出題して菅さんが答えて尾形君が解説するっていうね。
その3人のコンビネーション。
しかも解説が尾形君ですよ。その事実になんかもう、うわーとなります。
あーこのシーンめっちゃくちゃ感動だったわ。もっかい見たい。
いやもうほんと早く録画機器買わないとなとか。
先立つものがなくて苦しいんですけどね。もらったはずのボーナスはどこに消えたんだろう。

category: 333

tb: 0   cm: 2

暫定的パンサースケジュール  

昨日は尾形君がテレビに出ていたとか。中居くんの5番勝負。
私は出先だったので見れなかったのですが、サッカー(フットサル?)で
尾形君がゴール決めたとか。うわー見たかったー!
カッコ良かったんだろうなあ。


でもってスケジュール2月分までです。
これがないと不便なのよ(私が)。
しかしこうやって書き出すと、こんなスケジュール組まなくても、と思う部分が
随所に見られますね。
大阪のやりすぎフェスタの合間にルミネとか、仙台と同じ日に平塚とか。
いやまあ仕事があるのはありがたいんでしょうけども。
これに無限大のスケジュールが入ったらどうなるんだろうという気分です。
あ、毎度書いていますが、漏れとか変更等あると思うので参考程度に。
間違いがありましたらこっそり教えていただけるとありがたいです。


■26日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ
コントバトルG1 19:00 新宿ルミネ

■28日
もう一度見たいシャッフルトーク パンサー×マヂカルラブリー 12:00 渋谷無限大ホール
AGEAGE LIVE 17:00 渋谷無限大ホール
AGEAGEチャレンジ 19:30 渋谷公園通りシアターD
「∞男子寮~AGE AGE荘~」発売記念イベント 21:45 渋谷無限大ホール

■29日
シチサンLIVE 19:30 渋谷無限大ホール

■30日
AGEAGE SP 17:00 渋谷無限大ホール

■31日
シチサンLIVE 19:30 渋谷無限大ホール
COUNTDOWN10→11 22:00 神保町花月
2011年初笑い ネタだいたい30連発!! 25:30 新宿ルミネ


<1月>

■1日
新春! ネタ&コーナーライブ 14:00 渋谷無限大ホール
新春初笑い!紅白カラオケ歌合戦~2011 18:00 渋谷無限大ホール

■2日
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■3日
正月ボケを吹っ飛ばせ!お年玉争奪紅白ゲームバトル 19:30 渋谷無限大ホール

■4日
ショータイム~コントでダンスします 13:00 品川プリンス ステラボール (尾形)
「さよなら、絶景雑技団~追加公演~」 19:00 品川プリンス ステラボール (向井)

■5日
アームストロング栗山が聞く~お正月SP~ 16:00 品川プリンス ステラボール
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■6日
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■7日
トリオ・トリオ・トリオSP 19:30 渋谷無限大ホール

■9日
僕らの休み時間 19:00 神保町花月 (向井)

■11日
おおぎりくん 19:00 神保町花月 (菅)

■13日
トリオ組合SP 21:15 神保町花月 (菅)

■15日
よしもと次世代芸人 全国制覇ツアー 13:00 堺市民会館大ホール

■16日
パンサー尾形軍曹の「うごけっ!」 18:30 浅草 雷5656会館

■17日
新ニホンコントLIVE!~トリオカーニバル~ 19:00 新宿ルミネ

■18日
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■20日
京橋ナイト・ステージ 東京芸人 大阪無茶修行~パンサーの章~ 19:30 京橋花月

■21日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■22日
週末よしもと『極笑7』 13:00、16:00 サッポロファクトリーホール (尾形・菅)

■23日
週末よしもと よしもと次世代芸人 全国制覇ツアーin音更 12:00 音更町文化センター(北海道)

■25日
ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 19:30 阿佐ヶ谷ロフトA

■30日
浅草花月レギュラー公演 11:30、13:00 浅草 雷5656会館
バッファロー吾郎と椿鬼奴の超激アツ無限大ライブ2 17:00 渋谷無限大ホール


<2月>

■2日
やりすぎフェスタin京橋花月2011~劇場版芸人都市伝説~ 19:00 京橋花月

■3日
やりすぎフェスタin京橋花月2011~劇場版芸人都市伝説~ 19:00 京橋花月

■4日
若手theよしもと 19:00 新宿ルミネ

■5日
やりすぎフェスタin京橋花月2011~劇場版芸人都市伝説~ 19:00 京橋花月

■6日
やりすぎフェスタin京橋花月2011~劇場版芸人都市伝説~ 19:00 京橋花月

■7日
ルミネ1回目 12:00 新宿ルミネ
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■10日
お笑い男子校 公開撮影会 19:00 品川プリンスシアター

■11日
金シャチLIVE 14:30 SUNSHINE STUDIO(愛知県)
サンシャインtheよしもと プラス 17:00 SUNSHINE STUDIO(愛知県)

■13日
バレンタインデー企画 男力ライブ 16:00 浅草 雷5656会館
犬の心押見の下半身~床上50㎝ライブ~ 18:30 浅草 雷5656会館

■14日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■15日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■18日
~芸人芝居・黄金ノ郷 立ち飲みシアター~ 20:00 品川プリンスシアター

■20日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ
上半身裸祭り 16:00 浅草 雷5656会館

■23日
よしもと魂inイムズ 18:30 イムズホール(福岡県)

■25日
ぐんま5 Vol.2 19:00 高崎市総合福祉センター(群馬県)

■26日
よしもと東北ロード 仙台パンサーvol.2 13:00 仙台市シルバーセンター(宮城県)
よしもと次世代芸人全国制覇ツアー! 18:30 平塚市民センターホール(神奈川県)

■27日
コントバトルG1 19:00 新宿ルミネ


category: パンサー

tb: 0   cm: 2

妄想バラエティ番外編 ~無理ですこれで尾形さんを殴れません!~  

先日のトリオトリオトリオで、小道具を使って一発ギャグのコーナーにて
パンサー向井君がバットを持って、「無理です、これで尾形さんを殴れません!」
と叫んだ、というネタがありまして、でウイニングギャグ(笑)でもう一度同じのを
やれと言われた時に、「菅さん無理です、これで尾形さんを殴れません!」と
叫んでおりまして、一体パンサーに何が!? (笑)、と思ったのが今回のネタの発端です。
妄想バラエティは、普段はこのテレビ番組に出たらこんな感じかなーというのを妄想して
書く、というものなのですが、今回は番外編ということで。
実際の出来事ではなく、こんな感じのコントやらないかな、という体です。
とはいえど素人の書くネタなので笑えなくてもそこは大目に見ていただけると。
そういや中学までの夢は芸人になる事だったんだよなあ私。
芸人になるには才能が必要で自分にはその才能がないという事に、中学の時に
唐突に気付きまして、それで諦めたんですけどね。
実際今テレビや舞台を見ていて、私の選択は間違っていなかったなあと思います。
あの中で闘うとか絶対に無理だもの。埋もれて終わるのがオチだなと。


あくまで妄想の産物なので、苦手な方はブラウザパックしていただけるとありがたいです。


舞台にて。センターにパンサー向井&菅。端に尾形が立っている

<その1>
バットを持った向井が菅に何やら訴えている。

向井「菅さん無理です。これで尾形さんを殴れません!」
菅  「向井。やれ」
向井「いや無理ですって。大体何で尾形さんを殴らなきゃいけないんですか」
菅  「忘れたのか向井。尾形さんはな、実家から俺らにって送ってきてくれた
    萩の月を全部食っちまったんだぞ!」
向井「そんな理由!? それだけ!?」
菅  「食べ物の恨みは怖いんだぞ、向井。覚えとけ」
向井「いや菅さん甘いもの嫌いだからそもそも食わないでしょ!萩の月」


<その2>
バットを持った向井が菅に何やら訴えている。

向井「菅さん無理です。これで尾形さんを殴れません!」
菅  「向井。やれ」
向井「いや無理ですって。大体何で尾形さんを殴らなきゃいけないんですか」
菅  「あいつポカリばっか飲みやがって。たまにはダカラも飲めよ!」
向井「何その理由ー!」


<その3>
バットを持った向井に菅が何やら訴えている。

菅  「向井落ち着け」
向井「止めないで下さい菅さん。俺どうしても尾形さんをこれで一発殴らないと
    気が済まないんです!」
菅  「考え直せ向井。そもそも何で尾形さんを殴らなきゃいけねーんだよ」
向井「何でって。菅さんは腹立たないんですか?」
菅  「腹立つって何が?」
向井「だって尾形さんっていっつも遅刻してくるしネタは覚えないしネタ合わせの時も
    サッカーの雑誌見てるしバカの一つ覚えみたいにサンキューしか言わないし
    すぐ泣きそうな顔になるし後輩にも全然奢ってくれないし(以下、20行くらい略)」
菅  「……向井。ちょっと待て」
向井「待てませんよ、いくら菅さんの命令だからって」
菅  「いいから待て!」

声を荒げる菅に驚いて止まる向井。
菅は携帯電話を取り出し、何やら話をして切る。

向井「どこにかけたんですか?」
菅  「今知り合いの殺し屋に尾形さん殺害頼んどいた」
向井「その顔で言うとシャレになんないから!」



……やっぱり難しいなあー。芸人さんって本当にすごいよね、と改めて。

category: 妄想バラエティ

tb: 0   cm: 4

トリオトリオトリオ軽く感想  

昨日は、『トリオ・トリオ・トリオ』を観に行ってきました。楽しかったー!
ちょっとここのところ色々ありまして自分のモチベーションが低い状態で行ったので
今回は自分的にはちょっと盛り上がりに欠けたなあ、というのが当初(つか昨日)の
感想だったんですけども、なんかじわじわとくるものがありますね今更ながら。
今朝とか、パンサー菅さんの「お前は俺が怖くないのか?」とか思い出して
駅で笑いそうになったりとか。
そういえば菅さんですが、犬のぬいぐるみを持ったままずーっと待っているから
その感じというか違和感ぶりが個人的にめちゃめちゃツボでした。

暗転中はパンサー尾形君がジャングルポケット太田に色々やられているし(笑)。
あれ配信だと多分真っ暗になっているんですよねきっと。
会場ではうっすらと見ることが出来まして、とはいえ、はっきりとは見えなかったですが
最初の暗転では太田が尾形君を上から押さえ込んでいるのは分かりました。
さすが太田。柔道部出身(そこ褒めるとこか?・笑)。
2度目の暗転ではまた尾形君に行くのかと思いきや、今度はジューシーズ児玉さんに
標的を移した太田がだまさんを追いかけたんですけども、尾形君がだまさんを押さえたら
太田がまた尾形君に攻撃した、と。
暗転中うっすら見えるそのくだりに大笑いしましたよ。

今回も配信があるということでレポは特にいいか、と、のんびり見たいところを見てきました。
なのでレポではなくちょっとした感想。

やっぱりあの9人が揃うといいなあと思いますね。仲の良さが感じられるといいますか。
まあさすがに皆同じように仲がいい、ということはないと思いますが(というか無理)、
でもきっと嫌いとか仲が悪いということはないんだろうなと。誰と誰の組み合わせでも。
そういう部分があのライブの多幸感を生み出しているんだろうなと思います。
ただどうしても、 ”仲良しグループ” になってしまいがちな部分も見受けられるので
例えば今後もし∞ホールを出て他の、もっと大きなキャパでやれるとなった時に
どう内輪感を排除していくか、というのは今後の課題になるんだろうなとか。
個人的にはあの内輪感も好きなんですけども、毎月やることを考えると(やりますよねきっと)、
自分らを好きであること前提のライブは回を追うごとに飽きられそうというか
尻すぼみになりそうでちょっと心配だったりします。

ただやっぱりあの9人がすごいなーと思うのは、各自の立ち位置をきちんと瞬時に把握して
動けるということなんですよね。皆が。
最初の、9人連続一発ギャグ(タイトルうろ覚え)とか、最初にジャングルポケット武山が
失敗しましたけれども、それが前フリとなって、再チャレンジでは最後に武山を残して
最後で失敗、みたいな流れが自然と(だと思うのだけど)出来ていて、またそれが
見事だなあと。
私が見る限りでは最初の3、4人が成功した辺りで、これはこういう流れになるな、みたいなのが
演者の中にも流れたんじゃないのかなと。その辺りからプレッシャーが顔に表れてきたような
気もしますし(まあ単に後半に行くに従ってプレッシャーはかかりますけども)。
パンサー向井君とか、これ大丈夫かなあみたいな顔を結構はっきりしていましたし。
そんな中で淡々とネタを披露する菅さん。
まあ、顔に出辛いところはありますけどね。

8人全員ジェスチャーゲームは、これほんとよく分かったなあと思う箇所が幾つも。
多分、あの9人だから分かったんだろうなと思いますよ。伝わるものがあるんでしょうね。
全く関わりのない人に同じものを見せても、多分半分も伝わらないだろうなと。
万里の長城とか見事だったなあ。レインボーブリッジとかそっちに行くかと思ったら
一発で出ましたからね。
AKBを答えさせるところでは、ジューシーズ赤羽健ちゃんに白羽の矢が立っていましたけども
このお題ならこの人、みたいなのが分かっているのも強みだよなー。
また健ちゃんのダンスが見事でしたし。

最後のアンケートのやつは、もうほんと太田すげえわ、というね(笑)。
毎回毎回言っていますけども、ほんっと太田凄い。
昨日の帰り道でなんか自分の中でものすごい盛り上がりまして、
『太田の凄さについて1万文字くらい書きたい』
とツイッターで呟きましたら、読みたいですと言われたのでそのうち書こうかなーと。
しかし自分で言っておいてなんですが1万文字て。
ちなみに以前書きました、太田27歳おめでとう更新の太田の部分のみの記事で
3000文字ちょいです。あれの3倍強か(笑)。
ただやっぱり太田のMCを見ているとまた、向井君のMCがいかに安定しているかと
いうのも分かるなーと思います。向井君に対しては正直見過ぎてなんかそれが普通
みたいな感じになってしまっているのですが、他の人のを見ると、あ、普通じゃないんだ
とか思いますね。あんまり噛まないですし漢字の読みでつっかえたりもしないですし。

来月もほんと楽しみです。しかし平日で夜7時30分から、って間に合わないんだよなあ。
いっそ有給を取るかどうしようか迷い中です。
ただ完全に間に合わないわけではなくて、渋谷駅に着くのが7時半っていうね。
とはいえ今後もこの時間になるのなら行くのがきつくなるなーというのが本音。
シチサンが終わることで個人的に一番危惧していたのがライブ時間が早まる事
だったんですが、案の定こうなっちゃったかー、という気分です。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

ただの雑談  

先日のライスのシチサンにて、関口が出ていたドラマ(『Q10』)の収録時の話が
出ていたのですが、ライブなどある時はそちらに行かねばならないということで
以下、その時の会話。

「この後何のお仕事なんですか?」
「ああ、はい、『上半身裸祭り』っていう」
「何それー。ハハハハハハハハハ」

めちゃめちゃウケたとか。
そういえば自分らは普通に言っているけれど、ライブのタイトルって結構変なものが
多かったりするよね、と。
まあ確かになー。何それ、っていうタイトルあったりしますし。
つかあの時は収録なかったんだろうか。
以下妄想。

「この後何のお仕事なんですか?」
「ああ、はい、『ライス関町ラブの会』っていう」

この時収録なかったのかなー。めっちゃ見たかったわこの光景(笑)。


では、トリオトリオトリオ行ってきます!
今日は配信あるそうなのでのんびりと見たいところ見てきますよー楽しみー

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

∞男子寮~AGEAGE荘~ 軽く感想とかとか  

結構買ってから時間経っていますが、書く機会がなかったので今頃。

写真メインで、ちょこっと対談、という感じでしたね。個人的にはもう少し文章が
多い方が読み応えがあるなーとか思ったんですけど、でも写真も色々あって
見ているだけでも面白かったです。
そういや、以前パンサーのシチサンで向井君が言っていましたけども
ピースの写真を撮った時に綾部さんが前、又吉さんが後ろ(しかも壁に隠れて
半分しか顔が写っていない)だった、とかいう話。それ聞いた時は
一体なんの仕事だよ、と思ったんですけども、これだったのかー!と。
いや、コンビで一人が前、一人が半分ってどんな仕事かと疑問だったので
思わぬところで氷解しましたよ。
ということは、もしかしたらその時菅さんの言っていた「後ろの方にいたら
いつの間にか撮影が始まっていた」仕事もこれだったのかなーとか。
ただでも載っていた写真を見た限りでは分かりませんでしたが。

これ、どのくらい芸人さんのアイディアとか活かされているのか分からないので
なんとも言えないんですけども、なんかずいぶん作り手の意思が反映されている
作りだなあ、と。キャラ設定とか。
いやさすがにそれはやりすぎでは……、というのがところどころ見受けられたので。
でも菅さんの「ちはやふる」はガチなんだろうな多分(笑)。
ただなんだろう。向井君をホモ設定にしたいんでしょうかこの本は。
尾形君に後ろから抱き締められる写真を見た時は『はぁぁぁぁ!?』と思いましたよ(笑)。
平成ノブシコブシ吉村さんとのツーショットではやたら色っぽい表情していますし
この本のコンセプトって一体……、とかちょっと思いました(笑)。
あとなんかやたら尾形君が可哀想じゃないですか、あの本。
せめてテーブルはもう一回り大きいものを用意しようよ!と(笑)。
完全にはみ出ていて、これ毎食こうなら結構きついよなーとか。
いや別にただの撮影だからいいっちゃいいんですけども、こういうところに手を抜くと
リアリティが出なくなるのになーとかね。

最後に皆の日誌がありましたけども、パンサー以外は初めて字を見るので
なかなか新鮮でした。
一番それっぽいというか(私の)イメージに近い字を書いていたのが
LLR伊藤ちゃん。字を見た瞬間『伊藤ちゃんっぽい』と思ったので。
逆に一番意外だったのがLLR福田。なんというかもっと自信ありげな字を
書くんじゃないかと勝手に思っていたので、ああこういう字なのかーと。
別に筆跡鑑定や性格判断が出来るわけでは全くないのですが、字って
その人の性格が結構表れるんじゃないかと思っているので、意外ということは
まだ福田のことを全然分かっていないということだよなーとか思ったり。
ああそういえばカナリア安達さんもそれっぽい字だなーと思いました。
尾形君も、ああおがちんだなーっていう字を書きますよね、って私が思うだけですけども。

実際こんな寮があったら楽しいんでしょうけど、でも確実に寝不足になりそうだなとか。
私は一人の時間がないとダメなタイプなので(一緒に旅行に行っても部屋はシングルを
取る人間です)、3日と持たないだろうなあ、と思いつつ、でもちょっと楽しそうだなとも
思ったり。
まあでも見ているだけの方がいいな(笑)。
どのみち男子寮だから入れないんですけども。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

神保町花月スケッチコメディー レポ  

以前、向井君がツイッターで呟いていた恋愛シミュレーションゲームですが、
詳細が出ていたのでお知らせ
よしもとニュースセンター
あとついでに、次号のお笑い男子校でもこんな企画があるそうです。
うん、まあお笑い男子校はいいんですよ。そういうコンセプトの雑誌だから。
でも吉本側がやっちゃうのはどうなんだろうなあ、と。
個人的にはあんまり、芸人さんのアイドル化はどうなんだろうなあ、と。
とか書くとアダチャイルズはどうなんだ、と言われそうですが、あれはいいの茶番だから(笑)。
いやアイドル化、といいますか、あんまり外見を求められるのは辛いなーと。
面白いのに顔がいまいちだから評価されない、ということになったらそれは本当に
大いなる損失だと思うので。
だってもしそんなことになったら、南○キャ○ディ○ズ山○さん(微妙な伏せ字)は
どうするんだっちゅーねーん!とね。
あの方のすごさは皆認めるところだと思うんですけども、それが外見のせいで
評価されなかったとしたら本当に勿体ないしお笑い界の損失だと思いますよ実際。

もう今は当たり前みたいになってしまった、声優さんのアイドル化も個人的には
ちょっと、といいますか、顔がちょっと……、だと声がものすごく良くても声優になれないと
いうのは問題だと思うんですけどね。
あとタレントが声優に挑戦!みたいなのもね。上手かったらいいんですが。
とはいえ某アニメのように、主要登場人物全員棒読みというものすごさに
思わず他に向いていた意識をテレビに向けてしまい、そしたら内容自体は結構
面白くてそれ以来見るようになった、みたいなこともあったりはするんですけども(笑)。



さて本日は、スケッチコメディーのレポです。
>芸人チーム、役者チームに分かれ、出された設定、主役、オチを守り
>即興でコント三本勝負をする企画
だそうです。神保町花月のブログから勝手に引用。
そして出演者はチケットよしもとのページから勝手にコピペ
(成人男性チーム)ジューシーズ児玉 / マキシマムパーパーサム長澤 /
パンサー向井 / かたつむり林 / インポッシブル蛭川 / 若月 徹 /
(役者役者チーム)コッセこういち / 宮下雄也 / 枝村明子 / ジャングルポケット斉藤 / 伊藤修子
(ごめんなさい役者チームもう一人いたような……)
そして役者チームにしれっと入っているジャンポケ斉藤。
皆にお前役者じゃねーだろと突っ込まれた斉藤、
「いや僕は劇団そとばこまち所属ですから」
そ と ば こ ま ち て!(笑)
ちなみにそとばこまちですが、実在する劇団です。以前は辰巳琢郎さんとか
生瀬勝久さんが所属していました。
つかまた渋いところもってくるなー斉藤。さすが詳しいな劇団関係。

設定は20個あり、そこからお客さんが選ぶ形。
4分ネタ、8分ネタ、15分ネタを、天の声(あれ誰だったんでしょう?聞き覚えのある声な
気がしたんですが)が(多分)チケットの半券をくじ引きしてその席のお客さんに
選んでもらう、という。
でもって選ばれたお題。

(成人男性チーム)
4分:週刊誌にスクープされてしまった俳優の話 主役…俳優 オチ…何で今撮らないんだよ
8分:サンタクロース専門学校 主役…生徒 オチ…これは俺からのプレゼントだよ
15分:大人の恋愛 主役…男 オチ…振られて良かった

(役者役者チーム)
4分:水嶋ヒロの話 主役…水嶋ヒロ オチ…なんでそれが出来ないんだよ
8分:稽古物ばかりの芸人の話 主役…芸人 オチ…稽古じゃなくて慶子に会いたい
15分:歌舞伎役者の病室 主役…歌舞伎役者 オチ…死ぬかと思ったわ

で、選ばれたお題で即話を作って演じる、と。
これ相当難しいですよね。とはいえどちらのチームもきっちり作ってきたのがさすが。
ちなみに流れは成人男性、役者役者の順で、まずはそれぞれ8分、そして4分、最後に
15分ネタをやりました。

まずは成人男性チームの8分ネタ。向井君が新入生で児玉さんと徹君が
元からいた生徒、だったかな。林さんが先生、長澤さんが伝説のサンタ、
そして蛭川さんがゴリラ……じゃなくてトナカイ(笑)。
最初ということもあり、どこか探り探りな感じでした。
役者役者チームの8分ネタは演出家が斉藤、他メンバーが芸人。新喜劇の練習と
いうことで、セリフもなくこける役しかやったことがないとか(笑)、本当は芸人じゃなくて
公認会計士になりたいとか(笑)、なんか色々出てきたんですけども、勝者は
成人男性チームでした。
斉藤がほんとに演出家っぽかった(笑)。

次は成人男性の4分ネタ。俳優が長澤さん、相手の女優が向井君(金髪のカツラ
被ってニットワンピース(だったかな?)着ていました。何気にかわいかったです)。
デートしていたら次々に写真を撮られて……という流れ。
カメラマンの1人が児玉さんだったんですけども、なぜか向井君のくるぶしを撮って
去って行くだまさん(笑)。
しかし、長澤さんが帽子を取ってハゲ頭を見せたのに、誰も写真を撮らず。
長澤さんの頭は特にスクープではなかったようです。
役者役者の4分ネタは水嶋ヒロの話。水嶋ヒロを妬んで殺そうとする人達が
来るんですけども、女性の持っている凶器(?)がスコップだった、という(笑)。
スコップをナイフのように構える女性。
これねー、説明だけだとピンと来ないと思うんですけども、すっごい面白かったんですよ。
ということで役者チームの勝利。

最後は15分ネタ。成人男性チームは4分ネタの設定をそのまま持って来て、
俳優と女優の別れ話。
別れ話を切り出された俳優が、あの頃を思い出してみろよ、といって始まる回想シーン、
俳優が林さん。「あの頃はあなたの髪もふさふさだったのよね」と向井君。
そして女優(繰り返しますが向井君ですよ!)役がなんと蛭川さん。
出会いのシーンで「女優を目指してるの」と言った彼女に対し、「相当直さないと
無理じゃないかな」とか言う俳優。
いやまあ、うん、ね(笑)。
ちなみに神保町ブログに写真が載っていました (2枚目)
一体幾ら積んだら向井君になるんだろうとか失礼な感想を抱きましたすみません。
役者役者チームは歌舞伎役者設定なんですが、まあ当然というかなんというか
エビゾウ&マオ。
このマオちゃんがまたひどくて(笑)、ものっすごい悪意を感じる演技で
実に素晴らしかったです(笑)。いや私マオちゃん好きなんだけどさ。
で、そのエビゾウのところにお見舞いに来る有名人の方々、という設定。
斉藤「こんにちは。マツ○ュンです!」
言い切ったよこの人ー!(笑)。
そして勝ったのは成人男性チームでした。

本当に短い時間で即興で作っていたようなんですが、ちゃんと見せてくれる作品を
どちらも持って来たなーという印象でした。
成人男性(つまり芸人)チームはもちろんなんですけども、役者チームもところどころに
笑いを入れてきた辺りがまたすごいなと。
即興でもここまで出来るんだなあ。
かなり面白かったので、行ける人は次回とかぜひぜひ。
ちょっとやっぱり見ないと説明出来ない部分とかありますし。

あと全然関係ないけど、だまさんの靴下がなんかかわいかったです。



category: お笑い

tb: 0   cm: 2

ラン!ラララン!…南へ 主にゲスト部分レポ  

昨日は、アイドル歌合戦を観に行ってきました。
配信される事を事前に聞いていたので、じゃあ特にレポはいいかーと
のんびり楽しく見てきましたよ。
アダチャイルズ以外は初めて生で見たんですが、どれも楽しかったです。
それにしてもアダチャイルズですが、まさか(特にアダチャイルズを観に来たわけでもない
お客さんの前で、しかも配信もあるのに)あれだけ茶番を繰り広げるとは思いませんでしたよー。
いやー素晴らしいわ(笑)。
ただ、キスシーンだけは近くに座っていたお客さんが本気で引いていたことだけは
書き記しておこうと思います。
全員でやることになったらどうしようかと思いましたよ。
もしあの場にパンサー向井君がいなかったら恐ろしい惨劇が繰り広げられていただろうな(笑)。
見ホーダイで見られるようになったら改めてちょこっと感想書くかもしれないです。

そういやアダチャイルズですが、もう裸でいくんだろうな結局。
衣装募集していたのはなんだったんだー!と。
私も送ったのになあ。ジャングルポケット太田に。Tシャツ。そんな大したものでもないけど。
もしもうアダチャイルズで着ないのであれば、適当になんかインナーででも着てくれよ、と
いう気分です。放置されるくらいなら。
前回のアダチャイルズのレポでも書いたけれど、方針変えるならアナウンスして
欲しいんですけどね。


でもって土曜日は神保町に行ってきました。トリオ公演とスケッチコメディ。
今回はトリオ公演の方の感想をちょこっと。

面白かったです!なんかもう色々と弾けていて。
よしもと絡みの芝居は先日観たBENKEIに続いて2回目でして、BENKEIが割と
笑いもありつつ全体的には真面目な感じだったので、そういうものなのかなーと
思っていましたら全体的に弾けまくっていました(笑)。
もうね、何が素晴らしいってジャングルポケット斉藤のレディー・ガガ!
詳細は省きますが、レディー・ガガの暗殺計画がありまして、コンサートの最中に
爆弾が爆発するという計画なんですけども、そのためにレディー・ガガが
出てきたんですよ。いやあの斉藤が(笑)。
これがまーあ素晴らしかった!実に素晴らしかった!
あれで終わりにするのは勿体ないなー。コントのキャラとかで出して欲しい。
そういや太田が上半身裸になっていまして、見ながら『明日も(アダチャイルズで)
太田の裸見るんだよなあ多分』とか思っていたら案の定でした(笑)。

で、正直な事を言ってしまえばゲストのパンサー目当てで観に行ったので、
最初こそいつ出てくるんだろうと思っていたんですが、芝居自体が本当に面白くて
引き込まれて見ていたら突然パンサー登場!
待ち望んでいたはずなのに、『あ、そうだった』と思う始末(笑)。
いやそれだけお芝居自体が面白かったんですよ。
ポテト少年団中谷さんが主人公で、借金の肩代わりということでコンサート会場に
走って爆弾を持って行くという役だったんですが、その途中でパンサー3人が走って
合流するんですね。で何で走っていたかといえば万引きしたから。
そしてパンサーと中ちゃんは万引き犯として店の人に捕まるのでした、という流れ。

万引きした物はパンサー各自が用意するらしく、まずは尾形君から。
リュックから出てきたものは(多少履き古した)靴。しかも片方のみ。
そんなものが何足も何足も出てきて、店長(ポテト少年団菊地さん)も
「うちの店でこんなの扱ってないよ」と多少困惑気味。
そして最初は仲間と言っていた向井君が突如立ち上がり、「こいつ仲間じゃないよ!」
尾形君を見捨てる向井君でした(笑)。

次に向井君。カバンから取り出したのはなんと黄色いメガホン。
ポテ少のネタで菊地さんが使っているあれです。
なんでも向井君達は芸人をやっているということで、「憧れの人のメガホンなんで
これを使ってもっとツッコミが上手くなれたらって」とか言う向井君に
ちょっと嬉しそうな菊地さん(笑)。
ちなみにハンズで504円で買えるそうです(笑)。

最後は菅さん。AKBのポスターが欲しくて、とかなんとか言いつつ丸めたポスターを
差し出して、菊地さんも困るんだよね、よく取られるんだよね、とか言いながら
ポスターを開いたら、なんと
シルク姐さんのカレンダーポスター (ちゃんと2種類ともありました)
いやまさかこうくるとは。菅さんさすがっす。

そして芸人ということで普段どんなネタをやっているのかと訊かれ、向井君が
両手を胸の前で交差させて「ハッ!」とかやってます、と(ジャンポケのあれね)。
で、なにか相方に不満とかはないの、と訊かれ速攻で立ち上がる向井君(笑)。
当然というかなんというか矛先はもちろん尾形君。
先日のシチサンでも話していた、Suicaを胸ポケットに入れたまま改札を通ろうと
した話をしていました。
次は菅さん。てっきり尾形君弄りが続くのかと思いきや、矛先は向井君に。
これの前の日の花金寄席で前歯が抜けた事を話していました(前々回の記事参照)。
菊地さんも「噂で聞いたことがある」と(笑・ポテ少も花金寄席に出ていました)。
で尾形君が続けて、俺らボケているのにみんな向井の口ばかり見るから
そっちばかりウケてボケで笑ってもらえない、みたいなことを言いましたら向井君が
歯が抜けるのは力が入っている時で、力が入る時というのはあまりウケていない時
だから、結果的に歯が抜けるのはウケていない時、と反論したんですね。
そうしたら尾形君が、「言われてみればそうだなー」
おいおい納得しちゃったよ(笑)。
そして尾形君が続けて攻撃をしかけようとして、「ツッコミのタイミングもな、」と言いかけたら
菅さんに「はぁ?(キレ気味で)」と即座に言われてシュンとなったのが、なんともいつもの
尾形君だなあと。

で、ツッコミに不満があるのなら、ということで向井君の代わりに中ちゃんを真ん中にして
ネタをやってみることに。
向井君ならスルーする尾形君のボケもちゃんと突っ込んであげる中ちゃん。
とはいえ結局元の3人がいいよ、ということで終了。

ゲストだし稽古の時間もないだろうしということで、もっと短い時間なのかと思っていたのですが
結構尺取ってくれていて楽しかったです。
私が見たのは4時の回だったんですが、7時の回はまた別のボケ(万引きの品)を
用意していたのかな。
お芝居自体も面白かったですし、何よりレディー・ガガが素晴らしすぎましたし(笑)
よっぽど7時の回も当日券で入ろうかどうしようか迷ったんですが、いい加減節約しないと
なので諦めました。でも行っておけば良かったかも。
他のゲストの回も見てみたかったです。ジューシーズとかものっすごい自由な感じに
なっていたんだろうなあ。

category: パンサー

tb: 0   cm: 4

『333(トリオさん)』第七回、第八回感想  

前回の感想を書く前に次の回が終わってしまったというね。
なので、変則的ですが前回と今回の2回分をまとめて感想書こうかと思います。
ちなみにうちの録画機器が壊れていまして、先週も今週も録画出来ていないので
一度見ただけの感想であることを先に明記しておきます。
あらすじも一応書いておきますが、思い違いとか見間違いとかあったらすみません。
間違いを見つけた場合はこっそり教えていただけるとありがたいです。


『333(トリオさん)』まずは第七回感想
-------------あらすじ--------------

ジャングルポケット武山の実家(もんじゃ屋)での「売れてま10」後編。
前編は第六回感想を参照してください。
最初こそ当たらなかったものの、だんだん ”シンプルなものが売れていないらしい”
ということに気付いて、それからは少しずつ当たるように。とはいえ何枚も何枚も
もんじゃを食べ続けさせられ満腹な6人。
そんな中、パンサー尾形君が「走ってきていい?」と。
走ってきてまた食べられるようになるなら、と尾形君を送り出し5人で再開。
すると連続で正解。とうとう残りがあと3つ、というところまで!
とはいえ時間は午前4時を回っていて、武山のお母さんにもずっと起きていてもらうのも
申し訳ないから、ということで、次に外れた時点でロケ終了、という宣告が。
外せば終わり、というギリギリの中正解するメンバー。
しかし、最後あと1つ、というところで尾形君に順番が回ってきて、そして選択するも
10何位とかものっすごく微妙な順位を叩き出し、あっけなくロケは終了となったのでした。

--------------------------------

これ、一生懸命やっているメンバーの皆さんには非常に申し訳ない感想なんですが、
リアルタイムで見ていて、「次に外れた時点で終了」と言われた時、『これあと1個ってとこで
終わったら面白いのになー』と思いましたすみません。
ただ、どう終わるかと考えた時、もちろん一番いいのは全部当てて綺麗に終わるのが
一番なんでしょうけども、出来過ぎな感も否めない訳で、そう考えると中途半端に
2、3個残ってなんだあ、という感じで終わるくらいなら最後1個残しで、なんで1個だけ
残して終わるんだよ!みたいな感じの方がいいんじゃないのかなあ、とね。
そしてまたスタッフの引きの良さといいますかね、別にやらせとかではなくて
ガチでやっているのになぜか面白い方向に向かってしまうみたいな感じがまた見れて
個人的には嬉しかったです。何ていうか、真剣にやっていると時にものすごい奇跡が起きたり
するんですよ。ロンハーの特番とかで時たま見れたりするんですけども。
なので何かもう、さすがロンハースタッフ、とか思ってしまったんでした。

パンサー菅さんがキムチ入り(でしたっけ?)のもんじゃを食べた時、「辛くて目が覚める」
と言って、そっちかよ!となったりとか(でも確かにその時点で午前2時とか3時とか
だったので眠かったとは思います)、最初こそ武山のお母さんであるとかお店に
気を遣っていたメンバーが、だんだん面倒になってきたのか色々ぞんざいになっていく
くだりとか、なんともリアルで面白かったです。
これ続けて見たかったなあ。皆の言葉遣いとかだんだんひどくなっていくんですよ(笑)。
そういう流れとかぐだぐだになっていく様とか続けてみたら分かりやすかったんだろうな。
録画している方はぜひ。

それにしても、後半は見事にジャンポケの話題一切出ず。この番組怖いよー。
最初の方はちゃんと仕事も用意していてくれたし、もう少し話題にも出してくれたのに。

そして、もんじゃ美味しそうだったなー。今度食べに行きたいです。


そして『333(トリオさん)』第八回感想
-------------あらすじ--------------

「2週とか聞いてないよ!」と怒るジャングルポケットの面々。てっきり1週で終わるかと
思いきや、次週に続く、と。
とはいえそれだけ盛り上がったんだから(取れ高が高かったんだから)、と言う
ジューシーズ松橋。
プロデューサーさんも、今後も盛り上がれば2週に渡る時もある、と説明。

そして今回も3組いる状態でフリップを渡されます。今回は誰が読むか
ちょっと話し合って、今回はジャンポケが読むことに。読むのは斉藤。
1枚目をめくるとなんと、『今回は3組全員に出てもらう』という内容が!
今回はクイズ大会ということで、人が多い方が盛り上がるだろうと
3組とも出ることに。大喜びのメンバー。
しかしクイズを作る暇もお金もないから自分らで問題は作ってね、そして
最下位のチームは新年1発目の『333(トリオさん)』に出られない、というお達しが。
とはいえジャンケンよりは自分らの力でどうにか出来る、ということで納得するメンバーでした。

そして1人ずつ問題を出していくことに。
テーマは番組側から出され、それに沿って問題を出し、1人正解ごとに10ポイント、
200ポイント獲得で勝ち抜け。
但し、全員外れた場合は番組的に盛り下がった問題を出したペナルティとして
マイナス30ポイント(だったかな)。
なので、いかに自分の相方だけが正解出来る問題を出せるかが肝。

問題の内容は、サイレント物まねで誰かを当てる、自分の趣味から出題、
「○○といえば誰?」、チャレンジ問題(1分間で泣く、けん玉一発成功)、など

そして点数的に接戦の中、勝負は次週に持ち越しとなったのでした。

--------------------------------


まず正直な感想を言わせてもらえば、まあ年末進行とか特番とかあるから今忙しい
もんね、と。
書き忘れていましたがクイズの場所はテレ朝。番組ご覧になったことのある方は
ご存じと思いますが最初に集められるスタジオですね。
そこに机と椅子を用意してクイズ、と。
まあつまり移動時間もかからないですし、収録時間も(多分)そこまでかからないだろうなと。
で、多分ですが新年1発目の『333(トリオさん)』って神保町花月で収録したやつだと
思うんですけども、そう考えると忙しくなる前にとっとと収録してしまおうみたいな
大人の事情があったのかなあ、とか。考えすぎかもしれないですけども。
ただ、今回のクイズにしても別に2週使う必要もなくね?、という気もしたので。
個人的には3組とも見られるので嬉しいんですけど、出ているメンバーに特に
思い入れもなく、なんとなく見ている人にとってはどうなんだろうとか考えてしまいました。

個人的に面白かった部分。
パンサー菅さんの出題が「○○といえば誰?」で、○○の部分に名字を入れて
下の名前を当てさせる、というものだったんですね。で菅さんが入れた名字が「中村」
で、その名字が出た瞬間皆分かったんですよ、『尾形さんに合わせてきているな』と。
ただ、それを相方の向井君はもちろんのこと、ジャンポケもジューシーズも分かっているのに
肝心の尾形君だけが全く分かっていなかった、という事実(笑)。
尾形君の出した答えは「トオル」。俺に合わせる気とかないだろうと思った、と言う尾形君に
対してキレる菅さん。字が違うだろ!と(トオルは「仲村」)。
なんというか、尾形君だけ分かっていないというのがなんともかんとも、尾形君っぽいなーと。
菅さんにしても向井君にしても、尾形君が想像している以上に尾形君を大事にしていると
思いますよ私。
ちなみに菅さんの出した正解は「中村憲剛(なかむらけんご)」。サッカー日本代表で
尾形君の大学時代の後輩。
ジャンポケは全員「俊輔」の方と予想し、ジューシーズ赤羽健ちゃん&児玉さんも
確かそう書いたと思うんですけども、向井君とジューシーズ松橋しゅうただけは
「けんご」と。
当てたのが、相方の向井君と、菅さんと(尾形君とも)仲のいいしゅうた、という辺りがね、
なんか個人的にツボだったんでした。

ジャンポケ斉藤のチャレンジで1分間で泣く、というのをやった時、文学座の研究所に
いた話になって、あースタッフさんそこまで知っているんだ、とちょっと嬉しくなったりとか
それは失敗したんですが次の出題者が尾形君で、これまた1分間で泣く、というチャレンジで
おいおい斉藤は前振りかよ、と。
尾形君は子供の頃飼っていた犬(タンタン)が亡くなった時のことを思い出して泣こうと
したようですが結局泣けませんでした。まあ1分で、というのは厳しいよなー。
この1分間で泣くというチャレンジですが、挑戦している人以外の8人が皆必死で
笑いを堪えているのが面白かったです。向井君とかものっすごい必死に笑い堪えてるし。
泣きそうになっている人と笑いを堪えている人の対比がね、なんとも面白かったです。

category: 333

tb: 0   cm: 2

花金寄席少しだけレポ  

昨日は花金寄席に行ってきました。
最初の説明によると、いつもは夜7時頃からネタライブというのは始まるけれど
それだと仕事の関係などで来られない人もいるから、だったら金曜の夜だし
明日休みの人も多いだろうから少し遅く始めようじゃないか、というコンセプトだ
そうです。
いやーほんとありがたい!すっごいありがたい!
7時だと新宿も渋谷も間に合わないので、こういう企画は本当に嬉しいです。
ただ、遅くに終わりすぎた関係で終電に間に合わなくて歩いて帰ることになりましたが(笑)。

レポ、と書きましたがパンサーはほぼネタだけでしたので、あまりレポするようなことも
なかったり。実は。
流れとしては、全部で15組出たのですが、最初に東京NSC14、15期生がネタをやりまして
(横澤夏子、ネルソンズ、ヒダリウマ)その後トーク、他は繋ぎということでピン芸人3人
(佐久間一行、畑中しんじろう、かたつむり林)によるトークというかなんというか、
他はネタのみ、という感じでした。
とはいえそのネタも、AGEAGEのように時間を気にしなくていいというのと
開始時間が遅いということで脱線する人が多かったです。
自由な雰囲気が漂っていて楽しかったなあー。

5組ずつネタをやって、パンサーは最後のブロックだったのですが、脱線する
人達を見ながら、『でもきっとパンサーはこういう場所でもきっちりネタをやるんだろうな』
と思っていました。芸人さんって基本型通りにやることを嫌うというか、隙あらば
脱線したいと思っている人が多いという印象なんですけども、パンサーはその点
道を外そうとする人がいないよなあ、と。
とりあえず向井君はツッコミなので置いておいて。ツッコミが暴走すると止める人が
いなくなってしまって収拾つかなくなってしまうので。ただ尾形君も菅さんも
そういう意味ではおとなしいよなーと。
個人的にはあんまり脱線されるとイライラするので(笑)、パンサーのそういう部分も
好きだったりするのですが、やっぱり良くも悪くも優等生だなーとは思います。
とか書くと批判しているように聞こえるかもしれませんが、この優等生部分が私は
好きなんだよー!

とはいえ、単純に脱線するとそれだけ時間が長くなるという意味でちょっと羨ましいなーと
思っていましたら、パンサーのところでハプニングが!
パンサーのネタは漫才でアイドルプロデュースのやつだったんですけども
久し振りにネタをやるということで(9日のルミネ以来?)尾形君が本調子ではなかった
ようで、しょっぱなから噛んだり色々あったんですね。で私は聞こえなかったんですが
多分今日は調子悪いみたいなことを尾形君が呟いて、それに向井君がかなり本気で
キレまして、「お前は毎日ダメなんだよ!」みたいなことを言って相当強く叩いたら
その弾みでか向井君の差し歯がぽろっと取れまして。
当然ながら客席大盛り上がりですよ。今回一番湧いたところかもしれないです(笑)。
で向井君は差し歯をはめようとしたんですが上手くいかなかったみたいで、
「もういいや」と差し歯を持ったまま漫才の続きに入りました(笑)。
とはいえやっぱり客席の注目は向井君の口元。
尾形君が隣から何度も覗き込むんですが、その感じがなんかめっちゃかわいかったです(笑)。
で、しばらく差し歯を持ったまま漫才を続けていた向井君でしたが、突如また
差し歯をはめまして。それがものの見事にカポッとはまりまして(笑)、なんかそれが
尾形君のツボに入ったらしく、「カポッと入ったな」とか何度も向井君を覗き込みながら
言う始末。
いやー面白かった。いいもの見せてもらいました(笑)。


何やかんやと大いに盛り上がったので、9時スタートで終了が11時近く。終電ギリギリ
だったので終わってから慌てて客席を出たら、横から人が出てきて「あ、すいません」と
言われたんですね。『あれ?この声……』とか思って見たら尾形君でした。
おおおおがちーん!!!!!
いやまさかさっきまで舞台にいた人が通路歩いているとか思わないから!から!
びっくりしすぎて声も出ませんでした。
つか尾形君に謝らせてごめん、という気分でしたよ。
そしてさらっと「すいません」と出る辺り、いい人だなあ、と。

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

暫定的パンサースケジュール  

向井君がブログで上げているからスケジュール出さなくてもいいか、と思っていたんですが
よくよく考えたら向井君ブログだと向井君の分しか分からないということに気付きました。
特に菅さんはちょこちょこピンで舞台立ったりしているので、やっぱりあった方が便利だな
(私が)、と思ったんで載せておきます。
毎度書いていますが、変更や見落とし等あると思われますので参考程度に見て下さい。
特に(チケットの発生しない)営業とかは探しきれないのが現状です。

あの中にだけいた時は気付かなかったんですが、こうやって他にもハマってみると
ものすごいよく分かるのが、ロザンファンの情報力ハンパないなーと。
地方のちょっとした営業でも必ず誰かが事前に情報落としてくれるので。
とりあえず相手が誰であってもあの情熱は持てないんだよなー私は。
基本、熱が低いんで。何に対しても。

ではスケジュールです。12月1月分。


■17日
花金寄席 21:00 渋谷公園通りシアターD

■18日
ラン!ラララン!…南へ 16:00、19:00 神保町花月 
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)
「333(トリオさん)」 26:55

■19日
年末恒例!! アイドル歌合戦 14:30 渋谷無限大ホール
カナリアの大奥 22:00 新宿ルミネ (菅)

■21日
「バルボラーチョの夜は更けて」 19:00 神保町花月

■22日
「バルボラーチョの夜は更けて」 19:00 神保町花月
<オールナイトライブ>年忘れ 24:30 新宿ルミネ

■23日
AGEAGE LIVE 17:00 渋谷無限大ホール
「バルボラーチョの夜は更けて」 19:00 神保町花月
トリオ・トリオ・トリオ 21:45 渋谷無限大ホール

■24日
「2010夢の芸人生活その実態を発表する会」 16:00 草月ホール
LLR福田がしゃべる 18:30 草月ホール (菅)
「バルボラーチョの夜は更けて」 20:00 神保町花月

■25日
「バルボラーチョの夜は更けて」 16:00、19:00 神保町花月
「333(トリオさん)」 26:55

■26日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ
コントバトルG1 19:00 新宿ルミネ

■28日
もう一度見たいシャッフルトーク パンサー×マヂカルラブリー 12:00 渋谷無限大ホール
AGEAGE LIVE 17:00 渋谷無限大ホール
AGEAGEチャレンジ 19:30 渋谷公園通りシアターD
「∞男子寮~AGE AGE荘~」発売記念イベント 21:45 渋谷無限大ホール

■29日
シチサンLIVE 19:30 渋谷無限大ホール

■31日
シチサンLIVE 19:30 渋谷無限大ホール
COUNTDOWN10→11 22:00 神保町花月
2011年初笑い ネタだいたい30連発!! 25:30 新宿ルミネ


<1月>

■1日
新春! ネタ&コーナーライブ 14:00 渋谷無限大ホール
新春初笑い!紅白カラオケ歌合戦~2011 18:00 渋谷無限大ホール

■2日
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■4日
ショータイム~コントでダンスします 13:00 品川プリンス ステラボール (尾形)
「さよなら、絶景雑技団~追加公演~」 19:00 品川プリンス ステラボール (向井)

■5日
アームストロング栗山が聞く~お正月SP~ 16:00 品川プリンス ステラボール
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■6日
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■7日
トリオ・トリオ・トリオSP 19:30 渋谷無限大ホール

■9日
僕らの休み時間 19:00 神保町花月 (向井)

■11日
おおぎりくん 19:00 神保町花月 (菅)

■13日
トリオ組合SP 21:15 神保町花月 (菅)

■15日
よしもと次世代芸人 全国制覇ツアー 13:00 堺市民会館大ホール

■16日
パンサー尾形軍曹の「うごけっ!」 18:30 浅草 雷5656会館

■17日
新ニホンコントLIVE!~トリオカーニバル~ 19:00 新宿ルミネ

■18日
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■20日
京橋ナイト・ステージ 東京芸人 大阪無茶修行~パンサーの章~ 19:30 京橋花月

■21日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■22日
週末よしもと『極笑7』 13:00、16:00 サッポロファクトリーホール

■23日
週末よしもと よしもと次世代芸人 全国制覇ツアーin音更 12:00 音更町文化センター大ホール

■25日
ジューシーズ松橋とパンサー菅とマヂカルラブリー野田のしっぽりの夜 19:30 阿佐ヶ谷ロフトA

■30日
浅草花月レギュラー公演 11:30、13:00 浅草 雷5656会館
バッファロー吾郎と椿鬼奴の超激アツ無限大ライブ2 17:00 渋谷無限大ホール


category: パンサー

tb: 0   cm: 0

パンサー向井君25歳の誕生日に想いを馳せてみる  

祝日音譜パンサー向井慧君25歳のお誕生日おめでとうございます!!ケーキ

……普段絵文字を使わないので、絵文字ってどこだっけ、としばらく探したのは
ここだけの話です、ってそこからかよ!
そういや一応言っておきますと、携帯メールも普段書いているブログと同じような
感じです。白黒。絵文字とか一切なし。
別にテンションが低いとかいうわけではなくて、単に面倒臭いのと(笑)
絵文字探すくらいなら文字で表現した方が手っ取り早いと思ってしまうんですね。
まあそんなことはさておき。
本日は向井君のお誕生日ですよー!おめでとうございますー!
せっかくだから今日はケーキ買って帰ろう。単にお前がケーキ食べたいだけじゃん、
とかいうツッコミは受け付けませんよ!(笑)。


せっかくの誕生日なので普段はしないような話でも。この話が誕生日に合うかどうかは
また別として(ええー)。

向井君というのは、タイプとしては実は初めてに近かったりします。私が好きになった人では。
というのも、一応多分とつけておきますが、欠点が似ているんですよね、私と。
どういう部分が、というのを上げると向井君の欠点をずらずら上げることになってしまうので
それは誕生日にやることでもないだろうということで割愛しますが、ただでもきっと
似ているんだろうなあ、と。
で、元々私は自分があまり好きではなかったので、自分と欠点が似ている人というのは
同族嫌悪的にダメだったんですね。
なので少なくとも10年前とかだったら絶対にファンにはなっていなかっただろうなと。
いや向井君は芸歴10年もないよ、というのはこの際置いておいて。

でもって、そんな自分大嫌いな私だったんですが、色々と許容できるようになったきっかけが
(人に見せる)文章を書くようになってから、なんですね。
こういうブログ(当時は日記とかテキストサイトとかでしたが)であったりとか、あとちょこっと
小説を書いたりしているのでそれとかの、とにかく文章を書くにあたってですね、
『全ての事はネタになる』
ということに気付いたのです。
例えば色々と嫌な事があったりとか壁にぶつかってどうしようもなくなったりとか
自己嫌悪に陥ってどん底まで落ち込んだりとか何でこんな性格なんだと悩んだり
したとか、まあそういう色々も全て何らかのネタになるんですよ。文章書いていると。
失敗談を日記で書いて笑い飛ばしたりとか、悩んでいたことが小説の登場人物の
悩みとリンクして、ああこの人はこの時こういう気持ちだったのか、と実感したりとか
そういうことが多々ありまして、良くも悪くも全部ネタになるからいいじゃーん、と
徐々に思えるようになってきたんですね。
以前は本当に自分大嫌いだったんですけども、だんだんと、こんな自分だから
書けるものがあるんだと気付いて来まして、それからは欠点だらけだけども
まあこういう自分もありあり、いっそネタになるし、という気持ちになれました。
なので、本当に私にとって文章を書くというのは一種のアイデンティティといいますか
自分的大黒柱な部分でもあったりします。

で、自分を許容できる、楽しめるようになった頃に知ったのが向井君であり
パンサーだったのでした。そう考えると ”いつ出会うか” というのは本当に大きいなあと
思います。
向井君が25歳ということで自分の歳と比較してうっかり頭を抱えたりもしたんですが(笑)
でも自分がいまの状態でなかったならば多分ファンにはなっていなかったで
しょうから、これはこれで良かったんだろうなあと。
無限大ホール行きながら、『一人で客の平均年齢上げてごめん』とは
思ったりしていますけども(笑)。

でもって。
前々からこのブログに来て下さっている方はご存じと思うのですが、
今年の8月9月、特に9月は本当に文章が書けない時期が続きました。
いや全く書いていなかった訳ではないのですが、ただでもほんっとに書けなくて。
まず暑さにやられまして、それからまあちょっと色々と精神的にもありまして
(この辺りはいつか話せる時がきましたら)、ほんっっっとうにダメダメな時期で
ブログも書けないならいっそ閉鎖するかとも考えたりもしてたんですよね。
ただでも、向井君であったりパンサーであったりという、 ”書きたくなる人達” を知ることが
出来まして、こうやってまた文章を綴ることが出来るようになりました。
パンサーは、特に向井君はほんっとに何ていうか書きたくなるんですよね、色々と。
基本書いている事は好き勝手なんですけども、ただ書いていてすごい楽しいですし
普段ファンレターとかまず絶対に書かないのに何通も書いてみたりとか。
で、書いていて思うのは、やっぱり文章を書くのは楽しいなあ、と。
ぶっちゃけ下手は下手なんですが(自覚しているのでツッコミ不要ですよ!)
それでもやっぱり楽しいですし、自分の中の大きな柱でもあると感じています。

なので本当に向井君には感謝しているのですよ。もう一度書きたい気持ちに
させてくれてありがとう、と。
もちろんネタであるとかトークであるとかでも楽しませてもらっていますし。

向井君、25歳のお誕生日おめでとう!
あなたがこの世に生まれてくれて、そして芸人になってくれたことに心から感謝します!

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

シチサンライブの功績について語ってみよう その2  

向井君のツイッターによると、今日明日はオフのようですねー。神保町花月の稽古は?
とは思いつつ(あと土曜日の舞台の稽古とかないんかな、とも思いつつ)、ずっと休みも
ないままに突っ走ってきているのでここらで少し休みがあってもいいんじゃないでしょか、
とか部外者が勝手に思ったりするわけですけども。
明日の誕生日も休みならいっそ名古屋帰って彼女とデートでもすれば、と思ったんですが
平日なのでそれも難しいのかもですねー。12月とかどこも仕事忙しいですし。

それにしてもここで2日も休み与えるなら22日から24日の鬼スケジュールを
どうにかした方が良かったんじゃないの、という気も(やっぱり部外者が勝手に)
思ったりするんですけども。
だってあのスケジュールはどうかと思いましたもん。
22日、神保町花月で芝居→オールナイトライブ→23日、AGEAGE→神保町→トリオ×3
→24日、芸人生活の実態を語る会→(福田がしゃべる:菅)→神保町
23日のAGEAGEは飛び出しだろうなー多分。トークやってる時間ないですよねきっと。
何もあと2回しかないAGEAGEの1回をこんなスケジュールの時にぶっ込まなくても、と
思ったんですが、でも祝日だしお客さん多いだろうからいいのかな。
ま、私は祝日普通に仕事ですけどね(泣)。

本日はそろそろパンサースケジュールを上げようかとも思っていたのですが
向井君がブログで上げていたのでだったらいいか、と。
元々向井君が上げないならこっちで上げよう、くらいの気持ちでしたので。
で、スケジュールを見ていたら1月7日に「トリオトリオトリオSP」とか書いてあって
何事!?、と。
聞いてない聞いてないそんなの!どこにも載ってないし!
ただでも来年以降もトリオトリオトリオやってくれるということでそれに関しては安堵です。
まあ、お揃いのポロシャツ作っておいて最終回とかないとは思うんですが。


さて、シチサンライブの功績を語る第2回です。
今回は(も?)向井君に注目してみました。

『333(トリオさん)』見ていても思うんですが(あ、こないだの回の感想は明日か明後日にでも)、
進行はやっぱり向井君が一番慣れているなーと。パンサーがいる時はフリップは確実に
向井君が持ちますし、めくりも慣れたものだなと。
ただでも、去年の(それこそレギュラー始まった当初の)シチサンとか見ていると
結構たどたどしいんですよね。いやそこまで極端なわけではないんですけども
(というより芸歴とか考えるとめちゃめちゃ上手いなーとは思います)、今と比較して。
カンペを見て喋る事自体は達者なんですが、以前って結構カンペをじーっと見て
探したりとか、探している間空白の時間が出来たりとかしていたと思うのですが
その辺りがだんだん流れるように出来るようになってきているなあ、と。
あまりにも自然にやってしまうので、ついついそれが普通のように感じてしまうんですが
いやでも相当の力がなかったらあれは出来ないよなあと。
つくづく、隔週で1年以上ずっと進行を続けてきた事が確実に力になっているなと
思った次第です。
実際一番成長したのって向井君じゃないのかなあ、と。
彼は元々器用ですし努力家でもあるから最初から割と高い位置から始められたり
することが多いんですけども、(あくまで私が思うだけですが)良くも悪くも優等生気質と
いいますか、100点満点で80点平均であったりとか、100点は取れるけれど120点の
勢いはないといいますか、なんかそういうところがあるような気がしているのですね。
何でもそこそこ出来てしまうけれどずば抜けているものがないといいますか。
でもMCに関しては経験と努力によって100点を超えようとしているのかなと感じます。

実際、MCって相当難しいよなーと思うんですね。隙あらば暴走しようと(したいと)
思っている芸人を纏め上げて道を正さないといけないわけですから。でもガチガチに
制御して正しい道ばかりに進ませても今度はつまらなくなるし、ある程度は暴走させて
でも客が飽きる手前で手綱を引く、みたいなテクニックとか相当必要になるんじゃないかと。
そして暴走する側(笑)にしても、いくら変な方向に走ったとしてもちゃんと道を正してくれる
存在がいるからこそ暴走も出来るわけです。
そう考えると本当に大変な事をさらっとやってのけている(ように見せている)なあ、と
思ったりするわけです。
シチサンライブのゲストって向井君にとってはほとんど先輩ですし、先輩に対して
時には好きに走らせたり時にはきつく制御したり、と本当に色々な事を隔週で
やっていたのだなあと。
まあ、かなり大変な事だったとは思うのですが、今向井君の中で大きな糧となっているのも
また事実なんではないかと思います。
ほんっと、シチサンの存在は大きいと思いますよ実際。もしあれがなかったならば、
『333(トリオさん)』でも、きっともっとたどたどしかったんじゃないかと思うんですよね。

あとやっぱり向井君は頭がいいので、カンペやフリップを読んでいる時も
変な間違いとかたどたどしい言い方になることがほとんどないんですよね。
そういう部分も見ていて安心出来ます。
事前にカンペやフリップをチェックしているのかは知りませんが、これ何て読むの?
とかがないのは見ていて気持ちがいいなあと。流れが中断されないので。
やっぱりMCってある程度の頭の良さは必要だと思うのですよ。

どういう経緯でレギュラー10組に選ばれたのかは全く分からないのですが
ただでもほんっと選ばれていて良かったね!と強く思います。
いやあれに選ばれるか選ばれないかって相当大きかったと思いますよ実際。

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

時には軽い話  

時には、って普段は重い話を書いているのかと言われそうなんですが、なんというか
自分の中での力の入れ具合といいますか。
結構真剣に書いているんですよ、あんなんでも(笑)。
なので書き終わると充足感と共に結構な疲労感にも襲われたりするので
今日は肩の力を抜いた軽い話をちょこちょこと。


先日、パンサー向井君がツイッターで「恋愛シミュレーションゲームの収録をした」
ようなことを呟いていまして、なんじゃそりゃ!?、と。
どこ主導なんだろう。吉本主導なんだったらその方向性はちょっと、と言いたいところ
なんですがまあそれは置いておいて。
向井君だけなんでしょうかね。どうせならパンサー3人ともやっていただきたいといいますか
菅さんのがすっごい見たいんですよ!(笑)。
向井君はきっとそつなく完璧にこなすでしょうし、尾形君も熱い感じで想像はつくんですが
菅さんだけはどうしても想像が出来なくて。
普段そういう企画があっても菅さんは参加しない事の方が多いですし、参加しても
笑いに逃げる事が結構多いんで、ガチでやったらどうなるんだろうと。
見たいわー。
こういうのは振り幅が大きくてなんぼだと思うので、やるならぜひ菅さんに!(笑)。

今日のオンラインは向井君とジャングルポケット太田&斉藤が出てましたねー。
途中でお風呂に入るために離脱したんですが、途中までは見ました。
面白かったです。
それにしてもやっぱり、太田のスキルの高さが本当にハンパないんですよね。
どの仕事を見ていても、『太田すごいなー』と思わせる辺りがなんともかんとも。
そして向井君とはぜひディズニーランドに行って欲しいです。
というかパンサー3人で行こうって話が1年くらい前にあったんだけどなあ。
別に写真とかは出さなくてもいいから(色々引っかかるでしょうし)、話だけでもいいから
一回3人で行ってみて欲しいです。
トーク聞くだけでも絶対楽しいと思いますし。
多分ずーっと、「尾形さんが」「尾形さんが」「尾形さんが」って言ってそうですが(笑)。
いや、何がしかやらかしそうじゃないですか、あの方。

次回のシチサンがパンサーのシチサンとしては最終回なわけですが、最終回で
向井ドッキリ復活とかないかなーと密かに思っていたりします。
一応説明しておきますと、向井ドッキリとはパンサーのシチサン(レギュラー)が始まった頃に
2回くらい行われたものでして、向井君が何がしか仕込んできて(チーク塗ったりネイル塗ったり)
尾形君と菅さんがそれを当てる、という。
だんだんエスカレートしてきてこのままではヤバい方向に行く、と思って止めたそうですが
最後なので思い切って復活すればいいのになーと。
向井ドッキリは、なんていうか末っ子のやんちゃに付き合ってあげる兄2人、という感じが
して何だかほのぼのして好きだったんですよね。


ところで。
無限大ホールの来年からのスケジュールがなかなか出ないんですけども、
これって客はともかくとしても芸人さんには伝えているのかなあと。
だってそれこそAGEAGE(とかMAEAGEとか)がメインの仕事、という人達もいっぱい
いるわけで、その人達にとってはそういうネタが出来る機会がなくなるというのは
死活問題なわけですよ。
ちゃんとAGEAGEに変わるようなシステムや企画が用意されているのならいいんですが
今のところ何のアナウンスもないしなあ、と。
実際MAEAGEの人とか今月何を励みに頑張ればいいの?、と。昇格も出来ないのに。
モチベーションの低下をもたらす前に、こういうのをやります、と提示して欲しいんですけどねー。
芸人側も客側もそれでどれだけ安心出来るかと。
なんかこういうところが吉本って下手なんだよなあとか。もういっそ私にやらせろとか
思ったりもするんですけども(笑)。
10年前ならいっそ飛び込んでいたかもなあ。
さすがに今更転職はきついです。悲しき現実問題。

category: お笑い

tb: 0   cm: 4

シチサンライブの功績について語ってみよう その1  

先日の、ミルククラウンのぴったりの曲レポで書き忘れていた部分を思い出したので
ここで少し書いておきます。

ライス田所仁編。数年前、仁さんは生活費に困ると「金融会社しずる池田」(田所談)に
お金を借りていたそうで(「ノーローンです」とも言っていました)、とはいえ何度も
借りていたせいか、とうとう断られてしまったと。「自分の力だけでなんとかしろ」と。
そしてその日は池田の家に泊まり、次の日仕事で池田は先に家を出て、
じゃあ自分も帰るか、と仁さんも起きたところ、テーブルの上には1万円札2枚が。
給料日までの生活費としてなんとかやっていける額くらいだったそうで、
仁さんは既にいなくなった池田に感謝しつつ自分の家へ。
さて、仁さん家は蒲田にあるそうなんですが、蒲田の駅を降りたらパチンコ屋が。
いやいやダメだ、このお金は池田が生活費として貸してくれたもの。それを使う
わけにはいかない。
そう思った仁さんの頭に流れたのがこの曲。

♪ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう~ (中島みゆき 「ファイト!」)

……パチンコ屋に闘いを挑んで、見事に玉砕したそうです。
周囲に、お前最低だな、とさんざん罵られていました。

あと前回書いた、パンサー尾形君が都並の真似をしてスライディングしたシーンですが、
相方である菅さんが尾形君の顔を土足で踏みつけてました(笑)。しかも2回。
私が見た限りでは、菅さん全く躊躇なかったです(笑)。


さて今回のブログなんですが、正直言ってまっっっったく自信ありません!
もう開き直りますよ。自信ありません!(笑)。
いつも自信ないですが、今日はそれに輪をかけて、というかいつもの50倍くらい
ないです!かんっぜんに外している可能性もあります。
まあ、いつも外しているのかもしれないですけども。
これねえ、たまにこのブログプリントアウトして持って行って、どのくらい当たっているのか
外しているのか赤ペンチェックして欲しい衝動にかられることがあります。いやもちろん
しませんけども。全部ダメとか言われたらさすがに凹むので。
あ、でもほんとに全く的を外しているのならいっそ言って欲しい気もするなー。
間違った事を全世界にばらまき続けているとかいうのは、かなりしんどいことですし。
と、こんなことをぐだぐだ書くくらい本日は自信がないのですが、多分これ考えれば
考える程自信がなくなっていくパターンなので、今はこう思った的備忘録として書いて
おこうと思います。

パンサーのシチサン(レギュラー)が始まったのが去年の10月、その前から何回かは
出ていましたが、隔週で自分達のライブをやる、というのは去年の10月からなので
現在までで1年ちょいなわけです。
で、私はそのシチサンの大半を見ホーダイ(つまり配信動画)で見ていますので、
実際に見ていた方とはまた違う感想を抱いているかもしれません、と前置きした上で
書きますと、シチサンレギュラーの功績の一つとして、向井君と尾形君の距離が縮まった
ことではないかと私は思っています。
とその前に。これ本当に想像でしかないですし、なんとなくそう思っただけなんですけども、
向井君って ”尾形君みたいな人” は正直苦手な部類に入るのではないかと思うんですね。
いや本当になんとなくそう思っただけなんですが、例えば高校などで同じクラスにいたとか
部活の先輩後輩という間柄だったら特に仲良くもならなかったのではないかと。
これ、社会人の方はよく分かると思うんですけども、人を選べるのって学生時代までじゃ
ないですか。学生の頃ならなんとなく気が合わないっぽい相手はスルーしても
生活が成り立つわけですけども(無視とかいじめとかではなくてね。単純に関わらないと
いいますか)、職に就いたらそうもいかないわけでして。
こんなことを書くと今現在学生の人がお先真っ暗じゃん、と思うかもしれませんが
ただでもそれはそれで長所もあって、一見気が合わなさそうな相手に思えても、
(言葉は悪いですが)仕方なく付き合っていくうちに相手の違う一面が見えてきて
ある時はゆるやかに、ある時は一気に相手への感情が変化することもあるわけです。
で、向井君から尾形君への感情というのは、そういう変化があったのではないかなあ、と
勝手に。
シチサンが始まる以前のパンサーに関しましては動画もほとんど残っていないですし
各自の語る言葉などでしか推測する事が出来ないんですけども、なんとなくそんな気が
するなあと。
ただでもシチサンが始まる頃には完全にそういう苦手意識は払拭されていたとは思います。

向井君って菅さんに対しては、ネタを作ってくれるし頼りになるし面白いし……といったような
理由(言い換えれば長所)を挙げた上で菅さんが好き、なのだと思うのですが、
尾形君に対しては、尾形さんだから好き、な気がしています。
別にどちらに対しての方が情が深いとかそういうことではなくてね、ベクトルの向きの
違いといいますか、カレーとケーキのどっちが好き?と訊くようなもんですよ。
そんなもんどっちも好きに決まってるじゃーん!っていう。
ただ、シチサンが始まった当初は確実に菅さん寄りでしたよね、向井君。
というか、かなり最近まではっきりと菅さん寄りだなという気がしていました。
あくまで私がそう思った、というだけですけど、向井君と尾形君の関係性が変わった、
というか物理的な距離が縮まったのってここ2ヶ月くらいな気がしています。
いや分からないですけどね。

いつだったか、しかもどちらが言ったのかもよく覚えていないのですが多分尾形君が
「(向井とは)8つも歳が離れているから話が全然合わない」と言っていまして、
単純に好きか嫌いかで言えば好きなんだとは思いますけども、でもそれとこれとは
話が違う訳で、共通の話題がない、と。
ところで人が仲良くなる為の秘訣(の一つ)として、『必要のない時間を共に過ごす』と
いうのがあるそうで、つまり仕事とかどうしても一緒にいなければならない場合とかでは
なくて、特に一緒にいる必要のない時間を共に過ごしていわゆるどうでもいい会話をする、と。
心の距離を縮める有効な方法らしいです。
ただでも向井君はお酒が飲めないし煙草も吸わないし(そして尾形君は酒も煙草もやる、と)
そうなると酒の席でどうでもいいような話をする、というのも難しいことでしょうし、
変な言い方ですけどもそういう意味では不利になってしまうよなあ、と。
個人的には勝手にやきもきしていたところでもあったりします。勝手に。

ただ、隔週で(例え仕事とはいえ)30分フリートークを1年以上し続けた、というのは
相互理解を深めるという意味で非常に大きなものだったのではないかと思っています。
楽屋ではし辛いような話も、逆に客前なら出来る、ということもありますし、
仕事という名の元で許される話もありますしね。

何度も言いますけども私がそう感じたというだけですが、向井君を基準として考えた時、
菅さんとの関係というのは元から割と近かったと思うのですね。但し、その分1年前と
そこまで距離に変動はない、と。
で、尾形君との関係は、多少距離があったと思うのですよ。ただでも今は相当縮まったのでは
ないかと思います。
それはもちろん日々色々な仕事を共にやったりとか、舞台を降りたところで色々話をしたり
とかあったのだとは思いますけれども、隔週のシチサンライブでの影響はかなり
大きかったのではないかなと。
実際、シチサンのトークで初めて知ったという話も多かったみたいですし。

しつこいようですけど私が勝手にそう思っただけで実際は全然違うかもしれませんが、
とりあえず私はそう感じているので、シチサンが終わってしまうのは非常に残念だなと。
ただ、レギュラーの一組にパンサーが選ばれた事は本当に大きかったなと思います。
他の功績はまた次回以降に。

それにしてもいつも以上に纏まりのない文章で申し訳ないです。
自信のなさが如実に出てるなーこの文章……。

category: パンサー

tb: 0   cm: 2

ジャングルポケット太田27歳おめでとう記念更新(今更)  

去る12月10日にジャングルポケット太田博久君が27歳のお誕生日を迎えました。
おめでとーう!
なので10日に太田について書こうと思っていたのですが、気が付いたら日付が
変わっていて、タイミング逃しちゃったなあーまあしょうがないか、と思ったんですけど
やっぱり書いておくか、ということで遅ればせながらちょこっと。
但し、先に書いておきますがそれほど太田(というよりジャンポケ)に詳しくないんで
いつも以上に色々間違っているかもしれませんがまあそこはそれ(笑)。
あくまでも、私にはこう見えた、ということでひとつ。

とその前に、M-1の決勝進出者8組が決まりましたねー!
(出番順)カナリア、ジャルジャル、スリムクラブ、銀シャリ、ナイツ、笑い飯、ハライチ、ピース
これに敗者復活組が入るわけですけども。
囲碁将棋とかゆったり感とかかなり良かったという話は聞いていたので期待したのですが
8組の中に入るって難しいよなあ実際。
ところで決勝進出者が発表された後、カナリアの安達さん(水嶋ヒロ似)が1000万円取って
辞退したら面白いのに、という話がツイッター上で出ましてうわあ見たいとか思っていたら
安達さんがコメントで「水嶋ヒロに似てて良かった」とか言ったそうな。
これはぜひ優勝して1000万円寄付ですな!(笑)。


私が初めてジャンポケ太田という人を見たのは、というかこの人すごいんだ、と認識したのは
今年6月16日のパンサーのシチサンライブでした。
パンサーファンにとっては記念日ともいえるパンサー結成日である6月16日、この日に
ちょうどパンサーのシチサンがあるという奇跡!
何気に、パンサーのシチサンって結構そういうことあったんですよね。
向井君と菅さんの誕生日がちょうどパンサーのシチサンの日だったりとか。
尾形君の誕生日だけが被らなかった辺りがまた尾形君らしいといいますか(笑)。
それはさておき。
で、そのパンサーのシチサンがありました6月16日、パンサー結成2周年記念と
いうことで、いつもなら向井君がMCをするところを今日はゲスト席に座ってもらって
MCは別の(グループの)人がやる、ということになっていたんですね。
でその時MCをやっていたのがジューシーズ松橋しゅうた&ジャンポケ太田。
ところで普通MCってツッコミの人がやるものなんですけども、2人ともボケ担当って
いうね(笑)。トリオトリオトリオでも向井君が企画に参加する時は太田がMCやるし。
まあそれもさておき。
で、この結成2周年記念のシチサンがまた素晴らしかったんですよ。
この日のシチサンに関しては第一回やった後放置されているシチサンライブを語る回の
第二回辺りでじっくり書きたいところなんですけども、とりあえずそれは置いておいて
太田ですよ。
まーあこの時の彼のコメントが一つ一つ秀逸でした。

私がこの動画を最初に見たのは多分パンサーファン成り立てくらいの頃だと思うんですが
(正確には覚えていないんですけども)、はっきりと覚えている部分がありまして、
パンサーは3人とも芸歴年齢共に違うというトリオなわけで、一体どうやってこの3人が
組むことになったのか、というのを舞台化する、というコーナーがあったんですね。
で、その時の松橋しゅうたのフリ。
「東京吉本の若手を探してそっくりな人を集めました
まあ、当然フリですよ。
で、語り部という事でしゅうた役の人が出てくるんですけども、
めっちゃ男前の人(モッキンバード佐藤)が出てきて、
「僕は、ジューシーズ松橋!」
と言ったんですね。
(分からない方用。 【モッキンバード佐藤ブログ】 【ジューシーズ松橋ブログ】)
あまりの違いに芝居を止めツッコミを入れる向井君。
その時の太田のコメントがまた素晴らしかったんですよ。
以下引用。

太田「ちょっと待ってあなたおかしいよ。あなた映画館で映画始まってから、
    ちょっと止めて下さいって言いますか」
言わないけどあれはボケだろうという向井君に対しさらに攻撃。
太田「ちょっと待って下さいあなたチンピラですか。こんな始まってんのに止めてねぇ」
チンピラじゃないけど、と謝る方向に行く向井君。
そして太田はさらに畳みかけます。
太田「お祝いする心をそういうので返すんですか」
最後にとどめの一言。

太田「飼い犬に手を噛まれたっていうのはこの事だよ!」

なんか文字にすると伝わり辛いんですけども、うわあー!と思ったんですね。
もう正直ここは私のつたない文章で説明するよりも実際に見て!という気分なんですが
とりあえず話を進めます。
この見事な論理の畳みかけ。実際これがあったからこそ、その後も色々と
突っ込みたくなるシーン続出ではあったんですけども(笑)、途中で止まることなく
最後まで演じきれたみたいな部分はあったと思うのですね。
いやでもほんと、いちいち突っ込んでいたらキリがないくらいに色々あったんで
最初にそういう、もう止めたくても止められないよ、という状況を作っておく辺りが
なんともすごいなあ、と。
向井君によると、「今日何をやるのか僕らもよく知らない」ということだったので
パンサーのシチサンとはいえども大体の企画はしゅうたと太田でやったのだろうと
思うんですね。そうなると、最初に大きなツッコミポイントを持って来てあえて
突っ込ませた上で論破してその後黙らせる、という流れを一人一人が(多分ですが
そこまで打ち合わせもないままで)作る、という辺りが見事だよなと思います。
見てる側も分かりやすいですし。突っ込みたくても突っ込めないんだな、というのが。
で、それの立役者が太田であった、と。
しゅうたのポテンシャルも私は大きく評価しているんですが、あの役は太田にしか
出来ないでしょ、とも思います。先輩にも臆せずガツンと言いたい事を言う、言える
感じというのはやっぱり太田のキャラのなせる技かなと。
しかも、単語のチョイスがまた絶妙なんですよね。
この人すげえ!と初めてこの回を見た時思ったのを今でもはっきりと覚えています。

で、トリオトリオトリオが始まって、ジューシーズ、パンサー、ジャングルポケットの
3組でライブを行う、となって、ますます太田の凄さを認識させられました。
9人仲良くてやりやすい関係とはいえども、やっぱり9人ってちょっと多いんですよ。
前に出ないと埋もれてしまうし、だからといってあんまりガンガン前に出てしまうと
今度はうっとおしがられてしまうし、その辺のバランスの取り方が難しいところだとは
思うんですが、まーあ太田の絶妙ぶり。
何かやった人に対して発する一言がほんとにもう、”絶妙” の一言なんですよ。
タイミングといい単語のチョイスといい。
なのでほんと目立つんですね。思わず目を引かれるといいますか。
あとちょっとこれはずれるんですけども、この間のトリオトリオトリオで、メンバーの
葬式をやるという企画で尾形君が選ばれた時、すかさず「かんぱーい!」と言ったのが
太田なんですよね。
(余談ですがそれに真っ先に乗っかるパンサー菅さんであるとか、それはいいのか、
という風にちらっと太田の方を向いて最後に手を上げるジャンポケ武山とか
短いシーンの中に考え方とか性格とか出てて興味深いです、あの部分)。
そういう尾形君弄りが出来る人となるとあの中では太田と菅さんだけでしょうし
そこでやっぱり行けるのが太田なんだよなーと。

とはいえ先輩に対してガンガン行くだけではなく、ちゃんとフォローの言葉も
挟んだりしているんですよね。「先輩にこういうこと言うのもなんですけど」とか
「こんなこと言いたくないですけど」とか。
トリオさんで酔っ払って本音を言う企画の時も、暴走して先輩に「てめぇ」とか
言う武山に対してそれはダメだとかなり強く突っ込んでいたりとか
(まあ多分太田はそんなに酔ってはいなかったと思いますが。あとしゅうたも)。
一見無遠慮に突き進んでいるように見えて、実は相当気は遣っているんだろうなと。
多分ですけども(笑)。
その辺りのバランス感覚が、結構きついことを言っても許される部分に繋がって
いるんじゃないかなと思ったりしています。あのキャラは考えなしに真似したら
ものすごい痛手を負いそうですし。
実際、ベースはものすごい真っ当な人間なんだと思うんですよ。トリオさんで見せた
貯金額からも分かるように堅実な性格ですし。
向井君とはまた違う形で先輩に対して一線を引いている人だなと思います。

とりあえず自分の事は棚に上げて言いますけども、自分より上の人に対して
きちんと敬う姿勢を持った人が好きなんだよなーとか思ったりします。
お笑いって特に先輩に対してもガンガン突っ込まないといけない部分があって
それはもちろん正しいんですけども、舞台上はそれで良くても一旦舞台を降りたら
先輩に対してはきちんと先輩として対応すべきだろうと。当たり前と言ってしまえば
それまでなんですけどね。
ただどうしても慣れとかでなあなあになってしまう場合もある中で、太田という人は
自らの立ち位置が分かっていてきちんと対処出来る人なんだろうなと思います。
そういうところが好きな部分の一つなんだよなーと。


と、こういう話を10日に書きたかったねえ、と(笑)。
まあまあでも祝う気持ちはあるんですよ!ということでねひとつ。
太田博久君お誕生日おめでとう!(2日前)
今後の活躍も期待しています!
今月のAGEAGE賞金マッチのチケットを取っているので、ぜひ残って下さい!

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 4

ミルククラウンの「ぴったりの曲」レポ  

いつもレポの前には「ぼんやり」とか「軽く」とかつけているんですが、いちいちつけるのも
どうかと思ったので今後は「レポ」のみで。
とはいえ内容は今までと何ら変わりないんですが(笑)。
基本的にメモを取っていないので(というか取れないので)&もちろん録音とかもしていないので
忘れている部分とか間違っているところとか多数あると思うんで、まあ参考程度に
読んでいただければ。

まずは出演者から。浅草花月のサイトからコピペ
ミルククラウン/POISON GIRL BAND/ラフ・コントロール/ライス/パンサー/
畑中しんじろう/かたつむり 林
内容は、エピソードトークの中で、この時こんな曲が頭に流れていた、という話をする1部と
まず曲があって、その曲に合うシチュエーションを即興で演じるという2部、
なんですが、なんとミルククラウンの二人とも内容を全く知らなかったそうです(笑)。
なのでお客さんに「楽しみにしてます!」とか言われても微妙な返事しか出来なかったと。
とはいえ、曲に合わせるとかいう企画ならミルクラじゃね、みたいな感じで
選ばれたみたいです。

そして出演者登場。
迷彩柄のシャツを着てきたPOISON阿部ちゃんに早速ツッコミの応酬が。
なんでも一番早く袖に行っていたのにボケようと思って舞台に一番最後に出てきたとか。
ぴったりの曲、ということでそれぞれに普段音楽を聴いているかという質問をしたんですが
パンサー尾形君が「NO MUSIC NO OGATA、ですから」と言ったら相方の向井君がすかさず
「基本的にはNO OGATAですけどね」と(笑)。
パンサー的にはいつも「NO OGATA」なんだそうです。
そして菅さんにも話が振られ、曲とか聴いてるの?と訊いたら菅さんもすかさず
「Tommy February6とか聴いてます」と。
この時客席の一部が沸き立ったけれどもパンサーファンだったんだろうなあ。

まずは1部のエピソードトーク。
これは、エピソードを話して、ここぞというところで曲が流れる、という企画。
最初に選ばれたのが畑中しんちゃん。
しかしなぜかエピソードを全部話してしまい、ミルクラの二人に心配されつつ
こっからですから、とおもむろにコントスタート。
なんでも駅(だっけか)のトイレに入ったらゴ○ブリがいたということで
驚いたところで曲スタート。
ちなみに曲はマイケルジャクソンの……なんだっけ(ごめんなさい忘れました)。
とにかくその曲に合わせて踊るしんちゃん。
最終的に何かあるんだろうと思って待つ他の面々。しかし踊りながら捌けていく
しんちゃん。
そうじゃないんだよエピソードを話す企画なんだよ!とさんざん突っ込まれた
しんちゃんでした。

で、これはオープニングアクトということでこっからが本番ね、と改めてスタート。
選ばれたのはラフコン重岡さん。
地元(なんかな?)に居た頃、付き合っていた彼女と大喧嘩をして別れる
一歩手前まで来たものの、彼女からの手紙を読んで気持ちが復活して
もう一度やり直すことになった、という実にいい話。
「そしてその時に頭の中で流れていた曲がこれです」

♪めちゃくちゃ好きやっちゅーねーん~

まさかの倖田來未。まさかの「恋のつぼみ」
即座に皆に突っ込まれる重さん。とはいえ企画内容には沿っているんですよ。
ただ、重さんのイメージに合わなすぎる、と。
せっかくちゃんと企画に沿った話をしたのになぜか突っ込まれまくった重さんなのでした。

次はライス関町。初めての自慰の話(笑)。
なんでも、生え揃う前にそれをやったら血が止まらなくなる、と友達に嘘を教えられ、
信じ切った関町少年は一年近く待ち続けようやくその日を迎えたと。
そしてその待ち続けた日々とようやく出来たその日にぴったりな曲、ということで
井上陽水の「少年時代」
延々と一番二番を聴かされる面々(関町の解説付き)。
その日の説明まで終わったところで向井君がキレまして、「お前話長げえんだよ!」と。
ミルクラ竹内さんになだめられていました。

次がNO OGATAこと尾形君(笑)だったかな。
中学、あれ高校でしたっけ、サッカーの練習にあけくれていた頃、正月に1日だけ
休みがもらえたので、その時は実家に戻って家族団欒を楽しんだと。
そしてその頃尾形君の家では犬を飼っていまして、タンタンという名前なんですけども、
タンタンがその日にちょうど亡くなってしまったと。
尾形君によると、毎年1日しか帰れないから、きっとタンタンは自分の事を待っていて
くれたのだと思う、と。
尾形「僕の腕の中でタンタンが息を引き取って……」
向井「え?尾形さんが殺したんですか?こう、ぎゅっ(首を捻る真似)として」
とかいうやり取りもあったり。
いやもちろんそんなことはしていなくて、優しく抱えていたのですが亡くなった、と。
で尾形君は本当にタンタンと仲が良かったからそれはもう悲しくて悲しくて
もう何もする気になれなかったそうなんですが、その時にテレビから流れた曲が
正月に行われる高校サッカー選手権のテーマソング「ふり向くな君は美しい」
これイントロから流れたんですけども、てっきり悲しい曲が流れるのかと思っていたら
軽快なイントロが流れてきて、客席がちょっと『え?』という雰囲気になったのが
なんか面白かったです。
で、その曲を聴いて、そうだ俺にはサッカーがあるじゃないか、となって
気持ちを切り替えられたとか。

そういえば説明するのを忘れていたのですが、舞台に椅子が用意されていまして
出演者が一列に座っていたんですね。
で向井君の隣がラフコン森木だったんですが、森木が向井君の手を掴んで
無理矢理手を上げさせようとしていたのがなんか面白かったです
(手を上げた人を指名する、という形式でした)。


2部は曲に合わせたシチュエーションを即興で演じる、というもの。
何曲か事前に用意されていて曲リストが配られたんですけども、端から2番目にいた
重さんがそこで曲リストを次に回さず止めてしまいまして(笑)。
「いっぱい欲しいから」とか、隣に回してと言われくるくる回したりとかしてました。

で、まずは、かたつむり林さんによる即興。
誰かと一緒にやってもいいということで、しんちゃん、菅さん、向井君を呼んで
何やら3人に指示。
そして始まる即興(コント)。
3人がそれぞれ林さんに「こんな俺にまっすぐぶつかってくれたの先生だけだよ!」
とか言って、そして林さんが「夢にときめけ、明日にきらめけ」と。
あれ?とか思っていたら曲が流れました。

♪明日 今日よりも好きになれる~  (※GReeeeN 「キセキ」)

ドラマ部じゃねーか!(笑)。
「ROOKIES」のドラマの再現でした。生徒はそれぞれ合っているけど
先生だけ違うよ!と。

次は誰だっけ。POISON吉田さんだっけか。
高校野球が好きで、甲子園出場を決めた時に流れる曲、ということで
ピッチャーが吉田さん、キャッチャーが関町。他の人はベンチにいる、と。
で最後のバッターを打ち取って皆で集まり歓喜に沸く、というシーン。
そこで流れたのが……山下達郎「クリスマス・イブ」でしたっけか?
冬の曲が流れてなんで夏なのにこれなんだよ、というツッコミが入ったのは
覚えているんですけども。
肝心なところがあやふやで申し訳ないです。

で、次が尾形君。「箸休め的に見て下さい」「いや、誰も何も食べてないけどね」とか
いうやり取りの後、「スライディングをする」と。
なんかスポーツが続くねーという中、尾形君の即興スタート。
仰向けになって両足をピンと伸ばして上にあげる尾形君。
流れたのはサザンオールスターズの「TSUNAMI」
ぽかーんとなる会場。
どういう意味?と尾形君に訊く中、相方向井君が説明。
これはサッカーの都並選手の真似だ、と。
つまり都並と「TSUNAMI」をかけたのだと。
というかよく分かったなあ向井君。さすが相方というべきか。
多分あの会場で分かっていたのって向井君(ともしかしたら菅さん)だけだったと思うよ。

次誰だったかなあ。しんちゃんだったかな。
実家に久々に帰ったら布団がなくて、で押入れの上にあった、古い埃を被った
布団を出した時の曲、と。とにかく「埃を被った」を強調。
そして布団を出した時に流れたこの曲。

♪こなぁーゆきぃ~ (※レミオロメン 「粉雪」)

やたら「埃を被った」を強調していたのはこれかー、と。
そして、その曲だったら俺も、と今度は関町が挑戦。
和菓子を食べていてものすごい不味いと酷評していたら、「それ、俺ん家で作ったやつ」と
言われた時に流れる♪こなぁーゆきぃ~
確かに気まずい雰囲気の時に合うよね、この曲。
そしてだったら俺もやりたい、と重さん。
裸でホモだと思ってくれ、という説明の後、曲に合わせて振り返りボディビルダーのポーズ。
このポーズは他の曲でもやっていました。

次は誰だっけ。ラフコン森木だったかな。
一緒にやる人を指名していいということで、「(ライス田所)仁と向井」と言ったら
二人とも「ええー」と(笑)。ほんとに同じリアクションをしていて笑いましたよ。
で、森木が二人に説明。
仁さんが向井君に絡んでいたら(「かわいいねー一緒にどっか行こうよ」とかそんな感じの)
安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」が流れまして、その曲に合わせて森木登場。
「何でこいつ(向井)が嫌がってるか分かるか?下手だからだよ」と言って、
カッコ良く(?)向井君を誘って向井君がOKしたところで去っていく、と。
恋愛マスター森木(笑)。

そんな感じで2部も終わって、一番良かった人を決める、というところで
林さんから重さんにリクエストが。
この曲でボディビルダーやって欲しい、と。
選んだ曲は平井堅の「瞳を閉じて」
もうまさにめちゃめちゃハマっていて客席大喝采でした。
そして結局グランプリはそのまま重さんに。
まあ1部でも唯一沿った内容の話をしていたしね。


とこんな感じのライブでした。楽しかったー。
もう少し人数少ない方が皆にスポット当たっていいのかもとは思いましたが。
多少散漫になっていたかなーと。
でも面白かったです。ほんと。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

妄想バラエティ番外編~もしもひとりになったら~  

昨日は『333(トリオさん)』メンバー(ジューシーズ、パンサー、ジャングルポケットの9人)が
出演するオンラインをネットで見ていました。面白かったー。
なぜか保存しようとしたらエラー出まくりになったんで保存は諦めましたが。
やっぱりあの9人でわいわいやっている雰囲気が好きだなーと思います。
トリオトリオトリオ見ていても思いますし。仲いいなあ、と。
ただ昨日ちょっと気になったのが、向井君やけに攻撃的になってない?、と。
あんなに先輩をばしばし力強く叩く人じゃなかったんだけどなあ。
ジューシーズ赤羽健ちゃんのことも、いつもは「赤羽さん」と呼んでいるのに
いきなり「健ちゃん」になっていたし。なんかびっくりしました。
向井君はキャラ的にあんまり先輩にたてついたり強気に出ない方がいいんじゃないかと
個人的には思うんですけどね。先輩が暴走した時はともかくとしても。
方向性変えたのかなあ。その方向性は違うと思うんだけどなあ個人的には。
まあ、最終的には本人のやり方についていくかいかないかだけのことですけども。
私が決められる問題ではないという意味で。


さて久々の妄想バラエティです。毎度のごとく説明しますと、こんな番組に出て欲しい、
こんな番組に出たらこんな感じになるんじゃないかな、というのを勝手に想像して書く、
という、本当に単純にただの妄想の産物です。
なので苦手な方は以降読まないでいただけると幸いです。
でもって今回ですが、昨日のオンラインでジューシーズが健ちゃん、松橋しゅうたの
二人が立て続けに倒れてしまい児玉さんが一人でシチサンライブをやることになった、
という話から、もしパンサーがそうなったらどうなるだろうと想像して書いてみました。
にしても、だまさん一人と決まってから急にチケットが売れ出したらしいですが、
そりゃそうだろうなあと。やっぱみんなね、だまさんの困り顔見たいもん!(笑)。


-------------------------------------

パンサーのシチサンライブ。ゲストはピクニック、ジューシーズ松橋、ジャングルポケット太田


もしもひとりになったら~向井編

向井「どうもー。パンサーのシチサンライブでーす。あの、一人ですけどパンサーですよ。
    ご存じない方もいらっしゃると思うんですけど、菅さんと尾形さんが相次いで
    倒れまして、それで今日僕一人でやることになったんですよ。
    あ、でも菅さんも尾形さんもそんなひどくはないんで、すぐ戻って来れると思うんで。
    で……何話しましょうか。なんか一人だと喋りにくいですね。あ、えーっと、こないだ
    買い物行ったんですよ。そしたら(以下しばらく日常話)」

向井「あーダメだ。やっぱ一人だと喋りにくいわ。ちょっと早いですけどゲストの皆さん
    呼びましょうか。そうしましょう。大丈夫ですか?……はい、では本日の
    ゲストの皆さんでーす」
(ゲスト登場)
松橋「ちょっと早いんじゃねーの、俺ら呼ぶの」
向井「いやだって、一人だと全然間が持たないっていうか、喋りにくくて」
松橋「お前よく独り言喋ってるじゃん」
向井「そうだけど!舞台で独り言喋ってたらただの頭おかしい人でしょ!」
ピク「いや確かにさ、一人って辛いよね」
向井「ピクニックさんはピンじゃないですか。どうしてるんですかトークの時」
ピク「俺はー、お客さんに話しかけたりとか」
向井「あーそうなりますよね」
ピク「それか、シューレスジョー呼ぶ」
向井「もうコンビじゃないですか、そこ」

向井「あーでもやっぱ一人は無理だわ俺」
松橋「え、でもさっき楽屋で、『今日尾形さんいないから楽だわー』って言ってたじゃん」
向井「ゆってない。ゆってないから。(客席から小声で「えー」) いや何えーって。
    ゆってないから全然」
太田「あ、僕尾形さん倒れた時向井さんと一緒にいたんですけども、尾形さん倒れたって
    メール来たんですよ。向井さん携帯でそれ見た時ガッツポーズしてましたもん」
向井「いやしてないから。めっちゃ心配してたし。知ってるじゃん俺があちこち
    電話しまくってたの」
太田「それってあれですよね。『尾形倒れたーばんざーい』っていう」
向井「違うじゃん全然。どうしようっていう」
ピク「大丈夫? これ尾形見たら泣くんじゃねーの」
松橋「(尾形の真似で)『むかいぃぃぃぃー。何で俺を捨てたんだー』って」
向井「いや捨ててないから! 尾形さん早く戻ってきて下さいねー菅さんもー(手を振る)」
松橋「こいつこんなこと言ってますけど、さっき楽屋で尾形って名前の藁人形に
    五寸釘打ちつけてましたからね」
向井「やってねーよ! なんだよ今の時代に藁人形って!」




もしもひとりになったら~尾形編

尾形「どうもー。サンキュー! あーいいお客さんだ。あったかいなー。すいません、
    今日僕一人なんですけどもいいですか?」
(客席から拍手)
尾形「サンキュー!あったかい。あったかいなー。サンキュー! じゃ僕ちょっと
    喋らしてもらいますね」
(と言ってフリートークを始めるものの、分かりやすく説明してくれる人(=向井)が
いないため、理解出来なくなる客席。次第にざわつく)
尾形「だからあー、こうなってこうなって、って分かんないですか?」
(客席、微妙な雰囲気)
尾形「向井ー! 菅ー!」

(そしてゲスト登場)
松橋「尾形さんなんですかさっきのトーク。全然意味分かんないじゃないですか」
尾形「何でだよ。ちゃんと説明しただろ」
ピク「いや分かんないって。さっきも俺ら楽屋で見てて言ってたんだよな。
    尾形何言ってんの、って」
尾形「いや普段は向井が全部説明してくれるから」
太田「だから今日向井さんいないんですよ。そもそも尾形さん一番先輩じゃないですか」
尾形「そうだけど。あいつらの方が出来んだからしょうがねーだろ」
松橋「何開き直ってんだよ!」




もしもひとりになったら~菅編

菅 「……はい。パンサーのシチサンライブが始まったわけなんですけども……
   (企画名)のコーナー! (企画の時の音楽が流れる)」
(菅、微動だにせず。しばらくしてゲストが慌てて登場)
松橋「まだ時間じゃないじゃん。俺楽屋でくつろいでたし」
太田「いきなり企画って。みんな菅さんのトーク聞きたくて来てるんですよ」
菅 「いや、今日はトークなしでいきなり企画って最初から決まってたから」
ピク「え? じゃあ尾形と向井がいてもトークなしだったの?」
菅 「そうそう」
太田「いや絶対それはないですって。菅さんトークしたくないだけじゃないですか」
菅 「俺喋る事ないし」
松橋「何かあるでしょー。あ、こないだ(井下好井の)好井と猫カフェ行ったって
   言ってたじゃん」
ピク「猫カフェ? 菅が?」
菅 「僕猫好きなんで」
太田「先輩にこんなこというのもなんですけど、多分日本で一番猫カフェが
    似合わない人だと思いますよ」
ピク「で、どうだったの猫カフェ」
菅 「まあ、猫が何匹かいて」
太田「そりゃ猫カフェに猫いなかったら詐欺でしょうが」
ピク「え、猫カフェって何が楽しいの? 猫と戯れるのが楽しいとか?」
菅 「そうですね。あと、猫といればいいんで喋らなくて済むっていう」
ピク「いや喋れよ!」


-------------------------------------


多分一人になってもなんとかなるのって向井君だけな気がするなーとか思っていたら
こういう結果になりました。
まあ、あくまで妄想なんでひとつ。
あと結構ピク兄書くの楽しかったです(笑)。意外に。

category: 妄想バラエティ

tb: 0   cm: 4

『333(トリオさん)』第六回感想  

今日は向井君が出た『ヘキサゴン』が放映されましたねー。事前に向井君が
ツイッターで「ウォーリーをさがせみたいな感じで見て下さい」的な事をツイートして
いたのであんまり期待せずに見たんですが、結構映ってましたねー!
ちょいちょい弄られてましたし。ものっすごく緊張していたのはまあご愛敬と
いうことで。つかそりゃ緊張もしますよね。ゴールデンの全国ネットにピンとか。
ただ出たのはすごい嬉しかったんですけども、やっぱりあの番組はどうも
見ていてしんどいといいますか。
出来れば次は違う番組に出て欲しいとつい思ってしまいました。
だったら具体的に何、と言われると難しいところなんですけどねー。
そういえば昨日、田畑藤本の藤本君がツイッターで質問を受け付けていたので
出たいテレビ番組を訊いてみたら一言「M-1」と返ってきました。
うん、そりゃそうだよね確かに。今の時期は特にね。


でもって『333(トリオさん)』の感想いきます。
最初にさらっと今回のあらすじを書いておきますので、見たから必要ないよと
いう方は飛ばして下さい。

---------------------------------

2週連続脱落という憂き目を味わったパンサーが「今までで一番緊張している」という中、
早速脱落者を決めるイベント……、の前に、3組いる段階で本日のロケ発表。
フリップを渡され、パンサー向井君がめくります。
本日のロケはグルメ企画。費用は番組が用意、お金も番組が出すということで
大喜びの9人。とはいえそれがテレビとしては当たり前なんだけどね、的な事を
ナレーションで言っていました(笑)。
で、気になるロケ先は……ジャングルポケット武山の実家のもんじゃ屋【竹の子】。
お母さんに話はしてあるけれど、息子には絶対言うなと緘口令を敷いていたと言う事で
全く知らなかった武山。めちゃめちゃびっくりしていました。
そして、帰れま10(主に飲食店で1位から10位を当てるまで帰れないという企画)を
やろうと思ったけれど、そのまんまは出来ないので、売れていない商品ワースト10を
当てる企画『売れてま10』をやる、ということに。
実家の店をバカにされたということで当然怒る武山。
しかしながら、スタッフはさすがにその企画についてまでは言えなかったから、と
いうことで息子に電話をさせ企画説明をすることに。
「『売れてま10』って企画なんだけど……」と恐る恐る告げる武山に大笑いする武山母。
話の分かるお母さんのおかげで無事に『売れてま10』が出来る事になったのでした。

そして今回はジャンケン一発勝負、ということで、ジューシーズは全勝の赤羽健ちゃん、
パンサーはその運を信じようということで尾形君、そしてジャンポケはお母さん曰く
「あんたはダメだから太田か斉藤に任せな」ということだったのですが、武山が
どうしても自分がやりたいということで、武山が出ることに。
そしてジャンケン。勝ったのはジューシーズ&パンサー。
だからお前の母ちゃんの言う事に従っていれば良かったのに、と言う太田。
そしてこの時の向井君の喜びようがすごかったすごかった。
あれだけ喜ばれたらテレビ側も本望という気がするよ。

そして武山の実家の店で『売れてま10』開始。
最初こそ美味しいものが食べれて嬉しいみたいなことを言っていた面々も
枚数を重ねるごとに微妙な表情に。
そしてもんじゃ4品くらいで腹八分目を超えているパンサー3人ともに
切れるジューシーズの3人。
つかパンサー3人とも小食だなー。

今回は『333(トリオさん)』初の2週またぎ企画となったため、ジャンポケは
2週連続お休みとなったのでした。

---------------------------------

……あれだね、さらっとあらすじを纏めるのって難しいよね……。

でもって感想。やっぱりグルメ企画っていうのは王道なんだなーと思った次第。
今回はリアルタイムで見れなかったわけなんですが(大阪いたからね)、これ
リアルタイムで見たらそんな時間なのにお腹空いてしょうがなかっただろうなーと。
普通に美味しそうでしたし実際美味しいんでしょうし。
それは皆のリアクションとか見ていても感じました。
そういえば、今回は別に店の紹介とか美味しさを前面に出す必要がなかったせいか
感想に対するダメ出しがなかったなーと。
熱海で海鮮丼食べた時はもっと色々ダメ出しがあったのに、と。
ただ今回に関しては(言い方悪いですが)店側に媚を売る必要がなかったというのも
あるんでしょうけども、ダメ出しをしなくても伝わってきたところもあったなあと。

これは完全に想像の範疇なので全く的を外しているかもしれません、と前置きして
書きますが、元々『333(トリオさん)』って3組の成長物語という部分もあったんじゃ
ないのかなーと思っています。全くテレビ慣れしていない若手芸人が色々な企画を
やっていくうちに徐々にステップアップしていく、みたいな。
最初2、3回の番組の作りの丁寧さとか見るとそうだったんじゃないのかなあ、と。
ただ、この辺りはスタッフ側の予想を裏切る結果だったのかもしれないですけども、
3組とも出来る人達なんですよね、実は。
知名度こそ低いしテレビもあまり出てはいないけれど、舞台経験が豊富だし
さまざまな経験を積んで先輩後輩やとにかく大勢と組んだ時に自分がどう動けばいいのかと
いう連携とか空気の読み具合とか、皆場数踏んでいるだけに出来てしまうんだよなあと。
酒飲み企画辺りから(スタッフ側の)番組に対する丁寧さが欠けて来たなーという印象が
あるんですが(気のせいかもしれないですけどね)、それってもしかしたら、こいつらは
別にこんな丁寧にしなくても出来るんだから大丈夫か、と判断されたということなのかなーとも
勝手に思ったりしています。
いいように取りすぎかもしれないですけども(笑)。

そしてやっぱりグルメ企画ということもあって、美味しそうに食べられる人っていうのは
強いなーとか思ったりしました。
多分本当に美味しいんだと思うんですけども、もちろん視聴者側には味も匂いも
分からないわけで、それをいかに伝えるか、伝えられるかっていうのは大きいなーと。
あんまりオーバーリアクションになってしまうと一気に嘘くさくなるので難しいところでは
あるんですけどね。

それにしても本当にジューシーズ強いなあー。何か持っているんだろうな。
とはいえこうなるとパンサーとジャンポケ、という絡みが見てみたくなるんですけどね。
この2組のみで何かするってほとんど見た記憶がないんですがありましたっけ?
個別だったりとか、ジューシーズも含めて3組で、とかなら見ますけども。
パンサーとジューシーズはシチサンで2組だけでやったりとかありましたし、
6人でトーク企画とかもありましたけど、パンサーとジャンポケの6人で、ってなると
記憶ないなあ。単に私が忘れているだけかもしれないですが。
まあ、『333(トリオさん)』が続けばそのうち見れると思うので、とにかく今は
この番組が少しでも長く続いてくれればなあ、と思う次第です。
あともう少し時間帯が早くなって全国ネットになったらいいな。
つか夜の11時15分からの枠で『トリオトリオトリオ』やって欲しいですマジで。
3組の知名度が上がれば出来ない話ではないと思うんですよね。
いつか見れる事を楽しみにしていますよ!ほんとに!




そうそう、武山の実家のもんじゃ屋ですが、パンサーもジューシーズも誰も
行った事がない、という話でしたけども、尾形君とか武山と仲いいのになーと
ちょっと疑問に思ったんですね。
でもそういえば、前に尾形君がツイッターでお金なくてご飯食べれないと言った時に
武山がじゃあ家の店で食べていけばと返したら、尾形君が今は金がないから
また今度、とかいうやり取りをしていた事があったなあと。
で、ちょっとツイッター漁ってみました。
以下引用。

>(尾形)お腹空いたなぁーーう! 飯食べる金無くなったなぁーーう!
>(武山)じゃあうちの店にご飯食べにきて下さい!
>(尾形)今日金無いから悪いから今度行く! サンキューな!
>(武山)もうこんなにこしらえたのに…結局ですね… 冷蔵庫で冷やしときます…

まあよくよく考えたら、武山のお母さんは尾形君(というかパンサーやジューシーズ)の
顔も知っているでしょうし、普段息子がお世話になっている先輩、というのも
分かっているでしょうし、となると普通にお客として接する(お金を取る)のも
なんでしょうし、でもそうなると今度は奢ってもらう事前提で店に行く事になるから
それはそれで申し訳ないし、とかなると確かに行き辛いよなあ、と。
ところでこのツイートですが、9/6でした。
いつだったかは忘れたので延々辿りながら、私何やってんだろうと思ったのは
ここだけの話です。

category: 333

tb: 0   cm: 0

黄金ノ郷~BENKEI外伝~ トークレポちょっとだけ追記  

そういえば今回の『333(トリオさん)』の感想をまだ書けていないのですが
明日か明後日には書きたいなと思っています。
シチサンライブが終わるにあたってのシチサンについて思う事とかも
書きたいし、色々書きたい事ばかりたまっていくなあ。ありがたいことですが。
そういやシチサンが終わるという事で最後にと今まで行けてなかった
ジャングルポケットのシチサンのチケットを取ってみました。
開演には間に合わないですが、せっかくなのであの空気を味わって来ようかなと。
惜しむらくはジューシーズのシチサンに一度も行けなかった事だなあ。
TOKYO 9の裏でやっていた回はちょっと無理してでも行っておけば良かったと今更。
あとライスのシチサンも行ってみたかったな。
……と後で悔やみたくないという理由でチケ取りまくっていたら今手元に20枚くらい
あって(発売されている分なので12月1月の公演分です)、いやそれはそれで
後悔の元じゃないのか、という気もしてきました。どないせいっちゅーねーん!


昨日、BENKEIトークライブについて書きましたけども、昨日書き忘れた事を
ちょこっと思い出したので少しだけ追記したいと思います。

BENKEIシリーズでは今まで、ライパッチとキャベツ確認中が出ていたのですが
今回はその2組の代わりにパンサーと御茶ノ水男子になった、ということで
アンケートでもそのことが書かれていました。
ただ押見さん曰く、「人気のあるパンサーと御茶ノ水男子が来てくれたおかげで
集客率も上がったし俺らは良かったけどねー」ということでした。
とはいえお客さんの中には納得いっていなかった人もいたようで、パンサー向井君の元に
お客さんが来て「私達のライパッチとキャベツ確認中を返して下さい!」と直接言われたとか。
いやいやいやいやいやいやいやいや。それ俺に言われてもさあ!、という気分だったと
思います多分。向井君。別に向井君が決めた訳じゃないですし。
ちなみに何で今回外されたかといえば、ライパッチは田中が酷過ぎた、とか。
確認したらwikipediaにあったので以下引用。
>グランジ遠山が、マンスリーよしもとplus二月号でのBENKEI~裏剣外伝~のインタビューにて、
>「一つ心配事がある」として田中の名前を挙げた。「一行のセリフを七回も噛む」らしい。
>また、それに対して五明が、URAKENの公演時、セリフを飛ばした田中が舞台上で
>「あれ?何だっけ?」と発言してしまったというエピソードを話した。
トークでもこんな感じの事を話していました。
相方の小林はダンスも出来るしすごく良かったんだけど、さすがに田中だけ切れなかった
からコンビ揃ってになったんじゃないか、という話でした。
でキャベツ確認中は……何でだっけ?(おい)。
ごめんなさい全く覚えていないです。

妖怪3人(前回記事参照)は死なないという設定だったので、刀で刺されて一見死んだと
思わせておいて、おもむろに立ち上がり「なーんちゃって」と言う、というくだりがあったん
ですが、そこで、「なーんちゃって。マッチョマーン」というザ・パンチのネタをやることに。
で最初は3人で揃えるという話になっていたんですが、2人が共謀して1人をハメようと
いうことになりまして、最初は五明さん、次が遠山さんが1人でやる羽目に。
そして次は重岡さんだったんですが、重さんは次は自分だと分かっていたということで
他のメンバーに、「俺はあえて引っかかるけどあいつらに騙された訳じゃないから」
というようなことを言っていたそうな。
で一回やったんですけども、もう一度引っかけようということになり、重さんは二回連続
1人でやる羽目に。
そしてすっかり疑心暗鬼になった重さん。休憩中も他2人を監視しまくり。2人で話してないか
ずっと見ていたとか。
で結局3人とも疑心暗鬼になって、次の回は誰もやらなかった、と。
最終的に千秋楽は3人揃って「マッチョマーン」をやって、客席から拍手も起こっていたそうです。

最後、妖怪が去るシーンで妖怪3人のモノローグが流れるんですけども、
遠山さんの喋り方がおかしい、と向井君の指摘が。
「あ、ここ笑わないんだ」と思ったとか。
いやラストだったし皆入りこんでたから、ということで(実際私も入りこんでました)
改めてそこだけ聞く事に。
遠山さん、確実にふざけたナレーションでした(笑)。
ちょっと言葉では説明出来ないんですが。すみません。


とりあえず思い出したのはこんなところですねー。また思い出したら書きますが
これくらいだった気もするしなーと。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

黄金ノ郷~BENKEI外伝~ 芝居&トークちょっとだけ感想  

昨日一昨日と大阪に行ってきまして、BENKEI外伝のお芝居を観てきました。
東京では仕事の関係で観れなかったということで、じゃあ大阪行ってまえー、と。
こんなことをしているから貯金が恐ろしい勢いでなくなるんだよな……。
あ、でもですね、土曜日の夜に友達とランディーズ中川さんの店(かしみん焼き「箱」)に
行ったんですけども、チュートリアル徳井さんっぽい人がお客さんで来ていましたよ!
まあ本人に確認はしなかったんではっきりしたことは言えないですが、多分徳井さんっ
ぽかったんだよなあ。プライベートみたいだったから声はかけませんでしたが。
やっぱ男前だったなあー。


でもってBENKEI外伝ですが、芝居とトークライブをそれぞれ観ることが出来ました。

【配役】
影助 (元? 征伐軍) 犬の心 池谷
海尊 (僧侶) 犬の心 押見

泰衡 (藤原家当主) ラフ・コントロール 森木
古五郎 (藤原家に仕える侍) グランジ 佐藤大
源太 (藤原家に仕える侍) パンサー 向井
権左衛門 (藤原家に仕える侍) 御茶ノ水男子 おもしろ佐藤

覚 (妖怪) ラフ・コントロール 重岡
山地血 (妖怪) グランジ 遠山
タンタンコロリン (妖怪) グランジ 五明

比企 (征伐軍) パンサー 尾形
宇佐美 (征伐軍) パンサー 菅
蔵丸 (征伐軍) 御茶ノ水男子 しいはしジャスタウェイ

(順番はパンフレットに載っていたままです)

まずはお芝居の方の感想。
いやー面白かった!それまでのシリーズを観た事はないんですが、これだけでも
すんなり話に入っていけて、すごいのめり込んで観ていました。
みんなやっぱり演技上手いなー。
ボケるシーンもあって笑わせつつ真面目なシーンはきちんとやって、殺陣もカッコ良くて
最後まで全然飽きずに観ることが出来ましたよ。ほんっと面白かった!
もうねー、やっぱし犬の心の二人が素晴らしいんですよ。特に池谷さん。
あの人の演技は本当に見応えがあるなあと。すごい引き込まれましたもん。
ジャスタウェイの殺陣がまたカッコ良かったー!池谷さんとジャスタウェイの殺陣の
シーンはほんっと息を呑みました。見応えありまくり。
まあ、比べるのもあれなんですけども、押見さんと尾形君の殺陣のシーンは……
以前パンサーのシチサンで、尾形君があまりにも殺陣が出来なかったから
どんどん削られていって、最終的には刀を合わせるところが1回のみになった、と
いう話をしていましたけども、大阪でも確かに1回でした(笑)。
あ、このシーンか、とか観た時に思いましたよ。

私が観た回は、森木がいきなり向井君の役名を間違えてしまいまして、
向井君に「源太だから!源太!」と言われる始末。
ちょうどその時が池谷さんとの初対面というシーンだったので、池谷さんも
「名前どっちなんだ」とか訊いてました(笑)。

妖怪が好き勝手しまくり暴走しまくりで面白かったです。
千秋楽は観れなかったんですが暴走しまくって時間押しまくったとか。
まあ、このメンバーだしなあ。


そしてトークライブの方の感想。とはいえほんっとにうっかりブログの事をすっかりと
忘れていまして、なんかもう普通に、というか欲望に忠実に(笑)見てしまっていたので
いつも以上に忘れている部分山ほどあったりするのでまあ軽く読んでいただければ。

トークライブは事前に配っていたアンケートを読みつつ質問に答えていく、という形式。
ちなみに皆さんちゃんと舞台衣装のままで来てくれました。
アンケートの内容は、今回の舞台だけでなくこれまでのBENKEIシリーズの話でも
いいので質問や感想等あれば、というもの。
そして最初に選ばれた質問。

「平成ノブシコブシ徳井さんの結婚についてどう思われましたか?」

なぜそれを訊く!? (笑)。
とはいえ皆さんちゃんと答えてくれましたよ。
その前からかなりの目撃情報(女性と子供と歩いていたなどの)があったため、
実は結婚してるんじゃないか、という噂はあったようなんですが、本人がかたくなに
否定するので違うのかと思っていたら、ということでした。
でも何人かは知っていたよ、と。
誰だったかなーグランジの大さんだったかなー(違ったらすみません)。
「あの人詰めが甘いんですよ。前に家に遊びに行った時に駅まで迎えに来てくれて、
で自転車で来てたんだけど、自転車に子供用のカゴ(座席)が付いてた」とか
あと誰だったかが、待ち合わせ場所に行ったら子供だっこして待っていた、とか。
毎日子供を保育園に送ってから仕事に行っているらしいです。
「サイコでも何でもねえじゃねーか!」って言ったのは重岡さんだったかな。
そういやその重岡さん、同期で一番に結婚して子供いるのは自分だと思っていたのに
違っていたのでちょっとがっかりだったらしいです。
そしてそんな話で結構盛り上がったんですが、
「なんでBENKEIの衣装でノブコブの話しなきゃいけないんだよ」
という誰かの言葉でこの話題はお開きになったんでした。

パンサーに関しては尾形君の演技はどうなんだ、と。
「今日は間違わなかったでしょ」「いや間違ってた」とかいう言い合いの後だったかな、
「ちゃんと出来てましたよ」とか尾形君が言ったら、客席の一部から小声で「ええー」と。
この小声って辺りがものっすごくリアルでね(笑)。
以前もシチサンで、菅軍vs.尾形軍という企画をやった時に、勝ったらなにがしたいかと
いう問いに対して尾形君が「俺にもネタを書かせろ」と言ったら客席の一部から
やっぱり小声で「ええー」と。
これさ、客席全部から「ええーっ!」だったら笑いにもなるんですけども、
小声だとリアルだから!
話がずれた。
殺陣のシーンも尾形君のせいで減らされたと。とばっちりを受ける形の押見さん。
東京の時は、「知り合いのかわいい子が来るからカッコいいところ見せたかったのに」と
言っていたらしいです(笑)。
で、芝居の途中、向井君が尾形君達征伐軍に人質として取られるシーンがありまして、
そこへ池谷さんが来てわざと刀を落として向井君がその刀で縛られている縄を切って
見つからないようこっそり逃げる、というくだりがあったんですよ。
ところがそのシーン、皆が池谷さんの方に注目していて向井君は誰も見ていない、と
いう流れのはずが、回によっては尾形君が向井君をガン見していたそうで(笑)
アンケートでもそれはおかしいだろうと突っ込まれていました。
あとなんか強く出ると途端に勢いがなくなるという話もしていまして、
森木が征伐軍に捕まるシーンで、森木の役は大人しくて争いを好まないという性格
なのもあって、捕らえられても「はい、はい」とか聞いているんですね。
ところが稽古中に「~ですけど!」とか強く出てみたら一気にしょぼんとなる尾形君。
メンタル弱いから、と言われ、「僕メンタル強くないんですよ」
認めちゃったよおい!(笑)。

アンケート読んで話を進めていたのは押見さんなんですけども、なんかやたら
気を遣って質問を読み出したんですね。「これはこの人がそう思ったってことだから」とか
さんざん前置きして。それまでは普通に読んでいたというのに。
で、なんだろうと思ったら菅さんについて、でした。
「菅さんのセリフが棒読みに聞こえる。もっと菅さんをいじった方がいいのではないか」
とかそんな感じの内容でした。
まあ確かにそんな抑揚ある喋りではなかったし感情を露わにすることもなかったから
淡々として聞こえたのかもしれないですけども、でも棒読みって感じではなかったと
思うんですけどねー私は。
途中で裏切るシーンがあるんですけども、めっちゃハマっていてうわあーと
思いましたし。
でもって、菅さんはあんまり先輩にも弄られないという話から、じゃあということで
重岡さんだけが弄ることにしたそうで、「おい、いつもの一発ギャグやれ」とか
楽屋で言っていたとか。
向井君が「そんなの菅さんやったことないのに!」と言っていました。
ただ当の菅さんは普段弄られないから楽しかったそうで、叩かれても嬉しそうだった
そうです。
で、じゃあ今菅さんを弄ろう、ということで重さんが菅さんを責めることに。
「お前はほんとどうしようもないよな。笑いの才能ねえしネタ作らねーし……」とかから
始まったんですが、あれ?これって菅さんっていうより、という内容が続きまして
「お前あれだろ、大きな声出しとけばいいとか思ってんだろ」辺りで客席からくすくす笑いが。
神妙な顔をして聞いていた尾形君が「すいませんでした」と謝る一幕も(笑)。
でもそこは「俺じゃねーか!」って怒った方が笑いになるんじゃないのかなー
ベタだけど。

向井君は「向井さんの可愛さの秘訣を教えて下さい」と言われ、早速顔を作り(笑)
溜めに溜めた後、「まあ、撮られ慣れてるってことじゃないですかぁー」
速攻で重さんに突っ込まれてました。
椅子から立ち上がる重さん。逃げる向井君。
そして重さんはなぜか菅さんを叩く、と(笑)。
なんか楽屋でもそういう流れが出来ていたらしいです。
楽屋で向井君が重さんに弄られていると菅さんが寄ってきていたとか(笑)。

向井君のツイッターでもさんざん暴露されていましたが、遠山さんが抱かれたい抱かれたいと
うるさかったという話で、結局はマッサージを呼んだということでした。
で遠山さんの相方の大さんはといえば、尾形君と大阪の街に繰り出して飲みに行って
「俺は女なんかいいんだよ。こうやって男同士で飲めりゃ」とか言っていたのに
ツイッターでやけに自分の位置を呟いていたと尾形君に暴露されていました(笑)。
写メを載せる時も「その○○商店街っていうのが写らないからもっとこっちに」とか
言われていたらしいです尾形君。

ジャスタウェイが殺陣で(だったかな)足を痛めまして楽屋でずっと冷やしていて
「痛み止め打つか?」「病院行く時間がないので我慢します」みたいな会話が
されていた頃、一方の楽屋ではおじさん軍団(笑)が鼻をほじりながら
「ジャスタウェイ大変らしいなあー」とか言っていたらしく、押見さんがジャスタウェイの
楽屋に行ってからそっちの楽屋に行って一気に気が抜けたとかなんとか。
その話の時に森木が「でも俺メールしたよね。……そっちの楽屋行くのめんどくさかったから」
いやいやいやいやいやいやいやいや。行ってやれよメールするぐらいなら!(笑)。

妖怪は普通の人には見えないという設定がありまして、で、妖怪リーダー(?)の重岡さんが
大さんを殴って大さんが訳も分からずきょろきょろ、みたいなシーンがあったんですけども
重さんが容赦なくものすごい勢いでガンガン叩いたため、大さんはふらっふらになっていた
そうです。舞台から捌けた後も「頭痛い」と言っていたとか。
でその話の時に「いや軽く叩いたら一番後ろのお客さんまで音が届かないから」と
重さんが言いまして、そうしたらすかさず向井君が「じゃあどのくらいの力で叩いたのか
尾形さんで実演してみて下さい」と(笑)。
何で俺が、と尾形君も言ったものの結局叩かれることに。
ものっすごい勢いで叩かれていて本気で痛がっていました。

結構な人数(12人)いましたしほとんど先輩ということで、パンサーはあんまり
目立たないままにトーク終わっちゃうんじゃないかなと心配していたのですが
いやいや頑張っていたなあと。特に向井君が。
向井君っていつ頃からか集団の中にいてもアグレッシブに前へ出ようとするように
なったなあと思います。いい傾向だなあと。
やりすぎると単にうざくなってしまうんですけども、向井君はその辺りの空気は読める
人だと思うので大丈夫かなーと。

あーそれにしてもすっごい楽しかったです。大阪行って良かった!

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

トリオトリオトリオとかシチサンとか  

大阪に来ています。

安いパックを使って来たので早い時間の新幹線に乗ることになりまして、

微妙に時間が空いたのでネカフェに来てみました。

でせっかくパソコン使えるならブログ更新しとくかー、と。

どんだけ書きたいことたまってるんだ私(笑)。

でも普段使っていないパソコンだとやっぱり勝手が違うんですよねー。

ちなみに私はかな打ちなので、まず最初に入力設定を直すところから

始めます。

キーボードも普段と違うと微妙に打ち辛かったり。今日入ったところは

まだ打ちやすいほうなんですけども、某メーカーのが個人的にほんとダメで

ところがネカフェって結構その会社のパソコンが入っているので、打ち辛いなーと

思いながら毎回使っていたりします。

まあそんなことはどうでもいいか。

あ、そうそう、「しちさん」と打ったら「七三」と最初に出て、そうだよなー普通そっちだよね

とか改めて思ったんでした。私の中では「しちさん」は「シチサン」だったので。



さて、先日のトリオ・トリオ・トリオ及びシチサンの感想をちょこっと。

どちらも配信されていますので、見たこと前提での軽い感想です。


トリオトリオトリオは開場は時間通りだったものの開演が10分遅れて

これ配信するのに大丈夫なんかなーと思っていたんですけども、

まさかあんなトラブルに巻き込まれていたとは

(シチサンで言われていましたけども、痴漢の冤罪で揉めて遅れたと)。

とはいえ前回の記事にも書いた通り、もしも駅員さんのところに

連れて行かれたとしたら問答無用で逮捕ですからねー。あの日

パンサー2人ともいなかった可能性もなかったわけではないわけでして、

そう考えると本当に良かったと思う次第です。

とはいえそんなことは全く知らないわけですから普通に楽しみましたけども。

あのお揃いのポロシャツいいですよねー。欲しいー。

うっかりツイッターに「Tシャツ」と書いてしまったんですけども、それは一応

理由がありまして、DOIみたいだよなーと思ったからなんでした。

DOIのお揃いのTシャツとかうちわとか密かに羨ましかったんで(笑)、

個人的にテンション上がりましたよ。ほんとぜひ商品化して欲しい!着るし!

ただこれまたツイッターにちょこっと書いたんですが、赤って合わせるの

難しそうだなーと。いやでもそこは愛で着るのか。

内容は配信されていますし結構時間も経っているのではしょりますが

(単に忘れたって話も)、個人的にツボだったのは、最初のコーナーで

トリオのうちの誰かが挑戦というとこでパンサー尾形君がずっと手を上げているのに

無視する相方の向井君、っていう(笑)。

いや無視したわけではなくて単に気付いてなかったんだと思うんですが

何度も手を上げているのに、と。

最初の、ケツバットをされるというところでジャングルポケット武山が

バレバレの演技をした時のジャンポケ太田の「バカ2人入れちゃダメだってー!」が

かなりきまして一人で大笑いしていました。太田の一言って本当にツボに入るわー。

やっぱり彼はすごいなと。

そしてちょっと前後しますが、尾形君が裏に行った後にジャンポケ&ジューシーズで

わちゃわちゃやり出した時、会場中がパンサー菅さんに注目しました(笑)。

やるの?菅さんもやるの!?、っていう。

みんなやっぱり見るところ一緒だなーと思ってちょっと面白かったです。

そして向井君が挑戦した時はMCが太田になったわけなんですけども、

コーナーが終わって暗転した瞬間、太田がマイクやカンペの冊子を向井君に

渡しに行っていたのがちょっとツボに入りました。

いやそんな速攻で返しに行かなくても。


そういやこのコーナーの時、チーム毎の対決じゃないの?皆で仲良く

相談しあって決めるの?、と訊かれて向井君が慌ててカンペ確認した時、

変顔してたんですよねー、向井君。

私の席からもちらっとしか見えなかったんですけども、配信でも映っていなくて

残念だったんですが、でもすごい分かりやすい変顔していました、ということで(笑)。


ところでこの日は結構前の席で見ることが出来たのですが、近くで見て改めて

思ったのが、ジャンホケ斉藤って、かっこいいよ……ねえ?

いやなんか最近すごくかっこ良く見えるんですけど、私間違っていないよな、と。

とはいえ、かっこいいよ!ではなく、かっこいいよね?間違っていないよね?、と

思ってしまう辺りはどうなのかとは思いますが(笑)。



シチサンはもうなんか、「おーんなーの敵!」がツボに入りまくってしまいまして(笑)。

翌日とか仕事中に思い出して笑い堪えるのに必死でした。

あの語呂の悪さとかすっごいツボだったんですよ。

そして尾形君も言っていましたが、ものすごい一体感(笑)。

見事なまでに揃いましたから。それがまたツポでした。

でもってコーナーのところで、♪関節大集合~、をそれぞれのコンビがやった

わけなんですけども、他のコンビがやっている間ずーっと菅さんと尾形君で

打ち合わせをしていて、あ、いや打ち合わせというか、菅さんが尾形君に

指示をしていて、これは何かやるんだろうなーと思っていたら

見事なコンビネーションを見せてくれてうおおーとなりました。

3組目だし自分らのシチサンだから何がしかしなきゃいけないというのは

あるんでしょうけども、今回は菅さんが積極的に参加してくれたのがまた

嬉しかったですねー。

向井君も言っていましたが、菅さんあんまりああいうのやらないですから。



次回のシチサンは正月休みに入るので問題なく行けるんですけども、

その前日のシャッフルトークがちょうど仕事納めの日なので行けないんですよね。

あー行きたかったー!菅さんとマヂカルラブリー野田さんのニコニコ動画トーク

聞きたかったー!

後日でいいから見ホーダイに上げてくれないかな。

category: お笑い

tb: 0   cm: 0

暫定的パンサースケジュール  

毎度書いていますが漏れとか変更とかあるかと思われますので参考程度に
見ておいて下さい。
基本、自分でチェックするために書いているようなものですし。
実際、毎回漏れがあってびっくりします。
つか向井君、営業があるならせめて前日に呟いてくれようー。
当日にツイッターで言われても対処出来ない事の方が多いんだよー。
と、こんなところに書いても本人には届かない叫びの後、今後のスケジュールです。


<12月>

■4日
黄金の郷 14:00 17:00 ABCホール
「333(トリオさん)」 26:55

■5日
黄金の郷 14:00 ABCホール
黄金の郷 トーク 17:00 ABCホール

■7日
ドラマ部課外活動 19:00 品川プリンスシアター

■8、9日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■10日
よしもと東北ロード 仙台パンサー 19:00 仙台市戦災復興記念館記念ホール

■11日
ミルククラウンの「ぴったりの曲」 18:00 浅草 雷5656会館
「333(トリオさん)」 26:55

■17日
花金寄席 21:00 渋谷公園通りシアターD

■18日
ラン!ラララン!…南へ 16:00、19:00 神保町花月 
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)
「333(トリオさん)」 26:55

■19日
年末恒例!! アイドル歌合戦 14:30 渋谷無限大ホール
カナリアの大奥 22:00 新宿ルミネ (菅)

■21日~23日
「バルボラーチョの夜は更けて」 19:00 神保町花月

■22日
<オールナイトライブ>年忘れ 24:30 新宿ルミネ

■23日
AGEAGE LIVE 17:00 渋谷無限大ホール
トリオ・トリオ・トリオ 21:45 渋谷無限大ホール

■24日
「2010夢の芸人生活その実態を発表する会」 16:00 草月ホール
LLR福田がしゃべる 18:30 草月ホール (菅)
「バルボラーチョの夜は更けて」 20:00 神保町花月

■25日
「バルボラーチョの夜は更けて」 16:00、19:00 神保町花月
「333(トリオさん)」 26:55

■26日
業界イチの青田買いライブ 10:00 新宿ルミネ
コントバトルG1 19:00 新宿ルミネ

■28日
もう一度見たいシャッフルトーク パンサー×マヂカルラブリー 12:00 渋谷無限大ホール
AGEAGE LIVE 17:00 渋谷無限大ホール
AGEAGEチャレンジ 19:30 渋谷公園通りシアターD
「∞男子寮~AGE AGE荘~」発売記念イベント 21:45 渋谷無限大ホール

■29日
シチサンLIVE 19:30 渋谷無限大ホール

■31日
COUNTDOWN10→11 22:00 神保町花月
2011年初笑い ネタだいたい30連発!! 25:30 新宿ルミネ


<1月>

■1日
新春! ネタ&コーナーライブ 14:00 渋谷無限大ホール
新春初笑い!紅白カラオケ歌合戦~2011 18:00 渋谷無限大ホール

■2日
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■4日
ショータイム~コントでダンスします 13:00 品川プリンス ステラボール (尾形)
「さよなら、絶景雑技団~追加公演~」 19:00 品川プリンス ステラボール (向井)

■5日
アームストロング栗山が聞く~お正月SP~ 16:00 品川プリンス ステラボール
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■6日
新宿夜寄席 LUMI☆NETA120 19:00 新宿ルミネ

■9日
僕らの休み時間 19:00 神保町花月 (向井)

■11日
おおぎりくん 19:00 神保町花月 (菅)

■13日
トリオ組合SP 21:15 神保町花月 (菅)

■15日
よしもと次世代芸人 全国制覇ツアー 13:00 堺市民会館大ホール

■16日
パンサー尾形軍曹の「うごけっ!」 18:30 浅草 雷5656会館

■17日
新ニホンコントLIVE!~トリオカーニバル~ 19:00 新宿ルミネ

■18日
神保町花月スケッチコメディ 21:15 神保町花月 (向井)

■20日
京橋ナイト・ステージ 東京芸人 大阪無茶修行~パンサーの章~ 19:30 京橋花月

■21日
LUMI☆NETA 90 19:00 新宿ルミネ

■22日
週末よしもと『極笑7』 13:00、16:00 サッポロファクトリーホール

■23日
週末よしもと よしもと次世代芸人 全国制覇ツアーin音更 12:00 音更町文化センター大ホール

■30日
浅草花月レギュラー公演 11:30、13:00 浅草 雷5656会館
バッファロー吾郎と椿鬼奴の超激アツ無限大ライブ2 17:00 渋谷無限大ホール



相変わらず12月第3週(言い換えれば向井君誕生日週)がごそっと空いているのが
気になるんですけども、何かあるのかな。私が知らないだけ?


明日明後日は大阪にBENKEI観に行ってきます。東京は行けなかったので初見です。
たーのーしーみー。
なので週末はブログの更新もペタも出来ないかと思われます。
にしてもブログは色々書きたい事溜まってるなー。トリオトリオトリオとかこないだのシチサン
とか。シチサンに至ってはその前の回のも書けないままになっているんだよなー。
もっと時間が欲しいです。あー金持ちニートになりたい(最近の口癖・笑)。

category: パンサー

tb: 0   cm: 0

昨日のシチサンからあれこれ  

昨日のシチサンをご覧になられた方はご存じと思いますが、パンサーの向井君&尾形君が
痴漢冤罪の被害に遭ったと。どうも(シチサンでは大分ぼかしてありましたが)その相手の
女性がかなりアレな人だったらしく、まあ完全に濡れ衣だったんですけども。
で、その話の中で駅員のところに行くと女性に言われて、向井君側も実際やっていないから
身の潔白を証明するために行きますと言ったら、その時一緒にいたLLR福田が
「駅員の所に行ったら問答無用で逮捕されるから止めた方がいい」みたいなことを言って
止めた、と。
ちなみにちょっと調べてみたらこんなサイトが出てきました
All about ボクはやってない! 痴漢に疑われたら?
このサイトから引用。

(駅事務所に行った場合)
>鉄道会社では、痴漢のマニュアルが用意されているのが通常であり、
>あなたの言い分など一切聞かずに鉄道警察に突き出されてしまうからです。
>警察に突き出されてしまったら、その場で現行犯逮捕され、その後否認を続ける限り、
>警察の留置場での約3週間の勾留生活が待ち構えています。

……多分ですけど、まず高い確率で吉本クビになりますよね、これ……。
この場合、"痴漢の疑いをかけられて捕まった"という事実だけが残る訳でして、
実際に何もしていなくてもそれを証明する事はかなり難しいわけです。
これがまたおかしなところな気もしますが、事実と真実ってイコールなわけでも
ないんですよね。本当の事ではない事実がまかり通る事もあるわけでして。
実際に何もしていなくても、あれだけ芸人を抱えている吉本からしたら、
それこそ替えはいくらでもいるということで簡単に首を飛ばせるだろうなと。


もうかなり前の話ですし、今はもう復帰して結婚もされているので名前は伏せますが
吉本所属の某芸人さんのところにファンの子が来て、で年齢を訊いたら19歳とか言って
だったらと関係を持ったら実は14歳で、逮捕即解雇、という事件がありました。
その芸人さんはテレビも結構出てましたし他の芸人さんの間でも高い実力を
評価されていた人なんですけども、もうほんと即解雇でしたし、その人が
レギュラー出演していた番組を逮捕後に見たら、その人の部分全部カットな上
パネラー席の名前がチラッと見切れるような部分すら全部モザイク入り、という
徹底ぶり。
いや正直、そこまでするほどの犯罪か?、と。
だってある種この芸人さんも被害者なわけですし。
結局まあ色々な(吉本超人気)芸人さん達が会社側に動いたようでその芸人さんは
無事復帰出来たわけなんですけども、ただでもほんと怖いよなあと。
本人の意思で犯罪に手を染めるのであればもう自業自得だからどうしようもないん
ですが、騙される形とか言いがかりをつけられる形で巻き込まれて、となると
気をつけてねといっても限度があるでしょうし。
ただでもほんっとに気をつけて欲しいですねー。
顔が売れるっていうことはこういうことに巻き込まれる可能性も上がるってことですから。


吉本側にしてみれば芸人の替えはいくらでもいるんでしょうけども、
私にとってあなたはただ一人なんだよと思う訳です。
少しでも長い間見て応援していきたいですし。とはいえまあ言えるのは本当に気をつけてと
いうそれだけなんですけども。
あとやっぱり知識があるって大事な事なんだなあと。
「知識は荷物になりません。あなたを守る懐刀」 (by冒冒グラフ)

そしてもうほんと声を大にして言いたいです。
福田ありがとーーーーーーーーーーーーーーーう!!!!!
いやもしあなたがいなかったら、今頃ほんとにパンサー解散とかいう目に遭っていたかも
しれないと思うとね!
ありがとう福田。今度なんかグッズでも買うよ(笑)。

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

佐久間一行presents A面B面~ネタ2本やります~ ちょっとだけレポ  

日曜はこのA面B面と、トリオトリオトリオに行ってきました。
まずはA面B面のレポ……の前に、南海キャンディーズ山里さんのツイッターで
おお、と思ったものを引用。
国語の授業がだるい、という人に対する返信。

>為になるという意識が持ちにくいからですかね? でも、言葉を頭の中で
>しっかり考えるクセをつけると、妄想力や想像力が増して、日々の楽しみが
>めちゃくちゃ増えます! そのトレーニングだと思って!

いやもうまさに!やっぱ山ちゃんすごいわー、と。
私がツイッターを始めた理由の一つが山ちゃんをフォローしたかったから、なんですが
この人のツイートはどれも本当に面白くて、なんというかもう大好きです。
個人的に、どのツイートも面白いなーと思う人は、山ちゃん、トータルテンボス大村さん、
ブラックマヨネーズ吉田さん、ですねー。外さないなーと。
そしてパンサー尾形君のツイートはもれなくどれも和む辺りがまた違った意味で
すごいなと思う次第です。
以前、パンサー菅さんが相方2人の長所を一言で答えろと言われた時に、
「向井はすごい。尾形さんも違う意味ですごい」と言ってたんですけど、いやもうまさに。
まあ、菅さんはまた別の意味で言ってたんでしょうけども(笑)。


ではレポです。が、ほぼネタのみでしたし日数も経っているということで軽く。
出演者は(チケットページからコピペ)
佐久間一行 / パンクブーブー / POISON GIRL BAND / ブロードキャスト /
LLR / パンサー(お笑い) / 永井佑一郎 / コンマニセンチ / デッカチャン / はいじぃ
でした。
佐久間一行presents、ということで、さっくんがMCも担当。まず最初に出てきまして、
「皆さんアンケート用紙見ました?」と。
アンケート用紙が事前に配られてたんですけども、それぞれの出演者名が書かれていて
それぞれに対して感想が書けるようになっていたんですね。
で、出演者名の枠もそんなに大きく取れないからということで、
「パンク
 ブーブー」
とか、
「POISON GIRL
  BAND」
とか書かれていたんですけども、なぜかコンマニセンチだけは
「コンマニセン
    チ」
となっていまして、まずそこに突っ込むさっくん。
コンマニセンチに対して悪意があるよね、と(笑)。
あーこれ写メっとけば良かったなー。うっかり捨てちゃったんですよね。
ちなみに最初ということで声出しも行ったんですけども、
「コンマニセン」「チー!」でスタートとなりました(笑)。

このイベントはA面B面、ということで、まずA面では普段やっているネタを披露して、
B面では普段やらないネタをやる、という企画。
なのでまずA面で10組だーっとネタをやりまして、それからB面でまた10組ネタ、と。
色々見れて、なかなか美味しい企画でした。
ただやっぱりA面B面というのは難しいのか、そこまで変化はつけられない人が
多かったですけどねー。でも単にネタ2本見れたのは嬉しかったなーということで。

で、まずA面10組。印象に残ったところだけちょこっと。
LLRはトップバッターでした。やっぱりさすがだなーと思ったのはがっちりお客さんの心
掴んでいくんですよね、最初から。やっぱ上手いなーこの人達。
ネタは色々なものを競馬になぞらえて、だったかな。確かこっちがA面だったような。
嵐ネタがあったので、嵐ファンのHちゃんとHさんに今度話そうと思います。
LLRは福田がネタ作ってるんですよね。やっぱり頭いいなーと思わせる部分が随所に
感じられて、個人的に好みだったりします。頭いい人好きなんで。

パンサーは3組目。ネタは菅さんが向井君の事を好きだというドッキリ、でした。
こないだの「シンガタ」でもやっていたあれですね。
このネタは前にも書きましたけど時間気にしなくていい時だと安心して見れていいなー。

4組目がはいじぃ。男性1人が出てきたのであれ?、と思っていたんですが、
なんしぃ(大好物)と勘違いしていたことに気付きました(笑)。いやピンでも出るんだ、
とか思っていたんですよね。
イラストネタで、私は初めて見たのですが(そりゃなんしぃと間違っていたくらいだからね)
面白かったです。英語の教科書の文ってめちゃめちゃなの多いよね。
「これは椅子ですか? いいえ、これはペンです」(笑)。

9組目が佐久間一行。さっくんのネタは面白いのもありますけど和みますね、なんか。
10組目(トリ)はパンクブーブーでした。がっちり締める辺りがさすがトリだなと。

でもってB面(A面と順番は一緒)。
LLRは超能力が使えたら、ネタ。昨日のAGEAGE SPでもやったのかな?
ツイッターの実況見ていたらそんな感じだったので。
福田「俺空飛べるようになりたいんだよね」
伊藤「空飛べるようになれたら、変わりに友達誰もいなくなるよ」
みたいな感じで。めちゃめちゃ面白かったです。
友達いなくなるをガンガンおしてくる伊藤ちゃんがツボすぎました。

パンサーは何するんだろう、と思っていたら、向井君の声でアナウンスが。
「このコントは、普段ネタを作らない尾形貴弘が作ったコントです」
多分会場が一番ざわめいた気がする、この時。
ネタは春の単独でやった(んですよね? 夏の大阪でもやったようですが)
青春コント。サッカー部の尾形先生(顧問)と向井キャプテンと女子マネージャー菅良子(笑)。
菅さんの女子高生姿ですよ!貴重!足細っ!
そういえばちょっと話がずれるんですけども、先日のAdachildsレポで書き忘れてたんですが
菅さんが御茶ノ水男子しいはしにマイクを渡そうとしたら機械が取れなくなって
ズボンごと渡した、というくだりで、最初しいはしはズボン持って歌ってたんですけども
面倒になったのかそれを穿いたんですね。
ところが途中でひっかかりまして(ここでちょっと客席がざわめきました)、まあ結局
穿いた事は穿いたんですけどもかなりきつきつでウエストも閉まらなかったんじゃ
ないかなあれ。
それ見た時、菅さんって足めっちゃ細いんだなーと思ったんでした。
で今回改めてスカート&ハイソックス姿の菅さんを見て、やっぱ細っ!と。
向井君はピース又吉さんらがやっているフットサル部の鴉ユニで登場。
ちょっと大きい気がしたんですけども、尾形君から借りたのかなあれ。
尾形君はいつもの、日本代表のユニでした。
このネタ初めて見たんですけども、いやあ素晴らしかったよ!
やらされてる感は出しつつもちょっと楽しんでいる2人がなんともツボでした。
向井君が尾形君を褒めるシーン(「かっこ良くて、たよりになって、サッカー上手くて……」とか
延々続く)では、途中でなぜか自分の手を見る向井君。カンペ見ないと褒められない
らしいです(笑)。
途中でGReeeeNの『キセキ』が流れたんですけども、歌っているのが尾形君で
しかもその歌がまためちゃめちゃで(これなー、ちょっと説明出来ないですすみません)、
その曲が流れている間、尾形君が向井君を励ます、というシーンだったんですけども
向井君がずーっと笑い堪えていて、俯いて体震わせているのがなんともツボでした。
いやーいいもん見れた。
あ、菅さんの女子高生姿かわいかったですよ。髭生えてたけど。


最後は全員登場して告知など。
パンサーはこの後「トリオトリオトリオ」があるからてっきり飛び出しかと思ったんですが
普通に3人ともいて、いいんだ、と。
いや確かに時間には充分間に合うんですけども、リハとか打ち合わせとか
なかったんだろうか、ということで。
とはいえ最後まで見れてラッキーでした。

いやー楽しかった!浅草渋谷のハシゴはちと辛いかなーとも思ったんですが
(つっても電車1本だけど)、行って良かったです。
ただ、先週木曜にSuicaに1万円チャージしたんですけども、金土日とあちこちの
舞台に行きまくっていたら、日曜に最寄駅に着いた時点でチャージが5000円ちょいに
なっていました……。
さすがに行きすぎたか(笑)。
いやいやでも、楽しさプライスレスですよ!(と自分を慰める)。


そして行きすぎたかとか言ってますが、今日はパンサーのシチサンに行ってきました。
でもって以下自慢(笑)。

写真貰ったよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

都会で奇跡のやまびこ!?
(あんま綺麗に撮れなかったごめんなさい)

シチサンライブって、終了後に写真のプレゼントがありまして、チケットの半券を
引いて当たった人が貰える、というものなんですね。でシチサン何回か行ったんですが
全く当たらなくて(まあ、当たる確率低いからね)、今日も完全に諦めてたんですけど
いきなり私の番号呼ばれまして。
いやーびっくりしましたよ。
しかも、菅さんから貰ったんですよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
前の方の席だったので、これ当たったら菅さんから貰えるよなーとは思ってたんですけど
(菅さんは基本的に前の人にしか渡さないので。つか舞台降りようとしないので・笑)、
まさか本当に貰えるとは!
びっくりしすぎて、貰う時多少挙動不審になっていたかもです。あーあーあー。
嬉しいなぁーーーーーーーう!菅さんサンキュー!

category: お笑い

tb: 0   cm: 2