ホーム

パンサー単独ライブ 「真夏の夜の夢」レポ その1

2010年09月30日 23:09

※注意事項
普段ここに来て下さっている方に配慮して、パンサーに全く詳しくない方向けとして
書いています。ので、ファンの方からすれば、『そんなこと知ってるよ!』とか
『注釈長っ』とか思われるかもしれませんが、ご了承ください。
というか私もそんなに詳しい訳ではないので(何せハマって1ヵ月半とかその程度)
間違い等があれば指摘していただけると嬉しいです。


先日の土曜日(9月18日)、パンサーの単独ライブに行ってきました。
場所は草月ホール。青山、というか渋谷に近い感じのところなんですけども
なぜか神保町の方だと当日まで思い込んでました。ほんと謎すぎる。
まあ気付いたから良かったんですけど、うっかり神保町行ってたら間に合わなかったな、これ。
この日は、初めてのホールということもあって早めに行く予定だったんですが、
差し入れにつける手紙をものすごい本気テンションで書いてたら出掛ける時間になってて
慌てて飛び出した、っていう。
そういや手紙ですけど書いてたら5枚になってました。
つくづく、短くまとめる事が出来ないんだよなあ、と思う次第です。

でもって無事に会場着いて差し入れも預けてグッズも買って、いざ単独の始まりですよ!
誰かの(お笑いの)単独ライブなんていつ以来だろう。多分あの人以来だなーとか
思ったんですが、これ言ったら歳がバレそうなので言わないでおきます(笑)。
そうそう、元々レポ書くつもりはなかったので記憶飛んでる部分も多いかと思います。
あとセリフとかは大体こんな感じだったなー程度で読んでいただければ。
そんな10日前の事とか完全に覚えてるわけないじゃーん!と開き直りつつ。

まず最初にパンサーのメンバーについて (通称は私が勝手に呼んでるものです)
尾形貴弘 (通称おがちん) ボケ(&いじられ)担当 33歳 東京NSC8期生
菅良太郎 (通称菅さん・かんさん)  ボケ(&ネタ作り)担当 28歳 東京NSC9期生
向井 慧 (通称むーちゃん) ツッコミ担当 24歳 東京NSC11期生


開演前、何か聴いた事のある音楽流れてるなーと思ったらTommy february6で
菅さんの趣味来たぁぁぁぁぁぁぁ!!!!! と一気にテンションの上がる私(笑)。
ちなみに菅さんは、「中学校の頃から『人殺した事あるんでしょ』と言われた」(本人談)
というような風貌で、「麻薬の売人」とか「EXILEの新メンバー」とか形容される事も
あったりするんですが実際はかなりの乙メンだったりするんですね。
そんな菅さんの好きなトミーが流れてて、ふおおおおおー!となりましたさ。
そして開演、の前に前説。
ジューシーズ来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
まさかのジューシーズですよ!いやあびっくりしました。
普通前説ってあんまり売れてない若手がやるもんだと思うんですが(ごめんなさい)
ジューシーズは単独ライブもやれてしまうくらいの人気で、AGEAGEでも上位に来ることが
多かったりもするんですね。まあなのでほんとびっくりでした。
あ、今回の単独は、よしもと若手祭りという感じで色んな若手芸人がそれぞれ単独を
やる、というものなんですが、ジューシーズはトリオ組合として呼ばれたそうです。
なので
「僕ら別にパンサーより下とかそういう意味で前説してるんじゃないですよー」
「いや、人気実力ともにパンサーの方が上です」
とかいうやりとりもあったりしました。
でもって、よしもとのライブに行った事のあるかたはご存じと思うんですけど、
舞台中は写真撮影とかもちろんダメなんですけど、前説の時はOKなんですよね。
なのでみんなばしゃばしゃ撮ってたんですが、よりによって私この日携帯電話を忘れまして。
ああー撮りたかったー。何で忘れるかな私。

そしてジューシーズがはけて、いよいよライブスタート!
最初は心理テストネタ。むーちゃんとおがちんの二人が舞台に。
大学生だったかな、の設定で、二人で椅子に座り心理テストの本を読みつつお喋り。
青色で思い浮かぶ人は、とか訊いて、その人をどう思っているか見る、というもの
(ちなみに色は適当ですんで)。
向「黄色は?」
尾「黄色は……向井だな」
向「俺? えーっと黄色は……恋愛感情を持っている相手、だって。……いやなんだよその目!」
にじり寄るおがちん、引くむーちゃん、そんな時に部屋に入って来た菅さん。
この時の、見てはいけないものを見てしまった、という顔で無言で去ろうとする菅さんの演技が
個人的にすっっっごいツボでした。
で、おがちんのそれも冗談だったということで今度は三人で心理テスト。
向「茶色は?」
菅「茶色は、二人いるんだけど」
ここでくすくす笑い出したり、えっとなったりする客席。
ちなみに茶色は、「嫌いな人」
まさかこの二人なんじゃ、という空気が客席に流れる中、
菅「一人は尾形だろ」
もう一人は、というと、なぜか田○陽子センセイ(笑)。
菅「尾形と田嶋○子で競ってんだよな……あ、やっぱ尾形」
がっくりくるおがちんがなんともツボでした。

うーん。文章で説明するとコントって微妙になるんだよなあ。面白かったんだけど。
まあなのでコントの説明はこんな感じだったー程度で読んでいただけるとありがたいです。
いやだってさ、書いといてなんだけどお笑いって説明するもんじゃないから!

そして1つ目のコントが終わってオープニングV。あれってなんか元ネタあったのかなー。
ものっすごくかっこいい感じのVでした。モノクロで(もはや記憶が曖昧なんですが)
上半身裸の3人が、よしもと本社の庭で(笑)ビーチフラッグをやるっていう。
……あれおかしいな。これまた説明すると全然かっこよくないんですけど(笑)。
でもほんとかっこ良かったです。
ただ、これ私だけじゃないと思うんですけど、むーちゃんがトークとかで時たま
「僕、お腹ぷにぷになんですよ」とか言うもんだから、ついむーちゃんのお腹ばっかり
注目してしまいましたよ!でもしょうがないよねえー!(誰に言ってるの?)
オープニングV、ほんとかっこ良かったなあ。もう一回見たいわ。
つか全部もう一度見たいんでDVD化を切に希望!

そして2つ目のコント。会議。
新しい女性アイドルグループを作ろう、というものでした。
で、どんな人材がいいかという話で、センターはかわいくておしゃべりで仕切りの出来る子、と。
ここで、あー!と思いましたよ。そうきたか、と。
そして横には元気が良くてスポーツが出来る明るい子、と。
ここで客席のほとんどが気付いて、くすくすと笑い声が。
とはいえここ読んでる方はピンと来ないと思うんで説明しますと、センターがむーちゃんで
元気が良くてスポーツが出来るのがおがちんに当てはまるんですね。
で、3人組ということでもう一人は当然菅さんに当てはまる人、ということで客席が期待する中、
菅「ミステリアスで、髭が生えてて……」
向「何で髭生えてんだよ!女の子のアイドルグループだろ!」
そこで気付いたむーちゃん。もしかして僕らをアイドルグループとして売り出そうとしてます?
と訊いたら菅さんがひと言
菅「おじさんがアイドルだっていいじゃないか!」
いいと思います! (超笑顔で)

ブリッジV 「尾形吹っ飛ばされ選手権」(だったかな?)
エレベーターから出てきた芸人さんにおがちんがいきなりタックルをしかけて、
吹っ飛ばされた距離を競うというもの。
巻き込まれたメンバーは(覚えている限り)、マキシマムパーパーサム、犬の心押見、ネゴシックス、
ピクニック、ジューシーズ児玉・赤羽、ウーマンラッシュアワー、ライス関町
名前があがる度に歓声があがったり、この人が出るの!?、という驚愕の声が上がったり。
基本的には意味が分からないままにも(ネタか何かだと理解して)乗ってくれるんですが
押見さんにはマジ説教されてました(笑)。

この吹っ飛ばされ選手権は2回に分けて流れたんで、どっちでだったかは忘れたんですけど
尾形ドッキリも行われました。
おがちんには、ジャングルポケット武山(仲のいい後輩)が来ると教えておいて、でも実際来たのは
ラフ・コントロール重岡(先輩)という。
重さんの名前が出た瞬間の会場のどよめきがまた!(笑)。
これ、ちょっと説明しておきますと、以前ラフコンのライブにパンサーがゲストで呼ばれた時、
おがちんが寝坊して遅刻したんですね。で、ラフコンの二人は別に怒ってはいないけど
ドッキリやろうか、という話になりまして。
遅れて来たおがちんに重さんが本気で怒って楽屋に戻ってしまうんだけど、「ドッキリ」と
書いた紙を持って客席から登場、という流れで行ったんですね。ちなみにでかい声では言えませんが
つべ漁ると出てきたりします。
で、まずそのドッキリが1回目。
そして次。3月だったかなのAGEAGE、MCが仕事で来れないということで開始2分前!に
その次の(シチサン)ライブでたまたま楽屋にいたパンサーにMCお願いします、というお達しが。
ちなみにその時楽屋にいたのは、むーちゃん&菅さん。おがちんは外のゲームセンターに
行ってたとか。
とはいえ別に本来は自由時間なのでゲーセンに行こうが何しようが全く問題ないんですが、
その日のAGEAGEにラフコンもいたということでか、またドッキリをやろうと(笑)。
でまた重さんが本気で怒ってうんぬん、っていう。
そんな二回のドッキリに華麗に引っかかったおがちん。そして今回が三回目、と
(つか私が知らないだけでもう何回かあったりするのかもですが)。
まあ、そういうこともあってですね、客席のどよめきがですね(笑)。
そしてV。本気で怒る(演技をする)重さん、一気にしゅんとするおがちん。
何度でもドッキリに引っ掛かるおがちんが愛おしすぎてたまらんです。
この人はほんとずっとこのままでいて欲しいわー。

なんかちょっと長くなったので今回はこの辺で。
スポンサーサイト

パンサー コメント: 2 トラックバック: 0

第6回ロザンのトーク その4

2010年09月24日 23:24

先日、課外授業in堺に行ってきました。
その前にせっかくだからとびっくりドンキーも行きました。
ロザンファンになってから初のびっくりドンキーということでテンション上がりまくり。
「メニューおっきいね」とか、ハンバーグにパイナップルを乗せる是非について話し合ったり
しましたよ。
ただ、
「わーこんなところにびっくりドンキーがあるーびっくりだねー」
を言い忘れたことが悔やまれてなりません。
次回は……次回こそは。そしてHEPの観覧車乗った後にドンキの観覧車乗るんだ!

そして終了後は、4人で連れ立って$10の浜本さんのお店(焼き鳥屋)「ハマー」に行きました。
めっちゃ楽しかったですし美味しかったです。
関東ではレモンサワーになっているあの飲み物もちゃんと"チューハイのレモン"ですし
鍛高譚もあるし、ということでもちろんいつもの流れで頼みましたさ。
あと梅酒が美味しいんでついつい飲みすぎました。

そういやそのメンバーでなぜか私は先輩ということになっているんですが、
そんな先輩コント(?)を繰り広げていたら店員さんに2度ほど、
「何の集まりなんですか?」
と訊かれました(笑)。
1回ならともかくさすがに2回訊かれるとは思わなかったわ。



さて、そんな課外授業も終わったというのにトークレポですが何か問題でも?(大問題)
自分備忘録&中途半端にするのもなあ、ということで書きます。
とはいえもうさすがに記憶もあんま残ってないので軽く。

菅ちゃんが名古屋で取材を受けたという話。でも取材の割に全然下調べをしていなかったようで
ご立腹の菅ちゃん。ただでもほんと正当な怒りでしたけどね。なにせ『京大芸人』を知らなかった
ようなので。一般人が知らないのは構わない、でも取材する人間が知らないのはどうかと思う、
という旨の事を言っていて、ほんとそうだよなあ、と。つかそんな知らなくて逆に取材出来るの?と。
名前も、「すがさん」が言い慣れていない感じで、「かんさん……、あ、すがさん」とか言う始末
だったとか。
つか、これどの媒体でもそうなんですけどもインタビュアが下手くそだとほんっと腹立ちますね!
すっごいいいこと言ってるから何度も見たいと思うんだけど、インタビュアが下手すぎて
イライラするのであまり見返せない動画とかありますもん。なんかもう私にインタビューさせろ、
とか思う事もたまに。少なくともお前よりこの人の事知ってるわ!とか。
話がずれた。
とにかくそういう仕事としての責任を果たさない人が大嫌いなのは2人とも共通しているということで
次は営業で腹が立つ話。何人かの芸人さんが一つの色紙にサインを寄せ書きする場合、
もしも菅ちゃんが社員だったら一人ずつ大体このくらいのスペース使って下さいということで
薄く線を引いておく、と。そんなん後で消せばいいんだから、と。
でもそれもしない。ひどいのになると全部で何人いるかも把握していない。
で、まだ最初の方に色紙が回って来たら大体このくらいの大きさで、とか考えて書けるけれど
最後の2人とかで回って来て、しかもスペースがやたらと余っていたら……、といったところで
「分かる!お前の言いたい事分かる!」と。
とメモに書いてあるんですが、これどっちがどっちでしたっけ。この辺かなりおぼろげですすみません。
最後に回って来てスペースが大きく残っていたら大きく書かざるを得ない、でも貰った側は
書いた順番なんて分からないから、『宇治原自己主張しすぎじゃね』とか思われてしまうかもしれないと。
客席に、もし吉本の社員になったら寄せ書きの時は人数数えておけ、というお達しもありました(笑)。

学祭に呼んでもらう事もありがたいことに結構あるのだけれど、大学って何気に辺鄙なところに
あったりするから、行く時に道に迷ってしまう。でも迷うポイントなんて大体一緒だろうし
何度も訊かれているはずなのだから、(迷う)ポイントで立っといたらええやん、と菅ちゃん。
もうね、今更言う事でもないんですけど、菅ちゃんの合理的思考には惚れ惚れします。
なんかもう、単純にかっこいいわー、と。
今回のトークでもそういう姿が結構見れて個人的に嬉しかったです。

で、この後はゲストが登場してトーク。ゲストはすずらんと三戸キャップでした。
三戸君の漢字が今一つ自信なかったので検索してみたら、左利きなんすね彼。
菅ちゃんと一緒かーほうほう、とテンション上がる私。
ゲストコーナーは今回割愛しますが、宇治原さんが専門用語で説明→菅ちゃんが分かりやすく説明、
という流れが今回も見れて面白かったですし興味深かったです。そして宇治原さんゆとり教育に
反応しすぎです(笑)。
そういや今日のタイムショックで「ゆとり教育」を答えさせる問題が出て思わず笑いましたさ。


ということでこれにてトークレポ終了です。次回はもうちょっと早く終わらせたいもんだわ……。
その前にもう少しがっつりブログも書きたいです。さすがに9月これで2回目、っていうのは。
確認してびっくりしましたよ。
まあでもトークレポが一応終了したということで、また色々書けるかなーとか思ってます。
とりあえず次はパンサー単独レポが書きたいです。たとえ需要なくてもね!(笑)

ロザン コメント: 2 トラックバック: 0

第6回ロザンのトーク その3

2010年09月09日 22:45

どうもお久しぶりです……。
(以下、どうでもいい個人的な話なのでトークレポだけ読みたいんだよという方は飛ばして下さい)
前にも書きましたがこの時期はほんとダメなんですね私。毎年8月下旬から9月上旬にかけて
暑さで心が折れるっていう。夏バテの精神的なものといいますか。
その前からロザンに対して、あ、いやあの二人は全然何も悪くないつか何て言うんだろう
(自分の)ファンのスタンスというか、なんかその辺に色々迷いというか何でこんな色々考えて
しまうんだろうなあというモヤモヤみたいなのがあって、そこに暑さで心が折れて、
まさにそこの見事なまでのタイミングでパンサーにハマるという見事なまでのトリプルコンポ。
とか書くとロザン熱が冷めたように思われるかもしれませんが全然そんなことはなくて
映像とかは見まくってるんですけどもどうにも文章を書く気になれないっていうね。
つっても私の一番の趣味は文章を書く事なので、しばらくしたら復活するんじゃないかなとか。
ただこの一番の趣味をやる気になれないというのがまたしんどかったりするんですけども。
映像見るのは楽しいんですけども、何も残せない事に苛立ちを覚えたり。
うーん。まあのんびりやりますわ。


それではトークレポいきます。もう今更という気もしつつ、自分の備忘録ということで。
ただもう記憶があいまいな部分も多いので、大体こんな感じだった、程度に読んでいただければ。


暑いねという話から、夏休みをいつ取ったらいいか分からないという話へ。先輩と一緒の番組に
出ていると、先輩が休みを取らない限り自分らは取れないとのことで、色々大変だよなあ。
特にロザンは生放送2つ抱えているから休みも取り辛いですよね。しかも火曜と金曜だし。
これどうにかならないのかなあ。続きの曜日に変えてもらうとか。いや普段もこのせいで
東京と大阪の移動が激しくなっている気がするので。大阪の番組は続けて欲しいので
せめて曜日がなあ、といつも思ったりしています。
それはさておき。
宇治原さんがクイズ番組に出ている間菅ちゃんは休み、ということで、菅ちゃんはクイズ休暇で
白浜へ。メンバーは、と宇治原さんに訊かれ、
菅「つーちゃん、GAG少年楽団の宮戸、あとしもちゃん」
宇「しもちゃん……? 誰?」
菅「ファミリーレストランの」
とかいうやりとりもあったり。
ただ関西以外の人にとっては、下林君自体を知らんよね、というね。
いや、しもブログの存在がなかったらほとんどみんな知らなかったと思うので。
でもってその4人で白浜に行ったんですが、直前だったのでいい宿は埋まっていて安いところしか
取れなかったそうで。でも海からは近いしいいかと思って行ったら、玄関入るなりいきなり支配人に
サインを求められたとか(笑)。
ああ、こういう旅館ね、と即理解する菅ちゃん。
でも、「旅行中はキレへんようにしてんねん。同行者にも悪いやろ」という菅ちゃんのポリシーに
より、キレないままで旅行はスタートしたのでした。
いきなりカウンターパンチをくらったとはいえ、海から近い旅館だし、ということで部屋に着いて
早速窓を開けてみたら目の前には木。「海、全然見えへん」
でもまあ軽井沢に来たと思えばいいかー、と思っていたら旅館の女将(菅ちゃん達はユリババアと
呼んでいたとか)に「窓は開けないで下さい」と言われ、何で、と思っていたら
「西日が入るから部屋暑くなるじゃないですか!」
ええー(笑)。
そしてそのユリババア(笑)が夕飯の時間について質問。「6時と6時半とありますが、どちらがいいですか?」
いやいやいやいやいやいやいやいや。
その区切り何やねん、と。宇治原さんも、「そこは8時くらいにして欲しいよなー」と。
海に行って色々食べたりするからそんな早くに夕飯持って来られても困るよな、ということで
せめて7時になりませんか、と頼んでみたら、「ええー」と。
なんつか……書いてて改めて思うけどすごい旅館ですよねこれ。
そして、「これ部屋に案内する時(階段とか歩いてる時ね)に訊いとけっていう話やねんけど」と
前置きした上で浴衣のサイズを訊かれた話。「身長幾つですか」「162センチです」「じゃMサイズですね」
「そちらのお客さんは」「160です(うろ覚え)」「Mサイズですね」そして次もMサイズ。
「そちらのお客さんは」「180センチです」「じゃ11号です」
客席、ここで大笑い。私も当然ながら大笑いしましたよ。LとかLLちゃうんかーい!(笑)。

旅行中はキレないことにしている菅ちゃん。とはいえ敷かれていた布団が北枕だった時は
「さすがにこれは言わなあかんと思って」ユリババアだったか支配人だったかを呼んで
北枕であることを指摘したら、「いやでも(窓が)西っていっても完全な西じゃなくて北西というか」
とかなんとか言いながらちょろっと布団を斜めに。
いや枕と掛け布団だけ反対側にすればいいだけの話じゃないのか。

で気になった菅ちゃん。携帯でその旅館について調べてみたらことごとく☆2つ。
多分ユリババアと思われる女将についての文句などがつらつら書かれている中、すごいのがあったと。
『露天風呂に入っていたら上から岩が落ちてきました。足をちょっと怪我しました』
いやいやいやいやいやいやいやいや(二度目)
そしてその返答が、『(謝罪文の後)岩を固定しましたのでぜひまたいらして下さい』
菅「行くか?岩固定されたからじゃあまた行くかーってなる?」
確かに(笑)。
でもまあネタになったし菅ちゃんも面白がってた印象でした。

ところで一緒に旅行に行ったGAG少年楽団の宮戸さんですが、今度の課外授業のゲストでも
あるわけなんですが。
先日、パンサーの向井君のツイッターでこんなやり取りがありました。
向井君が、今日は仕事が夜からだから昼間はゆっくり出来る、と書いたら仲いい芸人さんが
じゃあチューしよう、と書いてきて、なんじゃそりゃとかわいわいやっていたら、
「僕にもチューしてくれるって聞いて来ました!」と書き込みが。
で向井君が、「とんでもない人の耳に入ってしまいましたね。そんなサービスはありません」
と返していたんですね。で誰だこれ書いた人、と思って見てみたら
『GAG少年楽団 宮戸』
お前かーい!
電車の中だったのに思わず声に出してツッコミそうになりましたよ。


今年の宇治原さんの誕生日に菅ちゃんは何をプレゼントしたんだろう、とずっと疑問だったん
ですが、まさか8月のトークで言ってくれるとは思いませんでした。
今年のプレゼントはダイソンの扇風機だとか。
なんでも菅ちゃん曰く、見た瞬間宇治原にぴったりだと思ったとか。
確かに、リンク先見てもらえれば分かるんですけど宇治原さん好きそうだわーこのデザイン。
で、東京に持ってくか大阪の新居に置くか迷ったらしいんですけども、結局大阪の新居に
置く事に。
でキッチンカウンターに置いたら、これがまたデザイン的にピッタリ合うとかで。
宇「普通キッチンのカウンターに扇風機なんて置いたら違和感あるやん。でもピッタリやねん」
とにかくべた褒めでした。

で、今年の誕生日プレゼントは素晴らしかったという話の後に、引っ越しにおいて一番大変だったのが
去年菅ちゃんがプレゼントしてくれた車(の置き物)だった、という話。
壊れやすいので段ボールに入れるのも不安、ということで結局宇治原さんが手で持ってったそうです。
今は新居の段ボールの上にちょこんと置いてあるとか。


でもってダイソンの扇風機ですけども(あ、こっからロザン関係ない話が続きます)。
パンサーの向井君(最年少)が、諸事情あって(ちと長くなるので割愛)今の家には家電がほとんどないと
いう話をしていて、で洗濯機もないからコインランドリーに行っている、と言ってたんですね。
でもコインランドリーもお金かかるでしょ、という話から、菅さん(かんさん)が尾形君(最年長)に
「尾形さん向井に洗濯機買ってあげたら」と。
でなぜか話は進んで(笑)、洗濯機を買ってやる、ということに。
とはいえ全然買ってくれないままに一ヶ月くらい経過したある日、向井君が家のクーラーが壊れたと
いう話から、尾形君に、「洗濯機はいいです。クーラー買って下さい」と。
いやさすがにクーラーは高すぎる、ということで扇風機ならいいよ、と言ったら
菅さんが「じゃあダイソンの扇風機買って下さいよ。羽のないやつ」と(笑)。
特に尾形君に対してはめちゃめちゃ発揮される菅さんのドSぶり(笑)。

そして次のライブの時、尾形君は本当に扇風機を買って来たんですけども、さすがにダイソンは
無理ということで、普通の扇風機の羽を取ったやつを舞台に持って来てました。
ちなみに、ダダ滑りでした(笑)。
その買った時の様子も(同行者が)全部喋ってくれたんですけども、箱のメーカー名のところを
わざわざ全部ダイソンに書き換えていたとか。
分かり辛いですが
これなー。今回パンサーがゲストだったらこの話もしてくれただろうに、と
ちょっと心の中で地団駄踏んだんでした。
この日、もろに仕事入ってたんで絶対にゲストには来ない、と分かっていたんで。


続きます。

ロザン コメント: 2 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR