ホーム

サービスブランド

2010年07月29日 23:58

『ゴッドタン』のマジ歌選手権スペシャルが面白すぎました!あーもうあの番組大好き。
大好きすぎる!歌のクオリティがほんっとに高いんすよ!
特にサービスブランド(森三中の大島&黒沢)。あああー大好き!
東京03の角田さんはまた相変わらずの素晴らしさだし、大竹マネージャーがまたすごいし。
ああーもうとにかくあの番組大好き!大好きすぎるー!
まだ見たことないという方はDVDも出てますんでぜひぜひ。買えとは言わんから
借りて見てくださいな。損はさせないので!(どこの回し者?)


昨日はニコ生(ニコニコ動画)で陣内さんの番組があって、そこに田畑藤本がゲストで
出るという事で途中から見てました。忘れててツイッターで知って慌てて見た、と。
いやーツイッターって便利っすね。
それはさておき。
その番組で藤本君を見ながら、やっぱりこの人私のドストライクなんだよなあ、とか
思ったりしてました。理系で頭が良くて眼鏡男子で線が細そうな感じ。
多分、私が高校生くらいだったら確実にハマってたなあと。
高校の先生とかでいたら、マジで恋する5秒前でしたよ(古いな、おい)。
まあ、そんなこともあって、たばふじに関してはついつい(?)応援してしまいますねー。
AGEAGE残れて良かったね!ギリギリだったけどね。
来月も頑張って欲しいです。またロザンMCの回に当たればいいのになあ。
今チェックしましたけどまだ8月のAGEAGE出演者決まってないんですね。
私はロザンMCの回には行けないんですが、11日の華大さんMCの回には行くので
その時に当たってくれたら嬉しいなあ、とか。
あ、そういやその日一人で行くんですけど誰か一緒に行きません?
で終わってからビアガーデンとか行きませんか。
今めっちゃ飲みに行きたい気分なんですよねー(趣旨変わってるよ)。

でもって藤本君ドストライクだったなあとか思いながら、そういや何で私はそもそも
宇治原さんのファンになったんだっけ、とか考えたりしてました。
元々、Qさまとか見てて宇治原さんの(軽い)ファンになって、それからロザンを知って
菅ちゃんを知って、それでハマったんですよね。ただきっかけは宇治原さんということで
何でだったかなあとか考えたら、求められている(と思う)ヒール役を演じながらも
いい人ぶりが滲み出ているところとか、あと努力をひけらかすことをしない辺りとか。
僕京都大学出てますよ、だから頭いいですよ、という感じを出しながら涼しい顔をして
クイズを解いてますけど、でもこの人実はめちゃめちゃ努力してるよなーというのが
見てて分かって、それからファンになったんだった、と。
前にもちょこっと書きましたけど、努力を表に出されるのがあまり好きではなくて
結果だけ見せてくれた方がずっとスマートなのに、と思ってしまうんですが
まさに宇治原さんは、努力を見せない人なんですよね。
そういや最初に惹かれたのってその辺りだったなあ、と。

とはいえこれまた前にも書きましたが、そういう部分だけだったらハマってはいなかった
だろうなと思います。あくまでお茶の間ファンで、受動的だっただろうなと。自分から
ライブ会場などに出向いたりブログ書いたりとかは、きっとしてなかったと思います。
やっぱり菅ちゃんがいて、二人の関係性に惹かれたのが一番大きかったので。
まああれだよね、オタクは関係性とか大好きだよね(笑)。
とはいえ、個人的にものっすごい好きな関係というのが、めっちゃめちゃ仲良くて
周囲にこいつらホモじゃねーかとか言われるんですけど本人らは全然そんなことはなく
「別にそんな仲良くないよなあ」「普通だよな」とか言ってるけどいやいやそれ普通じゃ
ないから!ないからー!というものなんですけども、つか今更気付いたのかと言われそうですが
これ、まんまロザンじゃねーの、と。
いやほんと、なんで今まで気付かなかったんだろうと思いましたさ。
そりゃあなあ、ロザンにハマる訳だわ、とものすごい納得したんでした。
スポンサーサイト

ロザン コメント: 4 トラックバック: 0

走れ!

2010年07月28日 23:08

久し振りに、南海キャンディーズ山ちゃんのツイッターより。
「最近、顔が山ちゃんに似てるって言われました。私女子高生です。」
という書き込みに対して、山ちゃんの返事。
山田優さんを山ちゃんと呼ぶ独特な友人である事を心から祈っております…
なんかいいなあ。優しさと面白さの同居、って感じで。


すみませんロザン全然関係ない話が続きます。
本日、ももいろクローバーのシングル『行くぜっ!怪盗少女』のCDを借りて来まして
早速聴いてます。ああーいいなあ。このアイドルアイドルした感じの曲!
セカンドシングルも元気いっぱいって感じでまたいいんですわ。まだ発売されてないけど。
前にもちらっと書きましたが、ももクロちゃんはメジャーデビューしたてで、
これからどんどん売れていくぜー!みたいなパワーに溢れているところが大好きだったりします。
ところで、ももクロなんですけども、秋葉原をメインに活動しておりまして、まあ秋葉原といえば
AKB48の劇場がある場所だったりするわけです。
で、AKB48というのは元々、「会いに行けるアイドル」という触れ込みでした。
秋葉原ドンキホーテの上にある劇場に行けばいつでも会える、と。
実際最初の頃はふらっと行ってもチケットが買えたようなんですよね。
それがだんだん早朝から並ばないとチケットが買えなくなって、そのうち抽選制になって、
今じゃその抽選も全然当たらないという有様。
平たく言えば、売れたことで「全く会えないアイドル」になってしまったわけです。
で、そんな中にでてきたももクロ。打倒AKBとばかりに「今、会いに行けるアイドル」という触れ込みで
ライブやってまして、実際AKBからももクロに流れる人も結構いる模様です。
やっぱりねー、生で見るっていうのは予想以上に威力が大きいんですよね。
ロザンの舞台ご覧になった方は頷いてもらえると思うんですが。

ただ、実のところを言ってしまえば、敵は同業者じゃないんだよね、とも思ったりします。
AKBが徐々に知名度を上げ始めた頃、ハロプロファンの間でまあ危機感が芽生えたのか
なんなのか、(あくまで一部で、ですが)ものすごいAKBを叩く行動が見られたりしたんですが
掲示板とかでそれらを見ながら、いや敵はAKBじゃないよと思ってました。
実際、ハロプロファンの方のサイトを見ていると、ハロプロの中で推しが変わる人もいれば
他のアイドルに流れる人もいるんですが、全く違うところに行く人も結構いるんですよね。
ガンダムだったりアーケードゲームだったり。あとアイドルファンってお笑いファンも兼任してる
人が割と多かったりするので(なので昨年末のSKE48ライブの後にロザンが漫才やったら
ものすごい受けた、っていうのはすごい納得)、お笑いに流れたりとか。
これ私も経験したからよく分かるんですけども、やっぱりお金もそうですけど時間も有限だから、
新たな趣味が出来るとそれまでの何かを止めねばならなかったりするわけで、
そうなると結構惰性でやっていたことから切っていくことになるよなあと。
実際ロザンにハマってなかったら、ハロプロのファンクラブ続けていたと思いますし
コンサートも行っていただろうなあと。他にも趣味の一つ二つ止めてしまいましたから。
ただ止めてみて、確かに惰性でやっていたところもあるなあとか思った次第です。
結局そのもの自身に魅力がなかったらいつかは離れていくよね、ってあれ?めっちゃ
普通の結論に達してるんだけど。どうしよう。結構書いてこれ?(笑)。

ただつくづく思うのは、お金もそうですけど本当に時間というものが絶対に限りがあって、
お金はもしかしたら、ものすごく運が良くて宝くじ連続で1等当てたとかなったら、それこそ
使い切れないくらいに入ってくるのかもしれないですけど、時間はどうやったって
有限なんですよね。いやまあそんなこと書いてますけど常に金欠ですけどね!(笑)
ただ、時間が有限である以上出来る事も限られてくる訳ですから、だったら楽しい事が
したいよなとか思ったりする訳です。このブログに関しても、取れる時間は限られているし
書ける事も限られているのならなるべく楽しい事書きたいじゃーん、という。
別に刹那主義ではないんですが。あ、でも夏休みの宿題は最後の日に泣きながら
やる子供でした。そうだ、夏休みといえば、北海道東北出身の方は分かっていただけると
思うんですが、夏休みが8/31までなかったじゃないですか。
もうね、31日まで夏休み、というのが羨ましくて羨ましくて。
いやその分冬休み長いでしょ、と言われそうなんですけども、それはまた別の話といいますか
夏休みが8/31まで、というのが大事なんだよ!と。
それだけあったら宿題だってもっとちゃんと間に合ったのに……あ、いやごめんなさい、
きっと31日の夜に泣きながらやってました。
ものすごい話がずれた。
まあとにかく、なるだけ楽しいことを書いていけたらいいなあと思います。
逆に言えば、楽しい事が書けなくなった時がこのブログの終わり時かなとも思っています。
楽しくないのに続ける意味はないと思っているので。

ブログ コメント: 0 トラックバック: 0

エースの品格

2010年07月27日 21:35

しばしタイトルに悩んだんですけど、いいのがあったじゃないか!ということで、
本日はノムさんの著書よりタイトルをお借りしてみました。


昨日のQさま、宇治原さんが高熱インテリ王子の回だったわけですけど、やっぱり
見ていて元気ないしいつもよりふわっとしているし表情もあまり変化ないしで
(今はもう全快なのにも関わらず)、ものすごく心配になってしまいました。
もういいよー無理しなくていいよー決勝行けなくていいからと思っていた私をよそに
宇治原さんは正解を重ねて決勝に行って、そして見事に優勝!
もうね、泣きましたさ。
部屋で一人半裸で(暑かったからね)クイズ番組を見ながら泣く女。
……あたし きしょく わるうー! (by高菜 from「ピューと吹く!ジャガー」)

それにしても、多分これ事前に知らなかったら気付かなかっただろうなと思います。
宇治原さんの体調。なんかいつもより元気がないかなー程度で。ちょっと熱っぽいよね
くらいは気付いたかもしれないですが、まさか40℃を座薬で下げてるなんて思いも
しないだろうなと。当然ながら宇治原さん目当てではなく、普通に番組を見ている人は
一切気付かないでしょうし。
そう考えると、本当に大変な世界だなあとか思う訳です。
もちろん芸能界に限らずですけどね。会社勤めでも多少具合が悪くても休めないとか
それこそ点滴打って行くとかあると思いますし。
ただやっぱり、知らない人には悟られない、いつもの雰囲気を醸し出しつつ結果を出した、
という辺りが、彼のエースぶりを物語っているなあとか思う次第です。

エースの条件というのは、まあ色々あると思うですけども、一つには
”この人がいれば大丈夫”
という信頼を周囲の人が持てる、ということなんじゃないのかなと思います。
それこそ2008年の楽天イーグルス。岩隈投手が21勝した年なんですけども
とりあえずクマが出るときだけは勝てる……!みたいな気持ちが(少なくとも私の中では)
ありました。
まあ登板は大体中6日なので、投げるのはほぼ週一なわけなんですけども。
でもその週に一回は確実に、っていうのがね!それだけでもね!
……どんだけあの頃勝ちに飢えてたんだ、って話なんですけどね(笑)。
まあ軽く状況を説明いたしますと、最終戦の時に5位だったんですが相手が6位のソフトバンクで
その試合で勝った方が5位、負けた方が6位、というね。
しかもホークスはその試合で王監督が勇退。
ちなみに延長12回までやって、楽天の某先生が空気を読まない(笑)サヨナラヒットを打ちました。
私は某先生の空気読まなさぶりがほんっと大好きです。
話がそれた。
で、エースの条件なんですけども、どんなコンディションの時でも結果を出す、というのが
必須なんだよなあとか思ったりします。
もちろん人間なんでね、いつもいつもベストコンディションなはずはないんですよ。
調子が悪い時もあるでしょうし、肉体的にじゃなくても精神的にダメージを受けてる時も
あるでしょうし。でもそういう時でもひとたびその場所に立てば自らの役割を果たす、っていう。
そういう意味で、宇治原さんは本当に、Qさまという番組におけるエースなんだよなと。

そしてあの番組が素晴らしいなと思う所は、宇治原さんがそういうコンディションであることを
誰も一切触れなかったところ。
まあ、もしかしたらある種日常茶飯事なことなのかもしれないですけどね。
さまぁ~ずとかそれこそ多少具合が悪くても自分らの番組だから出ないといけないですし、
出演者も(私が知らないだけで)時にはものすごい具合が悪いのをおして出てるのかもですし。
ただ、そういう部分に一切触れないっていうのはいいよなーと。
だってもし私がファンじゃなくて、ただ普通に番組を見ていたとして、「宇治原がほんとは40℃の熱が
あるんだけど座薬で下げて出てるんだよな」とか言われたとしたら思いますもん。
休めば、って。
これなー、私の性格がひん曲がっているせいかもしれないんですけども、本当に正直なところを
言わせてもらうと、いやそっちの問題じゃん、と思ってしまうんですね。
先日、菅ちゃんのドラムパフォーマンスについてこのブログで書きましたけど、お気づきの方が
どのくらいおられるのかは分からないんですが、菅ちゃんの頑張りについてはあまり言及して
ないんですね。
というのも、ほんとに正直なところを言わせてもらうと、いやそっちがハードル上げてるだけじゃん、と。
頑張りを否定する気は全くないです。実際ものっっっっっっすごく頑張ったと思いますし、
つか必死でやらなかったら本番であれだけの演奏出来ないですから。
ただ、そういう演者の頑張りとかとは全く別のところで、そりゃ本来は何年もかけて習得するものを
○ヵ月でやれって言われたら大変に決まってるじゃん、とも思ってしまうんですよね。
そもそもあんまり努力を表に出されるのが好きではないので。
だって努力ってそんな見せるものじゃないと思うんですよね。なんか、スマートじゃないなと。
いや結果見たら頑張ったっていうのは分かるから!そんなん一日や二日で出来るものじゃ
ないっていうのは分かるから!と言いたくなるというか。
まあなので、あの番組が感動路線ではなく普通に対戦していって、そして二連覇を果たした
宇治原さんに対し最後本職(漫才)の話を振ってきた、っていうのが、本当にいいなあと。
あー宇治原さんほんとあの番組に愛されてるなーと思って嬉しくなりました。
ただでも漫才の時に出された写真ですが、もっと新しいのにしてくれとも思いました(笑)。

ロザン コメント: 0 トラックバック: 0

やっぱり小ネタ

2010年07月26日 01:56

唐突ですが、ペタ押して下さる方ありがとうございます。
最初、アメブロでブログ書き始めた時、『なにこのペタって』と思ったりもしたんですが
今まで知らなかったブログを知ることが出来るいい機会に恵まれるのだと理解してからは
ありがたく活用しています。
実際どうしても、新規開拓にも限界がありますからねー。
特にロザン関係ない内容だと、まず普通には辿りつけないですし。
ペタのおかげで新たに知ることが出来て、楽しみに読んでいるところが結構あったりして
それはありがたいなーと思います。
世の中には面白い文章を書く人がいっぱいいるなあ。


さて明日(もう今日か)はQさまですねー。なんか久々な気分。いつ以来だろう。
宇治原さんが高熱インテリ王子の時の収録ということで、大丈夫なのかなと思いつつ
今はもうすっかり元気になっているのでまだ安心して見れるってもんです。
ところで元々私はQさまの "エース宇治原" が好きだったわけなんですが、
もし宇治原さんのことをそれでしか知らなかったとしたら、こんなにファンにはなって
なかっただろうなと思います。
少なくともライブに行ったりとかグッズ買ったりとかそういういわゆるお金を落とすファンでは
なかっただろうなと。
見てる番組にたまたま出てたらちょっと真剣に見る程度の。
当然ブログとかやってなかっただろうなあ。
結局何がハマるきっかけだったかといえば、ギャップだったなと。
クイズでのエースぶりであるとか優しくてかっこ良くてスマートである部分もありつつ、
ヘタレでエロで乙メンで相方さんにメロメロな部分もある、というところが。
ピンではなくコンビでの宇治原さんを見て、うわあこの人こんな部分もあるんだ、と知って
そしてまたコンビでいる時の(お互いの)幸せそうな姿を見て、それでハマったんだよなあと。
そう考えると、私は宇治原さんも菅ちゃんも大好きですけど、それぞれピンだったら
きっとどちらにもそんなにハマってなかっただろうなと思います。

よく、アイドルグループで一番人気だった子がそのグループを卒業してソロになると
そのグループ時代程の人気はなくなってしまう、ということが結構あったりするんですけど
やっぱりなんつか、関係性って大きなファクターなんだよな、と。
確かにその子が好きなんだけど、その子がいればいいというわけではなくて、っていう。
それとちょっと似てるんですけど、グループの中で一推しじゃなくてもこの子がいなくなってしまったら
なんかそのグループ自体に対しての興味が薄れてしまう、みたいなこともあったりとかします。
モーニング娘。の場合、私の一推しは田中れいななんですけども、久住小春の卒業以来
急速にグループ自体に興味が薄れてしまいましたし、℃-uteは鈴木愛理推しなんですけど
梅田えりかがいなくなってしまってからは、何というか、もういいかなーという。
なのでKAT-TUNとか他人事じゃないなと思いながら見ていました。
こんなん書いてもピンと来ないかもしれませんが、うーんと、例えば嵐の場合、
私はニノ推しなんですけど多分相葉ちゃんがいなくなったら自分の中で終了かかる気がする、
と書けば分かりやすいでしょうか。そうでもない?(笑)。

ロザン コメント: 2 トラックバック: 0

オールスター面白かったー

2010年07月24日 22:31

どうも長文書くテンションではないので本日は小ネタ(ロザンの話題ないです)。

昨日今日とプロ野球のオールスター戦があったんですが、面白かったです。
普段は敵として対戦しているチームのメンバーが一緒になって戦う、というのはやっぱり
いいなあと。それぞれのチームのユニフォーム(つまりは元々の自分のユニフォーム)着て
戦うというのがまたいいですよね。違うユニフォームの選手がハイタッチしたりしているのを
見るとなんとも和みます。
つば九郎推しなので(笑)ヤクルトスワローズを応援している関係でセリーグに肩入れしつつ
やっぱり楽天の選手は気になるしダルビッシュは個人的に応援しているし、とかいう感じで
結局どっちも応援するという正しいんだか正しくないんだかよく分からない状況でした。
最近ではなかなか野球も地上波では見れないので、こうやってじっくり見れるのは
ほんと嬉しい事だよなあと。
見ながらずっとツイッターで呟いてたんですが、フォロワーさんでも見てる方が何人か
いらして、なんとも楽しかったです。


最近、自分的には今更かよ!というタイミングで”ももいろクローバー”にハマりまして、
まあ、とはいえなんだよももいろクローバーって、という感じだと思いますので
少し説明させていただきますと、スターダストプロモーション所属の
女性アイドル6人組です。
前々から存在は知っていて、メジャーデビューしたのも知ってたんですけども
何となくスルーしていて、でも先日何となくPV見たらめっちゃいいじゃん!と。
とりあえずつべに公式ページがあるんで気が向かれましたらどうぞ。
ももいろクローバー「行くぜっ!怪盗少女」PV
メンバーの一人に佐々木彩夏(ピンク)という子がいるんですが、彼女のあだ名が
「あーりん」なんですね。
いいなあ、あーりんって呼び名かわいいなあ、と思いまして、あ、だったら私も梓だから
通称あーりんでいいんじゃね、と。
今度からそう名乗ろうかしら。「あーりんこと、海老原 梓です」と。
……とりあえずおのれの歳とルックスを考えてから物を言った方がいいと思うんだ……。
ライブ会場とかでお会いした方全員に、『いやあーりんって感じじゃねーだろ!』と
心の中で突っ込まれそうなのでやめときます。まだ口で言われるならまだしも、
なんか心の中で言われそうだから(笑)。
それはさておき、ももクロちゃんかわいいわ。これから売れていくぜ!みたいな勢いを
すごく感じるんですよね。そういうパワーが好きです。
正直ルックスだけならS/mileageなんですけどねー。

以前は土日にアキバに行けばももクロちゃん達に会えたようなんですけども
最近は人気が出てきたのでそうでもなくなった模様。
ちえ。明日アキバに行くというのに。

ブログ コメント: 2 トラックバック: 0

ツッパリミネラルウォータ~

2010年07月23日 00:31

タイトルに15分くらい悩んだ事はここだけの話。
そろそろシンガー板尾歌詞シリーズも終了しようと思いつつ。


昨日はルミネに行ってきました。ワイワイのライブを見に。
その前にロー友(ロザン友達の事。Hちゃんのお母さん命名。ってそろそろこの注記
いらないですかね?・笑)のHちゃんと、高島屋のかつくらへ。以前宇治原さんが
トークで話していた店ですね。麒麟の田村と一緒に行った、という。
かつどん頼んだんですけどめっちゃ美味しかったです。でも熱くて、猫舌の私には
最初微妙にきつかったです。なのでHちゃんに猫舌の辛さを熱く語ってみました。
帰りのエレベーターでエレベーターガールのお姉さんに「上のかつ丼食べた?食べた?」
って訊かないと、と言ってたんですけど、遅い時間だったせいかエレベーターは無人で、
残念ながら(笑)訊けませんでした。いやそれでいいんだけど!(笑)。

でもってライブの前に話してたんですけど、話題はなぜかロザンのコントは何気にエグい
という内容になりまして(笑)。
で、08ベストで何が一番エグかったか、という話に。
私の中では「鳥人間コンテスト」が一番なんですよねー。いやあれよくよく考えると
かなりエグいといいますか、あの3兄弟の生い立ちとか想像すると。
小学校の時とかどんな感じだったのかなあ、とかね。
あそこまでいくと苛められすらしない気がするんですよ。完全無視というか、関わり合いに
ならないようにしようとするみたいな。
そう考えるとあの明るさも元からの性格ではなく、そうせざるを得なかったんだろうなあ、と。
なんか色々考えていくと相当残酷だよなとか思う訳です。あのコント。
「バイオリン」もかなりのものですけどねー。嘘教えるとか(笑)。
ただでもあれってほんとは、先生はすごくバイオリンが好きだからこそ真剣に教えたいのに
来る生徒は親に言われて渋々といった感じの子供ばかりで嫌気がさしてるんだけど、
でも「演奏だけでは生計が成り立たんのやぁー!」だから仕方なくやってるんだろうなあ。
しかも、やる気も才能も実力もあって将来プロのバイオリニストになるような子供は
宇治原先生のところには来ない、というのも分かっているのだろうな、と。
そういう子供はもっと著名な先生のところに行くから自分のところには来ない、と。
でも才能もやる気もあるのに家が貧乏という理由でバイオリンが習えない子供もいるかも
しれない。そんな子がたまたま来たら、とか思っていたら菅少年が来た、と。
でいそいそとタダで教えてたらやる気も才能もなかった、と。
そう考えるとなあ。これまた結構なんというか、うん、エグい(笑)。
ロザンのコントって何気にバックボーンとか考え出すと結構残酷だよなあと思うものが多くて
(その最たるものは奇跡の草だと思ってます)、私はそこも含めて好きなんですが、
そういう部分が人を選ぶ感じになっているのかもなあ、とも思ったりしています。


こんなん書いてたら寝る時間になってしまったので、ワイワイについてはさらっと。
後でよしもと見ホーダイで配信もあるようですし。
イシバシハザマの硲が宇治原さんに対して、宇治原さんは頭がいいから話す時に緊張する、
みたいなことを言ったんですね。間違った事とか言えないみたいな気持ちになる、と。
で宇治原さんは、いや硲は硲やし、という感じの事を言ったんですよ(なんかぼんやりした
書き方でごめんなさい)。
でそれ聞いた時、あーやっぱり優しい人だなあ、と。
なんか言い方が、今更そんな取り繕ってもしゃあないやん、みたいな感じだったんですけど
言外に、別に無理しなくてもお前はお前のまんまでええねんで、風な感じがね、
したんですよ。そんな身構えなくても無理しなくてもそのまま普通に接してくれればいい、と。
あーこの他人を否定しない感じが大好き!
そうそう、宇治原さんは硲のことを、めっちゃ好きだと言ってまして、ちょっとびっくりしたというか
いや好きなのは分かってますけど本人にはっきり言葉で告げるんだ、と。
ただでもよくよく考えたら宇治原さんはゲストなわけで、メインはノンスタ井上&硲なのだから
お客さんは硲目当ての人の方が多いだろう、ということでフォローというかそういう気持ちも
あったのかなあ、とか今更ながら思ったりしました。
あと話が盛り上がったというのもあるんですが、宇治原さんが全然時計を見ていなくて
それが結構新鮮でした。普段のトークであるとかAGEAGEのMCとかだと、どうしても
進行しなければならないという頭があるからか(いやそれが正しいんですけど)、
盛り上がっていてもちらちら時計見たり、トークの時は袖の方見たりとかしてるんですよね
(トークの時は袖から「○分経過」とかボードが出てるんです)。
基本、そういう宇治原さんばかりを見ているので、全く時計見ずに話に集中している
宇治原さん、というのがなんか珍しくて新鮮でいいなあと。
そういえば誰かのゲスト、という形で出てるのを見るのも初めてだったしなあ。

ロザン コメント: 0 トラックバック: 0

ダブルショーック! ビックリしたぜ~ 俺は引っ越しをするのか~

2010年07月20日 23:58

ここ最近ずっと、シンガー板尾の歌詞をタイトルにつけています。
そろそろ止めようかとも思ったんですが(笑)、そういえばこないだのGAKU-Shock
オープニング話にちょうどいい歌詞があったじゃないか、ということで。
その先日のGAKU-Shockですけど、まああちこちでレポも上がってますから
ご存じとは思いつつ軽く。
宇治原さんが引っ越そうとして、今のマンションの大家さんに電話で解約を
頼もうとしたら、「この電話はただ今使われておりません」というアナウンスが。
このままだと今、引っ越し先、東京の3箇所の家賃を来月から払わないと
いけなくなる、という話を、なぜか実に楽しそうに(笑)テンション高く語っておりました。
すんごい声弾んでたんだけど、何かいいことあったんですか?(笑)。
あ、ちなみに、タイトルになった歌詞のタイトルですが(ややこしい)、
『わらびもち』です。


ありがたいことに関西ローカルの番組を見せていただけていまして
(Mさんありがとうございます!)、今日はテレビの素を見ました。
ほんっと面白いですよねこの番組。ロザン関係なく普通に興味深いですし、
またロザンの二人がいい感じで役割分担出来ていますし。
全体の流れを見つつ、質問も正統派な宇治原さんと、笑いを取ったり
変化球な質問をしてそうきたか、と思わせる菅ちゃんと。
ロザンというコンビは実にバランスがいいなと常々思っているのですが
それが実によく現れた番組だと思っています。
ぜひほんとこれからも、しゅしして欲しいですね(笑)。

VTRを見ている二人がワイプに映るんですけども、菅ちゃんはすっごい興味深そうに
体を前のめりにして(ワイプでも分かる辺りがなんとも)見ていて、宇治原さんは
表情を変えずに見つつ時々机(進行表かな?)にちらりと目をやったりしていて
その辺りの対比がまた面白かったりします。

それにしてもこの番組にしてもそうですし、ぷいぷいにしてもよーいドンにしても
思いますが、本当にロザンは(関西の)番組に恵まれているなあと。
いくらロザンが出ているからといっても、番組自体がつまらなかったら見るのが
苦痛になるわけですよ。何とは言いませんが日テレのあれとか。
やっぱりタレントの力だけではどうしても限界があるわけです。
そういえばちょっと話はずれますけど、よくドラマの視聴率が悪かったりすると
主演が責められたりしますけど、いや別にそれだけじゃないだろうと。
実際、好きな俳優さんが初主演!ということでわくわくしながら見たドラマが
あっまっりっにっもっつまらない内容で、見るのを止めてしまった事もありますし。
やはりドラマの肝はストーリーであり脚本だと思いますし、バラエティの肝は
その内容だと思うんですね。どんなに人気の芸能人を据えたところで
内容がつまらなかったら視聴率には繋がらないと思うのです。

ということを考えると、テレビの素という元々興味深いと思える内容の番組にロザンが
起用されて出ることが出来ている、というのはすごいことだよなあとしみじみ思います。
もし私がロザンファンでなかったとしても、関西に住んでいたら見てたと思うんですよ。
で普通に見ていて、きっとロザンというコンビに対しても好印象を抱いていたと思うんですね。
そう考えるとほんっと、あの番組は大きいよなあと。
少なくともファン層は広がっているんじゃないでしょうか。
私は関西在住ではないのでその辺りは分かりませんが。

そしてロザンが番組に恵まれているというのは運の強さもあると思うんですけども
二人の性格であるとか、それこそ、"親しき仲にも礼儀あり"なところが評価を
受けているんだろうなとも思います。
観覧に行かれた方のレポで、スタッフさんにも礼儀正しかった、とか、観客にも
気を遣ってくれた、とか読みますし。
そういう辺りが、いい仕事が舞い込んでくる理由の一つになっているんだろうなと思います。
結局、誰が出演者を決めるかっていったら人なわけですし。
そういえば、ぷいぷいは角さんに気に入られて起用されたんですよね、確か。

考えながら書いているので雑多な感じになってしまってすみません、と言いつつ
また話は少しずれるんですけども。
そのテレビの素で最後菅ちゃんが、
「宇治原が出馬したら僕が困るので票を入れないで下さい」
と言ったのになんかすごいジンと来ました。
いいですよね、「僕が困るので」という理由が。
ああ、ほんっとにピンでやる気はないんだなーというのが伝わって来て。
前にも書きましたが菅ちゃんはやろうと思えばピンで売れる事も出来た人だと思ってます
(宇治原さんは優秀なブレーンがいればもしくは)。
なのにそれをせずに、ロザンとしてで売れることだけを目標にする菅ちゃんという人が
本当に素敵だし好きだなあとしみじみ思ったりする訳です。
ああーロザン大好き(結局ここに行きつくのでした)。

ロザン コメント: 2 トラックバック: 0

ぞうりを履こうか くつにしようか 長ぐつにしようか~

2010年07月19日 23:59

昨日の学食で、宇治原さんが問題文を読み上げる時に、「メリーゴーランド」ではなく、
「メリーゴーラウンド」と言った辺りが彼らしい、とツイッターで書かれたのを読んで
うわあそうだー!とめっちゃ感動したりしてました本日。
宇治原さんの好きなところっていっぱいあるんですけど、その中の一つがこういう
言葉とか単語とかを変に略したりせずきちんと使うことなんですよね。
特に学食は中高生向け、ということもあって、気を遣っている印象ですし
(まあでも昨日はやたらテンション高かったですが・笑)。
こういう小さい事の積み重ねで、ああ好きだわー、と思ってそれが溜まっていくと
うおーブログ書きたいー書かせろー!になるわけです。
あー、やっぱロザン好きだなあ。


LIVE STAND話続き。とはいえ結構個人的なことばっか書いてる気もしなくもないです。

男前vs.ブサイクの舞台へと移動。それなりに早目に行ったんですけどさすがに人多かったです。
やっぱ人気だなあ。
この辺りも配信されていたのでさくっと書きますが、菅ちゃんが座っていた時ちょいちょい
隣にいたノンスタ井上君と話していて楽しそうでしたよ。
男前な歌手のポーズでは、うぇっさいの高井さんポーズ。これなー、ここに宇治原さんが
いてくれたら、と心底思いましたよ。きっと合わせてくれただろうに!二人でうぇっさいポーズ
やってくれただろうに……!
前回、男前写真集見た時は正直いなくて良かったと思ったんですけど(笑)、ここにはいて
欲しかったなあ。
ところで菅ちゃんのうぇっさいブームは一体いつからなんでしょうねー。
こないだのトークの辺りから? とりあえず茨木の課外授業で宇治原さんに
あれやって」で通じるくらいには楽屋とかでさんざんやらせてたんだと思うんで(笑)
とにかく菅ちゃんの中ではうぇっさいの高井さんブームなんだろうなあ。
そして客側がうぇっさいを知らないと見るや、「キングコングとランディーズとロザンでやってた
アイドルグループ」と、さっと説明する陣さんが素敵過ぎました。
さすがに司会進行は慣れたもんだなあ、と。

男前作文では、「ま」を指定された菅ちゃん、「間違いじゃなかったのさ、君を愛した事は」と
あのいい声で言ってくれて、きゃーとなりました。
そして脳内では、「間違いじゃなかったのさ、君を相方にしたことは」に速攻で変換されて
ましたが多分みんなやってるよね、ということで(笑)。

ところでこの舞台なんですが、私達の後ろにいた女の子(推定10代)が、まあなんというか
若いというか素直というか、「○○かわいいー」とか「きもいー」とか結構大きな声で
言う子らでして。
ステージからはそれなりに離れてたのでステージには聞こえてなかったと思いますが
私達の耳にはばっちり届いてました。
で、彼女らも菅ちゃんのファンらしく、ずーっと菅ちゃんの事をかわいいかわいい言ってまして、
まあそれはいいんですけど、「かわいいー。癒されるー」とも言ってまして。
後で一緒に見てた友達と、
「かわいいけど癒されないよね」「ロザン2人でいたら癒されるけど、ピンだとちょっと違うよね」
と言ったりしてました(笑)。
だって菅ちゃんピンだとなんつか、怖いんだもの。

そしてその後は握手会。限定150名なのもありましたが、
夕方で疲れているであろう上に甲冑を着せられしかも宇治原さんがいなくて一人
な菅ちゃんと握手する勇気は私にはありませんでした……。
めっちゃ機嫌悪そうだったらどうしよう、と思ってたんですが、出てきた菅ちゃんはずっと
ニコニコしてまして、そうだよ菅ちゃんのプロ根性を見誤っていたよごめんなさい、と
いう気分に。いやほんとごめんなさい。
握手の前には写真撮影。結構長い時間かけてくれた上に、司会の人が「こちらに目線お願いします」
「次はこちらに目線お願いします」と指示してくれたおかげで割と皆きちんと撮れたんじゃ
ないでしょうか。いや私は少し離れた所から見てただけなんで。
で、握手会に参加したHちゃんとHさんに速攻で写真データを貰いに行く私とDさん。
うほー菅ちゃんが菅ちゃんが!ありがとうございます!

その後はDさんに教えてもらったナマーシャで無事写真ゲット。
にしてもロザン写真が売れまくってて笑いました。ロザンファンどんだけ金払いいいんだよ、と。
まあ、私もその中の一人ではありましたがねもちろん。
だって買うじゃないですかあんな写真出されたら!たら!
にしてもやっぱりロザンは(特に宇治原さんは)隠し撮りの方が絶対いい表情してるよなあ、と
思います。
本職芸能人がそれでいいのかという気もするんですが。

何やかんやと最後までいて、最後の歌までしっかり聴いてきました。
行くまではロザンの出番の間が結構あるし、暇になるんじゃないかなーと思ってたんですけど
どこかしこで何かしらやっていたりするし、休憩スペースが結構がっつり取られてたので
座って休んだりとかも出来ましたし、思っていた以上に楽しめました。
やっぱり色々見れるのは大きいですねー。普段、ちょっと気にはなってるけど
でもわざわざチケット取って行くほどでもない、という人が見れるのはいいなあと。
また来年も行きたいです。
大阪も気になるけど(何気に私の誕生日も入ってるし)、8月9月に遠征するので
さすがに3ヵ月連続は無理だなあ。
ただでも、こういうお祭りな感じはほんと楽しかったです。

ロザン コメント: 2 トラックバック: 0

スイッチ~オン!出かける俺さ~

2010年07月18日 23:27

ライブスタンド行ってきましたー。楽しかった!
ロザンあんま関係ない個人的な話とかを最初に書いてますんで、そんなんいらんわー!と
いう方は後半部分を読んでいただければ。とはいえ配信されていたのでレポは軽めです。


一体何時に行けばいいのか分からないまま、まあ開場時間の一時間前くらいに
着けばいいかー、確か開場時間って12時半だったよな、と思って昨夜は目覚ましセット。
そして予定の時間に起き、のんびり支度しながら、あーそういえばクイズ部の抽選券って
どこで貰うんだっけー、と思い出し、ライブスタンド公式サイトへ。
で、説明文を読んでいたら、
『開場時間(11時30分)から抽選券を配布』
という一文が。
……あれ?
えーっと……開場時間って確か12時半だったような……。
ちなみにこの時点で午前9時。うちから幕張メッセまで2時間強。
しかもまだ着替えてない化粧してないコンタクト入れてない。
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
速攻で支度して家を出ました。

結局開場時間くらいに幕張に着きまして、入場列に並ぶべく最後尾に向かったんですが、
まーあ長い事長い事。
途中、この時点で既に暑さで疲れていたHちゃんと会いまして、また後でねーと言って別れて
私は最後尾に向かったんですけど、延々延々延々延々歩かされる羽目に。
たださ、言いたい!列作るの下手すぎだろうよ!
もっときちんと並べばあんなことにはならないんであってね!列が動き出してからも
だらだら歩いてすごい間空いてたし。
もっとちゃんと並べやぁぁぁぁぁぁ、とか心の中で思ってました。

で、無事に入れて速攻でクイズ部抽選券貰いに向かったんですが、案の定既に配布終了……。
しょぼーんとなりつつお腹が空いてたので(昼だったし)何か食べるか、と見たら色々な店が。
まだそんなに人もいなくてどこもそんなに並んでなかったので選び放題。
実際ある店(たむけんの焼肉屋とかペナルティのヒデさんの店とか)もありましたが、
ここはやっぱり普段(店がなくて)食べられないもの、ということでチュート福ちゃんの店に。
うどん頼んでみました。

都会で奇跡のやまびこ!?

うなぎも入っていて美味しかったです。
食べ終わった後はロー友(ロザン友達のこと。Hちゃんのお母さん命名)HちゃんとHさんとDさんと合流。
写真集買ったHちゃんに見せてもらったりしました。なんか菅ちゃんだけやたらグラビア調だったのは
なんでなんだろう(笑)。
後で普通に売られるとも思うんですけど、とりあえず菅ちゃんファンは買っとけ、という
内容でした。
宇治原ファンとしてはこれに宇治原さんが載ってたらなあ、とも思ったんですけど、
いやでもこのメンバーの中に載ってるのを想像したら……。
うん、ごめん、いなくて良かったと思う(笑)。
いやあの方はもう隠し撮りした方がいいと思うんだ。
あ、ちょっと話ずれるんですけど、無限大ホールにある、機械で出すプリント機あるじゃ
ないですか。あれの無限大限定写真の宇治原さん、あの、何ていうか、その、
試されてるのかなあ、という気になるんですけど。
いや何ていうか、ファンである事を。
ただでもですね、ほらやっぱり、コンビでめちゃめちゃ売り上げに差がついたらちょっと
嫌じゃないすか。無限大限定のロザン写真で一番売れてるのって、多分菅ちゃんとピク兄の
ツーショットのやつじゃないかと思うんですよ。やっぱりね、ロザンファンとしては、まあどちらかと
いえば宇治原ファンですけどでも二人でいるのが一番好きな人間としてはですね、
買わなしゃあないやろー!という気分にですね、その。
無限大行けないけど見たいよ、という方がおられましたら今度持って行きますんで
言って下さい。

話ずれまくった。
クイズ部の抽選に行ったお三方を見送って、喉乾いたから何か飲むかーと
目についた店で飲み物注文したんですが、結構時間がかかるようで待っていたら
気を利かせてくれたらしい店員さんが話しかけてきました。
「誰見に来たんですか?」と訊いてきたので、「ロザンです」と答えたら
「渋いですねー」
……え?そうなの?
店員さん2人(レジに)いたんですが、2人して「渋い」と言ってました。
渋いのかなあ。誰って言えば良かったんだろう。やっぱジャルジャルとかフルポンとか?

でもってHちゃんがクイズ部に当たってそちらに行ったので、ステージでも見るか、と
ステージに移動。
ちょうど、あべこうじのところで、「あべー!」「こうじー!」をやったりとか、
「あべこうじー!」「見に来たよー!」をやったりしました。楽しかった(笑)。
そしてその回のステージが終わった瞬間前に陣取り。5列目センター辺りをゲット。
クイズ部が終わったHちゃんとも合流して一緒に見ました。
まずはパンクブーブー。一度生でネタが見たかったので嬉しかったです。
続いてハリセンボン。ここぞとばかりに「かわいいー!」と言ってきましたよ。
実際生で見た方がかわいかったなあ。つか特に春菜は出てきた当初よりずっと洗練されて
きたなあという印象です。
これまた生でネタが見たかった人なので嬉しかったです。
そして二丁拳銃。生では新喜劇で見た事はあったけれどネタは初めてなので嬉しかったなあ。
ちょうどええネタをやってくれたのがまたテンション上がりました。
で、次。順番確かめたらロザンで、しかもセンターマイクが片付けられたんですよ。
コント!? コントなの!? と俄然テンションの上がる私。
しかもベッドが用意されて、なんか病院のベッドっぽいんですよ。
これは奇跡の草か!? とものっっっっっっっっっっっっっすごいテンションの上がる私。
隣に居たHちゃんに、「奇跡の草かな!?」とテンション高く話しかけまくっていたら
「なんとかかんとかトライアングル」というキャッチフレーズが(ごめんなさい忘れました)。
え……トライアングル?ってことはロザンじゃないよね……、と一気に下がりまくるテンション。
だったんですが、
「東京03」
というのを聞いてまた一気にテンション上がりまくりました。
ぎゃああああああー!好きなんだよ大好きなんだよー東京03。
去年のキングオブコントで優勝した時はほんと嬉しかったんだよー!
しかも吉本じゃないのに出るんだ。人力舎なのに出るんだ。
うーわー嬉しすぎるー。
結局また一気に上がるテンション。実際めちゃめちゃ面白かったです。

そして次にようやくロザン!
普段の舞台ではキャーとか絶対言わないんですけど、こういう場だとつい言っちゃう不思議。
そうそう、クイズ部に行ったHちゃん曰く、「見たことあるネタでも初めて聞いた風にしてくれ」
みたいなことを言っていたということだったので、「子供の頃から賢かったんですよー」って
言ったら「えー、そうなんだー」みたいに言うべきかな、とか始まる前に喋ってまして、
まあ実際は言わなかったですけとそんな体で聞いてました。
で、何のネタで来るのかと思ったら慣性の法則!
これ配信されてるからみんなで見れるってことじゃないですか!うーわー。
なんかもう感動でした。会場だけでなく日本全国、ひいては世界各国で見ようと思えば
見れるという状況でこのネタをチョイスしてくる辺りが。
やっぱりロザンは、特に菅ちゃんはファンの気持ち分かっているよなーと。
で、会場や配信で見た方は知っていると思うんですが、宇治原さんが菅ちゃんの事を
「相方やと思ってます」と言った後、普通にネタの続きをしようとしたら客から
「ヒュー!」の声(笑)。
思わず顔を反らし口を押さえて俯く宇治原さんがなんともツボでした。
それにしても普通にネタをやっているだけなのに(しかもごく普通の事を言っているだけなのに)
ヒューとか言われるロザンクオリティ(笑)。

ロザンに限らずネタはどれも面白くて満足しまくりの後は、小腹が空いたということで
再度福ちゃんの店へ。
さつま揚げを買ったんですけども、これがめっちゃめちゃ美味しかった!

都会で奇跡のやまびこ!?

福ちゃんのイラスト付き。
これほんとに本気で美味しかったので、明日行く人や大阪(店出てるかは分かりませんが)
行かれる方はぜひ食べておいて下さい。私ももう一度食べたいわー。


なんか微妙に長くなってきたので一旦切ります。
学食も始まる事だし。

ブログ コメント: 0 トラックバック: 0

ホームパーティー アクシデントー!

2010年07月16日 23:53

先日、菅ちゃんのドラムパフォーマンスの話からまあ色々書いたわけなんですが、
それ書いたらなんかすごい自分の中でやりきった感いっぱいになりました。
時たまあるんですよね。自分の中にあるロザン部分を出しきったー、みたいな気分になることが。
とはいえ別に熱が冷めたとかそういうわけではなくて、むしろ熱量は上がってるんですが
なんというか、物を書くテンションになるにはまた少し自分の中で貯めてかないと、という。
書きたい事だけは山ほどあるんですけどねー。

とはいえまたすぐ書きたい!書かせろ!という気分になると思います。
なんたって明日はライブスタンドですし。
初ライブスタンドなので一体何時頃に行けばいいのかさっぱり分かりません。
グッズ類は蹴ってとにかくクイズ部の抽選だけは、とは思っているのですが。
今更かい、という感じですが、お会い出来る方どうぞよろしくお願いしますー。


まあなのでちょっとぼんやりしてる感じなので、せっかくの機会だからうちのブログの
スタンスでも書いておこうかなと思います。
私がロザンファンになったのは今年の1月からでして、まだ半年ちょいだったりします。
それまでもQさま見てたり(さまぁ~ずファンなので。なんせ前身の
「さまぁ~ずと優香の怪しい××貸しちゃうのかよ!!」から見てますよ・笑)、平成見てたり
(殿のファンなので。最初の委員会から見てました)してたんで宇治原さんは知ってて
(それなりに)ファンでしたし、ロザンとしてもアメトーークでのプレゼン大会や愛方大好き芸人で
見てたんで知ってはいました。
とはいえがっつりハマったのは今年に入ってからですし、関西の番組はリアルタイムでは
見れないですし(ありがたくも後で見せてもらえたりしますが)、まあ何が言いたいかといえば
色々間違っていたらごめんなさい、ということと、いやそれ違うんじゃないの、と思った時は
遠慮なく言っていただければありがたいです、と。
もちろん嘘を書く気はないですけど、こういう言い方をするのはずるいかもしれないんですが
このブログでは ”その時その時で思った本気” を書いているので、後で読み返すと
あーちょっと違うんだよなーと思ったりする事もありますし。
例えば同じ映像を見て感想を書くにしても、バックボーンを知っているか否かで
印象が変わってきたりしますから。実際、先日菅ちゃんのドラムパフォーマンスについて
書きましたけど、あれ見てから三線の乱入シーンとか考えると全然重みが違って、
ああー分かってたつもりだったけど分かってなかったなあ、と。
やっぱりどうしても、リアルタイムで見るのとは印象が違ってきてしまいますし、
その時の社会情勢とか地域性とかにも影響を受けたりしますから
どうしたって色々違ってくるよなあ、とか。
まあ、とはいえそんなことを言っていても始まらないので、私は私の見たものを
感じたように書くだけだなあと思っていたりします。
何があったか、は他の方にお任せして(単にレポ的なものが苦手なだけ)。

それなりに年いってて、そしてそれなりに趣味でではありますがずっと文章を書いてきた中で、
私の書くもの(や考え方とかもろもろ)はスタンダードには成り得ない、ということが
なんというかもう自分の中で痛感させられたので、だったらもう好きに書こうみたいな
開き直りでこのブログをやっているところもあったりします。
だってロザン関係のブログで読んでるのうちだけ、とかいう方いないでしょ、きっと、と。
自分の事なのでやっぱりどうしても客観的には見れない部分もあるのですが、
ロザンファンブログとしてはずれてる部類に入っていると思うのですよね、うち。
ただずれているといってもそれを個性に出来る程突出してはいなくて、
中途半端、っていう(笑)。
とはいえ中途半端な感じが読みたい時もあるよね、きっと、っていう(笑)。

これからも、ゆるーいスタンスでのんびりやっていきますので、気軽に楽しんで
いただけたら嬉しいです。
そしてほんと、それは違うんじゃないかなーという時は気軽に言っていただければ。
ただ派手な間違いだったり国語力を問われるようなミスだった場合はこっそり
教えていただければ幸いです。

ブログ コメント: 2 トラックバック: 0

ミラクルシャワー 夏の装い~

2010年07月14日 23:49

仕事中、今日はブログに何書こうかなーとか思って色々考えてこねくり回してたんですが、
例の動画に全部持って行かれました。
いやほんとに、全て飛びましたよ。
だってあんなの見せられたらさあー!
ということでまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ
ニコ動のアカウント持っていなくても多分見れるかと思いますので。

いやー見所ありすぎでしたね!
逃げ場のない正論を言って追い込む菅ちゃん。そんな菅ちゃんを楽しそうに見つつ
流れはきちっと作って後輩に目を配る宇治原さん。
そして後輩の分が悪くなったら宇治原さんを落とす菅ちゃん。
ほんっとにいいコンビだなーと思いましたよ改めて。
実にバランスの取れた素晴らしいコンビだなあ、と。ほんと改めて。
ロザンは、特に菅ちゃんはものすごくバランスを重視する人じゃないかと勝手に思っていたり
します。特に宇治原さんに対しては。

バランス感覚であるとか、菅ちゃんの心のセコムについてとか、書こうと思っていた事を
ようやく思い出したんですが、動画見過ぎて時間がなくなってしまったので本日はこの辺で
(つかそんな理由かよ!)。
明日以降またがっつり書いていきたいです。
いやーもう今日はもう、とにかく、みんなあの動画見ようよ!ということで。
ブログ自体更新しようか迷ったんですが、どうしても動画については言いたかったので。


そういえば9月にまた課外授業決まりましたねー。19日の日曜。
翌日大阪に行く予定があるので、これはもうせっかくだから行くしか!ということで決定。
ちょうど良く遠征予定が入っていて良かったわーとか(笑)。

ロザン コメント: 2 トラックバック: 0

サマー! 君は足が短いね~

2010年07月13日 21:57

今週末のライブスタンドで写真集買った人先着150名が菅ちゃんと握手出来るようですが、
さすがに150名限定にかける気力はないなあ、と。
一応宇治原ファンだし、と言いつつ宇治原さんとの握手でも150名ではなあ……。
うちから幕張は遠いんで、始発で行っても結構な時間になりますし。
とはいえ、もしも菅ちゃんが桃子握手してくれるんだったら全力で行きますよ私!(笑)。
あれだな。黒縁眼鏡で桃子握手。これ最強。
これやられたら前日幕張のホテル泊まって挑むわ。
どんだけ金かけるんだって話ですけどね(笑)。

※ちなみに桃子握手とは (前にも一回書いたことあるけどまあそれはそれ)
Berryz工房の嗣永桃子が行う握手の事。元々身長が小さいのにわざわざ屈んで斜め下から
見上げて来て(多分この角度が一番かわいいとかあるんだと思う)、手をぎゅっと強く握り
ぶんぶん振りながら(イメージとしては、「わあ来てくれたんだ!嬉しい~!」みたいな感じ)
超笑顔で「ありがとうございましたぁ~(はあと)」
菅ちゃんがこれを本気でやったら、例の10万円するという花瓶の花レプリカとか
軽く500枚くらい集まると思います(笑)。


さて本日は昨日の続きで菅ちゃんドラムパフォーマンスの話です。
そうそう、コメントで教えていただいたんですが、当時のぷいぷいは芸能ニュースがあって
それの進行を宇治原さんがやっていて、菅ちゃんはそれに対してわいわい言うだけだった、と。
なので仕事している宇治原さんに対して、特に頑張っていない菅ちゃんになったのでは
ないかということでした。
そういえば芸能ニュースがあった、というのもちらっと聞いたことがあるような気がします。
教えてくださってありがとうございました!

ドラムパフォーマンス、と言いつつ話が多少ずれるのですが(まあ、ずれるのは今に始まった
事じゃないですよ、といつものセリフを呟きつつ)、以前、宇治原さんが三線に挑戦した回
ついて書きましたけども、三線では本番時に菅ちゃんがステージに乱入して、結果的に菅ちゃんが
全部持って行った、というオチになったんですね。で、その時もこれ菅ちゃん乱入するの
嫌だろうなあ、と思いながら見てたんですけども、ドラムパフォーマンス見て、うわあこれは
ほんっとに乱入したくなかっただろうなあ……、と改めて思った次第です。
二ヶ月間めちゃめちゃ頑張って、それこそテレビカメラのないところでも必死で練習して、
周囲の足を引っ張らないようにとひたすらに取り組んで、そして本番迎えて見事に大成功!
となった菅ちゃんのドラムですが、その経験が染みついているからこそ、辛さとか一年経っても
覚えている(と思う)からこそ、これは出たくないよなあ、と。
本当なら普通に演奏して欲しかったんじゃないかと思うんですよね。せっかくずっと頑張って
来たのだから。まあ、私に菅ちゃんの気持ちが分かる訳もないので実際のところは
どうなのかは分かりませんが、ただ、待っている時の表情の変化を見ていると、
どうしても行きたくて行ったようには見えないんですよね(少なくとも私には)。
ただもちろん、これで普通に演奏して普通に弾けたらバラエティとしての面白みには欠ける
わけで、それは番組はもちろん、芸人ロザン宇治原の、というよりロザン二人に対しても
プラスにはならないわけでして、なんかそう考えると、あくまで私が思うに、ですが
相方として、親友としては邪魔したくないし完奏して欲しいけれど、ロザンのプロデューサーとしては
これではいけない、ということになった時に、まあもちろん番組側の意向があったでしょうが
プロデューサーとしての立場を選ぶ辺りがね、なんともすごいなあと思うんでした。

そして何がすごいって、結局そのドラムに挑戦した二ヶ月すら壮大な前振りになっていた、と
いう件ね。もちろんドラムやってた当時はそんなことになるとは思ってもなかったでしょうけど
(誰も)、翌年宇治原さんが三線に挑戦して、そしてなんかあっさり出来てしまってどうすんだ
これ、ってなった時に、あの二ヶ月すらも前振りにしてしまおう、っていうそれが、なんというか、
思い切ったよなあと。
実際、このドラム&三線パフォーマンスで、ある意味一番割りを食ったのって菅ちゃんじゃ
ないかと思うんですね。自身の努力を前振りにされた上に、相方のための乱入だったのに
苦情が来たとか。
ただなあ、分かれよ、っていう気もするんですけどね。
菅ちゃんがステージに来た時の宇治原さんの嬉しそうな顔を見れば分かるだろう、と。


ところで、例えばもしこれが「よーいドン」の企画だったとしたら、宇治原さんの三線も普通に
演奏されて終わっていたと思うんですね。
番組の雰囲気であるとか、あと共演者によるところが大きいと思うんですけども。
羽野さんって元々舞台出身だから、乱入とかテレビの企画であることは理解しても
多分そんなにいい顔はしないんじゃないかなと思いますし。逆にお笑いの人でもないのに
あんまり理解示されてもそれはそれで複雑というか(これは私が)。
なのでもしよーいドンで三線挑戦をやっていたら、まあ何事もなく演奏が無事に終わって

八「スムーズに行き過ぎてなんかおもろないですわー」
羽「何て事言うの。すっごい良かったやんかー。めっちゃ練習してたし」
円「まあ、確かに最初っから上手かったからそんな驚きとかはなかったやんな」
宇「すいません」
円「いやいや。良かったで。いい演奏やったし」
菅「めっちゃ良かったでしょー。宇治原ほんまに頑張ったんですよー」
宇「ああうん。ありがとう」
菅「ほんまにすごい頑張ったんですよー。寝る間も惜しんで、毎日毎日」
宇「いや分かったからもう。ええからもう」

みたいな感じになったのかなあ、と。
あの別に、どっちがいいとかどっちが正しいとかではないです。それはもう番組のカラーとか
求められるものの違いとかあるから、ぷいぷいとよいドンが同じになるわけはないです。
ただ、よいドンだったらこんな感じだったんじゃないかなあ、と。

そしてぷいぷいですけど、例えばもし今まっさらの状態でロザンのどちらかに何かチャレンジ
してもらいましょう、となったら、まず宇治原さんにいくと思うんですね。
菅ちゃんは道案内頑張ってるけど宇治原は何もしてないやん、みたいな感じで。
そうなれば当然ドラムの前振りもないわけで、まあ結局最終的に菅ちゃんが持ってくみたいな
形にはなったのかもしれないですが、あそこまで振り幅は大きくなかったんだろうなと考えると
あの当時 ”どないなん” という企画をやっていて、そして仕事量的に宇治原>菅だった、という
ことがなかったら成り立たなかったんだよなあ、と。
なんかそう考えると奇跡のような2年間だったのかもしれない、と思います。
三線挑戦の翌年からオーサカキング自体がなくなってしまったことも含めて。



ロザン コメント: 8 トラックバック: 0

最近の若い奴 気持ちが フワフワワウワウ~

2010年07月12日 23:28

ブログネタ:シンガー板尾の曲で一番好きなのは何?

私はやっぱり「チョキ」ですねー。あの曲はシンガー板尾の曲の中で一番の名曲だと
思っています。
あとは「不良外人」とか「海開き」とか。
「MINAMISHO」もかなり好き。

……ってそんなブログネタあるか―――――――――――!!!!!(笑)。
でも訊いてみたいですねー。ぜひに。
まあ、シンガー板尾が分かる人何人いるんだよ、って話ですが。
大きな声では言えませんが、分からない方はぐぐると色々動画とか出てきます。


お前今更かよ、と言われそうなんですが、オーサカキングの菅ちゃんドラム挑戦回を
ちょこちょこと見ていたりします。
まあ今更と言われようが、映像いただけたのが最近なのでね
(ありがとうございますありがとうございますありがとうございます!)
まだ全部は見ていないので、その辺りの感想は全部見てから書こうと思いますが
本日はちょっとびっくりしたことを。
菅ちゃんが挑戦するきっかけとなったのって、菅ちゃんが一生懸命になる姿が見たいと
いう視聴者からの投稿があったから、ということだったんですが、この当時って
宇治原さんが仕事して菅ちゃんは(言葉悪いですが)なんか適当にやってる、みたいな
感じだったの!? と。
いや本当に適当にやっているわけではないにせよ、そういうポジションだったの!?、と。
私もその辺りがっつり見ている訳ではないので違っていたら指摘していただきたいんですけど、
菅ちゃんがドラムに挑戦した当時って、ぷいぷいではまだ道案内のコーナーはやっていなくて、
「どないなん?」というコーナーだったんですね(ドラム挑戦もそのコーナー内で行われていました)。
で、そのコーナーでは何をするかと言えば、まあロケなんですが体験ものといいますか、
ネットカフェに行って実際に過ごしてみたり、レンタサイクル借りてあちこち走ってみたり
まあ色々やっていたようです。
で、そのロケの間のナレーションは宇治原さんが担当していまして、なおかつ(多分ですが)
体験型ロケということで宇治原さんの方が色々と出来たんだろうなあ、と。
そう考えると道案内のコーナーって本当に色々とポジショニングとか変わってしまう
コーナーだったんだなあと思います。
その間を見ていないので推測で書きますけど、道案内からですよね多分。
仕事する宇治原君と適当な菅ちゃん、から、頑張る菅ちゃんと頼りない宇治原、になったのって。
どこで聞いたかは忘れたので間違っていたら申し訳ないのですが、道案内の企画は
ロザン側(つまり菅ちゃん)から出されたもの、というのを以前耳にしまして、今思うと
ああなるほどなあ、とか思ったりした訳です。
道案内のコーナーは宇治原さんの誕生日の時にちょうど100回で、100回といえば約2年な
わけですけど、2年前といえば宇治原さんは既にロザンの先発隊として全国ネットで
クイズに出てたんだよなあ、と考えると、関西でも”仕事する宇治原君と適当な菅ちゃん”では
ダメというか、コンビバランスの問題であったり、あとなんというか当たり前すぎて意外性が
ないから引っかからないよなあと。単に私が宇治原さん菅ちゃんそれぞれのギャップが
すっごいツボだったりするから、という気もしますが、でも意外性って必要だと思うんですよ。
へーこの人ってこういう面もあったんだー、ってところから興味が広がって行ったり
しますから。
あとまあ単純に、体験型ロケって微妙に関西ワーカーと被るよなあ、というところがあって
いやそんなに被ってはいないんですけど(どっちだよ)、ただ、どっか行って二人が何かする、
というスタイルは一緒だよねえ、と。
でそういえば関西ワーカーっていつからやってるんだっけ、と思って調べてみたら
「よーいドン」自体が2008年の6月スタートなんですね。結構最近の番組だったんだなあと。
始まって2年くらいなんですねー。最初からワーカーやってたのかは書かれてなかったん
ですが、他のをやっていたという記述もないから多分やってたんだろうな、と。
そう考えると、よーいドンが始まる前後辺りから、どないなんは道案内になったってこと
だよなあ多分(すみません違っていたらほんと指摘お願いします)。
なんかそう考えると、菅ちゃん……恐ろしい子……!(白目)、という気分になります。

ドラム見て、菅ちゃんすごい、と思うんだからある意味正解だとは思うんですけども
明らかになんか方向性が違うよなあ、とか書いてて思いました(笑)。

ロザン コメント: 6 トラックバック: 0

手羽売り

2010年07月11日 23:32

何でも来月のロザンMCのAGEAGEが前売り完売したとか(予定枚数終了になっています)。
まだ他の出演者が明らかになっていないから、完全にロザンファンのみの空間ということに。
うわあ行きたかったわー!さすがに夏休み前日に有給取る勇気はなかったですが。
ところで、夏休み中にせっかくだから行っておくかと思って取った某日のAGEAGE、
取ってみたら整理番号一桁だったんですが、さっき確認したら未だ一桁でした……。
多分出演者が明らかになればまた変わるのかもですが、なんか色々心配になってきました。
前もお客が20人程度、という時もあったらしいですし。ううーん。誰か一緒行きません?
ロザン一切関係ないけど。


今日は神宮球場まで行ってきました。『Your Swallows』というヤクルトスワローズが
出している小冊子があるんですが、今週号の特集がマスコットキャラのつば九郎でして、
つば九郎が手売りもとい手羽売り(ツバメだからね)をする、ということで買いに行きました。
買った人にはサインをしてくれる、ということでこないだ京大に行った時に買った
京大色紙持って並びましたよ。

都会で奇跡のやまびこ!?

つば九郎先生のサイン。いやー読みやすい(笑)。

そしてつば九郎が時間になっていなくなった後は、妹のつばみが即興でサイン会。
当然ながら並びましたさ。

都会で奇跡のやまびこ!?

女の子なのでハート型も入ってたりとか、つば九郎より全体的に可愛い雰囲気のサイン。
あとスワローズには燕太郎というマスコットキャラもいて、うろうろはしてたんで
サインもらおうかと思ったんですけどペンを持ってなかったので断念。
まあまたそのうち。

でもって本日の自分的メインイベントであるつば九郎に会えたので帰ろうかと
思ったんですが(笑)、せっかくなので試合見てくかーと当日券購入。
ちなみにこの辺りから雲行きがかなり怪しくなってました。
そして神宮球場は野外です。ドームではないです。
まあなので雨が降ったら最悪中止、ということに。
心配しつつ席について開始を待ちましたよ。

ところで本日の試合なんですが、ヤクルトvs.広島でした。
そうです、宇治原さんが「優勝する」と言ったあの広島ですよ!
ということで、まあもしヤクルトが負けても宇治原さんが喜ぶと思えば……と
思いつつ試合見てたんですが、まあやっぱりがっつりヤクルト応援してました。
にしてもねー、広島の応援が熱いんですわ。ほんと。
すっごい熱気があって、一角が見事に赤に染まっていて(広島のカラーは赤です)。
神宮球場なんでヤクルトがホームなんですけど、どっちがホームかビジターか分からない
ような雰囲気でしたさ。
こうしてみるといつか広島球場も行ってみたいですねー。
ヤクルト戦以外で広島サイドで応援したいです。
あと甲子園も行きたいんだよなあ。やっぱりヤクルト戦以外で阪神応援したいです。
そういや甲子園といえば、まあとはいっても私3球場しか知らないですけど
甲子園で売られているビールが一番美味しいと思います。
缶のやつじゃなくてタンクに入ってるやつね。
別にグルメとかそんなんでは全然ないんですけど、なんかちょっと味が違うんすよね。
注ぎ方の違いとかそういうのかもしれないですが(ビールは注ぎ方一つでかなり味が変わります)。

でもって試合を見ていたら案の定雨が降ってきまして、しかも途中結構強く降って
うわあどうしようって感じだったんですね。なんですが、これスポーツニュースとか見てる方は
ご存じかもしれないですけど、ヤクルトって小さい傘持って応援するんですね。
まあその傘が役立った役立った(笑)。
傘といってもほんとに小さいものなので、(座っている)膝は濡れるし背中も濡れるんですけど
とにかく、つば九郎が書いてくれたサイン色紙だけは死守しなきゃ!ということで
必死でカバンを守ってました。私はいいから、このカバンだけは……!(笑)。
いやでも冗談抜きでほんと役立ちましたわ傘。
実際傘で応援も出来ましたし、楽しかったです。

けど小さいと言っても傘なんて差してたら周囲に邪魔じゃないかと思われるかも
しれませんが、悲しいくらいお客がいなくてですね、前後左右人がいなかったんですね。
まあなので、傘も差せたんですけどねハハハハハ……。

あ、試合はヤクルトが勝ちましたー!ひゃっほーう!

野球 コメント: 0 トラックバック: 0

キングオブコント

2010年07月10日 22:13

キングオブコントのDVD(去年と一昨年)を借りまして、ちょこっと見てました。
去年はやっぱり東京03がずば抜けてましたねー。リアルタイムで見た時も思いましたが。
個人的にはサンドウィッチマンを応援していたのですが、面白さで言えば東京03に軍配が
上がっていたと思います。3人って色々と制約も出易いとは思うんですが、決勝で披露した
コントはまさに3人でないと出来ないものだったので、さすがだよなあ、と。
あとまあ個人的に、東京03はゴッドタンでちょいちょい見ていて面白いのに今一つ
知名度が薄いということに歯ぎしりしていた部分もあったので、ああいう大会があって
良かったなあと思う次第です。

さて、今年のキングオブコントも始まって、今一回戦が行われています。
去年の準決勝以上進出者は一回戦免除される、ということで、まあ何と言うか申し訳ないんですが
合格者見てもほとんど名前を知らない状態です。
多分二回戦辺りから、ああー、と思ったりもするんだろうなと。
でもってロザンは昨年の準決勝進出者なので一回戦は免除されているわけですが、
二回戦出るよね?というかエントリーしてるよね、と、ふと不安に。
いや、今回の大会日程が結構きついんじゃね、というね。
詳細はこちらを見ていただきたいのですが、8月2日の月曜から7日の土曜までが東京、
8日の日曜から10日の火曜日までが大阪、となっています。
で、火曜と金曜は生放送があるから無理、4日は京橋花月、5日は品川&ルミネ、
6日はAGEAGE、7日のあさパラってロザンのターンでしたっけ?その場合7日も無理、
となると、とりあえず目に見える形の仕事がないのが2日月曜、8日日曜、9日月曜の3日間。
ただ月曜って私のうっすい記憶ではワーカーのロケだったような。あと紳助くんの録りだった
ような……。
そうなると8日日曜?日曜ってなんかなかったっけ……?と。
ただ出るんであれば吉本側もそれなりにスケジュールを考慮してくれるんじゃないかとは
思うんですけどねー。テレビとかは無理にしても舞台とかは。

常々思っていたりするのですが、ロザンが全国区で売れるためには、あの二人が
芸人であるということが認知されることが絶対条件ではないかと私は考えています。
現時点での二人って、クイズが凄い人とその相方、という感じだと思うんですね。
芸人としての認知はあまりされていないだろうなと。
いや芸人だと分かってはいるのかもですが、どうせあんまり面白くないんでしょ、みたいな。
これなー、どうしても今メインにきているのが宇治原さんだというのも理由の一つだと
思うんですが、宇治原さんってこれやって、と言われてやることに対してはものすごい
力を発揮しますけど、0から作り出して、と言われる事に対してはかなり苦手ですからねー
本人も言ってますけど。
”ロザンのネタを作らない方” が表に出て来ているゆえに、宇治原さんへの(芸人としての)
評価がそのままロザンの評価になってしまっている部分もあるよなー、と。
あ、別に宇治原さんを責めているわけではないです。ただ芸人としては能力と違うものが
求められているところがあるんだよなあ、と。
単純にね、ツッコミにボケを求めるなと。
もちろんそれが出来る人もいますけどね。南キャンの山ちゃんであるとかオードリー若林で
あるとか。でも彼らは自分でネタを作れる人でなおかつ元はボケの人ですからね。

でもって。
彼らが全国区で売れるためには芸人としての認知度を上げることが絶対条件だと思うんですが
そのためにはどうしても、テレビでネタをやる必要があると思うのです。
いくら舞台でやっても、舞台まで来るお客さんというのは限られているわけで、
広く一般に認知させるには、やっぱりテレビという力は必要不可欠だと思うのです。
で、今全国区で大いなる力を持っているネタ番組といえば、やっぱりキングオブコントだよなーと。
優勝までいかなくてもせめて決勝に残れば、そしてそれこそ宇治原壊れキャラ(奇跡の草とか
バイオリンとか)をやれば、クイズでのエースぶりとのギャップも含めてかなりのインパクトを
残せるんじゃないかなと思っています。
あーテレビで見たいわー奇跡の草とか。「しょーもない○○せいっ!」とか見たいわー。
これで結果を残せれば、多分「レッドシアター」とか「お笑いさぁ~ん」とか出れると思うんですよ。
あ、あと「さんま御殿」。まあ御殿に関しては諸刃の剣ですが。上手い事いけばかなりの
インパクトを残せますけど、下手したら一切映らないとかありますからね、あの番組……。


ものすごーく正直なことを言ってしまうと、ロザンは関西中心の方がいいんじゃないかなと
思っていまして、いやそりゃ私は東京在住ですから東京で、というか全国区で見たいですけど
全国区になるっていうのは、当然ながら色々な制約だったり不自由な面も出てくる訳でして。
有吉がブレイクする事を「バカに見つかる事」と言っていて、なんて的確な言葉なんだと感激
したんですが、ロザンに関してもあんまり全国区になってしまうと何ていうか、あの二人の良さが
出し辛くなってくるんじゃないかなと心配になったりしています。
ただ先日出たお笑いTV LIFEで菅ちゃんがもっと(東京でも)売れたいという旨の発言を
していましたし、まあ本人が望むのならなあ、と。
そうそう、そのお笑いTV LIFEで、東京と大阪でバランス良く仕事が出来たらいいという旨の
ことを言っていてすごい嬉しかったです。
東京進出のために、ぷいぷいやよいドンを止める、とかなったら悲しいですからねー。

ロザン コメント: 6 トラックバック: 0

Hey my friend

2010年07月09日 23:56

先日のルミネ&AGEAGEの時に新宿でオトメコンティニューを購入したんですが、翌日に
Amazonから同じものが到着しました。
つか遅いんだよー!AGEAGE後の飲み会で話が出るって分かってたからその前に
読んでおきたかったんだよー!
まあそれで7日に購入しまして、電車の中でとりあえずロザンのとこだけばーっと読んで
でも飲み会ではそんなに話は出ませんでした(笑)。
いやいいの、少しでも早く読みたかったから。
ちなみに2冊目の方は貰われ先が決まりました。良かった良かった。

オトコン感想も(今更ながら)がっつり書きたいんですが、仕事でちょっと疲れているので
また後日に回して本日は短めに。


ロザンの二人が相方の事を訊かれた時によく言う、「尊敬する部分がある」という言葉ですが
これって本当に大事な事なんだよなーと今更ながら思います。
いや今更というか、時々思い返してはそうなんだよなーと。
以前、菅ちゃんから見た宇治原さんについて書いたんですが、割と逆でも当てはまるよなと
思ったりします。お互いに優しいですし、菅ちゃんが宇治原さんを甘やかす所もちょいちょい
見られたりしますし。
で、この二人が本当にすごいなと思うのが、お互いがお互いに対して過度に甘やかす事は
しない、ということなんだよなーと。
お互いに、度を超えたなと思った時はきちんと指摘して、元の場所に戻そうとするんですよね。
これって口で言うのは簡単ですけども、結構勇気のいる事じゃないかなと思います。
ただそれでもお互いに気付いた時はちゃんと指摘してくれるから、安心感と共に
きちんと言ってくれる事に対しての信頼感や尊敬という気持ちが湧くのかなとも思います。

前の記事で、ロザンは色々と規格外だと書きましたけど、既存のコンビに当てはまらないのに
それでも道を間違うことなくここまでずっと進んでいけているというのは、お互いに
相手の事を思いやって、気がついた時には指摘して、そして言われた側も素直に受け入れる、
という関係が出来上がっているから、というのもあるんだろうなと思います。
考えれば考えれる程、ロザンというコンビはすごいよなーと思う事しきりです。

そうそう、私はどちらかといえば宇治原ファンではあるんですが、もしピンだったら
ここまでハマる事はなかっただろうなと思います。
宇治原さんに対しても菅ちゃんに対しても、多分テレビ見てて出てたらちょっと真剣に見ようかな
程度で、出る番組を追い掛けたり、ましてやライブとかに行ったり、ということはなかった
だろうなと。少なくともピンだったらお金を落とすファンにはなってなかったと思います。
やっぱり、どちらのファンとかいうよりも先に、ロザンのファンなんですよね。
だってあの二人が二人でいるところが好きなんだものー!
アナタガタガ スキダカラー!
なので、どちらかといえば宇治原ファンと言いつつ、例えば宇治原さんがピンで何かの舞台に
立つとか言われても、チケット取るかは迷うだろうなあ。
あ、でも菅ちゃんプロデュースで殺陣とかやるなら見たいです(笑・4月のトークより)。
同じ理由で、菅ちゃんピンで舞台、と言われても、まあいいか、となるかなーと思いつつ、
でも眼鏡で出るとか言われたら100%チケット取ります!(笑)。
どんだけ菅ちゃん眼鏡好きなんだよ私。

ちなみにタイトルはTommy heavenly6の曲からです。

ロザン コメント: 0 トラックバック: 0

AGEAGEについて考える

2010年07月08日 23:59

昨日はAGEAGEに行ってきましたー。楽しかった!
その前にルミネ一回目も行きました。ルミネは何気に初めて行ったんですけども
見易くて良かったです。というか、それより何より菅ちゃんが眼鏡姿ー!
ロザンは一組目だったんですが、ペガサス幻想がかかってうわーいきなりかーと
思ったら菅ちゃん眼鏡だし!
うわああうわああうわああ!
眼鏡男子大好きなのでそりゃあもう食いつきまくりでした。
客席もどよめいてましたよ。
どちらかといえば宇治原ファンのはずなんですが、完全に菅ちゃんばっか見てました。
最初宇治原さんが客席を見回してくれて、私の座っている方にも目線をくれたんですけど
こっちはそれどころではなくて(笑)。
わーわーわー菅ちゃん眼鏡!菅ちゃん眼鏡!菅ちゃん眼鏡!って感じでしたよ。
ネタも、慣性の法則をやってくれて、これ私見るの初めてなので嬉しかったです。
もう、菅ちゃん眼鏡と慣性の法則で3500円の元は取ったと思いました。

二回目のチケットは取ってなかったんですが、これは当日券買うべきだろうかと
思ったんですけど、でもネタの途中で菅ちゃんが「(張り切り過ぎて)眼鏡曇った」と
言っていたので、あーこれは次から眼鏡外してくるな、と思って買うの止めたんでした。
どんだけ眼鏡に食いついてんねん自分。
まあ、二回目買ったとしても途中で出ないといけなかったんで、それもちょっとなーと
思っていた部分もあったんですよ、ということで。

一組目がロザンでしかも菅ちゃんが眼鏡で、ということでなんかもうすっかり気が
抜けてしまったんですが、ブラマヨも出るし、と思って気合を入れ直して(?)ました。
つか昨日ってブラマヨ出てなかったら完全に腑抜けになってたと思います。ロザン後は。
とはいえ面白かったです。ノンスタは石田さんがなんかもう素晴らしかったですし、
インパルスも(知ってたネタだけど)大笑いできましたし。そういえばジャルジャルが
出てまして、でスクリーンに「ジャルジャル」と出た時は黄色い歓声が上がったんですが、
ネタが、"お○玉でか男"(名前)を連呼する、というものでして。
受けてはいましたけど、なんか客席の一部がどんどん引いていくのが分かって
さっきあんなにきゃーとか言ってたのに、と思ってちょっと面白かったです。
で、その後に出てきたインパルスの板倉が「○玉が~」とかアドリブで言ってたりとか、
そのインパルスのネタで出てきたミュージシャンのMASAYAが、次のダイノジのネタで
出てきたりとか繋がりがあって面白かったです。


そしてAGEAGE。詳細は配信見たよね、ということで(ええー・笑)。
多分配信に映ってないところを書くと、誰だったかな、カナリアの安達君の辺りの
話だったと思うんですけど、宇治原ブサイクネタに対して宇治原さんの後ろにいた
たばふじ藤本君が頷いたりとか、宇治原さんがいや俺もかっこいいだろみたいなことを
言った時にも藤本君が手で×を作ってたりとか(無論ネタでですよ)、ヒールキャラを
演じてたんですけど、一切誰にも拾われていませんでした……。
宇治原さんは完全に背を向けてたからしょうがないと思うんですけど、菅ちゃんか
田畑君突っ込んであげないと藤本君がただの嫌な人になってしまうんじゃ、と
ちょっと心配にもなったり。
まあもちろん見てた大半の人はちゃんと理解しているとは思うんですが。

ただやっぱり、あちこちで聞きますけど12組は多いですよねー。
4組×3セットで90分、そして最初の説明、最後の結果発表や告知等を考えると
(企画コーナーもあるようですがとりあえずそれは考えないことにして)、1セット長くても
28分で終わらせないと入らないよなあ、と。
でそう考えると、1組ネタ4分で入れ替えとかの準備を1分と考えると大体20分くらい、
となると、その後のトークを1組辺り2分で切り上げないといけないわけです。
2分って投票時間といっしょなので、「投票スタート」と言ってからカンカンカンカーンて
鳴るまでの間なんですよね。
そう考えるとかなり短いなーと。
またロザンの2人が2人とも優しいから、強引にトークを打ち切ったりとかしないんですよね。
実際昨日も、宇治原さん後半特にかなりモニター(残り時間とか出てるんだと思うんですけど)を
ちらちら見ていて気にしてはいたんですが、それはそれとして話はちゃんと聞いてましたし。
ただやっぱり2セット目からは巻きが入ってましたけどね。
実際相当上手くやらないと90分で12組はきついですし。
以前配信見てたら途中のトークが長すぎて延びまくって、テロップで
「順位はHPをご覧ください」と出た事もありました(結局最後に慌てて発表してましたが)。
うーん。前みたいに8組くらいがちょうどいいんだけどなあ。
でもそれだときっと田畑藤本は上がって来れなかっただろうなと考えると色々複雑です。

そういえば最後の順位発表。
前に南キャン山ちゃんがMCした時の回を配信で見たんですけども、順位が表示されたボードを
持って来ようとしたら被せてた布が外れてしまって、でもまだ舞台端だったんでそこでまた被せれば
ほとんどの人には分からなかったのに、持って来ていたお姉さんがそこで諦めて(笑)
もう堂々と見せながら持って来たんですね。
で舞台上の芸人さん達が慌てて隠したり布被せたり。
山ちゃんも「諦めちゃダメでしょうー。まだそこ(端)だったらそんな分からなかったのに」
みたいなことを言ってました。
で昨日。
ボードにやけにがっちりと布が被さっていたので、それを思い出して一人でウケてたんでした。

お笑い コメント: 4 トラックバック: 0

フェアレディZの件ですが

2010年07月07日 00:00

私のお笑いの原点はビートたけし氏でして(なので呼び捨てとか出来ません。基本は殿呼び)
生まれて初めて入ったファンクラブも、”ビートたけし&たけし軍団”でした。
ちなみに初めて行った(芸能人の)コンサートもそうです。
昔は歌手もやってたんですよー殿。結構渋い、いい曲が多くてカラオケでも時々歌ったりします。

そして私の中で、コンビ芸人の原点はダウンタウンだったりします。
あの二人は小学校時代からの友人が相方になったんですけども、普段は全く話もしない、
楽屋も別、プライベートなんてもちろん知らないし携帯電話の番号すら知らないけれど
いざ仕事となると息の合ったところを見せる、と。
以前、まだごっつええ感じをやっていた頃に今ちゃんが言ってたのですが、
「自分ら(今田東野130R)とコントをやる時は綿密に打ち合わせをするけれど、
浜田さんとの時は軽くしか打ち合わせをしない。けれど誰よりもきっちり合わせてくる」と。
まさに、ああーコンビだわー、と。

以前松もっさんが著書の中で相方の浜ちゃんについて、
「松ちゃんより浜ちゃんが好きと言われればむかつくが、浜ちゃん嫌いと言われてもむかつく」
と書かれていたんですね。
なんというかすごく端的に、コンビというものを表している文だなーと思った記憶があります。


でもって。
私の中でコンビの原点がダウンタウンなため、こういう言い方をするのもなんなんですが
ロザンって色々と規格外だったりするんですね。
仲の良さであるとかもそうですけど、学歴を売りにするところとかも。
まあなので、色々と戸惑いました。というか現在進行形で戸惑う部分があったりします実は。
嫌とかそれはおかしいとかではなくて、単純に、『ええ!? そうなの!?』と。
先日のGAKU-Shockでも宇治原さんが新居の場所を説明していましたけど
なぜあれで分かるの、と(笑)。お互いの家の地理関係が分かってないと理解出来ないですよね
あれって。
なんというか、私の中ではコンビってそこまで踏み込まないんだけど、というところに
がんがん踏み込んでて、それで何の問題もなく上手くいっている、という事実が
ただただ、この人たちってすごいなーと思うと同時に、なんなん、と。
あなた方なんなん、と言いたくなる時がたまにあります(笑)。

つくづくロザンって、奇跡のようなバランスで成り立っているよなーと思う事があって
上手く説明出来ないんですけど、ただもうすごいなとしか言えない時があります。
あーそうだな、うん、なんも言えない(笑)。


ところでタイトルなんですが、その昔ガキの使いで松もっさんが言っていた話。
危ないファンがいる、という話で、どのくらい危ないかといえば、ファンレターで
「松本さんテレビ越しに私を見てましたよね」とか書いてくるようなヤバさ。
で、その人から家に手紙が来て(事務所ではなく家という辺りが怖さ倍増なんですが)、
読んでみたら(ちなみに全く面識はない人です)
「フェアレディZの件ですが」
から始まっていた、と。
もうね、浜ちゃん始め会場中がぞーっとする中、松もっさんが言いました。
「大体な、『フェ』で始まる手紙とかある?」
なんか個人的にすっごいツボだったんでした。

お笑い コメント: 2 トラックバック: 0

人に歴史あり

2010年07月05日 21:27

そういえば書こう書こうと思って忘れてた。
高三の時、宇治原さんが受けた全国模試で京大合格率E判定だった、という話。
あれってもしかしたら高熱出た前後とかに受けたものだったのかなあ、とか。
つまり万全の体調ではなかった時に受けたからぼろぼろだった、と。
マンスリーよしもとで学校の勉強しかしてなかったから実力テストはダメだった、
みたいなことも書いていたので、そっちが理由なのかもしれないですが。

あと犬の心の押見さんはもうちょい頑張れは宇治原さんと仲良くなれると思うの(笑)。
もしかしたらこないだのトークの後の打ち上げで番号の交換とかしてるのかもですが。
そう考えるとなー。7日のAGEAGEに犬が出なくなってしまったのは非常に残念です。
そうだAGEAGEといえば、明後日のロザンMCのは行くんですが、来月は行けないので
夏休み中の某日にせっかくだから行っておくかー、生の○○さん見たいし、とか思って
チケット取ったら整理番号一ケタでした。ええー。
試しにロザンMCの回を見てみたら二桁後半でした。ほんと、MCで差が出るんだなあ。
別にそんな前じゃなくていいんだけど、と思いつつ、せっかくだから犬とかポテ少とか
来ないかなと楽しみにしてたりします。


と、本編には全く関係のない前置きはこのくらいにして。
先日、クヮンガクッの話を書きましたけど、ってそうだ、この小さい「ヮ」ってどうやって
出すんでしょうか?私かな打ちなんですけども、「わ」でシフトキー押すと「を」に
なるんですよね。ちなみにクヮンガクッに関してはコピペして単語登録しました。
でもってクヮンガクッについて。2人が固かった、と書いたんですけど、あくまで今と
比較して、であって、言い換えればそれだけ見てたら全く気付かないレベルだと
思います。やっぱりプロだなーと思うのは、朝とか吐く息が白いくらい寒い外での
ロケで、しかも(あんま映ってないけど)結構な数断られたりとか、話しかける人すら
いなくて待ちぼうけをくらったりとか、そういう映ってない大変な部分が相当あったと
思うんですけど、2人とも辛そうな顔は見せずに最後まで元気良くやってました。
まあそういう部分が逆にドラマ性に欠ける、というところもあったのかもですが
(クヮンガクッに初めて出たハンコ配りのロケで、喧嘩しろと言われてぐだぐだの喧嘩を
した、って話もありましたし)。
実際見てても、良くも悪くもきっちりしてるなあ、という印象を抱きました。
ちゃんとしてるんですよね。丁寧にお願いして断られてもごめんなさいと謝って、
企画もきちんと説明して。
二人の役割分担もきっちり出来てましたし。
他の回に関してはよく分からないんですが、あの回に関しては、説明が宇治原さん、
行動が菅ちゃん、という役割がきっちり決まってました。
一般の方を呼び止めるのは2人でやってるんですけど、企画趣旨を説明してお願いするのが
宇治原さんで、パシったり(笑)とか何か塗ったりとか被ったりするのは菅ちゃんでした。
惚れ薬くらいかなあ。宇治原さんが、っていうのは。
そういえば役割とかその流れから考えると、惚れ薬も宇治原さんが菅ちゃんに食べさせる、
という方が自然な気がするんですが、あれだけ逆なんですよね。
……となんか、当初の書こうと思っていた内容から大幅にずれてきたのでこの辺で
補正しますが(すみません。考えながら書くからこういうことに)、正直、菅ちゃんがパシる
姿を見なかったらもしかしたらその違和感というか固さにすら気付かなかったかもなーと
思ったりしました。
あくまで推測ですけど、当時はほんと、一つ一つのロケが戦いだったんだろうなーと。
これで結果を出せなかったら次はない、みたいな背水の陣。
今は当然慣れてきてもいますから、いい意味で力が抜けた感じでやれてると思いますが、
当時は本当に必死だったんだろうなと思います(いや、今が必死じゃないと言ってるわけでは
ないですよ念の為)。
ただ、その必死さを見せない辺りがまたさすがだなあと。

でもって。
先日、ゲンキ王国も見せていただけたんですね。とはいえ全部見たわけではなく、まだちょこっと
だけなんですけども。
で、見たらああやっぱり違うなーと。
一部をざっと見ただけなのであんまり偉そうなことは言えないんですけど、うぇっさい活動で
テレビ慣れしたのか気心知れたメンバーでやれているという安心感からなのか自分らの
レギュラー番組であるという自負なのかなんなのかは分かりませんが、実に楽しそうに
やっているなあ、と。
とりあえずクヮンガクッの頃より大分固さは取れているような気がします。何せ宇治原さんの
一人称が「俺」になってますし(笑)。
ほんと、ざっと見ただけなんですけど、それだけでも何ていうか、うぇっさいの活動は
2人にとって本当に有意義なものだったんだなあと思わずにはいられませんでした。
実際トークでも「全然嫌じゃなかった」と言ってましたしね。
その言葉が見事に裏付けられた番組だと思います。

やっぱり、芸人さんということで普通に生活してたらぜっっったいに経験しないような
ことをやらされたりとか、過酷な事をさせられたりとか辛い思いをしたりとか
色々あると思うんですけど、どれもちゃんと糧になっているのだなあ、と昔の映像を見ると
しみじみ思ったりします。
今までやってきたどの仕事も否定しないロザンの2人がほんと大好きですし、
逆に言えば否定しないような人達だからこそ好きになったんだなあとも思います。

ところで。
そのゲンキ王国ですが、ペンは剣よりも強し、というコーナーがありまして、端的に説明しますと
菅ちゃんが他のメンバーの秘密を暴露する、というものなんですね。
なんですが、ある時普通にそのコーナーをやっていたら逆襲に遭いまして、普段は
1対1なんですけど、他のメンバーがずらずら出て来て5対1という布陣になったんですね。
で、普段は他のメンバーの秘密を暴露している菅ちゃんが今度は暴露される側に回った、と
いうことに気付いた菅ちゃん。がくりと崩れ落ちて呟くように言いました。
「せやんな。せやんなあ」
……えっ、受け入れちゃうのそれ!?
普通もっと(最終的には暴露されるとはいえ)抵抗しないか?、と。
いやほんっと、菅ちゃんって素直だよなあ、と思ったんでした。
素直というか、因果応報をきちんと受け入れる人なんですよね。
変わってないなあ、と思うと同時に、菅ちゃんのこういうとこ好きだわ、と思ったりしました。

でもって菅ちゃんへの他メンバーからの暴露。なんとなく(暴露にしては)甘い気がしたんですが
あれですか、やっぱみんな菅ちゃん大好きだからですか。
で、西野が「酔っ払って後輩の俺にものっっすごい甘えてきた」という話をした時、
これカメラさんグッジョブ、と思ったんですけど(笑)、宇治原さんがアップで抜かれてました。
どんな顔をしていたかは各自の想像にお任せしますが、多分皆さんが想像されているので
合っていると思います(笑)。
宇治原さんも変わってないなあ。そこが好きですよほんとですよ(笑)。

ロザン コメント: 6 トラックバック: 0

最高の相方の見つけ方

2010年07月02日 23:56

DVDを見てたら、「最高の人生の見つけ方」があったんですが、リアルに読み間違えました
(タイトル)。
普段いかにロザンの事ばかり考えてるかというのがよく分かりますね(笑)。


先日、滋賀の課外授業に行った事は前にちらっと書いたんですが、
その時にお会いした方からDVDをいただきまして。
その前にメッセージを貰ってまして、何か観たいものがあったら持って行きますよと
言っていただけたんで、まあダメ元で「クヮンガクッで宇治原さんが菅ちゃんに
一生相方でいますと誓った時の回がありましたらお願いします」と言ったら
あるので持って行きます、と。
えええええええええー!マージーでーかー!!!!!とパソコンの前で叫びました。
しかし、今書いてて思いましたけど、それだけの説明でよく分かってくれたなあ。
(本当に上記のように書いたので)
いやもうほんと、ありがとうございます。

内容は、この日の記事にちょろっと書いたんですが、梅田から難波まで行くのに、
その日買ったものを先に使わせてもらえたら信号一つ進める、というもの。
つまり信号に当たる度にそこらへん歩いている人を捕まえて、今日買ったものを見せてもらって
先に使わせてもらえれば次に進める、と。
で、二人は朝早くからロケしてたんですけど、午前9時からスタートして、ゴール時は日付
変わってました。大変だなあー……。ロケ日2月だったようで、2人とも寒そうでしたし。
にしても、朝だとやっぱりお昼ご飯(パンとか)を買ってる人が多いんですけど、
ちょっと食べていいか、という申し出に気軽に「ええよー」と言ってくれて、しかも
「もっとたくさん食わなテレビの番組にならへん」とか言ってくれたりとか。
なんというか、ああー大阪だわー、と。
これ東京だったら多分もっと苦戦すると思うんすよね。もちろん、このロケでもかなり
断られてたとは思いますけど、先ちょっと食べさせてくれ、と言ってOK出る率って
やっぱり大阪の方が多いんじゃないのかなあ、と。
でもって、私見ててすっっっっごいびっくりしたんですけど、途中お茶漬け海苔を買ってた
お母さんがいて、これを使わせてもらおうということでご飯とお茶を買いに行くんですけども、
菅ちゃんが走ってるんですよ!
すんげえびっくりしました。
だって今なら絶対に考えられないじゃないすか!どう考えても宇治原さんが走って
食べるのは菅ちゃん、という構図しか見えないじゃないすか!(笑)。
なのにふつーに菅ちゃんが走って、宇治原さんがお母さんと喋ってるんですよ。
いやもうびっくりしたわー。
そしてびっくりしたことその2。海水パンツを買ったサラリーマンの方がいて、
わざわざスポーツクラブまで行って海水パンツを先に使わせてもらう、ということを
やってたんですけど、
これまた菅ちゃんが海水パンツ穿いてるんですよ!
つか、いいのかそれ!?泳げないのに。水恐怖症だよね菅ちゃんって。
まあ、あくまで"ちょっとだけ"なので、ほんとにちょっとだけ水に浸かってすぐ上がってましたが。
そしてその後は朱肉を買った女性に対し朱肉を使わせてもらってたんですけど、
宇治原さんが自分の指に朱肉つけて、すがちゃんのおでこに押してました(笑)。
これまた今だったら絶対に逆だよなあ。
この後も本を買いに走ったのは菅ちゃんでしたし、当時ってそういう役割分担だったんで
しょうか、この2人は。

あ、で、さすが菅ちゃんだわ、と思ったところ2連発。
朱肉をおでこに押され、「俺今日ずっとこのまま?」と言ってたんですが、次に話しかけた人が
なんと洗顔フォームをちょうど買ってて、それ使わせてもらってすぐ落とす、という運の良さ。
その後に話しかけたのが学生の女の子だったんですけど、菅ちゃんが「中3っぽい」と
言っていたら本当に中3で。
多分制服では分からなかったと思うんで、菅ちゃんほんとすごいわー。

その後もアイシャドウ買った人がいて、宇治原さんが菅ちゃんにアイシャドウ塗ったり
レフ板(光当てるやつ)で菅ちゃんを照らして、「俺の相方かっこええー」と言ったり
してました(笑)。そういやレフ板ですが、折り畳み式でゴム式(?)だったのか、勢い良く
跳ねて、宇治原さんが本気でびびってました(笑)。面白かったです。

そして夜。カップルに声をかけたら指輪を買ってて、しかもそれが結婚指輪!
「けっこんゆびわ!」と声を揃える二人。
さすがにこれは無理だろうと思いながら恐る恐る訊いてみたらなんとOKが出て
(彼女の方が積極的でした。なんでも買う前にはめたからいいんだとか)、
つけさせてもらうことに。
タイトル忘れてしまったんですが、結婚式とかでよく流れる、♪エンダァァァァァァアア~
という曲が流れて(つかこれで分かる人いるのか。ごめんなさい本当に)、
宇治原さんが菅ちゃんの小指にそっと指輪をはめながら
「一生相方とすることを誓います」
あーあーあーあーあーあーあーあーあーあー(号泣)。
ちょっとこれについては最後に。

そして「コンビの絆も深まったところで」(ナレーションで言ってた)、次の人が
バレンタイン前ということでチョコとか色々買ってまして、出してきたのがなんと
惚れ薬!(笑)。
いやまあ中身はマーブルチョコなんですけども。
で、菅ちゃんから宇治原さんに、ということで菅ちゃんが惚れ薬出したんですけども
傾けたら数個ばらばらっと出まして、それ見た宇治原さんが「どんだけ俺惚れさすねん!」(笑)。
惚れ薬を食べた宇治原さんは、「……効くか!」と言ってましたけど、多分今だったら
もうちょっと違うリアクション取るんだろうなーとか。
つかこの時の惚れ薬が未だに効い(以下略)。

まだまだ若手ということや、慣れてないというところもあると思うんですけど、
今見るとやっぱり違うなーと思う所が多かったりします。
もちろんビジュアルもなんですけど、それ以上に。
先に書いた二人の役割であったりとか。
無論あの時から仲良くわちゃわちゃやってたりはするんですけど、あー固いなーと
思わせる部分もあったりとか、まあ当たり前といえば当たり前なんですけど二人とも
そこまで素は出せてないなあと思ったりしました。
あ、でも、帽子を買った女の子がいて、先に使わせてもらうということで菅ちゃんが帽子被ったん
ですけど、女の子達より先に誰よりも早く、「かわいい」と宇治原さんが言ってました。
こういうところは変わってないわ宇治原さん、と(笑)。

でもって指輪の話。
もうね、ほんっっと見たかったので嬉しかったです。ありがとうございますありがとうございます!
クヮンガクッなんてまだまだほんと若手の頃じゃないですか。その頃に「一生相方でいる」と
言って、そしてそれから長い年月が経った今もこうやってあの時の約束を守っているのだと
いう事実がね!泣きそうになるんですよ。
オーサカキングの三線の時、菅ちゃんが最後目立った事に対して宇治原さんが
この企画でこうなるんだったら俺一生これだ、みたいなことを言った時もすごい嬉しかったん
ですが、一生こうだ、ということは一生ピンでやる気はないという意味なんだよなーと。
先日のお笑いTV LIFEでもピンの仕事少ないと言われている、と書いてましたし、
ロザンが基本軸、というのもはっきり言ってくれましたし。
ああ、ずっと二人でやっていくつもりなんだなーと思ったら本当に嬉しかったです。
これからもずっと見ていくつもりなので、ずっと二人で駆け抜けて欲しいですほんと。

ロザン コメント: 8 トラックバック: 0

告白

2010年07月01日 23:33

そういえば、トークの時に代筆で宇治原さんにファンレターを書いたと書きましたが、
「東北にも来て下さい。仙台にもぜひ営業来て下さい」と書きながら、
『でもこれなー、俺に言われても、っていう気分だろうなー。それこそ吉本の偉い人に
言ってくれ、って感じだろうなー』
と思った事を、ヤクルトスワローズの携帯サイトにある"つば九郎お悩み相談室"で
東北なのでなかなか試合を観に行けない、どうしたらいいか、という相談に対し、
偉い人に言って(大筋)、と返していたのを見て思い出しました。
そういやヤクルトですが、週末は秋田で中日ドラゴンズと試合なんですよね。
つば九郎も秋田に行きますよ!
ぜひきりたんぽ食べて欲しいです。つばめがきりたんぽ食べるのかは置いといて(笑)。


来週辺り、映画「告白」を観て来ようかなと思ってます。今更かい!
いやなんかタイミングがなかったので。
まあしばらくはやってそうだしいいかー、と。
にしても基本が面倒臭がりなので、映画とか一ヶ月くらいやっているものだと、
また今度でいいやとか思っているうちに終わる、というパターンがよくあります。
エヴァとか近所でもやっていたのにぼんやりしているうちに終わってしまって
電車で片道40分くらいかけて、まだやっていた映画館まで行った覚えがあります。
中途半端な面倒臭がりだからたちが悪いんだよなあ。
ものすごい面倒臭がりだと、放置してたら余計に面倒になることが分かっているから
割と早め早めにやるんですよね。

でもって告白。
確か菅ちゃんも読んだと言っていたし、映画観る前に読んでおきたいなーと思って購入。
なんかもう一気に読みました。
見事なまでに主要登場人物が誰ひとり幸せにならないというストーリーに感服。
とはいえ、作者が割と突き放して、というか距離を置いて書いているのが分かるので
そこまでのダメージは受けなかったですが。
結構読んでいると入り込んでしまうたちなので、アンハッピーエンドな話はなるべく
読まないようにしています。引きずるから。
でもまあ「告白」は大丈夫でした。
ただ、あえてそういう書き方をしているんだろうな、とも思います。
あの内容で入り込むような書き方だったら、もっとずっと人を選んでいたでしょうし。

そういや、私は趣味で小説を書いたりしているのですが、以前作家の友人に
「えびさんの書くものは、入り込みすぎるから読んでてしんどい」
と言われまして、まあ確かに書いててすっごい入り込むからなあ、と。
プロの書き方ではないとも言われ、確かにそういう書き方は出来ないよなあ、と思って
趣味で細々と書いていたりするわけなんですが。
プロはなあ。技術はもちろんだけど精神的に無理だなと思います。
そうそう、こうやってブログを書いていて、まあこんなどうでもいいような話ばっかり
書いてますが、でも、「読む人を意識した文章を書く」という行為は何気に勉強に
なるなーと思ったりします。
ちょっと気を抜くと即分かり辛い文章になってしまうので。
時々読み返して反省したり。
なので分かり辛い文章だったら遠慮なく指摘していただけるとありがたいです。
ほんとに、ちょっと気を抜くと感覚だけで文章を書いてしまって後でなんじゃこれ、ということに
なってしまうので。

ブログ コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR